2015-04-30

新横浜 NARUMI IPPUDO

平成27年4月30日(木) 13:08訪問。
ベジタリアンヌードル880円+半熟塩玉子(サービス)を食す。

5月10日に卒業が決まったNARUMI IPPUDOにやってきた。連休の真ん中なので、案外混んでいない。しかし、今日はカメラを家に置いてきてしまったので、仕方なくスマートフォンで撮ることにした。
s-019.jpg

今日のねらいはこのラーメン。ポークコンソメヌードル。しかし、限定40食の壁は厚く、売切れだった。
s-220.jpg

では、しかたないので、未食のベジタリアンヌードルにしよう。店内は先客3名。空いているので、すぐに出てきた。見た目は、ほとんどスープ。
s-096.jpg

スープは、名乗りどおり野菜のみからつくったものなのだろうが、それにしてはコクがある。確かに、味わいは思いのほか深みがあってさっぱりとした後味が何とも上品な印象だ。
s-097.jpg

ストレート麺は、これもさっぱりしていて、案外コシもある。このスープには、この麺という感じで相性がいい。どことなく洋風っぽい印象はこの麺からも感じられる。
s-098.jpg

具材も野菜のみ。紫玉ねぎに、きのこのソテー。これもこのラーメンによく合っている。
s-099.jpg

そして、ラーメンにはとてもめずらしい、焼きトマト。まあ、こういう発想はあまりないな。甘みが強まっていて、不思議なバランス感覚だ。
s-101.jpg

もっとも普通だったのが、玉子。
s-102.jpg

しっかりとスープまで飲み干して、完食。
s-103.jpg

たまには、こういうラーメンらしくないラーメンも面白い。店の向こうには、新しく沖縄居酒屋ができていた。
s-123.jpg

【住所】  横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館B2F
【電話】  046-471-0503
【営業時間】オーダー時間:(月~金)11:00~21:30または20:00
      (土)11:00~22:00 (日・祝)10:30~21:30または22:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄8番出口(あざみ野方面先頭)から出てまっすぐすすみ、一つ目の横断歩道を渡って、左折。直進すると、フレッシュネスバーガーが見えるので、その並び。

【駐車場】 有料駐車場あり。30分250円
【席数】  カウンター7席 テーブル4席×4

【メニュー】コンソメヌードル980円 ベジタリアンヌードル880円
      NARUMIヌードル
      期間限定ポークコンソメヌードル880円
      ミニコンソメヌードル620円 ミニベジタリアンヌードル570円
      ミニNARUMIヌードル920円 ミニポークコンソメヌードル570円
      ミニのり玉子コンソメヌードル770円
      ミニのり玉子ベジヌードル720円
      ミニ玉子コンソメヌードル720円 ミニ玉子ベジヌードル670円
      ミニWローストビーフコンソメヌードル870円
      ミニWトマトソテーベジヌードル770円
      大盛り150円
             
      ◇トッピング
       半熟塩玉子100円 海苔100円 海苔+玉子150円
       トマトソテー200円 ローストビーフ250円

      ワイン+カルパッチョセット750円 ワイン+ポトフセット700円
      ビーフコンソメ茶漬け 570円 ローストビーフのカルパッチョ590円
      NARUMIポトフ450円

【店舗Web】http://www.raumen.co.jp/shop/narumi-ippudo.html
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-04-29

北久里浜 麺屋こうじ

平成27年4月29日(水) 11:29訪問。
純鶏そば900円を食す。

今日は久しぶりにやってきた、麵屋こうじ。ねらいはこれ。今日から始まった、5月の限定麺だ。今回は昼30食、夜20食の限定だ。もし、売り切れてしまったらと思い、早めにやってきた。開店前の待ち行列は4名ほど。後ろには6名が並んでいたようだ。開店時間の11時30分より3分早く、助手さんがシャッターを上げた。
s-DSC05282.jpg

いつものおばちゃん店員とは違う、はきはきした感じの女性店員に購入した食券を渡して、中盛りサービスをお願いした。今回の限定は塩と醤油味が選べたのだが、俺は塩を選択した。観察していると、限定30杯のためか限定がよく出ているようだ。

厨房で調理をする店員は店主と助手の2名。いつもは、もう1名いたような気がする。さらに、おばちゃん店員がいなくて少し寂しい。そんなことには関係なく、いつものように手際よく調理して、カウンター越しに提供された。今回も具だくさん。
s-DSC05285.jpg

透き通ったスープは、控え目な塩味と柔らかい出汁のとても品のいい味わい。これは、具の味がそれぞれに活きるスープだな。
s-DSC05287.jpg

麺は細めのストレート麺なのだが、パスタみたいなコシの強さで、これはつるつるっとした啜り感と噛みごたえがたまらなくいい。中盛でものびなそうなところもいい。
s-DSC05288.jpg

限定では、穂先メンマのことが多いが、今回は極太メンマ。噛みごたえと味つけがよかった。具の一つひとつが独立していいんだよな。
s-DSC05289.jpg

新鮮な青菜はシャキシャキとよい歯ごたえだ。
s-DSC05290_20150430222809122.jpg

どっさりと盛られたバラ海苔は溶けだしてくると、磯の香りと風味がスープにあって、変化が楽しめる。
s-DSC05294.jpg

そして、このラーメンにのるチャーシューは4枚。いつもの焼きチャーシュー。今回はいつもより少し小さ目。
s-DSC05296.jpg

しかし、もう1枚のっていた。味は、相変わらずのうまさ。
s-DSC05298.jpg

鶏むね肉チャーシューは、適度に柔らかくて、嫌味がない。
s-DSC05295.jpg

さらに鶏のうま味がしっかりと感じられる鶏もも肉チャーシュー。
s-DSC05297.jpg

まだ終わらない。少しだけ濃いめに味付けされた鶏の煮もの。
s-DSC05292_20150501164054fd0.jpg

鶏三昧のラストは鶏ワンタン。具のうまさはもちろん、大き目の皮の何とも言えないぷるぷるとした、舌ざわりがもっと食いたくなるが、残念ながら1個。今度、ワンタンをトッピングしてみようかな。
s-DSC05300.jpg

もう1品忘れていた。これが、本当のラスト。いつものっているのだが、これも鶏ファミリーだ。味付玉子。
s-DSC05299.jpg

今回の限定麺もどれから箸をつけるか迷うほどの具だくさんで、麺とスープ先行で食い進んで、具が残るという食い方になってしまった。塩味も最初は意識しなかったのだが、後半いいあんばいに効いてきた。当然、完食。味もボリュームも大満足。ごちそうさま。
s-DSC05301.jpg

6月の限定は2種類。そろそろ汁なしとかつけ麺の季節だな。
s-DSC05284_20150501170730cb4.jpg

気がつけば、ほぼ満席。今食ったばかりなのに、醤油味の方も気になる俺だった。
s-DSC05302.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 火曜日、第3水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。

【駐車場】 隣地に3台分
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】讃岐風塩ラーメン630円 醤油ラーメン650円
      チャーシュー麺880円 特製ラーメン800円
      坦々麺830円 味噌タンメン770円
      野菜タンメン740円 鶏塩ラーメン760円
      麺中盛無料 麺大盛100円 麺特盛200円
      つけめん680円 坦坦つけ麺800円 味噌辛つけめん750円
      毎週木・金・土限定メニュー にぼにぼそば(1日限定15食)780円  
      
      ◇トッピング
      半熟玉子90円 ねぎ140円 焼チャーシュー250円 半チャーシュー(2枚)130円
      メンマ100円 ワンタン220円 のり100円 江戸菜100円
      
      手作り水餃子320円 手作り焼き餃子320円
      明太ツナマヨ丼200円 葱チャーシュー丼250円
      杏仁豆腐100円
      
      ◇日替わりセットメニュー
       月:ラーメン(塩、醤油)&ミニ豚丼800円
       火:お休み
       水:つけ麺&ミニチャーハン800円
       木:ラーメン(塩、醤油)&葱チャーシュー丼800円
       金:つけ麺&餃子800円
       土:ラーメン(塩、醤油)&鶏マヨ丼800円
       日:つけ麺&葱チャーシュー丼800円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-04-27

新横浜 MENYAフタツボシ

平成27年4月27日(月) 13:37訪問。
ニボシあえ麺780円を食す。

月曜日だけ食える煮干しラーメン専門店。新横浜で昼食をと少し昼時間をずらして、おっとり刀でやってきた。
s-DSC05279.jpg

階段を登った2階にある店に入ると、昼休みのピークが過ぎたようで、店のなかは閑散としていた。先客は1名。
s-DSC05277.jpg

どこに座ってもよさそうだったが、特に案内もないので、カウンター席に座った。今日は気温も高めなので、未食のつけ麺がねらいだ。席について、まだ一言も発しないうちから、「本日、つけ麺は売切れです」と言われてしまった。では、同じく未食のあえ麺を食うことにしよう。

銀のトレーにのせられて、運ばれてきた。大き目に切られた万能ネギと白ごまが一面にふられ、真ん中に温泉玉子が置かれている。下に、タレが敷かれているようだ。
s-DSC05271.jpg

では、さっそく混ぜてみよう。しかし、こうやって見ると、あまりきれいな見た目ではないな。
s-DSC05272.jpg

油分はやや控えめで、しっかりと煮干し味が効いている。煮干しの苦みはもちろん、嫌味はまったくない。さっぱりとしたなかにも、食べ応えのある、こってり感も備わっている。
s-DSC05273.jpg

具は、刻んだチャーシューやトマト、ネギなどに揚げネギのようなものも入っていた。
s-DSC05275.jpg

俺の食い方がうまくないのか、麺にうまく具が付いてこないので、結局具だけが残ってしまった。これは、味が薄まるかもしれないが、ライスがあるといいかも。と思いながらも、完食。
s-DSC05276.jpg

やはり、暑いとつけ麺が出るのかな。次はいつ来られるかわからないが、今度はつけ麺を食いたいものだ。
s-DSC05280.jpg

【住所】  横浜市港北区新横浜2-14-25 アポロ新横浜ビル2F
【電話】  045-474-3232
【営業時間】 月曜11:00~夕方
【定休日】 火曜日・水曜日・木曜日・金曜日・土曜日・日曜日

【アクセス】電車で:電車で:横浜市営地下鉄8番出口(あざみ野方面先頭)から出てまっすぐすすみ、一つ目の横断歩道を渡って、左折。直進すると、フレッシュネスバーガーが見えるので、そのすぐ先。

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター7席 テーブル4席×4 2席×1
【メニュー】ニボシソバ780円 
      ニボシあえ麺780円 
      ニボシつけ麺950円 

      ケイハン(鶏飯)200円
      ハンギョドン(半魚丼)200円
      ギョハン(魚粉入りミニライス)200円
      ミニスイーツ100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-04-26

小田急相模原 奨

平成27年4月26日(日) 12:52訪問。
細麺らーめん780円+味付けたまご100円を食す。

今日は相模原にやってきた。前々から行ってみたいと思っていたこの店を訪問。駅から近くて交通便利なのがありがたい。ここ小田急相模原と中央林間の駅前にそれぞれ店舗がある。
s-DSC05269_20150429110218d05.jpg

昼過ぎの訪問だが、半分くらいの客入り。まずは、入口近くの食券自販機で、食券を買うのだが、ここはおすすめと書かれた、一番左上位置にある細麺らーめんにした。定番らーめん、あっさり細麺と書かれている。カウンター席に座って、食券を男性店員に渡すと、とてもていねいな対応だった。

他にメインで調理をしている男性店員が1名。この店のうりは最深スープだそうだ。最深とは文字どおりもっとも深いところという意味のほかに、もっともすぐれていることの意もあるようだ。店の前の看板には3つのこだわりが書いてあった。
s-DSC05268_20150429105612eec.jpg

水はセルフサービス。厨房内では手際よく調理が進んでいる。しばらくして、俺のラーメンがカウンター越しに置かれた。手渡しでなく、きちんと手元に置いてくれるのがうれしい。
s-DSC05257.jpg

では、薀蓄は長いけど、短めにまとめた最深スープ(豚骨魚介スープ)を紹介。豚ゲンコツ、鶏胴ガラを3日間じっくり丁寧に煮ることでまろやかで臭みのない深いスープ。そこに厳選した鰹、数種類の魚ダシを合わせることで完成する奨TASUKUだけでしか味わえない極上の(最深スープ)、だそうだ。

3日間煮込んだということは、このスープは三日前から作り始めたということ。そう考えると感慨深い。大げさかな。
s-DSC05258.jpg

では、その味はどうだろうか。豚骨ベースに魚介風味が合わさっているのだが、どちらも尖らず、互いにうまく譲りあって、高めているようなバランスのよさ。意識して魚介風味を味わおうとすると、鰹節のうま味がのぼってきて、後味がいい。
s-DSC05259.jpg

細麺がおすすめということなので、細麺を選択した。黄色い縮れ麺が、確かにスープに合っていると思う。
s-DSC05260.jpg

チャーシューは、厚くて柔らかさと肉のほどよい固さがあって、うま味が味わえる。
s-DSC05265.jpg

玉子は、味はともかく見た目がNG。
s-DSC05262.jpg

その他に白髪ねぎや柚子などもうまくスープにマッチしていて、味わい深い一杯だった。
s-DSC05266.jpg

冷めないようにという配慮なのだと思うが、底がとがっていて、レンゲで掬いにくいので、最後はドンブリを手で持って、完飲。ごちそうさま。
s-DSC05267.jpg

残したスープの入ったドンブリをいったん回収してつくる雑炊も店のおすすめだそうだ。しかし、気がつけば、いつものようにスープは飲んでしまったので、いまさら後の祭り。
s-DSC05270.jpg

【住所】  相模原市南区松が枝町17-10
【電話】  042-743-5099
【営業時間】平日11:30~14:00 18:00~0:00
       土日祝11:00~15:00 18:00~0:00     
【定休日】 火曜日
【アクセス】電車で:小田急相模原から徒歩3分くらい。南口より出て、ロータリーを越えて、左手に神奈川銀行を見ながら信号を左折し、そのまま直進。道なりに進んだイトーヨーカドーの手前、左側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席
【メニュー】細麺らーめん780円130g 細麺・小盛り680円85g
      細麺・中盛り880円195g 細麺・大盛り980円260g
      太麺らーめん780円150g 太麺・小盛り680円100g
      太麺・中盛り880円225g 太麺・大盛り980円300g
      辛味らーめん830円 細麺か太麺かお選びいただけます
      辛味・小盛り730円 辛味・中盛り930円
      辛味・大盛り1,030円
      「黒」らーめん830円 小盛り「黒」730円
      中盛り「黒」930円 大盛り「黒」1,030円
      奨の鶏そば780円 鶏そば小盛り680円
      鶏そば中盛り880円 鶏そば大盛り980円
      つけ麺830円200g 麺大盛つけ麺100円400g
      超大盛つけ麺200円600g
      高校生らーめん600円
      チャーシュー増し250円 味付けたまご100円
      モロヘイヤ100円 メンマ増し100円
      ネギ増し100円 海苔増し100円 梅干し100円
      絆セット850円 雑炊270円 炊き込みご飯170円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-04-23

京急富岡 麺や月

平成27年4月23日(木) 12:53訪問。
特性 鶏白湯半熟味玉ラーメン880円を食す。

前々から訪れたいと思っていた課題店にようやく訪問できた。夜は焼き鳥店で、昼はラーメン店という業態の営業だ。最寄駅は京急富岡駅。駅からは歩ける距離なのだが、今回のようにわざわざ途中下車するか、特に何か用事がなければ、あまり降り立つことがなさそうだ。全国各地の地酒やエビス樽生に混じって、塩ラーメンの提灯もある。と思ったら、麺や月の大きな提灯も。鶏らーめんランチのボードに吸い寄せられて、店内へ。
s-DSC05255.jpg

レギュラーメニューを見ていたら、他に限定メニューもある。木曜・土曜限定のようだ。そういえば今日は木曜日。実のところ、限定メニューのことまでは知らなかったが、焼き鳥屋、鶏、鶏白湯という発想で、これを逃したらと思い、鶏白湯にしてみた。どんなラーメンが楽しみだ。
s-DSC05236.jpg

店内は、居酒屋の造りなので、落ち着いていて、やや照明も暗めだ。先客はおらず、カウンター席に腰を下ろして、口頭で発注した。腰が低くてていねいな印象の男性店員が好印象だ。目の前には様々な種類の一升瓶が並べてある。

厨房は見えないようになっていて、いろいろと店内を眺めているうちに、運ばれてきた。
s-DSC05239.jpg

スープは、とても品よく、コクがあるのにすっきりとしたうま味が広がる。あっさりとした印象なのに、適度な濃度が新鮮な味わい。鶏白湯の店も増えているが、鶏白湯専門店と比べてもバランスのよさが相当よい。
s-DSC05242.jpg

ストレートで低加水な麺を啜る。スープとの相性が絶妙だ。
s-DSC05244.jpg

この海苔が溶けだしたところが、磯の風味と鶏スープの重なりでなんとも、うまい。
s-DSC05247.jpg

厚みのあるチャーシューは溶けだす柔らかさに、程よい味付けで、好みだ。
s-DSC05248.jpg

そして、さらにもう1枚。鶏チャーシュー。これも癖がなく、鶏のうま味が感じられる。さすが焼き鳥店。チャーシューも上質。
s-DSC05249.jpg

玉子はとろけだす半熟。味付けもほどよく、うまい。
s-DSC05250_201504290735432e0.jpg

ああ、うまかった。スープも飲み干して、完食。ごちそうさま。
s-DSC05252.jpg

これなら、ラーメン店としてもじゅうぶん、いや相当レベルの高いラーメンを提供するラーメン専門店として通用すると思うのだが、やはり客単価を考えると、夜は焼き鳥店がいいのだろうな。そういえば、この界隈は、逆に夜だけラーメン店の将華もある。冒頭で用事がなければわざわあ下りない、などと書いてしまったが、いやはやあなどれない京急富岡。またくるぜ。
s-DSC05254.jpg

【住所】  横浜市金沢区富岡東5-13-29
【電話】  045-353-7735
【営業時間】12:00~13:30     
【定休日】  毎週月曜日、第3日曜日
【アクセス】電車で:京急富岡駅から徒歩10分くらい。東出口に出て、線路を背に通りを国道16号線方面に進み、富岡駅入口交差点を左折。宮の前交差点を左折して、少し進んだ左側。

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター4席 テーブル4席×4
【メニュー】塩ラーメン700円 ハーフサイズ500円
      梅塩ラーメン700円 ハーフサイズ500円
      塩玉ラーメン800円 ハーフサイズ600円
      ネギ塩ラーメン900円 ハーフサイズ700円
      醤油ラーメン700円 ハーフサイズ500円
      醤油玉ラーメン800円 ハーフサイズ600円
      ネギ醤油ラーメン900円 ハーフサイズ700円
      辛い塩ラーメン800円 一日限定10食

      半ライス150円 ライス200円
      高菜ご飯200円 鶏チャーシューごはん300円
      半熟煮卵100円 豚チャーシュー250円
      たかな100円 ネギ&辛味ねぎ200円

      塩わさびラーメン750円

      木曜・土曜の限定  特製鶏白湯
      鶏白湯ラーメン780円
      鶏白湯半熟味玉ラーメン880円
      鶏白湯ネギラーメン980円
      鶏白湯炙りチャーシューメン1,030円
      鶏白湯ネギ炙りチャーシューメン1,230円
【店舗Web】Facebook https://ja-jp.facebook.com/yakitorituki01

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-04-22

相武台大勝軒 五一

平成27年4月22日(水) 12:46訪問。
中華麺1.5玉750円+生卵50円を食す。

今日はひと仕事終えて、相武台前駅近くのこの店にやってきた。もちろん、初訪問。永福町大勝軒の系統ということだ。東池袋の大勝軒は有名なのだが、永福町大勝軒はあまりなじみがない。
s-DSC05233.jpg

昼時間だが、先客はゼロ。事前に何となく店を調べてあったので、標準で麺2玉は多いかと思い、1.5玉を選択した。小さ目の食券自販機で、さらに生卵も追加した。

店内は厨房に対面してカウンターがあり、店主と思しき男性店員が食券を受け取ると、さっそく調理開始。カウンターの入口近くには、店員の似顔絵イラストが置いてあった。また、カウンターの上はすっきりと片づけられている。中華そばのタレも用意されており、自前で味を濃くすることが可能だ。
s-DSC05222.jpg

しばらくすると、給食みたいなアルマイト製のようなトレーにのせられて提供された。
s-DSC05223.jpg

スープは、油の層が思ったよりあって、意外とこってりしている。そして、一番の特徴は熱い!普通の熱さではない。もっともこれが永福町系の特徴らしいのだが。煮干しの風味が前面に出てはいるが、それほど攻撃的でなく、おとなしい味わい。だが、表面を覆っているラードの層が熱さを閉じ込めていて、いつまでたっても冷めないのだ。
s-DSC05224.jpg

このカード掲示をみて、店長おすすめの食べ方なので、ここは素直にしたがってみよう。
s-DSC05221.jpg

卵にレンゲでスープを2杯ほどいれてみた。さらに溶き卵風にかき混ぜた。
s-DSC05226.jpg

次に麺をこれに入れて、すすってみる。温度は、ちょうどよくなった。標準でよく茹でてあるせいか、スープをかなりひろってくるようで、卵に負けないくらい、スープの味もしっかり感じられる。しかし、これってすき焼きみたいだな。
s-DSC05227.jpg

ぼやけたナルト。
s-DSC05228.jpg

崩れ気味のチャーシューだが、味はさほど悪くなかった。
s-DSC05229.jpg

麺は、ほとんどこのようにして食ってしまったので、残りはスープ。相変わらず熱いままだ。事前にネットで調べたところでは、柚は入っていないと書かれていたのだが、入っていた。しかし、もうずいぶんと時間が経ってしまったゆず湯のゆずのように、どんぶりでぐったりとのびていた。どうやら、湯あたりしたらしい。それでも、体臭(ゆずの香り)はほんのりとしていたが。
s-DSC05230.jpg

麺量は1.5玉といっても、つけ麺みたいな状態なので、それほど多くは感じなかった。これなら、2玉もそれほど無理でないな。やはり、店の標準の2玉にしておけばよかったな。少し後悔した。長時間煮込んだどこか懐かしいスープ。
s-DSC05232_201504272251163da.jpg

よかったのだが、結局、残して終了。
s-DSC05231.jpg

この店は、個人のラーメン店としては、めずらしく持ち帰りもできるらしい。2人前で売っていた。それにしても、なかなか面白い店だった。そういえば腹いっぱいなのだが、大勝軒の暖簾を見て、つけ麺を食いたくなった。今度、別の店でつけ麺を食おう。
s-DSC05234_20150427225751d63.jpg

【住所】  座間市相武台3-4852-8
【電話】  
【営業時間】11:00~21:00     
【定休日】  
【アクセス】電車で:小田急線相武台前駅より徒歩3分くらい。南口に出て、駅を背に正面の道をまっすぐ進んだ左側。

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター8席 テーブル4席
【メニュー】中華麺2玉800円 玉子入中華麺2玉900円
      ワンタン中華麺2玉950円 チャーシュー中華麺2玉1,000円
      チャーワン2玉1,150円
      中華麺1.5玉750円 玉子入中華麺1.5玉850円
      ワンタン中華麺1.5玉900円 チャーシュー中華麺1.5玉950円
      チャーワン1.5玉1,100円
      中華麺1玉700円 玉子入中華麺1玉800円
      ワンタン中華麺1玉850円 チャーシュー中華麺1玉900円
      チャーワン1玉1,050円
      冷やし中華麺2玉850円 冷やし中華麺1.5玉800円
      冷やし中華麺1玉750円        
      メンマ230円 のり100円 ねぎ100円
      生卵50円 
      お土産中華麺850円 お土産チャーシュー350円
      各種大盛2.5玉100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-04-19

藤沢 札幌らーめん八

平成27年4月19日(日) 12:23訪問。
みそらーめん700円を食す。

所用にて藤沢に外出。今日はクルマだったので、むしろ駅から少し離れた店の方がコインパーキングが探しやすく、結果的にこの店を初訪問。
s-DSC05218.jpg

札幌らーめんのこの店は、昨年の10月にオープン。その名乗りどおり、メニューは味噌ラーメンが主力で、いたってシンプルな構成だ。
s-DSC05201.jpg

初訪問なので、迷うことなくみそらーめんに決めた。注文は口頭で行う。カウンター内の厨房は男女2人体制。カウンターから厨房の様子はよくみえるようになっている。カウンター席の上はきれいに整えられてお、気持ちがいい。
s-DSC05200.jpg

札幌らーめんの名乗りどおり、注文をうけると、中華鍋に火をかけてもやしなどをさっと炒めて、スープを鍋に柄杓で加えて調理している。何やら調味料も入れていた。コンロは2つなので、1度に作るのは2人前ずつのようだ。

麺茹では女性店員の分担で、深ざるを使用して茹でている。頃合いをみて、ちゃっちゃっと湯切り。あうんの呼吸でタイミングをあわせて、直接どんぶりにあけると、男性店員が中華鍋からスープを注いで、麺を箸で持ち上げて整えて、炒めた具をのせて出来上がり。意外と小さめのどんぶりに多めのスープが入って、「熱いのでお気をつけください」と一言添えて、提供された。
s-DSC05203.jpg

具は炒めたもやしに玉ねぎ、ひき肉などの上にねぎがのる札幌味噌ラーメンスタイルだ。
s-DSC05205.jpg

白みそが中心のスープは、濃厚というほどでもないが、しっかりとした味わい。奇をてらったところがなく、普通にうまい。
s-DSC05206.jpg

麺は西山製麺製の黄色い縮れ麺で、これもスープによくあってうまい。
s-DSC05208.jpg

チャーシューは小さ目で、色黒。見た目にも残念な感じだったが、味も少し癖があって、あまり好みではない。
s-DSC05210.jpg

具には、挽肉だけでなく、刻んだチャーシューも入っていた。良心的だ。
s-DSC05213.jpg

味玉は少し固めの半熟。最初から半分入っているのが、うれしい。
s-DSC05214.jpg

適度なコクと濃度で、どんどん箸とレンゲが進む。気がつけば、スープも残りわずか。ドンブリを手で持ち上げて飲み干して、完食。ごちそうさま。
s-DSC05216.jpg

おそらく夫婦経営かと思われる。店内にあるテレビで流れているのど自慢をみながら、ときどき会話をしながら調理。何かほのぼのとしていた。のど自慢は、好きではないけどね。

駅からは少し離れるが、ぽつりぽつりと客が入ってくる。店に入る前にポツポツと降り出した雨は、食い終えて店を出ると、やんでいた。
s-DSC05217.jpg

ちなみに毎月8のつく日はサービスデーで各らーめんとも50円引きだそうだ。昨日なら50円引きだったのだが、残念。
s-DSC05219.jpg

【住所】  藤沢市本町2-3-10
【電話】  0466-51-9227
【営業時間】平日11:30~14:00 17:00~21:00
       日祝 11:00-20:00     
【定休日】 毎週木曜日 
【アクセス】電車で:JR藤沢駅より徒歩10分くらい。北口に出て、横浜銀行を右に見ながら、駅に沿って右へ進み、駅ビルを背にオリックスレンタカーを右に見ながら、左に日産レンタカーのある一方通行路を進む。そのまま進んで、対面通行の道路を越えて、逆の細い一方通行路を入ってすぐの右側。

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター 席
【メニュー】みそらーめん700円 辛みそらーめん750円
      塩タンメン750円 みそタンメン800円
      みそチャーシューめん900円
      大盛り(各)100円 ライス100円
      豚丼250円
      ランチタイムはライスサービス
      ◇トッピング
       バター50円 コーン50円 辛みそ50円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-04-17

三島 らーめん煌

平成27年4月17日(金) 13:12訪問。
和風しおわさびらーめん930円を食す。

今日は日帰り出張で、三島にやってきた。天気がよく、気持ちのいい午後だ。昼時間もすぎたので、何はともあれ昼飯だ。駅前から歩いてラーメン屋をさがすことにした。
s-DSC05172.jpg

うなぎ横丁という幟があるが、この通りってそんな名前だったのか。初めて知った。
s-DSC05195.jpg

以前から店は知っていたのだが、未訪問のこの店に入ることにした。おそらく、駅からいちばん近いラーメン店ではないだろうか。
s-DSC05194.jpg

改めて、店のメニューを見ると、イチ押しは、和風しおわさびらーめんらしい。当店名物だそうだ。伊豆といえば、わさびだからな。よし、これにしよう。
s-DSC05175.jpg

店に入ると、昼時間を過ぎたようで、先客なし。カウンターもあったが、どこも空いているので、荷物もあることなので、4人掛けのテーブルを遣わせてもらうことにした。女性店員が、すかさず水を運んできてくれた。
s-DSC05182.jpg

メニューはろくに見ずに、「じゃあ、しおわさびらーめんで」と口頭で発注した。厨房は奥にあって、中で男性店員が調理を開始したらしい気配がした。店の造りは、そば屋みたいな造作だ。

先客はいないので、あまり待たずに提供された。店の前の写真をあまりよく見なかったので、いったいどんなラーメンかと思っていたら、すりおろしたわさびが、別皿で添えられていた。女性店員が言うには、「お好みで混ぜてお召し上がりください」ということだ。
s-DSC05183.jpg

ラーメンの方にはわさびが特に使用していないようだ。うまく表現できないが、俺はてっきりスープにわさびを使用しているのだろうと勝手な想像をしていた。要はわさびを調味料として、自分で加えるということだ。まあ、わさび本来のうまさは、そのほうが活かされるのだろう。
s-DSC05184.jpg

わさびをまぜる前に、まずはスープをしっかりと味わわねば。品よく仕上げられており、魚介系の出汁はごく控え目で、塩味弱めで、あっさりとしたなかにも、一本筋の通ったコクがある感じ。というイメージだ。
s-DSC05186.jpg

スープに比して、麺は普通の感じ。細めのやや縮れ麺。これがもう少し個性があると、かなりよくなるのではと思われる。しかし、それは冒険すぎかな。結局は、これがいちばんいいバランスかもしれない。
s-DSC05188_20150421222754001.jpg

さあ、ではわさびをまぜてみよう。その前に少しわさびだけを味わってみた。最初は、少し甘味さえ感じる風味のよさ。と思ったら、あとから軽くツンとくる辛さがやってきた。これはいい。何事も過ぎたるは及ばざるがごとし。少し入れた。いい具合にスープの変化を楽しめる。
s-DSC05189.jpg

忘れないうちに具の紹介。チャーシュー。さほど凝ったものではなく、オーソドックス。価格を考えると、小さすぎ。
s-DSC05190.jpg

色のいい味玉は普通。
s-DSC05191.jpg

わさびを全部溶かすと、本当にわさび味だけになりそうなので、わさびの全投入はやめた。しかし、もったいないので、最後はわさびだけ食ってみた。ラーメンはもちろん完食。
s-DSC05192.jpg

観光地値段なのかな。さび抜きの和風しおらーめんが830円。やはり、出汁にこだわっているのかもしれない。
s-DSC05174.jpg

とはいえ、うなぎに比べれば、安い。うな重。梅2,500円、竹3,100円、松は4,200円だ。
s-DSC05196.jpg

こんな看板もあった。当店は活うなぎを使用しています。多くのお客様からおいしいとのご評価を頂いております。俺は天邪鬼なので、これだけのお金をだせば、誰だっておいしいと思いたいのが心理だろうと考えてしまった。
s-DSC05197.jpg

道を隔てた向かいの不二美は、うな重3,500円、うな丼3,350円だ。
s-DSC05198.jpg

やはり、ぴりっと辛い山椒じゃなくて、ツンと辛いわさびの方が庶民的ってことかな。
s-DSC05173.jpg

【住所】  静岡県三島市一番町12-20
【電話】  055-972-7703
【営業時間】月~土11:00~16:00 17:00~5:00
       日11:00~5:0030
【定休日】 不定休
【アクセス】電車で:三島駅より徒歩3分。南口に出て駅を背に直進。目の前の交差点を渡って直進した左側。

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター6席 テーブル4人×1 2人×2

【メニュー】和風しお
       和風しおらーめん830円 和風そわさびらーめん930円
       和風しおバターらーめん930円
       和風しおチャーシューめん1,080円
       和風九条ねぎトッピング200円
      しょうゆ
       らーめん700円 わさびらーめん800円
       味玉らーめん800円 チャーシューめん950円
       九条ねぎトッピング200円
     しお
       しおらーめん830円 しおわさびらーめん930円
       しおバターらーめん930円
       しおチャーシューめん1,080円
       九条ねぎトッピング200円
     濃厚みそ
       みそらーめん800円 みそ味玉らーめん900円
       辛口みそらーめん850円
       みそバターらーめん900円
       みそチャーシューめん1,120円
       みそバターチャーシューめん1,220円
    つけ麺
       つけ麺750円 バターつけ麺850円
       ゆずつけ麺800円 味噌つけ麺850円
       味噌バターつけ麺950円
    からいラーメン
       1辛750円 2辛800円
       3辛850円 4辛900円
       5辛950円    
    えびしおらーめん950円
    豚スパ880円
    ワンタンめん850円 しおワンタンめん980円
    大盛り100円
    チャーハン大870円 チャーハン中770円
    チャーハン小450円 高菜肉めし450円
    カレーライス小450円 カレーライス中650円
    焼豚めし小480円
    ライス大300円 ライス中200円 ライス小100円
    ネギトロ丼350円 釜揚シラス丼350円
    明太子丼350円
    とんこつ
     煌そば(濃厚とんこつ)880円 黒煌そば(濃厚)とんこつ980円
    夏季限定
     冷し中華850円 ネギマヨ冷やし950円
     冷やしワンタン850円 冷やし中華ワンタン950円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-04-15

新横浜 二代目げんこつ屋

平成27年4月15日(水) 11:22訪問。
醤油わんたんめん950円を食す。

年度があらたまって、初めてのラーメン博物館だ。今日も異国の観光客が入口に集合していた。
s-DSC05170_201504212041008d0.jpg

さて、どこに行こうか。鳴門橋で降りて、思案した。
s-DSC05168_20150421204412bdc.jpg

久しぶりにこの店にしてみた。
s-DSC05166_20150421204101a7f.jpg

何にしようかな。標準のげんこつらーめんは、塩と醤油のブレンドだが、この前食った醤油がよかったのを憶えていたので、醤油にしてみよう。少し奮発して醤油わんたんめんにしてみた。
s-DSC05149_20150421204105b47.jpg

空いていたので、テーブル席に案内されて、しばらく待って運ばれてきた。大き目のドンブリに盛られている。
s-DSC05152.jpg

メンマが整っておらず、全体的に盛り付けは少し雑な感じだ。
s-DSC05153.jpg

スープは魚介出汁と鶏ガラなどの動物出汁を合わせたもの。想像どおりのきつすぎないうま味がいい感じで広がる。
s-DSC05154.jpg

透き通るようなつるつる麺の食感がまたいい。
s-DSC05156_2015042121043892e.jpg

自家製麺と思われ、一本だけ幅の広いきしめんのような麺が混じっていた。
s-DSC05157.jpg

ワンタンは6つだったと思う。かなり入っているなと思ったので、もしかしたらもっと多かったかもしれない。
s-DSC05158.jpg

チャーシューは刻まれたものが入っていた。
s-DSC05159.jpg

玉子は固ゆで。味はうっすら。
s-DSC05160.jpg

ワンタンは餡が小さ目で大きめの皮の食感がらまらなくいい。
s-DSC05163.jpg

こっちはサービス券でつけてもらった、とろ玉。
s-DSC05164.jpg

ああ、うまかった。スープまで飲み干して完食。
s-DSC05165.jpg

次は塩もいいかな。
s-DSC05167.jpg

そういえば、この店も卒業が決まったようだ。その前にもう1回行っておこうかな。
s-DSC05169.jpg

【住所】  横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館B1F
【電話】  045-471-0503
【営業時間】オーダー時間:(月~金)11:00~21:30または20:00
      (土)11:00~22:00 (日・祝)10:30~21:30または22:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄8番出口(あざみ野方面先頭)から出てまっすぐすすみ、一つ目の横断歩道を渡って、左折。直進すると、フレッシュネスバーガーが見えるので、その並び。

【駐車場】 有料駐車場あり。30分250円
【席数】  カウンター6席 テーブル4人×3 6人×1  
【メニュー】げんこつら~めん(塩と醤油の黄金比率)850円 げんこつわんたんめん950円
      げんこつちゃ~しゅうめん1,200円 げんこつ-SHOUGA-しょうが980円
      醤油ら~めん850円 醤油わんたんめん950円
      醤油ちゃ~しゅうめん1,200円
      塩ら~めん850円 塩わんたんめん950円
      塩ちゃ~しゅうめん1,200円
      豪快ら~めん1,100円 香油ら~めん1,050円
      大盛150円
      げんこつ特製餃子450円
      げんこつ特製餃子 茶瑠付き570円
      1本釣りまぐろ節100円 刻みちゃ~しゅう(ラー油)150円
      ちゃ~しゅう(1枚)150円 かた玉(完熟煮玉子)100円
      かた玉1/2(完熟煮玉子)50円
      薫りメンマ100円 海苔(6枚)100円
      刻みねぎ100円 とろ玉(半熟煮玉子)100円
      冷やしわんたん(皿盛り)400円
      ミニげんこつら~めん570円 ミニ醤油ら~めん570円
      ミニ塩ら~めん570円 ミニ香油ら~めん800円
      ミニ豪快ら~めん800円

【店舗Web】http://www.raumen.co.jp/shop/genkotsuya.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-04-14

横須賀中央 煮干らーめん平八

平成27年4月14日(火) 20:25訪問。
黒煮干700円を食す。

4月になってから、何かと雨の日が多い。本日も雨脚が強めだ。事情があって、夜ラーメン。横須賀中央から少しだけ離れた裏道。
s-DSC05147.jpg

煮干ラーメン専門店だ。生憎の天気なので、おそらくと思ったが、予想どおり先客はゼロ。しかし、落ち着けていい。
s-DSC05146.jpg

何にしようかな。メニューを見て、前回来た時に、次は特濃煮干らーめんにしよう、と決めていたのを思い出して、発注したのだが、ふと予感がして、頭上を見上げたら、黒煮干というメニューを発見した。「やはり、黒煮干で」と慌てて訂正した。すると、店主からは醤油が濃いめなので好き嫌いが分かれますが大丈夫ですか、というような趣旨の問いかけがあったが、もちろん何の問題もない。
s-DSC05131.jpg

さらに、麺の確認には、細麺をお願いした。無料の中盛サービスは特に注文しなかったが、中盛にしますね、といった確認があった。ありがとうございます。
s-DSC05132.jpg

深ざるで、ちゃっと湯切りをして、スープにあけて出来上がり。熱いですよ、と言われたドンブリをカウンター越しに直接受け取ったが、本当に熱々だ。
s-DSC05133.jpg

この濃い色のスープは、確かに黒煮干という表現がふさわしい。スープから香り立つ煮干し由来の匂いに、食欲がそそられる。
s-DSC05135.jpg

少しだけそっけない、ぼそっとした食感が何とも好感な麺。中盛りなので、食いでがあった。
s-DSC05136.jpg

煮干の風合いに海苔がまたよく合う。同じ海の幸だからか。
s-DSC05141.jpg

チャーシューは2枚。厚みがあって、食いこだえがある。
s-DSC05142.jpg

こっちは柔らかめだ。
s-DSC05143_2015041908014166f.jpg

煮干と醤油の強めのバランスが楽しい一杯だった。うまかったのだが、最後はスープを残してしまった。申し訳ない。
s-DSC05144.jpg

夜は一段と雰囲気のある店。ごちそうさま。
s-DSC05145.jpg

【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 日曜日
【アクセス】車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター6席 テーブル4人×1 2人×2

【メニュー】醤油煮干ラーメン650円 塩煮干ラーメン650円
        チャーシュー、海苔、わかめ、メンマ、ネギ
      ※醤油か塩味をお選びくださいませ
        麺の量 普通150g 中盛190g 0円
         大盛300g200円 特盛375g300円
      特製煮干しラーメン(全部乗せ) 醤油か塩850円
       基本トッピングに煮玉子、ワンタン、チャーシュー、海苔3枚
      ハーフラーメン550円
      特濃煮干らーめん750円 基本は醤油
       チャーシュー、半分煮玉子、わかめ、メンマ、ネギ&微塵タマネギ、海苔2枚
      特製煮干しつけ麺850円→麺量1.5倍
       (1玉800円、2玉950円、2.5玉1,050円)
       チャーシュー1枚、自家製ワンタン2個、煮玉子、海苔2枚、ワカメ、自家製メンマ、厚切りネギ
      煮干つけめん700円→麺量1.5玉
       (1玉680円、2玉800円、2.5玉900円)
      煮干油そば 麺量1.5玉750円
       (1玉700円、2玉850円、2.5玉950円)
       卵黄のせ か 半分煮玉子のせ

      裏メニュー
      白煮干し750円
       生クリームと煮干しダシでコク深くダシ深く
      担々煮干800円
       
      ◇トッピング
       チャーシュー1枚100円 自家製煮玉子100円
       自家製メンマ100円 味付き小口ネギ100円
       塩に合うバター100円 ワカメ100円
       自家製山芋とろろ200円 海苔5枚100円

      ネギチャーシュー丼290円 マヨネギチャーシュー丼300円
      鰹出汁山芋とろろご飯290円 花かつおネギ丼120円
      濃い味の豚肉そぼろ丼250円 特製ダレぶっかけ生卵ネギ丼200円
      ライス100円 ランチタイムは50円
 
【ホームページ】http://ameblo.jp/z-three/

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター