--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-09-23

弘明寺 まえたん

平成28年9月23日(金) 18:58訪問。
特製担々麺800円

休み明けの金曜日は弘明寺で仕事。直帰なので、ラーメンを食って帰ろう。弘明寺は何もかもが懐かしい。そして、変わらない町。大岡川と弘明寺がこの町の原動力だ。

そして、訪問したのは、この店。地下鉄からだとすぐの場所だ。
s-DSC00028_2016100918154300b.jpg

担々麺がメインだが、他にも正油も塩もある。実は、俺はあまり辛いのが得意でない。といっても甘いのも得意ではない。刺激に依るより、じわっとしたうまさが好きなんだな。とはいえ、覚悟は決めてある。
s-DSC00029_20161009181545a77.jpg

店は奥に長い。店内に入って、入口近くのカウンター席に腰をおろして、女性店員に口頭で発注。ええ、辛さはお手柔らかにお願いしました。

カウンター席では、明らかに一人飲みの客が2名。ビールに清酒と居酒屋状態だ。居心地がよさそうだ。

カウンター席の目の前が厨房。男性店員がさっそく調理開始。手慣れたもので、さっと調理して、すぐにカウンターに俺のラーメンがのせられた。表面に回されたラー油が何とも辛そうだ。
s-DSC00030_20161009181546ec6.jpg

よかったら、どうぞとカウンターにのせられた調味料。
s-DSC00031_20161009181547d33.jpg

では、チャレンジしてみる。スープは、案外辛くなくゴマの甘みを感じる。と思ったら、次の瞬間、すぐにピリ辛が追いかけてきた。しかし、単に辛いだけではない層の深い味わい。辛味とゴマのうま味が次々と織りなす誘惑。
s-DSC00033_2016100918154857a.jpg

やや固めのストレート麺もくたっとせずに、しっかりとスープを絡めてくる。これは、スープもいいけど、麺もいいね。
s-DSC00036_20161010220140235.jpg

たっぷりと入った挽肉にほうれん草や白髪ネギ、糸唐辛子など具がさらに食欲をそそる。
s-DSC00037_2016101022014125a.jpg

俺って、辛いのは得意でないんだよな、と思いながら、どうしても途中で止められなかった。結局、スープ完飲で完食。いやあ、予想外のうまさだった。これが担々麺の標準だとしたら、今まで、担々麺を食ってきたのか、こなかったのか、よくわからない。辛いのが苦手だけど、うまかった。これが、最上のほめ言葉かな。
s-DSC00038_20161010220142d1b.jpg

食い終えて、とぼとぼと京急の弘明寺駅をめざす。蒸し蒸しとして、かいた汗がなかなかひかない。だけど、後悔はしてないぜ。
s-DSC00027_201610102208313c8.jpg

【住所】  横浜市南区通町4-116-1
【電話】  045-315-6477
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】火曜日 
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄ブルーライン弘明寺駅徒歩2分くらい。2B出口から地上に出て、アーケード街を進み、最初の通りを右に入って進んだ右側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席 テーブル4席×2
【メニュー】特製担々麺800円
      正油らーめん650円 半らーめん400円
      絶品もやしらーめん750円 
      絶品塩もやしらーめん750円
      塩らーめん650円
      ネギらーめん800円 ネギ塩らーめん800円
      チャーシューメン850円
      塩チャーシューメン850円
      まえたんらーめん750円
      まえたん塩らーめん750円
【店舗web】https://www.facebook.com/tantanmenmaetan?fref=ts
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。