2016-06-30

金沢文庫 吉田製麺店

平成28年6月30日(木) 18:45訪問。
煮干しつけめん880円を食す。

今日も昼抜きで、そのかわり早めに仕事を終えて夜はラーメン。先日、訪問したら、定休日でだったことを思い出して、今日改めて再訪問。今日は開いてた。よかった。
s-DSC09360.jpg

店内に入ると、空いてる所ならどこでも、といわれたので、厨房に背をむけるように座る入口近くのカウンター席に腰をおろす。木の造りの独特のインテリアが落ち着く。照明の具合もよい加減だ。
s-DSC09345.jpg

ずいぶんと久しぶりなので、基本のつけめんにしようかなと思ったら、こんなメニュー発見。煮干しシリーズ。よし、これに決めた。つけめん、プリーズ。口頭で男性店員に発注。
s-DSC09342.jpg

つけめんはあつもりと冷もりのどちらになさいますか、ときかれた。あつもりも選べるんだ、と思いながら、冷盛り、そして無料の中盛でお願いする。何か平家物語みたいになってきた。

だいぶ時間がかかって運ばれてきた。
s-DSC09346.jpg

かなり太目の麺。つぶつぶが入っている。適当な固さで、噛みごたえがあって、けっこう好みだ。つけダレは、基本の魚介豚骨に煮干を重ねたようで、濃厚なベースにさらに煮干しの濃い目の味わいが加わって、こりゃ、濃い!
s-DSC09348.jpg

この小さく切ったコロコロチャーシュー。久しぶり。このチャーシュー、そういえば、この店の特徴だ。
s-DSC09350.jpg

そして、メンマも入っている。
s-DSC09352.jpg

食い終わって、スープ割りをお願いすると、一旦、器を引き取ってスープを足してからもってきてくれた。
s-DSC09353.jpg

味の印象は変わらず、いい感じ。煮干しの粉がざらつく感じがこれまたいい。
s-DSC09355.jpg

はい、すべて食い終えて完食。どうもごちそうさまでした。
s-DSC09358.jpg

【住所】   横浜市金沢区谷津町347
【電話】   045-786-8068
【営業時間】(月~金)11:00~14:30 17:00~0:00
        (土日)11:00~15:00 17:00~0:00
        (祝)11:00~15:00 17:00~21:00
【定休日】 水曜日 
【アクセス】電車で:京浜急行線金沢文庫駅東口下車。徒歩3分。駅前に出て、右方向に。線路に近いすずらん通りと平行するもう1本奥の通りを右に進んだ左側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席 テーブル4席×3 2席×2

【メニュー】つけそば
       和風豚骨醤油700円 ごま味噌800円 濃厚豚骨醤油880円
        小盛150g少なめ 並盛200g普通 中盛300g多め 同一料金
        大盛400g100円 特盛500g200円 超盛800g300円
       
       魚鶏らーめん780円 魚鶏特製らーめん1,000円
       並盛170g 中盛250g 同一料金

       白めし150円 豚めし300円

       ◇トッピング
       味玉100円 メンマ100円 コロチャ100円 野菜100円 
       焼き海苔100円 ファイヤーボール100円
       ねぎ豚200円 焼豚180円 焼豚ダブル(6枚入)350円
       特製(味玉+焼豚)250円

       煮干つけめん880円 煮干らーめん880円
       煮干しまぜそば880円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-06-26

横須賀中央 横浜家系ラーメン武玄家

平成28年6月26日(火) 17:38訪問。
醤油豚骨ラーメン690円+餃子300円を食す。

今日は日曜出勤。昨日も出勤。ああ、腹減った。どこかでめしをくわないと。いや、ラーメンを食わないと。思いついたのはこの店。
s-DSC09341.jpg

ライス食べ放題。しかも終日無料。ということで、餃子もつけて、餃子大盛りライス&ラーメン、いってみよう。いや、ラーメンと餃子、大盛りライスだ。入口でラーメンと餃子の食券を購入して店内へ入る。ちょっと、言葉がたどたどしいけど、まじめさはじゅうぶんに伝わってくる黒いTシャツの男性店員が好みをきいてくれるが、すべて普通でお願いした。

店内は、よくわからない木の板がいっぱい。家系再考、ではなく、家系最高。賢い人は、徹底的に楽天的である。失敗は回り道、行き止まりではない。忍耐が、成功をもたらす。何のことやら、さっぱり。麺の固さ、やわらかめ、普通、かため。これはわかった。
s-DSC09326.jpg

まだありまっせ。
I❤Ra-men。横浜家系。大量豚骨濃厚スープ。始まりはどんなものでも小さい。
s-DSC09327.jpg

しかし、今の俺にはこれがいちばん、ぴったりの言葉。そして、腑に落ちる。
s-DSC09324_20160709212451056.jpg

英語では RICE FREE All you can eat
s-DSC09325_201607092124504b2.jpg

あちこち眺めているうちに、まずはラーメンが運ばれてきた。そして、飯を盛った。
s-DSC09328_201607100924374a7.jpg

少し白濁したスープは、やや甘めだが、そこまでくどくはない。でも、この前より甘めの感じだ。
s-DSC09329.jpg

角断面で弾力のある麺。
s-DSC09330.jpg

炙ったチャーシューははっきりした味付け。
s-DSC09334.jpg

にんにくに生姜が卓上におかれている。生姜は刻み生姜だ。
s-DSC09323.jpg

コショウとともにいれてみた。
s-DSC09335.jpg

これを海苔に浸してライスでまいて食ってみる。海苔は青のりっぽくて好みだ。
s-DSC09339.jpg

お待たせしました。餃子。皿が大きいのか、餃子が小さいのか。
s-DSC09336.jpg

残念ながら、後者のようだ。でも、焼き立ての熱々。
s-DSC09337.jpg

皮は薄いけど、餡も小さい。
s-DSC09338.jpg

飯をもう一杯お替りして、すべて完食。腹いっぱい。これで、約千円。ごっちゃんでした。
s-DSC09340.jpg


【住所】  横須賀市若松町1-1
【電話】  090-3736-6688
【時間】  11:00~23:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩2分くらい。改札出て陸橋を渡って、テナントビルの前を左に降りる。バス停のある歩道にそって直進した通り沿い。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席 テーブル4×3

【メニュー】豚骨醤油SP890円 豚骨醤油690円
      豚骨のり790円 豚骨玉子790円
      豚骨醤油チャーシュー950円 豚骨醤油ほうれん草820円
      豚骨醤油ネギ820円 豚骨醤油キャベもや820円
      豚骨塩SP890円 豚骨塩690円
      豚骨のり790円 豚骨玉子790円
      豚骨塩チャーシュー950円 豚骨塩ほうれん草820円
      豚骨塩ネギ820円 豚骨塩キャベもや820円
      辛豚骨SP990円 辛豚骨790円
      辛豚骨玉子890円 辛豚骨キャベもや920円
      和風中華SP890円 和風中華690円
      和風中華玉子790円 和風中華チャーシュー950円
      味噌SP950円 味噌750円
      味噌玉子850円 味噌チャーシュー1,010円
      魚介つけ麺SP980円 魚介つけ麺780円
      魚介辛つけ麺SP1,020円 魚介辛つけ麺820円
    
      大盛100円 つけ麺の大盛100円 つけ麺の特盛200円
      ◇トッピング
        のり100円 玉子100円 メンマ100円
        ほうれん草100円 ネギ130円 キャべもや130円
        チャーシュー260円 SP(チャーシュー・玉子・のり増量)200円
      ギョウザ300円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-06-25

横須賀中央 上海料理 寿楽

平成28年6月25日(土) 21:35訪問。
五目そばと半チャーハン750円を食す。

今日の仕事もつらかった~。あとは○○あおるだけ~。
ということで、仕事帰りに寄ってみた。初訪問。以前、隣の店に来た時に気になっていたのと、夜でも開いていたので、ついふらっとね。
s-DSC09319.jpg

おっと、夜でもランチメニューをやっているのか!じゃあ、麺類はこれしかないので、五目そばと半チャーハンにしようかな、ということであっさりと決めて、入店。
s-DSC09320.jpg

何となくそんな気もしたけど、客は誰もいない。店主なのか不明だが、とにかく、のち調理担当になる男性店員がテレビを見ながら食事中だった。タイミング悪くてすみません。そして、女性店員がどこでもどうぞ、って感じでテーブル席に案内してくれた。

さっき、見てしまったんだな。
s-DSC09321.jpg

おっと、店内にも貼ってあるし。
s-DSC09306.jpg

「お決まりですか?」 「ええっと、生ビールください」。すぐに運ばれてきた。よく見ると、今入ったのかな。取っ手の上の泡に小さな虫が浮かんでいる。
s-DSC09302.jpg

もう発注し終わったけど、壁を見ると、ラーメンと半チャーハンのセットは激安の600円だ。
s-DSC09304.jpg

店内はシンプルでとても静かなのだが、上の階で宴会をやっているらしく、とてもにぎやかだ。
s-DSC09305.jpg

各テーブルにティッシュペーパーが置いてあるのは好感だ。
s-DSC09307.jpg

いろいろ見ているうちに五目そばと半チャーハンが運ばれてきた。
s-DSC09308.jpg

スープは野菜を炒めたラードの味がアクセントで香ばしい。いかにも中華料理屋さんのラーメンという感じだ。味付けは割と甘めでうま味が効いている。
s-DSC09309.jpg

麺も想像どおりの中華料理屋ぽくって、いたって普通です。
s-DSC09311.jpg

そういえば、おつまみ的にメンマが別皿でついていた。これ、せっかくなので、ラーメンにいれてみた。
s-DSC09312_201607080014598b5.jpg

ほんじゃ、五目なので、具を詳細にみてみよう。エビちゃん。小えびっぷりがいいね。
s-DSC09313.jpg

負けじとイカくん。飾り切りだぜ。ベイビー。ニンジン、キクラゲ、豚バラ。
s-DSC09314.jpg

野菜は他にも白菜とかセロリとか。健康によさそうだ。
s-DSC09315.jpg

チャーハンは塩分もちょうどよく、玉子が多めで、えがったな。
s-DSC09310.jpg

ああ、腹にたまった。と思ったら、お待たせしました、って杏仁豆腐が運ばれてきた。
s-DSC09316.jpg

おっきいすね。けっこう、苦しいけど、せっかくの好意なので、残しませんよ。ぜったい。
s-DSC09317.jpg

はい、結果はこのようになりました。箸は途中で折れてしまったので、新しいものにチェンジしました。ああ、腹いっぱい。
s-DSC09318.jpg

日本語のテレビを見ながら、中国語で会話する店員さんたちに妙に感心した。

はい、ごちそうさま。ほかに客も入って来ないし、もう店じまいかな。

【住所】  横須賀市大滝町2-11 小泉ビル
【電話】  046-826-1318
【営業時間】11:00~15:00 17:00~23:00
【定休日】 日曜日
【アクセス】電車で:電車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分くらい。左手の改札を出たら、階段を降り、大きな通り沿いを左に進む。若松町交差点の次の交差点を右折して進んだ次の交差点の右側。高層マンションの裏手。


【駐車場】 なし
【席数】  テーブル4席×7

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-06-23

横須賀中央 煮干らーめん平八

平成28年6月23日(木) 18:21訪問。
冷製 塩の煮干油そば780円を食す。

仕事が早く終わった日は、まっすぐ家には帰らず、寄り道。めざす先はここ。
s-DSC09285.jpg

しかし、まだ夜の部は開店前なので、駅の近くのショッピングビルの上の焼鳥屋で生ビールで景気づけ。
s-DSC09283.jpg

時間もそろそろってんで、おっとり刀で繰り出した。おっやってる、やってる。
薬味香る夏味かあ。なかなかうまい言い回しだねえ。こいつにしようかね。
s-DSC09284.jpg

店内に入ると、決心を揺るがすような激しい限定メニュー。いやいや初志貫徹。冷製だけに冷静にね。
s-DSC09287.jpg

最近はいついっても客がいて、タイミングが悪いと、悪いこともしていないのに教室じゃなく、店内で立たされたりするので、タイミングは大切だ。

やがて、カウンターにのせられた油そば。ワイルドな盛り付けがこの店らしくていいやね。
s-DSC09290.jpg

「よかったら」と、のせられたマスタード。何かアメリカンな感じだ。
s-DSC09291.jpg

よおくかき混ぜて。ほんじゃ、食ってみましょう。平打ち麺のぼそぼそ感がとてもいい。もちろん、煮干しの風味は、たとえ油そばになっても衰えるものじゃ、ござんせん。
s-DSC09293.jpg

大きな葉と書いて大葉。大きな青じそにからめて食うと、何ともいい風合いだねえ、こりゃ。
s-DSC09294.jpg

ちょっとスモークですか?味玉もいい具合でやす。
s-DSC09295.jpg

そして、レアなチャーシュー。色といい、歯ごたえといい、これ好きなんだよな。
s-DSC09298.jpg

そんでもって、折角の好意なので、マスタードをちょっぴりかけてみた。いまどきはあまり言わないけど、あえて使うと、ビミョーなテイストでやんした。
s-DSC09299.jpg

冷たいタレに混ぜて、冷たい麺を食うと、こりゃ汗もかかずにさっぱりと満腹でいいねえ。あっという間に食い終えて完食。ごちそうさま。後に残るは、煮干しのざらざらと、まいどのかけ声。
s-DSC09300.jpg

いろいろと挑戦していて目が離せない店なんだけど、マイナー感をいつまでも大切にしてほしいな。って思える店だねえ。それにしても、中ジョッキたった2杯で、筆がすべらず、ってとこですかね。大変失礼しました。
s-DSC09301.jpg
【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:00~14:30 17:30~22:30
【定休日】 日曜日
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター5席 テーブル4人×1 2人×1

【メニュー】 醤油そば・塩そば650円  
       上品な煮干しダシをご堪能ください
 
       煮干そば  100%煮干し 700円
       醤油そばのスープに“追い煮干”煮干し度アップ

       荒炊煮干そば750円 
       70g/杯の煮干を鶏白湯で炊いた濃厚スープ
       強烈な煮干が一口目と余韻に続く
       ※数量限定です
       ※大盛り不可。油そば風の“追い玉”が人気です

       煮干油そば1.5玉(汁なし混ぜそば)750円  
       ※自家製煮干油・煮干タレと煮干し粉でマゼマゼした麺
       これに合うトッピングニボスープ100円 卵黄50円

        ご注文したお客さんの7割に残念な思いをさせ、3割はこれしか注文しないという異色で危険。初心者進入禁止。
       黒煮干700円      

      ◇トッピング
       低温調理チャーシュー1枚100円 塩に合うバター100円
       自家製煮玉子100円 わかめ50円 大葉50円
       バラ海苔増量150円

      麺の量
       普通150g 中盛190g0円 大盛300g200円
       追い玉150g150円 ※油そば的替玉

      ミニ丼
       ライス100円(11:00~14:30は50円)
       葱丼120円 生卵ネギ丼200円
       葱めかぶ丼200円 鶏そぼろ丼250円
       山芋とろろご飯290円

【店舗web】http://ameblo.jp/z-three/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-06-19

目白  自家製熟成麺 吉岡

平成28年6月19日(日) 14:15訪問。
特製ラーメン980円を食す。

今日は年に1度の趣味の検定試験。目白駅近くの大学が会場だった。結果は勉強不足で玉砕。そして楽しみにしてきたラーメンだが、目白近辺は日曜定休の店が多いのだ。

試験が終わってから、開いている店を検索して、辿りついたのがこの店。昨年の2月22日オープンのようだ。
s-DSC09267.jpg

何とこの店、わたみん家 目白通店なのだ。といってももちろん家系ラーメン店ではなく、れっきとした居酒屋。そこを間借りして昼のみの営業ということだ。
s-DSC09268.jpg

日曜の昼間っから飲む奴もおらず、健全な街だ。ということで、普通の居酒屋の席に案内された。しかし、先客は誰もいないようで、大きな画面のテレビでは競馬中継が流れており、店員はそちらに集中していた。これは、およびでないところに来てしまったかな。とはいえ、別に迷惑そうではなかったのでよかった。水の入ったにコップがやけに大きい。
s-DSC09270.jpg

それで、何にしようかな。〈特製〉とは麺中盛+トッピング倍増のメニューだそうだ。腹も減っているし、それで決まりだ。口頭で発注。

しばらくして運ばれてきた。特製ラーメンはドンブリが大き目で見た目にもボリューム感たっぷり。
s-DSC09271.jpg

どんな具合かな。まずはスープから。コクはあるのに、さらっとしたあっさりさもある豚骨ベースだった。うまいけど、量が多いだけに、後半あきるかな。
s-DSC09273.jpg

自家製熟成麺と謳う麺は、細めのストレートで、啜りがいい。
s-DSC09275.jpg

たくさんの具の陰にかくれてしまっているが、ほうれん草。少し柔らかめ。たくさんのったメンマも少し柔らかめだ。
s-DSC09276.jpg

特製なので、ナルトも2倍?
s-DSC09278.jpg

大き目のチャーシューは、柔らかい。少し大味に感じてしまった。
s-DSC09280.jpg

少し固めの味玉はまあまあ。
s-DSC09277_20160706215343205.jpg

がんばって、ほぼ完食。
s-DSC09281.jpg

【住所】   東京都豊島区目白3-5-13 フジヤビルM2F
【電話】   03-5996-7155
【営業時間】 11:00-15:00
【定休日】  火曜日
【アクセス】 電車で:JR山手線目白駅から徒歩2分くらい。駅を出たら、目の前の通りを左に進んだ少し先の左側。


【駐車場】 なし
【席数】  

【メニュー】 〈特製〉
       特製ラーメン980円
       特製つけ麺1,030円
       〈ラーメン〉
       普通盛り780円
       中盛り830円
       大盛り880円
       〈つけ麺〉
       普通盛り830円
       中盛り880円
       大盛り880円
       大盛り930円
       ◇トッピング
       自家製チャーシュー300円
       小口ネギ・味玉・海苔・メンマ・ほうれん草各100円
       小ライス100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-06-16

沼津 麺屋 卓朗商店

平成28年6月16日(木) 11:20訪問。
塩くん玉らぁ麺800円+手作り焼餃子セット250円を食す。

昨日に続いて、静岡出張。いろいろ選択肢はあるのだが、時間の関係で、仕事場から近いこの店を再訪問。
s-DSC09266.jpg

薄暗い店内に入ると、厨房内に男性店員が3名。昼前なので、客はまだ少ない。2名ほどの客だ。さあて、何にするかな。醤油が右で、塩が左側かあ。こういう場合は塩かな。さらに珍しい、燻製玉子をつけてみた。
s-DSC09249.jpg

しかし、もうひとつメニューを見つけた。平日の限定セットメニューだ。Bセットのチャーハンと迷って、手作り焼餃子のAセットにしてみた。
s-DSC09250.jpg

そして、待つ間に自分の過去の記録を探してみた。そうしたら、あきれた。まったく同じメニューを食っていた、塩くん玉らーめん。これって成長がない証なのか、考え方がいつも同じなのか。いいのか、わるいのかわからないが、こんなにメニューがあって、そう訪れる機会があるわけではないのに、同じメニューってね。

しばらくして出てきた。シンプルな見た目がかえってレベルが高そうな印象だ。
s-DSC09252.jpg

ほんじゃ、スープからいってみよ。どこにバランスを合わせるかというのが塩ラーメンの場合、要だと思うのだが、このスープはわりと控えめの設定。もちろん出汁を前面にだしすぎるわけでもない。鶏と魚介の出汁のようだが、そういうことを意識させないような風合いがとてもいい。
s-DSC09253.jpg

コクを出すためか、背脂も入っている。
s-DSC09257_20160705001359321.jpg

そして、麺。細めストレート麺は柔らかめだけど、風味がいい。
s-DSC09254_2016070500135574b.jpg

具でひときわ異彩を放つのが、焼いた油揚げ。香ばしくって。塩にはぴったり。アイデアだねえ。
s-DSC09255_20160705001356c13.jpg

大きなチャーシューは柔らかくって箸で持ち上げるとばらけていく。もちろん味もいいね。
s-DSC09256_20160705001357462.jpg

しばらくして餃子も提供された。マヨネーズがたっぷりだけど、この辺りでは当たり前なのかな。
s-DSC09258_20160705001400155.jpg

ほんじゃ、まずは何もつけずに食ってみる。小ぶりだけど、熱々。
s-DSC09260.jpg

それじゃ、マヨネーズをつけて食ってみよう。うーん。決して必須だとは思えない。
s-DSC09261.jpg

そして、燻製玉子。表面の燻製具合がたまらない。これはなかなか珍しい。中身はちょうどいい半熟で、技術の高さがうかがえる逸品だ。
s-DSC09264.jpg

さっぱりとコクが豊かな塩ラーメン。すべて食いつくして、ごちそうさまでした。
s-DSC09265.jpg

もし、今度来たら、絶対醤油ラーメンを食うぞ。さあて、これから横浜に戻って、もうひと仕事だ。
s-DSC09248.jpg

【住所】   静岡県沼津市日の出町2-53
【電話】   055-924-0306
【営業時間】 [平日]11:00-15:00 17:30-22:30
        [土日祝]11:00-22:30
【定休日】  無休
【アクセス】 電車で:沼津駅北口から徒歩20分くらい。駅を背にロータリーを右側に進み、そのまま道なりに駅を背に直進。大きな道路を横断し、直進。庄栄町交差点を右折し、ずっと直進して左側のホテル沼津キャッスルを越えた左側。


【駐車場】  店の前に4台、店舗向って左一軒置いた駐車場に3台
【席数】   カウンター7席、テーブル3席×2 4席×2

【メニュー】 塩らぁ麺700円
       塩くん玉らぁ麺800円
       塩味玉らぁ麺800円
       塩チャーシュー麺900円
       特製塩らぁ麺980円
       醤油らぁ麺700円
       醤油くん玉らぁ麺800円
       醤油味玉らぁ麺800円
       醤油チャーシュー麺900円
       特製醤油らぁ麺980円

       ◇トッピング
       味玉100円 くん玉100円
       メンマ100円 海苔100円
       白ネギ100円 チャーシュー200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-06-15

富戸 あんとん

平成28年6月15日(水) 16:25訪問。
味玉付濃厚豚骨ラーメン780円を食す。

伊豆に出張の帰り道に寄ってみた。思ったより現地に到着するまでに時間がかかり、結局昼抜きで仕事して、帰りにようやく辿りついた。この中途半端な時間に開いている店が少なくて、開いててよかった、という次第だ。
s-DSC09230.jpg

待てよ、この店は確か以前は違う店だったような。家で調べてみたら、以前はつけ麺 髄という店だった。

店内はあまり変わっていないようだ。名前と主商品を変えたのかな。
s-DSC09233.jpg

店に入ると、店員が、どこでも好きなところへどうぞ、というので、4人掛のテーブル席に腰をおろした。もっとも先客はいないので、まったく気兼ねしないのだが。
s-DSC09232.jpg

女性かと思ったら男性だった店員に食券を渡して、しばらく待っていると、後から2組の客がやってきた。やはりロードサイド店というのは、こんな時間でもそこそこ人は入るのだなあと感心。

そして、ラーメンが運ばれてきた。黒いドンブリはj径が小さくて、深い。、
s-DSC09234.jpg

家系的な要素を入れてあるようで、海苔にほうれん草、チャーシューがのっている。
s-DSC09235.jpg

いわゆる豚骨醤油なのだが、店内外とも臭みはなく、もちろん、スープもほとんどにおわない。ややクリーミーなところは濃厚の名前どおり。あまり癖がなく飲みやすい。油っぽさも少なく、くどくないところがいい。
s-DSC09236.jpg

麺はどいうわけか、幅広の中太麺で縮れている。何かぴろぴろした感じで、このスープには合わないのでは、と思われた。
s-DSC09238.jpg

ネギは一か所にまとめて配置。
s-DSC09240.jpg

多めのほうれん草はとりわけ新鮮というほどではないが、悪くもない。
s-DSC09241.jpg

渦巻のチャーシュー。薄いけど、柔らかい。
s-DSC09243.jpg

最後は味付け玉子。思いのほか、よかった。
s-DSC09245.jpg

残念ながら、スープは少し残して退散。
s-DSC09246.jpg

この辺りまではまだ、横浜家系を名のる店は攻めてきていないのだが、とはいえ、わざわざ食いに来るほどではないと思う。まあ、入りやすさが魅力かな。
s-DSC09247.jpg

【住所】   静岡県伊東市富戸1101-7
【電話】   0557-51-0021
【営業時間】 11:00~21:00
【定休日】  不定休
【アクセス】 車で:国道134号線を下田方面へ進んだ右側。


【駐車場】  10台
【席数】   カウンター3席 テーブル4席×2 6席×1  板の間8人×1 6人×1

【メニュー】 濃厚豚骨ラーメン680円
        味玉付濃厚豚骨ラーメン780円
        メンマ付濃厚豚骨ラーメン780円
        濃厚豚骨ラーメンチャーシュー麺880円
        濃厚豚骨ラーメン全部入り1,050円
        濃厚豚骨ラーメン大盛り780円
        味玉付濃厚豚骨ラーメン大盛り880円
        メンマ付濃厚豚骨ラーメン大盛り880円
        大盛り濃厚豚骨ラーメンチャーシュー麺980円
        濃厚豚骨ラーメン全部入り大盛り1,150円

        醤油豚骨ラーメン680円
        味玉付醤油豚骨ラーメン780円
        メンマ付醤油豚骨ラーメン780円
        醤油豚骨ラーメンチャーシュー麺880円
        醤油豚骨ラーメン全部入り1,050円
        醤油豚骨ラーメン大盛り780円
        味玉付醤油豚骨ラーメン大盛り880円
        メンマ付醤油豚骨ラーメン大盛り880円
        大盛り醤油豚骨ラーメンチャーシュー麺980円
        醤油豚骨ラーメン全部入り大盛り1,150円

        ラーメン半チャーハンセット980円
        ラーメンミニ豚丼セット980円
        ラーメン小ライスセット980円
        ラーメンミニチャーシュー丼セット980円
        セット大盛り100円

        スタミナ豚丼並盛680円
        スタミナ豚丼大盛780円
        スタミナ豚丼ミニミニ480円
        小ライス100円 ライス150円

        餃子350円 
        味付き玉子100円 のり100円 メンマ100円
        生卵50円

        チャーシュー丼680円
        ミニミニチャーシュー丼480円
        チャーハン(スープ付)750円
        半チャーハン450円

        豚しゃぶカレー780円

        みそラーメン780円
        辛口みそ780円
        冷やし中華780円
        油そば780円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-06-12

北久里浜 はまんど横須賀

平成28年6月12日(日) 11:04訪問。
数量・期間限定 煮干と鰹ダシの冷しそば850円を食す。

s-DSC09207.jpg

ついに始まった。限定シリーズ。これを待っていたのだ。うれしい。
s-DSC09208.jpg

そして、開店前から並ぶ人たち。かつてのにぎわいが戻ってきた。この後ろに俺も並んだ。
s-DSC09205.jpg

開店と同時に大勢の客が入ったため、順番に出てくる。相当手際がいいのだが、やはりそれなりに時間はかかる。愛想のいい男性助手とホール係りの男性店員と店主の体制。ホール係りのていねいな男性の案内で、中盛で発注。

そして、カウンター越しに提供された、この一杯。もう、ドンブリに目一杯の具がのっている。ドンブリ縁には何とおろしワサビものっている。
s-DSC09209.jpg

どれから手をつけるか迷うのだが、まずはスープからいただく。タイトルどうり、鰹ダシが底にあって穏やかな味わいを出しつつ、煮干しが強力に上からかぶせるように効いている。しかも、かなり冷たいスープなのに、出汁の効いたうま味を感じさせるところがすばらしい。
s-DSC09210.jpg

細ストレート麺はコシが強くて、よく冷されていて、啜りがいい。
s-DSC09211.jpg

では、のせられているものを味わってみよう。三つ葉はさっぱりとして風合いがスープによくあっている。
s-DSC09214.jpg

何でもないようだけどとてもよかったのが、紫玉ねぎのみじん切り。スープと合わせると、玉ねぎの甘みがいい具合だ。
s-DSC09216.jpg

ラーメンにめずらしい夏野菜のオクラ。食べやすいように割ってくれてある。
s-DSC09225.jpg

鶏のつくねは2個入り。
s-DSC09221.jpg

中はショウガの風味が効いていて、これはうまい。
s-DSC09222.jpg

チャーシューは2種類。鶏の胸肉はさっぱりとしたうまさ。
s-DSC09223.jpg

そして、この赤みを帯びたチャーシュー。歯ごたえといい、味わいといい、うれしいねえ。
s-DSC09226.jpg

何となくではなく、しっかりと理由があってのせられているワカメ。だから、スープと合わせると、これまたいい感じ。
s-DSC09218.jpg

さらに、いつものお楽しみの味付玉子。
s-DSC09213.jpg

最後は、これも定番。極太メンマ。
s-DSC09215.jpg

いやあ、本当に堪能して、腹もいっぱい。これで850円って、安すぎるサービス品。感謝しつつ、当然完食。ごちそうさまでした。
s-DSC09227.jpg

忙しそうなので、そっと退席。また来ます。
s-DSC09228.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。


【駐車場】 隣地に2台分
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】中華そば700円 白湯そば700円
      辛子そば750円 
      ※平打麺と細麺から自由に選べます

      釜玉油そば700円
      自家製ワンタンメン麺840円
      坦々麺850円
      鶏そば800円
      煮干しそば680円
      汁なし担々麺850円
      煮干つけ麺750円
      坦々つけめん850円
      コクにぼ醤油そば800円

      麺大盛り100円

      ライス100円  肉玉丼270円 ねぎ丼250円
      味付玉子100円 メンマ100円 半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-06-08

横浜 ちばき屋

平成28年6月8日(木) 19:12訪問。
海老ワンタンそば塩味930円を食す。

今日は忙しくて、昼飯抜きだった。横浜で仕事を終えて、たまにはと、よってみた。横浜駅東口ポルタの中の店だ。久しぶりにやってきた。安定感のある店だ。場所柄なのか、店内は女性の客も目立つ。
s-DSC09204.jpg

久しぶりにやってきたので、何にしようかな。
s-DSC09193.jpg

迷うな。へえ、味噌ラーメンもあるんだ。以前はなかったよな。
s-DSC09194.jpg

味噌にも心が動いたけど、結局昼飯の分も兼ねて少し贅沢にいくことにした。で、結論は。海老ワンタンそば!

口頭で発注して、しばらくてー^ブル席で待つ。やがて、運ばれてきた。ドンブリの下にソーサーがついた丁寧な仕様だ。見た目もていねいな仕上がり。
s-DSC09195.jpg

スープは醤油と塩があるのだが、今回は塩味を選択した。かすかに塩味がとがっているけど、全体的にはまろやかで、やや反動で甘みを感じるスープ。すごく、個性が強いわけではないけど、品のいいうま味がいっぱいだ。これならおそらく、ほとんどの人がうまいというはずの最大公約数的な味わい。
s-DSC09196.jpg

細目の縮れ麺がスープをよく絡めてうまい。このスープにしてこの麺、という感じ。
s-DSC09197.jpg

そして、ワンタンは皮が厚くて、餡が小さい。残念ながらあまり好みではなかった。
s-DSC09200.jpg

チャーシューは平凡だが、悪くない。
s-DSC09201.jpg

メンマも入っていたよ。
s-DSC09199.jpg

スープは、コクがあってまろやか。飲み干して、完食。ごちそうさま。
s-DSC09202.jpg

今回はワンタンが残念だった。しかし、この店は安定したうまさと滅多に並ぶことのない、入りやすさがいい。
s-DSC09203.jpg

【住所】   横浜市西区高島2-16-1 横浜ポルタ B1F
【電話】   045-453-5539
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】 不定休 
【アクセス】電車で:横浜駅東口下車。徒歩3分。地下街ポルタの中。そごうに向かって右側そごうよりの店。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター6席+テーブル席20席

【メニュー】醤油味、塩味
       中華そば730円 中華そば半熟煮玉子のせ830円
       ねぎそば830円 
       海老ワンタンそば930円 肉ワンタンそば930円
       焼豚そば960円
       味噌ラーメン860円
       大盛り150円増し
       ◇トッピング
       半熟煮玉子100円 メンマ100円 ねぎ100円 のり100円
       焼豚230円 海老ワンタン200円 肉ワンタン200円
       白めし150円 中華ちまき350円 豚めし380円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-06-02

山手  ラーメン大将 錦町店

平成28年6月2日(木) 16:10訪問。
ラーメン600円+味付玉子80円を食す。

今日も仕事で外出。昼を食い損ねて、出張先の近くでラーメン。ほかの大将へは行ったことが、ここ錦町店は初めての訪問。中途半端な時間なので、空いててよかった。s-DSC09175.jpg

俺みたいにこんな時間に腹を減らしている客がほかに3人。さあて何にするかな。店に入ると、意外にも共用の通路に自販機が設置してある。さあて、何にするかな。といってもあまり選択の余地はないので、楽ちんだ。
s-DSC09166.jpg

買って、さっそく男性店員に渡す。最近、あまり見なくなった不愛想な店員。その不愛想さがなかなかいい。

カウンター席に座って、しばらく待つと、ラーメンが提供された。
s-DSC09167.jpg

豚骨のうまみはしっかりあるが、こってりと対極のあっさりとした印象。コクもあるのだが、さらっとしている。なかなかおもしろい。
s-DSC09168.jpg

そして、いわゆる家系とは一線を画す細麺で、啜りやすい長さ。このスープにしてこの麺。ちょうどいい具合だ。
s-DSC09170.jpg

オーソドックスなチャーシューはややパサつき気味。
s-DSC09171.jpg

味付玉子は半熟と固形のバランスがおもしろくて、味つけもほどよい。
s-DSC09172.jpg

全体的にあっさりと食える一杯なのだが、どうもインパクトの強いラーメンを食いすぎてしまったのか、後半は飽きがきて、スープは残してしまった。
s-DSC09173.jpg

肉体派のみなさんがクルマを停めて訪れることが多いようだ。ワイルドな男たちに好まれる、実はあっさりといけてしまう一杯。訪問時は塗装工事中なのか、足場が組まれ、ネットがかかっていた。このマリンハイツにもう1軒ある、実はそっちが本命だったラーメン店は休み時間だった。残念。この立地だと、次にいつこれるかわからないけど、今度はその店も訪れてみたい。
s-DSC09176.jpg

【住所】  横浜市中区錦町17
【電話】  045-623-0175
【営業時間】6:30~18:00
【定休日】 日曜日
【アクセス】車で:国道133号線を通り、開港広場前から海岸を左に見ながら進み、山下橋交差点を直進し、首都高速をくぐり、そのままずっと直進し、北方消防出張所前交差点を左折し、次をすぐに右折した左側。

【駐車場】 なし
【席数】  

【メニュー】ラーメン600円 ラーメン(中)700円 ラーメン(大)750円
      ワカメラーメン700円 ワカメラーメン(中)800円 ワカメラーメン(大)850円
      キムチラーメン700円 キムチラーメン(中)800円 キムチラーメン(大)850円
      キムチワカメ800円 キムチワカメ(中)900円 キムチワカメ(大)950円
      つけめん650円 つけめん(中)750円 つけめん(大)800円
      チャーシューメン800円 チャーシューメン(中)900円 チャーシューメン(大)950円
      チャーシューメンワカメ900円 チャーシューメンワカメ(中)1,000円 チャーシューメンワカメ(大)1,050円
      チャーシューメンキムチ900円 チャーシューメンキムチ(中)1,000円 チャーシューメンキムチ(大)1,050円
      チャーシューメンキムチワカメ1,000円 チャーシューメンキムチワカメ(中)1,100円 チャーシューメンキムチワカメ(大)1,150円
      味付玉子80円 ギョウザ300円 のり増し100円
      半ライス100円 ワカメ増し100円
      キムチ増し100円 チャーシュー増200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター