2016-05-18

宿河原 長崎ちゃんぽん丸福

平成28年5月18日(水) 13:09訪問。
特製ちゃんぽん930円を食す。

前々から行ってみたいと思っていた店についに行ってきた。長崎ちゃんぽんを看板とする店だ。
s-DSC09064.jpg

入ったのは13時過ぎだったので、今ビールとともに食事を終えたばかりの常連客がまさに店をでるところ。そうしたら、他に客はいない。もちろん初めてなので、長崎ちゃんぽんを口頭で発注。カウンターに面した厨房には大きな体の女性店員がいて、けだるそうに「特製とちゃんぽんがありますが」と念を押すので、折角なので特製をお願いした。
s-DSC09058.jpg

メニューのまわりはサインだらけだ。常連が多い店なんだなと見ていると、チャンポン、皿うどん、焼チャンポンは昼のみです、という貼紙を発見。一瞬、よくわからなかったけど、ちゃんぽん意外にも博多ラーメンも置いてあるのだ。そういえば、不思議に思っていたあの強烈な臭いも博多ラーメンもあるから、当然のことだと初めて合点がいった。
s-DSC09053.jpg

そして女性店員が俺の目の前の厨房で、具を中華鍋で炒め出した。いい音と匂いだ。そうこうしているうちに手早くできあがった。スープと麺は別々につくるのではなく、具と麺はいっしょに中華鍋で調理するので、麺と具が絡まっているのが特徴だ。
s-DSC09054.jpg

スープは野菜や海鮮のエキスが出ていて、あっさりなんだけど複雑なうま味が出ている。
s-DSC09055.jpg

太目の麺は予想以上に柔らかだったが、これはこれでいいのだろうな。
s-DSC09056.jpg

特製は海鮮がたっぷりだ。
s-DSC09059.jpg

野菜の中には濃い目に味付けした椎茸も入っていた。
s-DSC09061.jpg

おいしかった。何か優しい味わいで、後味もわるくなかった。スープは残してしまった。
s-DSC09062.jpg

あまり愛想はないけど、常連が多いようで、俺が食い終わる頃に、女性客が入ってきた途端、「いつものでいい」という相変わらずの表情できいていた。時の流れが過ぎても、おそらく味は変わっていないのだろうな。
s-DSC09063.jpg

【住所】  川崎市多摩区長尾4-11-4
【電話】  044-933-7475
【営業時間】11:30~14:00 18:00~20:30
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:南武線宿河原駅から徒歩10分くらい。改札を出たら、右方向へ進み、すぐに左へ。そのまま道なりに進み、橋を渡り交番を右に見ながら進み、左手の八幡宮神社のすぐ先の細い道を右に入る。その先の分岐をさらに左手の細い道へ進む。手前を右折し進む。右手に稲田小学校をみながら敷地に沿って回り込むように進み、右折して2車線道路をめざす。稲田小学校前交差点を横断して右に進んだ左手。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席 テーブル4席×2
【メニュー】ちゃんぽん830円 特製ちゃんぽん930円 
      皿うどん軟焼(いため)930円 皿うどん硬焼(油揚)830円
      焼ちゃんぽん730円
 
      博多ラーメン630円 激辛高菜ラーメン730円 替玉100円
      チャーシューメン880円 

      ぎょうざ300円 高菜油炒め200円
      めんたい塩辛300円 博多直送明太子300円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

こんにちは。
突然ですが今月末で横須賀タンメンさんが閉店するらしいです。

すかっこ様

それは、残念です。元々、実験的な店舗だったんですかね。しかし、短命でした。なかなか、リピートしにくい店というのも正直な印象です。
プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター