2016-03-24

横須賀中央 餃子の王将

平成28年3月24日(木) 21:03訪問。
餃子(3ケ)130円+生ビール450円+新日本ラーメン640円+消費税を食す。

たまには夜ラーメンにでも行ってみようかな。横須賀中央駅で下車して、駅近の餃子の王将に行ってみた。この時間でもかなりも混んでいる。カウンター席は満席で、テーブル席に案内された。
s-DSC08630.jpg

餃子といえば、ビール。まずは生ビールだ。
s-DSC08609.jpg

そして、ちょっとしたつまみにうれしいのが、このジャストサイズメニュー。どれも値段が手ごろでおつまみにちょうどいいサイズ。直訳ですみません。餃子が3個で130円。ちなみに6個だと240円。
s-DSC08606.jpg

そして、メインはラーメン。何にしようかな。すべて国産食材を謳う新日本プロレス、みたいな新日本ラーメン。って、ことはこれ以外はすべてか部分的にか外国産食材を使用していると宣言しているようないさぎよさだ。
s-DSC08607.jpg

呼ぶとすぐに来てくれる女性店員に、ビール、餃子、ラーメンの順で口頭で発注。「ビールを先にお持ちしますか?」、「ええ、お願いします」。すると、すぐにビールが提供された。
s-DSC08614.jpg

くー、と一気に煽っていると、しばらくして餃子が運ばれてきた。
s-DSC08615.jpg

どことなく一度焼いたものをさらに焼き直したような気配がある。
s-DSC08617.jpg

餡は小さ目だけど、ニラがしっかりきいている。
s-DSC08617.jpg

そして、ラーメンが運ばれてきた。さすが、看板メニュー。なのか、盆にのせられている。さらに、鰹節は別皿だ。なぜかレンゲも皿にのっている。
s-DSC08616.jpg

さっそく鰹節をのせてみた。
s-DSC08619.jpg

スープはすっかり鰹節の印象が強くなってしまって、素の味がわからなくなってしまったが、もともとすっきりとした味わいのようだ。動物系の出汁はあまり感じられないが、しまった味わいがある。白醤油風ということなので、確かに薄口醤油の色合いだ。
s-DSC08620.jpg

麺は、少し伸びやすい細ストレート。
s-DSC08622.jpg

チャーシューは、国産にこだわっているのがよくわかる。原材料の費用が高ければ、大きさで調整だ。
s-DSC08623.jpg

玉子はがんばっていて、いい具合だ。
s-DSC08626.jpg

総じて、和風仕立てなので、柚子がけっこう入っていて、強めのアクセントになっていた。
s-DSC08627.jpg

この価格でのがんばりは十分な評価に値すると思う。しかし、鰹節の印象が強すぎて、他のよいところを消してしまっていたのが残念。あえて入れないというのも手だった。餃子がメインなのはわかっているけど、やはりラーメンは味の高い位置でのバランなんだなということがよくわかった一杯だった。スープは残した。
s-DSC08629.jpg

しかし、餃子とビールはいいね。
s-DSC08631.jpg
【住所】  横須賀市若松町2-7-3
【電話】  046-821-0281
【時間】  11:30~22:00
【定休日】 不定休
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅下車。徒歩3分。駅改札を抜け、すぐ左折して階段を下りる。そのまま路地を直進した右手。

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター6席 テーブル22席

【メニュー】税別
      醤油ラーメン480円 味噌ラーメン650円 
      王将ラーメン500円  新日本ラーメン640円
      五目そば600円 揚げそば600円
      牛骨塩ラーメン480円 天津麺500円
      チャンポン609円 チャーシューメン700円
s-DSC08610.jpg

s-DSC08611.jpg

s-DSC08613.jpg

【ホームページ】http://www.ohsho.co.jp/shop/index.php?a=shop_detail&shop_id=597
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター