2017-06-30

藤沢 よってこや藤沢店

平成29年6月30日(金) 16:40訪問
焼餃子セット(ラーメン餃子5ヶ)900円+白ごはん無料サービスを食す。

今日は藤沢で仕事だ。遅すぎる昼飯だが、暑くて腹が減ってもう店をさがす気力がない。駅から最も近そうなこの店にふらふらと入店。
s-DSC02145_2017072314551657c.jpg

ランチタイムは11::00~17:00まで。まだぎりぎりランチセットに間に合う時間だ。よし決めた!焼き餃子セットに無料のライスで一興に空腹とおさらばだ。
s-DSC02134_201707231455191f1.jpg

店に入ると、入口近くのカウンター席は空調の水がこぼれてくるらしく、使用禁止のため。厨房に近い奥のカウンター席に腰をおろした。といってもカウンター席しかないのだが。

発注は口頭で行うしくみだ。バイトと思われる愛想のない若い女性に、餃子のセットを発注すると、ラーメンが選べるようなので、基本の京都鶏ガラとんこつ醤油ラーメンを選んだ。
s-DSC02135_201707231455193cb.jpg

客はこの時間で先客2名。俺の後からも2名。厨房にはさきほどの女性とは別に男性店員1名が調理を行っているようだ。

少し待って、俺のラーメンが運ばれてきた。すぐに餃子もできあがり。そしてライスも。これでオールスター揃い踏み。ちょっとドンブリが大きすぎるようだ。
s-DSC02138_20170723145521c99.jpg

スープは意外とあっさりしていて、背脂でこってりを演出している印象だ。しかし、それ以上に人工的なうまみがちょっと。
s-DSC02139_2017072314552238e.jpg

ストレート細麺は平凡な印象だけど、普通にうまい。
s-DSC02140.jpg

巻バラチャーシューは、薄いけど焦げ目がついていて意外といける。
s-DSC02143_20170723164918f34.jpg

ここで、餃子もいただく。しっかりと焦げ目がついていう。冷凍かな。s-DSC02141_20170723164916e38.jpg

薄皮で普通においしい。やはり、餃子とライスがラーメンの次に至福のときだ。
s-DSC02142_2017072316491707b.jpg

俺が食っている間に女子バイトの食事休憩らしい時間がきたようだ。自分の好きなものを食えるようだが、ただし自分で作るよう。彼女が選んだのは、冷し担担麺。男性店員から作り方となぜそうするのかをていねいに教えてもらいながら、調理。出来あがったようで、いただきますの声とともに休憩に消えて行った。

さて、俺はそんなようすを横目で見ながら、ラーメンを食い進む。スープはどこか単調な感じがして最後は残してしまった。
s-DSC02144_2017072316491989d.jpg

【住所】  藤沢市南藤沢20-2 1F
【電話】  0466-52-4333
【営業時間】11:00~0:00
【定休日】 無休 
【アクセス】電車で:JR東海道線、小田急線江ノ島線藤沢駅から徒歩5分くらい。 JR藤沢駅南口から小田急線改札方面に向かい、階段を降りて、地上へ出る。駅を背に左方向に向かい、タクシー乗り場を右に見ながら進み、横断歩道を渡り、右折して横断歩道を渡り、少し進んで、藤沢駅南口交差点の信号を渡り左折して南口本通りに入り少し進んだ右側。
【駐車場】なし


【席数】  カウンター18席
【メニュー】京都鶏ガラとんこつ醤油ラーメン醤油690円 半熟味玉付790円 チャーシュウ麺950円
      とんこつラーメン690円 半熟味玉付790円 チャーシュウ麺950円
      赤味ラーメン740円 半熟味玉付840円 チャーシュウ麺1,000円
      塩ラーメン720円 半熟味玉付820円 チャーシュウ麺980円
      葱ラーメン850円
      よってこやとんこつ「えびとん」790円
      醤油つけ麺830円 ゆず塩つけ麺830円 辛味つけ麺830円
      新京都濃厚醤油ラーメン600円 半熟味玉付700円 チャーシュウ麺810円
      ◇トッピング
       半熟味玉100円 ねぎ盛100円 チャーシュウ260円
       半めし100円 めし150円 炊き込みごはん200円
      麺大盛100円
【店舗Web】http://www.yottekoya.com/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-06-28

新大津 らぁ麺はせ川

平成29年6月28日(水) 14:48訪問
冷しみそまぜそば中盛850円+雨の日ツイッター限定ギョーザ200円を食す。

めずらしく横須賀で仕事。こういう時って、意外とどの店に行こうか迷うものだ。さあて、どうしたものか。生憎の雨模様なので、外で並ぶのは嫌だな。といっても平日に行列をつくるほどの店は横須賀界隈にはない。そういえば、雨の日といえばここ。店のツイッターでチェックして、ここしかない。
s-DSC02130.jpg

そう、雨の日限定、ギョーザ1皿200円。通常が350円なので150円お得。

そういえば、6月中旬から夏メニューに切り替わったとのこと。つけ麺とみそまぜそばで迷って、みそまぜそばにした。
s-DSC02110.jpg

そういえば、このメニュー、以前も食ったなあ。

先客は1名で、すでに食事中。この店に来て、初めてカウンター席に座った。
s-DSC02112_20170722212002481.jpg

並盛も中盛も同じ料金なので、食券を渡して、中盛でお願いする。そして、ギョーザは勇気をもって、口頭で発注。現金でお願いした。

待っている間にまぜみそのおすすめの食べ方をチェック。
s-DSC02114_2017072221200403b.jpg

しばらくして厨房から、店主自ら運んできてくれた。「つけダレが足りなくなったら、言ってください」、「最後に追い飯もあります」と、とても親切だ。
s-DSC02115_20170722212005ce2.jpg

では、さっそくつけダレを半分くらいかけてみる。
s-DSC02116_20170723081151a55.jpg

そして、よく混ぜる。まだまだだ。
s-DSC02117.jpg

この店の名物、入れ放題のネギをのせて、ではいただきます。
s-DSC02118_201707230811540d9.jpg

ちょい甘目の味噌ダレは、ややもすると甘ったるい感じになるので、途中で調味料を試してみよう。とはいえ、全般的には食いやすく中盛でボリュームもバッチリだ。
具は、もやし、ニンジン、ネギ、コーンにメンマ、そして細かくカットしたチャーシュー。チャーシューがうまい。
s-DSC02124_20170723095704943.jpg

そうこうしているうちにギョーザが運ばれてきた。
s-DSC02119.jpg

なになに。酢とコショウ多めにつけて食べてみて下さい♪お酢が苦手な方でもさっぱりです。
s-DSC02111.jpg

んじゃあ、さっそくやってみよう。
s-DSC02120.jpg

うーん。やはり俺には合わなかった。
s-DSC02121.jpg

二つ仕切りがあるので、今度は奥に調味料を入れてみた。やはり、王道の醤油、酢、ラー油がいちばん俺には合っている。
s-DSC02128_201707230946233ac.jpg

では、麺に戻って、今度はかつお粉に唐辛子を少々入れてみた。うーん、なんか入れないほうがよかったかな。
s-DSC02123_2017072309542596e.jpg

麺をすべて食い終えて、最初に店主の言葉に甘えて、追い飯をお願いしてみた。すると、ネギにコーンが足されて提供された。
s-DSC02125_20170723095427ea5.jpg

では、惜しげもなくドンブリに投入する。
s-DSC02126_20170723095428c37.jpg

そして、混ぜて、混ぜて、いただきます。
s-DSC02127.jpg

ちょっと薄味になったけど、新たに食欲が出てきて、パクパクいっちゃいます。そして、気がつけば、完食。ごちそうさまでした。
s-DSC02129.jpg

店を出て、向かいの駐車場に行く途中で考えたが、そういえば、あの追い飯って別料金じゃないのかな。特に何も言ってなかったな。
なんかとてもサービスがよくて、ギョーザだけでも得したのに、さらに得した気分。おまけに満腹。また来よう。

【住所】  横須賀市根岸町5-1-2
【電話】  046-845-9036
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】 木曜 
【アクセス】電車で:京急久里浜線新大津駅10分くらい。久里浜方面に向かって右側に出て、大きな通り(国道134号線)にぶつかったら、横断し左折し直進したところ。北久里浜駅からだと駅前の134号線を右折し、道なり。10分強。
車で:国道134号線大津交差点を左折し、京急のガードをくぐって、少し進んだ右手。
      電車で:京浜急行新大津駅より徒歩3分。久里浜方面へ向かって右側に出て、駅を背に道なりに直進。国道134号線にぶつかったら、横断しすぐの道路沿い。
【駐車場】 2台。道路反対側の白川歯科の駐車場内。

【席数】  カウンター2席 テーブル2席×2 4席×1 5席×1
【メニュー】らぁ麺(並盛)650円 らぁ麺(中盛)750円 らぁ麺(大盛)850円
      らぁ麺(ハーフ)500円
      (冷)みそまぜそば並 中盛850円  (冷)みそまぜそば大盛950円
      つけ麺(並盛)850円 つけ麺(大盛)900円 つけ麺(特盛)950円
      学生らぁ麺(並盛)550円 学生らぁ麺(中盛)650円 学生らぁ麺(大盛)750円
      半ギョーザセット(ギョーザ3コ・小ライス)+200円

      小ライス100円 ライス150円 大ライス200円
      ギョーザ(6個)350円
      あぶりチャーシュー丼350円 ネギチャーシュー丼350円
      ◇トッピング
       チャーシュー200円 ネギ200円 メンマ100円 のり100円
       キャベツ100円 野菜盛り(キャベツ・もやし・コーン)200円
       味付玉子100円 コーン100円 ほうれんそう100円 もやし100円
 
【店舗web】Twitterhttps://twitter.com/raamenhasegawa

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-06-25

北久里浜 はまんど横須賀

平成29年6月25日(日) 11:53訪問
煮干と鶏と海老ダシの冷し塩ラーメン890円を食す。

週1日の休みの日曜日は、やはり好きな店に来たいものだ。というわけで、やってきたのは、はまんど。今日は店頭で自家製ラー油とおかずメンマと特製チャーシューの3点セットが1,000円という数量限定販売をやっていた。ちょっと心が揺れたけど、何はともあれラーメンだ。
s-DSC02109.jpg


食券自販機前のボードには期間限定メニューが掲示してある。今日を逃すと、もう食うチャンスはない。ということで迷わず決定。
s-DSC02090.jpg

今日もほぼ満席なので、少しまってカウンター席に案内された。麺量はもちろんサービスの中盛でお願いする。カウンターに食券が並んでいるので、注意していると、自分の順番もわかる。そして、俺の冷やし塩ラーメンができあがり。いただきま~す。
s-DSC02091.jpg

今回も具が麺を隠してしまって、いわゆる天岩戸状態だ(はあ?)。それにしても、メニューにあったキャベツ、胡瓜(きゅうり)、みょうがの浅漬けって、ラーメンの具なのか?。冷しラーメンだからこそありうる選択。

鑑賞は以上にして、惜しげもなく食います。麺を具の下から端で掬い出して啜る。細麺ストレート。水で締められていて、つるつるな舌ざわりに、コシのある歯ごたえ。幸せを感じる。
s-DSC02092.jpg

ラー油が浮いているのかと思われるスープ。いや、そうではなく海老の出汁の油かな。とにかく煮干しも感じるけど、海老の風味が最前線で、奥に鶏もいるような味わい。複雑だけど、海老メインな印象だ。ちなみに冷たいので、味は拡散しないけど、うま味はしっかりと味わうことができる。
s-DSC02099.jpg

では、たくさんの具を紹介。まずは魚のつみれ。
s-DSC02100.jpg

中にいろいろな素材が入っていて、それらがなかなか個性的。でもお互いの足を引っ張り合わない味のシンフォニー。
s-DSC02101.jpg

ミニトマト。
s-DSC02103.jpg

キャベツときゅうりにミョウガが加わった、浅漬け。なぜか、違和感なくさっぱりと合っている。紫玉葱もいます。
s-DSC02093_20170720231758629.jpg

わかめ
s-DSC02097_20170720231802319.jpg

これもラーメンの具としてはめずらしい、スナップえんどう。
s-DSC02095_20170720231800e29.jpg

わさびも一興。
s-DSC02096_20170720231801750.jpg

いつもの味玉。
s-DSC02105.jpg

ゆで鶏と紹介されていたけど、ほどよい味付けがされている。柔らかくて、嫌味がない。
s-DSC02106.jpg

ぷりぷり海老。
s-DSC02107.jpg

まだまだ出てくる。いつものレアなチャーシュー。
s-DSC02098.jpg

これで、全部。食い終えて、さっぱりと満腹。今回もごちそうさまでした。
s-DSC02108_20170721234147d7b.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。
【駐車場】 隣地に2台分


【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】はまんど平打700円 辛子そば(平打麺)750円
      白湯そば(平打麺)700円 釜玉油そば(平打麺)700円
      はまんど細麺700円 辛子そば(細麺)750円
      白湯そば(細麺)700円

      特製ラーメン820円 坦々麺850円
      鶏そば800円
      コクにぼねぎそば800円 
      煮干そば680円
      汁なし坦々麺850円
      煮干つけ麺750円
      坦々つけめん850円

      麺大盛100円

      ライス100円 ミニチャーハン150円
      ねぎ丼250円 ローストポーク丼300円

      味付玉子100円 メンマ100円
      半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
      ねぎ100円 ワンタン4個150円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : こんな店に行ってきました
genre : グルメ

2017-06-22

日ノ出町 ラーメン&カレー専門店 太源

平成29年6月22日(木) 15:51訪問
ラーメン680円+茶碗カレー370円を食す。

今日も外で仕事。これからもう一仕事あるのだが、腹が減ったので、日ノ出町で途中下車して、ラーメンを食うことにした。坂を上がった担々麵の新しい店は、中休みだったので、降りてきて、じゃあ逆に昔ながらの店にしようとこの店にやってきた。実に久しぶりだ。
s-DSC02088.jpg

店内はカウンターだけで、入ったらすぐに椅子みたいな狭い店だけど、昔からあるので常連が多そうな店だ。狭い厨房には年配の男性と元気のよい男性店員。こんな時間でも先客は3名。うちひとりは若そうな女性。

さて、何にしようかな。先客の食っているカレーがうまそうだな。ニンニクラーメンに惹かれるけど、まだ仕事あるしな。無難にラーメンと茶碗カレーにしてみた。口頭で発注すると、さっそく調理開始。せまい厨房ながら、チームワークがいい。

少しして、茶碗カレーが大き目の茶碗に盛られて提供された。スプーンじゃなくて、レンゲなのもラーメン屋っぽくていい。
s-DSC02078.jpg

肉や玉ねぎの具がわりとたくさん入っていて、良心的だ。味は辛いのが苦手な俺でも平気なくらいの辛さだが、いろいろな香辛料の味がミックスされていてスパイシーだけど、食いやすい。やはり、飲んだ後にちょっと腹を足すということを意識しているのかな。飲んでなくても、このくらいの刺激が俺にはちょうどいい。福神漬けもうれしい。
s-DSC02081.jpg

そして、次に提供されたラーメン。シンプルな見た目だけど、意外とこれがうないんだな。
s-DSC02082.jpg

スープは鶏や豚などの動物系に昆布や魚介の出汁を組み合わせたもので、奥行きのある優しいもの。生姜が効いていて、体によさそうだ。きちんとスープをつくっているていねいさを感じる。
s-DSC02083.jpg

少し縮れた麺。麺の茹で加減を最初にきかれたが、普通でお願いした。
s-DSC02084.jpg

きちんとカットしたチャーシューは、ほどよい固さ。
s-DSC02085.jpg

カレー&ラーメンではなく、ラーメン&カレー。やはりラーメンがメインだろうが、今回はふたつとも堪能して、満足。
s-DSC02087.jpg

常連が多い店らしく、俺が食っている最中にあとから入ってきた客も楽しく地元の会話をしていた。次はニンニクラーメン食いたいな。
s-DSC02089.jpg

【住所】  横浜市中区長者町7-117
【電話】  045-251-0855
【営業時間】平日・土曜日 11:00~翌 05:00 日曜日・祝日 11:00~翌 03:30
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:京浜急行日ノ出町駅より徒歩5分くらい。改札を抜け、京急ストアを越えて目の前のスクランブル交差点を斜め左に横断して進む。川を渡り、そのまま直進して進んだ左側。
【駐車場】なし


【席数】  カウンター8席
【メニュー】ラーメン680円 ワンタン700円 
      ニンニクラーメン730円 メンマラーメン850円
      チャーシューメン880円 ワンタンメン850円
      カレーラーメン900円 チャーシューワンタンメン1,020円 
      カレーライス750円 茶碗カレー3700円 
      ライス(お新香付)210円 生玉子60円
      大盛120円増

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-06-20

小田原 味の大西

平成29年6月20日(火) 13:11訪問
チャーシューワンタンメン1,250円を食す。

今日は小田原で仕事。久しぶりに来たので、どこに行こうか迷う。やはり小田原といえば小田原系だ。いちかばちか。昼営業のみで、しかも店が開いていない臨時休業も多いというこの店をめざす。で、結果は開いていた。ラッキー。
s-DSC02075.jpg

先客はふたり。地元の方であろう、女性客がカウンターでらー麺を啜っている。そして、いままさに食い終わった男性客が1名。厨房には女性店主がひとり。愛想がないとの前情報どおり、客がきてもあまり大げさな歓迎の意はない。むしろ、ここは客から積極的にPRしないと、無駄に待ち時間が多くなりそうだ。

メニューを見て、チャーシューワンタンメンを選択。さきほどの男性客が会計を済ませたすぐのタイミングで、口頭で発注。水を汲んで、カウンター席について出来上がりを待つ。

あらためてメニューを見ると、ラーメンはなくワンタンメンからスタート。ラーメンはすべて千円越え。小田原系は値段が高いのも特徴だ。
s-DSC02071.jpg

そして、手慣れた手つきで作ってくれた俺のラーメンがこれ。大量にのったチャーシューにメンマ。その隙間を埋めるように大量のネギと三つ葉。のり1枚。これは大ボリューム。
s-DSC02066.jpg

スープは、小田原系らしく黒い。豚骨スープに醤油味、さらにゴマ油の風味。下支えするのは、化学調味料のうま味。これも小田原系の約束事だ。やや甘目の味わいが特徴的だ。
s-DSC02067.jpg

そして、麺はこれまた小田原系らしい、ぴろぴろの縮れ麺。ボリュームも多い。啜り感がすばらしく、どんどん箸が進むぞ。
s-DSC02068.jpg

濃い味付けのメンマ。見たとおりにやや固めだ。これもこのラーメンの個性に合っていると思う。
s-DSC02069.jpg

やわらかくて、しっかりと食い応えのある厚切りチャーシュー。このチャーシューが6枚。腹にたまりまする。
s-DSC02070.jpg

そして、何といってもワンタン。小田原系といったら、俺の中で外せないのがワンタン。広げたら、レンゲの中には収まらないサイズのギョーザワンタンがたまらない。1個だけでもビッグなのに5個も入っている。
s-DSC02072.jpg

さらに三つ葉のアクセントもいい。意外と飽きずに食べ進められるのも、時々食う三つ葉のおかげかな。

とはいえ、スープの量も多く、残してしまった。せっかく作っていただいたのに、申し訳ない。
s-DSC02073.jpg

店内は広いけど、テーブル席は遠いので、後から来た客もカウンター席を案内されていた。そして、この女性店主の趣味なのか、カウンター上の壁には仏像の写真パネルが掲げてあった。興福寺阿修羅像に広隆寺の弥勒菩薩像などのアップ写真。なかなかいい趣味です。

それにしても、カウンターで食事されていた女性もおそらくチャーシューメンかワンタンメンかあるいはチャーシューワンタンメンを召し上がっていたと思うが、地元住民にはこれが適量なのかな。

また、機会があったらきてみたい。
s-DSC02076.jpg

【住所】  小田原市栄町3-9-21
【電話】  0465-23-4034
【営業時間】11:30~16:00
【定休日】 日曜 臨時休業多々あり
【アクセス】電車で:小田原駅より徒歩10分くらい。東口に出て正面のバス乗り場の先、駅を背に正面に進む道路を進み、すぐ左側の一歩通行路に入る。道なりに進み、錦通り出口交差点を左折。そのまま直進した左側。
【駐車場】なし


【席数】   カウンター10席 テーブル4席×3

【メニュー】ギョウザ風ワンタン950円
      ワンタンメン1,100円
      チャーシューメン1,150円      
      チャーシューワンタン1,250円 
      チャーシューワンタンメン1,250円
      ゆでワンタン950円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-06-19

下永谷 niるい斗

平成29年6月19日(月) 13:47訪問
味玉大分佐伯ラーメン750円を食す。

今日も外出で昼飯は後回し。環状2号線も一時よりラーメン熱が冷めつつあるような気がする。そんな中で、2店舗を展開するるい斗の2号店にやってきた。
s-DSC02055.jpg

今日のねらいはこれ。大分佐伯ラーメン。この店は2枚看板で、もうひとつのご当地ラーメンが越後長岡生姜醤油先日実食したので、今回はもうひとつのメニューに挑戦だ。
s-DSC02056.jpg

昼時間も過ぎ、先客はなく、客は俺だけ。まずは食券自販機で食券を購入。今回も味玉をつけてみた。

厨房に面した直線カウンターでは男女の店員が立ち働いていて、麺を茹でたりと分業で調理を進めて行く。麺茹でのキッチンタイマーが鳴ったら、もうすぐ出来上がり。やがて、カウンターにラーメンが乗せれれた。細いもやしに一面にゴマが振ってある。そして、微かにニンニクの香りがする。
s-DSC02058.jpg

スープは豚骨が前面に出た直球勝負というわけではなく、案外線が細そうな出汁に炒めたもやしと多めの油、そしてニンニクが補って、独特の力強いスープになっている。
s-DSC02059.jpg

麺は中くらいのストレート麺でよくスープを絡める。柔目に茹でるのが標準のようだ。見た目ほど、さっぱりという感じではなく、油もよく絡めて、案外こってりな印象もある。
s-DSC02060_201707171000461e8.jpg

この炒めたもやしがなかなかいい。俺は通常、もやしはあまり好かないのだが、まあ、これはこのラーメンの必然的要素なのだろうな。
s-DSC02061.jpg

チャーシューもこのラーメンに合わせてあると思われる。薄くて小さ目ではあるが、濃いスープに負けないしっかり物だ。
s-DSC02062.jpg

濃い赤が特徴の味玉。とろーり溶けだす味付け玉子。ほどよい味付け。
s-DSC02063.jpg

麺もスープも食い終えて完食。ごちそうさまでした。
s-DSC02064.jpg

食い終えるころに客が入ってきた。どっちのメニューも食ってしまったけど、また今度機会があったら、再び長岡ラーメンを食いたいな。
s-DSC02065.jpg


【住所】  横浜市港南区下永谷5-1-21
【電話】  045-823-1190
【営業時間】11:00~14:00 18:00~21:00
【定休日】 火曜日
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄下永谷駅下車。徒歩15分くらい。1番出口を出て、目の前の道路を右方向にずっと道成に進む。途中にファミリーマート、セブンイレブンがある。ずっと進んで、環状2号に環2中永谷交差点でぶつかったら、道路の反対側、斜め左方向。
車で:環状2号線を磯子方面に向かい、国道1号を越して、ヤマダ電機の先、「環2中永谷」信号の手前の左側。
【駐車場】店の裏手に17台分・るい斗と共用


【席数】  カウンター10席

【メニュー】大分佐伯ラーメン650円 味玉大分佐伯ラーメン750円
      チャーシュー大分佐伯ラーメン850円 味玉チャーシュー大分佐伯ラーメン950円
      新潟生姜醤油ラーメン650円 味玉新潟生姜醤油ラーメン750円
      チャーシュー新潟生姜醤油ラーメン850円 味玉チャーシュー新潟生姜醤油ラーメン950円
      
      味付玉子100円 チャーシュー200円
      メンマ100円
      大盛り100円
      小ご飯100円 ご飯150円
      ネギご飯150円 ネギ玉ご飯200円
      ネギチャーシューご飯300円
      ネギ玉チャーシューご飯350円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-06-15

三島二日町 麺屋 明星

平成29年6月15日(木) 11:17訪問
つけめん780円を食す。

今日は朝から三島に出張。ひと仕事終えて、まだ昼前だが、腹が減ったので店をさがすことにした。この時間から空いている店はというと、新しくできたこの店が今回の俺の訪問先だ。駐車場もあって、訪問に便利だ。
s-DSC02040.jpg

さっそく店に入ってみる。約束事のように入口近くに食券の自動販売機が置いてある。必然的にここでメニューを決めるのだが、よく見るとボタンが余っているためか1番上の段と次の段が一部同じメニューになっている。つけ麺用追加スープのボタンがあるのが珍しい。
s-DSC02041.jpg

やはり、清水町ってラーメン激戦区なんだ。3つのこだわり。ラーメン屋にこだわりは大切だ。なんかうまそうな予感がしてきた。
s-DSC02044_20170716181649cd7.jpg

カウンターは2段式になっていて、みじん切ニンニクと黒七味が置いてある。コショウはブラックペッパーとホワイトペッパーの2種類が備えてある。ずいぶんと充実した調味料の備えだ。
s-DSC02043_201707161816474df.jpg

つけ麺なので、やや時間はかかるが先客は少ないので、少し待ってトレーにのせられて運ばれてきた。魚粉が海苔ではなく何かに乗っており、そのうえにドロンパみたいなナルトが乗っている。
s-DSC02046_2017071619175068a.jpg

つるつるとした極太麺。麺だけ食ってみる。太い麺だけあって、噛みごたえがなかなかいい。
s-DSC02047_20170716191751d8a.jpg

では、つけ汁に浸して食ってみよう。よくあるといえばよくあるのだが、豚骨などの動物系に魚介系の出汁を合わせたもので、確かにかなり濃厚。うま味がよく出ていて、出汁のバランスがいい。
s-DSC02048_201707161917527f5.jpg

太目のメンマはスープによくあっている。
s-DSC02049_20170716191754bf8.jpg

これは、いらないと思う。もし、味の調整をしたかったら別の容器で調味料として魚粉を用意した方がいいのでは。
s-DSC02050_20170716191755c86.jpg

柔らかいのだが、ちょっと薄くて真ん中から切れてしまったチャーシュー。
s-DSC02051_20170717090554280.jpg

残った麺にすだちをしぼると、少しさっぱりとした味になった。こういうのもありがちだけど、楽しいものだ。
s-DSC02052.jpg

最後はスープ割りをお願いして、スープを味わう。味はほぼそのままで、少しさらっとした感じになった。
s-DSC02053.jpg

完食。ごちそうさま。
s-DSC02054.jpg

確かにこのエリアは魅力的な店がいっぱい。しばらくいってないけど、猪のししラーメンも近い。
s-DSC02038_201707170906002d7.jpg

【住所】  静岡県駿東郡清水町久米田77
【電話】  050-5590-2320
【営業時間】11:00~15:00 17:30~21:00
【定休日】 無休
【アクセス】車で:国道1号線を静岡方面へ向かい、三好町東交差点を左折。しばらく進んで、4つ角を道なりに右へ。信号のある大きな交差点を右折してすぐの右側。駅前の広場左手の足湯の正面のビルの地下飲食店街。
【駐車場】 店頭15台


【席数】  カウンター5席 テーブル4席×6
【メニュー】つけめん780円 特製つけめん1,000円
      ゴマつけめん830円 チャーシューつけめん1,080円
      明星ラーメン730円 特製明星ラーメン960円
      明星メンマラーメン830円 明星チャーシューラーメン1,030円
      しょうゆらーめん680円 わかめらーめん730円
      チャーシューらーめん980円
      辛味まぜそば780円

      半ライス100円 ライス150円
      らーめん屋さんの玉子かけご飯200円
      高菜ごはん250円
      チャーシュー味玉丼300円

      ◇トッピング
       味玉100円 辛味50円
       メンマ100円 ねぎ増し100円
       ごま50円 すだち50円

      麺大盛り100円 麺特盛り200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-06-11

茗荷谷 生粋 花のれん

平成29年6月11日(日) 12:02訪問
旨み鶏だし特製・醤油1,000円を食す。

今日は年に一度の趣味の検定試験。試験会場の大学の最寄りの茗荷谷駅の近くにある人気のこの店を訪問。
s-DSC02023_2017071609081400b.jpg

開店雨に通りかかったきには誰もいなかったのに、先に会場の下見をして開店直後に訪れたら、店内は満員で外で待つ羽目になった。やはり開店前から並んでおけばよかった。
s-DSC02024_20170716090815368.jpg

ようやく案内されたと思ったら、まずは食券を買って再び店の外で待つシステムだ。なんにしようかな、と悩むこともなくいちばん左上のメニューを選択した。
s-DSC02025_20170716090819dff.jpg

ようやく店内に通され、壁に向いたカウンター席に案内された。狭いながらも洒落た造りになっている。それぞれにランチョンマットが用意されている。
s-DSC02026_20170716090817752.jpg

そして、またしばらく待って、後の客とまとめて俺のラーメンが運ばれてきた。生ハムみたいなチャーシューがめずらしい。意外とスープに油が多めだ。まあ、見た目だけじゃわからないけど。
s-DSC02027.jpg

ではスープから。鶏の出汁中心なのだが、見た目にそぐわず優しい味わいで、出汁と醤油の一体感で醤油味の幅が拡張されたかのようなうまみが広がる。その醤油味が何ともいい。丸みがあって奥行きがある。しかも、品がいい。これは確かにうまい。しかも無添加なのがうれしい。
s-DSC02028_20170716093757311.jpg

麺は平たいストレート麺で、しっかりとした弾力とコシがある。この麺もまた品がいい。
s-DSC02029.jpg

メンマは歯ごたえのしっかりしたもの。
s-DSC02031.jpg

チャーシューはなんと3種。スープに潜んださいころ。
s-DSC02032_201707160938026e5.jpg

小っちゃいけど上質。バラ肉。
s-DSC02034_2017071609464726d.jpg

そして、ほとんど生ハムみたいにしっとりとした食感のレアあnチャーシュー。これは、小躍りしたくなるほどうまい。
s-DSC02030_201707160937596ad.jpg

玉子もよか具合です。
s-DSC02035_20170716094648227.jpg

なくなってしまうのが惜しいくらい楽しんで食って気がついたら、ドンブリにスープなし。ごちそうさまでした。いやあ、ラーメンって本当にうまいなあ、って思えた一杯。優しくて、うまくってすばらしかった。
s-DSC02036.jpg

しかし、うまいものを求める人は多い。店を出たら、この行列。これからもっと延びそうだ。
s-DSC02037_20170716094830556.jpg

【住所】  東京都文京区大塚3-5-4 茗荷谷ハイツ 1F
【電話】  03-5981-5592
【営業時間】[月・火・水・金・土]11:30~21:00 [日・祝]11:30~20:00
平日11:00~2:00
【定休日】 年中無休
【アクセス】電車で:東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅より、徒歩約5分。茗荷谷駅1番出口を出て、目の前の国道254号線を横断し、左へ進んだ道沿い。
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター6席、テーブル2人×3
【メニュー】旨み鶏だし特製・醤油1,000円
      旨み鶏だしチャーシュー・醤油1,100円
      旨み鶏だし味玉・醤油900円
      旨み鶏だし醤油800円
      旨み鶏だし特製・塩1,000円
      旨み鶏だしチャーシュー・塩1,100円
      旨み鶏だし味玉・塩900円
      旨み鶏だし塩800円

      季節の温野菜(自家製ドレッシング付)200円
      やまと豚チャーシュー2種盛り300円
      福岡県産刻み竹の子150円
      とろり味玉有機醤油仕込み100円
      兵庫県産焼きのリ(5枚)100円
      ねぎ2種盛り(千住葱+九条葱)100円

      やまと豚のちゃーしゅーレタス炒飯350円
      旬の味わい炊き込みごはん200円
      やまと豚の炙りチャーシューごはん300円
      発芽玄米入り白ごはん150円
      発芽玄米入り白ごはん(小)100円

      健康しあわせセット(温野菜+炊き込みごはん)350円
      よくばり満腹セット(温野菜+チャーシューごはん)450円

【店舗web】https://twitter.com/kissuihananoren

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-06-09

緑園都市 くるまやラーメン 横浜泉区店

平成29年6月9日(金) 12:43訪問
味噌ラーメン630円を食す。

俺は心の中でラーメン不毛地帯と思いこんでいる泉区。そんな泉区で仕事。もうクルマが停められるところならどこでもいいや。ということで、選りに選ってくるまやラーメン。初訪問だ。でも、およそ想像はつくのだが。
s-DSC02022_201707122251048e2.jpg

基本の味噌ラーメンをニンニク抜きで口頭発注。元気のよいおばちゃん、失礼、女性店員の勧められるままにサービスの半ライスもお願いした。

実は時間があまりない。と思っているうちに、さっと提供された。このモヤシのみの具がまさにくるまや。
s-DSC02018_201707122251059e6.jpg

ニンニクが入らないと、やはり平面的でのっぺりとした味。さらに化調のうま味がきつく感じる。
s-DSC02019.jpg

黄色いストレート麺も予想どおりの味で、まあこんなものでしょう。
s-DSC02020_20170712225108c5e.jpg

猛烈なスピードで食っておしまい。もやし味噌ラーメンってところでしょうか。
s-DSC02021_20170712225109ff8.jpg

予想どおりの味と雰囲気。ちょっと前はこういう店がオアシスだったんだよな。でも、値段はともかく標準でこれだと、やはり相対的な価格は高めだな。

【住所】  横浜市泉区岡津町25-2
【電話】  045-813-5063
【営業時間】平日11:00~2:00
【定休日】 年中無休
【アクセス】車で:国道1号を下り、不動坂交差点を右折し県道401号線へ。しばらく直進し、岡津町交差点を左折、次の信号を過ぎた左側。
【駐車場】 店頭に14台


【席数】  43席
【メニュー】味噌ラーメン630円 ねぎ味噌ラーメン790円 
      味噌バターコーン850円 味噌バターラーメン750円
      味噌担々麺(温たまライス付)1,000円
      味噌担々麺(単品)920円
      味噌わかめラーメン750円 味噌メンマラーメン740円 
      味噌コーンラーメン740円 味噌納豆ラーメン740円
      味噌チャーシューメン900円ほか

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-06-08

熱海 維新 熱海本店

平成29年6月8日(木) 13:07訪問
鶏とん750円を食す。

今日も静岡に出張。ちょっと時間があったので、各駅停車で読書をしながらうとうとするのを楽しみに熱海まで出かけた。ここから乗り換えるので、途中下車して腹ごしらえをして行こう。選んだのは、駅近くのビルの地下にある飲食店街のラーメン店。温泉つけ麺が売りの店だ。つけ麺の種類は5種類。何にしようかな。
s-DSC01999.jpg

この後椿事が発生するのだが、そもそもは俺の間違いがいちばんの原因。食券自販機の前に立って、メニューの全体像を理解しようとじっくり見ようとした矢先、、ふいに後ろに客がいるのに気がついた。先を譲ろうとも思ったのだが、まあそれもどうかと思い、まったく把握しないまま、人気No.1と書かれたメニューボタンを押していた。
s-DSC02000.jpg

この時点で、まだ基本のつけ麺の食券を買ったと思いこんでいる。店内に入って、カウンターに座った途端、麺は並も大も特盛も同一の料金ということを再認識した。食券には並と書いてあるが、特盛にできますか、ときくと対応してくれた女性店員が大丈夫ですよと優しく答えるので、特盛でお願いした。
s-DSC02004.jpg

先客は1名。ここで、温泉つけ麺の由来を初めて知る。そうか網代温泉の飲泉を使用した麺なんだ。しかもスープは柿田川湧水を使用しているそうだ。
s-DSC02002.jpg

テーブルの上には七味にコショウ。そして、マジックビネガー!?
s-DSC02003_20170710233603231.jpg

美味しい温泉つけ麺の召し上がり方。で、マジックビネガーって何だろう?
s-DSC02001.jpg

そして、俺のつけ麺が出来あがり。これも温泉つけ麺的演出なのか?触るな、危険!みたいなグツグツつけスープ。
s-DSC02005.jpg

さらに、きれいに整えられた麺。太目のメンマに本気度を感じる。
s-DSC02006_201707112215340a5.jpg

それじゃ、麺だけを食ってみよう。想像以上に柔らくて弾力もあり、温泉みたいな柔らかみのある印象だ。この麺は結構いい。
s-DSC02007.jpg

それでは、つけスープに浸して食ってみよう。豚骨と鶏の出汁で適度な濃厚さで、甘みとうま味のバランスがいい具合だ。
s-DSC02008_20170711221537139.jpg

極太のメンマはほどよい味付けで、歯ごたえも固すぎず柔すぎず。
s-DSC02009.jpg

チャーシューは小間切れにされて、スープの底に沈んでいた。
s-DSC02010.jpg

途中まで食い進んで、俺のすぐ後から入った客につけ麺が提供されていた。そこで、何やらホール係りの女性店員との間で問答が始まっていた。どうも、食券と違う品を提供したらしい。他人事なので、それとなく聞いていたら、どうも俺のつけ麺と間違ったらしい。とはいえ、客は2人だけなんだけど。

後の客が気にしているのは2点。あちらのお客さん(俺のこと)が頼んだは、この特盛だから量が違うけど大丈夫か。さらに自分が発注したメニューと提供されたメニューは価格差があるのだが、いいのか。

当の俺はといえば、電車でうとうとしすぎで、頭がぼおっとしていて、事態をよく把握できていない。そこへ慌てて、女性店員がやってきて、間違えてしまったことを告白。でも、もう半分以上食ってしまったし、今さら言われても、すみません、大丈夫です、と答えるしかなかった。

結局、後客のメニューとの差額が現金で戻され、男性店員が厨房から出てきて、別皿で辛味を提供してくれた。
s-DSC02011_2017071122494660e.jpg

麺量は並盛、白けてしまったので、マジックビネガーは試さずに食い終えて、スープ割をお願いした。
s-DSC02012_20170711224947eb6.jpg

スープ割りを注ぐ。辛味はほとんど使わなかった。でも好意に感謝。
s-DSC02013_20170711224948a1a.jpg

出汁のよくでたスープ割で飲むとまたうまい。
s-DSC02014.jpg

俺はあまり辛いのを得意としないので、結果的にはよかったのだけど、不本意な特盛を納得の上とはいえ、お召し上がりいただく羽目になってしまった後客の方、本当にごめんなさい。
s-DSC02015.jpg

店を出て、よく自販機を見ようとしたら、男性店員がわざわざ厨房から出てきて、謝りつつ見送ってくれた。ごていねいにどうも。以後、気をつけます。
s-DSC02016.jpg

【住所】  静岡県熱海市田原本町9-2 熱海第一ビル B1階
【電話】  0557-82-3666
【営業時間】11:00~18:00
【定休日】 毎週木曜日
【アクセス】電車で:駅前の広場左手の足湯の正面のビルの地下飲食店街。
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター12席
【メニュー】海老鶏とん並盛800円 海老鶏とん大盛800円 海老鶏とん特盛800円
      鶏とん並盛750円 鶏とん大盛750円 鶏とん特盛750円
      辛鶏とん並盛780円 辛鶏とん大盛780円 辛鶏とん特盛780円
      魚介鶏とん並盛800円 魚介鶏とん大盛800円 魚介鶏とん特盛800円
      鶏しょう油並盛760円 鶏しょう油大盛760円 鶏しょう油特盛760円
      ◇トッピング
       ネギ100円 のり100円 メンマ100円

      まぐろトロメンチ200円 まぐろトロメンチ(3個)500円
【店舗web】https://www.ishin2010.com/%E5%BA%97%E8%88%97%E6%A1%88%E5%86%85/%E6%B8%A9%E6%B3%89%E3%81%A4%E3%81%91%E9%BA%BA%E7%B6%AD%E6%96%B0-%E7%86%B1%E6%B5%B7%E6%9C%AC%E5%BA%97/

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター