2017-02-26

横須賀中央 煮干らーめん平八

平成29年2月26日(日) 12:20訪問。
五代目荒炊750円を食す。

ここのところ2日ほど、仕事帰りの夜に訪れてみたが、なかなかタイミングが合わなくて、シャッターが降りていた。少ない休みの日曜日だが、ちょうど横須賀中央に行く用事ができたので、今度こその訪問。開いていてよかった。
s-DSC01253_20170305190521fd7.jpg

さあて、何を食おうかな。烏賊そばも風変わりでよいかな。よし、烏賊そばにしよう。

と思ったら、本日、明日だけの限定の貼紙。臨時休業の埋め合わせだそうだ。
s-DSC01254_20170305190524fa2.jpg

うーん。どうしようかな。やはり、限定に弱い自分に改めて気がつく。荒炊煮干に決めた!
s-DSC01255_20170305190523ac7.jpg

店主の「まいど」の声に合わせて、荒炊を発注。席はいつもの右隅のカウンター席だ。先客はおよそ半分くらいの入りだ。店員は2名体制。店主が、ちゃっちゃっと麺の湯切りをして、手際よく調理して出来あがり。
s-DSC01258.jpg

相変わらずの濃厚煮干しスープ。しかしながら、何か洗練されたようなすっきりとした風味も感じる。
s-DSC01259.jpg

やや細めストレートの麺は固めの不愛想な感じが相変わらずいい。いつものようになにも言わなくても、中盛で作ってくれるところがありがたい。
s-DSC01261_201703112107049d9.jpg

バラ海苔が磯の風味をさらに濃くして楽しい。
s-DSC01263_20170311210706218.jpg

ほうれん草一本。長い茎をアクセントにしていて、おもしろい。
s-DSC01264_20170311210707e17.jpg

いろいろ工夫しているなあ。ワンタンの皮だあ。
s-DSC01265.jpg

この色のチャーシューはたまらない。味といい、歯ごたえといい、うまい。
s-DSC01266_20170311211545f8e.jpg

今回もうまかった。すべて、完食。ごちそうさま。さすがに日曜の昼時。どんどんと客が入ってくる。食い終えたら、さっさと、次の客に後を譲るのが賢明だ。
s-DSC01267.jpg

少しずつ、試行錯誤を重ねながら進化していくのがよくわかる店。訪れるのが楽しみだ。でも、混むのは嫌なので、あまりメジャーになってほしくないというのが、本音だ。
s-DSC01268_2017031121154658a.jpg

【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:00~14:30 17:30~22:30
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター5席 テーブル4人×1 2人×1

【メニュー】煮干そば  あっさりダシ 650円
       強火で炊き込んだ“煮干100%”のダシ。煮干が全面に出ている一杯です。
       苦手な方はご遠慮を
       基本の味=醤油 塩もあります

      黒煮干そば750円
       ご注文したお客さんの7割に残念な思いをさせ、3割はこれしか注文しないという異色で危険。初心者進入禁止。
       醤油を三枚肉や香味野菜で煮詰めた“たまりダレ醤油”をタレにし、煮干しダシと合わせています。醤油がガツンと効いているダシです。

      煮干油そば 淡麗仕立て 750円 濃厚仕立て800円 (油そばは汁なしです)  
       ※油そばは自家製煮干油・煮干タレと煮干し粉でマゼマゼした麺
         より濃厚にするなら卵黄50円
       ※麺量 並1.5玉 大盛2玉150円増し
       基本の味=醤油&塩 冷&塩もございます
 
      ◇トッピング
       全乗せ200円(豚バラ、煮玉子、海苔2枚)
       自家製煮玉子100円
       人気の燻製うずら玉1こ40円
       刻みネギ100円
       海苔5枚100円
       吊るし焼き燻製焼豚150円
       わかめ50円
       バラ海苔まみれ150円

      麺の量
       少な目 50円引
       並盛150g
       中盛190g0円 
       大盛300g200円
       追い玉150g150円 
        ※油そば的替玉

      ミニ丼
       ライス100円(11:00~14:30は50円)
       葱丼120円 生卵ネギ丼200円
       葱めかぶ丼200円 鶏そぼろ丼250円
       山芋とろろご飯290円

【店舗web】http://ameblo.jp/z-three/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-02-24

浦賀 らあめん花月嵐 浦賀駅前店

平成29年2月24日(金) 21:22訪問。
嵐げんこつらぁめん680円+ギョーザセット280円を食す。

先週の金曜日、2月17日に浦賀駅前に新装開店した店にやってきた。以前は九州男児 浦賀店があった場所だ。あれから、幾歳月。ようやく、後任のラーメン店が開店。今度は、名だたるチェーン店なので、短命に終わることもあるまい。
s-DSC01250_20170305142900eaf.jpg

短命が心配といえば、プレミアムフライデー。今日からスタートだけど、今の俺にはまったく関係ないけど、たまにはちょっと寄り道もいいかな。まあ、ちょっとは消費の拡大につながるかな。

さっそく入店。まずは、食券を自動販売機で購入する。何にしようか?やはり、ここは基本のらぁめんにしよう。さらに、ギョーザ3個にライスのセットも追加購入。

親切な店員の誘導で、奥まったカウンター席に腰をおろした。店員が水といっしょにくれたのが、このサービス券。生ビールまでついているのは、うれしい。さっそくまた来たくなる。
s-DSC01233_201702282341525f6.jpg

カウンターの上には各種の調味料が並んでいる。
s-DSC01237_20170228234153f26.jpg

少し間があって、提供されたラーメン。
s-DSC01238_2017022823415404e.jpg

すぐにギョーザセットも運ばれてきた。
s-DSC01239_201702282341565a8.jpg

それでは、久しぶりのこのラーメンからいただきましょう。まずは、スープから。人工的なうま味はともかくとして、厚い背脂の層がこってり感を演出している。単調なスープだけど、わかりやすい。ニンニクの隠し味も複層的な味わいを演出している。
s-DSC01240_20170301000212909.jpg

やや細めのストレート麺は、ややコシくだけだが、つるっとした印象が強い。湯切りがいまいちなのか、固まっている感があった。
s-DSC01241_2017030100021331d.jpg

ギョーザは工場で作っているであろう、冷凍ものと思われる。3個とライス。
s-DSC01242_20170301000215d14.jpg

味は普通。
s-DSC01243_20170301000216dc7.jpg

2枚のってるけど、薄すぎるのが残念なチャーシュー。
s-DSC01244_201703051024570c1.jpg

固めのゆで玉子が半分、標準でついている。
s-DSC01248_20170305102458c62.jpg

腹いっぱいになった。ラーメンのスープは少し残して終了。
s-DSC01249_20170305102459bee.jpg

客はこんな時間でも、次々と入ってくる。店内は店員の元気な声で活気があった。せっかくのサービス券だから、せめてビールだけでも使おう。また、寄ってみよう。
s-DSC01251_20170305142901e2b.jpg

【住所】  横須賀市東浦賀1-1-1
【電話】  046-845-6100
【営業時間】11:00~2:00
【定休日】 
【アクセス】電車で:浦賀駅から徒歩1分。改札を出て、階段を降りたら、すぐ左側。
【駐車場】なし


【席数】  カウンター2席、5席、2席 4人テーブル×2 ソファー席×2
【メニュー】嵐げんこつらあめん680円 嵐げんこつチャーシューメン880円 
      嵐げんこつらあめん味噌680円 嵐げんこつチャーシューメン味噌880円
      嵐げんこつらあめん塩680円 嵐げんこつチャーシューメン塩880円
      黄金の味噌ラーメン720円 
      豚そば銀次郎720円 豚そばつけ麺800円
      嵐げんこつらあめんバク辛らあ780円 中華そば竹食堂680円
      もんじゃそば700円 無双つけ麺700円
      焼きラーメン700円
      餃子320円 もちもち水餃子320円
      ニンニク豚めし290円

      ギョーザセット280円 豚めしセット400円
      ライス100円

      ◇トッピング
      とろ~り半熟味玉100円 スライスゆでタマゴ(2ケ)100円
      シャキネギ100円 コーン100円
      のり100円 キャベツ100円 
      メンマ100円 ワカメ100円 
      バター100円 ホウレン草100円 もやし100円
【店舗web】http://www.kagetsu.co.jp/index.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-02-23

横浜 らーめん家せんだい 横浜駅西口店

平成29年2月23日(木) 12:19訪問。
味玉ラーメン700円 (醤油とんこつ)を食す。

2月に横浜駅西口にオープンした店にやってきた。しかし、今日の陽気はどうだろう。20度近くまで気温が上がって、コートが邪魔だ。
s-DSC01230_20170224234700bab.jpg

昼の真ん中だが、意外と空いている。並ぶことを前提とした、ブラックボードはまったく役に立っていなかったが、これはたまたまなのかな。しかし、「お先に食券をお買い求め下さい!!」のフレーズに店の驕りが見え隠れしているようにも思えてしまう。
s-DSC01223_20170224234703fac.jpg

便利だけど、好きでないタッチ式パネルの食券自販機で、ラーメンを購入。すると、すぐ後ろにいたカウンター席に案内された。食券を買うときに麺の硬さや油の多さなどをきかれるので、店員に伝えることもないのも便利だ。特に指定しないとすべて普通。

厨房は客席は、離れていて、カウンター席からもまったく調理のようすは見えない。したがって、まったくいつ出てくるか、タイミングがわからないのだが、しばらく待って、運ばれてきた。
s-DSC01224.jpg

いつものようにスープから飲んでみる。体調のせいかもしれないが、何となく薄いような気がする。味は悪くないはずなのに、今ひとつコクを感じない。
s-DSC01225.jpg

短めの麺は弾力があって、とても食感がよい。
s-DSC01227_2017022521344632e.jpg

チャーシューは、柔らかいけど小さ目。味は普通。
s-DSC01226_20170224234706a03.jpg

そして、味玉。とろけだすところが、とても好みだ。
s-DSC01228_201702252134471f8.jpg

終始、スープが今ひとつ、薄いような気がする。ブラックペッパーを試した。さらに仕事中だけど、どうにもたまらず、ニンニクを少し入れてみた。でも、何かこの店の他の店舗と違うような味に思えた。スープは少し残した。
s-DSC01229_2017022521344841d.jpg

横浜駅から近いので、テナント料を反映してなのだろうか、他の店より20円高い設定だ。少しずつ人気が出るのかな。
s-DSC01232.jpg

【住所】  横浜市西区北幸1-5-3 アーバンヨコハマ1F
【電話】  
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】 毎週火曜日、年末年始[12/30~1/3]
【アクセス】電車で:横浜駅西口から地下街に入り、横浜天理ビルをめざす。地下街南9番出口から天理ビルに入り、すぐ右手の階段から地上に出る。目の前の道路を横断して左側。
【駐車場】なし


【席数】  カウンター9席 4人テーブル×3
【メニュー】 ラーメン700円 味玉ラーメン800円
       野菜盛りラーメン850円 白髪ネギラーメン 850円
       チャーシュー(5枚)ラーメン 900円
       スープは4種類から選択
       とんこつ醤油/塩/味噌/辛子味噌
       小盛り -100円 大盛 +100円
【店舗web】http://www.ramen-sendai.jp

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-02-19

北久里浜 ラーメンエイト

平成29年2月19日(日) 12:00訪問。
煮込みそラーメン750円 mセット(たまごかけごはん、煮込みにバター入)150円+炒めそば並200円を食す。

久方ぶりにやってきた。駐車場もちょうど1台分空いていたので、さっそく入ってみることにしよう。店頭には、限定らしき煮込みそラーメンのメニューが貼ってあった。
s-DSC01204_20170219132859b68.jpg

店に入ると、先客は2名で、店主がひとり体制。ちょうど、前の客が帰った直後なのか、あとで注文をききますので、少しお待ちください、とのことで、しばし待つ。

壁を見ると、さきほどの煮込みそラーメン。子供の頃駄菓子屋さんで食べた「みそおでん」。その味が忘れられず作ってみました。ということだ。たまごかけごはんとバターのせのmセットを口頭で店主に発注。さらに、前から気になっていた炒めそばも合わせて、発注した。
s-DSC01205_20170219132901add.jpg

なべ焼き風に小さな土鍋にセットされて、下に置いたにドンブリの上にセットされて提供された。「熱いので、下の器の方を持ってください」とていねいに案内があった。
s-DSC01206_2017021913290202e.jpg

そして、セットのたまごかけごはん。醤油などはかかっていないようだ。
s-DSC01207_20170219132904a1b.jpg

では、ふたをとってみよう。見た目は意外と地味な印象。バターが真ん中にのっている。ぷうーんと生姜の香りが漂ってきた。
s-DSC01208_20170219132905920.jpg

熱々のスープは、甘みの少ない味噌味ですっきりとした味わい。煮込みうどんのラーメン版という印象。熱いので、フーフーと息を吹きかけて冷まさないとやけどしそうだ。
s-DSC01209.jpg

太目の麺は、鍋やき風。これも熱々で体が温まる。
s-DSC01210_20170219193058da6.jpg

そして、いっしょに提供された調味料は、七味ではなく、八味とわざわざ書いてある。なぜ八味かは聞き忘れた。
s-DSC01211_20170219193059c61.jpg

そして、具がなかなかユニークだ。魚肉ソーセージ。
s-DSC01212_201702191931011d4.jpg

シナチクではなく、竹の子の薄切り。
s-DSC01213_201702191931028db.jpg

やけど注意のはんぺん。
s-DSC01214_201702192032441bb.jpg

ここで、炒めそばができあがり。よおーくかき混ぜて食べてください、とのアドバイスがあった。
s-DSC01215.jpg

とはいえ、まだ煮込ラーメンにとりかかっている。崩れてしまったけど、柔らかチャーシュー。
s-DSC01216_201702192032479a5.jpg

底の方には大根も沈んでいた。
s-DSC01217.jpg

麺を食い終えて、ふと思った。たまごかけごはんを鍋に入れたら、どうなるかな。思ったら、やめられなかった。
s-DSC01218.jpg

さあ、ごはんをスープになじませている間に、炒めそばを食おう。よおく混ぜて、玉ねぎを絡めて食う。シンプルな醤油味だが、油の具合がよくて、箸が進む。
s-DSC01219_20170219204113460.jpg

こっちを終えたら、今度は煮込みのおじやだ。予想どおり、うまい。すべて、食いつくして、大満足。ごちそうさまでした。
s-DSC01220_2017021920411577e.jpg

何がいいって、淡々と仕事をする店主のようすが、いちばんの魅力。秘密基地みたいな店だけど、魅力いっぱいだ。
s-DSC01221_20170219204116f5d.jpg

【住所】  横須賀市森崎1-1-9
【電話】  046-897-3298
【営業時間】11:30~14:30
       17:30~21:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】車で:国道134号線を久里浜方面に向かって進み、根岸町交差点を右折。川を跨ぐ橋を渡ったらすぐ右折。川沿いに進んだ左側。
電車で:京浜急行北久里浜駅下車。 徒歩15分くらい。駅を出て、国道134号線を横断(北久里浜駅前交差点)し、道なりに直進。しばらく進むと、左側に道路と平行して流れる川を渡る橋があるので、わたって、右折し、駅を背に川沿いに進んだ左側。

【駐車場】 2台
【席数】  カウンター8席
【メニュー】正油ラーメン700円 塩ラーメン700円
      正油味のつけめん750円 塩味のつけめん750円
      正油味のつけパスタ750円 塩味のつけパスタ750円
      
      普通盛と中盛は同料金
      大盛は80円プラス
      
      汁なし担々麺700円
      大盛+50円
      追い飯+50円
 
      ◇トッピング
       味付玉子100円 温泉玉子100円

      ◇ミニ丼メニュー
       豚丼280円 チャーシュー玉子丼300円
       ライス150円 小ライス100円


theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-02-10

東戸塚 長崎ちゃんぽんリンガーハット

平成29年2月10日(金) 13:18訪問。
長崎皿うどん648円+めん増量2倍86円を食す。

今日も東戸塚で仕事。ダイエーがイオンになって、改装したら以前の店舗がなくなって、フードコートの中に入っていた。
s-DSC01169_20170219110733883.jpg

今日は、なんだか皿うどんの気分だ。長崎ちゃんぽんは麺増量無料なのだが、皿うどんは1.5倍はなくいきなり2倍に麺増量。食券を買うときに麺増量って告げると、「有料ですが、よろしいでしょうか?」とレジ担当の女性にきかれる。

もちのろん、とは言わず、「お願いします」と返事すると、消費税別の金額を告げられた。6円のおつり。

ベルを渡されて、かなり待ってから、ベルが鳴った。自分で取りに行く。写真だとわかりづらいのだが、やけくそ気味に量が多い。
s-DSC01170_20170219110734597.jpg

あんをからませながら、食うこの瞬間がたまらない。
s-DSC01172_201702191107365de.jpg

10分間食い続けで、ついに完食。
s-DSC01175_20170219110739423.jpg

ひとりでさっと食うには、こういうフードコートもたまにはいいもんだ。
s-DSC01174_20170219110738318.jpg

【住所】  横浜市戸塚区品濃町535-1 イオンスタイル東戸塚店 4F フードコート内
【電話】  045-449-5575
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】 無
【アクセス】電車で: JR横須賀線東戸塚駅東口徒歩7分くらい。改札を出たら左に進み、陸橋を渡り、エスカレーターで最上階へ。さらにオーロラモールを突っ切り、イオン店舗に入り、4階の飲食店街。


【メニュー】すべて税別
      野菜たっぷりちゃんぽん730円 野菜たっぷり皿うどん730円
      野菜たっぷりちゃんぽん(ミドルサイズ)680円
      長崎ちゃんぽん580円
      長崎皿うどん600
      スナックちゃんぽん420円 スナック皿うどん420円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-02-08

東戸塚 麺家鶏豚大将

平成29年2月8日(水) 13:48訪問。
豚骨らーめん醤油680円+ライス40円を食す。

東戸塚で仕事だ。されば、いつもの鶏豚大将だ。カウンター8席しかないので、こんな時間なのに、満席でしばし、席が空くのを待つ。
s-DSC01168.jpg

食券はその前に購入したのだが、たまには豚骨を試してみることにした。しばらくして、席が空いたと思ったら、たちまち半分以上空いた。まあ、タイミングの問題だったようだ。

そして、先に食券を渡してあったこともあり、早めにラーメンができあがった。鶏が赤で、豚骨は黒いドンブリ。他の客を見ると、圧倒的に赤が多い。
s-DSC01161.jpg

スープは甘すぎず、ライトすぎず。なかなかいい塩梅だ。
s-DSC01163.jpg

中太ストレート麺は普通でお願いしたが、これもちょうどいい具合で、なかなかよい。
s-DSC01164_20170218192636d26.jpg

そして、この店のおすすめは何といっても安いライス。大ライスでも50円。だから、ついつい、こんなこともしてみたくなる。
s-DSC01165_20170218192637db1.jpg

仕事中だったのでニンニクの欲望を絶って、入れなかったけど、本当は入れたほうがうまいんだよな。でも、おろしショウガがテーブルに備えてあるのはうれしい。完食。
s-DSC01166_20170218192639b2d.jpg

本日、レディースデイだそうだ。でも、男性客ばかりだった。
s-DSC01167_20170218192641e28.jpg

次はつけ麺かな。暖かくなったら、食いに来よう。
s-DSC01168.jpg

【住所】  横浜市戸塚区品濃町538-8
【電話】  
【営業時間】[月~土・祝]11:00〜16:00 17:00〜翌1:00 [日]11:00〜22:00
【定休日】 
【アクセス】電車で:JR横須賀線東戸塚駅東口に出て、階段を1階まで下り、西武オーロラモールを前に見ながら、左に進む。交番の前を通り、松屋の先。徒歩3分くらい。


【駐車場】 店前2台
【席数】  カウンター8席
【メニュー】鶏らーめん醤油特のせ930円 鶏らーめん塩特のせ930円
      豚骨らーめん醤油特のせ930円
      鶏らーめん醤油680円 鶏らーめん塩680円
      豚骨らーめん醤油680円
      鶏らーめん醤油味玉780円 鶏らーめん塩味玉780円
      豚骨らーめん醤油味玉780円
      鶏らーめん醤油ほうれん草780円 鶏らーめん塩ほうれん草780円
      豚骨らーめん醤油ほうれん草780円
      鶏らーめん醤油海苔780円 鶏らーめん塩海苔780円
      豚骨らーめん醤油海苔780円
      鶏らーめん醤油白髪ねぎ780円 鶏らーめん塩白髪ねぎ780円
      豚骨らーめん醤油白髪ねぎ780円

      坦々麺 730円 坦々麺味玉830円
      坦々麺 白髪ねぎ830
      辛口坦々麺 760円  辛口坦々麺味玉860円
      辛口坦々麺白髪ねぎ860円

      餃子3個150円 餃子6個280円
      チャーシュー丼醤油160円 チャーシュー丼塩160円
      大ライス50円、ライス40円、小ライス30円
      特のせ250円 チャーシュー250円
      味玉100円 白髪ねぎ100円
      ほうれん草100円 キャベツ100円
      海苔100円

      麺大盛100円
【店舗web】https://twitter.com/toributataishou

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-02-07

横浜 麺屋横浜にぼし堂

平成29年2月7日(火) 12:27訪問。
煮干し塩ラーメン700円+味玉50円を食す。

横浜で仕事を終えて、ちょうど昼時。勤め人でごったがえしている街中で、あまり人が立ち寄らない狸小路のこの店。案の定、カウンター席は空いていた。
s-DSC01148_20170217225119fa4.jpg

先日の訪問 以来、2度目の訪問だ。先回は煮干し醤油だったので、今回は塩ラーメンを選択。食券自販機で食券を購入して、カウンターにのせると、すかさず、サービスのネギチャーシュー丼を勧められたので、もちろん、いただきます。

日本語がいまひとつの女性店員がさっと作って、さっと提供してくれた。これが、意外にいいんだな。
s-DSC01153_20170217225125313.jpg

そうこうしているうちに、もう1名の男性店員がラーメンを調理して、これもできあがり。
s-DSC01150_201702172251226d6.jpg

スープは、やさしい煮干し風味が広がって、これは醤油より味わい深いものがある。塩だけど、なかなか複層的でうまい。
s-DSC01151_20170217225123f07.jpg

ストレート細麺は、滑らかな舌ざわりでつるつると啜りが楽しい。適度な固さで歯ごたえもいい具合だ。
s-DSC01156_201702181832420ea.jpg

水菜に紫玉ねぎはしゃきしゃきっといいアクセントになっている。このラーメン全体のあっさりさにあっている。
s-DSC01157_20170218183244bf9.jpg

今は標準で、玉子半分がついているところにさらに味玉50円をプラスして、1.5個。特筆すべきものはないけど、あっさりと普通にいける。
s-DSC01158_20170218183245fb1.jpg

大きなチャーシューは薄いけど、柔らかい。まあ、こんなもんでしょう。
s-DSC01159_201702181832475c8.jpg

そして、クコの実。その下にあるのは、イタリア豚背脂塩漬けだそうだ。正式名称はラルド・ディ・コロンナータだそうだ。
s-DSC01160_20170218183248734.jpg

細かな説明を書いた紙が、カウンターに貼ってあったが、さほどうまいとも、このラーメンに合うとも思えなかった。
s-DSC00694_2017021818452503f.jpg

このあとサービスのドンブリもラーメンも完食して終了。何といってもサービスのネギチャーシュー丼がいい。駅近なのに、空いていて、さっと食える穴場的ラーメン屋。次は、鶏そばいってみようかな。
s-DSC01152.jpg

【住所】  横浜市西区南幸1-2-5狸小路内
【電話】  045-322-7979
【営業時間】11:00~4:00      
【定休日】 無休 
【アクセス】電車で:横浜駅西口からモアーズとエクセルホテル東急の間の道を進み、マリモラーメンの横の狭い路地を進んだ中ほど。
【駐車場】なし


【席数】  カウンター7席(1階)
【メニュー】煮干し醤油ラーメン700円 味玉ラーメン750円
      チャーシューラーメン950円 ねぎラーメン850円
      醤油野菜ラーメン850円 煮干し塩ラーメン700円
      鶏そば820円 煮干しつけ麺880円
      香味野菜ラーメン850円

      大盛り100円増 餃子400円
      ライス100円 炊き込み俵おにぎり120円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-02-05

北久里浜 はまんど横須賀

平成29年2月5日(日) 11:03訪問。
煮干し味噌ラーメン カレーそぼろのせ870円を食す。

約ひと月ぶりの訪問だ。
s-DSC01147.jpg

ほぼ開店と同時に入った。ねらいはもちろん、今月の期間限定麺だ。
s-DSC01130_20170205123319c9b.jpg

今日は日曜だからか、店員は4人体制。すすめられたカウンター席に座ると、並んでいる食券がよく見える。俺を含めて6枚とも限定麺。つまり、全員が限定麺を食いにやってきた、ということだ。昨日は途中で品切れになってしまったらしいのだが、早めにきてよかった。

ドンブリにスープを注ぐと、煮干しの香りが漂ってくる。さらに強烈なカレーのにおいもやってきた。店員も隅の方で、カレーのにおいがくるねえ、とつぶやいている。

そして、俺のラーメンは2回目の調理周期で出来あがった。今回も具だくさんすぎて、麺が見えないのはもちろん、スープさえ半分も顔をのぞかせていない。
s-DSC01131_20170205123321710.jpg

では、スープからいただきます。はっきりとした煮干しの出汁にストレートな味噌味。その味噌味だが、実際ははさほど強くなく、シンプルな印象だ。しかし、いろいろな味に変化していくことが、すぐに予見できるため、ベースの味はあえて複雑にしなかったのではなかろうか。
s-DSC01132_201702051233227b3.jpg

湯気の向こうには特製の平打ち麺。長めの麺の啜りが楽しいんだな。今回も中盛でお願いした。
s-DSC01135_201702051233240d1.jpg

そして、ドンブリの頂点にのせられていたのは、辛みねぎ。これだけでもネギ味噌ラーメン。
s-DSC01136_20170205130521986.jpg

もやしにキクラゲのナムル。そしてワカメ。
s-DSC01137_201702051305236ce.jpg

七変化するラーメン。今回のラーメンにはたくさんの背脂が入っており、こってり感を演出。ニラもいいアシストだ。
s-DSC01139_20170205131216ef1.jpg

そして、お楽しみのカレーそぼろ。これにはフライドガーリックがよく似あっていた。ごはんの上にかけてもよさそう。
s-DSC01140_20170205130527f2b.jpg

すっかりスープにまみれてしまった。味玉。
s-DSC01141_20170205131523752.jpg

実際はたくさん入っていた。コーン。味噌ラーメンといえば、コーンだ。
s-DSC01142.jpg

そして、今回のチャーシューは1枚。
s-DSC01143_201702051315260f7.jpg

最後はライス入れたくなったけど、すべて食い終えたら、腹いっぱい。でも、無理しても試してみたい。次回、機会があれば、これにライスを混ぜてくってみよう。

ということで、完食。ごちそうさまでした。
s-DSC01144.jpg

もう完全に創作ラーメンの域。このラーメン、楽しくってうまい。体もあたたまった。

そういえば、食券自販機の近くに貼ってあったお知らせ。バレンタイン特別企画。インド人シェフ直伝。ということは、インド人の調理人から、直接教わったということか。もしや、今回のカレーそぼろのせもインド人からヒントを得たのだろうか。
s-DSC01128.jpg

さらに第2弾はチョコ下さい企画。チョコを差し上げると、牛チャーシューがもらえるそうだ。とはいえ、俺があげてもくれるのだろうか?
s-DSC01129_20170205132559ec0.jpg

いろいろとチャレンジし続ける店。来週は旅に出るので寄れないが、これからも目が離せない。
s-DSC01145_20170205131529e48.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。
【駐車場】 隣地に2台分


【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】はまんど平打700円 辛子そば(平打麺)750円
      白湯そば(平打麺)700円 釜玉油そば(平打麺)700円
      はまんど細麺700円 辛子そば(細麺)750円
      白湯そば(細麺)700円

      特製ラーメン820円 坦々麺850円
      鶏そば800円
      コクにぼねぎそば800円 
      煮干そば680円
      汁なし坦々麺850円
      煮干つけ麺750円
      坦々つけめん850円

      麺大盛100円

      ライス100円 ミニチャーハン150円
      ねぎ丼250円 ローストポーク丼300円

      味付玉子100円 メンマ100円
      半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
      ねぎ100円 ワンタン4個150円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-02-04

横須賀中央 麺処まさる

平成29年2月4日(土) 11:41訪問。
味噌ラーメン中盛 サービスセット(豚丼)830円を食す。

めずらしく仕事が休みの土曜日。こんな日は日曜休みの店に行ってみよう。ということで、選んだのはこの店。
s-DSC01113.jpg

何を食おうかな。店の前のボードを見て考える。とりあえず、ミニ丼がついてお得なサービスセット。あとはラーメンを選ぶのだが、とりあえず店に入ってから考えよう。
s-DSC01111_201702041639400b3.jpg

店内に入ると、とってもていねいな女性店員がカウンター席に案内してくれた。店内はテーブル席の子連れ客とカウンターにひとり客が3名ほど。こういう時には焦ってはだめなんだよな。季節的には味噌ラーメンだな。しかし、塩ラーメンもいいなあ。どっちにしようかな。直感で味噌ラーメン。決めた。女性店員に注文を告げると、「味噌ラーメンは50円増しです」ということだ。
s-DSC01115_2017020416394389c.jpg

昼はラーメン、夜は居酒屋。カウンターには酒瓶がずらりと並ぶ。つまみのメニューなどを見ながら、ラーメンの出来上がりを待つ。しばらくして、ミニ丼が登場。失礼、女性店員が運んできてくれた。
s-DSC01117.jpg

ラーメンが提供されるまでの間、このドンブリを楽しんでいよう。はっきりとした甘みの甘さの強い味つけで、具が少なくても飯が進む。
s-DSC01118_20170205091129dc3.jpg

そして、ラーメンが運ばれてきた。ついでにレシートとティシュペーパーのボックスも運んできてくれた。
s-DSC01119_20170204180101055.jpg

意外と粘度が高く、とろりとしたスープ。メニュー通り海老風味がするが、そのほかにも、魚貝の出汁がよく効いている。残念なのは、やや甘みが強すぎる感じがするところだ。
s-DSC01120_20170204180103e2a.jpg

自家製麺という麺は、太目の手もみ風。縮れが楽しくて、啜り心地がいい。この麺は中盛りにして正解だった。
s-DSC01121_2017020418010473b.jpg

具は、メンマに水菜。
s-DSC01122_20170204180106ae1.jpg

固めの味付玉子が半分。
s-DSC01123.jpg

小さ目のチャーシュー。もしかしたら、これらの具材は他の種類のラーメンとも共通かもしれない。
s-DSC01124_20170205102714bdf.jpg

豚丼もラーメンも完食。ごちそうさま。
s-DSC01125.jpg

外壁工事らしく、足場が組まれていたが、テント地の看板が大きくなったので、むしろわかりやすくなった。次は塩ラーメンにしてみよう。
s-DSC01126_20170205102713753.jpg

【住所】  横須賀市小川町23-1フドウ横須賀三笠ハイツ102
【電話】  046-874-9883
【営業時間】11:30~14:00      
【定休日】 水曜日 
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅より徒歩15分くらい。駅改札を抜けたら、陸橋で道路を横断し、駅を背にして、左側に降りてしばらく進む。大滝町交差点を右折し、国道16号を越えて進み、左手に神奈川歯科大学を見ながら、右手のサイカヤパーキングから数えて、2つ目のビル1階。入口は反対側。
【駐車場】 店前に2台


【席数】  カウンター5席 テーブル席4人×3 2人×1
【メニュー】醤油ラーメン・つけ麺 並盛・中盛700円
      味噌ラーメン・つけ麺 並盛・中盛750円
      塩ラーメン・つけ麺 並盛・中盛750円
      煮干ラーメン・つけ麺 並盛・中盛700円

      大盛50円増

      トッピング
      味玉子 半分50円 1個100円
      メンマ100円 
      キャベツもやし100円
      瀬戸内産岩のり100円
      猿島ワカメ100円
      バター80円
      コーン50円
      得入りのせ(チャーシュー2枚+玉子半分+味付ネギ+のり2枚)300円
      自家製チャーシュー4枚追加300円

      味噌ラーメン(並120g・中180g)750円
      バター50円 コーン50円

      白飯(漬けもの付)150円
      ミニあぶりチャーシュー丼(漬けもの付)550円
      ラーメンセット

      昼のセット商品
      Aセット ラーメンまたはつけ麺+白飯・お新香800円
      Bセット ラーメンまたはつけ麺+日替り丼・サラダ・お新香900円
      サービスセット ラーメンまたはつけ麺+日替りミニ丼780円
【店舗Web】https://twitter.com/ma_sa_yokosuka

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-02-01

横須賀中央 麺処池田

平成29年2月1日(水) 20:11訪問。
塩坦坦麺900円を食す。

週の真ん中は、早く仕事を終えて、たまには夜ラーメン。横須賀中央で途中下車して、いつものあの店に行ったら、すでに店じまいしたあとだった。落胆しながら、客引きの言葉をかわしながら、街をさまよい、行き着いたのが、この店だ。
s-DSC01110.jpg

さて、何を食おうか。坦坦麺がメインだが、豚骨も中華そばもある。なぜか2段目の奥に控えめに並んでいる塩坦坦麺をあえて選んでみた。標準の坦坦麺がライス付で800円に対し、何もつかないけど、900円という価格設定。逆に期待が募る。
s-DSC01103_2017020409331793d.jpg

カウンター席に先客が3名。店員はホール係りの女性に厨房には男性店員が2名。女性店員に食券を渡すと、辛さを1から5段階まで選べますということなので、辛さに弱い俺は、もちろん1辛でお願いした。

そして、調理のようすをみながら待つ。厨房では、タオルで頭をおおった男性店員が鍋を振って、炒飯の制作中。もう1名の若い男性店員は見習い中のようで、女性店員からもいろいろと指示を受けながら、はいはいと素直に返事をしている。独立希望なのかね。男性店員はこまごまとした理屈をていねいに教えている。
s-DSC01104_201702040933188a9.jpg

観察しているうちに、俺の塩坦坦麺ができあがり。一辛は赤い辛味が半周。初心者向けのようだ。
s-DSC01105_20170204093320533.jpg

それじゃ、さっそく。あぢっ。熱々のスープは口でふいて、冷ましながらでないとやけどしそうだ。でもうまい。おっ、ニンニクのうまみが効いているな。それにショウガも入っているな。といた卵もいい。辛味はというと、どうやら俺でもきつすぎない刺激。表面のあんかけが、いつまでも熱々をとじこめているので、たちまち体が温まる。
s-DSC01106_2017020409332129d.jpg

麺はもちあげると、これも熱々でうまい。これもやけどをしないようにゆっくりと食うことにする。具はほとんどもやしだけなのだが、もやしは生に近いくらいしゃきしゃきで対比が楽しいのだ。
s-DSC01107.jpg

坦坦麺は食いやすいように穴あきのレンゲが用意されている。底から掘り出してみると。大量の挽肉にザーサイの発掘に成功した。さっぱりとしたうま味がさらに広がる。
s-DSC01108.jpg

時間をかけて、ゆっくりと食う。坦坦麺もいいけど、塩もいいいねえ。熱くなってきたけど、スープまで飲み干して完食。ごちそうさま。
がんばれ、青年店員。
s-DSC01109.jpg

【住所】  横須賀市若松町1-12 諏訪ビル1階
【電話】  
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】 日曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩5分くらい。改札出て陸橋を渡って、テナントビルの前を左に降りる。バス停のある歩道にそって直進。右側の最初の角を右折して、路地を入る。左手、神豚、花月嵐を見ながら進み、通りを越えて少し行った右側。      
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター10席、テーブル4人×2

【メニュー】坦坦麺ライス付800円 豚骨拉麺 醤油・塩・味噌680円
      中華そば680円 坦坦つけ麺味玉付900円
      坦坦麺半炒セット900円 豚骨拉麺半炒セット780円
      中華そば半炒セット780円 炒飯餃子セット780円
      黄金炒飯550円 黄金半炒飯280円
      塩坦坦麺900円
      自家製焼餃子350円
      中盛100円 大盛200円
      ライス(小)100円 ライス(中)150円 ライス(大)200円
      チャーシュー丼550円
      刻み葱100円 山盛葱200円 もやし100円
      のり5枚100円 味付玉子100円 ほうれん草100円
      自家製メンマ200円 トッピングチャーシュー300円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター