2015-08-31

大船 らーめんと酒 こきあ

平成27年8月31日(月) 12:04訪問。
醤油らー麺680円を食す。

今日は大船で昼飯だ。以前、辻堂の同店が閉店して、ここ大船の店だけになったのを知らずに辻堂店を訪ねて行って食えなかったとき以来、大船に行ったらぜひ寄ろうと思っていた。
s-DSC06675.jpg

この店は、変わったしくみで、厨房があって、周囲をカウンター席が囲む一見普通のラーメン店なのだが、なぜか土足厳禁のため、入口で靴を脱いで下駄箱に入れてから、食券を買うしくみなのだ。あれこれ迷わず、基本そうな醤油らー麺を選ぶ。女性店員の案内で食券を買って、カウンター席に腰を下ろした。食券を渡すと、麺大盛か半ライスが無料サービスとのことで、麺大盛をお願いした。15時までのサービスということだ。
s-DSC06663-2.jpg

カウンター席が2席とテーブル席が空いていたが、すぐに後から客が入ってきて、埋まってしまった。店員との会話の様子から常連客も多いらしく、人気の店のようだ。中には鉄道関係のユニフォーム姿の客もいた。

混んでいる割には、意外なほど早く出てきた。案外、この早さも人気の理由かもしれない。器は背が高くて、口径の小さ目のドンブリだ。
s-DSC06665.jpg

クリアなスープは、鶏ガラ出汁の中華そば風の味。普通にうまい。ただ、個性的なうまさはない。
s-DSC06667.jpg

麺は普通の太さのストレート。つるんとした啜り心地のいい麺だ。
s-DSC06669.jpg

メンマはかなり多めだ。
s-DSC06670.jpg

チャーシューは持ち上げると崩れる柔らかいもので、味付けもほどよい。
s-DSC06671.jpg

あとは、小松菜。これもよかった。麺を食い終わったら、スープが残ってしまった。今日は、無理せず残すことにした。
s-DSC06673.jpg

普通にうまかったのだが、ちょっと過度な期待をしすぎたかもしれない。平凡な印象だった。もしかしたら、他のメニューの方が楽しいかもしれない。
s-DSC06674.jpg


【住所】  鎌倉市大船3-1-25 MCHビル 1F
【電話】  0467-81-4539
【営業時間】11:30~15:00 17:00~1:00
【定休日】 
【アクセス】電車で:JR大船駅東口から徒歩5分くらい。東口から地上に降りて、横断歩道を渡り、駅を背に右方向へ進む。そのまま直進し、大船駅東口交通広場前交差点を渡った道沿いの左側。


駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席 テーブル席4席×1
【メニュー】醤油らー麺680円 白醤油らー麺700円
      あおさらー麺780円 煮干らー麺780円
      太陽の坦々麺850円 屋台らー麺980円
      つけ麺900円
      メンマ150円 玉子150円 チャーシュー(5枚)450円
      のり(5枚)150円 あおさのり200円
      水餃子(6ケ)400円 焼餃子(5ケ)400円
      ピリ辛もやし350円 三品盛り(チャーシュー、玉子、メンマ)500円
      おつまみ500円 炙りチャーシュー600円
      ライス150円 半ライス100円
      チャーシュー丼400円 チャーマヨ450円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-08-30

北久里浜 吉田製麺店横須賀店

平成27年8月30日(日) 11:56訪問。
ラーメン-魚介豚骨しょう油-780円+われたまご50円を食す。

今日は、吉田製麺店にやってきた。
s-DSC06661_20150830132035afe.jpg

実は、この店を訪問前に、昨日から営業を再開したらしい麵屋こうじに勇んで行ったのだが、何と臨時休業だった。理由は店主の体調不良だそうだ。俺の知る限り、これまで体調不良での休みなどなかったと思うので、心配だ。いろいろ気苦労も多いのだろうけど。立ち仕事だし。昨日が大変だったのかもしれない。あまり無理せず、がんばってほしい。
s-DSC06646-2.jpg

さて、こちらは昼時でにぎわっていた。久しぶりだけど、何にしようかな。
s-DSC06647.jpg

カウンター席にもメニューがあって、食券式ではないので、しばし悩んで、基本のラーメンを食うことにした。確認したら、数量限定のわれたまごもあるとのことなので、プラスしてもらった。忘れていたけど、店員のアドバイスで思い出した。麺中盛まで無料だ。何と親切な男性店員だろう。
s-DSC06648.jpg

しばらく待って出来上がり。これまで、つけ麺ばかり食っていたので、ラーメンは、初めてだが、海苔に魚粉をのせたスタイルなのだ。見る限りはいわゆる普通のチャーシューはないようだ。
s-DSC06649.jpg

まずはスープをいただく。濃厚そうに見えるが、豚骨はまったくくどさはなく、むしろすっきりした印象もある。魚粉をはじめとした魚介系の味わいが前面に出ている印象だ。悪くないのだけど、もう少し隠し味的な奥行きがあると、なお好みかな。意外に見た目よりはシンプルな味わいに感じられたのは、つけ麺の印象が強いからだろう。
s-DSC06651.jpg

続いて、自家製麺から。ストレートでコシがあってなかなかの噛みごたえ。それなりの粘度なので、スープをよく絡める。
s-DSC06652.jpg

そして、はっきりとした味付けの小さくカットされたチャーシュー。これは、このラーメンになかなかあっていた。普通のチャーシューがないのも納得、でも、できればメンマもほしかった。
s-DSC06654.jpg

海苔の上にのせられた魚粉は、半分くらい食い進んだ段階で、スープに混ぜると、魚風味がさらに増してくる。
s-DSC06655.jpg

玉子は、工程の途中で規格外になったのだろう。残念ながら、あまり味がしみていなかった。でも、半額なので納得。
s-DSC06657.jpg

ドンブリが小さ目と思ったが、結構量は入っていた。かなり、がんばってスープも飲み干した。完食。ごちそうさま。
s-DSC06658.jpg

これで、麺は、ほぼすべてのメニューを食いつくした。
s-DSC06662.jpg
なかなかの人気店で、客足が絶えなかった。この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。

【住所】  横須賀市根岸町3-1-6
【電話】  
【営業時間】11:30~14:30 17:00~23:00 [日・祝] 11:30~14:30/17:00~21:30
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩10分弱。駅前の大きな道(国道134号線)を渡り、右方向に進む。根岸町交差点を左折して、少し進んだ右側のマンションの1階。


駐車場】 なし
【席数】  カウンター13席
【メニュー】つけそば-冷・熱-700円
      濃厚つけそば-冷・熱-880円
      ラーメン-魚介豚骨しょう油-780円
      鶏白湯-鶏出汁スープ クリーミーな味わい-780円
      小盛150g 並盛200g 中盛300g 同一料金
      大盛400g100円増し
      豚めし300円 ごはん 小・大可150円

      特製ラーメン1,000円
      ◇トッピング
      味玉100円 メンマ100円 野菜100円
      焼きノリ100円
      焼豚8枚180円 焼豚6枚350円
      特製(味玉・焼豚3枚)250円

      期間限定
      鶏つけそば780円
      鶏パンチ840円
      あとメシ50円

【店舗web】Facebook https://www.facebook.com/yoshida.yokosuka?rf=244129769115230

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-08-29

横須賀中央 鳳園

平成27年8月29日(土) 11:39訪問。
ラーメン650円を食す。

今日は横須賀中央にやってきた。煮干ラーメンと思ったが、11時半を過ぎても準備中なので、やめた。通りに戻ったら、らーめんの暖簾を発見した。
s-DSC06645.jpg

入口は狭いけど、奥に細長い店だ。奥の方には座敷もある。昔からある中華料理やさんだが、今日が初訪問。座敷席では、すでに飲み会が始まっていて、3人くらいの男性が、静かに飲んでいる。さすが昼飲みの街、横須賀。話し声はほとんど聞こえてこないので気にならない。他に客はいない。俺はカウンター席に座って、壁のメニューを見ながら、注文を検討した。
s-CM150829-113909007.jpg

いつもなら、サンマーメンか五目そばにするのだが、あえてラーメンにしてみようという気になった。カウンターに面した厨房には男女の店員。男性は、座敷の客用の一品料理だろうか、中華鍋をふっている。水を出してくれた、一瞬若い女性店員に口頭で発注した。
s-DSC06637.jpg

麺類は、女性店員が担当なのだろうか。しばらくして、平ざるで湯切りを始めた。ほどなくラーメンが提供された。
s-DSC06638.jpg

ラーメンにふられた白ゴマや、チャーシューにかかったタレなどがおもしろい。
s-DSC06639.jpg

すきとおったスープは中華料理店らしく、すっきりと飲みやすいものだが、強めの甘口だ。
s-DSC06640.jpg

麺はこれもオーソドックスな中華麺。麺茹でか、あるいは湯切りが今ひとつなのか、麺が少しかたまっているような箇所もあった。
s-DSC06641.jpg

甘口のタレがかかったチャーシュー。少し雑味があったが、なかなか面白い。
s-DSC06642.jpg

少々の難はともかく、全体的にすっきりと食いやすい一杯。スープまで飲み干して、ごちそうさま。
s-DSC06643.jpg

途中で、小さな子連れの母子が入ってきたのだが、女性店員の孫らしい。落ち着かなくなったので、会計をしてさっさと退散した。
s-DSC06644.jpg

【住所】  横須賀市米が浜通1-3
【電話】  046-826-1548
【営業時間】11:30~14:00 17:30~23:00
【定休日】 

【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分くらい。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折して、そのまま進んだ左手。


【駐車場】 なし。
【席数】  カウンター7席 テーブル2席×3 座敷4人×2
【メニュー】ラーメン650円 ワンタン650円 タンメン700円
      サンマーメン780円 味噌ラーメン700円 五目そば780円
      肉うまにそば780円 もやしそば700円 海老そば780円
      つけ麺800円 冷し中華850円
     
      かた焼そば780円 チャーハン700円 カレーチャーハン700円
      五目チャーハン800円 中華丼780円 天しん丼780円
      ライス200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-08-27

黄金町 名物屋

平成27年8月27日(木) 19:13訪問。
ワンタンメン800円+ゆで玉子50円を食す。

ふと思い立って、降り立ってみた。宵の口の黄金町。駅を出たらすぐの初音町交差点角に昔からある店だ。訪れたのは、ずいぶんと久しぶりだ。夜だけの営業店。少しくたびれた感じがいい。
s-DSC06635.jpg

交差点を渡って、店内に入ると、先客がひとり静かにラーメンの到着を待っていた。この店は、メンマのことは支那竹といって、支那竹ラーメンが人気のようだ。しかし、俺はワンタンメンにした。しゃきっとした物言いの女性店員に口頭で発注する。夫婦経営と思われる男女店員が慣れた様子で立ち働いている。
s-DSC06621.jpg

静かに流れるBGMといい、無口に黙々と調理する男性店員とこれまた余分なことはいっさい言わない女性店員といい、仕事を終えて雑踏を離れた気分にさせる。信頼関係なんていうんじゃなくて、何も言わなくたってわかるっていう、言葉のいらないつながりが長年の仕事ぶりを感じさせる。
s-DSC06622.jpg

ていねいな仕事ぶりを見ているうちに、女性店員がカウンター越しにラーメンを置いてくれた。
s-DSC06623.jpg

ワイルドな見た目だ。スープには細かな揚げネギが浮いている。
s-DSC06624.jpg

ブラックペッパーとアゲネギに生姜の風味がきいていて、きりっとしたうまみ。飲んだ後の客に合わせているのか、意外にはっきりした味付けが、久しぶり過ぎてぼんやりと想像していたラーメン像とちがって、予想よりはるかに刺激があっていい。
s-DSC06626.jpg

麺は太めで、手打ちと暖簾にあるとおり、本来コシの強そうなものだ。柔らかすぎたのが、残念だが。昔はこれが標準だったのかな。そう思うと、これまた、うまく感じる。
s-DSC06627.jpg

支那竹は柔らかいが、歯ごたえがしっかりしている。味付もはっきりめだ。
s-DSC06628.jpg

少し小さ目だけど、厚みのあるチャーシューはやわらかくて、癖がなくうまい。
s-DSC06629.jpg

ワンタンは餡は少ないけど、皮の食感が楽しい。これが6つも入っていた。
s-DSC06630.jpg

黄身が少しだけ半熟気味のゆで玉子。ぱくっとひと口で食った。
s-DSC06631.jpg

最後は、ドンブリを手で持ち上げて、スープを飲み干して、完食。うまかった。
s-DSC06632.jpg

食い終えて代金を払ったら、前の客もそうしたように、食い終わったらドンブリをカウンターにあげて、テーブルを拭いて、さっと帰る。
s-DSC06633.jpg

何か懐かしいような。しばし浮世から離れて、ラーメンを食うことを楽しめた。本当に来てよかった。まだ、通算2回目だけど、ずっと長くつづけてほしい。
s-DSC06634.jpg

【住所】  横浜市中区初音町3-63
【電話】  
【営業時間】18:00~23:00
【定休日】 日曜日・祭日

【アクセス】電車で:京浜急行黄金町駅からすぐ。改札を抜けたら、目の前の道路を横断した先。初音町交差点角。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター8席

【メニュー】ラーメン700円 ワンタン700円
      大ラーメン800円 ワンタンメン800円
      支那竹ラーメン900円 支那竹ワンタンメン1,050円
      支那竹チャーシューメン1.250円 
      チャーシューメン1,000円 
      チャーシューワンタンメン1,100円
      支那竹チャーシューワンタンメン1,350円
      ゆで玉子50円 生玉子50円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-08-26

横須賀中央 ろーりえ

平成27年8月26日(水) 11:22訪問。
サンマーメン750円を食す。

滅多にないが、病院に行くために休暇をとった。休日出勤が多いので、正確には振替休暇だ。病院と言っても病気ではなく、定期健診だ。ついでに、平日しかできないような用事を済ませたら、ちょうど昼飯時でもないけど、腹が減ってきた。三笠公園近くの、港の居食処 ろーりえ。実は初訪問だ。
s-DSC06618.jpg

店の前には、地元でとれた野菜が並んでいる。ラーメンとか餃子とか大体、中華料理が主なのだが、カレーやカツ丼もある。本日のランチは鉄板パスタのナポリタンセットだ。意表をつくメニューだけど、これもうまそうだな。
s-DSC06613.jpg

とはいっても、何を食うかはすでに心に決めてある。今日はこの夏一番といっていいくらいの涼しい日なので、のぼりにあったサンマーメンにする。実は、店の前は何度も通っていて、サンマー麺ののぼりもよく見ていたのだが、いつかそのうちに、と思っていると、なかなか機会がないものだ。

店に入ると、時間が早いせいで、先客はなし。カウンターはないので、テーブル席に腰をおろした。そして、水を運んできてくれた女性店員に口頭でサンマーメンを発注。厨房は店の奥にあって、あまり見えないが、中華鍋で炒め出したようだ。うまそうな音が聞こえてきた。
s-CM150826-112334001.jpg

店内は大きな大小のテーブルのほか、小上がりもあって、開放感がある。家庭的な雰囲気だ。
s-CM150826-112341005.jpg

さて、俺のサンマーメンがしばらくして運ばれきた。食べやすそうな箸が何とも好感。
s-DSC06614.jpg

サンマーメンらしい見た目に、4分の1のゆで卵が特徴的。
s-DSC06615.jpg

上にのる餡は醤油味で、とろみ具合がちょうどいい感じだ。麺を引っ張り出してみると、意外と太めだ。熱いけど、餡とスープをからめてうまい。そして、スープ。中華料理店らしい素直でさっぱりとした味わいに甘みある餡が絡み合って、見事なバランスだ。このスープはうまい。特に、麺に絡まるスープの味がなんともいい。
s-DSC06616.jpg

夢中で食ったけど、スープは多くて、飲み干せなかった。相済まぬ。
s-DSC06617.jpg

この店のサンマーメン、オーソドックスだけどうまかったな。ごちそうさま。
s-DSC06612.jpg

【住所】  横須賀市大滝町1-7-7エクセレント横須賀1F
【電話】  046-825-3911
【営業時間】11:00~21:30
【定休日】 日曜日

【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅より徒歩8分くらい。改札出て陸橋を渡って、テナントビルの前を左に降りる。バス通りを直進。国道16号に交差する本町1丁目交差点を右折して、すぐの右側道沿い。


【駐車場】 なし
【席数】  テーブル2席×2 4席×1 9席×1 小上がり8人×2

【メニュー】長崎チャンポン830円 長崎皿うどん850円
      ラーメン500円 みそラーメン650円
      サンマーメン750円 チャーシューメン800円
      焼ギョーザ(5個)380円 
      小ライス100円 ライス150円
      冷し中華(夏季限定)900円

      焼きギョーザセット(焼きギョーザ5個、ライス、スープ、サラダ、香の物)680円
      正油ラーメンセット(焼きギョーザ5個、小ライス、香の物)880円
      サンマーメンセット(焼きギョーザ5個、小ライス、香の物)1,100円
      チャンポンセット(焼きギョーザ5個、小ライス、香の物)1,200円
      中華丼セット(小ラーメン、冷奴、香の物)980円
      マーボー丼セット(小ラーメン、サラダ、香の物)980円
      豚肉生姜焼定食(ライス、みそ汁、サラダ、香の物)800円
      肉野菜炒め定食(ライス、みそ汁、香の物)800円
      豚肉ロースカツ定食(ライス、みそ汁、サラダ、香の物)1,000円

      カレーライス(みそ汁付)600円 カツカレー(みそ汁付)900円
      チャーハン(スープ付)700円 玉子丼(みそ汁、香の物付)600円
      中華丼(スープ、香の物付)750円 マーボー丼(スープ、香の物付)750円
      カツ丼(みそ汁、香の物付)880円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-08-23

両国 まる玉 両国本店

平成27年8月23日(日) 12:59訪問。
まる玉らーめん味玉子入り780円を食す。

今日も青空が広がって、暑い。今日は少し足をのばして、この店にやってきた。
s-DSC06598.jpg

場所は両国だ。両国といえば、国技館。ではなく、江戸東京博物館に企画展を見学にやってきた。そして昼食は駅からもほど近いまる玉だ。この界隈は日曜定休の店もあるのだが、ありがたいことにこの店は営業していた。
s-DSC06596_201508262210062af.jpg

普段はもっと並んでいるのかもしれないが、外には5名ほどが並んでいた。もっとも店内には並ぶ余地がないので、外で並んでいて声がかかったら店内に入るしくみのため、店内には待っている客はおらず、さほど時間はかからない。しかし、たまたま並んでいるところが、日影が少なくて、陽ざしが少々つらかった。

並びながら、メニューが選べる。この店のメニューはとてもシンプル。基本のラーメンにトッピングの種類が変わるだけだが、こういう潔い店はかなり好みだ。
s-DSC06599_201508262244313f0.jpg

待つこと15分あまり。ていねいな対応の男性店員が店に招き入れてくれる。あおさ入りとも迷ったのだが、味玉子入りを選択した。
口頭で発注する。店内はカウンター席に4人掛けテーブル席がひとつ。

店内はもちろん満席だったが、思ったほど待たずにラーメン登場。
s-DSC06600_20150826224433be5.jpg

店内外とも質素な感じだったが、ドンブリは意表をついて色彩豊かだ。
s-DSC06602.jpg

どんよりと落ち着いた色合いがいかにも、うまそうだ。味玉を除いた標準形は、青ネギとあおさにチャーシューといたってシンプルだ。
s-DSC06603.jpg

では、期待を込めて、ますはスープから。鶏白湯のパイオニアと謳うだけあって、今日や昨日の駆け出しの鶏白湯スープとはわけが違うってな具合で、濃厚なのにすっきり。鶏の風味はもちろんするのだが、嫌味は、まったくといっていいほどない。品のいい、とろーりとした印象。写真もとろんとしてしまった。
s-DSC06604.jpg

あおさを混ぜて飲んでみる。ちょっぴり海の味がする塩味が加わって、余計にコクを感じるしかけだ。
s-DSC06607.jpg

麺は、なるほど、茹で時間が短いわけだと思われる、細麺。少し縮れがある。麺の量はさほど多くないので、伸びる心配はない。そのかわりか、替玉システムがある。
s-DSC06605.jpg

きれいなチャーシューは、柔らくて、味もちょうどいい。
s-DSC06606.jpg

ねっとりとした半熟の味玉子。味付は濃すぎず、ちょうどよかった。
s-DSC06609.jpg

かなりの客が替え玉を発注していた。なるほど、気持ちはわかる。しかし、このラーメンはスープが命だ。だから、替玉でスープを薄めることなく、飲み干す。完食だ。
s-DSC06610.jpg

上質な鶏白湯のラーメン。鶏白湯で世界に通用するラーメンを作りたい。豚や牛とは違うので、世界征服ラーメンの可能性もあるかもしれない。と思ったらすでに海外でも出店していた。
s-DSC06611.jpg

濃厚なのに、くどくない。コクがあるのにすっきりしている。何より後味がいい。鶏白湯の原点がここなのか。とにもかくにもごちそうさま。
s-DSC06597_201508272204092fe.jpg

【住所】  東京都墨田区両国2-11-1
【電話】  070-5201-5690
【営業時間】平日11:30~14:30 17:30~21:00 日祝11:30~15:00
【定休日】 不定休

【アクセス】電車で:JR総武線両国駅から徒歩5分くらい。改札を出たら、駅を背に右方向へ。線路のガードをを左に見ながらくぐると、両国駅西口交差点。そのまま直進し、両国二丁目交差点を右折。正面は回向院。少し進んだ左手。両国一丁目交差点角。


【駐車場】 公郷神社近くに2台
【席数】  カウンター10席 テーブル4席

【メニュー】まる玉らーめん680円
      角煮入り1,080円
      チャーシュー入り980円
      あおさ入り880円
      青ネギ入り880円
      味玉子入り780円
      生からし入り780円
      替玉(おかわり)100円

      別のせ
      角煮400円 チャーシュー300円
      青ネギ200円 あおさ200円
      味玉子100円 レモン100円
【店舗web】http://www.ma-rutama.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-08-22

衣笠 拉麺大公

平成27年8月22日(土) 11:39訪問。
カレーつけ麺煮玉子入り950円を食す。

今日は仕事は休み。しかし、いろいろやらなければいけないことが山積だ。朝から忙しく動いて、早めの昼食。今日はここ、衣笠の大公。開店直後で、2台ある駐車場は、生憎と満車だ。仕方なく近所のコインパーキングに駐車した。店に入ると、先客でテーブル席は満席。4つあるカウンター席のうち3席が埋まっていた。真夏だというのに相変わらずの人気ぶり。
s-DSC06593_20150822181102355.jpg

今日のねらいはこれだ。相変わらず限定メニューに弱いのだ。カレーつけ麺。カレーといっても、焼き味噌にカレーを合わせたつけダレだそうだ。
s-DSC06574.jpg

さすがに混んでいると見えて、鍋を振る音が絶えない。久しぶりに来たら、女性のアルバイト店員がいて、カウンター席を案内してくれた。まだ、最初の客のラーメンも到着していなかったので、俺のラーメンは約20分後に運ばれてきた。
s-DSC06577.jpg

つけダレにはネギが浮かんでいる。カレーと長ネギって意外と合うのだ。
s-DSC06578.jpg

麺の方には具がのせられている。夏野菜の茄子もある。
s-DSC06577.jpg

麺は全粒粉入りだ。
s-DSC06580.jpg

少し遅れて、追い飯用のライスも運ばれてきた。
s-DSC06581.jpg

では、さっそくいただく。最初は、恐る恐る麺の半分くらいをつけダレにつけて、啜ってみる。カレー風味はマイルドで、どちらかというと味噌ダレが強力で、塩分強めな味だ。でも、悪くない。
s-DSC06582.jpg

つけダレの中には小さめにカットされたチャーシューが沈んでいた。カレー味に負けない、はっきりとした味付けだ。
s-DSC06584.jpg

こっちは、麺の上にのっていたチャーシュー。これはタレにつけずに食ってみた。こっちの味の方がいい感じ。
s-DSC06587.jpg

この店は、つけ麺にのせる煮玉子は半分にカットするようだ。対して、スープのある麺の煮玉子は丸ごとのせてある。これもつけダレには浸さず、そのままいただく。味付けがちょうどいい。
s-DSC06588.jpg

麺を食い終えたら、ライスをすべてつけダレの器にあけてみた。この食い方が果たして正しいのかわからない。もしかしたら、ライスにつけダレをかけて食う方がいいのかな。まっいいか。
s-DSC06589.jpg

つけダレの味がかなり濃いめなので、しょっぱく感じたが、それでもうまかった。麺はもう少し欲しいかな、と思ったのだが、追い飯があったので、普通盛りでちょうどよかった。すべて食い終えた。ごちそうさま。
s-DSC06591.jpg

カレー風味の味噌つけ麺、初めて食ったけど、なかなか面白かった。それにしても、相変わらずの人気で、にぎわっていた。
s-DSC06592.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横須賀市公郷町2-16-4
【電話】  
【営業時間】平日11:30~14:20 17:30~20:45 土日祝11:30~14:45 17:30~20:45
【定休日】 月曜、毎月第3火曜日

【アクセス】電車で:JR横須賀線衣笠駅から徒歩15分くらい。駅前道路を右に進み、衣笠十字路を直進。横須賀線をずっと右手にみながら直進した左側。


【駐車場】 公郷神社近くに2台
【席数】  カウンター4席 座敷4×3

【メニュー】味噌らぁめん(チャーシュは入っておりません)680円
      3枚チャーシュー味噌らぁめん830円
      5枚チャーシュー味噌らぁめん930円
      辛しにんにく味噌らぁめん780円
      肉玉味噌らぁめん(チャーシュー3枚と半熟煮玉子入り)930円

      焦がし醤油 札幌スタイル醤油
      肉玉醤油930円 醤油チャーシュー830円
      焦がし醤油730円

      夏季限定
      ゆず香る塩つけ麺
      塩つけ麺880円
      チャーシュー塩つけ麺(チャーシュー3枚入り)930円
      肉玉塩つけ麺(チャーシュー3枚と煮玉子入り)1,080円
      塩玉つけ麺980円

      夏季限定
      味噌つけ麺880円
      チャーシュー味噌つけ麺(チャーシュー3枚入り)980円
      肉玉味噌つけ麺(チャーシュー3枚と煮玉子入り)1,080円
      味噌玉つけ麺980円

      夏季限定
      ニンニクを沢山入れた味噌ガッツつけ麺
      ガッツつけ麺830円
      チャーシューガッツつけ麺(チャーシュー3枚入り)930円
      肉玉ガッツつけ麺(チャーシュー3枚と煮玉子入り)1,030円
      ガッツ玉つけ麺930円
      ニンニク増し無料

      数量限定
      煮干そば730円
      背脂煮干しそば730円
      3枚チャーシュー830円
      5枚チャーシュー930円
      肉玉煮干しそば930円
      大盛り100円増し 背脂増し無料

      ◇トッピング
       チャーシュー(2枚)100円 半熟煮玉子100円
       海苔100円 辛しにんにく50円 メンマ100円
      ◇ご飯物
       ねぎメンマ250円 肉メシ250円
       ライス100円 ライス大盛り150円

【店舗web】twitterhttps://twitter.com/misotaikou

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-08-17

逸見 一酵や葉山

平成27年8月17日(月) 13:19訪問。
冷たいとり塩レモンら~めん890円を食す。

夏休み最後の昼食は、またまたこの店にやってきた。
s-DSC06573.jpg

今日は久しぶりに雨模様で厳しい陽ざしがないのだが、このメニューを見たら、このラーメンしかないと即決。席に着いて、いつものきびきびとした女性店員に、口頭で注文を告げると、「冷たい麺に冷たいスープですが、大丈夫ですか」と確認をされてしまった。心配ご無用。「大丈夫です」と答えた。今日はさほど暑くないので、店員も少し弱気のようだ。
s-DSC06571.jpg

麺の量は少な目、普通、大盛りと選べるのだが、今回は大盛りでお願いした。平日来たのは初めてだが、ゆったりとしている。少しだけ待って、先ほどの女性店員が運んできてくれた。
s-DSC06561.jpg

鶏チャーシュー&レモンの四重奏。
s-DSC06564.jpg

青紫蘇や万能ネギが涼味を演出。
s-DSC06566.jpg

冷たく締められた麺は、啜るたびに涼しさ満点だ。少ししょっぱさもあるけど、さっぱりとしていてなかなか。
s-DSC06567.jpg

鶏チャーシューははっきりとした味付けで、癖がなくうまい。
s-DSC06568.jpg

スープは冷製で、はっきりとした出汁の味はないものの、鶏由来のうまみと強めの塩気を感じる。レモンの風味は、レモンの近所だけ感じるので、これは好みで、絞ったりするといいのだろう。
s-DSC06562.jpg

大盛にしてよかった。麺は楽しんだけど、あえて飲み干すほどスープがうまいわけでないので、スープは残した。
s-DSC06570.jpg

まだまだ暑い日が続きそうだけど、久しぶりの雨に少しうるおされたかのうような気分。なかなか面白い一品だった。ごちそうサマー。ドナ・サマー。
s-DSC06572.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。

【住所】   三浦郡葉山町木古庭236-4
【電話】   046-878-6863
【営業時間】 平日・祝日11:30~15:00 17:30~21:00
         土曜・日曜11:30~21:00
【定休日】  水曜日 
【アクセス】 車で:国道16号を観音崎方面に向かい、逸見駅入口交差点を右折。道なりに直進して、池上十字路交差点を右折。少し先の大きな交差点を横須賀インター方面へ向け、右折。道なりに進んだ左側。


【駐車場】 葉山インターサイドゴルフパークの駐車場と共有
【席数】  カウンター4席 テーブル4席×4 座敷8席×1 4席×2
【メニュー】豚醤油ら~めん790円 豚塩ら~めん790円 担担ら~めん890円
      一酵やつけ麺790円 レモン塩つけ麺790円
      鶏塩らーめん790円 鶏正油らーめん790円
      有精卵の玉子丼790円
      有精卵の味付け玉子130円 自家製塩チャーシュー400円
      ライス230円 小ライス150円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-08-16

久里浜 康永楼

平成27年8月16日(日) 12:11訪問。
サンマ麺(819円)+半炒飯 =820円を食す。

今日は久里浜にやってきた。暑いので冷し中華でも食おうかと店をさがして、どうせなら未訪問の店がいいかなと、外観が派手なこの店を選んだ。駅からもすぐで、とても便利だ。
s-DSC06560.jpg

街場の中華屋さんらしく、メニューが店頭にたくさん表示されている。しかし、外は暑いので、ひとまず店内に入ろう。
s-DSC06544.jpg

店に入ると、親切な男性店員が、俺はひとり客なんだけど、6人掛けのテーブル席に案内してくれた。もっともカウンター席はなく、テーブル席のみなのだが。先客は5名ほど。席に着くなり、ポットに入った冷たいお茶を茶碗に注いで、勧めてくれた。ありがたくいただくが、今まで飲んだことのない味。残念ながら、後味が俺には合わなかった。
s-DSC06547.jpg

テーブルの上のメニュー。お得なセットメニュー。親切に麺類の元の価格も書いてあるので、とても参考になる。麺類の価格を引くと、半炒飯の値段は0円から242円までとなる。
s-DSC06545.jpg

裏面は焼き餃子とのセット。半炒飯ほどではないが、こっちも徳だ。
s-DSC06546.jpg

迷ったが、おそらくはずれることが少ないであろう、サンマ麺にした。さらに餃子ではなく、半炒飯のセット。半炒飯は実質1円。こんな感じで、杏仁豆腐もついていた。
s-DSC06548.jpg

具はたっぷり。餡の具合もちょうどいい。
s-DSC06549.jpg

スープは、少し甘味があってやさしい味わい。
s-DSC06553.jpg

少し縮れた中華料理店らしい麺は、オーソドックスで想像どおり。
s-DSC06551_2015081613390402b.jpg

もやしはもちろん、にんじん、ニラ、キクラゲ、豚肉など定番の具材。特にきくらげがコリコリしていてうまかった。
s-DSC06556.jpg

炒飯は運んでいるうちに崩れてしまったのかもしれない。ふわっとしていて、普通にうまかった。味付もちょうどよかった。
s-DSC06554_20150816133906a39.jpg

汗が出てきて、スープは残してしまったが、その他は平らげた。厚い夏に熱々のサンマーメン、いや、サンマ麺もいいものだ。そういえば、店に入る前は冷し中華を食おうと思っていたのだったけ。
s-DSC06557.jpg

店内は小奇麗で、ゆったりとランチタイムが楽しめた。ごちそうさま。
s-DSC06558_2015081613480370c.jpg

麺類以外のランチメニューならライスもスープもお替り自由。もう満腹間違いなし。
s-DSC06559.jpg

【住所】  横須賀市久里浜4-11-14
【電話】  046-836-9333
【営業時間】11:00~0:00
【定休日】 
【アクセス】電車で:京浜急行久里浜駅から徒歩1分。東口に出て、階段を下り、前面の一方通行路を駅を背に左に進んだ、向かい側。


【駐車場】 なし
【席数】  1階 カウンター6席×2 4席×2 (全席80席)

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-08-15

北久里浜 ラーメンエイト

平成27年8月15日(土) 11:46訪問。
正油味のつけめん750円+味付玉子100円を食す。

今日から麺屋こうじの限定が再スタートの予定だったが、事情により休業中だった。事前にコメントをいただいて、情報は知っていたのだが、確認に行ったら、やはりシャッターが下りたままだった。詳細は最後に。


それならばと、近くの良店を訪問。今回で2回目だ。幸いに駐車場も空いていた。
s-DSC06540.jpg

まだ正午前なので、先客は1名だけだ。厨房内には男性店員が1名。店主なのかな。落ち着いた物腰だ。カウンター席だけの店内は開店から半年以上経っても変わらず清潔感がある。こういう無駄なものがない店っていうのも落ち着いていていい。音楽はFMだが、ジャズが流れていて、店の雰囲気にぴったりだ。
s-DSC06522.jpg

店名に合わせて、席数も8席。席に着くと、氷を入れた水を出してくれる。今日はつけ麺にしようと思っていたので、正油味と塩味を迷って、正油味のつけめんを選んだ。注文は口頭でお願いする。麺は中盛も普通盛と同料金なので、中盛で発注した。
s-DSC06521.jpg

深ざる2つを使って茹でた麺を大きなざるに合わせてあけて、水でしめる。という様子を観察していたら、あっという間に完成。まずはつけダレが提供された。
s-DSC06524.jpg

続いて、麺も提供された。この時期は、氷がのっているのがうれしい。
s-DSC06523.jpg

まずは、250ml入りのポットに入っているスープをチャーシューが入った器に注ぐ。
s-DSC06525.jpg

このくらいの量がちょうどいいかな。
s-DSC06526.jpg

きれいに整えられたストレート麺は、少しだけ固めの茹で具合だ。
s-DSC06527.jpg

見た目どおりのやさしい味付けのつけダレは、以前食った正油ラーメンほどではないが、正油味が少しだけ前面に出ており、幾分甘みもある。いまどきの濃すぎる味に比べたら、控え目だが、かといって薄いということもなく、ちょうどいい具合。どちらかといえば、麺の味わいが優先されるようなバランスだ。
s-DSC06528.jpg

チャーシューは2種類。鶏チャーシューは味付けが濃すぎず、品のいい出来栄え。柔らかくて、癖がなくうまい。
s-DSC06530.jpg

豚のチャーシューも負けずに柔らかくてうまい。こっちは小さいのが複数枚入っていた。
s-DSC06532.jpg

途中で、麺に添えられた柚子コショウをのせてみた。このつけ麺によく合う。
s-DSC06533.jpg

追加の味付玉子は、ほくほくでとろとろ。味は、以前と食った時のと同じく、かなりはっきり目。
s-DSC06534.jpg

麺を食い終わる頃に団体客が入ってきて、静かな空間が大きな話し声に乱されてしまった。さらにその後も次々客が入ってきて、満席になった。でも、店主は、気にしてくれていたようで、俺が声をかける前に、スープ割りを、と気を利かしてくれた。
s-DSC06535.jpg

スープ割りはポットを回収して、そこにスープをそそいで提供される。見ていると、片手鍋で加熱していた。しばらく待って、ポットが運ばれてきた。「もちが入っています」、ということで、少し時間がかかったわけがわかった。つけダレ用の器に注いで、飲んでみる。唐辛子など細かな香辛料が入っていて、ずいぶんと印象が変わった。ぴりっと辛くて味がしまる。
s-DSC06536.jpg

ちょっとしたサービスでもちが2枚入っていた。スープにもちって、意外だけど、案外うまかった。へえ、いいアイデア。
s-DSC06537.jpg

すべて、食い終えて、完食。最後は、食器をカウンターに上げて、会計。ごちそうさまでした。
s-DSC06539.jpg

また、来ようかなと思う。次は塩を食ってみよう。
s-DSC06543.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★。



さて、麺屋こうじの情報。開店時間の11時30分を少し回ったころだが、シャッターが下りたままだ。シャッターには貼り紙が貼ってある。
s-DSC06518.jpg

近づいていくと、再び休業のお知らせ。少し長いが、全文を写してみる。
「人材難により、通常の営業が出来なくなってしまいました。そして色々考えた結果、少人数体制でメニュー数は少なくなってしまいますが一新して、再スタートする事に致しました。席はカウンター席のみになります、今後は人材を募集しつつ、この体制でしばらく営業して行きます。
お客様には色々とご不便をおかけするかも知れませんが私自身、より一層頑張って行く所存です。よろしくお願い致します。また再開時期につきましては8月下旬か9月初め頃を予定しています。
麵屋こうじ店主」

人生、山あり谷あり、がんばれ店主。今は陰ながら応援しつつ、再開したら、また行ってみようと思う。
s-DSC06517.jpg

【住所】  横須賀市森崎1-1-9
【電話】  046-897-3298
【営業時間】11:30~14:30
       17:30~21:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】車で:国道134号線を久里浜方面に向かって進み、根岸町交差点を右折。川を跨ぐ橋を渡ったらすぐ右折。川沿いに進んだ左側。
電車で:京浜急行北久里浜駅下車。 徒歩15分くらい。駅を出て、国道134号線を横断(北久里浜駅前交差点)し、道なりに直進。しばらく進むと、左側に道路と平行して流れる川を渡る橋があるので、わたって、右折し、駅を背に川沿いに進んだ左側。


【駐車場】 2台
【席数】  カウンター8席
【メニュー】正油ラーメン700円 塩ラーメン700円
      正油味のつけめん750円 塩味のつけめん750円
      正油味のつけパスタ750円 塩味のつけパスタ750円
      
      普通盛と中盛は同料金
      大盛は80円プラス
      
      ◇トッピング
       味付玉子100円 温泉玉子100円

      ◇ミニ丼メニュー
       豚丼280円 チャーシュー玉子丼300円
       ライス150円 小ライス100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター