2016-05-23

港南台 海居人

平成28年5月23日(月) 17:10訪問。
干し海老油醤油らぁめん750円+味付きたまご100円を食す。

いつかは行ってみようと思っていた店だ。ちょうど港南台近くを通りかかったので、そういえばと思いだして、よってみた。この店は、とっいっても、この店は元来が居酒屋。すでに時刻は、そろそろ酒が恋しくなる頃だ。
s-DSC_0211.jpg

昼のらぁめんタイムはとっくに過ぎているので、ラーメンだけでもOKか、そもそも夜もラーメンが食えるか、それすらよく調べずに、とりあえず店に入ることにした。店舗は共同ビルの奥まったところにある。
s-DSC_0223.jpg

店の入口には居酒屋メニューに加えて、ラーメンメニューもあるが、夜も食えるのかはわからない。
s-DSC_0212.jpg

店内に入ると、まだ開店早々らしい雰囲気が漂っている。先客はゼロ。「あのう、ラーメンだけでも食べられますか?」とおそるおそるきいてみると、OKとのこと。では、とカウンター席について、ラーメンのメニューをみる。

基本は醤油らぁめんとうのがわかっているのだが、口をついて出たのは、干し海老油の醤油らぁめんだった。ついでに、味玉も追加。

他に客がいないので、妙に静かで何か緊張する。

店主らしき男性店員と手慣れた対応の女性店員の2名。店主が沸騰した鍋で茹でて、小さ目の寸胴からスープをそそいで、そして出来上がり。仕事ぶりは手慣れていて、無駄があまりないようす。まっすぐに伸びた竹の子がまるで俺の一本気な性格のようだ。
s-DSC_0215.jpg

スープは名前のとおり、最初のひとくちで海老のインパクトが強めに寄せてくる。しかし、それも束の間、いろいろな魚貝を合わせたと思われる深みのある出汁が感じられる。いいねえ、これ。
s-DSC_0216.jpg

麺はっていうと、コシのある喉ごしのいいストレート麺で啜りが楽しい。
s-DSC_0217.jpg

そして、うれしいことにチャーシューは2種類。一つは鶏、もう一つは豚。ほどよく噛みごたえがあって、味つけもしっかりしている。
s-DSC_0219.jpg

姫竹という何ともやさしい名前の竹の子はかりかりとした食感が楽しかった。

そして、とどめはこの玉子。黄身がとろけだす加減と味付けがたまらない。
s-DSC_0220.jpg

ああ、うまかった。もちろん、スープも飲み干して終了。
s-DSC_0221.jpg

食い終えたけど、まだほかに客は入って来ない。別に見られているわけではないのだが、何か緊張しながら、食い終えて会計。ごちそうさまでした。ほかのメニューも気になる。今度は機会があったら、昼間来よう。
s-DSC_0222.jpg


【住所】  横浜市港南区港南台4-3-1 ビーバービル1F
【電話】  046-831-7576
【営業時間】[月~土祝祝前]17:00~22:00(L.O.21:30)
       ランチラーメン 月水金 11:30〜14:00
【定休日】 日曜日
【アクセス】電車で:JR京浜東北線港南台駅から徒歩3分くらい。改札を出たら、バスロータリーを越して交番の前を通り、ひばり団地前交差点を渡った前のビルの1階奥。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター6席、座敷掘りごたつ式4人×4
【メニュー】醤油らぁめん700円
      醤油らぁめんハーフ630円
      塩らぁめん700円
      塩らぁめんハーフ630円
      干し海老油醤油らぁめん750円
      干し海老油醤油らぁめんハーフ680円
      干し海老油塩らぁめん750円
      干し海老油塩らぁめんハーフ680円
      干し海老油醤油 油そば(追い飯付き)780円
      干し海老油 油そば 辛(自家製ラー油、ニンニク、追い飯付き)850円

      ◇トッピング
        味付き玉子100円
        豚チャーシュー2枚150円
        鶏チャーシュー2枚150円
        豚鶏ミックス150円 
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター