--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-09-17

東戸塚 乱切り蕎麦 浜寅 東戸塚店

平成28年9月14日(水) 17:06訪問。
焙煎ベーコンの和えつけ麺小麦麺ver.890円を食す。

今日は東戸塚で仕事、昼はそば、夜はラーメンの二毛作の店。そばも嫌いではないが、やはりラーメン。ラーメン店として開店する17時過ぎにやってきた。
s-DSC09928.jpg

横浜の浜虎と同じメニューが展開されていると思われる。さあて何にしようかな。入口を入るとすぐに食券自販機があるので、その場で決定しなければいけないのだ。落ち着いてみてみると、季節限定商品があった。しかも今だけのおすすめ!。となれば、もうこれで決まりだ。右と左は何が違うのか? 見えないが、こんにゃく麺と小麦麺の違いのようだ。無論、こんにゃく麺を食う理由がないので、小麦麺で決まり。
s-DSC09930.jpg

ラーメンの部は開店して間もないので、先客はひとり。しかし、俺の後、ぽつぽつと客が入ってくる。厨房で迎えるのは男性店員ひとり。カウンター席に座り厨房を見ながら、出来上がりを待つ。カウンターの上には調味料がそろっている。昼はたしか唐辛子だけだったので、この調味料セットは夜の部専用のようだ。
s-DSC09931.jpg

そして、カウンター越しに提供されたのが、このつけ麺。見た目に涼味あふれる麺。上にのっているのはトマトと揚げた野菜のようだ。
s-DSC09932.jpg

いっしょに提供されたつけ汁は、熱々。
s-DSC09933.jpg

麺は、冷たく締められていて、つるつるのしこしこ。
s-DSC09934.jpg

つけ汁が熱いうちに、普通につけ麺として食ってみる。ジャガイモとツナのうま味をいれたスープだそうだ。上にチーズがかかっていて、とろーりとうまい。これは、もはやつけ麺なのか。
s-DSC09936.jpg

和え麺ととして、ベーコンの味わいを楽しみながら食うこともできる。
s-DSC09940.jpg

かなり風変わりな一杯だった。ちなみにスープ割りがあるかを確認したところ、鶏ガラベースです、ということだったので、店員ひとりで、忙しそうで申し訳なかったが、お願いした。さっと作ってくれた。最初の印象とは、がらっと違ったさっぱり味。
s-DSC09943.jpg

麺もスープすっかり食い終えて、完食。ごちそうさま。
s-DSC09944.jpg

夕暮れが迫ってきたけど、また仕事だ。さて、もうひとふんばりするかな。
s-DSC09945.jpg

【住所】  横浜市戸塚区品濃町515-1 ニューシティ東戸塚南の街1-105
【電話】  045-826-4396
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 なし 
【アクセス】電車で:JR横須賀線東戸塚駅東口に出て、エスカレーターで1階まで下りる。、駅を背に右側に進み、品濃町交差点を渡ったすぐ目の前。徒歩2分くらい。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席 テーブル2席×4 4席×3

【メニュー】醤らーめん700円 コク醤らーめん760円
      活力醤らーめん800円
       黒豆納豆醤らーめん800円 半熟味付玉子100円
      塩鶏らーめん850円 コク塩鶏らーめん850円
      ねぎ鶏らーめん1,000円
      つけ麺720円 鶏肉つけ麺830円
      こってり豚肉つけ麺930円
      柔蒸豚叉焼150円
      白めし100円 メンマめし260円
      叉焼めし260円 黒豆納豆めし260円
      味玉おにぎり250円
【ホームページ】http://hamatora.co.jp/soba/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。