2016-02-28

県立大学 ささもと

平成28年2月28日(日) 12:02訪問。
ラーメン500円を食す。

県立大学駅前のあの店の行ってみようと思い立った。前回訪問からずいぶんと時間が経ってしまった。
s-DSC08406.jpg

所用で出かけたのだが、県立大学で途中下車。あれから時日が過ぎたので、ふと不安がよぎる。何しろ、いまどきの店ではないので、もしやという嫌な疑念がわいたが、そうした思いをかき消すために、考えるのではなく、行動だ。駅を降り立つと午後の陽ざしが暖かだ。
s-DSC08409.jpg

この坂を下ると、店があるはずだ。
s-DSC08410.jpg

外装工事のネットがかけられていて、一瞬ぎょっとしたが、しっかりと暖簾がかかっている。あいててよかった!
s-DSC08388.jpg

引き戸をあけて店内に入ると、以前と同じ白い服の男性店員が、いらっしゃいと元気に迎えてくれる。店内はきれいに整えられていて、テーブルとカウンター席が用意されている。
s-DSC08405.jpg

俺は、カウンター席に座って、3種類しかないメニューから、ラーメンを選んだ。メニューはこれしかないけど、できるものなら何でも作るよ、というわけではない。
s-DSC08404.jpg

メニューも潔いけど、カウンター席も潔くって、調味料はコショウのみ。
s-DSC08390.jpg

カウンターの丸椅子。足を置けるようにブロックが並べてある。ちなみに映っているのは先客の足だ。
s-DSC08392.jpg

さて、注文を受けると、カウンターの前の厨房でさっそく麺茹で開始。大きな鍋で茹でて、平ざるで湯切り。この辺りの手際は、もう慣れていて、スムーズで早い。いわゆるデポで変なパフォーマンスをするいまどきのラーメン小僧とは一線を画す。
s-DSC08396.jpg

ラーメンができあがるのに要した時間は約3分。カップ麺並に早い。ラーメンがカウンター上に置かれた。ラーメンおまちどうさまみたいな、言葉がそえられていたと思う。
s-DSC08394.jpg

ショウガのが微かに香るスープ。では、さっそく。香りの印象とは別に、薄めの醤油味が口中におだやかに広がる。脂で強引なうま味を作るようなこともなく、シンプルだけど素直なスープ。
s-DSC08395.jpg

細目の麺は、スープによくあっている。要素を分解して分析しても、このラーメンのよさに意味がないのはわかっている。でも、麺も予想どおりの安心できる味わいだ。
s-DSC08397.jpg

まじめに作っているだろうチャーシュー。少し固いけど、オールドスタイルがいい。
s-DSC08400.jpg

中華そばスタイルのラーメンには、必須のナルト。
s-DSC08401.jpg

多めのスープもなんのその、作り手に敬意を表して、もちろんすべて飲み干して、完食。ごちそうさま。
s-DSC08403.jpg

この店は、ラーメンももちろん、気さくな店主との雑多な会話が楽しい良店だ。
s-DSC08408.jpg
【住所】   横須賀市安浦町2-26
【電話】   046-823-0945
【営業時間】 
【定休日】 月曜日 
【アクセス】電車で:京浜急行県立大学駅下車徒歩1分。駅を背にして直進した右側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター5席 テーブル4席×1

【メニュー】ラーメン500円 大ラーメン650円 チャーシューメン700円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター