2015-09-29

北久里浜 ラーメン魂 横須賀店

平成27年9月27日(日) 12:30訪問。
昔ながらのワンタンメン塩830円を食す。

自分でも予期せぬ再訪問。近くまで用事で行ったら、引き付けられるように入っていた。横須賀人の大好きな家系もどきのとんこつもあって、あっさりラーメンもあって、開店からまだ数か月だが、早くも地元の人気店のようすだ。
s-DSC07192.jpg

初回はとんこつラーメンだったので、今度はこれ。昔ながらの屋台ラーメン。よく見ると手書きで、塩、塩、塩のシール。超美味い塩スープ完成!!。これに決めた。
s-DSC07177.jpg

テーブル席は家族連れで満席で、店内待ちもいた。カウンター席は5名くらいが食事中。その中の年配のご夫婦は、奥様がサンマーメンに餃子、旦那様は定食に餃子と食欲全開気味だ。さりげなく観察しているうちに、俺の昔ながらのラーメンが運ばれてきた。配膳してくれたホール係の女性は、はきはきと元気がよく好感だ。
s-DSC07178.jpg

ワンタン入りの塩ラーメンは、塩にしては濃い色のスープだ。
s-DSC07179.jpg

見た目どおりに、コクのあるはっきりとした、やや人工的なうま味も感じる。しかし、意識して味わわなくても、向こうからやってくるうま味は食い手を選ばなそうなところがいいのだ。
s-DSC07180.jpg

少し、緩めの茹で具合の麺も、やはりこの店のラーメンにあっているようだ。
s-DSC07183.jpg

そして、ていねいに包まれたワンタン。餡は量もそこそこあって、普通にうまい。ただ、皮がしっかりしすぎていて、もうちょっとピロピロしていると、さらに好みだ。それでも、数えてみたら、7個も入っていて、大盤振る舞いだった。
s-DSC07185.jpg

メンマは業務用かな。
s-DSC07186.jpg

巻バラチャーシューは、柔らかい。
s-DSC07188.jpg

この手のラーメンには、定番のナルト。
s-DSC07189.jpg

うま味が際立ったスープだったけど、少し残した。
s-DSC07190.jpg

地味な店構えながら、老若男女でにぎわう店内は活気があり、駐車場も常に満車状態だった。
s-DSC07195.jpg

【住所】 横須賀市佐原3-17-20 
【電話】 046-876-7478 
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】 

【アクセス】車で:横浜横須賀道路佐原インター近く。国道134号線から佐原インターに向かい、湘南橋を越え、佐原交差点を越えて、道路左側のセブンイレブンの隣。


【駐車場】 店の裏手に2台分
【席数】  カウンター13 テーブル4人×3 2人×1
【メニュー】とんこつラーメン 醤油・塩 並680円 大780円
      とんこつネギラーメン 醤油・塩 並830円 大930円
      とんこつチャーシューメン 醤油・塩 並890円 大990円
      とんこつネギチャーシューメン 醤油・塩 並980円 大1,080円
      濃厚つけ麺 並890円 大990円
      昔ながらの屋台ラーメン並680円 大780円
      昔ながらのチャーシューメン並890円 大990円
      昔ながらのワンタンメン並830円 大930円
      スタミナニラ玉メン並830円 大930円
      サンマーメン並830円 大930円
      タンタンメン並830円 大930円
      たまり醤油ラーメン並680円 大780円
      たまり醤油チャーシューメン並890円 大990円
      
      ◇トッピング
       うずら(3コ)30円 玉ねぎ30円
       メンマ50円 のり(5枚)50円 味たま70円
       モヤキャベ100円 チャーシュー(4枚)200円
      ◇サイドメニュー
       小ネギ丼220円 ギョーザ(6ヶ)330円
       小ライス70円 ライス150円 大ライス220円
      ◇ごはんもの
       チャーハン680円 半チャーハン420円
       肉野菜炒め定食920円 単品770円
       豚焼肉定食920円 単品770円
       レバニラ炒め定食920円 単品770円
       しょうが焼き定食920円 単品770円
       キクラゲ肉玉定食920円 単品770円
       豚玉甘酢あんかけ定食920円 単品770円
       ライス大盛り70円増し
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-09-26

東戸塚 麺処 心志

平成27年9月26(土) 12:09訪問。
つけ麺800円+天然酵母パン150円を食す。

土曜出勤は外での仕事。幸い午前中に仕事がひと段落したので、6月に開店して、ちょっと話題になっていたこの店にやってきた。
s-DSC07172.jpg

この場所は、確か以前極極があったところではないだろうか。あれから10年の時を経て、再びラーメン店が復活したということのようだ。


さて、この店の特徴は、何といっても、これ。つけパンだ。天然酵母パン。しかも、つけ汁との相性Good!だそうだ。
s-DSC07173-2.jpg

店内に入って、すぐに食券自販機があるが、迷わずつけ麺のボタンを押した。もちろん、天然酵母パンも忘れない。ボックス型のテーブル席は埋まっていて、カウンター席は先客なし。カウンターは、店員がラーメンを提供しやすいような通路を挟んだ、コの字型だ。
s-DSC07150.jpg

店内は3名の店員で仕切っていて、奥に厨房があった。すぐあとから年配の夫婦らしき客が入ってきたが、つけ麺ではなく、らぁめんを発注していた。期待に胸をふくらませて待っていると、やがてカウンター越しに提供された。
s-DSC07153.jpg

平打ち麺は整えられていて、盛り付けもきれいだ。
s-DSC07154.jpg

濃厚そうなつけダレは、厳選した良質な国産鶏を使用した濃厚スープだそうだ。見るからにうまそう。
s-DSC07155.jpg

そして、少し遅れて提供された、天然酵母パン。2種類ある。
s-DSC07157.jpg

では、さっそく。パンではなく、麺から。少し黒っぽい粒々が入っているようにも見える。色つやがいい。
s-DSC07158.jpg

つけダレにつけて食ってみると、濃厚でほどよくコクのある味に魚粉がよく絡まって、うまい。最近のつけ麺は麺がやたら太かったり、箸にも棒もは大げさだが、相当こってりのスープもあったりと多彩だが、このつけ麺はその点、実にオーソドックスで食いやすい。
s-DSC07159.jpg

じゃ、パンを食ってみます。プレーンで食うと、固めの歯ごたえがなかなか楽しい。では、つけてみる。まあ、合うといえば、合うかな。
s-DSC07161.jpg

丸いパンは中にチーズが入っていたので、これはつけずに食った方がよさそうだ。
s-DSC07166.jpg

ナルトのせパン。
s-DSC07168.jpg

長~い穂先メンマ。
s-DSC07163.jpg

チャーシューは、表面に炙り目がついている。
s-DSC07165.jpg

味もほどよい加減だった。
s-DSC07167.jpg

麺もパンも食い終えたら、スープ割りだ。目があったら、すぐに気がついてくれた。いったん、器を回収してから仕上げてもってきてくれた。
s-DSC07169.jpg

スープ割りは、癖がなくていい具合だ。麺にのっていたゆずを残しておいて、合わせてみたら、さっぱりとうまい。
s-DSC07170.jpg

つけ麺はくどくもなく、さっぱりすぎず、食い手を選ばないうまさだ。つけパンはおもしろいアイデア。すべて完食。ごちそうさま。
s-DSC07171.jpg

しかし、見渡す限り、つけパンしている?のは俺だけだった。初回訪問の客が一巡して、リピーターが多いのかな。
s-DSC07173.jpg

【住所】  横浜市南区六ッ川4-1205-3
【電話】  045-826-5100
【営業時間】11:00~15:00 18:00~23:00
【定休日】月曜日(祝祭日も休み) 
【アクセス】車で:国道1号線を戸塚方面へ向けて走り、山谷交差点を左折。少し進んだ左側。


【駐車場】 店の裏手に2台分
【席数】  カウンター11席 テーブル4席×2
【メニュー】
s-DSC07149.jpg

【店舗Web】http://shinshi-mendokoro.com/side.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-09-24

弘明寺 琉二家

平成27年9月24(木) 14:31訪問。
ラーメン(並)730円+半ライス(ランチサービス)を食す。

弘明寺にやってきた。遅めの昼食はアーケードの中にあるこの店を選択。弘明寺駅周辺はたくさん店があるのだが、いつか来てみたいと思っていた店のひとつだ。
s-DSC07132.jpg

まずは、入口近くにある食券自販機で食券を購入する。メニュー展開はいわゆる家系の豚骨醤油と豚骨塩、豚骨味噌の3種類に鶏醤油や鶏塩など多種類が用意されているが、初めてなので、基本であろう豚骨醤油味を選択した。
s-DSC07133.jpg

横長のカウンターに面してカウンター席があり、さらに奥にはテーブル席もあった。もう昼時をかなり過ぎているので、先客は1名だけ。食券を店主に渡すと、ランチサービスで半ライスがつきますが、ということなので、折角なのでいただくことにする。一人体制だが、カウンターの上の調味料類は、きれいに整えられている。
s-DSC07134.jpg

食券を渡す際には、麺の固さなどなどのリクエストもきちんと確認される。今回は初めてなので、すべて普通でお願いした。さっそく調理。麺はビニールの袋に入っている。深ざるで麺茹でを始めた。ラーメンができあがるタイミングで、まずは、カウンター越しに半ライスが提供された。続けて、すぐにラーメンも提供された。
s-DSC07135.jpg

店主は、松壱家出身ということで、うずらの卵も入っている。
s-DSC07136.jpg

スープは、とんこつ臭がまったくない。豚骨のうまみはしっかり感じるが、思ったほど甘ったるさはなく、醤油のきれがいい。少しだけ、とがった醤油とコクのある豚骨スープのバランスがいい。
s-DSC07137.jpg

角断面の麺もしっかりとスープと絡まって、うまい。ぷりっとした食感がいい。
s-DSC07139.jpg

仕事中なので、ニンニクはやめておく。かわりに、ゴマを振りかけてみた。さらに海苔を浸して、サービスのライスに巻いて食ってみる。これがなかなかいける。
s-DSC07140.jpg

家系的なラーメンにはめずらしくメンマも入っている。味はやや濃いめ。
s-DSC07141.jpg

チャーシューは、柔らかくて、はっきりとした味つけがいい具合だ。
s-DSC07142.jpg

うずらの卵は久しぶりだ。
s-DSC07143.jpg

いわゆる壱系のクリーミーなスープを想像していたのだが、予想と異なり、醤油のくっきりとしたバランスがよく、最後まで飽きずに飲んでしまった。ほぼ完食。ごちそうさま。
s-DSC07144.jpg

もうすぐ昼時間の営業終了の15時近くなっても、ぽつりぽつりと客が入ってくる。なかには、女性ひとり客もいた。赤い人気店。
s-DSC07145.jpg

【住所】  横浜市南区大橋町3-66
【電話】  045-512-1649
【営業時間】11:30~15:00 18:00~0:00
【定休日】日曜日 
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄ブルーライン弘明寺駅徒歩2分くらい。2B出口から地上に出て、アーケード街を進み、橋のたもとの右側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター7席 テーブル4席
【メニュー】豚骨醤油
      特琉二家醤油(並)930円 特琉二家醤油(大)1,030
      ラーメン(並)730円 ラーメン(大)830円
      味玉ラーメン(並)830円 味玉ラーメン(大)930円
      チャーシューメン(並)980円 チャーシューメン(大)1,080円
      豚骨塩
      特琉二家塩(並)930円 特琉二家塩(大)1,030
      塩ラーメン(並)730円 塩ラーメン(大)830円
      塩味玉(並)830円 塩味玉(大)930円
      塩チャーシュー(並)980円 塩チャーシュー(大)1,080円
      豚骨味噌
      特琉二家味噌(並)980円 特琉二家味噌(大)1,080
      味噌ラーメン(並)780円 味噌ラーメン(大)880円
      味噌味玉(並)880円 味噌味玉(大)980円
      味噌チャーシュー(並)1,030円 味噌チャーシュー(大)1,130円
      鶏醤油
      特琉二家鶏醤油(並)930円 特琉二家鶏醤油(大)1,030
      鶏醤油(並)730円 鶏醤油(大)830円
      鶏塩
      特琉二家鶏塩(並)930円 特琉二家鶏塩(大)1,030
      鶏塩(並)730円 鶏塩(大)830円

      極み鶏(並)750円 極み鶏(大)850円
      うま辛味噌(並)830円 うま辛味噌(大)930円
      つけ麺(並)851円 つけ麺(大)950円
  
      うずら増し100円 チャーシュー増250円 
      味付玉子100円 のり増し100円
      ほうれん草100円 薬味増し100円
      白髪ネギ150円

      ネギ丼300円
      餃子(6ケ)360円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-09-23

相模原 大勝軒直伝 金太郎

平成27年9月23(水) 11:14訪問。
つけ麺(並)750円+半熟味玉100円を食す。

秋の連休最終日。出立が午後になると、渋滞にはまるのは必定。したがって、ちともったいないのだが、朝に新潟を出て、どこにも寄らずに帰途についた。都内を経由するのはためらわれたので、圏央道を経由する。しかし、夕べからあまりまともな食事を摂っていないせいか、腹が減ってきた。相模原で降りて、どこかでラーメンを食って行こう。

前から店は知っていたのだが、未訪問のままだったので、この機会に寄ってみようか。11時開店なのでちょうどいい。駐車場もすぐ近くで便利だ。
s-DSC07129.jpg

店に入ると開店早々だが6名の先客がいた。まずは、食券自販機で食券を購入するしくみだ。
つけ麺やラーメンといった大勝軒メニューと、とんこつ野菜や油そばという非大勝軒メニューの2系統に分かれている。そこまで、重く食うつもりもなかったし、初訪問なので、看板メニューであろう、つけ麺を選択した。
s-DSC07121.jpg

水はセルフサービスだ。カウンター上はきれいに整えられている。あらためて、客のようすを観察すると、ひとり客が多い。そして、ほとんどの客が、大量麺と具材のとんこつ野菜を食っている。この店は、このメニューが圧倒的に支持されているようだ。
s-DSC07122.jpg

調理の様子はあまりよく観察していなかったのだが、つけ麺なので、それなりに時間がかかるだろうと覚悟していた。しかし、存外早く提供された。おなじみの器だ。つけダレには玉子が1.5個。しまった、玉子がすでに標準で入っているのだった。
s-DSC07123.jpg

それでは、さっそく食ってみる。まず、感じるのは、麺が妙に温いこと。そして、ふにゃっとした食感。水での締め方が明らかに不足だ。しゃきっとしていない。残念。麺が減っていくにつれて、ゆで汁がドンブリの底にたまっているのがわかる。よって、せっかくのつけダレもどんどん薄まっていく。
s-DSC07124.jpg

つけダレは大勝軒らしさはあるが、水きりのあまさで台無しに。具材のチャーシューは、ほどよい味付けと柔らかさだった。
s-DSC07126.jpg

味玉は、最初からつけダレのスープにどっぷりと浸っているので、本来の味はいまひとつわからない。
s-DSC07125.jpg

麺を食い終えたら、ドンブリにかなり水が残っていた。割りスープはあえてお願いしなかった。
s-DSC07127.jpg

あとから来る客も全員が、とんこつ野菜ラーメンを食っていた。大勝軒直伝と謳ってはいるが、どうも、大勝軒メニュー以外が標準の店のようだ。今度来ることがあったら、別メニューを試してみたい。
s-DSC07131.jpg

【住所】  相模原市中央区清新7-1-1
【電話】  042-751-6628
【営業時間】11:00~0:00
【定休日】 無休
【アクセス】車で:国道16号線を八王子方面に向かい、相模原駅入口交差点を左折し、少し進んだ左側。


【駐車場】 店の手前の清新立体駐車場に停めると無料サービスあり
【席数】  カウンター11席 テーブル4席×3

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-09-22

ラーメンほうとく 春日山本店

平成27年9月22(火) 11:06訪問。
醤油ラーメン750円を食す。

趣味の史跡めぐりで新潟にやってきた。渋滞を避けるために早朝3時に出てきたおかげで、早めに目的地に着いた。ひととおり見学を終えて、さすがに腹が減った。見学地から近いラーメン店で、しかも10時50分から開店しているこの店を選択した。
s-DSC07075.jpg

開店早々だというのに、先客がそこそこいる。しかも家族連れだ。これらの客は、俺のように行き当たりばったりではなく、明らかに計画的で、この店に、この時間に行こうと決めてきたに違いない。店内は小上がりもあり、老若男女に対応する店のようだ。地域の人気店を実感。
s-DSC07088.jpg

さて、何を食うか。老若男女対応のためか、メニューは多彩。俺の後にきた初老の婦人は、冷し中華を発注しようとしたが、すでに季節を過ぎてしまったようだ。なるほど、多彩なメニューが必要なわけだ。

ここは、基本そうな醤油ラーメンにしよう。テーブルから、元気のいい女性店員に声をかけた。あとで調べたのだが、上越系豚骨醤油ラーメンというジャンルのようだ。

少し待って、ラーメンが提供された。ていねいに下に皿が敷いてあるのが好感だ。シンプルな外観がなかなかうまそうだ。
s-DSC07078.jpg

スープを飲んでみる。臭みはないものの、思いのほか豚骨がはっきりと前面に出ている。メニューには「上越産の淡口醤油を使用。すっきり“切れ”のある豚ガラスープです。」とあるが、まさしく豚骨由来のコクにすっきりとしたスープ。軽やかな醤油と合わさって、独特のうま味がいい。
s-DSC07079.jpg

それに対して、麺はごく普通。縮れのある黄色い麺。
s-DSC07080.jpg

大き目の巻バラチャーシューは味付けもほどよく、柔らかくてうまい。
s-DSC07081.jpg

小っちゃなナルトがいいんだよな。
s-DSC07082.jpg

熱々のスープがなかなかきつくて、スープは残してしまったが、シンプルで、うまい一杯だった。
s-DSC07083.jpg

しかし、頻度よく通う人が多いがゆえに、多メニュー展開と限定メニューなどもあって、にぎやかな店だ。レモンラーメンなんて、普通の店でもなかなかないよな。
s-DSC07091.jpg

【住所】  上越市大豆1丁目12-4
【電話】  025-523-8258
【営業時間】10:50~15:00 17:00~23:45
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:妙高はねうまライン春日山駅より徒歩10分強。駅を背にまっすぐ進み、春日山交差点の斜め右。


【駐車場】 多数
【席数】  テーブル6席×4 2席×2 座敷6席×4
【メニュー】魚介背脂醤油ラーメン880円 岩のりラーメン880円
      醤油ラーメン750円
      みそタンメン980円 タンメン980円
      野菜ラーメン880円 塩野菜ラーメン880円
      もやしラーメン880円 塩もやしラーメン880円
      塩ラーメン750円 塩チャーシューメン980円
      みそラーメン930円 もつみそラーメン980円
      みそチャーシューメン1,150円
      みそドラゴンラーメン980円 ドラゴンラーメン880円
      坦々麵880円
      レモンラーメン780円 塩レモンラーメン780円

      中盛り(1.5玉)100円増し 大盛り(2玉)200円増し
      特盛り(3玉)300円増し メガ盛り(5玉)500円増し
      小盛り(半玉)50円引き

      チャーシュー増し150円 もやし増し100円
      ネギ増し(小口ネギ)100円 味付き玉子増し100円
      背脂増し無料 ニンニク増し無料

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-09-21

久里浜 リンガーハット 横須賀久里浜店

平成27年9月21(月) 11:22訪問。
おすすめCセット 長崎ちゃんぽん+ぎょうざ3個+ごはん853円を食す。

おそらく久里浜で一番人気のある店ではないかと思われるのが、この長崎ちゃんぽんリンガーハットだ。駅からは離れるので、もっぱら車での来店だメインと思われる。しかし、もう一店舗、駅近くのイオンの中にも入っているので、久里浜だけで2店舗あるのだ。
s-DSC06845-2.jpg

なぜそう思うかというと、昼時にいつ通りかかっても、駐車場は満車で、よほどタイミングがよくないと入れない。たまに、駐車待ちの縦列が出来たりするのだ。そうなると、是が非でも気になるもので、今日は早めのアタックで、スムーズに入庫できた。それでも、駐車場の半分以上が駐車していた。

見上げれば、見事な鰯雲。季節は、人知れず秋になっていた。でも、人の造ったものをみていてはわからないこともよくわかった。天と地に季節はあった。
s-DSC06821_201509211839303e5.jpg

店に入ってすぐに、この店の特徴が分かった。ひとり客が皆無だった。11時開店のはずだが、テーブル席は半数以上が埋まっていて、逆にカウンター席はすべて空いている。俺はひとり客なので、もちろんカウンター席についた。本日は、日本の野菜の日だ。
s-DSC06822.jpg

なかなか、魅力的だ。でも、野菜ジュースはいらない。メニューを検討した結果、おすすめセットCにした。注文は手元にあるボタンを押すと、すぐに店員がやってきた。麺もごはんも大盛り無料なのだ。昨日、"孤独のグルメ"を見た影響か、俄然大盛りを食いたくなった。では、注文。「ごはん大盛りに、麺増量で」、するとすかさず、「ちゃんぽんは、1.5倍と2倍のどちらになさいますか?」ときた。これで、1.5倍は男がすたる。もちろん「2倍でお願いします」。
s-DSC06841.jpg

待っている間にもどんどん客が入ってくる。今日が敬老に日だからなのか、杖をつかれた方など、年配の客も多い。しかし、店員もなれた様子で、ていねいに案内している。この辺が人気の理由なのかな。あまり待たずに、10分程度で運ばれてきた。
s-DSC06830.jpg

さすが、麺量2倍。ドンブリが大き目だ。メニューとドンブリの色が違うのは、大盛仕様のためだろう。
s-DSC06831.jpg

人工的なうま味はともかく、思ったよりも、わかりやすくはっきりとした味わいだ。
s-DSC06832.jpg

麺はちょっと伸びるのが心配な感じだ。
s-DSC06835.jpg

具材は国産野菜7種。さらに、かまぼこや海老、肉など。
s-DSC06836.jpg

野菜。
s-DSC06839.jpg

さらに、玉ねぎ。
s-DSC06840.jpg

「ぎょうざにゆず胡椒」おためしください。
s-DSC06833.jpg

試してみた。
s-DSC06837.jpg

熱々で、ピリッとしていた。
s-DSC06838.jpg

ごはんの大盛りはともかく、麺量2倍は、食っているうちに麺がスープを吸っていくような気がしたが、思いのほか、量が多かった。しかし、自ら発注しておいて、残すのも申し訳ない。がんばって、すべて完食。
s-DSC06842.jpg

これだけ、食っても853円。良心的だ。
s-DSC06844.jpg

店を出たら、やはり駐車場は満車だった。
一時は麺もスープも冷凍の冷凍ちゃんぽんで、客足が遠のいたものの、国産野菜を使用を決め、かわりに値上げしたにもかかわらず、再び息を吹き返した。これだけの人気を見ると、かなりの支持があることが十分に実感できた。
s-DSC06846.jpg

【住所】  横須賀市久里浜4-12-5
【電話】  046-835-5460
【営業時間】11:00~4:00
【定休日】 年中無休
【アクセス】車で:国道134号線を久里浜方面に向かって進み、久里浜4丁目交差点を過ぎた反対車線側。
電車で:京浜急行北久里浜駅下車。 徒歩5分くらい。東口に出て、階段を下り、前面の一方通行路を駅を背に左に進む。国道134号線に面した久里浜4丁目交差点を渡らずに右折して進んだ道沿い。


【駐車場】 17台
【席数】  カウンター15席 テーブル席2×6 4席×6

【メニュー】すべて税別
      野菜たっぷりちゃんぽん680円 野菜たっぷり皿うどん680円
      野菜たっぷりちゃんぽん(ミドルサイズ)640円
      長崎ちゃんぽん540円 【減塩】長崎ちゃんぽん540円
      長崎皿うどん580円 ピリカラちゃんぽん600円
      太めん皿うどん680円 みそちゃんぽん580円
      ミドルちゃんぽん510円
      スナックちゃんぽん420円 スナック皿うどん420円
      野菜たっぷり食べるスープ640円
      減塩長崎ちゃんぽん540円
      角煮ちゃんぽん990円 トッピング角煮450円

      ぎょうざ5個250円 ぎょうざ3個150円
      特鍋ぎょうざ定食480円
      チャーハン310円 ミニ160円
      梅しらすごはん140円 じゃこごはん140円 ごはん120円    

      ◇トッピングメニュー
       ピリカラ味噌1辛30円 温泉卵50円
       コーン50円 バター50円
       ちゃんぽんドレッシング  しょうが風味 柚子胡椒風味50円
       肉j味噌100円
      ◇サイドメニュー
       セットぎょうざ 5個240円 3個140円
       セットチャーハン280円 ミニ150円 スープ50円
       セット
       梅しらすごはん130円 じゃこごはん130円 ごはん110円
       お手軽セット
       ぎょうざ3個+トッピングごはん260円

      おすすめセット
      A ミドルちゃんぽん+ぎょうざ3個650円
      B スナックちゃんぽん+ぎょうざ5個+ごはん770円
      C 長崎ちゃんぽん+ぎょうざ3個+ごはん790円
      D 長崎皿うどん+ぎょうざ3個+ごはん+スープ830円
      定番セット
      長崎ちゃんぽん ぎょうざ5個セット780円
      長崎皿うどん ぎょうざ5個セット820円

      ぎょうざ定食(ぎょうざ15個+ごはん・スープ)590円

【店舗Web】http://www.ringerhut.jp/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-09-20

北久里浜 ラーメンエイト

平成27年9月20日(日) 11:39訪問。
塩ラーメン700円+味付玉子100円を食す。

俺にとっての連休初日は、いろいろやり残したことから。パソコンに関連したことをやりだすと、結局とめどなく時間がすぎてしまって、結局、昼近くになっていしまった。腹も減ったので、早めにひるめしならぬ昼ラーメン。今日は、三度目のラーメンエイト。時間が早かったせいか、先客なし。
s-DSC06819.jpg

さて、何にしようか。初回は正油ラーメン、2回目は正油味のつけめんだったので、今回は塩のメニューにしてみよう。若い男性店主に注文を告げた。
s-DSC06803.jpg

ぴかぴかのカウンターテーブルと清潔な店内が落ち着く。
s-DSC06801.jpg

麺は中盛まで同じ料金なので、中盛でお願いした。先客はいないので、さほど待たずに提供された。
s-DSC06804.jpg

ただ並べてあるのではなく、立体的な盛り付けが美しい。
s-DSC06806.jpg

スープは、ひと口のんで芳醇でマイルドな印象。少し遅れて、塩味がやってくる。この塩味はやわらかくて、とてもいいバランス。好みな味だ。
s-DSC06807.jpg

麺はつるつるした食感のストレートで、しっかりとコシのあるタイプ。
s-DSC06809.jpg

メンマは味付けもいいが、しゃきっとしている。
s-DSC06811.jpg

彩りのきれいなブロッコリー。
s-DSC06812.jpg

豚バラチャーシューは、大きさはそこそこだけど、質のよい味わいだ。
s-DSC06814.jpg

ひと回り小さい鶏チャーシューも入っているがうれしい。
s-DSC06815.jpg

追加の味玉もちょうどいい半熟具合と味つけだ。
s-DSC06817.jpg

序盤だけでなく、終盤までうまいスープだった。何もかも堪能して、完食。なかなか佳品だった。
s-DSC06818.jpg

すぐ近くのイツワは相変わらず並んでいたけど、こちらは、おっとりとしたランチタイムの出足だった。
s-DSC06820.jpg
この塩ラーメン、かなりよかったな。この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横須賀市森崎1-1-9
【電話】  046-897-3298
【営業時間】11:30~14:30
       17:30~21:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】車で:国道134号線を久里浜方面に向かって進み、根岸町交差点を右折。川を跨ぐ橋を渡ったらすぐ右折。川沿いに進んだ左側。
電車で:京浜急行北久里浜駅下車。 徒歩15分くらい。駅を出て、国道134号線を横断(北久里浜駅前交差点)し、道なりに直進。しばらく進むと、左側に道路と平行して流れる川を渡る橋があるので、わたって、右折し、駅を背に川沿いに進んだ左側。


【駐車場】 2台
【席数】  カウンター8席
【メニュー】正油ラーメン700円 塩ラーメン700円
      正油味のつけめん750円 塩味のつけめん750円
      正油味のつけパスタ750円 塩味のつけパスタ750円
      
      普通盛と中盛は同料金
      大盛は80円プラス
      
      ◇トッピング
       味付玉子100円 温泉玉子100円

      ◇ミニ丼メニュー
       豚丼280円 チャーシュー玉子丼300円
       ライス150円 小ライス100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-09-19

横須賀中央 日高屋

平成27年9月19日(土) 20:53訪問。
中華そば+餃子セット590円+生ビール(中ジョッキ)310円を食す。

世間では連休なのだが、今日は仕事だ。しかもいつもより遅くまで働いたので、たまには夜ラーメンにいくかな。帰り道をずらしてまでいく気力がわかなかったので、横須賀中央駅で途中下車して、寄ってみた。
s-DSC06799.jpg

第一目標は、この店だった。明かりが灯っていたので、開いててよかったと思ったら、スープ売切れの知らせが出ていた。残念だ。営業中の札をひっくり返してやろうやろうかと思ったが、やめた。
s-DSC06780.jpg

ふられて駅への帰り道で、久しぶりにふらっと入ってみた日高屋。結構、にぎわっている。ひとりなので、食い終わりそうな客の隣の丸椅子に腰をおろした。この店は中華食堂なので、定食などのメニューも豊富なのだが、以前も食った中華そばと餃子の格安セットに決めた。単品より10円お得という、無理しなくてもいいのではと、気遣ってしまうサービスぶりだ。
s-DSC06781.jpg

滅多にないことなのだが、たまにはひとりお疲れさん会で、ビールを飲んでみることにする。目の前のボタンを押すと、すぐに店員がやってくる、便利なシステムだ。
s-DSC06782.jpg

すぐに、生ビールがはこばれてきた。安いけど、普通にうまい。今日は昨日までと違い、ビールがうまい気温だ。半分飲んで、餃子を待つことにする。
s-DSC06783.jpg

と思ったら、先に中華そばが提供された。
s-DSC06785.jpg

ちなみにカウンター席は向かい合わせだが、直接顔が見えないように、曇りガラスが挟まっている。固定された丸椅子の間隔は、隣り合って座っても、肘をついてもぶつからない広さだ。実際目の前の男性客の肘もぶつからない。
s-DSC06787.jpg

餃子はまだだけど、目の前の中華そばを食わないと。スープは、以前食った時と同じように魚介味が効いた印象だ。
s-DSC06789.jpg

節粉がたくさん溶け込んでいる。
s-DSC06790.jpg

それを麺が絡めて、うま味が伝わってくるしくみだ。麺は少し心細いが、あっさりとした印象は悪くない。
s-DSC06791.jpg

小っちゃいけど、チャーシューは3枚も入っている。
s-DSC06793.jpg

ここで、餃子が提供された。熱々の餃子に、泡の消えたビールがうまい。餃子はちょっと人工的なうま味が強めだけど、それはそれとして、あらかじめ焼いておいた作り置きではなさそうなところが好感。
s-DSC06795.jpg

スープは残してしまった。すみません。
s-DSC06796.jpg

コクを出すためか、油分が結構強くて、縁に油の層ができていた。
s-DSC06797.jpg

ちょっと飲んでも900円。当たり前だけど、千円札を出したら、100円のお釣り。さらに半年有効のサービス券までつけてくれるなんて、サービスよすぎだ。
s-DSC06800.jpg

次々と客が吸い込まれていく。日高屋。熱烈だ。
s-DSC06798.jpg

【住所】  横須賀市若松町3-18-2
【電話】  046-825-0476
【営業時間】10:00~2:00 (日・祝)10:00~0:00
【定休日】  
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅東口から徒歩1分くらい。駅を出て道路を挟んだ左側。階段を下り、道路を横断して左に進む。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター29席 テーブル席2×7

【メニュー】中華そば390円 ネギ中華そば500円
      野菜たっぷりタンメン500円 (麺少なめ)490円
      とんこつラーメン420円 ネギとんこつラーメン530円
      味噌ラーメン500円 汁なしラーメン(油そば)550円
      旨辛ラーメン500円 ピリ辛とんこつネギラーメン560円
      担担麺590円 カタヤキソバ580円
      和風つけ麺500円 黒酢しょうゆ冷やし麺510円
      半ラーメン200円

      半チャーハン250円 やきとり丼230円
      ライス160円 大盛ライス220円 半ライス100円
      チャーハン430円 大盛540円
      温玉うまから丼500円 中華丼580円

      やきとり丼セット  中華そば610円 とんこつラーメン640円
       黒酢しょうゆ冷やし麺730円 野菜たっぷりタンメン720円
      やきとり丼+餃子セット  中華そば800円 とんこつラーメン830円
       黒酢しょうゆ冷やし麺920円 野菜たっぷりタンメン910円
      餃子セット 中華そば590円 とんこつラーメン620円
       黒酢しょうゆ冷やし麺710円 野菜たっぷりタンメン700円

      W餃子定食620円(餃子12個+唐揚げ2個+ライススープ)
      餃子(6個)210円

      ◇トッピング
       温泉玉子100円 味付け玉子100円 細切りネギ110円
       メンマ110円

【店舗Web】http://hidakaya.hiday.co.jp/index.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-09-16

新横浜 二代目げんこつ屋

平成27年9月16日(水) 13:07訪問。
塩わんたんめん950円+とろ玉(半熟煮玉子サービス) 食す。

今日は新横浜。久しぶりにラーメン博物館にやってきた。今日は陽ざしもなく、街に出ると涼しい。
s-DSC06779.jpg

入口の案内では、0~10分の待ち時間とあったが、店によっては並んでいる。支那そばやに行こうかと思っていたのだが、並んでいたので、すぐ隣の二代目げんこつ屋にしてみた。
s-DSC06777.jpg

何にしようかな。未食の塩ラーメンにしてみよう。わんたんを足して、塩わんたんめんにした。
s-DSC06763.jpg

こちらもカウンターは満席。ひとり客だったが、てきぱきとした女性スタッフに奥のテーブル席に案内された。厨房内はどこか弛緩していて、リラックスムードが漂っている。厨房に近すぎる席というのも考え物だ。そうこうしているうちにラーメンが運ばれてきた。スープは白く、細かなネギが浮いており、いかにもうまそうだ。
s-DSC06764.jpg

塩ラーメンは醤油に比べて、出汁のはっきりとした味わいが前面に出ている。コクがあって、くっきりとした強めの味が特徴だ。醤油よりむしろマイルドな印象だ。
s-DSC06766.jpg

麺は、透明感があってつるつるした美白なもの。醤油とも共通だが、弾力もそこそこあって、うまい。
s-DSC06768.jpg

チャーシューは刻まれていて、これは醤油と共通。普通のチャーシューがいいな。
s-DSC06771.jpg

サービスの追加煮玉子は、名前のとおり、とろっとしてうまい。これは大きな口をあけて、ぺろっとひと口でいった。
s-DSC06772.jpg

標準の固ゆでの玉子もこれはこれでいい。
s-DSC06769.jpg

ちゅるんとした、わんたんは餡も大きさはそこそこ。癖がなく、食いやすい。数えたら、6つも入っていた。これで、100円増しなので、良心的だ。
s-DSC06770.jpg

最後は、スープまで飲み干して、完食。ごちそうさま。
s-DSC06774.jpg

【住所】  横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館B1F
【電話】  045-471-0503
【営業時間】オーダー時間:(月~金)11:00~21:30または20:00
      (土)11:00~22:00 (日・祝)10:30~21:30または22:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄8番出口(あざみ野方面先頭)から出てまっすぐすすみ、一つ目の横断歩道を渡って、左折。直進すると、フレッシュネスバーガーが見えるので、その並び。


【駐車場】 有料駐車場あり。30分250円
【席数】  カウンター6席 テーブル4人×3 6人×1  
【メニュー】げんこつら~めん(塩と醤油の黄金比率)850円 香油ら~めん1,100円
      豪快ら~めん1,100円 げんこつ特製ジャンボ餃子450円
      げんこつわんたんめん950円 塩わんたんめん950円
      醤油わんたんめん950円 げんこつちゃ~しゅうめん1,200円
      塩ちゃ~しゅうめん1,200円 醤油ちゃ~しゅうめん1,200円
      麺の大盛150円
      塩ら~めん850円 醤油ら~めん850円
      げんこつ-SHOUGA-しょうが980円
      とろ玉(半熟煮玉子)100円 ちゃ~しゅう(1枚)150円 
      かた玉(完熟煮玉子)100円 薫りメンマ100円
      冷しわんたん(皿盛り)400円
      かた玉1/2(完熟煮玉子)50円 刻みねぎ100円
      海苔(6枚)100円 1本釣りまぐろ節100円
      刻みちゃーしゅう ラー油150円

      ミニげんこつら~めん570円 ミニげんこつら~めん(かた玉子1/2入り)620円 
      ミニ香油ら~めん800円 ミニ豪快ら~めん800円
      ミニ塩ら~めん570円 ミニ塩ら~めん(かた玉子1/2入り)620円 
      ミニ醤油ら~めん570円 ミニ醤油ら~めん(かた玉子1/2入り)620円     

【店舗Web】http://www.raumen.co.jp/shop/genkotsuya.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-09-13

堀ノ内 萬家

平成27年9月13日(日) 12:31訪問。
ラーメン650円+味付半熟玉子100円を食す。

たまには横須賀の家系もいいかなと久しぶりにやってきた。
s-DSC06758.jpg

ちょうど昼時のピークにあたったらしく、あいにくの満席。しかし、5分もしないうちに席が空いた。カウンター席のみなので、食い終われば終了、という感じで席が空くので、そう待つことはなさそうだ。手慣れた感じで調理をする店主と、接客中心の男性店員の2名が厨房に入っている。

麺の固さや、味の濃さはすべて普通でお願いした。店内は以前と変わらずきれいで、整頓されている。すりおろしのニンニクだけでなく、ショウガも用意されているのがありがたい。
s-DSC06743.jpg

家系らしく、大きな鍋で麺を茹でて、平ざるでさっと湯切り。手慣れたものだ。見ているうちに、出来上がり。カウンターにドンブリが置かれた。
s-DSC06744.jpg

麺を覆っている海苔をどかしてみた。そういえば、店の外はもちろん、店内もとんこつ臭はまったくないが、ラーメンからも感じない。
s-DSC06746.jpg

では、スープから。とんこつ出汁は前面で主張しないので、あっさりとして、とても飲みやすい。ほどよい油の加減が十分なコクを与えている。
s-DSC06748.jpg

麺は短めの角断面の中太ストレート。弾力感がある。
s-DSC06749.jpg

半分くらい食い進んだとところで、ブラックペッパー、ショウガ、ニンニクの順に調味料を加えてみた。味の変化が楽しい。元のスープの味が、あっさり目なので、入れすぎるとしょっぱくなりそうだ。
s-DSC06750.jpg

癖のないチャーシューは、味付けは控え目、ほどよい固さで、肉のうま味が味わえる。
s-DSC06751.jpg

味玉も少し薄味かな。半熟具合はまあまあ。
s-DSC06752.jpg

ほとんど完食。最後は、調味料の加減でしょっぱくなってしまい、少し残した。
s-DSC06755.jpg

やたらと豚骨の甘みが強調されすぎていたり、妙にクリーミーだったりする、昨今の豚骨醤油ラーメンとは違う、正統的な家系のスタイルであろうラーメン。変わらない味わいなのだろうが、こんなに飲みやすいスープだったっけと改めて思わせてくれた一杯だった。メニューもシンプルだけど、変わらないのがいい。訪問時も子どもから大人までラーメンを楽しんでいた。いつも通り過ぎているのだが、長く愛されているラーメン店だということを再認識した。
s-DSC06759.jpg

【住所】  横須賀市三春町3-8
【電話】  046-827-1014 
【営業時間】[火~金]11:30~15:00 17:00~22:00 [土・日・祝]11:30~22:00
【定休日】 月曜日

【アクセス】電車で:京浜急行堀ノ内駅から徒歩約5分強。駅を背に細い道をまっすぐ進む。国道16号線まで進んだら、渡らずに左折したすぐの道沿い。


【駐車場】 道路を渡った反対側に4台
【席数】  カウンター11席

【メニュー】ラーメン650円 中ラーメン750円
      大ラーメン850円 半ラーメン550円
      チャーシューメン900円 チャーシューメン中950円
      チャーシューメン大1,000円

      ネギ多め100円 のり多め100円
      味付半熟玉子100円

      ライス100円 ライス(大)200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター