2014-11-30

品川 支那そば きび 品川店

平成26年11月30日(日) 13:11訪問。
支那そば700円+味付玉子100円を食す。

今日は高輪台に所用があってやってきた。品川から20分くらい歩けばつく距離なので、駅近くで便利な京浜急行高輪口からすぐのガード沿いにある、品達へやってきた。
s-DSC03538.jpg

昼時なので、どの店もそこそこ混んでいる。蒙古タンメン中本が一番人気のようだ。さほど、時間に余裕もないので、さっと食えそうなところがいいかな。支那そば、いいね。平日でもないのに、調理に時間のかかりそうな餃子までサービス。ここに決めた。
s-DSC03523.jpg

変形カウンター席もあったが、ひとり客の俺は相席用と思わしき大きなテーブル席に案内された。支那そばというジャンルが癖がなく、食いやすいイメージだからだと思うが、子連れの客が多かった。
s-DSC03525.jpg

女性店員に食券を渡す時に、餃子のサービスをお願いした。まずは、ラーメンが運ばれてきた。時間にしてものの3分くらい。
s-DSC03526.jpg

ラーメンに表情なんてあるわけないかもしれないが、無理に表現すると、明るい表情にみえる。楽しげなドンブリのせいだな。
s-DSC03527.jpg

スープは鶏ガラに、野菜とかいろいろ味が入っているようだ。でも、複雑すぎない出汁と醤油のバランスがよく、見た目と同じような味。それでいて、コクもしっかりとある。あっさりそうでいながら、油分がコクを演出している。そう理屈をこねたら、面白くない。普通にうまい。つまり、ほとんどの人が悪くないね、というと思う。
s-DSC03528.jpg

皿の大きさに比べて、ちょっと寂しげな餃子だが、サービス品なので、とてもうれしい。さすがに今焼きましたということではなさそうだが、普通にうまかった。
s-DSC03529.jpg

そして、また麺にもどって、この縮れ麺も見た目どおりに、すする、食感がいい。本当にあっさりで、どんどんすすっていってしまう。
s-DSC03531.jpg

チャーシューは小さいものが2枚。薄かった。柔らかいので、すぐに崩れる。もう少しだけ厚いといいな。
s-DSC03532_20141202230151db2.jpg

そして、玉子。ちょうどよい半熟具合。
s-DSC03533.jpg

スープはすべて飲み干し、餃子も完食。このラーメンにワンタンが入っていたらどうだろうか、などど想像してしまった。
s-DSC03535.jpg

駅近くなので、次々と客が入ってくる。体もあったまったし、がんばるぞ。って何を?
s-DSC03537_20141202230155804.jpg

【住所】  東京都港区高輪3-26-20 品達ラーメン
【電話】  03-3449-7127
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:京浜急行品川駅下車徒歩3分。改札を出たら、目の前の大きな道路沿いに左方向へ。麺達の案内にしたがって、線路沿いに進んだ左側の線路高架下。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター テーブル 32席

【メニュー】支那そば(140g)700円 浅草ブラックらーめん(150g)750円
      豪快ラーメン(200g)850円 叉焼スペシャル(150g)850円
      エビつけめん870円 
      鶏白湯らーめん(150g)800円 鶏白湯つけ麺(300g)850円
      鶏そば半チャーハンセット800円
      ブラック+半チャーハンセット870円
      
      ◇トッピング
       味付玉子100円 豚ちゃあしゅう250円 鶏ちゃあしゅう250円
       メンマ150円 のり5枚150円 ネギ150円

      ご飯150円 カレーご飯150円 麻婆ご飯150円
      豚叉焼ご飯150円 鶏叉焼ご飯150円 豚&鶏叉焼ご飯150円
      餃子5ケ500円 餃子3ケ300円
      豚叉焼350円 鶏叉焼300円

【店舗Web】http://www.shinatatsu.com/raumen/kaku_kibi.html
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-11-29

北久里浜 麺屋こうじ

平成26年11月29日(土) 19:33訪問。
名古屋コーチンスープの塩ラーメン930円を食す。

今日は休日出勤。仕事帰りに寄ってみた。
s-DSC03522.jpg

ねらいは明後日月曜日までの限定だ。明日は所用にて来られないので、今日やってきた。
s-DSC03501.jpg

この店にしてはやや高めの価格設定が、期待を持たせる。しかし、よもやとは思うが、まさか品切れにはならないよな。先客は5名。売切れではなかった。よかった。土曜日でも夜は比較的空いていて、カウンターは誰も座っていなかった。食券を渡すと、さっそく調理開始。すぐに出てきた。
s-DSC03502.jpg

透明なスープに、麺をほとんど覆い尽くすほどのせられた、各種の具が豊富だ。
s-DSC03502.jpg

スープ。見た目ほど、油っぽさは感じない。あっさりとしているが、味わい深くて、ああ、鶏の出汁というのを感じる。第一印象がいちばんいい。だんだん、食い進んで行くと、これが普通にうまい、って感じに慣れていく。これは、スープではなく食い手の問題だ。そして、品がいい。
s-DSC03504.jpg

麺はこしのある中細ストレート。今回は、店主に中盛にしますか、ときかれたが、普通盛でお願いした。それでも、かなりボリュームはある。
s-DSC03506.jpg

では、山盛りの具を紹介。トマト。えって感じだが、汁に浸して食うと、甘みが増して、意外によくあう。
s-DSC03507.jpg

白髪ねぎに三つ葉。
s-DSC03508.jpg

色あざやかな小松菜。茎がうまいね。
s-DSC03509.jpg

今回は極太のメンマ。歯ごたえがとてもいい。
s-DSC03510.jpg

丸々のキクラゲも食感がいい。
s-DSC03513.jpg

そして、チャーシュー。今回は2種類。鶏チャーシューは、皮がぱりっとしていて、肉は柔らかめ。鶏の嫌味はない。
s-DSC03516.jpg

そして、いつものチャーシュー。
s-DSC03517.jpg

しかも、2枚。これだけでもかなり、ボリュームがあって、けっこう腹がふくれる。
s-DSC03518.jpg

さらにこれでもかというくらいに、鶏そぼろ。生姜も効いていて、いい味わい。
s-DSC03514.jpg

最後は、いつもの玉子。
s-DSC03519.jpg

とにかく、いろいろな味わいが楽しめて、にぎやかなことこの上ない。しかも、スープは最初こそ、鶏のうま味たっぷりに主張するのだが、後半はさまざまな具と麺をしっかりと支える役割に。そういえば、柚子の風味も感じた。いやあ、満腹。そして、満足。完食した。
s-DSC03520.jpg

「まいど、どうも」の声に、店主に軽く会釈して、店を出た。ごちそうさまでした。
s-DSC03521.jpg
次の限定は、函館塩ラーメン。この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 火曜日、第3水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。      
【駐車場】 隣地に3台分
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】讃岐風塩ラーメン630円 醤油ラーメン650円
      チャーシュー麺880円 特製ラーメン800円
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン770円
      野菜タンメン740円 鶏塩ラーメン760円
      麺中盛無料 麺大盛50円 麺特盛100円
      つけめん680円 坦々つけ麺800円 味噌辛つけめん750円
      毎週木・金・土限定メニュー にぼにぼそば(1日限定15食)780円  
      
      ◇トッピング
      半熟玉子90円 ねぎ140円 焼チャーシュー250円 半チャーシュー(2枚)130円
      メンマ100円 ワンタン220円 のり100円 江戸菜100円
      
      自家製餃子320円 水餃子320円
      明太ツナマヨ丼200円 葱チャーシュー丼250円
      杏仁豆腐100円
      
      ◇日替わりセットメニュー
       月:ラーメン(塩、醤油)&ミニ豚丼800円
       火:お休み
       水:つけ麺&ミニチャーハン800円
       木:ラーメン(塩、醤油)&葱チャーシュー丼800円
       金:つけ麺&餃子800円
       土:ラーメン(塩、醤油)&鶏マヨ丼800円
       日:つけ麺&葱チャーシュー丼800円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-11-27

相模大野 らーめんほうき屋

平成26年11月27日(木) 13:15訪問。
しお玉750円を食す。

出張で相模大野にやってきた。相模大野は駅近くに個性的なラーメン屋がけっこうある街のようだ。電車の中で調べて、面白そうなこの店にしてみた。駅から歩いて5分強。ほとんど迷わずに来られた。
s-DSC03498.jpg

牛骨ラーメンの店だ。おすすめは、しおのようだ。
s-DSC03479.jpg

店の中は、木を活かした素朴な造り。といえば、洒落ているが、実際はどこまでがわざとなのかわからないが、トタン張りの壁だったり木の丸椅子だったり、飾らないところがいいといえばいい。ところが、これでもリニューアルして、きれいになったらしい。今日俺が座ったカウンター席もなく、飯塲みたいな椅子とテーブルだったようだ。どちらかといえば、その方がよかったな。
s-DSC03482.jpg

まずは、入口のすぐわきにある食券自販機で食券を購入。プラス100円でミニ丼が食える。俺はやめておいたけど、これはお得。店主かな、男性一人で調理とホールをまかなっている。しかし、カウンターの上はきれいに整えられている。水の入ったポットも多めにセットされている。しかし、床は滑りやすい。
s-DSC03481.jpg

牛筋ラーメンが運ばれてきた。やたらと湯気がたっている
s-DSC03483.jpg

トッピングをしないと標準では、チャーシューはつかないようだ。あとで、よく見たら、「しおオススメ」というメニューが存在した。チャーシューとのりと玉子がついて、850円。ということは、そっちの方が明らかに得だ。失敗した。
s-DSC03484.jpg

スープは、これまでの少ない経験ながら、牛骨とわかる出汁。独特のうま味に、塩の風味もあるなと思ったら、塩ラーメンだったことに気がついた。そのくらい、自然な感覚。
s-DSC03485.jpg

中太ストレート麺は独立性が強く、あまり麺を絡めない印象。そのくせ、何となく湯切りが弱いような感じもする。でも、こういう麺なのかもしれず、まあ、スープには合っている。
s-DSC03488.jpg

そして、チャーシューではなく、牛肉。いわゆる牛筋。でも、柔らかくて、味付けもほどよく、うまい。
s-DSC03490_20141128000002b2f.jpg

メンマは普通。スープの熱さがずいぶんと保たれていて、何かを持ち上げると、やたらと湯気がたつ。
s-DSC03493.jpg

玉子はきれい。味付けは控え目で、うまし。
s-DSC03494.jpg

牛骨で出汁をとったラーメン、とても久しぶりに食ったが、豚骨とはまた、違った味わいで、牛骨の方が、品がいい。癖もなく、塩味のバランスもよかった。もちろん、完食。
s-DSC03496.jpg

店員は、マイペースそうな感じに見えたが、客のようすはよく見ているようだ。愛想がいいわけではないが、決して不快になることはない。調理には余裕を感じた。
s-DSC03499.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。

【住所】  相模原市南区相模大野5-27-17
【電話】  042-745-5808
【営業時間】11:30~14:30 17:00~2:00
【定休日】 不定休
【アクセス】電車で:小田急線相模大野駅から徒歩10分弱。北口に出て、駅を背に右に向かい、まっすぐ進む。そのまま進んで、相模大野交差点を左折。しばらく進んでロビーシティ前交差点を直進。右斜め方向に進んではいけない。少し進んだ左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター14席
【メニュー】しお650円 しお玉750円 しおチャーシュー850円 
      しおオススメ(チャ・のり・玉)850円 しお全部のせ1,150円
      正油650円 正油玉750円  正油チャーシュー850円 
      正油オススメ(チャ・のり・玉)850円 正油全部のせ1,150円
      みそ750円 みそ玉850円  みそチャーシュー950円 
      みそオススメ(チャ・のり・玉)950円 みそ全部のせ1,250円
      つけ麺800円 つけ麺玉900円  つけ麺チャーシュー1,000円 
      つけ麺オススメ(チャ・のり・玉)1,000円 つけ全部のせ1,300円
      らーめん大盛250円 つけ麺大盛250円
      ◇トッピング
       チャーシュー200円 味玉100円 のり100円
       キムチ100円 牛スジ増200円 ネギ増100円
       メンマ増100円
      ◇昼SET
       牛スジカレー100円 牛スジ丼100円 チャキム丼100円 
       ギョーザ(3ケ)100円
      ◇夜SET
       牛スジカレー200円 牛スジ丼200円 チャキム丼200円 
       ギョーザ(3ケ)200円
      牛スジカレー大550円 倍盛牛スジ丼550円 倍盛チャキム丼550円
      ライス大150円
      牛すじカレー350円 牛スジ丼350円 チャキム丼350円
      ライス100円 
      ギョーザ(5ケ)450円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-11-25

新横浜 無垢

平成26年11月25日(火) 13:17訪問。
焦げ味噌ラーメン950円を食す。

3連休が明けて、今日から仕事だ。連休すらあまりない俺にとって、3連休明けはかなり酷だ。そんな自分を慰めるために、昭和の街にやってきた。今日も夕暮れが心地よい。いつきても夕暮れだ。
s-DSC03454.jpg

ということで、今日もラーメン博物館。全店をめぐるスタンプラリーで、B2階を時計回りに訪れてきたが、今日はこの店。さほど気持ちが躍らないのと、写真は無関係だが、なぜかピントがあわない。
s-DSC03452.jpg

いつもは空いているのに、今日に限って、満席。まあ、不平を言わずに素直に待つことにした。気持ちを変えると、案外すぐに案内されるものだ。昨日とうって変って、気温が下がったので、ここは味噌でしょう。
s-DSC03455.jpg

カウンター席に案内された。目の前にはこんな缶詰。まったくうまそうに見えない。
s-DSC03456.jpg

目の前に積み上げられたドンブリ。メニューによって色が違うのか。店内には都合6名の店員がいた。いらぬお世話だが、少し多いのでは。研修中の人もいるのかな。それから気になったのは、いちいち、「麺入ります」とか「麺あげします」とか「味噌20秒」とか。わざとらしい掛け声も鼻につく。何かにつけて発せられる、「よっ」ていう掛け声も自分たちだけが客とは隔絶した優越感を楽しんでいるようで気に障った。まあ、印象だから、人それぞれだろうけど。でも、ラーメンづくりもパフォーマンスではなく、必然性のある所作がニッポン的だ。味噌ラーメンはいちいちドンブリに火を入れるのかな。炎を立てるパフォーマンスも必然なのかな。いちいち気にしないほうがよさそうだ。
s-DSC03457.jpg

この匙みたいなレンゲは前回きたときに、使い勝手が悪かったのを覚えている。底が薄くて、あまりスープをすくえない。
s-DSC03458.jpg

愛想のいい女性店員が運んできてくれた。
s-DSC03459.jpg

きれいとはいえないが、逆に妙に食欲をそそる外見。馬油の黒味がうまそうだ。
s-DSC03460.jpg

では、スープから。ベースの出汁が甘いのか、かなり甘みの強い味噌味。せっかくのマー油が浮き上がってしまった感じ。奥行きも感じられず、軽い印象だ。
s-DSC03465.jpg

パスタのような、と表現してもあながち間違っていないだろうと思われる麺。スープとの独立性が高いような印象だ。
s-DSC03468.jpg

もやし、キャベツ、ネギ。炒めてあって、渾然となっているが、スープに溶け込んでいる。
s-DSC03469.jpg

焦げ目のあるチャーシュー。
s-DSC03470.jpg

食いやすいサイズで、香ばしい味わい。
s-DSC03472_201411262238447dd.jpg

玉子は、ちょっと馬油まみれ。
s-DSC03474.jpg

スープは、後半だんだん飽きがきてしまった。このレンゲと鉢状のドンブリは完全なミスマッチで、これ以上掬って飲むのは、面倒くさい。終了。
s-DSC03475_201411271924346a0.jpg

帰り際にスタンプを押してもらったら、「あと少しですね」といってもらえた。あと2店だ。
s-DSC03476.jpg
獺祭も好きじゃない。この店のまた来たい(期待)度は、★☆。

そういえば、何だかんだでよく訪れていた麺の坊砦は1月12日で卒業することとなった。残念。次はどんな店が入るのだろう。

【住所】  横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館B2F
【電話】  045-471-0503
【営業時間】オーダー時間:(月~金)11:00~21:30または20:00
      (土)11:00~22:00 (日・祝)10:30~21:30または22:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄8番出口(あざみ野方面先頭)から出てまっすぐすすみ、一つ目の横断歩道を渡って、左折。直進すると、フレッシュネスバーガーが見えるので、その並び。
【駐車場】 有料駐車場あり。30分250円
【席数】  カウンター6席 テーブル6席×2 テーブル4席×1

【メニュー】無垢ラーメン900円 焦げ味噌ラーメン950円
      無垢ツヴァイテラーメン1,200円 ベジタリアン味噌ラーメン900円
      ◇トッピング
       のり増し三國屋有明産150円 チャーシュー増し(2枚)150円
       味玉増し150円 麺大盛り200円
      ミニ無垢ラーメン570円 ミニ焦げ味噌ラーメン600円

【店舗Web】http://www.raumen.co.jp/shop/muku.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-11-24

津久井浜 麺屋庄太

平成26年11月24日(月) 13:14訪問。
豚骨煮干しらぁ麺並800円を食す。

連休最終日の今日は、地元で麺活。
s-DSC03442_20141125221415f85.jpg

駅の目の前なので、ここを訪れるときは電車と決めている。
s-DSC03446.jpg

着いた時は4人の家族客が店外で並んでいた。しかし、テーブル席を希望のようで、承諾をとって、俺が空いたカウンター席に先に案内された。ねらいはこれ。コメントのおすすめもあって、今月14日からスタートの限定メニューを食いにやってきたのだ。ハイバランスで掛け合わせたという文言に自信のほどがうかがえる、と同時に心動かされる。
s-DSC03441.jpg

厨房内は店主と金髪の青年店員。さらに客さばきが巧みな元気な女性店員が名アシスト。レギュラーメニューより少し時間がかかるようだ。やがて運ばれてきた。色といい、泡の具合といい、いかにも煮干し出汁、という感じだ。では、ハイバランスをさっそく味わってみたいと思う。
s-DSC03434.jpg

スープは煮干し全開というより、まろやかな出汁具合。苦みもあるが、それがまたうま味につながっている。しかも、豚骨との相性がすばらしい。甘みも感じて、何ともいえないバランス。奥行きがあって、次々と飲みたくなる。
s-DSC03435.jpg

麺は弾力が強く、つやもいい。縮れ具合がたまらない。スープをよく絡めるが、麺だけでも味わいが楽しい。
s-DSC03436.jpg

長い穂先メンマは、レギュラーメニューのらぁ麺と共通。味わいが楽しい。
s-DSC03437.jpg

赤みがきれいなチャーシューは食いやすくするためか、カットされていた。しっかりと肉のうま味がある。
s-DSC03438.jpg

途中、ゴマをふってみた。これは、大勢に影響なかった。
s-DSC03439.jpg

スープ量は結構あったのだが、スープ先行でどんどん進み、麺を後ですする感じで食い終えた。最後は、完食。煮干しの粉をドンブリ底に残すのみ。うまかった。
s-DSC03440.jpg

隣にあった、インドネパール料理店。へえ、前からあったっけ?なんだか楽しそうな店だ。
s-DSC03444.jpg

で、今回の庄太、期間限定。確かにバランスのいい一杯だった。
s-DSC03443.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横須賀市津久井2-18ー22
【電話】  046-848-0929
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】 水曜 
【アクセス】電車で:京浜急行津久井浜駅下車。徒歩1分。改札を抜けて駅前の細い道を右に進んですぐ。
【駐車場】 4台分
【席数】  カウンター7席 テーブル4席×2

【メニュー】らぁ麺(並)700円 らぁ麺(大)800円 
      魚介らぁ麺(並)700円 魚介らぁ麺(大)800円
      中華そば(並)700円 中華そば(大)800円
      つけ麺(並)(1玉200g)840円 つけ麺(中)(1.5玉300g)840円
      つけ麺(大)(2玉)920円 つけ麺(特)(2.5玉500g)1,000円
      辛つけ麺(並)(1玉200g)840円 辛つけ麺(中)(1.5玉300g)840円
      辛つけ麺(大)(2玉)920円 辛つけ麺(特)(2.5玉500g)1,000円
      黒豚餃子(5ケ)350円 黒豚餃子セット(餃子3ケ、半ライス)250円 
      徳トッピング250円 チャーシュー200円 九条ネギ200円
      白髪ネギ200円 薬味ネギ200円 メンマ200円
      辛カラ150円 岩のり200円 のり100円
      煮玉子100円 キャベツ100円 ほうれんそう100円
      半ライス150円 ライス200円 大ライス250円
      君栄の釜揚げしらす丼250円 チャーシュー丼250円 カレー丼250円
【店舗web】http://menyashota.nomaki.jp/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-11-23

北高崎 支那そば なかじま

平成26年11月23日(日) 14:01訪問。
わんたんそば830円+味付たまご100円を食す。

3連休の真ん中は、趣味の遺構めぐりで、高崎の箕輪城にひとり旅。昼食は近くの人気店らしい、この店に。もちろん初訪問。
s-DSC03292.jpg

外に6人の行列。と思ったら、家族連れらしいのが後から来て、俺の前は都合8名。計らなかったけど、ずいぶんと待って、店内に入った。駐車場に何かとナーバスになっているようだ。店の内外に注意書きがやたらと多かった。近所から、やっかみ半分でいろいろ言われているのかな、などと勝手な想像をしてしまった。
s-DSC03278.jpg

そして、店内へ。ここではカウンター席の後ろにずらっと椅子が並んでいて、そこでまた順番に待つしくみ。待っている間に、メニューを持った女性店員が先に注文をとりにくる。初めてなのだが、奢ってわんたんそばに味玉にしてみた。

そして、ようやく席に案内された。おそらく30分くらいは待ったと思う。
s-DSC03279.jpg

カウンター内では、全員がコック服に身を包み、作業中。店主と思われる男性が手際よく調理。他に、ホール兼調理補助、レジ兼調理補助の女性がそれぞれ1名ずつ。ホール係りの女性店員がしなやかな動きで、この混んでいる客を上手にさばいているので、客も慣れたもので、まったく混乱はない。また、店主に先の注文を伝えるのが上手なようだ。

俺の前が3人の団体客だったので、まとまって出てくるかと思いきや、俺のはその次だった。麺茹で用の大鍋は2つあって、ひとつの湯を取り替えていた。平ざるで、さっと湯きりして、できあがり。着席から10分強。見た目はまあ、普通。
s-DSC03280.jpg

スープがうまい。魚介系が少しだけ前面に出ているが、全体的に奥行きがあって、調和がとれている。バランスが崩れ気味なところで、つりあいをうまく保っているラーメン店も多いのだが、このラーメンは上品に調和がとれている。動物系の出汁が底を支え、煮干し出汁がやや前面といった印象だった。
s-DSC03281.jpg

麺は、全粒粉入り。自家製麺らしい。店の隣に製麺機が置いてあった。加水率は低めで、あっさり目を演出。啜り感がとてもよい。これもうまい。
s-DSC03282.jpg

この縁がやや赤みを帯びたチャーシューは、きちんと焼豚のようで、小さいながらも肉のうまみがしっかりとしている。これが2枚なのだが、これだけうまいと焼豚そばもいいかなと思ってしまう。
s-DSC03283.jpg

支那そばに定番の細めのメンマ。
s-DSC03284.jpg

そして、ほどよい大きさで上品そうなワンタンは5個。
s-DSC03285.jpg

皮は大き目で、具は少し餃子っぽさもあり、ショウガが効いていて、うまい。
s-DSC03286.jpg

味玉はほどよい半熟具合。味付はスープの印象を壊さない控え目。
s-DSC03288.jpg

スープも、麺もワンタンも何もかもがうまい。最後は両手でドンブリをもって完飲。ごちそうさまでした。料金は後払い。食い終えて店を出るときに「お待たせして、すみませんでした」という声がかかった。
s-DSC03289.jpg

子連れの客も多かったが、おそらく化調も少ないか、無化調なのでは。このような味を幼心に植え付けるのは、大変懸命だ。家系も含め、豚骨醤油は、食い盛りになってからで十分だと思う。それから、観察していたら、ほとんどが複数客。あまり前知識なく訪問したが、この店の人気ぶりがよくわかった。もっとも、若者やファミリー中心で年配客はいなかったけど。

食っている間に、スープ切れで、閉店。間に合ってよかった。
s-DSC03290_2014112417473793c.jpg
昼のみ営業という、ハードルの高いラーメン店。この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。


【住所】   群馬県高崎市飯塚町1190-4 東金井県営住宅 1F
【電話】   027-363-5161
【営業時間】 11:00~14:30
【定休日】  火曜、第1・3月曜
【アクセス】 車で:関越自動車道を高崎インターチェンジで降りる。左方向安中方面へ向かい、県道27号線に。高砂町交差点の次の四つ角を右折。線路を越え、少し先の左側にウニクス(UNICUS)というショッピングセンターが見えたらその向かい右側。駐車場は右側に店の先を行った再楽館の先の小太郎という居酒屋の中。
【駐車場】 駐車場は再楽館というリサイクルショップの隣の小太郎という居酒屋の駐車場3台分。
【席数】   カウンター12席
【メニュー】 支那そば680円 味玉そば780円
       わんたんそば830円 焼豚そば900円
       しおそば680円 つけそば(夏季限定)730円
       味付たまご100円 めんま大盛150円
       麺大盛100円
       豚角煮ごはん(土日祝)300円 (平日数量限定180円)
       ごはん100円 わんたん皿300円 
       焼豚皿350円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-11-22

衣笠 拉麺大公

平成26年11月22日(土) 12:57訪問。
海老味噌煮玉子880円を食す。

今日は11月の土日限定を食いにやってきた。
s-DSC03082.jpg

海老出汁味噌ラーメン~生味噌仕立て~。カウンターは満席で、座敷席に案内された。バイトらしき若い男性に限定を発注したら、「焼き味噌ではありませんが、大丈夫ですか」と確認された。限定ねらいで来たので、大丈夫です。こっちは生味噌仕立て。
s-DSC03066_2014112412005326d.jpg

混んでいたので、10分くらい待って運ばれてきた。
s-DSC03068.jpg

見た目は味噌ラーメンと煮ているが、海老の香りが微かに香る。
s-DSC03069.jpg

では、スープ。海老ははっきりとした味わいだが、くどくはない。海老のうま味と味噌の味わいが自然に融合していて、どこまでが、海老でどこからが味噌という区別がまったくない。むしろ、そういうことを意識しないと海老味噌という味噌の種類かのような錯覚さえしてしまう。
s-DSC03070.jpg

味噌ラーメンと同じ黄色い、中太の縮れ麺。スープによく合う。
s-DSC03071.jpg

メニューには、煮豚、焼き豚2種類のチャーシューとあるが、どっちがどっちだ。
s-DSC03075.jpg

そして、炒めた挽肉。これも味噌ラーメン同様にうまい。
s-DSC03078.jpg

最後は、玉子。とろとろの半熟具合が絶妙。ここの玉子がいちばんうまいかもしれない。
s-DSC03079.jpg

海老の油とか味噌の味とか、微かなラードの風味やニンニクの隠し味など、渾然となって、このスープはうまい。海老の嫌味はまったくなく、どんどんいける。躊躇なくスープまで飲み干して、完食。ごちそうさまでした。
s-DSC03080.jpg

この店の限定が楽しみになってきた。
s-DSC03083.jpg
【住所】  横須賀市公郷町2-16-4
【電話】  
【営業時間】平日11:30~14:20 17:30~20:45 土日祝11:30~14:45 17:30~20:45
【定休日】 月曜、毎月第3火曜日

【アクセス】電車で:JR横須賀線衣笠駅から徒歩15分くらい。駅前道路を右に進み、衣笠十字路を直進。横須賀線をずっと右手にみながら直進した左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター4席 座敷4×3

【メニュー】味噌らぁめん(チャーシュは入っておりません)680円
      3枚チャーシュー味噌らぁめん830円
      5枚チャーシュー味噌らぁめん930円
      辛しにんにく味噌らぁめん780円
      肉玉味噌らぁめん(チャーシュー3枚と半熟煮玉子入り)930円
      塩つけ麺880円
      チャーシュー塩つけ麺(チャーシュー3枚入り)
      肉玉塩つけ麺(チャーシュー3枚と煮玉子入り)1,080円
      塩玉つけ麺980円
      味噌つけ麺880円
      チャーシュー味噌つけ麺(チャーシュー3枚入り)980円
      肉玉味噌つけ麺(チャーシュー3枚と煮玉子入り)1,080円
      味噌玉つけ麺980円
      辛しニンニクつけ麺930円
      チャーシュー辛しニンニクつけ麺(チャーシュー3枚入り)1,030円
      肉玉辛しニンニクつけ麺(チャーシュー3枚と煮玉子入り)1,080円
      辛しニンニク玉つけ麺1,030円
      焦がし醤油 札幌スタイル醤油
      肉玉醤油930円 醤油チャーシュー830円
      焦がし醤油730円

      ◇トッピング
       チャーシュー(2枚)100円 半熟煮玉子100円
       海苔100円 辛しにんにく50円 メンマ100円
      ◇ご飯物
       ねぎメンマ250円 肉メシ250円
       ライス100円 ライス大盛り150円

【店舗web】https://twitter.com/misotaikou

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-11-21

弘明寺 田上家

平成26年11月21日(金) 17:46訪問。
ラーメン並700円+味付玉子100円を食す。

今日は弘明寺にやってきた。またまた夜ラーメン。というより遅い昼ラーメン。しかも、まさかの3日連続家系ラーメン。今日は弘明寺に10月8日に開店したこの店を初訪問。有名店で長年修業を積んだそうだ。
s-DSC03061.jpg

先客は2名。メニューは、ラーメンとチャーシューメンだけという潔さ。しかもライスはお替り自由。
s-DSC03044.jpg

以前はかまくら家だった場所。店内は手を入れたようで、清潔な印象。店員は2名。麺固めで発注。赤カウンターに赤い椅子。赤備えが戦闘力の高さを予感させる。そして、ずらりと並べられた調味料。
s-DSC03047_201411232231569f6.jpg

しっかりとした容器に入っている。おろしショウガはもちろん、行者ニンニクらしきものまである。
s-DSC03045.jpg

コショウやすりごま器、酢もある。おまけにティッシュペーパーも。
s-DSC03046.jpg

平ざるで湯きりして出来上がり。この間、3分強。黒いドンブリがいかにも家系。
s-DSC03048.jpg

表面を覆っていた海苔を開けてみた。
s-DSC03049.jpg

スープは、亜流でない家系に近いバランスのとれたもの。癖がなくていい。醤油が前面に出ているのは、いかにも家系。昨日の今日なので、このくらい醤油ダレが強めでもまあいける。
s-DSC03050.jpg

麺箱が酒井製麺だったので、期待していたが、このやや縮れのあるストレート太麺がいい。出汁と小さな肉片を絡めて、うまい。
s-DSC03052.jpg

そして、昨日とまったく同じ。調味料をのせてみる。コショウにおろしショウガに緑色の行者ニンニク。さらに、今回はすりごまもプラス。いいねえ。
s-DSC03055.jpg

チャーシューは、家系よろしくスモークフレーバー。薫香はさほど強くない。でも、小さいけど、しっかりした肉。巻バラでないところも家系本来でよい。
s-DSC03056.jpg

味玉。味付けははっきりした感じ。
s-DSC03057.jpg

スープは、後半はしょっぱかった。少し残したが、食後も嫌な後味はなく、上質な素材を使っているようだ。
s-DSC03058.jpg

客が少ない時間ということもあるが、店内は静かで落ち着いていた。対応もていねいで、帰りがけには元気な挨拶もあったし、好感がもてた。
s-DSC03060.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。

帰りに通りかかったら、この前食った博多ラーメンの店康隆が横浜家系を名乗る店に変わっていた。
s-DSC03062.jpg
  
そして、観音様。まだ夕方だけど、もうひっそりとしたようす。
s-DSC03065.jpg


【住所】   横浜市南区通町3-48
【電話】   045-711-9766
【営業時間】 11:00~15:00 17:00~21:00
【定休日】  月曜日
【アクセス】 電車で:横浜市営地下鉄弘明寺駅下車。徒歩5分くらい。出口2を出たら、目の前の鎌倉街道を井土ヶ谷方面にもどる。道沿いの左側。
【駐車場】  なし。
【席数】   カウンター11席
【メニュー】 ラーメン並700円 ラーメン中800円
       ラーメン大900円
       チャーシューメン並850円 チャーシューメン中950円
       チャーシューメン大1,050円
       ライス(お替り自由)50円
       味付玉子100円 ホウレン草100円
       万能ネギ100円 のり100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-11-20

横浜 吉村家

平成26年11月20日(木) 15:56訪問。
ラーメン660円+味玉60円を食す。

前回来た時にかなり並んでいたので、あきらめたが、今回は行列なし。比較的すいている。店外に並びがないのを確認して、食券を購入したら、すぐに案内された。

s-DSC03042.jpg

カウンターの端に陣取って、調理の様子を観察していた。赤いカウンターにずらりと並んだ調味料。
s-DSC03030.jpg

今回は固めで発注したのと、タイミングはよかったせいで、あまり待たずに到着。
s-DSC03031.jpg

家系総本山のビジュアル。
s-DSC03032.jpg

醤油が前面に出ているのだが、豚骨と鶏油のバランスで、深い奥行きを感じさせる。改めて、じっくりと鑑賞すると、味が濃そうでいて、意外とすっきりともしている。
s-DSC03033.jpg

そして、酒井製麺製のやや短めの太麺。今回は固めでちょうどよかった。
s-DSC03035.jpg

チャーシューはなぜかカットされたものが全部で4枚入っていた。まあ、小さくカットされていた方が食いやすいけど。
s-DSC03037.jpg

もはや待てません。早めに、調味料を入れる。コショウ、おろしショウガ、そしてニンニク。やはり、この調味料を受け入れる度量のあるスープとマッチしている。この組み合わせがたまらん。
s-DSC03038.jpg

味玉は、味がはっきりしすぎて、だめだった。
s-DSC03039.jpg

うまかった。ほぼ完食。それにしても、黒地に金文字ってなあ。
s-DSC03041_20141123203300f0a.jpg

雨でも晴れでも、暑くても寒くても、いつも人が入っている。家系総本山って名乗りは値千金のネーミングだな。
s-DSC03043.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。


【住所】   横浜市西区南幸2-12-6 ストークミキ1F
【電話】   045-322-9988
【営業時間】 月曜日~土曜日11:00~0:30
       日曜日・祝日11:00~23:30
【定休日】  無休
【アクセス】 電車で:横浜駅南口から南幸橋を渡り、ずっと直進。左手に東急ハンズが見えたらあと少し。岡野町交差点を左に折れてすぐ。
【駐車場】  なし。
【席数】   カウンター25席 座敷4席
【メニュー】 ラーメン660円 中盛ラーメン760円
       大盛ラーメン890円
       チャーシューメン750円 中盛チャーシューメン920円
       大盛チャーシューメン990円
       のり50円 味付玉子60円 
       ライス110円 目玉焼100円
       野菜畑80円 辛みそネギ100円
       キャベツ90円 玉ねぎ90円
       生ほうれん草150円

【ホームページ】http://ieke1.com/index.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-11-19

東白楽 とらきち家

平成26年11月19日(水) 14:05訪問。
ラーメン650円+のり50円を食す。

川崎に出張。楽しみにしていたこの店。しかし、シャッターアウト。貼り紙は小さすぎて見えないが、店主けがのため、しばらくの間お休みって。残念至極。しかし、店主さん、大丈夫だろうか。場所はわかったので、回復を祈るばかり。
s-DSC03015.jpg

そして結局、辿りついたのがこの店。実は、俺も野球はタイガース贔屓だ。日本シリーズ、いけると思ったのに。阪神が日本一になっていれば、景気がよくなって、解散選挙もなかったはずだ。
s-DSC03022.jpg

中途半端な時間なので、先客は4名。店員は1名。俺はラーメンにたまごの食券を買った。つもりだった。
s-DSC03016.jpg

スープ作りの最中だったようで、なかなか調理に入らない。テーブルの上は多彩な調味料。
s-DSC03017.jpg

チューブ入りの生しょうがに豆板醤。
s-DSC03018.jpg

約8分で提供された。
s-DSC03019.jpg

めずらしく海苔増し。
s-DSC03020.jpg

スープ。まあ、醤油がやや前面に出ていて、家系本流の味わいといった第一印象。鶏油は多めで、コクを演出しているが、奥行きはさほどない味わいだった。
s-DSC03021.jpg

麺は平打ちに近いもので、普通で頼んだが、ちょうどいい茹で加減。でも、酒井製麺の方が好きかな。
s-DSC03022_20141122101943df7.jpg

そして、チャーシュー。微かにスモーキーな感じ。適度な固さで、肉の食感がいい。
s-DSC03024.jpg

チューブ入りのショウガは勘弁、刻みショウガに臭いがないと書いてあった刻みニンニクをのせてみた。これは、失敗。味が妙にしょっぱくなってしまった。
s-DSC03023.jpg

結局、自分のミスなのだが、スープがかなりしょっぱくて、最初の印象とずいぶんと違ってしまった。結局、スープは残した。
s-DSC03025.jpg

店員は黙々とスープを仕込んでいた。そういえば、すぐ先の六角家も随分と行っていないな。
s-DSC03027.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★☆。

【住所】  横浜市神奈川区西神奈川3-1-1
【電話】  045-491-5953
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:東急東横線東白楽徒歩5分。改札を出てすぐ前の道路(横浜上麻生線)を横断し、道なりにしばらく行ったところ。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター14席
【メニュー】ラーメン650円 中盛ラーメン740円
      大盛ラーメン870円
      チャーシュー750円 中盛チャーシュー910円
      大盛チャーシュー990円
      賄い飯し150円 半賄い飯し100円
      ライス110円 半ライス70円
      たまご50円 のり50円 キャベツ90円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター