--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-09-30

伊豆急下田 一品香

平成28年9月30日(金) 13:00訪問。
キンメとエビのワンタン入り天然塩ラーメン1,100円

急遽、下田に出張。日帰りなので、のんびりしている暇はない。

とはいえ、昼飯だ。さあて、どこで食おうか。駅を出て、ぶらぶらと歩いてみる。
s-DSC00085.jpg

さすが、伊豆。昔ながらの観光みやげの店もある。それにしても、もうすぐ10月になるので、もう海水浴は無理じゃないかな。
s-DSC00086_201610161311492aa.jpg

焙煎らーめん玄。この店はどうだろう。元祖えび塩か、なるほど。もう少し、行ってみるか。
s-DSC00088_2016101613113164e.jpg

少し、先にあったこの店に決めた。店の明日を背負う餃子、ってずいぶんと大げさだなあ。
s-DSC00083_20161016131132750.jpg

店内は昼時を過ぎているが、地元客やら観光客やら、7名ほどの先客。てきぱきとした女性店員にテーブル席をすすめられた。
s-DSC00072_20161016132350480.jpg

席に着いてメニューを見ていると、1から4がおすすめだそうだ。じゃあ、ということで、2番のキンメとエビのワンタン入り天然塩ラーメンを注文。この店の店主は、横浜中華街で修行10年のキャリアだそうだ。

塩ラーメンは下田外浦薪焚き天然塩を使用だそうだ。そして、運ばれてきたのが、このラーメン。たっぷりの磯海苔がいかにも、いかにも磯のラーメンといった趣だ。
s-DSC00073_201610161323535a2.jpg

では、スープを飲んでみよう。鶏ガラのベースに干しエビや節や煮干などのだしをくわえたものだそうだ。ちと、しょっぱいかな。
s-DSC00074_20161016132355a86.jpg

めんはストレートやや細麺。このスープによくあっている。
s-DSC00075_20161016132356aa2.jpg

細目のメンマは、隠し味にオイスターソースを使用しているそうだ。
s-DSC00076_20161016135412456.jpg

チャーシューは、柔らかくて、厚みがある。
s-DSC00077_20161016135414ead.jpg

では、ワンタン。大きくてぷりぷり。
s-DSC00078_201610161354152ef.jpg

金目鯛とエビ入り。エビの食感がいいのと、確かに金目鯛のうま味が感じられる。贅沢にできたワンタンは全部で3つ。
s-DSC00081_20161016135418e05.jpg

観光地らしい一杯。スープは少し残して終了。まあ、値段も観光地らしいものでした。
s-DSC00082_20161016164917577.jpg

ほかにも魂心の餃子や、食べるラー油などいろいろ力を入れているみたいだった。駅にはそれなりに観光客はいたのだが、少し離れると、人影はあまりなくなる。

せっかく来たのだから、ひとっ風呂、温泉にでもつかっていきたいところだが、明日も仕事なのでそうもいかないか。
s-DSC00084_20161016164915781.jpg

【住所】  静岡県下田市東本郷1-4-8
【電話】  0558-22-7476
【営業時間】9:00~15:00 16:30~21:00
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:伊豆急下田駅から徒歩5分くらい。駅を背に直進し、駅前の国道を横断して左折。そのまま直進した右側。


【駐車場】 3台
【席数】  テーブル、小上がり30席
【メニュー】キンメとエビのワンタン入り天然塩チャーシューメン1,300円
      キンメとエビのワンタン入り天然塩ラーメン1,100円
      天然塩チャーシューメン1,100円
      天然塩ラーメン850円
      チャーシューネギニラショウガラーメン1,200円
      ネギニラショウガラーメン850円
      黒ごまブラックチャーシューワンタンメン1,100円
      黒ごまブラックタンタンメン850円
      ネギラーメン850円
      チャーシューネギラーメン1,100円
      チャーシューメン1,000円
      メンマラーメン850円
      ラーメン700円

      ネギチャーシュー丼1,000円
      大盛りネギチャーシュー丼1,300円

      焼き餃子600円
      水餃子600円
【店舗web】http://www.ippinko.com/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-09-25

北久里浜 ラーメンエイト

平成28年9月25日(日) 11:42訪問。
汁なしみそそば(みそバター味)円+追い飯+50円

9月最後の日曜日は、心もはずむような快晴だ。さて、今日はどこに行こうかな。しばし思案して、この店にやってきた。
s-DSC00068_20161014230604092.jpg

まだ正午前で、先客はなし。店内に入って、居心地のよさそうな奥のカウンター席に腰をおろした。といっても、カウンター席のみなのだが。カウンターの内側の厨房には、店主の男性がひとりきり。今日のねらいはこれ。汁なしみそそば。9月も半ばをすぎても、まだまだ暑いので、ちょうどいい。
s-DSC00058_20161014230605038.jpg

店主に注文を告げると、大盛を勧められて、つい大盛を発注したが、あわてて追い飯に変更した。追い飯はいっしょに出しますか、ときかれたので、あとでお願いした。

ちなみに、7月には汁なし担々麺がよかったので、今回の汁なしも楽しみ。

すぐに調理を開始して、できあがり。肉味噌にバターがのるめずらしいスタイルだが、わるくない。
s-DSC00060_20161014230606a6f.jpg

麺は、太8麺。よく見ると、真ん中に筋がとおっており、2つの麺をくっつた8の字みたいな形状だ。湯きりして皿にあげてある。思ったより熱々の麺が上にのったバターを少しずつ溶かしていくのがいい。そして、肉味噌。下に沈んでいるタレをていねいにからめて、食ってみる。弾力があって、うまい。
s-DSC00062.jpg

そして、溶けだすバターの図。これの風合いがたまらない。少しずつ溶かしていくのが、楽しい。
s-DSC00063_2016101519315420b.jpg

ここで、家族連れ4人の客が入ってきた。これまでのゆったりした雰囲気から、俄然、調理全開モードになるのかと思い、慌てて追い飯を発注。「タイミングが合わないといけないので、先に追い飯ください。」店主曰く、「大丈夫ですよ」。さすが、ひとり体制になれていらっしゃる。とりあえず提供してもらった。ていねいにしらすみたいなふりかけがかかっている。
s-DSC00064_20161015193156396.jpg

これをどんぶりにあける。
s-DSC00065_2016101519315786d.jpg

そして、残しておいた、タレと挽肉に少しずつ絡ませながら食う。しあわせだあ。
s-DSC00066_201610151931585f1.jpg

残さず、食べてごちそうさまでした。
s-DSC00067_20161015193200c32.jpg

汁なしには、もうひとつ、汁なしマーラー麺というのもあった。辛いそうだが、試してみようかな。
s-DSC00069_2016101612542214c.jpg

【住所】  横須賀市森崎1-1-9
【電話】  046-897-3298
【営業時間】11:30~14:30
       17:30~21:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】車で:国道134号線を久里浜方面に向かって進み、根岸町交差点を右折。川を跨ぐ橋を渡ったらすぐ右折。川沿いに進んだ左側。
電車で:京浜急行北久里浜駅下車。 徒歩15分くらい。駅を出て、国道134号線を横断(北久里浜駅前交差点)し、道なりに直進。しばらく進むと、左側に道路と平行して流れる川を渡る橋があるので、わたって、右折し、駅を背に川沿いに進んだ左側。


【駐車場】 2台
【席数】  カウンター8席
【メニュー】正油ラーメン700円 塩ラーメン700円
      正油味のつけめん750円 塩味のつけめん750円
      正油味のつけパスタ750円 塩味のつけパスタ750円
      
      普通盛と中盛は同料金
      大盛は80円プラス
      
      汁なし担々麺700円
      大盛+50円
      追い飯+50円
 
      ◇トッピング
       味付玉子100円 温泉玉子100円

      ◇ミニ丼メニュー
       豚丼280円 チャーシュー玉子丼300円
       ライス150円 小ライス100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-09-24

金沢八景 NIGORI JOUYU らーめん五文

平成28年9月24日(土) 18:58訪問。
らーめん700円

今日は土曜日だが、いつものように出勤。早めに仕事を終えて、9月10日に神沢八景駅の近くにオープンしたこの店にやってきた。
s-DSC00041_20161011223511b7f.jpg

幹線道路の国道16号線から脇道を入ってすぐの立地だが、あまり目立たなく、まさにひっそりとある感じだ。s-DSC00043_20161011224822e5b.jpg

さて、店に入ると、トランジスタラジオが置いてありFMがかかっている。入口近くには小さ目の食券自販機が置いてある。初めてなので、基本のらーめんを選択。といっても、これしか種類はない。
s-DSC00044_20161011223513a41.jpg

店内は厨房に面した直線カウンターのみ。カウンター席の後ろはまだ余裕があるけど、店内行列になったときには、このスペースが大切だ。店主らしき男性に食券を渡すと、店内の雰囲気同様に静かに調理開始。

調理の間、いろいろ観察してみる。テーブルの上には四川豆板醤とニンニク。それぞれの左右の壺はスプーン入れだ。
s-DSC00047_20161011223516137.jpg

そして、チャーシューに使用されている信玄鶏の説明。低脂肪で、独特の旨みと歯ごたえが特徴だそうだ。
s-DSC00045.jpg

店の雰囲気からだけでは、どんなラーメンか想像できないが、静かに待っていると、やがてカウンターに俺のラーメンがのせられた。大ぶりな青ネギがのったシンプルな見ばえで、上品なのか大胆なのか分別がつきかねる形相だ。
s-DSC00048_20161011223517dd3.jpg

j表面に油の多めのスープを飲むと、鶏のコクのあるうま味が広がる。これは、うまい。雑味がなく、キレがあって、とてもいい。見た目とは予想外に、素直にうまいと思える。そして、不愛想にざくっと切られた青ネギとの相性がよくて、これと絡めると群を抜くうまさ。
s-DSC00050_2016101123020243b.jpg

長多屋製麺の麺箱が重ねてある。その麺は、少しぼそっとした味わいだが、よくスープにあっていて、啜りも楽しい。
s-DSC00053_2016101123020383b.jpg

鶏のチャーシューも癖がなく、独特のうま味がたまらない。かすかな酸味もいい。
s-DSC00054_2016101123020564c.jpg

堪能しながらも惑溺するように、あっという間に食い終えてしまった。
s-DSC00057_20161011230208699.jpg

見た目こそ派手さはないが、しっかりと印象に残る一杯だった。にごり醤油という店名どおり、確かに透き通ったスープではないが、味はしっかりと重さを感じさせながらも、十分に透明感をもった品のいいラーメン。またこようかな。
s-DSC00042.jpg

【住所】  横浜市金沢区瀬戸9-26
【電話】  
【営業時間】11:00~14:00 17:00~22:00
【定休日】火曜日 
【アクセス】電車で:京浜急行金沢八景駅下車。徒歩5分くらい。駅を降りて、改札を出たら、すぐに右方向へ。道なりに進み、国道16号線にぶつかったら、横断して、横須賀方面に進み、2つ目の路地を左に入ってすぐの左側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席
【メニュー】らーめん700円
らーめん(大盛)850円
鶏増し250円 半熟味玉子100円
のり増し100円 トリプル450円
鶏ネギめし350円 
鶏辛めし350円
小ごはん150円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-09-23

弘明寺 まえたん

平成28年9月23日(金) 18:58訪問。
特製担々麺800円

休み明けの金曜日は弘明寺で仕事。直帰なので、ラーメンを食って帰ろう。弘明寺は何もかもが懐かしい。そして、変わらない町。大岡川と弘明寺がこの町の原動力だ。

そして、訪問したのは、この店。地下鉄からだとすぐの場所だ。
s-DSC00028_2016100918154300b.jpg

担々麺がメインだが、他にも正油も塩もある。実は、俺はあまり辛いのが得意でない。といっても甘いのも得意ではない。刺激に依るより、じわっとしたうまさが好きなんだな。とはいえ、覚悟は決めてある。
s-DSC00029_20161009181545a77.jpg

店は奥に長い。店内に入って、入口近くのカウンター席に腰をおろして、女性店員に口頭で発注。ええ、辛さはお手柔らかにお願いしました。

カウンター席では、明らかに一人飲みの客が2名。ビールに清酒と居酒屋状態だ。居心地がよさそうだ。

カウンター席の目の前が厨房。男性店員がさっそく調理開始。手慣れたもので、さっと調理して、すぐにカウンターに俺のラーメンがのせられた。表面に回されたラー油が何とも辛そうだ。
s-DSC00030_20161009181546ec6.jpg

よかったら、どうぞとカウンターにのせられた調味料。
s-DSC00031_20161009181547d33.jpg

では、チャレンジしてみる。スープは、案外辛くなくゴマの甘みを感じる。と思ったら、次の瞬間、すぐにピリ辛が追いかけてきた。しかし、単に辛いだけではない層の深い味わい。辛味とゴマのうま味が次々と織りなす誘惑。
s-DSC00033_2016100918154857a.jpg

やや固めのストレート麺もくたっとせずに、しっかりとスープを絡めてくる。これは、スープもいいけど、麺もいいね。
s-DSC00036_20161010220140235.jpg

たっぷりと入った挽肉にほうれん草や白髪ネギ、糸唐辛子など具がさらに食欲をそそる。
s-DSC00037_2016101022014125a.jpg

俺って、辛いのは得意でないんだよな、と思いながら、どうしても途中で止められなかった。結局、スープ完飲で完食。いやあ、予想外のうまさだった。これが担々麺の標準だとしたら、今まで、担々麺を食ってきたのか、こなかったのか、よくわからない。辛いのが苦手だけど、うまかった。これが、最上のほめ言葉かな。
s-DSC00038_20161010220142d1b.jpg

食い終えて、とぼとぼと京急の弘明寺駅をめざす。蒸し蒸しとして、かいた汗がなかなかひかない。だけど、後悔はしてないぜ。
s-DSC00027_201610102208313c8.jpg

【住所】  横浜市南区通町4-116-1
【電話】  045-315-6477
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】火曜日 
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄ブルーライン弘明寺駅徒歩2分くらい。2B出口から地上に出て、アーケード街を進み、最初の通りを右に入って進んだ右側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席 テーブル4席×2
【メニュー】特製担々麺800円
      正油らーめん650円 半らーめん400円
      絶品もやしらーめん750円 
      絶品塩もやしらーめん750円
      塩らーめん650円
      ネギらーめん800円 ネギ塩らーめん800円
      チャーシューメン850円
      塩チャーシューメン850円
      まえたんらーめん750円
      まえたん塩らーめん750円
【店舗web】https://www.facebook.com/tantanmenmaetan?fref=ts

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-09-22

新大津 らぁ麺はせ川

平成28年9月22日(木) 11:52訪問。
らぁ麺(並盛)650円+ギョーザセット200円

昨日の夜の楽しい想いにひたりながら迎えた今日は、秋分の日で休日なのだが、あいにくの空模様。いつもより遅く起きた朝は、さてどこに行こうかと迷う。久しぶりにあの店を訪ねてみようか。
s-DSC00025_2016100916440567d.jpg

向かいの駐車場に車を停めると、やんでいた雨がまた降りだしてきた。久しぶりなので、レギュラーメニューにお得なギョーザセットにした。近くに横須賀大津高校があるためと思われる学生セットがあるほか、このギョーザセットもなかなかナイスなセットなのだ。

先客は1名だけなので、少し頼りなげな男性店員に食券を手渡して、テーブル席に着席する。すると、すぐにとり放題のネギが提供される。ネギはいいね。
s-DSC00010_20161009164406b59.jpg

まもなくラーメンが運ばれてきた。すでにネギものせられている。以前はのっていた輪切りの唐辛子は省略されていた。
s-DSC00011_20161009164408637.jpg

そして、ギョーザセットのライスも。半ライスではなく、ライス。
s-DSC00014_20161009164411967.jpg

たまには、並べてミタ。
s-DSC00015_20161009165836f5f.jpg

相変わらず、キレがあるスープがいい。甘たるさをのぞいてあるのに、やさしくマイルド、それでいてコクもある。
s-DSC00016_20161009165837c67.jpg

コシのある四角い断面の麺もいいね。
s-DSC00017_20161009165839a8f.jpg

少し食ってから、ネギ増量。
s-DSC00019.jpg

ネギ+海苔にライス。人により好き嫌いはあるだろうが、俺には案外いい具合。
s-DSC00020.jpg

「おまちどうさまでした」。ギョーザも運ばれてきた。
s-DSC00018_201610091658401c2.jpg

このギョーザが気をつけないと、肉汁が飛び出すので、要注意なのだ。しかし、そこがまたうまいんだな。
s-DSC00021_201610091707458fb.jpg

こうなってくると忙しい。チャーシューもうまい。これは、そのまま食うのがいいのかそれともライスにのせて食うのがいいのか。などと考えて、ギョーザとライスも気になるし、なぜか勝手にテンポアップ。
s-DSC00022_20161009170746355.jpg

いかんばい。勝手にテンポを上げすぎて、腹がいっぱいになってしまった。スープは残して、終了。ごちそうさまでした。
s-DSC00023_20161009170748a3d.jpg

雨の日はtwitter限定で、ギョーザが200円になることがある。今日も入店してから確認したときはまだだったのだが、食い終えたときに発信済みだった。まっ、いいか。
s-DSC00026_201610091707499a3.jpg

【住所】  横須賀市根岸町5-1-2
【電話】  046-845-9036
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】 木曜 
【アクセス】電車で:京急久里浜線新大津駅10分くらい。久里浜方面に向かって右側に出て、大きな通り(国道134号線)にぶつかったら、横断し左折し直進したところ。北久里浜駅からだと駅前の134号線を右折し、道なり。10分強。
車で:国道134号線大津交差点を左折し、京急のガードをくぐって、少し進んだ右手。
      電車で:京浜急行新大津駅より徒歩3分。久里浜方面へ向かって右側に出て、駅を背に道なりに直進。国道134号線にぶつかったら、横断しすぐの道路沿い。



【駐車場】 2台。道路反対側の白川歯科の駐車場内。

【席数】  カウンター2席 テーブル2席×2 4席×1 5席×1

【メニュー】らぁ麺(並盛)650円 らぁ麺(中盛)750円 らぁ麺(大盛)850円
      らぁ麺(ハーフ)500円
      みそらぁ麺(並盛)700円 みそらぁ麺(中盛)800円 みそらぁ麺(大盛)900円
      みそらぁ麺(ハーフ)550円
      つけ麺(並盛)850円 つけ麺(大盛)900円 つけ麺(特盛)950円
      学生らぁ麺(並盛)550円 学生らぁ麺(中盛)650円 学生らぁ麺(大盛)750円
      中華そば(並盛)650円 中華そば(中盛)750円 中華そば(大盛)850円
      セットメニュー
     あぶりチャーシュー丼+250円 ネギチャーシュー丼+250円
      半チャーハン+250円 
      半ギョーザセット(ギョーザ3コ・小ライス)+200円

      小ライス100円 ライス150円 大ライス200円
      ギョーザ(6個)350円
      あぶりチャーシュー丼350円 ネギチャーシュー丼350円
      ◇トッピング
       チャーシュー200円 ネギ200円 メンマ100円 のり100円
       キャベツ100円 野菜盛り(キャベツ・もやし・コーン)200円
       味付玉子100円 コーン100円 ほうれんそう100円 もやし100円
      まぜそば(並)750円 まぜそば(大盛)850円 まぜそば(特盛)950円

【店舗web】Twitterhttps://twitter.com/raamenhasegawa




theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-09-21

浜松町 鶏ポタ ラーメン THANK

平成28年9月21日(水) 13:50訪問。
スペシャルラーメンとろり980円を食す。

8月末に次いで、また浜松町にやってきた。先回同様、また台風がかすめた直後だが、台風一過の晴天とはならず、あいにくの曇天。この店は浜松町でも人気の店だ。大通りを少し入った目立たない所に店があるせいか、地味だけど味のある看板が設置してある。
s-DSC00009.jpg

鶏をベースにしたスープは多々あれど、この店のスープは大山鶏に9種類の野菜をじっくり煮込んだポタージュスープが特徴だ。鶏だけでなく、野菜とのポタージュというのが斬新で期待が高まる。
s-DSC00007.jpg

昼時間を大きく過ぎているので、並びはなし。店内は満席でもないが、客は入っている。入口のすぐ近くに食券自販機が置いてあり、ラーメンのスープは3つに別れている。さらりは、さらさらした食感、ぽてりは、素材感のあるレベル、そして、とろりは適度なとろみだ。事前に調べていたので、迷わず、とろりを選択。そして、豪華なスペシャルにしてみた。スペシャルは、手羽先3本、玉子、海苔などがトッピングされる。
s-DSC09996.jpg

食券を購入して、店内を奥に進むと、愛想のいい店員にカウンター席を案内された。場所柄、狭いのだが、さほど狭さを感じさせない工夫がしてある。調味料入れは、シンプルながら凝ったもので、すっきりとしている。箸に貼られたSNS紹介カードもさりげなくていい。
s-DSC09997.jpg

壁には、紙エプロンの入ったトートバッグにプチメニュー。カレースパイスは他の思想だな。いや、楽しそうだな。
s-DSC09998.jpg

観察しているうちに、運ばれてきた、俺のラーメンとろり。うまそうじゃ、ありませんか。
s-DSC09999.jpg

ではスープから。木のレンゲで掬うと、名のとおり、とろっとしたスープ。そして、ひと口すすった印象は、最初こそ鶏の出汁を感じるが、すぐに野菜などの溶けだしたうま味が包み込んでいって、じわっとしたうまさに変化していく。もちろん、とろっとしてはいるものの、下品なこってりではない、上質な印象だ。素材を重視しながら、バランスを重視した落ち着いたうま味が好みだ。
s-DSC00001_2016100723361297c.jpg

それに対して麺は思い切ったもので、ストレートで角断面のぼそっとした食感が合わないようでいて、あっている。
s-DSC00002_201610072336130fb.jpg

そして、炙ってあるのはチャーシューではなく、手羽先鶏。しつこくなくて、風味がいい。
s-DSC00004_20161007233616517.jpg

長い穂先メンマも入っていた。
s-DSC00005.jpg

そして、ちょうどいい感じの味玉。
s-DSC00003_20161007233615b3d.jpg

全部飲んでも体にはよさそうだったけど、スープは少し残してしまって終了。食い終えて、立ち上がると、いち早く気づいた定員が「ありがとうございました、またお待ちしております」のかけ声をかけてくれる。それに続いて、店員全員での「またお待ちしております」と唱和を耳にしながら、店をあとにした。
s-DSC00006.jpg

鶏ポタージュというジャンルなのかな、オリジナリティあふれるけど、奇を衒わず優しい印象のラーメンだった。機会があったら、また立ち寄ってみたい。
s-DSC00008.jpg

【住所】  東京都港区浜松町1-28-4 保木ビル1階
【電話】  03-6459-0660
【営業時間】11:30~14:30
【定休日】 土、日、祝日
【アクセス】電車で:JR山手線浜松町徒歩7分。北口改札を出たら、左に出る。左手に世界貿易センタービルを見ながら、直進。大門交差点を渡り、3本目の一方通行の路地を入ってまっすぐ進んだ右側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター4席 6席 テーブル2席×2
【メニュー】スペシャルラーメンぽてり980円
      塩玉ラーメンぽてり800円
      ラーメンぽてり700円
      スペシャルラーメンとろり980円
      塩玉ラーメンとろり800円
      ラーメンとろり700円
      スペシャルラーメンさらり980円
      塩玉ラーメンさらり800円
      ラーメンさらり700円
      スペシャルラーメンつけめん1,080円
      塩玉つけめん900円
      ラーメンさらり800円
      鶏ポタンタン麺820円
      鶏ポタンタン麺大盛り920円
      トリポターナ820円
      トリポターナ大盛り920円

      替玉100円 手羽先(1本)110円
      塩玉子100円
      つけめんの大盛り100円
      ライス(大)150円 ライス(小)100円
      ライス(豆)50円
      鶏そぼろ丼260円
      パルメジャーノチーズ100円
【店舗web】https://twitter.com/ramenTHANK
                   

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-09-19

京急長沢 潮風中華房 萬華

平成28年9月19日(月) 12:19訪問。
ラーメンセット820円×クーポン10%OFFを食す。

一軒目でいまひとつ腹いっぱいにならなかったなあ、と思いつつクルマを走らせながら、目についたこの店を初訪問。すぐ近くの城門ラーメンも魅力的だったが、外待ち状態のようだ。1階が駐車場で店舗は2階にある。
s-DSC09976.jpg

外装は濃い赤色でとても目立つ。狭くないのだが、何となく圧迫感のある階段を上った先が店舗の入口。これまた、何となく、入りにくいような雰囲気。
s-DSC09994.jpg

しかし、そんなことは気にせず、ドアをあけてみる。女性店員が普通に迎え入れてくれた。店内は中華料理店というより、洒落たレストランという雰囲気で、もしかしたら、居抜きなのかなとも思わせる。
s-DSC09981.jpg

店内はカウンター席にテーブル席、さらに小上がりまである。先客はカウンター席に1名のほか、勤め人らしい4人客がテーブル席でにぎやかだ。

窓の外は海だが、残念ながら曇り空で、視界はよくない。
s-DSC09980.jpg

空いているので、ひとり客だが、遠慮なくテーブル席で海を見ながらランチをいただくことにする。テーブルには木の表紙がつけられたメニューが置いてある。席に着くと女性店員が水、トレーに入った箸と紙おしぼりが運んできてくれた。
s-DSC09982.jpg

麺類はひととおりそろっていて、定食などはないようだ。次のページをめくったら、お得なラーメンセットを発見。ちと食いすぎのような気もするが、これに決まり。口頭で発注する。

厨房は客席からは見えないようになっている。まあ、その方が店の雰囲気はいいかもしれない。ぼおっと待っていると、盆にのせられたラーメンセットが運ばれてきた。ラーメンに餃子が3つとライス。ラーメンの陰に隠れて見えないけど、業務用と思われる漬物が小皿に盛られていた。、
s-DSC09984.jpg

いかにも街場の中華やさんのラーメンといった見た目だ。スープは予想どおりのあっさりとした味で、ショウガ味がほのかにして、わりと好みだ。レンゲがポリプロピレン製というのが、残念。
s-DSC09985.jpg

麺は細目のストレート。湯切りはしっかりしており、柔らかめに茹でられている。このスープにはちょうどあっている。
s-DSC09987.jpg

餃子は、やや肉厚な皮の外側がかりっと焼けていて、中は普通。でもニラやニンニクなどきつくなく、野菜中心の餡で、奇を衒わずうまい。ライスは小ではなく、普通の量があるのがうれしい。
s-DSC09989.jpg

再びラーメンにもどって、唯一彩りを添えているナルト。
s-DSC09990.jpg

細目のメンマは多めに入っていた。
s-DSC09991.jpg

チャーシューは巻バラ肉の半分にカットしたもので、見た目より柔らかく、甘めの味付けがされていた。
s-DSC09992.jpg

食っているうちに煙草の臭いがしてきたと思ってみたら、隅のテーブルの4人連れのうち、おばさんが煙草をふかしていた。せめて、昼時は禁煙にしてくれるとありがたいな。

もう、いいやと思って、スープは残して、終了。
s-DSC09993.jpg

外観から想像していたより、とてもあっさりとしていて、素直に食えるラーメンだった。味も悪くないし、見た目で損している感じ。こういう店は、昼の一見客より、夜は常連でにぎわうのかな。何よりBGMがないので、ぼおっと海を眺めながら、ラーメンを食うには最高の店だ。

会計するときに、あらかじめ見つけておいたクーポンの画面を見せると、10%引きにしてくれた。外税なので、電卓をたたいて、1円単位は丸めてくれた。ごちそうさま。
s-DSC09995.jpg

【住所】  横須賀市長沢1-5-1
【電話】  046-848-0318
【営業時間】11:30~14:30 17:00 - 22:30
【定休日】 火曜日
【アクセス】電車で:京急長沢駅から徒歩15分くらい。改札を出たら、左に進み、線路の高架をくぐる。そのまま直進し、つきあたりを右に曲がり、直進。北下浦中学校を右にみながら進み、道なりに直進。しばらく行ったら、一方通行で車両進入禁止の道を進む。北下浦小学校を右に見ながら細い道に入る。道なりに進み、分岐があったら、左手の一方通行を進入禁止方向に進む。そのまま細い道を直進し、海に出る長沢交差点の手前の右側。


駐車場】 店下に数台分
【席数】  カウンター4席 テーブル18人分 座敷4×2
【メニュー】塩もあり
      ラーメン520円 ワンタン520円
      塩もあり
      ワンタンメン720円

      ミソラーメン720円
      タンメン720円 モヤシソバ720円
      サンマメン720円
 
      塩もあり
      チャーシューメン

      ネギ塩ラーメン820円 麻婆メン880円
      担担麺(味噌)930円 カニ玉そば930円
      エビソバ930円 肉ソバ930円
      五目ソバ930円

      塩もあり
      チャーシューワンタンメン1,020円
      
      ミソチャーシューメン1,020円
      ネギ塩チャーシューメン1,100円
      塩つけ麺850円 ミソつけ麺850円 

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-09-19

三崎口 麺屋 岡一

平成28年9月19日(月) 11:39訪問。
とんこつらーめん(並)680円を食す。

所用にて、近くまで来たので、訪ねてみた。この店は日曜定休なので、なかなか訪れることができなかったが、今日敬老の日は開いていた。移転後、初訪問。

しまった、店の写真を撮り忘れた。

カウンターとテーブル席があり、カウンターには5名の客。テーブルには3名の客と、昼前だがにぎわっている。俺は水を汲んで、空いているカウンター席に腰をおろした。女性店員に食券を渡すと、「お好みはありますか?」、天気がどんよりとしているせいかな、何となく油少な目をお願いした。他に厨房で調理をする男性店員が1名。
s-DSC09967.jpg

トイレの脇にあった手洗い。
s-DSC09968.jpg

トイレから帰ってしばらくしたら、俺のラーメンがカウンターにのせられた。麺がまったくみえないくらいスープが入っている。これはめずらしい。
s-DSC09969.jpg

スープは、今回は油少な目にしたせいもあってか、やや醤油のキレが目立つものの、全体的にマイルド。しかし、甘すぎず、薄すぎない味。難をいえば、奥行きがなく、とかく単調がち感じる。
s-DSC09970.jpg

ちと早いが、さっそくカウンターの上の調味料を加えてみた。残念ながら、ショウガはない。ゴマに揚げネギ。と思ったら、ネギではなさそうだ。そいえばう、この店の店主の元々の勤め先のあの店に置いてあるのと同じ揚げエシャーロットだ。
s-DSC09971.jpg

表面がつるっとした四角い断面の短めの麺は柔らかすぎないちょうどいい茹で加減だ。
s-DSC09972.jpg

チャーシューは厚めのものが2枚のっている。味つけも具合がいい。
s-DSC09973.jpg

麺を先に食い進んだのと、スープが多くて、後半飽きてしまい、結局、食いきれなかった。
s-DSC09974.jpg

次々と客が入ってきて、なかなかの繁盛ぶり。それにもかかわらず、店頭の駐車場が空いていたのは、駐車して初めてわかった。

【住所】  三浦市初声町入江207-5
【電話】  046-845-9993
【営業時間】11:00~14:30 17:00 - 21:30
【定休日】 日曜日
【アクセス】車で:横浜横須賀道路衣笠インター経由で三浦縦貫道路を通り、終点の交差点を左折。あとは国道134号線をひたすら下り、三浦臨海高校入口交差点を過ぎた右側。


駐車場】 店前に3台分
【席数】  カウンター4席、6席 テーブル4人×3
【メニュー】とんこつらーめん(並)680円 とんこつらーめん(中)780円
      とんこつらーめん(大)880円 とんこつらーめん(ハーフ)580円
      和風とんこつ(並)780円 和風とんこつ(中)880円
      和風とんこつ(大)980円 和風とんこつ(ハーフ)680円
      辛とんこつ(並)830円 辛とんこつ(中)930円
      辛とんこつ(大)1,030円 辛とんこつ(ハーフ)730円
      みそとんこつ(並)780円 みそとんこつ(中)880円
      みそとんこつ(大)980円 みそとんこつ(ハーフ)680円
      豚脂とんこつ(並)730円 豚脂とんこつ(中)830円
      豚脂とんこつ(大)930円 豚脂とんこつ(ハーフ)630円
      魚介つけ麺(並)780円 魚介つけめん(中)830円
      魚介つけ麺(大)880円 魚介つけ麺(ハーフ)730円
      辛つけ麺(並)830円 辛つけ麺(中)880円
      辛つけ麺(大)930円 辛つけ麺(ハーフ)780円

      餃子(5ケ)350円 とんとろ250円 チャーシュー200円
      辛みネギ200円 岩のり150円
      のり100円 味付け玉子100円
      ほうれん草100円 きゃべつ100円
      バター100円 わかめ50円

      ライス(小)80円 ライス(中)120円
      ネギチャーシュー丼(ミニ)250円
      ネギチャーシュー丼300円
      炙りチャーシュー丼300円

【店舗web】https://www.facebook.com/%E9%BA%BA%E5%B1%8B-%E5%B2%A1%E4%B8%80-475048829217631/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-09-18

北久里浜 はまんど横須賀

平成28年9月18日(日) 11:04訪問。
魚介味噌つけめん850円を食す。

今日は先週に続いて、この店にやってきた。
s-DSC09966.jpg

今日から始まった期間限定麺。材料がなくなるまでの期間限定。大体2週間くらいだそうだ。開店とほぼ同時にやってきたが、すでに先客が8名くらい。そして、客がどんどん入ってくる。
s-DSC09946.jpg

女性店員に入り口に近いカウンター席に案内された。両側の先客に挟まれる形で席についた。麺はサービスの中盛でお願いした。奇しくも両隣とも限定を発注していたようで、先に提供されていた。それが、通常では考えられない提供スタイル。もうこれは、客想いの究極では。

そして、厨房のようすを見ていると、やはり限定が多いようだ。しばらくして俺の限定も出来あがった。まずは、両隣の客と同じように豪華すぎる具材が助手さんの手により、テーブルにおろされた。これは普通、特盛という名前でもおかしくはない。特に説明はなかったけど、先に両隣の客に説明があったので、わかっていた。小皿にのった辛味噌は味変(味を変えることの略)に使ってくださいということだ。
s-DSC09947.jpg

続いて、麺は水で締められて皿に盛られて、テーブルに置かれた。
s-DSC09948.jpg

最後に、つけ汁がカウンターに置かれた。

まずは具は何も入れずに麺だけで味わってみる。スープは優しい味噌味なのだが、魚介の風味がよく効いていて、とても引き締まった感じだ。魚介の出汁で歯切れのよいうまみで、冗長さがまったくないのがいいところだ。
s-DSC09951.jpg

続いて、キャベツやもやし、わかめなどの具材をつけ汁にいれて、麺と一緒に楽しんでみる。

それでは、具材を楽しんでいこう。ヤングコーン。少しつけ汁に絡ませて食ってみる。茹で加減がよくって、歯ごたえと風味がいい。
s-DSC09952.jpg

穂先メンマ。これは食いやすいように短めにカットされている。
s-DSC09953.jpg

そして、いつものレアチャーシュー。あいかわらず、しっとりとした食感と肉のうま味、それにボリューム感がいい。
s-DSC09954.jpg

この店では珍しい角煮。適度にやわらかくて、味付けもくどくなくて、あっさりめで好みだな。
s-DSC09957_20160918212238219.jpg

それでは、辛味噌をいれてみよう。適度な辛さがこれまでと違った印象に変わる。こういうしかけが楽しい。ここでも店主のサービス精神を感じる。
s-DSC09958_2016091821223947f.jpg

両隣の客がひとあし早く食い終えて、スープ割りを頼んでいたので、俺も倣って、タイミングをはかってスープ割りをお願いした。
s-DSC09959_2016091821355020f.jpg

初日なので…、と店主がこっそりささやいてくれたが、今回の限定は手間暇がかかりそうな一品だ。それにしても、この価格でこの具の種類の多さは見事。器にスープを入れて、戻してくれた、スープを飲む。
s-DSC09961.jpg

おっと、玉子を忘れていた。グッドです。
s-DSC09960_201609182135517bb.jpg

すべて完食。ごちそうさま。もうちょっといけそうな気もしたが、時間が経つにつれ、膨満感がつのる。パートごとに分かれていたが、実は量も多かった。得した気分がいっぱい。
s-DSC09962.jpg

次回は秋刀魚節ラーメンだそうだ、これも楽しみだな。
s-DSC09963.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。


駐車場】 隣地に2台分
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】中華そば700円 白湯そば700円
      辛子そば750円 
      ※平打麺と細麺から自由に選べます

      釜玉油そば700円
      自家製ワンタンメン麺840円
      坦々麺850円
      鶏そば800円
      煮干しそば680円
      汁なし担々麺850円
      煮干つけ麺750円
      坦々つけめん850円
      コクにぼ醤油そば800円

      麺大盛り100円

      ライス100円  肉玉丼270円 ねぎ丼250円
      味付玉子100円 メンマ100円 半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-09-17

東戸塚 乱切り蕎麦 浜寅 東戸塚店

平成28年9月14日(水) 17:06訪問。
焙煎ベーコンの和えつけ麺小麦麺ver.890円を食す。

今日は東戸塚で仕事、昼はそば、夜はラーメンの二毛作の店。そばも嫌いではないが、やはりラーメン。ラーメン店として開店する17時過ぎにやってきた。
s-DSC09928.jpg

横浜の浜虎と同じメニューが展開されていると思われる。さあて何にしようかな。入口を入るとすぐに食券自販機があるので、その場で決定しなければいけないのだ。落ち着いてみてみると、季節限定商品があった。しかも今だけのおすすめ!。となれば、もうこれで決まりだ。右と左は何が違うのか? 見えないが、こんにゃく麺と小麦麺の違いのようだ。無論、こんにゃく麺を食う理由がないので、小麦麺で決まり。
s-DSC09930.jpg

ラーメンの部は開店して間もないので、先客はひとり。しかし、俺の後、ぽつぽつと客が入ってくる。厨房で迎えるのは男性店員ひとり。カウンター席に座り厨房を見ながら、出来上がりを待つ。カウンターの上には調味料がそろっている。昼はたしか唐辛子だけだったので、この調味料セットは夜の部専用のようだ。
s-DSC09931.jpg

そして、カウンター越しに提供されたのが、このつけ麺。見た目に涼味あふれる麺。上にのっているのはトマトと揚げた野菜のようだ。
s-DSC09932.jpg

いっしょに提供されたつけ汁は、熱々。
s-DSC09933.jpg

麺は、冷たく締められていて、つるつるのしこしこ。
s-DSC09934.jpg

つけ汁が熱いうちに、普通につけ麺として食ってみる。ジャガイモとツナのうま味をいれたスープだそうだ。上にチーズがかかっていて、とろーりとうまい。これは、もはやつけ麺なのか。
s-DSC09936.jpg

和え麺ととして、ベーコンの味わいを楽しみながら食うこともできる。
s-DSC09940.jpg

かなり風変わりな一杯だった。ちなみにスープ割りがあるかを確認したところ、鶏ガラベースです、ということだったので、店員ひとりで、忙しそうで申し訳なかったが、お願いした。さっと作ってくれた。最初の印象とは、がらっと違ったさっぱり味。
s-DSC09943.jpg

麺もスープすっかり食い終えて、完食。ごちそうさま。
s-DSC09944.jpg

夕暮れが迫ってきたけど、また仕事だ。さて、もうひとふんばりするかな。
s-DSC09945.jpg

【住所】  横浜市戸塚区品濃町515-1 ニューシティ東戸塚南の街1-105
【電話】  045-826-4396
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 なし 
【アクセス】電車で:JR横須賀線東戸塚駅東口に出て、エスカレーターで1階まで下りる。、駅を背に右側に進み、品濃町交差点を渡ったすぐ目の前。徒歩2分くらい。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席 テーブル2席×4 4席×3

【メニュー】醤らーめん700円 コク醤らーめん760円
      活力醤らーめん800円
       黒豆納豆醤らーめん800円 半熟味付玉子100円
      塩鶏らーめん850円 コク塩鶏らーめん850円
      ねぎ鶏らーめん1,000円
      つけ麺720円 鶏肉つけ麺830円
      こってり豚肉つけ麺930円
      柔蒸豚叉焼150円
      白めし100円 メンマめし260円
      叉焼めし260円 黒豆納豆めし260円
      味玉おにぎり250円
【ホームページ】http://hamatora.co.jp/soba/

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。