2016-04-30

横須賀中央 煮干らーめん平八

平成28年4月30日(土) 20:13訪問。
黒磯750円を食す。

4月最後の土曜は、やはり仕事。楽しいかって?楽しまないとね。春の宵は何となく人恋しいんだよな。それで、仕事終わりに寄ってみた。
s-DSC08861.jpg

横須賀中央駅で降りて、若松マーケットを通って行ってみよう。眉って店名がいいな。俺も眉は好きだな。いや、眉はいいな。
s-DSC08848.jpg

今日のねらいは、超限定。メニューにもない。ブログなどでしか告知していない。そんなメニューを暴露してもいいのだろうか。とはいえ、俺が食った事実だけ伝えるだけだから、まっいいだろうよ。

この時間、ほぼ満席。どうにかカウンター奥の席に座ることができて、そっと口頭で発注。店主ひとりで大変そうだが、気を遣ってもらい、「ご覧いただいてありがとうございます」と言われた。さらにいつものように中盛を確認されて、いつものように中盛を口頭で発注した。

スープごとに寸胴をわけているのかな。小鍋で温めてキッチンタイマーで麺茹でを測って、できあがり。ううん、見た目がいい。
s-DSC08851.jpg

この黒磯は、いわく煮干と鶏と牡蠣と醤油のカルテットだそうだ。 磯そばや荒炊きに比べると、明らかに乱暴な色合いの黒色が煮干の煮干らしさを主張している。あぶらののったスープの銀色の小さな粒々が煮干しの皮に由来すると思うと、なおさらいい。
s-DSC08853.jpg

そして、何よりの魅力が、この麺のそっけなさ。ストレートで少し固めがいいんだよな。少しだけ入った青しその風味と合わせて、もうたまらなくいい。
s-DSC08855.jpg

バラ海苔に加えて、平海苔も1枚。奮発したな。
s-DSC08856.jpg

最初から知っているけど、明らかに進化したのはこのチャーシュー。朱色がそそるねえ。
s-DSC08857.jpg

そして、磯そばにのっていた牡蠣1個。これもしっかりとうまかった。
s-DSC08858.jpg

これは、うまい。メニューにはのっていないんだけど、相当高いレベル。もちろん煮干しが好きという前提だが。これまでの磯そばの黒煮干しバージョン。つまり、煮干と鶏と牡蠣と醤油のカルテットだそうだ。

案外偶然からうまいものができることが多いんだよな。このメニューも限定ではもったいない。煮干しの風味は弱くはないのだが、意外とまろやかで、とがりすぎずにバランスがとてもいい。この黒磯、相当いい。あっという間に完食。ごちそうさま。
s-DSC08860.jpg

俺の後から入ってきた客のうち2杯は黒磯が出ていた。これはレギュラーに昇格させてもいいのではないだろうか。
s-DSC08849.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:00~14:30 17:30~22:30
【定休日】 日曜日
【アクセス】車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター5席 テーブル4人×1 2人×1

【メニュー】 煮干そば700円  100%煮干し あっさりしつつ濃いダシ“飲む煮干”

       荒炊煮干そば750円 煮干しを強火炊きした濃厚煮干 強烈な煮干が一口目と余韻に続く
       ※数量限定です

       煮干油そば1.5玉(汁なし混ぜそば)750円  自家製煮干油・煮干タレと煮干し粉でマゼマゼした麺
       これに合うトッピングニボスープ100円 卵黄50円

       醤油そば・塩そば650円  煮干しダシを味わう100%煮干

       数量限定
       磯そば800円 初夏香る牡蠣と煮干の濃厚ダシ 黒潮からの贈り物

        ご注文したお客さんの7割に残念な思いをさせ、3割はこれしか注文しないという異色で危険な黒シリーズ。初心者進入禁止。
       黒煮干700円      

      ◇トッピング
       低温調理チャーシュー1枚100円 塩に合うバター100円
       自家製煮玉子100円 わかめ50円 大葉50円
       バラ海苔増量150円

      麺の量
       普通150g 中盛190g0円 大盛300g200円
       追い玉150g150円 ※油そば的替玉

      ミニ丼
       ライス100円(11:00~14:30は50円)
       葱丼120円 生卵ネギ丼200円
       葱めかぶ丼200円 鶏そぼろ丼250円
       山芋とろろご飯290円

【ホームページ】http://ameblo.jp/z-three/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-04-29

横須賀中央 工藤家

平成28年4月29日(金) 13:06訪問。
半年記念サービス塩500円を食す。

汐入で昼飯を食って、野暮用をすませると、本日限り500円サービスの情報に行き当たった。さっき食ったけど、せっかくなのでお祝いにいこう。横須賀中央駅から坂を上って訪問してみた。
s-DSC08837_20160430214823f66.jpg

店に入ると、ほぼ満席。食券を買おうと自販機に近寄ると、とても若い男性店員が寄ってきて、本日は正油か塩のみです、というようなことを親切にも教えてくれるので、この前は正油だったので、たまには塩もいいかな、と塩を選択した。といっても自販機のボタンを押しただけだが。

そして、食券を店員に渡すと、きちんと「何かお好みはありますか?」ときいてくれる。いやあ、覚えるのが大変だといけないので、「普通で」結構です。

店内は店主らしき男性をのぞいて、みなさん若い。女性店員1人、さきほどの男性店員、さらにもっと若い男性店員1名。みんな面立ちがよく似ている。どうやら家族のようだ。若いのに休日返上で家業の手伝いをするなんて、えらいなあ。感心だ。

何てことをぼんやり考えているうちに、最初の中高生らしき店員がカウンター越しではなく、わざわざ厨房を出て、外からカウンターに置いてくれる。さりげない心遣いがうれしい。
s-DSC08839.jpg

では、スープから。濃厚なスープは名前に反して、塩の方が正油より甘いんだなあ。
s-DSC08840.jpg

麺は、中くらいの太麺で、ほぼストレート。深ざる使用でタイマー不使用だが、少し柔らかめだが、嫌いではない。
s-DSC08841.jpg

渦巻チャーシューは柔らかくって、ちょうどいい味付け。
s-DSC08842.jpg

少し食って、ブラックペッパーにニンニク、ショウガを入れてみる。ううん、悪くないけど、やはりスープの甘さがひっかかる。
s-s-DSC08843.jpg

ちょっと遊びで、魚粉も入れてみる。これは残念ながら、失敗だった。結局、何も入れないのが、正解だった。
s-s-DSC08844.jpg

スープは少し残した。
s-s-DSC08845.jpg

食っている間も次々と客が入ってくる。大賑わいだ。半年後の1周年もまた来てお祝いしたいと思う。
s-DSC08846.jpg
【住所】   横須賀市上町1-46
【電話】   
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】日曜日、第1・3月曜日
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅下車。徒歩10分弱。駅(モアーズよりの改札)を出て、右手にまっすぐ坂を上っていき、左手に派出所のある交差点を過ぎ、さらに道なりに坂を上がった右手。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター12席 テーブル4席×2

【ホームページ】https://twitter.com/hh05140807

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-04-29

汐入 中国料理 輝珍楼

平成28年4月29日(金) 11:38訪問。
有頭海老麺580円を食す。

今日は祝日。しかし家で仕事。あまりはかどらないので、野暮用でふらっと外に出てみた。どの店に行こうかな。さんざん迷って、そういえば、以前から気になった駅前のこの店にやってきた。
s-DSC08817.jpg

そして、気になっていたのはこのメニュー。Cの有頭海老麺だ。580円ってべらぼうに安い。
s-DSC08820.jpg

店頭は街中の中華料理店らしく、これでもかというくらいのたくさんの写真付きメニュー。きっと誰かが始めたのが、いつの間にか広まったのだろうけど、最初にこのスタイルを考えた人はいるはず。
s-DSC08818.jpg

この日替りランチは、何とライスお替り無料だ。その下のランチセットは醤油ラーメンにドンブリが半分ついて600円、フルだと700円、さらにこれでもか、ボリューム満腹ランチセットはいろいろなラーメンが選べる。それにしても安い!
s-DSC08819.jpg

今日からいわゆるゴールデンウイークなのだが、ここは忘れ去られたようで、昼前ということもあるのか、あまり客はいない。先客は2名。その後、続けて客が2組入ってきた。
s-DSC08821.jpg

店員は完璧な中国語と日本語を話すバイリンガルな女性がホール係。ときどき早口で厨房と中国語で会話している。
s-DSC08826.jpg

さすが中華は早い。さほど待たずに運ばれてきた。確かに海老がのっている。しかも、それなりに大きい。
s-DSC08828.jpg

スープはさっぱりとした塩ベースで、とてもあっさり。こういうのは俺の好みだ。
s-DSC08829.jpg

麺は中華料理店のラーメンによくあるものだが、伸びやすそうだ。
s-DSC08830.jpg

具は野菜類がたくさん。少し固めでしゃきしゃきっとしているのがいい食感だ。
s-DSC08831.jpg

海老を掘ったら、4尾出てきた。ふむふむ。
s-DSC08832.jpg

1尾を皮ごと食ったら、何ともう1尾出てきた。全部で5尾。ええ、こんなにいてはりましたん?
s-DSC08833.jpg

さっぱりとあっさりとうまかった。
s-DSC08834.jpg

試さなかったけど、べらぼうに安いランチセットも今度いってみよう。
s-DSC08836.jpg

【住所】  横須賀市汐入町2-5
【電話】  046-825-9718
【営業時間】11:00~15:00 17:00~0:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:京浜急行汐入駅徒歩すぐ。改札を出て、左に進み道路を横断し、右に進んだたアーケードの中。


【駐車場】 なし
【席数】  テーブル4席×4 座敷4席×4

【メニュー】
s-DSC08824.jpg

s-DSC08825.jpg

s-DSC08822.jpg

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-04-24

北久里浜 ラーメン喰堂

平成28年4月24日(日) 13:56訪問。
台湾まぜそば(クラウド風)限定800円+味付玉子(クーポン)を食す。

webをみていたら、偶然限定メニューを出しているのを知って、急遽予定を変更して訪問。店内を改装したようだ。
s-DSC08816.jpg

店内改装して、食券自販機が導入されていた。結構、メニュー多いなあ。限定は遠慮がちに下の方に設定されている。しかし、あらかじめ2種類の値段が設定してあるところなぞ、今後も継続投入の意欲が感じられる。
s-DSC08802.jpg

そして、今日のねらい。台湾まぜそばって食ったことがないので、一度食ってみたかったのだが、こんな風に機会が訪れるとは思わなかった。とはいえ、クラウド風とあるので、アレンジであくまでもオリジナルではないのだが。ちゃんと追い飯もついている。
s-DSC08803.jpg

食券を渡して、携帯の画面でクーポンを見せながら、味付玉子のサービスを強要した(冗談だが)。そうしたら、玉子は最初からのっているけど、大丈夫かと確認された。もちろん。大丈夫だ。

麺は普通に深ざるで茹でて、水でしめている。今日は男女二人体制だが、仕上げは二人がかりで具をのせている。店主がおもむろに冷蔵庫から何やらパックから出してのせていた。そして、出来上がり。
s-DSC08804.jpg

のせていたのはシラスだった。よく混ぜてめしあがってください、といわれたとおり、さっそくよく混ぜ合わせる。味付玉子は崩さないように慎重に気をつけた。
s-DSC08805.jpg

底にある甘辛なタレに絡ませて、唐辛子の入った挽肉によくまぜる。そして、食う。
s-DSC08807.jpg

思ったほど辛くないぞ。どちらかというと、甘みの方が強いくらいだ。この揚げネギもなかなかいいアクセントかな。
s-DSC08809.jpg

味付玉子はピントがあっていないが、味と半熟加減はしっかりとジャストミート。
s-DSC08806.jpg

初めて食ったけど、甘辛い味付けといろいろな具がなかなか面白い。これが、名古屋名物のまぜそばか。ぺろっと平らげて、今度は、追い飯をお願いした。ジャーからもられたご飯には、九条ネギがのせられている。なかなか粋なはからい。これが標準なのかな。
s-DSC08810.jpg

じゃん、飯をどんぶりにあけてみた。ちなみに動画ではないので、再生できませんよ。
s-DSC08811.jpg

こんな感じかな。よく混ぜたよ。
s-DSC08812.jpg

シラスとめしつぶが一体化している。
s-DSC08813.jpg

飯にタレや具がしみ込んでうまいんだな。これが。軽くぺろっと完食。ちなみに先客のうち2名が台湾まぜそばを食っていた。
s-DSC08814.jpg

昼時間過ぎても、客足は絶えず、なかなかの人気店のようだ。
s-DSC08815.jpg

【住所】  横須賀市大矢部3-16-5
【電話】  046-835-8108
【営業時間】11:00~23:45
【定休日】 無休
【アクセス】車で:国道134号線から衣笠インター方面へ。佐原交差点を左折し突き当たりを右折し、直進。右側に横浜トヨペット、タイヤ館があり、その反対車線側。


【駐車場】 店裏2台
【席数】  カウンター11席

【メニュー】ラーメン650円 ごうつく800円 和だし750円
      和だしごうつく900円 黒800円 黒ごうつく900円
      小盛(0.5玉)-100円 中盛(1.5玉)+100円 大盛(2.0玉)250円
      味噌味+50円 和だし、和だしごうつくはミソ味出来ません

      ◇トッピング
       ほうれん草50円 味付玉子(こわれ)50円 味付玉子100円 ノリ5枚100円
       ワカメ100円 メンマ100円 ワカメ100円
       岩のり150円 チャーシュー4枚200円(ハーフ100円)
       ネギ200円 あぶりバラ250円
       トントロ4枚位400円(ハーフ200円)
       特トッピング250円

       ネギチャーシュー丼300円 そぼろ玉子丼300円
       餃子350円 ライス200円 半ライス100円
【ホームページ】https://www.facebook.com/ramen.kuraudo

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-04-19

横浜 麺場浜虎

平成28年4月19日(火) 15:43訪問。
季節限定春の鯛そば860円を食す。

今日は横浜で仕事。遅い時間の昼飯なので、おそらく空いているだろうと目論んでの来訪。予想通り空いていた。先客は2名くらい。
s-DSC08801.jpg

今回のねらいはこれだ。季節限定。目立つ大きなボタンで食券を購入。
s-DSC08799.jpg

店内は3名の店員。昼のピークを過ぎた時間なので、リラックスしているようにみえる。食券を渡すと、大盛りも無理ですが?と問いかけられる。しかし、心の中でひとり問答して、後の仕事が詰まっているという理由でやめておいた。

麵がゆであがると、限定のスープは他のスープとは違う小さめの寸胴から出していた。そうしてできあがり。大胆に青菜が切らずに長いままのせられている。
s-DSC08790.jpg

スープから試してみる。料理人とは思えないつなぎ姿の店員がつくるラーメンは、作り手に似ず、とてもよい。おそらく鯛のあらからとったのだと思うが、出汁がうまみが思った以上に強く、はっきりとした味だ。決してきらいではない。この揚げネギとの相性もいい。
s-DSC08794.jpg

麵は少しだけ縮れのある、つるつる麺。うまいねえ。
s-DSC08793.jpg

春らしい演出で菜の花だそうだけど、いくら何でも、これは切ってくれないと噛み切れないぜ。
s-DSC08795.jpg

たけのこは歯ごたえがいい感じで、春らしいねえ。なるほど、春そばって具合だ。
s-DSC08796.jpg

鶏のチャーシューは癖もなくて、適度な柔らかさがよかった。
s-DSC08797.jpg

後半ややスープがしょっぱいなと思えてきたけど、それでも出汁のうまさで食わせる。最後はこの後の仕事の時間が気になって、スープは残して終了。
s-DSC08798.jpg

次は夏麺かな。おそらく冷やしだろうけど、少し楽しみだ。
s-DSC08800.jpg

【住所】   横浜市神奈川区鶴屋町2-12-1 鶴屋町第二ビル1F
【電話】   045-311-3336
【営業時間】 11:00~0:00
【定休日】 無休 
【アクセス】電車で:JR・東急東横線・みなとみらい線・京浜急行線横浜駅きた西口徒歩5分。きた西口を出たら、まっすぐ進み、右折して短い橋を渡ったらすぐに右折し、路地に入る。四叉路の太い道へやや左折気味に進んだ左側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター20席 テーブル4席×2
【メニュー】醤そば700円 コク醤そば760円 黒豆納豆そば800円
      活力醤そば800円
      塩鶏そば850円 コク塩鶏そば850円 塩ねぎ鶏そば1,000円 
      つけ麺720円
      ワンタン塩鶏そば930円
      塩鶏スープわんたん(10個入)680円 塩鶏スープわんたん(15個入)830円
      メンマめし260円 黒豆納豆めし260円 叉焼めし260円
      白めし100円 味玉おにぎり250円
      ◇トッピング
       半熟味付け玉子100円 柔蒸豚叉焼150円
【ホームページ】https://www.facebook.com/yokohama.hamatora

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-04-17

北久里浜 はまんど横須賀

平成28年4月17日(日) 11:02訪問。
汁なし坦々麺850円を食す。

予定どおり先週に引き続き、またまたやってきた。今日は開店前に到着したが、雨模様だったので、しばらく駐車場で待機してからの訪問した。そうしたら、何と先客が6人も並んでいた。そして、今日から麺中盛りサービスがスタート。
s-DSC08780.jpg

さすが、麺やこうじ店主。心意気を感じる。坦々つけめんが昨日から販売。あっさり煮干そばは4月下旬頃だそうだ。坦々つけめんにしようかな。
s-DSC08781.jpg

しかし、直前で気変わりして結局、汁なし坦々麺の食券を購入した。今までの大盛りは中盛りで無料、大盛りは1玉増しで100円増し。しかし、汁なしとつけ麺は2玉が無料ということだ。
s-DSC08782.jpg

たっぷりと自家製のラー油をかけてゴマをふってできあがり。山椒の香りが食欲をそそる。
s-DSC08783.jpg

底にタレがたまっているので、よくまぜる。
s-DSC08785.jpg

辛いのが苦手な俺でもさほど苦にならないくらいの品のよい辛さ。タレのコクとラー油と辛子などの辛味が交わって、麺量が多くてもなかなか飽きさせない味だ。
そういえば、昨日から製麺機を使った自家製麺になったようで、それに合わせて中盛り無料らしいのだが、この少し縮れのある平打ち麺も自家製なのだろうな。
s-DSC08787.jpg

具はシンプルで、挽肉と、この江戸菜。タレが麺に絡みついて、うまい。
s-DSC08786.jpg

食っている間、隠れていた味付け玉子が麺を食い進むにつれて出てきた。
s-DSC08788.jpg

食い終えて、もう少しタレが残っていたら、ライスを追加してもよかったけど、ライスの量は結構多いので、このくらいが無難だな。完食した。といっても写真はなし。

雨も風も強いけど、どんどん客が入ってきて、かつてのにぎわいがもどってきたようだった。
s-DSC08789.jpg
来週も楽しみだ。この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。

【駐車場】 隣地に2台分
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】中華そば700円 白湯そば700円
      辛子そば750円 
      ※平打麺と細麺から自由に選べます

      自家製ワンタンメン麺840円
      坦々麺850円
      コクにぼ醤油そば」を800円
      汁なし担々麺850円
      麺大盛り100円

      ライス100円  肉玉丼270円 ねぎ丼250円
      味付玉子100円 メンマ100円 半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円

      煮干つけ細麺750円 煮干つけ平打750円
      坦々つけめん細850円 坦々つけめん平打
【ホームページ】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-04-16

横須賀中央 煮干らーめん平八

平成28年4月16日(土) 18:32訪問。
磯そば800円を食す。

今日も休日出勤。こう続くと、もはや休日ではないような気もする。続くといえば、先週に続いて今週もこの店。
s-DSC08767.jpg

今日のターゲットは、先週心に決めていたこのメニュー。磯そばだ。
s-DSC08768.jpg

先客はテーブルに2名。俺はいつもの入口近くのカウンターに腰をおろして、水を汲みながら、口頭で磯そばを発注した。すると、これも慣れた様子で、「中盛で?」と確認される。相槌をうつと、さっそく調理開始だ。
s-DSC08769.jpg

キッチンタイマーが鳴ると、そろそろ出来上がり。やがてカウンターにのせられた。
s-DSC08770.jpg

先週のラーメンに引き続き、バラ海苔がうまそうだ。
s-DSC08771_20160417093807181.jpg

スープは、煮干しに牡蠣が加わった出汁なので、煮干しの直球勝負に比べ、まろみがあって、こちらの方が優しい味わいだ。先週の荒炊煮干そばもよかったけど、今日のはさらに奥行きのあるスープだ。溶けだしたバラ海苔と合わせると、さらに違いが明らかで、こちらのほうが断然丸みの味だ。
s-DSC08772.jpg

これまでの牡蠣のスープを使用したラーメンとは違い、牡蠣もひとつ入っていた。ちょっと得した感じだ。
s-DSC08773.jpg

ストレートの麺はそっけなさがたまらない。
s-DSC08776.jpg

そして、レアなチャーシューは適度な固さと弾力で味もいいね。先週の荒炊煮干には、鶏チャーシューが入っていたが、この磯そばは、大きいチャーシューと小さいチャーシューがそれぞれ入っている。
s-DSC08777.jpg

今日は麺もスープもバランスよく食い進んで、完食。ごちそうさま。ちなみに、この磯そばには、荒炊煮干しと違い、青紫蘇は入っていなかった。
s-DSC08778.jpg

次は未食の油そばかな。そろそろつけ麺も出てくる頃かもしれない。
s-DSC08779.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:00~14:30 17:30~22:30
【定休日】 日曜日
【アクセス】車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター5席 テーブル4人×1 2人×1

【メニュー】 煮干そば700円  100%煮干し あっさりしつつ濃いダシ“飲む煮干”

       荒炊煮干そば750円 煮干しを強火炊きした濃厚煮干 強烈な煮干が一口目と余韻に続く
       ※数量限定です

       煮干油そば1.5玉(汁なし混ぜそば)750円  自家製煮干油・煮干タレと煮干し粉でマゼマゼした麺
       これに合うトッピングニボスープ100円 卵黄50円

       醤油そば・塩そば650円  煮干しダシを味わう100%煮干

       数量限定
       磯そば800円 初夏香る牡蠣と煮干の濃厚ダシ 黒潮からの贈り物

        ご注文したお客さんの7割に残念な思いをさせ、3割はこれしか注文しないという異色で危険な黒シリーズ。初心者進入禁止。
       黒煮干700円      

      ◇トッピング
       低温調理チャーシュー1枚100円 塩に合うバター100円
       自家製煮玉子100円 わかめ50円 大葉50円
       バラ海苔増量150円

      麺の量
       普通150g 中盛190g0円 大盛300g200円
       追い玉150g150円 ※油そば的替玉

      ミニ丼
       ライス100円(11:00~14:30は50円)
       葱丼120円 生卵ネギ丼200円
       葱めかぶ丼200円 鶏そぼろ丼250円
       山芋とろろご飯290円

【ホームページ】http://ameblo.jp/z-three/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-04-10

北久里浜 はまんど横須賀

平成28年4月10日(日) 11:36訪問。
コクにぼ醤油そば800円を食す。

気がついたら3週連続で通っていた。衣笠のあの店も気になるのだが、やはりこの店だ。最近、なんか勢いを感じるこの貼り紙。最後の、その他、いろいろ企画していますのひと言に思いが秘められているようで、楽しみだ。
s-DSC08752.jpg

そして、店内のお知らせボードにある、近日販売予定に注目だ。来週土曜日からは自家製麺でしかも、あの「中盛りになさいますか」のいつものおばちゃんのフレーズでおなじみの中盛サービスも復活するようだ。そして、あっさり煮干そばも販売のようす。坦々つけめんや汁なし坦々麺など、新メニューが目白押しで楽しみだ。
s-DSC08753.jpg

11時30分より前だと比較的空いていることが多いのだが、今日も並ばずに座れた。店内は3名体制。最近はずっと麺屋こうじ店主がメインで厨房で指示をだしながら調理している。

ほぼ、同時にカウンター席についた俺とすぐ後に来た客のラーメン提供の順番を的確に指示していた。落ち着いていて、早い調理。やがて、背の高いドンブリでカウンターに置かれた。盛り付けがきれいだ。
s-DSC08754.jpg

スープは、しっかりとした煮干出汁が強めに効いている。第一印象は強いけど、品のいい煮干し感だ。
s-DSC08755.jpg

中くらいのストレート麺は、たくさんのった具の下の方にあるので、引っ張り出すようにして啜る。コシがあっていいが、麺自体の味もすばらしい。
s-DSC08756.jpg

麺屋こうじのときのにぼにぼそばと同じで背脂がのっている。これが煮干しのクセをうまく和らげている。
s-DSC08759.jpg

そして、まんべんなくのせられた玉ねぎと青ネギ。このそれぞれの甘みが、後半になってスープに変化をもたらす。特に玉ねぎとスープの味わいがおもしろい。
s-DSC08757_20160410164828400.jpg

太目のメンマは甘すぎず、辛すぎず、はっきりとした味付けだった。
s-DSC08758.jpg

チャーシューは全部で3枚。歯ごたえがいいね。
s-DSC08760.jpg

けっこう、大きいと思う。こりゃ、チャーシューは2種類だね。
s-DSC08762.jpg

当たり前のように味玉も半分が標準でのるようになったみたいだ。
s-DSC08761.jpg

うわっ、うまかった。あっという間に完食。特に最後の煮干出汁に玉ねぎの甘みが加わったスープのうまみがたまらなくよかった。こういうバランスを演出するセンスがすばらしい。完食。
s-DSC08763.jpg

麺家こうじのときのにぼにぼそばとは違うが、より進化したような一杯だった。
s-DSC08764.jpg
来週も楽しみだ。この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

追伸:コメントいただいたみなさん、ありがとうございます。来週も訪問する予定です。

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。


【駐車場】 隣地に2台分
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】中華そば700円 つけめん750円
      辛子そば750円 白湯そば700円
      ※平打麺と細麺から自由に選べます

      自家製ワンタンメン麺840円
      坦々麺850円
      コクにぼ醤油そば」を800円
      汁なし担々麺850円
     
      麺の大盛り120円
      味付玉子100円
      特増し300円 肉増し300円
      ライス100円  肉玉丼270円
【ホームページ】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-04-09

横須賀中央 煮干らーめん平八

平成28年4月9日(土) 17:51訪問。
荒炊煮干そば750円を食す。

休日出勤の帰りに寄ってみた。春はあけぼのとはいうものの、夕暮れも趣があっていいねえ。
s-DSC08734.jpg

まだ夜の部が始まったばかりだからなのか、先客はゼロ。ブログで限定メニューが出ていることを知っての訪問だが、どっちがいいかね。基本はニボキチの荒炊かね。しかし、牡蠣も好きなんだよな。大いに迷って、荒炊に決めた。
口頭で店主に発注すると、すかさず、中盛で?と確認された。中盛でお願いしやす。
s-DSC08739.jpg

キッチンタイマーが鳴って、ちゃっちゃと仕上げて完成。カウンターにのせられた。何という具だくさん。だんだんと豪華になっていくような気がする。以前のワカメに代わり、バラ海苔がのっている。しかも多い。
s-DSC08740.jpg

飾らない濃厚な煮干の風味。食べやすく仕上げるといった発想でないところがいいね。煮干しのうまみはしっかり出ているうえに、煮干しが苦手な人は拒否しそうな部分も共存しているところがいい。ここまで正直に煮干し出汁というのはめずらしい。しかし、この一杯にはちょっとしたしかけもあった。
s-DSC08741.jpg

いつものぼそっとした印象の細ストレート麺も啜りが楽しい。
s-DSC08744.jpg

バラ海苔もよいアクセントだけど、その下に隠された青紫蘇が何ともい風味で、こりゃたまらん。こういうしかけがあるとは知らなかった。
s-DSC08746.jpg

チャーシューは3枚。鶏チャーシューは柔らかくて、癖がなくとても上品な仕上がりだ。
s-DSC08745.jpg

すこしだけレアな感じのチャーシューは噛みごたえもよく、これも癖なくうまい。
s-DSC08747.jpg

さらにもう1枚。
s-DSC08748.jpg

麺に対してスープが少なめというのもあるが、もううまくってどうにも止まらない。気がつけば、完食。
s-DSC08749.jpg

目の前のこちらも通好みの店。赤ちょうちんが何ともいい雰囲気を醸し出している。
s-DSC08751.jpg

それにしてもあっぱれな一杯。腕をあげたねえ、店主。
s-DSC08750.jpg
店構えからは想像もつかないうまいラーメン。この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:00~14:30 17:30~22:30
【定休日】 日曜日
【アクセス】車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター5席 テーブル4人×1 2人×1

【メニュー】 煮干そば700円  100%煮干し あっさりしつつ濃いダシ“飲む煮干”

       荒炊煮干そば750円 煮干しを強火炊きした濃厚煮干 強烈な煮干が一口目と余韻に続く
       ※数量限定です

       煮干油そば1.5玉(汁なし混ぜそば)750円  自家製煮干油・煮干タレと煮干し粉でマゼマゼした麺
       これに合うトッピングニボスープ100円 卵黄50円

       醤油そば・塩そば650円  煮干しダシを味わう100%煮干

       数量限定
       磯そば800円 初夏香る牡蠣と煮干の濃厚ダシ 黒潮からの贈り物

        ご注文したお客さんの7割に残念な思いをさせ、3割はこれしか注文しないという異色で危険な黒シリーズ。初心者進入禁止。
       黒煮干700円      

      ◇トッピング
       低温調理チャーシュー1枚100円 塩に合うバター100円
       自家製煮玉子100円 わかめ50円 大葉50円
       バラ海苔増量150円

      麺の量
       普通150g 中盛190g0円 大盛300g200円
       追い玉150g150円 ※油そば的替玉

      ミニ丼
       ライス100円(11:00~14:30は50円)
       葱丼120円 生卵ネギ丼200円
       葱めかぶ丼200円 鶏そぼろ丼250円
       山芋とろろご飯290円

【ホームページ】http://ameblo.jp/z-three/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-04-08

東戸塚 歓迎イオン東戸塚店

平成28年4月8日(金) 13:49訪問。
広東麺定食680円を食す。

今日も東戸塚で仕事。昨日と同じイオンの飲食店街にやってきた。以前から気になっていた激安の中華料理店。店頭はメニューだらけ。
s-DSC08733.jpg

食品サンプルだけでなく、看板もある。
s-DSC08716.jpg

もちろん、裏もある。
s-DSC08715.jpg

これは迷う。さんざん考えて、結局黒板にあった本日の定食から、Cの広東麺と半チャーハンと餃子のセットを選んだ。それにしても何もかもが安い。さすが。そもそも広東麺は単品で680円と定食と同じ価格設定なのだ。やはりランチメニューと単品は同じ広東麺でも、多少異なるのかは不明だが、それにしてもお得だ。

店内は空いているので4人掛けのテーブル席に腰をおろした。
s-DSC08717.jpg

厨房内は異国語が飛び交っており、まさしく中国料理。ホール係りの女性は一応、日本語が通じるので助かった。しかも気さくだ。
しばらく待って、まずは広東麺とお椀に入ったチャーハンと大根のサラダに漬物が運ばれたきた。
s-DSC08723.jpg

とろみのあるスープは熱々。熱すぎるくらいだ。少しだけ甘みのある親しみやすい味にしあがっている。
s-DSC08724.jpg

そして、かんすいの味がする麺は餡を絡めてこれも熱々。
s-DSC08726.jpg

具はいろいろ。海老も入っていた。
s-DSC08728.jpg

おっと、サラダも食ってみる。
s-DSC08727.jpg

チャーハンはこんな感じでお椀入り。餃子はまだこない。
s-DSC08729.jpg

おまたせ。餃子が運ばれてきた。店の入口にあったように、羽根付餃子だ。
s-DSC08730.jpg

これまた、熱々でうまい。かぶりつくと、中から熱い肉汁が飛び出すので、やけど注意だが、ニラやニンニクが効きすぎず、さっぱりとうまかった。
s-DSC08731.jpg

結局、一番うまかったのは、餃子だった。スープは熱いので、ほとんど残してしまった。すみません。
s-DSC08732.jpg

【住所】  横浜市戸塚区品濃町535-1 イオン東戸塚店 4F
【電話】  045-821-3977
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】 無
【アクセス】電車で: JR横須賀線東戸塚駅東口徒歩7分くらい。改札を出たら左に進み、陸橋を渡り、エスカレーターで最上階へ。さらにオーロラモールを突っ切り、ダイエー店舗に入り、4階の飲食店街。


【メニュー】
s-DSC08720.jpg

s-DSC08719.jpg

s-DSC08721.jpg

s-DSC08718.jpg

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター