2016-10-30

淵野辺 中村麺三郎商店

平成28年10月30日(日) 13:55訪問。
特製醤油らぁ麺980円を食す。

たまにはラーメン遠征。前から気になっていた、話題の店にやってきた。この時間でも外待ちが4名。しばらく待って、店員が次の方、どうぞ、ということで店内にようやく入れた。
s-DSC00374_2016110422402954c.jpg

店に入ると、男性店員に食券自販機で食券を買うよう促される。ここは、一番、左上の特製醤油にしてみた。
s-DSC00378_20161104224031f9f.jpg

カウンター席が一杯だったので、相席でテーブル席に案内された。厨房では別の男性店員が慣れた手つきで調理中。調理に集中しているように見えるが、店内への目配りも忘れない。外で並んでいるのに、なぜか無視して入ってくる客がいる。すると、店主らしきこの男性店員が、やんわりとではあるが、しかし、ぴしっと外で待つようにと伝えている。

俺のすぐ後から入ってきた客もそんな、いわゆる場の雰囲気が読めない男だったが、いっしょに調理されて、運ばれてきた。さすが特製。麺を覆うようにチャーシューや玉子がのっている。
s-DSC00380_20161104224032f52.jpg

きれいな油の層が浮いたスープは、鳥や豚骨、牛骨などの動物出汁や本枯節、煮干などの魚介系の出汁も合わせたもの。飲んでみると、キレのある醤油味が冴え、鶏の包み込むような味わい。魚介系の出汁は直接的にではないにしても、きっとこの豊かな味わいを支えているのだと思われる。理屈でなく、バランスがよく奥行きのある品のいいスープ。うまい。
s-DSC00381_20161104224034117.jpg

麺は茶色い粒々入り全粒粉。ああ、滑らかでいてしっとりとした啜りが、そしてこの弾力のある歯ごたえがとてもいい。細目のストレート麺をスープに絡ませて啜るのが楽しい。
s-DSC00382_20161104224035c52.jpg

ほんのり赤いチャーシューはしっとりとした歯ごたえで見た目どおりのうまさ。
s-DSC00384_2016111221422691e.jpg

少し柔らかめの穂先メンマ。
s-DSC00386_20161112214228140.jpg

鶏チャーシューは、さくっとして、ややスパイシーな味わい。これは、単体でもいけそうなくらい、うまい。
s-DSC00388_20161112214230ee0.jpg

さすが特製。もう一丁。バラチャーシュー。これもほどよい味付けと、柔らかい食感がよかった。
s-DSC00389_2016111221495649d.jpg

玉子は割り方を失敗。とろ~りとした半熟はこのラーメンによくあっている。
s-DSC00390_2016111221513798f.jpg

スープも麺も具もすべてよし。うまいねえ。完食。ごちそうさまでした。
s-DSC00391_201611122151389d9.jpg

並んでも食いたい気持ちがよくわかる店。また来たいねえ。
s-DSC00375_2016111222005378f.jpg

【住所】  相模原市中央区淵野辺4-37-23
【電話】  
【営業時間】11:30~15:00 18:00~21:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:JR横浜線淵野辺駅北口より徒歩10分くらい。北口に出て、横浜銀行に面した道路を線路沿いに右方向、町田方面に進む。2本めの左に入る細い路地を進み、直進し、2車線道路にぶつかったら、右折して少し進んだ左側。


【駐車場】 4台
【席数】   カウンター11席 テーブル4席
s-DSC00376.jpg
【メニュー】 特製醤油らぁ麺980円 味玉醤油らぁ麺850円
       海老ワンタン醤油らぁ麺950円 チャーシュー醤油らぁ麺950円
       醤油らぁ麺750円 
       特製塩らぁ麺1,000円 味玉塩らぁ麺880円
       海老ワンタン塩らぁ麺980円 チャーシュー塩らぁ麺980円
       塩らぁ麺780円 
       特製白湯らぁ麺980円 味玉白湯らぁ麺850円
       海老ワンタン白湯らぁ麺950円 チャーシュー白湯らぁ麺950円
       白湯らぁ麺750円

       チャーシューネギダレご飯300円 ご飯150円
       ちいさいご飯100円

       ◇トッピング
       海老ワンタン(3ケ)200円 煮豚チャーシュー200円
       鶏チャーシュー300円 九条ねぎ120円 味玉100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-10-24

秩父 麺屋たつみ喜心秩父店

平成28年10月24日(月) 13:47訪問。
味玉秩父吉田の味噌らーめん940円を食す。

今日は土日出勤の振替休日。前々から行ってみたかった秩父の史跡巡り。天気もよく、秋の気配を感じながらの小旅行が楽しい。昼食は秩父神社近くの人気店に来てみた。もうじき昼営業終了の時刻なので、店内は数人の客で、すんなりと入れた。
s-DSC00253_201611030827501f7.jpg

店の前には日替わりのメニュー看板。本日は〈豚骨の日〉だそうだ。一番下に秩父味噌のメニューがある。これが常設のメニューだと思われる。
s-DSC00240_201611030827522c1.jpg

入口近くに食券自販機が設置されているが、食券も一番上の列が秩父味噌シリーズなので、これが標準メニューに違いない。今回は味玉秩父味噌を選択。食券を買うそばから、女性店員が脇で待っている。食券を渡すと辛さを0から5までの数値でたずねられる。俺はゼロを選択。これが、レギュラーで辛さを加えない状態だ。
s-DSC00241_2016110308275254c.jpg

厨房に面したカウンター席に着く。カウンターが高いので、調理の手もとまでは見えないが、男性店員2名が調理中。味噌ラーメンは中華鍋で野菜を炒めるスタイルだ。

カウンターの上には水やコップ、調味料が整然と並べられている。
s-DSC00243.jpg

巻きすの中は何か気になったので、あけてみたらレンゲだった。
s-DSC00244_2016110308275514a.jpg

しばらくして、ラーメンが先ほどの女性店員により運ばれてきた。てっぺんにのせられたおろしショウガがいい。俺の好みのスタイルだ。
s-DSC00245_20161103084154b1a.jpg

秩父の大豆で作られた味噌を中心に4種類の味噌をブレンドしてあるそうだ。とろみのあるスープを飲むと、コクがあって、甘みがあって奥行きのあるこの味噌独特のうま味が広がる。これは、ワイルドそうでいて、見た目より、品がいい。辛味を加えることを前提にしているからであろう、辛味ゼロだと、少し甘みを強めに感じる。しかし、それはそれで俺の好みだ。
s-DSC00246_201611030841558c0.jpg

太目の丸い麺は、何となくうどんみたいな見た目だが、弾力といい啜りのよさといい、このスープによく合っている。
s-DSC00247_20161103084156b77.jpg

力強いスープに麺には、具も負けじと、極太のメンマ。歯ごたえがいい。
s-DSC00248_201611030841586c2.jpg

チャーシューも大きくて、しかも肉厚。柔らかくて、これもこの味噌ラーメンのイメージどおり。うまい。
s-DSC00250_20161103085551ad4.jpg

味玉は、ほくほくって感じかな。ほどよい味付け。
s-DSC00251_201611030854266bf.jpg

残してはもったいない。麺もスープも食いつくして、完食。ごちそうさま。
s-DSC00252.jpg

食い終えて、店を出たら、看板が準備中に変わっていた。間にあってよかった。
s-DSC00254_201611030854293ea.jpg

【住所】  埼玉県秩父市宮側町19-1
【電話】  0494-24-6683
【営業時間】11:30~14:00 18:00~21:00
【定休日】 火曜日
【アクセス】電車で:秩父鉄道秩父駅より徒歩3分くらい。駅を背に直進し、秩父駅入口交差点を渡った左側。


【駐車場】 7台
【席数】  

【メニュー】 秩父味噌820円 味玉秩父味噌940円
       チャーシュー秩父味噌1,040円 味玉チャーシュー秩父味噌1,160円
       とんこつ660円 味玉とんこつ780円
       チャーシューとんこつ880円 味玉チャーシューとんこつ1,000円
       つけめん820円 味玉つけめん940円
       チャーシューつけめん1,040円
       味玉チャーシューつけめん1,160円
       他にもメニューあり
【店舗web】http://tatsumikishin.web.fc2.com/index.html 

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-10-22

横須賀中央 煮干らーめん平八

平成28年10月22日(土) 13:04訪問。
二代目秋そば800円を食す。

今日は仕事を半日で終えて、横須賀中央で途中下車。最近、この店の独特の味と雰囲気に飲まれてしまっている。今日はこれを食いにやってきた。
s-DSC00167_2016102520561432c.jpg

昼どきとあって、初めてらしい客から、常連みたいな客まで、狭い店内はなかなかの盛況ぶりだ。今日は二人体制だ。店主の「まいど」の声にこたえて、注文を伝える。並びはないが、客が出ると、新しい客が入ってくる。

ブログにのっていた燻製マシンがあった。ここの店主は、やたらと貼り紙が好きなようだ。何にでも貼ってあるが、ブログと同じような調子で、巨大すぎる薫製器!!、と貼ってあるのには少し驚いた。
s-DSC00168_2016102520561571c.jpg

今回の限定は秋刀魚だ。そして、いつものように麺は中盛でお願いした。秋らしい落ち着いた色合いのラーメンだ。それにしてもキクラゲの量が多い。
s-DSC00169_20161025205617dcf.jpg

では、スープからさっそくいただく。期待どおりの、いや期待以上の味わい。今回は、苦みも少なく、うっすらと漂う甘みと節粉のうまさがいいバランスで、これはいける。
s-DSC00170_20161025205618032.jpg

いつもの麺もよくあっている。
s-DSC00171_20161025205620403.jpg

キノコも多めで、これまたうれしい。
s-DSC00173_20161025214910fea.jpg

大量のキクラゲは、歯ごたえがよくて、スープにぴったりな感じだ。
s-DSC00174_2016102521491248e.jpg

これが、燻製焼豚か。柔らかくて、とろけそうだ。でも、そんなに燻製っぽくなかったな。
s-DSC00172_2016102521491412b.jpg

そして、いつものレアチャーシュー。これは、安定してうまいです。
s-DSC00175_201610252149132aa.jpg

もう、いうことなしにうまかった。当然のごとく、完食。ごちそうさま。
s-DSC00176_201610252149166d4.jpg

最近、なかなか盛況そうで何よりだ。少し来ないと、少しずつ変わっていくので、目が離せない店だ。また、来ます。
s-DSC00166_20161025215401ce8.jpg

【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:00~14:30 17:30~22:30
【定休日】 日曜日
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター5席 テーブル4人×1 2人×1

【メニュー】 醤油そば・塩そば650円  
       上品な煮干しダシをご堪能ください
 
       煮干そば  100%煮干し 700円
       醤油そばのスープに“追い煮干”煮干し度アップ

       荒炊煮干そば700円 
       70g/杯の煮干を鶏白湯で炊いた濃厚スープ
       強烈な煮干が一口目と余韻に続く
       ※数量限定です
       ※大盛り不可。油そば風の“追い玉”が人気です

       煮干油そば1.5玉(汁なし混ぜそば)750円  
       ※自家製煮干油・煮干タレと煮干し粉でマゼマゼした麺
       これに合うトッピングニボスープ100円 卵黄50円

        ご注文したお客さんの7割に残念な思いをさせ、3割はこれしか注文しないという異色で危険。初心者進入禁止。
       黒煮干700円

       冷製 塩の煮干油そば 麺並1.5玉780円 小1玉730円 大2玉850円

      ◇トッピング
       低温調理チャーシュー1枚100円 塩に合うバター100円
       自家製煮玉子100円 わかめ50円 大葉50円
       バラ海苔増量150円

      麺の量
       普通150g 中盛190g0円 大盛300g200円
       追い玉150g150円 ※油そば的替玉

      ミニ丼
       ライス100円(11:00~14:30は50円)
       葱丼120円 生卵ネギ丼200円
       葱めかぶ丼200円 鶏そぼろ丼250円
       山芋とろろご飯290円

【店舗web】http://ameblo.jp/z-three/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-10-21

東戸塚 らあめん花月嵐オーロラモール東戸塚店

平成28年10月21日(金) 13:36訪問。
燕三条系ラーメン旬香750円を食す。

今日も東戸塚で仕事だ。昼時を少しずらして食事にやってきた。たまには、花月嵐にでも行ってみようかな。ではなく、たまたま通りかかったら、このラーメンが気になったので、たまにはいいかな。
s-DSC00155_20161025195402b4a.jpg

ここは、東戸塚の西武とイオンを結ぶフードコートの中にある。口頭で注文すると、ブザーを渡される。昼時を過ぎているけど、さまざまな年齢の客がいて、なかなかにぎわっている。
s-DSC00157.jpg

しばらくして、ブザーが鳴ったので、カウンターに行くと、今まさに出来あがりのタイミングだ。大体ポスターと同じような見た目のラーメンができあがり。それでは、食ってみよう。
s-DSC00158_20161025195403664.jpg

このラーメンの特徴は、煮干し出汁に大量の背脂、そして極太の平打ち麺ということのようだ。スープは、無理やりな濃い目でやはり自然でないうま味を感じる。煮干しのうま味というより少し独特の魚介味と背油の甘みにバラ海苔の味が加わって、複合的な味だが、層は厚くない。つまり、深みがない。
s-DSC00159_2016102519540447a.jpg

やや太目の麺は、意外と太くない。
s-DSC00161.jpg

ザクッと切られた玉ねぎは、スープと合わせると、楽しい。玉ねぎの甘みが、スープの貧弱さを補っていて、このラーメンでは、これが一番味わいがよかった。
s-DSC00163_201610251954070de.jpg

チャーシューは論外。ぺらぺら。なくてもよい。
s-DSC00164_201610251956472a6.jpg

穴あきのレンゲがよかった。ひたすら玉ネギを掬いながら、楽しめた。
s-DSC00165.jpg

小さい子どもには、あまり味の濃くないものを食わせたいものだ。
s-DSC00156_20161025195651aa3.jpg

【住所】  横浜市戸塚区品濃町537-1 西武東戸塚店 オーロラモール7F
【電話】  045-820-2321
【営業時間】10:00〜21:00
【定休日】 
【アクセス】電車で:JR横須賀線東戸塚駅東口から西武東戸塚店に入り、7階フードコート内。

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-10-19

東戸塚 麺家鶏豚大将

平成28年10月19日(水) 13:51訪問。
鶏らーめん醤油680円+小ライス30円を食す。

今日は東戸塚で仕事。昼食は東戸塚で定番のこの店。にやってきた。
s-DSC00153_20161022192203bd9.jpg

今日は未食かもしれない、鶏の家系の基本、醤油にしてみる。この時間でも先客は4名ほど。いつ行ってもそこそこ人は入っている。今日は2名体制。食券を女性店員に渡すと、もうひとりの男性店員がさっそく調理開始。

鶏と豚のスープは、それぞれ違う寸胴から小鍋に分けて温めている。手慣れた手つきで、出来上がり。
s-DSC00144_20161022192205908.jpg

この店に来ると、つい食いたくなるライス。小ライス30円はついボタンを押したくなる値段だ。
s-DSC00145_20161022192206415.jpg

鶏塩より鶏醤油の方が、断然よい印象。鶏の癖もないし、しょっぱすぎず、ちょうどよい加減だ。スープはくどくなく、それなりのこってりさがある。
s-DSC00146_201610221922083f3.jpg

短め、角断面の太麺は、普通で注文したけど、固すぎず柔らかすぎずちょうどいい。しかし、短すぎて、少しくいづらい。
s-DSC00148_2016102219220939d.jpg

この店のいいところは、おろしショウガをきちんと備えているところ。食い出して間もなく、ブラックペッパーにおろしショウガをのせてみた。
s-DSC00149_2016102422363985a.jpg

業務用かと思われるほうれん草は、それでも量が多めなのがうれしい。
s-DSC00150_20161024223640ac7.jpg

ふれれば崩れるくらい柔らかいほろほろチャーシュー。
s-DSC00151_201610242236418a4.jpg

最後はライスにスープをかけたりして楽しんで、食い終えた。スープは少し残した。
s-DSC00152_20161024223643555.jpg

だんだんと店の味に慣れてきた感じだ。やはり、豚骨より鶏の方がいいね。以前食った煮干しつけ麺が終わらないうちにまた来れるといいな。
s-DSC00154_201610242236441aa.jpg

【住所】  横浜市戸塚区品濃町538-8
【電話】  
【営業時間】[月~土・祝]11:00〜16:00 17:00〜翌1:00 [日]11:00〜22:00
【定休日】 
【アクセス】電車で:JR横須賀線東戸塚駅東口に出て、階段を1階まで下り、西武オーロラモールを前に見ながら、左に進む。交番の前を通り、松屋の先。徒歩3分くらい。


【駐車場】 店前2台
【席数】  カウンター8席
【メニュー】鶏らーめん醤油特のせ930円 鶏らーめん塩特のせ930円
      豚骨らーめん醤油特のせ930円
      鶏らーめん醤油680円 鶏らーめん塩680円
      豚骨らーめん醤油680円
      鶏らーめん醤油味玉780円 鶏らーめん塩味玉780円
      豚骨らーめん醤油味玉780円
      鶏らーめん醤油ほうれん草780円 鶏らーめん塩ほうれん草780円
      豚骨らーめん醤油ほうれん草780円
      鶏らーめん醤油海苔780円 鶏らーめん塩海苔780円
      豚骨らーめん醤油海苔780円
      鶏らーめん醤油白髪ねぎ780円 鶏らーめん塩白髪ねぎ780円
      豚骨らーめん醤油白髪ねぎ780円

      坦々麺 730円 坦々麺味玉830円
      坦々麺 白髪ねぎ830
      辛口坦々麺 760円  辛口坦々麺味玉860円
      辛口坦々麺白髪ねぎ860円

      餃子3個150円 餃子6個280円
      チャーシュー丼醤油160円 チャーシュー丼塩160円
      大ライス50円、ライス40円、小ライス30円
      特のせ250円 チャーシュー250円
      味玉100円 白髪ねぎ100円
      ほうれん草100円 キャベツ100円
      海苔100円

      麺大盛100円
【店舗web】https://twitter.com/toributataishou

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-10-16

衣笠 らぁ麺川たか

平成28年10月16日(日) 11:38訪問。
特製醤油らぁ麺950円

2度目の訪問。前回印象がよかったので、また来てみた。
s-DSC00142_20161022002815c10.jpg

前回と比べて、メニューはほとんど変わっていない。
s-DSC00128_20161022002817a73.jpg

開店早々で、先客はいない。厨房には店主ひとり体制。食券を渡すと、さっそく調理開始。スピード重視ではなく、ていねいな調理という印象。
s-DSC00129_20161022002818976.jpg

チャーシューは切り落として、バーナーで炙っている。ワンタンは深ざるに入れて、茹でる。キッチンタイマーが鳴る少し前に、底の平らな深ざるを数回に分けて、振り下ろして湯切り。あらかじめ温めていたドンブリにスープを注いで、麺をあけて、具をのせて出来上がり。
s-DSC00132_2016102200282056c.jpg

クリアな油の広がりと濃い醤油の色がいかにもうまそう。飲んでみると、この前とはまた違った印象。鶏油のコクはあまり変わらないが、醤油のインパクトはやや控えめになり、鶏ガラと魚介が中心と思われるが、うま味が重層的になり、なかなかよくなってきたように思える。
s-DSC00133_20161022175850235.jpg

後で店主が言うには、麺は前と特に変えていないそうだが、前回の方が面白い印象だった。これまた、店主がいうには、大麦を配合しているそうである。蕎麦みたいな色のストレート麺は粒々入りで、前回と同じだとすると、やはりスープとのバランスなのだろう。
s-DSC00134.jpg

長ーい穂先メンマ。
s-DSC00135_20161022175852ba4.jpg

ワンタンは少し厚めの皮に生姜の効いた餡が楽しい。
s-DSC00137_201610221758542c1.jpg

チャーシューは豚と鶏の2種類。肩ロースのチャーシューは、小さいけどレアで噛みごたえがいいもの。
s-DSC00138_20161022175855cf0.jpg

そして、鶏のチャーシューは胸肉で、癖がなくさっぱりとして、これもうまい。
s-DSC00139_20161022181028365.jpg

割ってみると、とろりとした半熟タイプの玉子。味つけは控え目。
s-DSC00140_20161022181029eb2.jpg

麺もスープも堪能して、完食。
s-DSC00141_201610221810301da.jpg

他に客もいなかったので、食い終えて、少し店主と話をした。スープは、以前よりたくさんの食材を使っているとのこと。鶏ガラベースは基本だが、げんこつや干しエビなどの乾物なども入れ、今は原価無視でいろいろ試しているそうだ。これからも、ときどき行って、試してみたい。
s-DSC00143_20161022181032f99.jpg

【住所】  横須賀市公郷町1-53-11
【電話】  
【営業時間】
【定休日】 
【アクセス】車で:国道16号線を観音崎方面に向かい、県立大学駅入口交差点を過ぎ、青い鳥幼稚園前を右折。トンネルを抜け、ずっと直進。横須賀線の手前道路を右折。直進した右側車線。駐車場はとなり。
      電車で:JR横須賀線衣笠駅から徒歩15分以上。駅前道路を右に進み、衣笠十字路直進。横須賀線をずっと右手にみながら直進した左側。


【駐車場】隣接して3台 
【席数】  カウンター7席
【メニュー】特製醤油らぁ麺950円 特製つけ麺950円
      学生限定醤油らぁ麺500円 
      醤油らぁ麺750円 つけ麺750円
      麺大盛り100円
      味玉・メンマ・海苔各100円
      チャーシュー250円
      ワンタン150円
      ライス(大・中・小)100円
      チャーシュー丼150円
      限定丼200円
【店舗web】twitterhttps://twitter.com/ramen_kawataka

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-10-09

北久里浜 はまんど横須賀 

平成28年10月9日(日) 11:54訪問。
秋刀魚節ラーメン(醤油味)870円

10月7日(金)より始まった期間限定麺を食いにやってきた。
s-DSC00105_20161019231418c22.jpg

「店長のコメント」いわく、香り深く全粒粉入りの細麺がスープに良くからんできます。何回食べても飽きない味です。彩りも秋らしさを演出しています。
s-DSC00106_20161019231419839.jpg

連休の真ん中だが、雨のせいか正午前でも少し空いていて、待たずに座れた、店主のちょうど前のカウンター席に腰をおろして、ホール係りの男性店員に、食券を渡して、中盛でお願いした。

いつものようにてきぱきと調理していたが、具材が相当多いようで、ずいぶんと具をのせているようだ。そして、カウンター越しに提供されたのがこのラーメン。
s-DSC00108_20161019231421864.jpg

真上から見ると、もう具だくさんすぎて、麺がまったくみえない。しかも春とも夏とも違う、秋の彩りが何とも落ち着いている。
s-DSC00109_20161019231422c56.jpg

醤油の色に済んだスープはしつこくない程度に油が浮いている。背油も浮いているが、濃厚なイメージはまったくしない。そして、味は、一瞬、そばつゆのような甘みのある醤油の味がよぎったと思ったら、次に魚介の強めのうま味がやってくる。秋刀魚の出汁ってこんなにうまいんだ、と思わせる味わい。しかも、この先具材がどんどん交わって、味が重層的になっていくのも楽しみだ。
s-DSC00110_20161019231424bb8.jpg

麺は全粒粉入りの細麺。このストレート麺が、啜り心地がいいのはもちろん、ずしんと食い応えがある。
s-DSC00113_201610212315472df.jpg

では、豪華な具の紹介。秋らしいきのこの煮もの。上にはていねいに銀杏ものっている。
s-DSC00111_20161021231549f89.jpg

ネギの上には柚子ものせられている。
s-DSC00112_20161021231550bc3.jpg

モミジの麩が秋っぽくていいやね。
s-DSC00115_20161021231552ace.jpg

メンマに江戸菜もいつものことながら、いい具合だ。
s-DSC00116_201610212315536c9.jpg

そして、いつものチャーシューも2枚。これも味といい、弾力といい、楽しみのひとつ。
s-DSC00121.jpg

そして、このラーメンでもっとも気にいったのは、このかぼちゃ。ほんのりと甘くて、ラーメンの雰囲気をこわさずいい。
s-DSC00119_20161021233314002.jpg

柚子の香りと味が、表情に変化をもたらしてくれるので、半分以上食ったところで、味わってみた。
s-DSC00122_2016102123331566c.jpg

今回はこれもよかった。鶏ももの正油煮。味つけは濃すぎず、薄すぎず。あますぎず、からすぎず。
s-DSC00124_201610212333169ad.jpg

そして、いつもの味付け玉子。
s-DSC00125_20161021235304c7f.jpg

かなりのボリュームで、食い終わるまでに時間がかかった。でも、味わいながら、食って完食。
s-DSC00126_20161021235305bc2.jpg

少し、客足が途切れた時間があったので、店主と話をした。何でも秋刀魚の値が上がっているそうだ。今まで秋刀魚など食わなかった人が食っていることが原因なのだろうが、いわゆる日本食はそっとしておいてもらいたいような気がするね。

それで、来月の限定は貝類を考えているそうだ。それも楽しみだ。でも、このラーメン、もう一回食いたいな。俺の中では、これまでの最高傑作。こりゃ、うまい。
s-DSC00127_201610212353060bc.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。


駐車場】 隣地に2台分
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】中華そば700円 白湯そば700円
      辛子そば750円 
      ※平打麺と細麺から自由に選べます

      釜玉油そば700円
      自家製ワンタンメン麺840円
      坦々麺850円
      鶏そば800円
      煮干しそば680円
      汁なし担々麺850円
      煮干つけ麺750円
      坦々つけめん850円
      コクにぼ醤油そば800円

      麺大盛り100円

      ライス100円  肉玉丼270円 ねぎ丼250円
      味付玉子100円 メンマ100円 半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-10-05

横浜 天下一品 横浜駅西口店

平成28年10月5日(水) 14:25訪問。
こってり味付煮卵ラーメン850円

8月に横浜駅南口の油そば専門店ぶらぶらの隣に開店した店。いわずと知れた、京都白川発祥のこてこてラーメンチェーン。他は上永谷店のみ行ったことがある。駅から少し歩いて、道路の反対側は一風堂、そしてすぐ先には吉村家。
s-DSC00104_201610182313272a0.jpg

久しぶりに、この店のこってりを食ってみようか。店に入ると、女性店員がひとり客であることを確認すると、「お好きなカウンター席にどうぞ」、はい。口頭で、発注。仕事中なので、にんにくは抜いてもらう。
s-DSC00093.jpg

少しして、運ばれてきた。赤のトレーに白のドンブリ。こってりスープが俺を呼んでいるぜ。
s-DSC00094_20161018231330b54.jpg

じゃあ、スープから。大げさに言うと箸が立つほどのこってり濃厚度。でも、くどすぎない。
s-DSC00096_2016101823133227e.jpg

ストレートな細麺はスープから掬い出す感じだ。
s-DSC00099_2016101823133373a.jpg

ライトなチャーシュー。まあ、薄いってことだけど。
s-DSC00101_201610182321225fc.jpg

やや固めの玉子。味つけはこってりではない。
s-DSC00100_201610182321202c4.jpg

麺を食い終えると、さすがにスープだけを全部飲むのはきつい。
s-DSC00102_2016101823212314e.jpg

たまには、いいね。
s-DSC00091_20161018232206761.jpg

【住所】  横浜市西区南幸2-12-10 ITOビル 1F・2F
【電話】  045-620-0438
【営業時間】月〜木・日11:00~3:00 金・土・祝前日11:00〜4:00
【定休日】 無休 
【アクセス】電車で:横浜駅南口から南幸橋を渡り、ずっと直進した左側。

【駐車場】 なし
【席数】  1階[カウンター8席、2人テーブル×1卓、4人テーブル×2卓]+2階[25席]
【メニュー】味付煮卵ラーメン並850円 大1,000円 
      ねぎラーメン並880円 大1,010円
      チャーシューメン並930円 大1,080円
      味付煮卵チャーシューメン並1,050円 大1,200円
      焼豚2倍盛りチャーシューメン並1,130円 大1,280円
      ほか

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-10-02

上田 福昇亭

平成28年10月2日(日) 13:04訪問。
ラーメンセット[ラーメンと五目焼そば]850円

今日は、長野に温泉旅行にやってきた。昼飯は迷ったあげく、上田でとることにした。五目焼そばで有名な福昇亭にやってきた。デジカメの調子が悪く、画像は少ない。

店の前は行列こそなかったものの、店内はほぼ満席。カウンター席に案内された。

メニューは先頭の五目焼そばが中心で、客もほぼ全員が五目焼そばを注文していた。俺ももちろん、五目焼そば。しかし、ラーメンセットも気になる。こうなったら、両方が食えるラーメンセットだ。
s-DSC_0326.jpg

カウンターの向こうが厨房で、男子3名が働いている。何となく文化祭みたいな感じがする楽しそうなワークスタイルだ。口頭で発注する。調理は滞りなく、スムーズに行わている。

五目焼そばの麺は蒸してあるそうなのがが、あらかじめつくられたものが、炊飯ジャーに入れられていて、餡かけは具材を炒めて、とろみをつけて麺にのせて出来上がり。

俺の場合は、まずはラーメンがカウンターにおろされた。特徴なのは、細くて縮れた麺。もしかして、乾麺なのかと思わせるような外観だが、見た目どおりに面白い食感だ。スープも見たとおりのあっさりで、これはスープ代わりかな。
s-DSC_0327.jpg

そして、メインの五目焼そばも続けて提供された。錦糸玉子にグリーンピースがいい。この焼きそばもラーメンと同じ麺と思われる、細麺、普通の細麺よりさらに細いので、何か斬新な印象だ。
s-DSC_0328.jpg

そして、提供されるときに説明されたのだが、備え付けの洋辛子と酢を混ぜ合わせて楽しんでください、という趣旨の小皿が提供された。皿の縁に辛子を塗ってある店が多いのだが、この店はとても親切。おかげで、味の変化を楽しむことができた。

次から次へと客が入ってくる。シンプルメニューのこの店はかなりの人気店のようだ。

写真はないけど、焼きそば完食、ラーメンは少しスープを残して終了。

【住所】長野県上田市中央2-9-2
【電話】  046-897-3298
【営業時間】11:30〜15:00
        16:30〜19:00
【定休日】 水曜日・第3火曜日
【アクセス】電車で:JR上田駅から徒歩10分くらい。上田駅からお城口に出て、駅を背に直進。中央2丁目交差点を右折して最初の左に入る路地に入った右側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター5席 テーブル16席
【メニュー】五目焼そば 小盛650円 並780円 大盛1,000円
      ラーメン 並500円 大盛700円
      ワンタン 並530円 大盛720円
      ワンタンめん 並720円 大盛920円
      ばんめん 並780円 大盛1,000円
      焼き豚そば 並780円 大盛1,000円
      焼き豚ワンタン 並800円 大盛1,020円
      焼き豚ワンタンメン 並1,000円 大盛1,150円
  
      ラーメンセット[ラーメンと五目焼そば]850円
      ワンタンセット[ワンタンと五目焼そば]880円
      ワンタンメンセット[ワンタンメンと五目焼そば]1,050円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター