--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-05-16

横浜 麺場浜虎

平成28年5月16日(月) 15:07訪問。
季節限定 冷やし鯛そば860円を食す。

先月に引き続き、季節限定商品を食いにやってきた。早くも夏の季節商品第一弾だそうだ。蕎麦粉を使用しております、と書いてある。
s-DSC09017.jpg

ランチタイムをすでに過ぎているので、店内は客もまばら。待ちもない。カウンター席に座り、店員の誘いで、大盛りで発注した。カウンターには、塩専用や醤専用の調味料が備えてある。
s-DSC09018.jpg

少し待って、カウンターに俺のラーメンがのせられた。ドンブリは、変形のしゃれたものだ。ドンブリより高く細かく刻んだ青しそと海苔がのせられている。
s-DSC09019.jpg

そして、脇には柚子コショウがそえられている。
s-DSC09020.jpg

冷やしなので、まずは麺からいってみよう。とてもつるつるとした食感だが、コシが強くて、啜り感がとてもいい。
s-DSC09022.jpg

また、スープがかなりはっきりとした鯛のうま味が出ている。冷しだから、もっとぼけたうま味かと思っていたら、そんなことはまったくなかった。揚げネギもいいアクセントだが、店のwebによると鯛のうま味にそば茶を合わせてあるそうだ。なるほど、隠し味ってことかな。s-DSC09025.jpg

海苔と青しその風味もいい。柚子コショウをのせてみても、また楽しい。
s-DSC09026.jpg

さらに、こんなのも。プチプチとした食感がたまらない。
s-DSC09023.jpg

鶏のチャーシューは厚めではっきりとした味つけで、これもこの麺によく合っている。
s-DSC09027.jpg

麺がよかった。でもスープも大変うよかった。ということで、完食。ごちそうさま。
s-DSC09028.jpg

夏の季節麺第二弾が始まったら、また来よう。
s-DSC09029.jpg

【住所】   横浜市神奈川区鶴屋町2-12-1 鶴屋町第二ビル1F
【電話】   045-311-3336
【営業時間】 11:00~0:00
【定休日】 無休 
【アクセス】電車で:JR・東急東横線・みなとみらい線・京浜急行線横浜駅きた西口徒歩5分。きた西口を出たら、まっすぐ進み、右折して短い橋を渡ったらすぐに右折し、路地に入る。四叉路の太い道へやや左折気味に進んだ左側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター20席 テーブル4席×2
【メニュー】醤そば700円 コク醤そば760円 黒豆納豆そば800円
      活力醤そば800円
      塩鶏そば850円 コク塩鶏そば850円 塩ねぎ鶏そば1,000円 
      つけ麺720円
      ワンタン塩鶏そば930円
      塩鶏スープわんたん(10個入)680円 塩鶏スープわんたん(15個入)830円
      メンマめし260円 黒豆納豆めし260円 叉焼めし260円
      白めし100円 味玉おにぎり250円
      ◇トッピング
       半熟味付け玉子100円 柔蒸豚叉焼150円

      乱切りこんにゃく麺100円
【店舗web】https://www.facebook.com/yokohama.hamatora







スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。