2017-03-05

北久里浜 はまんど横須賀

平成29年3月5日(日) 11:13訪問。
鯛干しと鰆煮干しスープ 春そば870円を食す。

春よ、来い。早く来い。というわけで、今回の期間限定麺はその名も春そば。魚偏に春と書いて、さわら。さらにめでたい、鯛の出汁。こりゃ、春から縁起がいいわい。
s-DSC01289_20170320182614b1c.jpg

11時の開店に少し遅れたら、満席。少し待って、カウンター席に案内された。食券を買って、いつものように確認されるので、いつものように中盛でお願いした。

ほとんどの客が春そばを注文しているようだ。期間限定が木曜日から始まって、最初の日曜日だから、当然かな。

店主が、いつものように手際よく調理して、出来上がり。カウンターにのせてくれた。いつもの限定と同じく麺を覆うように具だくさんだ。細かなあられ玉が色とりどりで、華やかだ。
s-DSC01291_20170320182616d55.jpg

では、スープから、味わわせていただきます。何ともやわらかな出汁の風味。しかしながら、はっきりとした塩味が全体を引き締めている印象で、さまざまな具が色あせないよう出しゃばらないが、かといってぼんやりとしていない、絶妙なバランスだ。
s-DSC01292_20170320182617abe.jpg

細目で長めのストレート麺は、さっぱりとした印象だ。これだって、計算づくにちがいない。
s-DSC01293_20170320182618c58.jpg

揚げネギは、時限装置のように、溶けだすと、味が変わって面白い。
s-DSC01299.jpg

では、数多くの具の紹介。春そばには春の具ということで、菜の花。薄味で風味がいかされている。
s-DSC01301_20170320184124163.jpg

竹の子も春を感じさせる。
s-DSC01297.jpg

三つ葉もいいアクセントだ。
s-DSC01296_20170320184130d80.jpg

それでは、どんどんいってみよう。肉団子。いろいろ仕込んであって、ゆえに大き目になったみたいだ。これだけで味わっても楽しい。
s-DSC01295_20170320182620b45.jpg

さらに、食感が楽しい、むき海老。
s-DSC01300_201703201841255d1.jpg

いつものチャーシューは2枚。これも、いつものようにうまい。
s-DSC01303.jpg

これだけでもいいじゃないか、と思いきや、サービス魂の鶏チャーシュー。柔らかくて、素材をいかす味つけがたまらない。
s-DSC01304_20170320185151fa0.jpg

好物の玉子を最後の方まで残しておいたら、スープに水没して、麺がくっついてしまった。
s-DSC01305_201703201851529cb.jpg

あられちゃんは、見た目に華やかだけでなく、こんな風に飲んでも楽しい。
s-DSC01302_20170320185806628.jpg

今回の限定もおいしかった。どうもごちそうさまでした。
s-DSC01306.jpg

今日も次から次へと客が入ってくる。まさしく老若男女に人気のある地元の優良店。贔屓にさせていただきます。
s-DSC01308_20170320185807a47.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。
【駐車場】 隣地に2台分


【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】はまんどメニュー
      はまんど700円 白湯そば700円
      辛子そば750円 釜玉油そば(平打麺)700円

      はまんど横須賀オリジナルメニュー
      【鶏系スープ】鶏そば780円  特製ラーメン820円
      【煮干系スープ】煮干そば680円 コクにぼねぎそば800円
      【ごまだれ系】坦々麺850円 汁なし坦々麺850円

      つけめんメニュー
      煮干つけ麺750円 坦々つけめん850円
      麺大盛100円

      ライス100円 ミニチャーハン150円
      ねぎ丼250円 ローストポーク丼300円

      味付玉子100円 メンマ100円
      半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
      ねぎ100円 ワンタン4個150円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-03-02

下永谷 niるい斗

平成29年3月2日(木) 11:49訪問。
味玉 新潟生姜醤油ラーメン750円を食す。

この辺りは、別名ラーメン街道とも呼ばれ、環状2号線沿いにラーメン店が立ち並ぶ。しかし、年月をたどれば、決して同じ店が同じ場所にあるわけでなく、店の遷り変わりも盛者必衰の理だ。そうした遷り変りのひとつがこの店だ。
s-DSC01288_20170319183439ba2.jpg

元々この店は、るい斗があったが、そのるい斗がすぐ隣のラーメン本舗。の跡に移転して、元にあった場所に新たにオープンした店。そして、この店の出すメニューは、いわゆる二枚看板だ。さあて、どっちにするかな。
s-DSC01279_20170319183441485.jpg

今日は、昨日よりさらに冷えるし、ここはあったまりそうな生姜にしてみよう。食券自販機で食券を購入すると、教育がよく行き届いた様子の女性店員が間隔をあけずに詰めてカウンター席に座るよう指示される。

厨房は、これまでのるい斗と同じ造りだ。手際のいい店員がちゃっと調理して出来あがり。
s-DSC01280_20170319183442594.jpg

スープは、豚骨でとっているようだが、出汁は控えめで、名前のとおり生姜がやさしく効いていて、醤油の小気味よいキレが冴える。油の膜が表面を覆っていて、これによりコクがあっていい。
s-DSC01281_20170319183444842.jpg

平打ちの中くらいの縮れ麺は、縮れ具合が本当によくて、啜るのが楽しくてたまらない。また、スープとの相性もとてもいい。
s-DSC01282.jpg

薄くスライスされたチャーシューはほどよい味付けで、この醤油スープによく合う。
s-DSC01283_20170319205624d05.jpg

なくてもよさそうだけど、あった方が断然いいナルト。
s-DSC01284_2017031920562575c.jpg

見た目どおりのとろーり味付け玉子。
s-DSC01285.jpg

麺もスープも味わいつくして、今日も完食。ごちそうさま。
s-DSC01286_2017031920562762e.jpg

次は、大分さいきラーメン、行ってみよ。
s-DSC01287_20170319205629bd3.jpg

【住所】  横浜市港南区下永谷5-1-21
【電話】  045-823-1190
【営業時間】11:00~14:00 18:00~21:00
【定休日】 火曜日
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄下永谷駅下車。徒歩15分くらい。1番出口を出て、目の前の道路を右方向にずっと道成に進む。途中にファミリーマート、セブンイレブンがある。ずっと進んで、環状2号に環2中永谷交差点でぶつかったら、道路の反対側、斜め左方向。
車で:環状2号線を磯子方面に向かい、国道1号を越して、ヤマダ電機の先、「環2中永谷」信号の手前の左側。
【駐車場】店の裏手に17台分・るい斗と共用


【席数】  カウンター10席

【メニュー】大分佐伯ラーメン650円 味玉大分佐伯ラーメン750円
      チャーシュー大分佐伯ラーメン850円 味玉チャーシュー大分佐伯ラーメン950円
      新潟生姜醤油ラーメン650円 味玉新潟生姜醤油ラーメン750円
      チャーシュー新潟生姜醤油ラーメン850円 味玉チャーシュー新潟生姜醤油ラーメン950円
      
      味付玉子100円 チャーシュー200円
      メンマ100円
      大盛り100円
      小ご飯100円 ご飯150円
      ネギご飯150円 ネギ玉ご飯200円
      ネギチャーシューご飯300円
      ネギ玉チャーシューご飯350円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-03-01

藤沢本町 らーめん はじめ

平成29年3月1日(水) 12:17訪問。
つけ麺750円+味付煮たまご100円を食す。

小田急線の藤沢本町から歩いてすぐのこの店。以前から行ってみたかったのだが、ようやく訪問できた。
s-DSC01277_20170319095526678.jpg

厨房に面した直線上のカウンター席は7席で、地元の男子高校生と男性客でほぼ満席。幸運なことにひとつだけ席が空いていた。店構えから少したじろんだが、入ってみると、意外にも親切でていねいな対応ぶりだった。

厨房には夫婦らしき男女店員。店主と思しき男性店員が麺茹でなどのメイン調理を担当、女性店員がアシストする。カウンターの上に貼られたメニューはつけ麺とらー麺の2種類。醤油のほかに味噌もある。他の客はほとんどがつけ麺を食っているので、まねして、俺もつけ麺を口頭で女性店員に発注した。

厨房の入口側に麺茹での鍋が沸いている。店主は麺茹でをしながら、外の客の様子も見ていてるようだ。「満席なので、外でお待ちください」とていねいに対応していた。

順番に調理していって、俺の番だ。平ざるで湯切りして、水で締める。その後、提供されたのが、これ。チャーシューが分厚い。
s-DSC01269.jpg

つけスープにはもやしやさやえんどうなど珍しい具材がのっている。味は魚介系出汁が前面に出ているが、他の出汁もしっかりと支えていて、複層的な味わいだ。適度な甘みと酸味があるが、少ししょっぱい。

太い麺はコシはあまり強くないが、柔らかめの適度な弾力が、意外と新鮮だ。量も多くて、中盛まで無料のようだが、標準でもけっこう入っている。なるほど、育ち盛りの高校生が通うわけだ。

チャーシューは見た目っどおりの肉厚で、食い応えがある。味つけは薄目で、これはつけスープニ入れて食うことを前提にしているのかもしれない。
s-DSC01270_201703190955282e6.jpg

玉子は固ゆでで、ゆで卵に近い。
s-DSC01272_20170319095530ac6.jpg

食っている最中に、隣の高校生が調理のタイミングをはかることもなく、「スープ割りください」と無邪気に声をかけると、嫌な顔ひとつせず、さっとスープをいれてつくっている。

俺は大人なので、タイミングを見計らって、スープ割りをお願いした。その間も客が顔をのぞかせるが、相変わらず満席だ。女性店員が俺の出した器にスープを注いで、ねぎをのせてくれて、また戻してくれる。

やはり、ちょっとしょっぱいかな。でも、全体的には、とてもうまい。
s-DSC01274_20170319095531b1d.jpg

さきほどの高校生が勘定。何気に見ていると、「学生さんは100円引きです」とえっと思うような大サービス。

俺も食い終えて席をあけるとしよう。ごちそうさまでした。また近くにきたら、寄ってみよう。それにしても、見かけによらず、ていねいな言葉遣いの応対が気持ちよい。店を出たら、行列が吸い込まれていた。
s-DSC01276_20170319103022438.jpg

【住所】  藤沢市藤沢3-2
【電話】  非公開
【営業時間】11:30~14:00くらい 18:00~20:00くらい
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:小田急江ノ島線藤沢本町駅から徒歩1分くらい。改札を抜けて、道なりに直進。分岐は右に道をたどり、すぐの左側。


【席数】  カウンター7席
【メニュー】 らー麺750円 味噌らー麺750円
       チャーシューらー麺1,000円 チャーシュー味噌らー麺1,000円
       つけ麺750円 味噌つけ麺750円
       チャーシューつけ麺1,000円 チャーシュー味噌つけ麺1,000円
       味付煮たまご 100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター