2014-09-29

北久里浜 長谷川家

平成26年9月29日(月) 14:33訪問。
ラーメン700円+味玉子100円を食す。

今日は、最初から麺屋こうじの限定をねらって、急いでかけつけた。確か、昼の営業は14時30分までのはず。しかし、以前も一度振られたのだが、今回もまた振られてしまった。14時20分くらいに着いたのだが、すでに暖簾は下ろされ、準備中の札が。残念だ。期間限定の合鴨スープ、今日までだった。食いたかった。

と、いつまでもくよくよとしていても仕方ないので、とんとご無沙汰の、北久里浜駅近くの長谷川家に久方ぶりに足を運んでみた。
s-DSC02546.jpg

店内は先客3名。店員は男性1名。ずいぶん以前は女性店員が仕切っていた。今日は秋晴れで、気温は夏日。この手の店にありがちだが、空調は入っていないので、厨房の熱気が、狭い店内にこもっている。まあ、長居をするところではない。
s-DSC02555.jpg

食券販売機などはないので、口頭でラーメンを発注。思いもよらなかったのだが、麺の固さとか油とか、きかれなかった。あまり愛想のよくない無口そうな男性店員は、一応、という感じで注文を復唱して、調理開始。
s-DSC02543.jpg

意識してなのかはわからないが、湯きりはパフォーマンス気味。深ざるだけどね。約5分でカウンターにラーメンがのせられた。ビジュアルは、家系だ。元々は、直系に近い家系ラーメン店だったのだが、店主の主人が亡くなって、奥さんが後を継ぎ、といった流れの店だったと思う。今は、よくわからない。
s-DSC02547_20141002210410763.jpg

スープは、以前からか覚えていないが、今はあまり迫力がない。さらっとしていて、飲みやすいのだが、とんこつのうま味は今ひとつ、コクもさほど感じられない。
s-DSC02550.jpg

麺はいくぶん短めの中太ストレート。コシはまあまあ。ゆで加減もやわらかすぎず。
s-DSC02549.jpg

もうちょっと、とがったところがほしくて、調味料で味に変化をつけることにする。紅ショウガの隣には、おろしショウガもあって、うれしい。しかし、その隣のおろしにんにくは品切れ気味。
s-DSC02545_20141002210409f55.jpg

家系定番の調味料、ブラックペッパーにおろしショウガ、おろしにんにくをのせてみた。元が薄いのかな、あまり味の変化は楽しめなかったが、それでもないよりはいい具合。
s-DSC02551_2014100622485267d.jpg

ほうれん草は冷凍かな、くたびれ気味。まあ、あまり新鮮なものに出会ったこともないが。
s-DSC02552.jpg

チャーシューはよかった。少し硬めだけど、かすかなスモーク具合とよく合っていて、好印象。歯ごたえも肉らしくていい。しかも2枚。
s-DSC02553.jpg

玉子は、黒い糸で切っていたよ。なかなかの別嬪さん。うまかった。
s-DSC02554.jpg

俺以外の客は食い終わって、支払いを済ませて去って行った。ひとり黙然とラーメンを食っていると、何を思ったのか、店員がおもむろに暖簾を外していた。時計の横には、営業時間について、平日・祝日は11:00~16:00までと書いてあるけど。中休みでもなく、おしまいってことらしい。いろいろ事情はあるのだろうけど、営業時間と書いてある以上、お客さんとの約束だからね。
s-DSC02558.jpg

こうなったら、長居は無用だ。スープは残したが、こちらも本日ハ終了シマシタ。
s-DSC02556.jpg

たまに来たのに、たまたまかもしないが、残念な印象だった。家系の活気とか緊張感とは反対方向のゆるい店といった印象だった。
s-DSC02557_20141006211249232.jpg
更新が遅くなり、すんません。この店のまた来たい(期待)度は、★。

【住所】  横須賀市根岸町1-52-10
【電話】  046-836-1280
【営業時間】平日祝日11:00~16:00
       土・日11:00~20:00
【定休日】 年中無休
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅下車。徒歩10分くらい。駅前の道を右方向に進んで、根岸5丁目交差点の先の右側。新大津駅からも歩ける。国道134号線に当たったら左方向に進んだ左側。
【駐車場】 3台分。店を左に見て、すぐ先の路地を左に入った駐車場。15,16,17番。
s-DSC02542.jpg

【席数】  カウンター9席
【メニュー】ラーメン700円 中盛ラーメン800円 大盛ラーメン900円
      チャーシューメン900円 中盛チャーシューメン1,000円
      大盛チャーシューメン1,050円 
      特盛ラーメン1,000円 特盛チャーシューメン1,050円
 
      味玉子100円 海苔増し100円 ゆでキャベツ1,000円
      青菜増し100円 ネギ増し100円
      餃子3ヶ250円 餃子5ヶ450円
      ライス150円 小100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-09-25

新横浜  麺の坊 砦

平成26年9月25日(木) 13:55訪問。
鴨だし醤油SOBA1,000円を食す。

今日もまた、ラーメン博物館へやってきた。広場ではジャグリングの大道芸の最中。
s-DSC02511.jpg

今日のねらいはこれ。期間限定、数量限定の鴨だしラーメン。ジャスト千円。
s-DSC02514.jpg

食券を買って、カウンター席に案内された。大して混んでいないのだが、席は空いている端から整然と座らせられた。女性店員がうっかりしたのか、俺だけおしぼりがない。おしぼり、ほしかったな。カウンターの上には、ひと通りの調味料。
s-DSC02515.jpg

レギュラーメニューは早いが、鴨そばは時間がかかると見えて、約8分で到着。写真ではわかりづらいが、口径の小さな底の深いドンブリ。
s-DSC02516.jpg

実は、鴨出汁のラーメンは初めてなのだが、見た目は鴨南蛮そばによく似ている、って似せているのかな。
s-DSC02517.jpg

スープは、ラーメンらしく油が浮いていおり、強めに出た鴨の出汁がいい具合で、これはうまい。
s-DSC02519.jpg

麺はストレートの中くらいの太さの麺。風味がいい。
s-DSC02521.jpg

生の春菊、これもいい。最初に浸すのが正解なのかな。
s-DSC02522.jpg

焦げ目のついた焼きネギが、鴨南蛮風。もちろん、合っている。
s-DSC02523.jpg

かぼすちゃん。いいアクセント。
s-DSC02524.jpg

鴨肉は2枚。
s-DSC02525_20140928221000c18.jpg

小っちゃいけどね、むっちりの歯ごたえ。
s-DSC02528.jpg

いやあ、うまかった。高坏状のドンブリ。
s-DSC02530.jpg

ドンブリの形状は、ちょっと飲みづらかったけど、スープまで飲み干して完食。
s-DSC02531.jpg

この時間にしては、なかなかの賑わい。
s-DSC02532.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★。

せっかくなので、近所の不動産屋で気になっていた物件をみてみた。寸胴町のアパート。
s-DSC02534.jpg

れんげ町の貸間は、安い、しかも(家族的)だそうだ。下宿は、二食付で6,300円。うーん、迷うな。
s-DSC02537.jpg

【住所】  横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館B2F
【電話】  046-471-0503
【営業時間】オーダー時間:(月~金)11:00~21:30または20:00
      (土)11:00~22:00 (日・祝)10:30~21:30または22:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄8番出口(あざみ野方面先頭)から出てまっすぐすすみ、一つ目の横断歩道を渡って、左折。直進すると、フレッシュネスバーガーが見えるので、その並び。
【駐車場】 有料駐車場あり。30分250円
【席数】  カウンター16席
【メニュー】のりと半熟玉子らぁめん930円 肉もやしらぁめん930円 砦らぁめん770円
      肉増しらぁめん980円 海老ワンタンらぁめん1,000円
      砦の鶏白湯930円 鶏白湯夏つけ980円
      砦特製一口餃子(10個入)550円 砦の鶏白湯エビのワンタン(3個入)1,150円
      鶏白湯 夏つけ海老のワンタン(3個入)1,180円 砦のおむすび(明太マヨネーズ付)250円
      ふっくらごはん200円 VEGETARIAN NOODLE SA-MU-RA-I930円
      ちっちゃいごはん110円 チャーシュー盛(おつまみ)670円
      特Aセット(餃子5個+ちっちゃいごはん)300円
      特Bセット(餃子5個+アルコールドリンク)600円
      替玉(細麺または太麺)150円 チャーシュー皿(おつまみ)360円
      半熟玉子120円 青ネギ120円 味付キクラゲ160円
      海苔120円 海老ワンタン280円 チャーシュー300円
      のりと半熟玉子160円 もやし120円
      ミニ砦らぁめん570円 ミニのり玉らぁめん720円
      ミニ肉増しらぁめん770円

【店舗Web】http://www.raumen.co.jp/shop/toride.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-09-24

弘明寺 康隆

平成26年9月24日(水) 15:32訪問。
白玉子630円を食す。

弘明寺は懐かしい場所だ。そして、懐かしい弘明寺観音の近くにある、九州ラーメンの店。以前は、ワンコイン500円で替玉無料!!ってスペシャルな店だったのだが、消費税上げで、530円になったようだ。それでも、じゅうぶん魅力的だ。
s-DSC02504.jpg

ちなみにこの時間、弘明寺商店街にある琉二家は中休み。康隆を訪れたときは、台風の影響で時折、雨脚の強い中、運よく小雨だった。店の外観は派手だけど、それほど目立たない。店に入ると、時間のせいか先客はゼロ。もっとも、すぐに女性ひとり客がはいってきたが。女性でも入りやすい雰囲気かどうかは、判断つかないが、豚骨臭は一切ない。

食券を買って、カウンター席に座る。アイドルタイムなので、ひとりしかいない男性店員に食券を渡すと、麺の固さを確認された。俺は、固めで発注した。
s-DSC02489.jpg

この男性店員、まじめで、ていねいな対応が好感だ。調味料類もきちんと整えられている。
s-DSC02490_20140927212318c8c.jpg

失礼だったが、発注して小用をすましてかえってくると、タイミングをみて、麺茹でを開始。あっという間に出来上がり。カウンター越しに提供されるが、提供の仕方もていねい。価格に合わず、ドンブリの下に皿が敷いてある。
s-DSC02492.jpg

キクラゲもたっぷりのって、海苔もついている。
s-DSC02493.jpg

博多ラーメンを謳うが、スープはおよそ博多っぽい豚骨とは遠い、さらっとした豚骨。油はかなり浮いているが、くどさはない。これは、博多風というべきかな。しかし、これはこれで、うま味が効いていていい。
s-DSC02495.jpg

チャーシュー。ほぼ真ん丸。
s-DSC02496.jpg

味がどうこうという以前に薄い。でも、500円以下を謳う中華そば店とは違い、持ち上げても崩れない。
s-DSC02497.jpg

味付玉子は、標準以下。形がダメ。こういう店の悪いところは、標準は低価格なのに、オプションで手を抜くところ。100円くらいとバカにしてはいけない。コンビニの味付玉子以下。
s-DSC02498.jpg

途中、コクが少ないように感じて、すりごまとコショウを加えてみた。
s-DSC02499.jpg

そして、替玉を固めで発注。あっという間に出てきた。
s-DSC02500.jpg

極細とまではいかないが、細ストレート麺。最初より、替玉の方がうまいんだよな。このぼそっとした食感と素っ気ないような味わいがいい。
s-DSC02501.jpg

卓上には、高菜に紅しょうが。
s-DSC02491_20140927212319add.jpg

紅しょうがとラーメンたれを追加した。
s-DSC02502.jpg

ぺろっと平らげて、終了。まあ、値段なりといえば、それまでだが、可もなく不可もなくの一杯。
s-DSC02503.jpg

京急からも地下鉄からも便利な店。
s-DSC02510.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★。

【住所】  横浜市南区弘明寺町259
【電話】  045-315-5467
【営業時間】11:00~1:00
【定休日】 年中無休
【アクセス】電車で:京浜急行弘明寺駅下車。徒歩3分。改札を抜け右側の出口に出る。踏切を後方に見て、右方向に進む。道なりに進んで、弘明寺の門を越えて少し行った右側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席
【メニュー】白530円 白全部乗せ850円 白チャーシュー730円
      白玉子630円 白のり630円
      黒630円 黒全部乗せ950円 黒チャーシュー830円
      黒味付け玉子730円 黒のり730円
      赤630円 赤全部乗せ950円 赤チャーシュー830円
      赤味付け玉子730円 赤のり730円
      豚骨魚介つけ麺680円 濃厚魚介つけ麺 大盛750円 
      特つけ950円
      和風魚介醤油らーめん630円 天然塩らーめん630円
      お得セット(炙りチャーシュー丼or豚マヨ丼)200円
      ◇トッピング
      メンマ100円 味付玉子100円 ネギ100円
      きくらげ100円 のり(8枚)100円
      全部乗せ400円 おつまみ3点セット250円
      チャーシュー200円
      半替玉50円 ライス100円 大ライス130円
      ギョーザ(5個)220円 水餃子(4個)200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-09-23

北久里浜 吉田製麺店横須賀店

平成26年9月23日(火) 13:13訪問。
鶏白湯780円+味玉100円を食す。

本日も持ち帰り仕事。しかし、やる気が出ない。結局、午前中まったく手をつけず、気分転換に昼飯に行くことにした。この店は、カウンターしかないので、複数客が来ると、外待ちが発生したりする。俺が行ったときは、たまたま席が空いていたので、すぐに座れた。

今日のねらいは、何となく気になっていた、鶏白湯。

俺の直前に入った男女客は、魚介豚骨のラーメンと鶏白湯を発注。続いて、俺は鶏白湯に味玉を女性店員に発注した。つけ麺だけかと思っていたが、ラーメンも中盛まで同一料金ということだったので、中盛でお願いした。
s-DSC02474.jpg

相変わらず、店の入り口は開け放たれ、扇風機が回っている。ぼんやりと厨房の様子を見ていると、男性2名の店員が手慣れた様子で調理をしている。まず、俺の前の男性客のラーメンが運ばれてきた。女性客の鶏白湯はまだ運ばれてこない。男性客が先に食い始めて、かなり時間が経ってから、ドンブリが2つセットされていたうちのひとつが女性客に提供された。そして、続けてもうひとつが俺に。約12分。
s-DSC02475.jpg

クリーミーな味わいという謳い文句にふさわしい外観。白濁スープに、青ネギが食欲をそそる。
s-DSC02476.jpg

濃厚なスープは、まろやかでコクがある。奥行きがある。奥に、ごく微かな苦みのような味も控えていた。
s-DSC02477.jpg

麺は、丸ではなく、角っぽい断面で、ぷりっとしたコシがある。一本、一本が独立した感じで、麺の啜り感がいい具合だ。
s-DSC02479.jpg

メンマは、太めだけど、味が薄い。
s-DSC02482.jpg

チャーシューは、細切れにされていて、上から見ると、細切れ肉みたいにも見えた。色合いから濃い味付けを想像したが、やや濃い味付けだった。柔らかいが、やや筋張ったところもあった。
s-DSC02483.jpg

やや小さめの味玉は、ちょうどよい半熟具合。
s-DSC02484.jpg

一見小ぶりにみえるドンブリながら、中盛にしたせいか、かなりボリュームがあった。がんばって食って、終了。最初は、とろっとしたコクのあるスープが新鮮に感じたのだが、後半から、や単調で飽きが来てしまった。全体的にまとまりがあって、うまいのだが、いかんせん、量を食うメニューではなさそうだ。
s-DSC02486_201409231642357fa.jpg

遅ればせながら、「天地人」を見始めた。大河ドラマは一気に見るのが、楽しい。帰りに、古本屋で2009年発行のガイドブックを210円で買ってきた。えっ、仕事?。どうにかなるだろう。
DSC02487s_201409231644024f3.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★。

【住所】  横須賀市根岸町3-1-6
【電話】  
【営業時間】11:00~14:30 17:00~23:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩10分弱。駅前の大きな道(国道134号線)を渡り、右方向に進む。根岸町交差点を左折して、少し進んだ右側のマンションの1階。      
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター13席
【メニュー】つけそば700円 濃厚つけそば880円
      ラーメン780円 鶏白湯780円
      小盛~中盛 同一料金
      大盛100円増し
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン770円
      豚めし300円 ごはん150円
      ◇トッピング
      味玉100円 メンマ100円 野菜100円
      焼きノリ100円
      焼豚8枚180円 焼豚6枚350円
      特製(味玉・焼豚3枚)250円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-09-21

衣笠 拉麺大公

平成26年9月21日(日) 13:03訪問。
肉玉カレーラーメン(焼き味噌カレーラーメン)980円を食す。

今日は休日だが、持ち帰り仕事。午前中いっぱい、仕事をして、昼食は大公へ。
s-DSC02470.jpg

今日のねらいはこれ。9月の土日限定だ。しかも数量限定だ。13時過ぎだが、はたしてあるのか。
s-DSC02457.jpg

先回、来たときは満席でしばし店内で待ったので、もしやと思ったが、今回は、カウンターが2席だけ空いていた。先回と同じ、素直そうで親切な男性店員にカウンター席に案内された。はたして、きいてみると、限定はまだあるようなので、口頭で発注。今回は、少しぜいたくに、チャーシュー増と煮玉子入りの肉玉にした。

はたして、焼き味噌カレーラーメンってどんな按配だろうか。楽しみだ。 混んでいたせいもあって、約9分待って、ご対面。
s-DSC02458.jpg

さすが、肉玉。麺が見えないくらい、具が盛りだくさん。ぷーんという感じではなく、微かなカレー臭。
s-DSC02460.jpg

スープは、油層が表面に広がり、こってりと濃厚な口当たり。そして、カレー味はそれほど強く効いているわけではなく、味噌も隠し的かと思いきや、カレーと堂々勝負という感じ。カレーと味噌、6対4に近い味わいかな。後半になればなるほど、カレーが隠し味的になっていくのが不思議だ。
s-DSC02461.jpg

麺は、味噌ラーメンと共通の黄色い、やや縮れ麺。具の下から、ほじくるように麺を掬うと、自然とスープを絡めている。濃厚でうまい。にんにくの隠し味も効いている。
s-DSC02462.jpg

挽肉もボリューム感があってもいいね。
s-DSC02464.jpg

やや固めで濃い色合いのメンマもこのカレー味と違和感なく合っている。
s-DSC02465.jpg

そして、チャーシュー。肉玉には3枚のっており、ちょっと小ぶりだけど、柔らかくて、うまい。これは、味付けがこれ以上濃すぎると、カレー味と競争になってしまいがちだが、ちょうどいいところで、バランスがとれている。
s-DSC02466.jpg

煮玉子もちょうどよい半熟具合。
s-DSC02467.jpg

食っているときは、気がつかなかったけど、ちょっと背脂も入っていた。
s-DSC02468.jpg

味噌味のカレーラーメンではなく、カレー味の味噌ラーメンといった方が正しそうだ。スープも味わい尽くして、完食。
s-DSC02469.jpg

なかなか楽しいラーメンだった。限定はツイッターでチェックすると、わかるようだ。限定もいいけど、これから寒くなると標準メニューの味噌ラーメンもいいんだよな。
s-DSC02471.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★☆。


【住所】  横須賀市公郷町2-16-4
【電話】  
【営業時間】平日11:30~14:20 17:30~20:45 土日祝11:30~14:45 17:30~20:45
【定休日】 月曜、毎月第3火曜日

【アクセス】電車で:JR横須賀線衣笠駅から徒歩15分くらい。駅前道路を右に進み、衣笠十字路を直進。横須賀線をずっと右手にみながら直進した左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター4席 座敷4×3

【メニュー】味噌らぁめん(チャーシュは入っておりません)680円
      3枚チャーシュー味噌らぁめん830円
      5枚チャーシュー味噌らぁめん930円
      辛しにんにく味噌らぁめん780円
      肉玉味噌らぁめん(チャーシュー3枚と半熟煮玉子入り)930円
      塩つけ麺880円
      チャーシュー塩つけ麺(チャーシュー3枚入り)
      肉玉塩つけ麺(チャーシュー3枚と煮玉子入り)1,080円
      塩玉つけ麺980円
      味噌つけ麺880円
      チャーシュー味噌つけ麺(チャーシュー3枚入り)980円
      肉玉味噌つけ麺(チャーシュー3枚と煮玉子入り)1,080円
      味噌玉つけ麺980円
      辛しニンニクつけ麺930円
      チャーシュー辛しニンニクつけ麺(チャーシュー3枚入り)1,030円
      肉玉辛しニンニクつけ麺(チャーシュー3枚と煮玉子入り)1,080円
      辛しニンニク玉つけ麺1,030円
      ◇トッピング
       チャーシュー(2枚)100円 半熟煮玉子100円
       海苔100円 辛しにんにく50円 メンマ100円
      ◇ご飯物
       ねぎメンマ250円 肉メシ250円
       ライス100円 ライス大盛り150円

【店舗web】https://twitter.com/misotaikou

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-09-18

新横浜 頑者

平成26年9月18日(木) 13:52訪問。
ネクストレベル980円を食す。

いやあ、昨日の炭焼き食事は楽しかった。そして、今日はいつものように孤独のグルメラーメン。またまた、夕焼けの街へやってきた。
s-DSC02432.jpg

今日のねらいは、16日から始まった、ネクストレベル。食券は半分持っていかれたので、「ネクスト」。半分は「レベル」。
s-DSC02435.jpg

カウンター席について、食券を女性店員に渡すと、「太麺なので、10分くらいかかります」、と宣言されてしまった。いいですよ、待ちますよ、と心の中でつぶやいた。しばらくすると、今度はキャンペーンのくじ引き。空くじなしだけど、結果、5等。トッピングか大盛が無料だ。と、ここで思い出した。この前も同じ券をもらっていたのだ。
s-DSC02436.jpg

慌てて、店員さんを呼んで、味玉トッピングをお願いした。そして、きっかり10分。運ばれたきた。
s-DSC02437.jpg

麺から食ってみよう。女性店員が言っていたとおり、確かにこりゃ、太い。縮れた麺がうまそうで、食欲をそそる。香りもいい。一本食ってみると、つるっとした歯ざわりと、微かに芯を感じるくらいの茹で加減が、これまた、いい感じだ。
s-DSC02438.jpg

つけダレは、動物系スープに煮干しを合わせたものだそうだが、かなりの濃度。麺が沈まないとまではいわないが、ねっとりとタレを絡める。それでいて、味わいはしつこくないので、麺をつける都度、魚粉がついてきても気にならない。
s-DSC02439.jpg

具材はすべてつけだれに入っている。メンマ。
s-DSC02440.jpg

渦巻チャーシューは、厚みがあって柔らかい。
s-DSC02445.jpg

くじで引いた味玉は半分だった。あらかじめ、よく見ていなかったが、確かに1/2玉子って書いてあった。大盛りにすればよかったかな。タレにすっかり浸かってしまったので、味はともかく、固めの半熟具合はちょうどよかった。
s-DSC02446.jpg

麺は残りわずかだが、こうやってみると、結構縮れていた。しかも、短めの麺。これだけでもうまそう。
s-DSC02447.jpg

最後はいつものように、スープ割りをお願いした。一旦、ドンブリを回収して、スープを注いで返してくれた。
s-DSC02448.jpg

今まで、濃厚だったのが、ベースの味はそのままで、ちょっと威力が穏やかになった印象。
s-DSC02450.jpg

ドンブリの底には大量の節粉。
s-DSC02451.jpg

上中央の文様は、無理に読めば、「ソバ」とも読める。単に模様だろうけど。
s-DSC02452.jpg

来週23日、秋分の日までの営業。来週、いけるかな。
s-DSC02454.jpg

帰り際にこんなのも発見。すみれのランチ。
s-DSC02456.jpg

【住所】  横浜市港北区新横浜2-14-21 新横浜ラーメン博物館B2F
【電話】  046-471-0503
【営業時間】オーダー時間:(月~金)11:00~21:30または20:00
      (土)11:00~22:00 (日・祝)10:30~21:30または22:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄8番出口(あざみ野方面先頭)から出てまっすぐすすみ、一つ目の横断歩道を渡って、左折。直進すると、フレッシュネスバーガーが見えるので、その並び。
【駐車場】 有料駐車場あり。30分250円
【席数】  カウンター7席 テーブル4席×4

【メニュー】つけめん900円 特製つけめん1,130円
      辛つけめん950円 特製辛つけめん1,180円
      味玉つけめん950円 つけめんアブリチャーシュー1,050円
      味玉辛つけめん1,000円 辛つけめんアブリチャーシュー1,100円
      ラーメン850円 特製ラーメン1,080円
      細つけめん900円 辛細つけめん950円     
      麺大盛150円 麺特盛250円
      替玉用細めん(0.5玉)150円
      ライス100円
      ガンジャ丼360円    
      甘ダレチャーシューネギマ360円 1/2玉子50円
      甘ダレネギマ丼360円 のり50円
      アブリチャーシュー150円 メンマ50円
      特製ミニつけめん770円 特製ミニ辛つけめん800円
      ミニつけめん570円 ミニ辛つけめん600円
      ミニラーメン570円
      ミニ細つけめん570円 ミニ辛細つけめん600円

【店舗Web】http://www.ganja.co.jp/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-09-15

逸見 一酵や葉山

平成26年9月15日(月) 12:19訪問。
鶏塩らーめん790円+有精卵の味付け玉子130円を食す。

今日は、先回訪問して食わなかった鶏塩らーめんを食いにやってきた。昼時で結構にぎわっている。テーブル席は満席だ。俺はひとり客なので、カウンター席の端に案内された。今日は迷わず、鶏塩らーめんを発注。
s-DSC02417.jpg

入口にこんなのもあったのだが、先回も限定冷やし中華の誘惑に打ち勝てなかったので、今回は見なかったことにしよう。
s-DSC02414.jpg

厨房内は見えないのだが、キッチンタイマーが鳴ったな、と思ったら約5分で、「お待たせしました」の声とともに、運ばれてきた。大変はきはきして、気持ちのいい女性店員だ。出てきたラーメンは、ほとんどメニューの写真どおり。玉子は別皿で。こうして並べると、何か上品だ。
s-DSC02418.jpg

麺量は少な目、並、大盛りから選べるので、腹と相談して、大盛りにした。見ようによっては、うどんみたいにも見える。見た目にもあっさり。
s-DSC02419.jpg

では、スープからいただきましょう。何もかき混ぜずに味わうと、第一印象は、ただただ薄味。しかし、確かめるように味わうと、昆布や鰹から取ったという出汁を感じる。これは俺のコンディションの問題かとも思う。そして、塩味も控え目。
s-DSC02420.jpg

四角い断面の中くらいしっかりした印象の麺は、啜り心地がいい。しかし、麺とスープのバランスが今ひとつ合っていないよう思える。
s-DSC02422.jpg

もやしと白菜。どちらも水分が多い野菜だけど、水っぽくなって台無しになることない。
s-DSC02423.jpg

丸々のキクラゲが3つ。
s-DSC02424.jpg

鶏肉は、わりとはっきりとした味付け。鶏由来の嫌味も少し感じたが、総じて甘味が前面に出ている。これも主観だろうが、俺にはスープと乖離した味わいに思えた。したがって、こんなに多くなくてもいいかな。
s-DSC02426.jpg

そして、別皿の玉子。これも、微かに甘さを感じる。素材はよいと思う。
s-DSC02429.jpg

後半、慣れたせいか、最初のころよりスープの輪郭がはっきりしてきた。最後は、スープも飲み干して、すべて完食。
s-DSC02430.jpg

あっさりとしていて、うまいのだろうが、どうも俺には今ひとつ響くものがなかった。スープと、麺、具材のコントラストを計算してあるのだろうけど、ちょっとバラバラという印象だったのが、残念。
s-DSC02431.jpg
今後も限定が続きそうなこの店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。

【住所】   三浦郡葉山町木古庭236-4
【電話】   046-878-6863
【営業時間】 11:30~14:30 17:30~20:30
【定休日】  水曜日 
【アクセス】 車で:国道16号を観音崎方面に向かい、逸見駅入口交差点を右折。道なりに直進して、池上十字路交差点を右折。少し先の大きな交差点を横須賀インター方面へ向け、右折。道なりに進んだ左側。
【駐車場】 葉山インターサイドゴルフパークの駐車場と共有
【席数】  カウンター4席 テーブル4席×4 座敷8席×1 4席×2
【メニュー】冷し中華950円
      豚醤油ら~めん790円 豚塩ら~めん790円 担担ら~めん890円
      一酵やつけ麺790円 レモン塩つけ麺790円
      あさりのら~めん950円
      鶏塩らーめん790円 鶏正油らーめん790円
      有精卵の玉子丼790円
      有精卵の味付け玉子130円 自家製塩チャーシュー400円
      ライス230円 小ライス150円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-09-14

北久里浜 麺屋こうじ

平成26年9月14日(日) 11:32訪問。
塩本鰹ラーメン880円を食す。

爽やかな秋晴れだ。絶好のラーメンびよりなので、あらかじめ決めていた麺屋こうじへ開店10分前に到着。しかし、すでに並んでいる客が8人。今日のお目当てはこれ。ちょっと、ぼけているが。いつものように中盛でお願いした。
s-DSC02393.jpg

カウンターに座って、待っていると、すぐに満席になってしまった。スタートダッシュで、どんどん出来上がっていく。約10分で俺のラーメンもカウンター越しに提供された。
s-DSC02395.jpg

いつもの具材に秋らしい彩りも混じっている。
s-DSC02396.jpg

スープは、本枯れ節を使用した鰹出汁。塩なので、スープは出汁本位。ぷうんと鰹の薫りがして、きつすぎない出汁の出具合がいい。すっきりとした味わい。
s-DSC02398.jpg

麺は昆布を練り込んだもの。角断面のコシが強いストレート麺。麺自体もうまいが、スープとの相性がとてもいい。色合いといい、食感といい、何だか蕎麦みたいな雰囲気だ。
s-DSC02399.jpg

じゃ、具材の紹介。
s-DSC02401.jpg

なめこ。
s-DSC02402.jpg

銀杏。
s-DSC02405.jpg

このスープならでは。三つ葉が効いている。
s-DSC02403.jpg

長い、長い穂先メンマ。味付もほどよく、歯ごたえがあって楽しい。
s-DSC02404.jpg

きれいにそろえられたほうれん草は上品だ。
s-DSC02406.jpg

ひと工夫された、そぼろはこれも鰹出汁スープに違う風味で、奥行きを出している。
s-DSC02407.jpg

鶏のムネ肉は、鶏の嫌味がまったくなくて、柔らかで上品。
s-DSC02408.jpg

2枚並べると、ドンブリ一杯のチャーシュー。ずいぶんと奢ったものだ。
s-DSC02409.jpg

いつものように、うまい。
s-DSC02410.jpg

最後はいつもの味玉。
s-DSC02411.jpg

今回は、麺もよかった。最後は、両手でドンブリを持ち上げて完食。
s-DSC02412.jpg

ごちそうさまでした。最後は、おばちゃん店員の、「まいど、どうも」のあいさつ。いつものように、店内で行列になっていた。来週は、24日から29日の短い限定なので、Don't miss it! そして、10月の限定はこれ。ちゃんぽんもいいな。
s-DSC02394.jpg

いつものように、手間暇かけたラーメンが破格の千円以下での提供。本当に、良店だと思う。
s-DSC02413_20140914155751f2b.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 火曜日、第3水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。      
【駐車場】 隣地に3台分
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】讃岐風塩ラーメン630円 醤油ラーメン650円
      チャーシュー麺880円 特製ラーメン800円
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン770円
      野菜タンメン740円 鶏塩ラーメン760円
      麺中盛無料 麺大盛50円 麺特盛100円
      つけめん680円 坦々つけ麺800円 味噌辛つけめん750円
      不定期メニュー にぼにぼそば(1日限定15食)780円  
      
      ◇トッピング
      半熟玉子90円 ねぎ140円 焼チャーシュー250円 半チャーシュー(2枚)130円
      メンマ100円 ワンタン220円 のり100円 江戸菜100円
      
      自家製餃子320円 水餃子320円
      明太ツナマヨ丼200円 葱チャーシュー丼250円
      杏仁豆腐100円
      
      ◇日替わりセットメニュー
       月:ラーメン(塩、醤油)&ミニ豚丼800円
       火:お休み
       水:つけ麺&ミニチャーハン800円
       木:ラーメン(塩、醤油)&葱チャーシュー丼800円
       金:つけ麺&餃子800円
       土:ラーメン(塩、醤油)&鶏マヨ丼800円
       日:つけ麺&葱チャーシュー丼800円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-09-12

横須賀中央 麺処 池田

平成26年9月12日(金) 18:55訪問。
坦坦麵ライス付800円を食す。


♪今日の仕事もつらかった~。あとはラーメンあおるだけ。
会議の準備で、昼飯を食いそこねて、遅すぎる昼食。といっても、今日は存外、ダメージ少なく終えられたので、終業後はもう食う気まんまんで、横須賀中央で途中下車。ねらいは、先月末にオープンしたこの店。
s-DSC02391.jpg

坦坦麺がメインだが、一応中華そばもある。外から見えすぎる店内。以前はらーめん横浜厨房横須賀店だった。ほぼ居抜きかな。こういう透け透けの店のいいところは、客が入っていると、何となく連られて入ってしまうこと、しかし、逆に客が入っていないと、入りづらいかも。でも、まったく外から見えない店の方がむしろ入りづらい。そして、案外入っている客は、客としての自分が外からどう見えるか、なんて意識しないものだということがわかった。理屈はともかく、先客は4名。2名ずつテーブル席でお召し上がり。

食券自販機で1番ボタンの坦坦麺を購入。最初からライス付なので、最後はライスを入れて食うことが前提のようだ。俺は、ライスを別に発注することはほとんどないので、何か妙に楽しみだ。カウンター席について、店員さんに食券を渡すと、辛さを訊かれるた。初心者なので、一辛で勘弁してやってくだださい。すると、さっそく調理開始。中華鍋で挽肉を炒める煙が豪快に漂い、嗅覚から食欲が誘われる。店員が男性2名。鍋を振っているのが、池田さんかな。
s-DSC02377.jpg

カウンターの上には招き猫。見えないけど、水の入ったポットやティッシュペーパーも置いてあって、辛さ対策も万全。
s-DSC02374.jpg

大量の湯気とともにカウンター越しにラーメンが提供された。
s-DSC02376.jpg

先ほど鍋で炒めた挽肉の入った餡が表面にかぶさり、中央にネギがのる。見た目はとてもシンプル。
s-DSC02378.jpg

大き目の挽肉がたっぷり入っていて、とろとろ熱々で、うまい。
s-DSC02380.jpg

分厚い餡がおおっているので、麺の持ち上げは大変重いのだが、これがまた醍醐味でいいんだな。麺は中くらいストレートで、思わず「あづっ」っていいそうになるくらい、啜りが楽しい。
s-DSC02382.jpg

そして、スープ自体はさらっとしていて、俺の一辛は、辛いのを得意としない俺でも、全然平気なレベル。辛いのが好きな諸氏には、一辛はまったく物足りないと思われる。
s-DSC02384.jpg

穴の開いたレンゲもついているので、具材を楽しむこともできる。挽肉とパンチのあるニンニク風味がたまらない。
s-DSC02385.jpg

麺をすべて食ったあとのお楽しみ。
s-DSC02387.jpg

ライスを投入。ゴマがかかっているのがいい。
s-DSC02388.jpg

よくかき混ぜて、具となじませると、また別の味わいで、二度楽しい。
s-DSC02389.jpg

麺もライスも、もちろんスープも堪能。シンプルな見た目に、いろいろな隠し味があって、うまかった。何か理屈じゃなく、いい感じで腹いっぱいになった。
s-DSC02390.jpg

食っている途中で、先客すべて、退店。それとなく様子をみていたが、店員さんの対応はていねい。お揃いの黒いTシャツの背に「池田」って店名かつ人名が、金文字で大きく書かれていて、思わずぷっとなる感じがした。店員さん、すんません。
s-DSC02392.jpg
どうも金文字がお好きなようで…。でも、夜は案外目立たない。この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。

【住所】  横須賀市若松町1-12 諏訪ビル1階
【電話】  
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】 日曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩5分くらい。改札出て陸橋を渡って、テナントビルの前を左に降りる。バス停のある歩道にそって直進。右側の最初の角を右折して、路地を入る。左手、神豚、花月嵐を見ながら進み、通りを越えて少し行った右側。      
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席、テーブル4人×2

【メニュー】坦坦麺ライス付800円 豚骨拉麺 醤油・塩・味噌680円
      中華そば680円 坦坦つけ麺味玉付900円
      坦坦飯680円
      坦坦麺半炒セット900円 豚骨拉麺半炒セット780円
      中華そば半炒セット780円 炒飯餃子セット780円
      黄金炒飯550円 黄金半炒飯280円
      自家製焼餃子350円
      中盛100円 大盛200円
      ライス(小)100円 ライス(中)150円 ライス(大)200円
      チャーシュー丼550円
      刻み葱100円 山盛葱200円 もやし100円
      のり5枚100円 味付玉子100円 ほうれん草100円
      自家製メンマ200円 トッピングチャーシュー300円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-09-09

新横浜 揚州商人

平成26年9月9日(火) 14:25訪問。
涼風鶏そば910円を食す。

今日はスーパームーン。月がいつもより大きく見える日だ。幸い雨も上がったし、夜になるのが楽しみだ。久々にラーメン博物館に足を運んだ。しかし、平日の14時過ぎだというのに、どの店も行列だ。予想外。客層はいつものように外国人観光客ではない。どうも、サッカー観戦の客が早めに出張ってきているようだ。こちとら、いつでも来れるので、ちっとでも行列を減らしてやろうってんで、すかさず踵をかえしたね。

ちなみに道路を隔てた伏龍というラーメン店はどうやら閉店したようだ。
ということで、仕方なく揚州商人へ。FC店だし、値段もラーメン博物館なみだし、期待は薄い。店に入ったら、満席とはいわないが、8割方の客でにぎわっている。俺が、入口でぼおっとしていると、奥のカウンター席に案内された。
s-DSC02358.jpg

少し前までは、中華というと、ごちそうというイメージで、誰も気にしなかったが、今や中国ラーメンという名乗りは、実に微妙なところだ。味は中国ラーメンでも食材は日本産がいいな。

ところで、店の押し出し方からか、注文のようすを見ると、スーラータンメンが人気のようだ。
s-DSC02359.jpg

辛いのも酸っぱいのもさほど得意としない俺は、何にしようかなとさんざん迷ったあげく、これにした。涼風鶏そば

s-DSC02356.jpg

まあ、演出なのだろうけど、わざと、街中の屋台っぽく、ちょっと薄汚れて、薄暗いカウンター席は、写真が撮りづらい。めっきり涼しくなってきたので、予定通りかのかもしれないが、冷し麺は9月15日までだ。そういわれると、食っておきたくなる。
s-DSC02357.jpg

大盛り無料なので、大盛りでお願いした。注文は手元の釦を押すと、元気よく店員がやってくる。さらに、水ではなく、冷たいジャスミン茶が提供される。ちょっと、薄いけど。10分弱で到着。
s-DSC02360.jpg

どうも手元が暗くなっていけねえや。クコの実がアクセントになっていて、涼しそうな印象だ。
s-DSC02361.jpg

具材はていねいに盛り付けられている。重ねた具合がきれいだ。
s-DSC02362.jpg

冷し麺なので、麺が主役。麺は涼やかでいい。茹で具合と水での締め具合がちょうどいい。啜りが軽やかでいい。
s-DSC02363.jpg

鶏のさっぱりさを演出したスープをコショウがぴりっと締める。
s-DSC02366.jpg

ネギときゅうりの細切りが、しゃきしゃき食感で、涼味をさそう。
s-DSC02367.jpg

中華っぽく、ザーサイが入っている。普通のラーメンなら、合わないところが、しっかりと風合いを合わせているところがいいね。
s-DSC02369.jpg

途中、遊び心で少し辣油をたらしてみた。これもいい。ただ、これ以上入れるとまったく涼味ではなくなるので、ほどほどにした。
s-DSC02370.jpg

うまかったけど、麺と具材を食い進んで行くと、最後はコショウが多すぎて、出汁もへったくりもありゃしない。あまり楽しめなかった。何事も過ぎたるは。最後は残念。
s-DSC02371.jpg

s-DSC02372.jpg
気が向いたらまた来ようかな。この店のまた来たい(期待)度は、★☆。

【住所】  横浜市港北区新横浜3-7-7 新横浜ルポビル1階
【電話】  046-470-7958
【営業時間】11:00~5:00
【定休日】 
【アクセス】電車で:JR横浜線・横浜市営地下鉄新横浜駅下車。 徒歩3分。地下鉄だと7番出口を出て、すぐ目の前の新横浜国際ホテルの交差点を右折。右手に見えてくる。新横浜国際ホテル南館の手前のビル1階。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター3席 丸テーブル5席×4 テーブル4席×3 2席×1

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター