--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-05-12

かしわ台 麺屋万年青

平成29年5月12日(金) 12:00訪問
塩とんこつ670円+味玉100円+替え玉100円を食す。

この日は座間で仕事。意外とラーメン屋が乏しいエリアのようだ。気がついたら座間ではなく、綾瀬に入っていた。久しぶりにやってきた麺屋 万年青。といっても、移転前のことなので、ここに越してからは初訪問だ。
s-DSC01764_20170625131820b37.jpg

ラーメンはかなり種類が多い。
s-DSC01766.jpg

ランチセットもある。さあて何を食うか。これは、迷い始めるときりがないぞ。
s-DSC01767.jpg

結局、当店イチオシ!のPOPにしたがって、塩とんこつにしてみた。入口近くの食券自販機にて食券購入。
s-DSC01769_2017062513182623f.jpg

先客は2名。カウンター席について、食券を渡す。陽気そうな店主の男性が常連客と会話しながら調理を開始。どうやら、常連客は汁なし担々パクチーのせを食っているようで、パクチーについての評価を楽しそうに話し合っている。パクチーって、あうのかな?


カウンターの上は調味料類がひととおりそろっている。
s-DSC01770_20170625132629379.jpg

そうこうしているうちに俺のラーメンが完成。
s-DSC01771.jpg

以前食った時と変わらない印象だ。スープは、すり白ゴマとマー油のような香ばしいニンニク風味の油が浮いている。シンプルそうだけど、コクがあって、なかなかの味わい。
s-DSC01772_20170625132632cc8.jpg

麺は細めのストレート麺で、九州ラーメンみたいな印象だ。ぼそっとした食感は悪くない。ちょっと麺の量は少なめに感じる。
s-DSC01773_201706251326335f5.jpg

チャーシューは、柔らかくてうまみがある。もう少し厚みがあるとさらにうれしい。
s-DSC01774.jpg

うまい。しかし、もの足りない。そうかそんなときのための替え玉。この場合は、食券を買わず現金でOK。固めで発注した。
s-DSC01775_20170625182852662.jpg

具がなくなりさびしくなったので、卓上のすりごまをふりかけてみた。固めの麺がいい食感だ。つるつる、どんどん食い進む。
s-DSC01776_20170625182853d7d.jpg

最後まで残しておいた味玉。やや固めの半熟具合で、味つけもほどよい。
s-DSC01777_20170625182854d14.jpg

コクがあるのに、しつこくない。こってりしすぎない。ついつい替え玉までいってしまったが、完食。ごちそうさま。
s-DSC01778_201706251828569bc.jpg

いろいろなメニューがありすぎて、かえって選びづらいけど、それはそれでリピート客には楽しい。特徴が見えにくくならないようがんばってほしい。
s-DSC01765_20170625184051f63.jpg

【住所】  綾瀬市小園1030-2
【電話】  0467-78-1801
【営業時間】11:00~15:00 17:00~21:30
【定休日】 無休
【アクセス】車で:
【駐車場】 店舗前2台 店の横に4台


【席数】  カウンター8席 テーブル1卓4席 壁向かい席2席
【メニュー】ゴマ坦々麺820円 鶏醤油らーめん700円
      とんこつ醤油大盛770円 とんこつ醤油670円
      塩とんこつ670円 スパイシー麺780円
      鶏醤油らーめん大盛800円
      とんこつ醤油チャーシュー大盛980円 とんこつ醤油チャーシュー880円
      塩とんこつチャーシュー880円
      つけめん770円
      煮干し醤油らーめん750円
      魚介とんこつ700円
      みそらーめん770円 塩らーめん750円
      つけめん大盛870円
      冷し塩らーめん800円 油そば700円
      ざるらーめん660円 
      あやせブタッコリ~麺780円

      メンマ100円 ネギ150円
      のり100円 味玉100円
      ワンタン3コ100円 チャーシュー210円
      ギョーザ4コ200円 ギョーザ6コ300円
      ブタッコリ~ギョーザ4コ250円
      肉みそごはん160円 とりマヨごはん160円
      チャーシューごはん160円 チャーシューごはん160円
      ライス(大)160円 ライス(小)100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-11

相模大野 肉屋的濃厚そば 麺屋沼田

平成29年5月11日(木) 12:27訪問
濃厚鶏×鰹つけめん800円を食す。

今日は相模大野で仕事。仕事を終えて、お疲れ様ラーメンを食う。さあて、どこにしようか。ふらふらと駅前まで戻ってきて、このビルに吸い込まれてみた。相模大野モアーズ。飲食店は6階にある。
s-DSC01743_20170625100721ac0.jpg

この日は辛麺真空という店がちょうど開店した日で、店員が懸命に呼び込みをしていた。決して涼しくはないので、大量に汗をかくことが予想される辛麺はやめておこう。

そして、消去法で残ったのはあと1軒。おっとこちらは肉酒場。ちとボリュームがありすぎ。
s-DSC01745_201706251007231c1.jpg

こっちこっち。肉屋的濃厚そば。何が肉屋的かはわからない。
s-DSC01746_20170625100724dac.jpg

メニューは、こんな感じ。ちなみに右が肉酒場で左が麺屋。どちらも同じ経営で隣り合っている。厨房どうしもつながっているようだ。
さあて、何を食うか。普段なら濃厚醤油鶏白湯らーめんか肉屋の肉そばを選ぶのだが、今日はどちらもあまり気分がのらない。そこで、右下のつけめんを選択した。
s-DSC01747.jpg

入口近くに食券自販機があるので、食券を購入してカウンター席に座り、厨房にいる元気な女性店員に食券を渡す。
カウンターにはこんな解説が貼ってある。肉屋が創ったラーメン屋なので、肉にこだわりがあるみたい。
s-DSC01748.jpg

さらに調味料は黒七味やフルーツ酢など個性的なとり揃えが並ぶ。ほかに激辛ニラ、自家製辛味、白胡麻、刻みニンニクにホワイトペッパー。
s-DSC01749.jpg

そして、少し時間がかかって俺のつけめんができあがり。魚粉が海苔の上にのるスタイルはありがちかな。麺の上にチャーシューが2種類。さすが肉屋的。
s-DSC01751_20170625102154470.jpg

では、食ってみよう。
s-DSC01752_20170625102156ada.jpg

スープは濃厚な鶏白湯に鰹節粉が混じっていて、甘みのバランスがいい。普通にうまい。
s-DSC01753_20170625102157a11.jpg

長~い穂先メンマはちょうどいい固さと味付け。
s-DSC01754_201706251021586c1.jpg

2種のチャーシューは、まずは鶏から食ってみよう。癖がなくて、柔らかい。さすが肉屋のチャーシュー。
s-DSC01755.jpg

もう一方のチャーシューは、炙りの入った香ばしい仕上げ。もっと大きいとうれしい。
s-DSC01756_20170625103318b96.jpg

麺は普通盛りだとあっさりと終わるくらいの量。スープ割りをお願いすると、専用の容器に入れて提供してくれる。
s-DSC01760_201706251033197f0.jpg

さっぱりと魚介風味にしあがって、うまい。
s-DSC01761.jpg

完食してごちそうさま。
s-DSC01762.jpg

肉屋的濃厚そばは、結局濃厚鶏白湯の店だった。
s-DSC01763_20170625103324f2d.jpg

【住所】  相模原市南区相模大野3-9-1 相模大野モアーズ 6F
【電話】  042-705-3464
【営業時間】11:00~15:00 18:00~24:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:小田急線相模大野駅から徒歩1分くらい。北口に出て、右方向にあるモアーズの6階。
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター10席
【メニュー】濃厚醤油鶏白湯らーめん900円 肉屋の肉そば880円
      濃厚鶏白湯らーめん700円 沼田の台湾まぜそば900円
      濃厚鶏×鰹つけめん800円 濃厚鶏×鰹辛つけめん850円
      淡麗鶏骨醤油らーめん700円ほか

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-09

鴨宮 小田原らーめん いしとみ

平成29年5月9日(火) 13:44訪問
ワンタンメン900円を食す。

「今度、(飲みに)行こうぜ」とつい軽く言っても、ほとんど果たされない約束。同じようにいつか行こうと思っている店ほど、なかなか足を運べないものだ。ということで、今日は出張の足を少しのばして、この店にやってきた。小田原系の名店、いしとみ。
s-DSC01742_20170621233808a53.jpg

こんな時間でも、しっかりと先客がいる。しかも食っている間もぽつりぽつりと客がやってくる。さすがの人気店。引き戸を引いて、店内に入ると手慣れた感じの女性店員と厨房にはこれも手慣れた感のある調理担当の男性店員の2人体制。この後の仕事もあるので、軽めにワンタンメンを口頭で発注。

麺茹では、大きな鍋に麺を直接泳がせて、湯切りは平ざるで行う。昔はみんなこうだったんだけど、最近はほとんどがいわゆるデポで湯切りなので、かえって新鮮に映る。手際よく仕上げて、カウンターにのせられた。写りは悪いけど、カウンターの使いこんだ具合が歴史をかんじさせる。
s-DSC01733_20170622231334ec7.jpg

麺が見えないたっぷりのスープにもやし、のり、三つ葉、にメンマ、そして刻みネギ。
s-DSC01734_20170621233810335.jpg

では、濃い色のスープからいただくことにする。表面の油を混ぜながら、口に運ぶ。久しぶりに味わう小田原系。出しゃばらないけど、しっかり存在感のある豚骨のスープに独特の醤油味がたまらない。とがりすぎず、かといって小田原系の代表選手として、決して控え目すぎることもなく、老成されたバランス感がたまらない。
s-DSC01735_20170621233811982.jpg

そして、この麺。この縮れがたまらない。これは、よく茹でたほうがいい具合だ。だから、麺固めでなどと発注してはいけない。あくまで、店の嗜好に合わせるべきだ。
s-DSC01736_20170621233812f45.jpg

チャーシューも黒ずんでいるが、このスープと相性がとてもいい味付け。というより、チャーシューの煮汁をタレにしているかのようだ。ややパサパサ感はあるが、それもまたこのラーメンに合っている。
s-DSC01737_20170621233814606.jpg

そして、小田原系といえば、このワンタン。たっぷりの餡に大きい皮のぷにっとした感触がたまらない。ショウガ風味の中身もおいしくって、ボリュームもたっぷり。麺をすすり、スープを飲み、タイミングを見計らってこのワンタンを食うときが至福の瞬間だ。
s-DSC01738.jpg

濃い色合いのメンマは、色と同じくやや濃い目の味付け。でもうまい。
s-DSC01739.jpg

次の仕事が控えていることもあり、あまりゆっくりもできずなかったので、残念ながらスープは残した。
s-DSC01740.jpg

でも、この時間でも、いやこの時間だからか、腹ペコさんはいるもので、フルスペックのチャーシューワンタンメンの大盛りの客もいた。

久しぶりの小田原ラーメンだったが、今日は本当にラッキー。すっきりとして、コクのあるスープに独特の縮れ麺。そして、餃子を想わせるワンタンにチャーシュー。値千金の役者ぞろいの小田原ラーメン。
ごちそうさまでした。
s-DSC01741_20170622232549b1c.jpg

【住所】   小田原市酒匂1-23-31
【電話】   0465-47-2783
【営業時間】 11:30~20:00頃
【定休日】  水曜日
【アクセス】 電車で:JR東海道線鴨宮駅より徒歩15分くらい。改札を出て南口に出る。階段を下りたら、左に進む。線路と平行するように走るバス通りを左に進み四叉路を右に進む。少し進んで西湘高校入口交差点を左折して少し進んだ左側。
【駐車場】  南側の月極駐車場に3台、北側に約50m離れて4台

【席数】   カウンター15席

【メニュー】ラーメン700円 支那竹ラーメン850円
      ワンタンメン900円 チャーシューメン1,000円      
      チャーシューワンタンメン1,100円 
      ワンタン800円 チャーシューワンタン1,050円
      みそラーメン750円 みそチャーシューメン1,050円
      ねぎらーめん800円 ねぎわんたんめん1,050円
      ねぎちゃーしゅう1,100円 ねぎちゃーしゅうわんたんめん1,250円
      ねぎみそらーめん850円 ねぎみそわんたんめん1,100円
      ねぎみそちゃーしゅうめん1,150円 ねぎみそちゃーしゅうわんたんめん1,300円
      チャーハン・カレーライス700円
      ライス200円 半ライス100円
      ギョウザ400円
      ゆでワンタン400円

      ギョウザセット(ラーメン+ギョウザ+半ライス)950円
      カレーセット(ラーメン+半カレー)950円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-08

東戸塚 麺家鶏豚大将

平成29年5月8日(月) 13:47訪問。
煮干つけ麺780円を食す。

今日は東戸塚で仕事。ここの駅はラーメン不毛とまではいわないが、いわゆる家系の店ばかりなのだが、この店は同じ家系もどきでも少し変わっている。普通、家系といえば豚骨なのだが、鶏の出汁でとった家系風のスープもある。普段はこの2種類のスープが楽しめるのだが、今日は最近始まった限定のつけ麺を食いにやってきた。煮干つけ麺だ。なぜ、つけ麺だけ煮干し出汁なのだろう。
s-DSC01732_20170618191859575.jpg

そんな疑問はさておき、昨年も食ったのだが、思いのほかよかったので、今年も食ってみようと思う。カウンター8席だけの店ということもあってか、こんな時間でも混んでいる。ほぼ満席。まずは食券を買って席に着く。この日は調理担当の男性店員とパートらしき女性店員の2名。男性店員がタイマーをセットして麺茹で開始。大盛り無料なので、無論大盛りで発注。

水で締めて出来上がり。いろいろなさわやか具材がのせてあって、この価格。ミョウガやバラ海苔にすだちものっていて、お得だ。
s-DSC01727_20170618191900735.jpg

弾力のある麺は噛みごたえがあっていい具合だ。つけ汁は、煮干しの風味をしっかり感じるが、さほど強すぎず、ライトな煮干感で、バランスはよいと思う。以前もそうだったが、やや人工的なうま味を感じる。でも悪くない。
s-DSC01728_20170618191902cc1.jpg

あっという間に食い終わった。
s-DSC01731.jpg

スープ割りは、店員に言うと、すぐに作ってくれる。
s-DSC01730_20170618191906e2e.jpg

忘れてたけど、途中ですだちを絞ると、これまたさわやかな印象をうける。

派手なようで、地味な風変わりな家系ラーメン店だけど、この期間限定はいいね。また行ってみようと思わせる。
s-DSC01732_201706210002538f6.jpg

【住所】  横浜市戸塚区品濃町538-8
【電話】  
【営業時間】[月~土・祝]11:00〜16:00 17:00〜翌1:00 [日]11:00〜22:00
【定休日】 
【アクセス】電車で:JR横須賀線東戸塚駅東口に出て、階段を1階まで下り、西武オーロラモールを前に見ながら、左に進む。交番の前を通り、松屋の先。徒歩3分くらい。


【駐車場】 店前2台
【席数】  カウンター8席
【メニュー】鶏らーめん醤油特のせ930円 鶏らーめん塩特のせ930円
      豚骨らーめん醤油特のせ930円
      鶏らーめん醤油680円 鶏らーめん塩680円
      豚骨らーめん醤油680円
      鶏らーめん醤油味玉780円 鶏らーめん塩味玉780円
      豚骨らーめん醤油味玉780円
      鶏らーめん醤油ほうれん草780円 鶏らーめん塩ほうれん草780円
      豚骨らーめん醤油ほうれん草780円
      鶏らーめん醤油海苔780円 鶏らーめん塩海苔780円
      豚骨らーめん醤油海苔780円
      鶏らーめん醤油白髪ねぎ780円 鶏らーめん塩白髪ねぎ780円
      豚骨らーめん醤油白髪ねぎ780円

      坦々麺 730円 坦々麺味玉830円
      坦々麺 白髪ねぎ830
      辛口坦々麺 760円  辛口坦々麺味玉860円
      辛口坦々麺白髪ねぎ860円

      餃子3個150円 餃子6個280円
      チャーシュー丼醤油160円 チャーシュー丼塩160円
      大ライス50円、ライス40円、小ライス30円
      特のせ250円 チャーシュー250円
      味玉100円 白髪ねぎ100円
      ほうれん草100円 キャベツ100円
      海苔100円

      麺大盛100円
【店舗web】https://twitter.com/toributataishou

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-05

北久里浜 はまんど横須賀

平成29年5月5日(木) 11:11訪問
平子煮干しとアサリダシの合わせそば880円を食す。

俺の5月の連休も今日が最後。天気もいいし、自転車でレッツゴー。無論、お目当てはこの期間限定麺。開店早々に入ったが、すでに半分くらいの席が埋まっている。
s-DSC01710_20170514184405eea.jpg

それでも、いつものように手際よく調理されていて、さほど待つこともなく俺のラーメンがカウンターにのせられた。いつものことながら、具がいっぱいで、麺がまったく見えない。もはや、それが特色かもしれない。no-view麺だな
s-DSC01712_20170514184409a8b.jpg

では、期待を込めて、スープをいただきます。煮干しとアサリの出汁の融合がすばらしい。クリアで角がないまるい味わいながら奥行きの深いコクがあって、これはうまい。最初の印象に、具材がだんだんと溶け込んでいって、少しずつ味わいが変わるのも、いつもながら楽しみだ。
s-DSC01713_20170514184410b13.jpg

やや細めの四角い麺は長めで啜りがよくってコシがあって、中盛りなので量もあって、もういうことなし。
s-DSC01715_2017051418441155d.jpg

今回はいろいろな具に冒される前に、味玉から、食ってみる。相変わらずの安定したうまさ。
s-DSC01716.jpg

小松菜は歯ごたえと辛味がいいアクセントだ。
s-DSC01717.jpg

太目のメンマ。
s-DSC01718_20170514185721d3e.jpg

そして、スープとよく合っていて、なぜか春らしい味わいを感じさせてくれる三つ葉。
s-DSC01719_20170514185723196.jpg

このラーメンには、確かに海苔よりばら海苔が合う。
s-DSC01720_20170514185724bc2.jpg

たくさん入ったキクラゲもうれしい。
s-DSC01721_20170514190157b32.jpg

ほどよい濃さで味付けしてあるアサリの佃煮がうまい。これは、このラーメンの核になる具だ。柔らかく煮つけてあって、スープに浸したり、そのままで味わったりと楽しい。
s-DSC01722_20170514190159bc4.jpg

そして、もうひとつのお楽しみ。大きな魚のつみれ。鯵、鰯に蓮根、柚子。魚のうま味と柚子の香味と蓮根のシャキシャキ食感。これもいい。
s-DSC01723_20170514190200370.jpg

いつものチャーシューは2枚。これだけで、じゅうぶんチャーシューメンと名乗っていいボリュームと味。相変わらずうまい。
s-DSC01724.jpg

このラーメン、出汁が本当にうまかった。今回も完食。ごちそうさまでした。
s-DSC01725_201705141902038b7.jpg

そういえば、5月から担々つけ麺と辛味噌つけ麺が日替わりになった。
s-DSC01711_201705141844073e8.jpg


【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。
【駐車場】 隣地に2台分


【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】はまんど平打700円 辛子そば(平打麺)750円
      白湯そば(平打麺)700円 釜玉油そば(平打麺)700円
      はまんど細麺700円 辛子そば(細麺)750円
      白湯そば(細麺)700円

      特製ラーメン820円 坦々麺850円
      鶏そば800円
      コクにぼねぎそば800円 
      煮干そば680円
      汁なし坦々麺850円
      煮干つけ麺750円
      坦々つけめん850円

      麺大盛100円

      ライス100円 ミニチャーハン150円
      ねぎ丼250円 ローストポーク丼300円

      味付玉子100円 メンマ100円
      半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
      ねぎ100円 ワンタン4個150円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-04

木更津 巌根 中華そば モンド

平成29年5月4日(木) 11:32訪問
特製中華そば醤油980円を食す。

帰省の帰りに寄ってみた。昨日に懲りて、今日は早めの出立。そして、早めの飯、いやラーメン。本当は昨日寄ったのだが、つれなく支度中の看板にむなしく踵を返した店だ。今日はもちろん、営業中だ。区画のない広い駐車場に車を停めて、勇んでいざ入店だ。
s-DSC01709_20170509001500c81.jpg

扉を引いて入店すると、微かにいい香りが鼻孔をつく。ラーメン店でこれは初めての体験だ。そして、すぐに食券自販機があるのだが、すっかり香りに魅せられてしまって、千円札をするりといれて、何も考えずにおすすめの特製のボタンを押していた。
s-DSC01691.jpg

そして、もうひとつの引き戸をあけ店内に入り、案内されるままにカウンター席についた。まだ開店からほどないとはいえ、清潔で整えられたカウンターテーブルは気持ちがいい。
s-DSC01692.jpg

声掛けなどチームプレーと客への目配りがとてもいい。これはいい店と直感的に思える。

というのも、ずっと車を運転してきて、失礼だが食券を渡すと同時にトイレに入った。用を足して席に着くと、おもむろに店員どうしが目くばせで調理開始。そのくせ、待たせない。どうもすみません。でも、こういう気配りができそうで、できない。うれしいねえ。

しばらくして、俺のラーメンがカウンターののせられた。麺が見えないほどの具だくさん。さすが特製。
s-DSC01693_201705090015058cb.jpg

期待を込めてスープを飲んでみる。うまい!鶏ガラ、豚骨、貝出汁、香味野菜などでじっくり煮込んだスープだそうだ。あっさりだけどコクがあって、奥行きがある。技巧にはしっている素振りは全く見せず、おおらかなう印象だが、実は計算づくめの絶妙のバランス、といったところか。とにかく、普通そうでいて、かなりの実力派スープ。
s-DSC01694_20170509001506a95.jpg

麺は長めのストレート中細麺。スープとの絡みもいい。
s-DSC01695_2017050923452333f.jpg

太目のメンマは味よし、歯ごたえよし。
s-DSC01696_20170509234525f59.jpg

何気ない長ネギが案外うまかったりするのは、地場ものなのだろうか。
s-DSC01698_20170509234526259.jpg

小松菜。
s-DSC01699.jpg

最初の画像をみてわかるとおり、チャーシューは3種類。味付けのよいバラ肉。
s-DSC01701_201705092358260df.jpg

ロースに低温仕上げのもも肉。どれも手間暇かけた逸品。
s-DSC01702_20170509235827b2c.jpg

ええ、ワンタンまでのってる。しかも2つ。さらにどうもそれぞれ味が違う。肉ワンタンに海老ワンタン。
s-DSC01703_20170510001301f57.jpg

どちらもうまい。しかし、クイズみたいな考えさせるラーメンだな。
s-DSC01707_20170509235831c98.jpg

そして、最後は中華そばの象徴、ナルト。よく見たら、「の」だ。
s-DSC01700_201705092345281e8.jpg

今度こそ最後の具紹介。味玉。店名が書いてある。
s-DSC01704_2017050923582857f.jpg

いつもは横に割るところを、今日は縦割り。味もいいっす。
s-DSC01706_20170509235830525.jpg

スープだけでも満足なのに、具だくさんを堪能。当然完食。ごちそうさまでした。
s-DSC01708_20170510001950b5b.jpg

機をとらえてまた来よう。
s-DSC01690_201705100019497df.jpg

【住所】  千葉県木更津市高柳2-3-16
【電話】  0438-71-9232
【営業時間】11:00~15:00 17:00~21:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:内房線巌根駅から徒歩10分くらい。駅西口に出て、駅を背にまっすぐに進む。巌根郵便局を右に見て進み、信号を右折。次の交差点を左折。次の角を左折して進んだ左側。
【駐車場】 店前に多数


【席数】  カウンター10 テーブル4人×2
【メニュー】特製中華そば醤油980円 中華そば醤油680円
       味玉中華そば醤油780円
       鶏白湯つけ麺880円 
       塩らーめん680円 味玉塩らーめん780円
       特製塩らーめん980円
       大盛100円
       チャーシューめし300円 限定丼300円
       半ライス150円 ライス200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-03

木更津 祇園 北海道ラーメン 帯広ロッキー 木更津店

平成29年5月3日(水) 15:26訪問。
みそラーメン790円を食す。

今日からいわゆるゴールデンウイークだ。房総の実家にひとりで帰省。気ままなドライブとはいえ、いくら何でも混みすぎだ。アクアラインに乗るまでに湾岸線に3時間以上もいたが、ほとんど進まない。おかげで、DVDが帰りの分まで見られた。

またもや愚痴から入ってしまったが、とりあえず木更津でラーメンと思ったが、ほとんどの店が15時で昼営業を終えるため、選ぶ余地なく通し営業のこの店を再訪問。北海道ラーメン、帯広ロッキー。
s-DSC01688_20170508231530f0d.jpg

店内に入ると、メロディが流れるのだが、店員は誰も出てこない。挙句、俺を無視して、後から入ってきた家族連れ客に何名ですかときく始末だ。おいおい。

しかたなく、やんわりと抗議して、勝手にカウンター席につく。あまり、気分はよくない。

メニューを見て、かにみそラーメンと相当迷ったが、もはやどうでもよくなって、あえて高いラーメンを食うのもどうかと思い、結局、前回と同じみそラーメンを口頭で発注した。

大きなドンブリで出てきた。めかぶが珍しいかな。
s-DSC01679_2017050823153338f.jpg

背脂が浮いたニンニクの効いた白味噌スープ。濃すぎないが、そこそこに迫力がある。
s-DSC01680_201705082315347b3.jpg

西山製麺の縮れ麺。こいつはいいね。
s-DSC01681_20170508231536ffb.jpg

チャーシューは、素朴なんだけど、味はいまひとつ。
s-DSC01684_20170509000056280.jpg

前回入っていたキクラゲはなぜか存在せず、残念。でも、めかぶがいい食感で、案外楽しい。
s-DSC01683_20170509000059da9.jpg

スープが多くて、最後までおつきあいできませんでした。
s-DSC01685_20170509000057df5.jpg

国道沿いで駐車場が広くて、とても使い勝手がいい店。
s-DSC01689_2017050900010033d.jpg

【住所】  千葉県木更津市長須賀鍛冶下1977-1
【電話】  0438-22-3838
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】 無休
【アクセス】車で:国道16号線を下り、アクアライン連絡道袖ヶ浦インターを過ぎて、しばらく進んだ左側。目印の大きな看板があるので、交差点を左折して入る。
【駐車場】 隣地に多数


【席数】  カウンター15席、座敷席4人×2 ボックス席4人×7
【メニュー】
s-DSC01678_2017050900055971c.jpg

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-02

本厚木 明かり家 for you

平成29年5月2日(火) 11:47訪問。
ありがトマトらあめん800円+チーズごはん150円を食す。

今日は厚木の奥地で仕事だ。仕事前に腹ごしらえをしておこっと。どの店にしようかと悩みつつ、選んだのがここ。
s-DSC01676_20170507101353dd9.jpg

そして、この店の人気商品がトマトらあめん。おそらく。
s-DSC01660_20170507101355200.jpg

入口を入ってすぐの食券自販機で食券を購入すると、カウンター席に案内された。体の大きな男性と普通の男性の2名体制。開店からまだ間もないので、先客は2名。
しかし、次々と客が入ってくる。食券を声に出して確認するので、わかるのだが、ほとんどの客がトマトらあめんを発注している。

「紙エプロンをお使いになりますか?」ときかれたので、素直にお願いした。隣の女性一人客は、同じ質問につけた方がいいかを逆に尋ねていたが、愚問であろう。食い方次第だし、気になるならつければいい。俺の影響もあるのか、結局、つけていた。

カウンターの上には、夢のかけ箸というラベルを貼られた箸箱。開けてみたけど、ラーメン屋でよく見る箸が入っていた。意味がよくわからない。つまようじ係はあとで試したら、そのとおりだった。そのほかにも醤油入れに目玉を貼ったり、結構細かい。こういうのは、嫌いではない。

次いではカウンターにのせられたのが粉チーズとレモンのセット。トマトらあめんへの期待を高めてくれるセットだ。
s-DSC01661_2017050710135639f.jpg

そして、俺のラーメンと隣の女性のラーメンが完成。「チーズごはんは後で出しますね」とのこと。はい、お願いします。
s-DSC01664_20170507194015a72.jpg

どれどれ、スープからいただいてみよう。トマトベースのスープは確かにラーメンなのだが、ラーメンらしくはなく、むしろトマトスープ
。あれ、言っていることが同じような気がする。とにかく、出汁はラーメンほど強くなく、かといってトマト味だけでなく、しっかりと奥行きのあるスープだ。でも、印象はやはりイタリア料理のような。そんなことは気にせずうまいっす。一応ラーメンなので、ネギも入っているのだが、玉ネギの方がベストマッチ。表面にふられたバジルがいい。
s-DSC01665_20170507194017462.jpg

スープパスタならぬスープラーメン。麺の方はどうかな。中くらいのストレート麺。やや硬めがちょうどいい。本当にパスタでもおもしろいかもと思わせる。
s-DSC01666_201705071940180e3.jpg


具もちょっと変わっている。エリンギが意外にもマッチしていてとってもいい具合。これは絶妙。
s-DSC01669_20170507194021b4c.jpg

ラーメンなので、一応チャーシューはあるのだが、もはやチャーシューなくてもOKくらいの勢いだ。
s-DSC01670_20170507210813462.jpg

ホールトマトの食感もいい。
s-DSC01671.jpg

では、粉チーズを入れてみよう。ああ、もう完全にラーメンの一線を越えてしまった。もう後戻りできない。何となくラーメンに対する罪の意識とこの愉悦がたまらない。
s-DSC01668_201705071940190fd.jpg

ラーメンに夢中になっている間に、そっと提供されたチーズごはん。もちろん、これ単品で食うものではない。
s-DSC01672_20170507210816009.jpg

そのままスープにどぼんで、リゾット風になるのだ。とろけるチーズの具合がたまらない。
s-DSC01673.jpg

一杯で多様な楽しみ方ができる。途中でレモンを絞るのも忘れずに。ああ、うまかった。完食。ごちそうさま。
s-DSC01675_2017050721271501c.jpg

何となく女性的なイメージがした店だったが、意外にも男性2名での営業。でも、ボリュームもあって大満足。たまにはこういうのもいいねえ。
s-DSC01677_20170507212833eab.jpg

【住所】  厚木市中町2-10-14 増淵ビル 1F
【電話】  046-296-7710
【営業時間】[月~土]11:30~5:00 [日・祝]11:30〜23:00〔LO〕
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:小田急線本厚木駅から徒歩10分弱。北口に出てスクランブル交差点を駅を背に直進。中町3丁目交差点を右折。そのまま進んで、3つめの交差点を左に入り進んですぐの右側。
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター10席 テーブル4人×2
【メニュー】ありがとうらあめん700円 味玉らあめん800円
      ねぎらあめん800円 チャーシューめん950円
      ねぎチャーシューめん1,050円
      オールスター☆らあめん1,050円 少なめらあめん 550円

      ありがトマトらあめん800円 チーズごはん150円
      明かり家風担々麺800円 コクまろありがとん塩らあめん800円

      大盛り・替え玉 100円

      つけめん700円 ねぎつけめん800円
      チャーシューつけめん950円 オールスターつけめん1,050円

      ◇トッピング
       大葉・チーズ50円
       味付けたまご・こねぎ増・白髪ねぎ増・メンマ増し・あおさ増し・旨辛肉味噌・ミニキムチ各100円
       チャーシュー(三枚)250円

      小ごはん100円・中ごはん150円
      たまごかけごはん 250円
      旨辛肉味噌丼300円 つくねチャーシュー丼350円
      豚の角煮ドーン(丼)300円
      まかない丼400円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-01

横須賀中央 煮干らーめん平八

平成29年5月1日(月) 11:45訪問。
両思いヌードル900円+自家製煮玉子100円を食す。

今日は地元横須賀で仕事。直行してひと仕事終えて、さあ空腹を満たすぞ。横須賀中央といえばここ。久しぶりの平八。
s-DSC01650_20170507094051675.jpg

久しぶりに来たので予備知識がなく、何を食おうか迷う。うーん、どうしよう。

迷って、やはり数量限定のこれにした。はまぐりと煮干の両出汁。
s-DSC01658_20170507094053c99.jpg

いつものようにカウンター席に着くと、店主の「まいど」のかけ声。特に言わなくても、自動的に「中盛で」となる。もちろん、中盛でいただきます。

昼少し前で、先客は3名。混むのはこれからかな。などと考えているうちにカウンターに俺のラーメンがのせられた。いただきます。
s-DSC01651_20170507094054959.jpg

どれどれ、スープを味わってみる。煮干しの銀鱗に混じって、はまぐりの得も言われぬうま味を感じる。攻めの煮干出汁を丸く包み込むようなイメージ。まあ、うまいこと、この上ない。
s-DSC01652_20170507094055df1.jpg

そして、いつものそっけない印象の麺もよいねえ。
s-DSC01653_20170507094057f51.jpg

これもお楽しみ。レアなチャーシュー。噛みごたえが満点だ。しかも2枚入り。
s-DSC01655_20170507095638993.jpg

今回はちょうど千円になるよう玉子も追加。久しぶりに食ったけど、玉子の風味がきちんといかされている。今度から忘れずに頼まなくっちゃ。
s-DSC01656_201705070956403e1.jpg

ああ、うまかった。バラ海苔もよかった。乾丼。ごちそうさま。
s-DSC01657.jpg

店に入るときには気がつかなかったが、こんな旗が。そう「各員一層奮励努力セヨ」の旗印、Z旗だ。今日は旗日だっけ?いや、営業しているときは掲げられることになったようだ。
s-DSC01659.jpg

【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:00~14:30 17:30~22:30
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター5席 テーブル4人×1 2人×1
【メニュー】煮干そば  あっさりダシ 650円
       強火で炊き込んだ“煮干100%”のダシ。煮干が全面に出ている一杯です。
       苦手な方はご遠慮を
       基本の味=醤油 塩もあります

      黒煮干そば750円
       ご注文したお客さんの7割に残念な思いをさせ、3割はこれしか注文しないという異色で危険。初心者進入禁止。
       醤油を三枚肉や香味野菜で煮詰めた“たまりダレ醤油”をタレにし、煮干しダシと合わせています。醤油がガツンと効いているダシです。

      煮干油そば 淡麗仕立て 750円 濃厚仕立て800円 (油そばは汁なしです)  
       ※油そばは自家製煮干油・煮干タレと煮干し粉でマゼマゼした麺
         より濃厚にするなら卵黄50円
       ※麺量 並1.5玉 大盛2玉150円増し
       基本の味=醤油&塩 冷&塩もございます
 
      ◇トッピング
       全乗せ200円(豚バラ、煮玉子、海苔2枚)
       自家製煮玉子100円
       人気の燻製うずら玉1こ40円
       刻みネギ100円
       海苔5枚100円
       吊るし焼き燻製焼豚150円
       わかめ50円
       バラ海苔まみれ150円

      麺の量
       少な目 50円引
       並盛150g
       中盛190g0円 
       大盛300g200円
       追い玉150g150円 
        ※油そば的替玉

      ミニ丼
       ライス100円(11:00~14:30は50円)
       葱丼120円 生卵ネギ丼200円
       葱めかぶ丼200円 鶏そぼろ丼250円
       山芋とろろご飯290円

【店舗web】http://ameblo.jp/z-three/

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。