2017-05-26

かしわ台 ら~めん ぎょうてん屋 綾瀬店

平成29年5月26日(金) 12:08訪問
とんこつ醤油ラーメン700円+味玉100円を食す。

またまた綾瀬で仕事。今日もあまり時間がなく、店をさがす時間ももったいない。この前きてよかったので、またこの店にきてしまった。短期間に再訪問するのはめずらしいが、特別に思い入れがあるわけでもない。何といっても駐車場が広くて便利だ。
s-DSC01893.jpg

この前はGOLDラーメンだったので、今日は基本のとんこつ醤油ラーメンにしてみた。もちろん、この前で味をしめたので、無料のライスもお願いする。麺は太目、好みはありません、普通でお願いした。この前、何となく気がついたけど、この店は無化調の店らしい。へえ、めずらしい。とんこつ醤油は超熟成無化調ラーメンと同じでいいんだろうな。
s-DSC01884_2017070910100935a.jpg

しばらく待って、キッチンタイマーが鳴ったのでそろそろかなと思ったら、まもなくカウンターに置かれた俺のラーメン。
s-DSC01885_201707091010102f1.jpg

でも、味はどんなものか。しっかりと豚骨の出汁が前面に出ていて、強すぎず弱すぎず、なかなか良いバランス感だ。醤油ダレも強すぎなく、控え目すぎでもない。
s-DSC01886_20170709101012215.jpg

この前も思たったけど、一般的な家系のラーメンに比べると麺はかなり長めだ。まあ、考えがあるのだろうが、もう少し、短めでぼそっとした感じが好きだな。
s-DSC01887.jpg

味玉はとろっとしているが、半分に割らないほうが好き。
s-DSC01888_20170709102315bfc.jpg

テーブルの上の調味料から、ゴマとニンニクを選択した。
s-DSC01889_201707091023176e4.jpg

振ってみる。ゴマのかおりはあまりしない。スープがしっかりしているので、味が滅茶苦茶になることはなかった。
s-DSC01890_2017070910231979e.jpg

チャーシューは小さいけど、しっかりとした噛みごたえと味付けだ。
s-DSC01891_20170709102320da9.jpg

また、ライスにスープを×という食い方をしてしまった。もうどうにもやめられない。無化調としりつつも残すスープ哉。
s-DSC01892_20170709102321945.jpg

明後日は楽しい旅行が待っている。明日もがんばるぞ。

【住所】  綾瀬市深谷3898-1
【電話】  0467-38-6644
【営業時間】11:00~1:00 
【定休日】  
【アクセス】車で:中原街道を下り、早川交差点を右折し直進した右側。
【駐車場】 店前に19台


【席数】  カウンター17席 テーブル6席×4
【メニュー】醤油ラーメン700円 ぎ郎800円
      塩ラーメン700円 ぎょうてんGOLDラーメン800円
      スペシャルチャーシューメン1,000円 野菜なし・汁なし背脂ぎ郎800円
      ぎ郎レッドスネーク850円 キングコブラorギドラ850円
      醤油バターコーンらーめん900円 塩バターコーンらーめん900円
      油そば700円
      特製ラーメン900円 チャーシューメン850円 
      特ぎ郎1,000円 豚ぎ郎1,100円
      特製塩ラーメン900円 チャーシュー塩ラーメン850円
      鶏そば極850円 鶏そば極GOLD950円
      背脂ラーメン700円 お子様ラーメン480円
      ぎ郎(小)750円 ぎ郎汁なし950円
      汁なしぎ郎(小)900円 つけ麺880円
      つけぎ郎880円 辛ラーメン750円
      特製ぎ郎汁なし1,000円 坦々つけ麺950円

      ネギ(辛・白)200円 バラ肉煮豚チャーシュー3枚180円
      豚1枚100円 豚3枚300円
      味玉100円 ほうれん草100円
      のり50円 バター100円
      キャベツもやし100円 スモークバラ肉チャーシュー3枚
      スペシャルチャーシュートッピング300円

      オムライス750円 チャーハン650円
      チャー玉丼350円 ミニチャーシュー丼300円
      ミニネギチャーシュー丼300円
      玉子飯50円 チャーシュー玉子飯300円
      タイの辛いごはん100円

      餃子350円
      替え玉100円 麺大盛200円 麺中盛100円

スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-24

浜松町 麺屋武蔵 浜松町店

平成29年5月24日(水) 13:39訪問
濃厚つけ麺900円を食す。

今日は久しぶりに浜松町。この後、大井で営業して、夜はお楽しみのいわし料理の店を訪ねようと思っている。あまり時間がなく、どこに行こうかなと駅を出てうろうろしたら、すぐにこの店を発見。前からあったかな。
s-DSC01875_20170708230358609.jpg

店は駅前の大きな通りから少し引っ込んだところにあるが、看板が大きくて見やすい。

今まで見たことのないイラスト入りの赤い色の自販機。ちょっと迷って、左側のボタンから濃厚つけ麺を選択。千円札を入れてお釣りが出てこないのはいやだけど、足りないのはもっと嫌だ。
s-DSC01876_20170708230400d3a.jpg

カウンター席に案内された。麺の量が並、中、大と選べるが、この後の予定もあるし、それに時間もあまりないし、中にしておいた。テーブルの上のティッシュペーパーのケースや箸入れ、楊枝さしなど絵柄が統一されていて凝っている。それに勤め人が多いエリアのせいか、店員が威勢よくて活気ある。何より清潔感があるのがいい。
s-DSC01877_20170708230401f66.jpg

つけ麺はやや時間がかかって提供された。麺には具はのらずつけスープの方に具が沈んでいると思われる。
s-DSC01878_20170708230402c12.jpg

重みのあるつけスープに浸して啜ると、久しぶりに食いでのあるつけ麺と出会った感がある。豚骨の出汁もさることながら、魚介の風味が強く、後を引くうまさ。それにぷるぷるの太麺が合わさって、食うというより挑むという具合か。まさに麺屋、武蔵。
s-DSC01879_20170708230404776.jpg

器の底に小さく切られたチャーシューが沈んでいた。まあ普通の味。
s-DSC01880_2017070909170997d.jpg

スープ割りはポットに入っているので、セルフサービスで。
s-DSC01881.jpg

ちょっとあっさり目になったけど、まだ濃厚な味。
s-DSC01882.jpg

結局、スープは残してしまった。ありがちなつけ麺のようでもあるけど、値段意外は満足。
s-DSC01883_20170709091709cb0.jpg

そして、この後は楽しいひと時が待っていると思うと心も躍る。急がなくっちゃ。

【住所】  東京都港区浜松町1-29-6 浜松町セントラルビル1階
【電話】  03-5472-3634
【営業時間】11:15~22:15
【定休日】  無休
【アクセス】電車で:JR山手線浜松町徒歩1分。北口改札を出たら、左に出る。左手に世界貿易センタービルを見ながら、世界貿易センタービル前交差点を横断して左に進んだ道なり。店は奥に引っ込んでいる。
【駐車場】 なし


【席数】  
【メニュー】濃厚武蔵つけ麺1,200円 濃厚つけ麺900円
      濃厚味玉つけ麺1,000円 濃厚味玉チャーシューつけ麺1,500円
      武蔵つけ麺1,150円 つけ麺850円
      味玉つけ麺950円 味玉チャーシューつけ麺1,450円
      浜辛武蔵つけ麺1200円 浜辛つけ麺900円
      浜辛味玉つけ麺1,000円 浜辛味玉チャーシューつけ麺1,500円
      武蔵ら~麺1,150円 ら~麺850円
      味玉ら~麺950円 味玉チャーシュー麺1,450円

      (追加)味玉100円 (追加)メンマ150円
      (追加)角煮300円 (追加)チャーシュー100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-23

栗平 熊大路

平成29年5月23日(火) 12:54訪問
みそラーメン650円を食す。

昨日に引き続き川崎北部で仕事。しかし、ぼーっと運転していたら、いつの間にか隣の稲城市に入っていた。しかも、少し以前は山林だったのことが容易に想像できる、新興住宅地で、いったいここはどこなのかよくわからない。
腹が減ったと思った途端に、現れたラーメン屋。昔ながらの店がまえは、当たりかはずれか。とにかく入ってみよう。
s-DSC01872_201707082151408cc.jpg

店の後ろにある駐車場は思いのほか広い。

店に入ると、店内も昔ながらの内装で、カウンターとテーブル席が並んでいる。メインはみそかな.。
s-DSC01867_201707082151421fb.jpg

先客はなし。店主らしき男性に口頭でみそラーメンを発注し、カウンター席についた。食っていいのか悪いのかよくわからないゆで玉子がざるに大盛りに盛られている。何となく、昔のどさん子チェーンを思い出す。水はセルフではなく、きちんと出してくれた。
s-DSC01868_20170708215143db7.jpg

さて、麺茹では大きな鍋でゆっくり麺を泳がせて、平ざるで湯切り。このあたりの調理は好ましい。そしてできあがり。具はもやしとコーンだけ。うーん。
s-DSC01869_20170708215144ddc.jpg

では、スープ。ううん。化調がぁ。独特のラードの味が慣れるまでに時間がかかる。そして、スープにコクがない。人工的なうま味はあるのが、わざとらしくて好きになれない。待てよ、どこかで食った記憶があるぞ。つらつら考えて、これは袋麺のサッポロ一番みそラーメンがいちばん近い。
s-DSC01870_201707082151466f6.jpg

では、気分を変えて麺はどうかな。確かに手打ち風の平打ち縮れ麺だ。しかし、ねちゃっとした感触が何とも気になる。気にしなければいいのだろうが。
s-DSC01871_20170708222029063.jpg

まあ他の札幌を名のる店でもあるのだが、具がほぼもやしだけという淋しさだけにスープと麺が合わなかったのは残念、昔のみそラーメンはこんなものだったのかなあ。それとも、みそでなくしょうゆが正解だったのかな。
s-DSC01873_201707082220319a2.jpg


【住所】  東京都稲城市平尾1185
【電話】  042-331-1805
【営業時間】
【定休日】  
【アクセス】車で:県道3号世田谷町田線を町田方面に向かい、麻生警察署前交差点を左折。直進してしばらく進んだ左側。
【駐車場】 店裏手に多数。


【席数】  カウンター10席 テーブル4人×2

【メニュー】ラーメン650円
       みそ にんにく しょうゆ しお
      チャーシューメン900円
       みそ にんにく しょうゆ しお
      ワカメラーメン750円
       みそ にんにく しょうゆ しお
      とろろ昆布ラーメン750円
       みそ にんにく しょうゆ しお
      じゃんぼラーメン1,000円
       みそ にんにく しょうゆ しお
      つけめん750円
       みそ にんにく しょうゆ しお
      冷しつけめん800円
       みそ にんにく しょうゆ しお
      カレーらぁめん650円
      大盛100円
      コーン50円 バター50円 ニンニク50円
       みそ にんにく しょうゆ しお

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-22

稲田堤 武蔵家稲田堤店

平成29年5月22日(月) 15:14訪問
ラーメン並650円を食す。

今日は川崎の北部を仕事で訪れた。ついタイミングを逃して遅すぎる昼食。駅から近いのだが、あいにくクルマで来ていたので、近くのコインパーキングに停めて訪問問。店内に入ってすぐの食券自販機で食券を購入。とりあえずラーメンにする。
s-DSC01864.jpg

カウンター席について、食券をカウンターに置くと、お決まりの味の好みをきかれるので、すべて普通でお願いする。昔は麺固めで発注することが多かったのだが、ある時からその店の標準を知らないのに、固めも失礼かと考えを改めた。そして、さらに驚くのは平日のこの時間はトッピングが一品無料でサービスということだ。迷いなく、味玉を選択。それにしても太っ腹だ。

カウンターの上は必要な調味料がそろう。おろしショウガがあるところが回転のよい店の証かな。とにかくいい店だ。
s-DSC01854.jpg

もちろん、ライス無料を見逃すわけはなく、食券とともにお願いした。すぐにライスが提供された。漬物がうれしい。
s-DSC01855.jpg

そして、ラーメン。泡立つスープ。決して美しくはないけど、食欲をそそる。
s-DSC01856.jpg

この少しだけ濃い目の醤油味が次々と食う意欲をかきたてる。
s-DSC01857.jpg

中太の平打ち麺がスープを適度に絡めてこれもうまい。スープとの相性がいい。
s-DSC01858.jpg

そして、もう耐えきれない。早々にニンニク、ショウガ、ゴマにコショウをかけてみる。味の変化もベースがしっかりしていてこそのものだ。この濃い目のスープにさらに濃い味付けを加えるのが、楽しい。
s-DSC01859.jpg

スモークではないけど、肉厚のチャーシューは、味つけもほどよくて、チャーシューメンもいいかなと思わせる。
s-DSC01860.jpg

ほくほくとした玉子は少し固め。でもこれはサービスなので無料。
s-DSC01861.jpg

そして、これまた我慢できず、ライスをスープにあけてしまった。
s-DSC01862_20170707234701d84.jpg

さらには、ブラックペッパーも振ったりして、これはもう掟破りな炭水化物の二重奏だ。
s-DSC01863.jpg

結果は完飲、完食。ああ、満腹。この店はライスに惹かれて飛び込んでみたが、まさかの無料トッピングまでついていた。ごちそうさまでした。
s-DSC01865_20170707234706198.jpg

【住所】  川崎市多摩区菅2-1-1
【電話】  044-945-9898
【営業時間】11:00~1:00 
【定休日】  無休
【アクセス】電車で:JR南武線「稲田堤駅」より徒歩1分くらい。改札を出て、左に進み、線路を渡る。少し進み、すぐ右の路地(一方通行車両進入禁止)に入り進んだすぐ右手。。
【駐車場】 なし


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席

【メニュー】ラーメン並650円 ラーメン中750円 ラーメン大850円
      チャーシューメン並850円 チャーシューメン中950円
      チャーシューメン大1,050円
      半熟味玉ラーメン並750円 半熟味玉ラーメン中850円
      半熟味玉ラーメン大950円
      キャベツラーメン並750円 キャベツラーメン中850円
      キャベツラーメン大950円
      ネギラーメン並750円 ネギラーメン中850円
      ネギラーメン大950円
      モヤシラーメン並750円 モヤシラーメン中800円
      モヤシラーメン大900円
      のり増しラーメン並700円 のり増しラーメン中800円
      のり増しラーメン大900円 
      
      ◇トッピング
       半熟味付玉子100円 茹でキャベツ100円
       ほうれん草増し100円 ネギ150円
       のり増50円 モヤシ50円
       チャーシュー200円 

      ギョーザ350円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-18

保土ヶ谷  蘭苑飯店

平成29年5月18日(木) 12:43訪問
ランチA チャーシュー麺+カレー丼540円を食す。

時雨にあって急遽、雨宿りを兼ねて駅に直結したこの店に入ってみた。もちろん初めてだが、中華なので、なにかしら麺類はあるだろう。
s-DSC01842.jpg

それにしても安いランチメニューだ。しかもコーヒー付だ!普通の店のラーメン一杯より安い。でもチャーシュー麺なのだ。
s-DSC01833_20170702144125066.jpg

安すぎて、かえっておそるおそる中に入ってみた。円卓に角テーブル、小上がりもある。勧められるままに、円卓で他の客と相席で座った。

さほど待たずにラーメンとカレーが同時に運ばれてきた。
s-DSC01834.jpg

ちょっと癖があるスープだ。飲めなくはないが、うまくもない。
s-DSC01836_201707021441301b3.jpg

麺はいたって普通の中華屋さんのもので、やや柔めの茹で加減だ。
s-DSC01837.jpg

チャーシューは中華屋さんのオーソドックスなタイプながら、チャーシュー麺というだけあって、それなりの量が入っていた。
s-DSC01838.jpg

特に案内はなかったが、サラダバーもあるようだ。ほしけりゃ、自分でということのようで、後から入ってきた常連客は手慣れたもので、さっと器に盛りつけて、ドレッシングをかけ、自分のテーブルに運んでいった。何事も初めて入った店ではありがちだ。

では、カレー丼を試してみる。まず具だくさんでカレー味の煮ものがのっているようだ。しかし、味付けが中華っぽいのだ。しかし、カレー味もある。ちょっぴり辛さが後からやってくる。
s-DSC01839.jpg

ドンブリを食い終わって、ラーメンはスープを残して終了。
s-DSC01840.jpg

【住所】  横浜市保土ケ谷区岩井町123-1-1 保土ヶ谷駅前ハイツ 105号
【電話】  045-721-2680
【営業時間】11:30~23:50 
【定休日】  無休
【アクセス】電車で:JR横須賀線保土ヶ谷駅徒歩3分くらい。東口に出て、陸橋を渡って線路を越えた大きなマンションの1階。
【駐車場】 なし

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-18

保土ヶ谷  蘭苑飯店

平成29年5月18日(木) 12:43訪問
チャーシュー麺+カレー丼540円を食す。

仕事で保土ヶ谷駅近くまで来たら、いきなりの驟雨。雨宿りを兼ねてこの店に入ってみた。もちろん初訪問。
s-DSC01842.jpg

店頭の黒板に書かれたランチメニューはAかBの二者択一だ。選択肢は少ないものの、びっくりする低価格。普通、ラーメンだけでもこのくらいするのに、何とチャーシュー麺だ。無論AかBかと問われれば、Aしかない。A定食で行こう!
s-DSC01833_20170702144125066.jpg

お店に入ると、もうバリバリの中華で、店員の本場の言葉が店と厨房を飛び交っている。そして、俺は日本語で案内された丸テーブルに相席なので、そっと座る。回転はしない。ほかにも結構客がいて、みんな近所の勤め人のようだ。

俺は、先ほどの女性店員が水を置いてくれるタイミングで注文を伝えた。すると、それが異国語に翻訳されて厨房に伝えられる。

ほどなく、俺のチャーシュー麺&カレー丼が運ばれてきた。
s-DSC01834.jpg

スープは、ちょっと独特の中華の味。ラードの具合かな、やや癖がある。
s-DSC01836_201707021441301b3.jpg

麺は予想どおりの中華屋さんの麺で、少し縮れがあり、よく茹でてある。
s-DSC01837.jpg

さすがにこの値段なので、具はもやしが中心だが、きちんとチャーシューも複数のっている。この店で他のメニューでも使われているであろうチャーシューが結構な厚さで切ってあり、味は予想どおりながら、なかなかの気前のよさだ。ちょっと見直したぞ、子のチャーシュー麺。
s-DSC01838.jpg

食っている間に気がついたが、サラダバーのテーブルがあって、特に案内はなかったけど、自由にとれるみたいだ。でももう食い始めたし、もういいや。

よし、次はカレー丼だ。これは、カレーの煮ものみたいで、大きめの具がたっぷり。こちらも味つけは中華がベースとはっきりとわかる独特な味だ。後半になって、カレーの辛さがじんわりとくる感じで、まあ悪くないが、ちょっとめずらしいカレーだった。
s-DSC01839.jpg

チャーシュー麺とカレー丼、どちらも共通の味を感じながら、この辺で勘弁してもらおう。スープは残してしまった。
s-DSC01840.jpg

さっきのテーブルから、セルフサービスで杏仁豆腐をすくってきた。まあ、こんなものでしょ、という感じだ。コーヒーは遠慮しておいた。

街場の中華屋のランチは大抵が安くてボリューム満点だけど、ここのランチは驚きの値段で、ボリュームもそこそこ。

【住所】  横浜市保土ケ谷区岩井町123-1-1 保土ヶ谷駅前ハイツ105号
【電話】  045-721-2680
【営業時間】11:00~23:50 
【定休日】  無休
【アクセス】電車で:JR横須賀線保土ヶ谷駅から徒歩3分くらい。改札を出て東口に向かい、駅前の国道1号を跨ぐ陸橋の続きにある大きなマンションの1階。
【駐車場】 なし

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-17

修善寺 大滝ラーメン

平成29年5月17日(水) 12:01訪問
半チャーハン+ラーメン750円を食す。

たまには、温泉場でのんびりと。なかなかそんなわけにはいかず、普通に仕事で出張でやってきた。せめて、仕事が終わったら、のんびりできるといいのだが、明日も仕事なので、当然日帰りだ。平日の昼どきの駅前は人通りも少ない。それじゃあ、昼飯は地元に根づいた店がいいかな、とやってきたのがこの店。
s-DSC01815_20170702131744a28.jpg

着物でラーメンを食う、時代を感じさせるポスター。
s-DSC01819.jpg

メニューはいろいろあるけど、当店おすすめの半チャーハン+ラーメン750円を口頭で注文。
s-DSC01817_2017070210150719e.jpg

カウンター席の上はシンプル。この醤油さしも変わらないままなのだろうな。
s-DSC01820.jpg

厨房内はこれまた歴史を感じさせる男女店員。おそらくご夫婦と思われる。声が大きいので、嫌でも耳に入る。まあ、近所の話題が中心なので、まったく興味はないが。先客は2名。順番に調理している。しかし、あくまで慌てることなく自分たちのペースで調理している。麺茹では底の平たい深ざるを使用している。すべてが昔ながらというわけではなさそうだ。
s-DSC01821.jpg

そして、まずはラーメンができあがり。ほぼ予想どおりの見た目。ちょっと違ったのは、海苔がのらないところくらい。
s-DSC01822_20170702110704647.jpg

スープは鶏ガラスープのあっさりしたもので、予想以上にうまい。
s-DSC01823_20170702110706de6.jpg

これもオーソドックスな縮れ麺だけど、すっきりとした味わい。
s-DSC01824_2017070211070778b.jpg

わりとしっかりしたチャーシュー。昔ながらという予想どおりの味。まあ、可もなく不可もなくといったところだ。
s-DSC01826_2017070211071029c.jpg

スープには揚げネギが入っていて、甘みのあるうまさとコクがあった。
s-DSC01827_20170702110712e49.jpg

ラブリーななると。
s-DSC01828.jpg

そして、チャーハン。この紅ショウガはいらない。
s-DSC01829_20170702131453976.jpg

パラパラという具合ではないが、これはこれで悪くない。
s-DSC01830.jpg

これぞ駅前中華、という店の定番。ラーメンに半ライス。ごちそうさま。
s-DSC01831_20170702131456c67.jpg

さあて、これからタクシーで営業先に向かって、ひと仕事だ。帰りはビールでも飲みながら、のんびり帰ろうっと。
s-DSC01816_2017070213154882d.jpg

【住所】  静岡県伊豆市柏久保625-6
【電話】  0558-72-7978
【営業時間】11:30~15:00、17:30~23:00 
【定休日】  
【アクセス】電車で:伊豆急駿豆線修善寺駅から徒歩1分くらい。駅を出て駅前の大通りを横断して路地を入った左側。
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター7席 テーブル2席×2席 こあがり6人×2
【メニュー】ラーメン500円 塩ラーメン600円
      ミソラーメン650円 モヤシラーメン600円
      辛口ラーメン600円 辛口ミソラーメン600円
      にんにくラーメン650円 にんにくミソラーメン700円
      キムチラーメン650円 キムチミソラーメン750円
      チャーシューメン800円
      ミソバター700円 塩バター700円 
      大盛100円増

      チャーハン600円 キムチチャーハン700円
      ライス150円
      メンマ250円
      餃子300円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-16

市が尾  ラーメン魁力屋 市が尾店

平成29年5月16日(火) 14:55訪問
特製醤油味玉ラーメン(並)810円を食す。

今日は外出先で時間がなく、駐車場の広いいわゆる路面店を見つけて、もうここでいいや(失礼)。およそ味の想像もつくし、たまにはいいっか。
s-DSC01806_20170629214444338.jpg

店に入ると、女性店員の元気な声に迎え入れられた。今日はそんなに元気よくでなくてもよかった気分だけど、それは俺の問題なので、勧められるままにカウンター席について、勧められないけど、定番のメニューを口頭で発注した。

カウンターの上はコンパクトにたくさんの調味料が並ぶ。ネギは入れ放題だけど、九条ネギラーメンはまた違うのかな。
s-DSC01807_20170629214445a7d.jpg

少し待って、背脂いっぱいのラーメンが皿にのせられて運ばれてきた。
s-DSC01808_20170629214442947.jpg

スープは見た目より、ずっとあっさりしていて、意外と飲みやすい。でも化調のうま味もみえるぞ。
s-DSC01809.jpg

ひと口スープを飲んで、今度は麺を啜る。細ストレート。やや柔らかめ。
s-DSC01811_20170629214450c7f.jpg

では、テーブルのねぎを追加していただくことにする。
s-DSC01810_201706292144485f1.jpg

バランス感がこのラーメンのいいところ。玉子は固めの半熟で平凡。
s-DSC01812_201707012324331ce.jpg

こういうFC店の共通点なのか、セントラルキッチンの宿命なのか、薄すぎるチャーシュー。食いやすいけど、なくてもよかとよ。
s-DSC01813_20170701232435def.jpg

スープを飲み干すこと能わず。
s-DSC01814.jpg

【住所】  横浜市青葉区市ヶ尾町25-11
【電話】  045-9
【定休日】 無休
【アクセス】東急田園都市線市が尾駅西口より徒歩4分
【駐車場】 13台

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-14

反町 横浜家系ラーメン中島家

平成29年5月14日(日) 11:51訪問
ラーメン680円+味付け玉子100円+ライス(小)100円を食す。

中島家、ああ中島家、中島家。
反町に移転してから初訪問。いきさつはともかく、あのどうにも行きづらい立地から考えたら、駅から徒歩数分の夢のような場所だ。
s-DSC01792.jpg

日曜日なのに仕事だ。横浜に行くのだが、ひと駅足を延ばして、反町へやってきた。ひと駅なのに底が深すぎて降りて上がって、時間がかかる。そして、家系ラーメンの名店にたどりついた。

中盛も考えたが、今日はラーメンライスな気分なので、ライスのボタンを押してみた。さらに味玉も追加。日曜出勤だの自分にぷち贅沢で報恩。
a href="http://yeria.blog45.fc2.com/img/s-DSC01793_20170627210658877.jpg/" target="_blank">s-DSC01793_20170627210658877.jpg

店内は清潔で、厨房にはあの男性店員が淡々と調理中。お久しぶりです。もちろん話をしたこともありません。生姜が標準で備えてあるのがうれしい。昼少し前で半分くらいの客入り。
s-DSC01794_20170627210154652.jpg

まずはライスがやってきた。これがきたってことはラーメンの出来上がりも近いぞ。
s-DSC01795_20170627210155bb9.jpg

いまどきの深ざるではなく、平ざるでていねいに湯切りをするのが、真の家系だ。お好みはすべて普通でお願いして、出来上がり。
s-DSC01796_20170627210157827.jpg

スープは甘すぎず、しょっぱすぎず。かといってマイルドではない、力強さ。鶏油の加減も絶妙で、もう絶品と思えたのは、最近家系的ラーメンばかりだったからだろうか。
s-DSC01797.jpg

この麺もいい。やや固めのような気がするが、それがまたいいんだな。
s-DSC01798_20170627210700327.jpg

仕事が控えているので、残念ながら、ニンニクは試せなかったのだが、おろしショウガだけでも十分グッド。
s-DSC01799.jpg

そして、海苔がまたいい。ちゃんと潮の香りがするのだ。このために追加したライスを巻いて食う幸せをかみしめる。
s-DSC01800.jpg

ワイルドなチャーシューは、燻製ではないけど、これも嫌いではない。肉厚で楽しい。
s-DSC01801_20170627210703d9e.jpg

やや固めの味付玉子。
s-DSC01802_20170627210704a23.jpg

もうどうにも止まらず、スープも飲み干して、完食。ごちそうさまでした。
s-DSC01803_20170627212851d4d.jpg

店主の顔をみたせいもあるが、何かほっとするラーメン。さあて、これから仕事に精を出すかな。
s-DSC01804_20170627212852bbe.jpg

【住所】  横浜市神奈川区反町1-5-12 シティコープ反町 1F
【電話】  045-313-1176
【営業時間】11:00~21:00 
【定休日】 火曜 
【アクセス】電車で:東急東横線反町駅から徒歩3分くらい。駅を出たら、目の前の国道1号線を右に進む。線路をくぐり、反町交差点を右折。そのまま、まっすぐ進んだ右側。田ぶしの手前。
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター15席
【メニュー】ラーメン680円 ラーメン中盛780円
      ラーメン大盛880円
      のりラーメン780円 キャベツラーメン830円
      ネギラーメン830円 レタスラーメン830円
      合わせ野菜ラーメン880円 チャーシューメン880円
      のりチャーシューメン980円 キャベツチャーシューメン1,030円
      ネギチャーシューメン1,030円 
      ライス(小)100円
      味付け玉子100円 のり100円 キャベツ150円
      ネギ150円 レタス150円 合わせ野菜200円
      チャーシュー200円 薬味増し100円
      ほうれん草増し150円
      麺中盛100円 麺大盛200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-13

横須賀中央 煮干らーめん平八

平成29年5月13日(土) 20:28訪問
副産物そば750円+自家製煮玉子100円を食す。

土曜日でも仕事。休んでもいいのだが、何でも自分でやりたい性分なので人に任せられない。まっしかたないか。そんな日の夜はたまには、飯を食って帰ろうかな。横須賀中央で下車。遅い時間だけど、やっているかな。と思ったら、Z旗があがっていて開いていた。
s-DSC01791_20170625192354cdc.jpg

「まいど」の声に誘われて、カウンター席について、口頭で発注。 中盛まで無料なのだが、最近はもう何も言わなくても麺量は中盛で、一応軽く確認がある程度だ。
s-DSC01790_201706251928299f1.jpg

今回は先回迷ったこのメニュー。副産物そば。鶏と煮干のスープ。一条流がんこ家元ご指導だそうだ。しかもあるときだけの提供。

s-DSC01779_20170625192355807.jpg

すぐに作りはじめ、すぐに提供された。前回よかったので、今回も煮玉子を追加した。
s-DSC01780_20170625192356d40.jpg

スープは、いつもの煮干だけに比べると、ゆるやかな寛がりのある印象。やはり、異なる由来の出汁を加えると、思いのほかの相乗効果が出るようだ。
s-DSC01781_20170625192358442.jpg

そして、食ううちに癖になるぼそっとしたストレート麺。噛みごたえがあって、よく噛むとさらにうまい。
s-DSC01782.jpg

よろしかったらどうぞ、と後から提供されたすりおろしショウガ。これは、ありがたい。
s-DSC01783_20170626233646330.jpg

このくらいが、ちょうどいい。これはうまい。ショウガは本当にすばらしい。
s-DSC01784.jpg

チャーシューは2種類。鶏のチャーシューは嫌味がなく、淡白なうまみで、このくらいの大きさがちょうどいいんだな。
s-DSC01785_20170626233649a78.jpg

こっちは大きいのがうれしい、レアチャーシュー。噛みごたえあって、肉のうまみが広がる。
s-DSC01786.jpg

以前は甘すぎる味付けだと思っていたが、最近そうでもなくなってきたメンマ。
s-DSC01787.jpg

最後の楽しみは玉子。とろっと飛び出た黄身がたまらなくうまい。また頼んでしまいそうだ。
s-DSC01788_20170627203948782.jpg

今日も完食。ごちそうさま。
s-DSC01789.jpg

【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:00~14:30 17:30~22:30
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。
【駐車場】 なし



【席数】  カウンター5席 テーブル4人×1 2人×1
【メニュー】煮干そば  あっさりダシ 650円
       強火で炊き込んだ“煮干100%”のダシ。煮干が全面に出ている一杯です。
       苦手な方はご遠慮を
       基本の味=醤油 塩もあります

      黒煮干そば750円
       ご注文したお客さんの7割に残念な思いをさせ、3割はこれしか注文しないという異色で危険。初心者進入禁止。
       醤油を三枚肉や香味野菜で煮詰めた“たまりダレ醤油”をタレにし、煮干しダシと合わせています。醤油がガツンと効いているダシです。

      煮干油そば 淡麗仕立て 750円 濃厚仕立て800円 (油そばは汁なしです)  
       ※油そばは自家製煮干油・煮干タレと煮干し粉でマゼマゼした麺
         より濃厚にするなら卵黄50円
       ※麺量 並1.5玉 大盛2玉150円増し
       基本の味=醤油&塩 冷&塩もございます
 
      ◇トッピング
       全乗せ200円(豚バラ、煮玉子、海苔2枚)
       自家製煮玉子100円
       人気の燻製うずら玉1こ40円
       刻みネギ100円
       海苔5枚100円
       吊るし焼き燻製焼豚150円
       わかめ50円
       バラ海苔まみれ150円

      麺の量
       少な目 50円引
       並盛150g
       中盛190g0円 
       大盛300g200円
       追い玉150g150円 
        ※油そば的替玉

      ミニ丼
       ライス100円(11:00~14:30は50円)
       葱丼120円 生卵ネギ丼200円
       葱めかぶ丼200円 鶏そぼろ丼250円
       山芋とろろご飯290円

【店舗web】http://ameblo.jp/z-three/

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター