--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-08-31

衣笠 拉麺大公

平成26年8月31日(日) 13:18訪問。
煮干煮玉子880円を食す。

最後の土日連休。9月からは、また日曜日のみの休みになる。今日も地元で麺活。来たのはこの店。今日は混んでいて、店外で5分ほど待ってから、親切な男性店員にカウンター席に案内された。
s-DSC02309.jpg

今日のねらいは、土日限定のこれ。おそらく今日までだと思われる。
s-DSC02292.jpg

煮干しラーメン。煮干しに、煮干し油、煮干し魚粉。限定10食なので、心配したが、まだあるそうで安心した。せっかくなので、煮干し魚粉マシマシでお願いした。
s-DSC02290.jpg

客席は満席。男女2人組が多いようだ。もちろん、ほとんどの客が味噌を食しているようす。俺のラーメンはしばらくして、運ばれてきた。煮干しが強いことに恐れをなして味の濃さを訴える者がいることも想定してか、とてもていねい、かつ親切な男性店員が、「味が濃かったら、調整用にスープ割りをお持ちしますので、おっしゃってください」とひとこと添えていった。
s-DSC02293.jpg

どれどれ。ビジュアルは、味噌ラーメンによく似ているが、スープは表面に煮干しの細かな魚粉が浮いていて、味噌とはまったく別物。鼻を近づけると、煮干しのかおりが強めに漂う。
s-DSC02295.jpg

スープは、見た目どおりの煮干しが強く効いたもので、ひと口目から、強力な煮干し風味。マシマシにしたので、にぼし感が頬をゆるむくらい、というか、もう笑っちゃうくらい強い。俺が、今まで食った中で、いちばんの煮干し感。煮干し独特の苦みもあるが、甘みもあって、奥行きがある。煮干しだけでなく、動物系出汁も使ったダブルスープということなので、表面的な味は煮干し一色なのだが、豚や鶏などの出汁が支えているせいで、味に重量感がある。
s-DSC02296.jpg

麺は平打手もみ麺。味噌ラーメンで使われているのとは、別のもの。ややぴろぴろで、ぷるんとした食感がいい感じだ。
s-DSC02298.jpg

やや濃いめの茶色のメンマは固めで、少しコリコリ食感。
s-DSC02300.jpg

チャーシューは柔らかくて、崩れやすい。味付けは、はっきりしていて、俺は好みだ。
s-DSC02301.jpg

玉子ちゃん。とろける黄身がうまい。
s-DSC02304.jpg

煮干の魅力全開のスープ。飲み干して、完食。
s-DSC02305.jpg

スープに溶けきれず、沈殿した煮干の粉がドンブリの底にざらざら。
s-DSC02306.jpg

今まで気がつかなかったけど、この建物って一乃庵本店だったんだ。
s-DSC02288.jpg

この煮干しラーメン、なかなかうまかった。かつ面白かった。こういのができるも、標準の味噌ラーメンが安定しているからこそのチャレンジかな。
s-DSC02308.jpg
次の限定も楽しみだが、基本の味噌ラーメンがいちばんうまいんだよな。
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★☆。


【住所】  横須賀市公郷町2-16-4
【電話】  
【営業時間】平日11:30~14:20 17:30~20:45 土日祝11:30~14:45 17:30~20:45
【定休日】 月曜、毎月第3火曜日

【アクセス】電車で:JR横須賀線衣笠駅から徒歩15分くらい。駅前道路を右に進み、衣笠十字路を直進。横須賀線をずっと右手にみながら直進した左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター4席 座敷4×3

【メニュー】味噌らぁめん(チャーシュは入っておりません)680円
      3枚チャーシュー味噌らぁめん830円
      5枚チャーシュー味噌らぁめん930円
      辛しにんにく味噌らぁめん780円
      肉玉味噌らぁめん(チャーシュー3枚と半熟煮玉子入り)930円
      塩つけ麺880円
      チャーシュー塩つけ麺(チャーシュー3枚入り)
      肉玉塩つけ麺(チャーシュー3枚と煮玉子入り)1,080円
      塩玉つけ麺980円
      味噌つけ麺880円
      チャーシュー味噌つけ麺(チャーシュー3枚入り)980円
      肉玉味噌つけ麺(チャーシュー3枚と煮玉子入り)1,080円
      味噌玉つけ麺980円
      辛しニンニクつけ麺930円
      チャーシュー辛しニンニクつけ麺(チャーシュー3枚入り)1,030円
      肉玉辛しニンニクつけ麺(チャーシュー3枚と煮玉子入り)1,080円
      辛しニンニク玉つけ麺1,030円
      ◇トッピング
       チャーシュー(2枚)100円 半熟煮玉子100円
       海苔100円 辛しにんにく50円 メンマ100円
      ◇ご飯物
       ねぎメンマ250円 肉メシ250円
       ライス100円 ライス大盛り150円

【店舗web】https://twitter.com/misotaikou
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-08-30

北久里浜 麺屋こうじ

平成26年8月30日(土) 11:58訪問。
冷し煮干し醤油ラーメン850円を食す。

8月の期間限定冷し第2弾。9月1日までの1週間限定だ。今日は駐車場は空いていたが、店内で行列。入れそうもないので、店外で5分ほど待って、入店。
s-DSC02266.jpg

食券を買ってから、席についてラーメンに対面するまで30分強。今日もおばちゃん店員に中盛をお願いした。
s-DSC02269.jpg

見た目は、熱いスープにも見えるが、冷たいスープだ。しかし、今週はずっと雨で、今日もようやく雨はあがったものの、気温は8月にしては低めなのが、この冷しには、ちと残念。スープは、煮干し100%、動物出汁ゼロ。冷たいスープのためか、醤油が強めで、煮干し感はそれほど強くないが、しっかりと効いているのは確か。風味がいい。
s-DSC02273.jpg

麺は全粒粉入り細ストレート。コシが強くて、滑らかな舌触りがいい。どんどん入っていく。
s-DSC02275.jpg

変わり種の具の長芋。ネバネバ感が冷たいスープにあう。
s-DSC02276.jpg

肉団子。
s-DSC02277.jpg

柚子が入っていて、さっぱりとした印象。佳品って感じ。
s-DSC02277.jpg

メンマはいつもと違って、極太。
s-DSC02280.jpg

ざくっとした固めの噛みごたえ。
s-DSC02281.jpg

普通よりじゅうぶん大きいのだが、それでもいつもより、いくぶん小さ目なような。
s-DSC02282.jpg

いつもの半熟玉子。ちょっと亀裂が残念。
s-DSC02284.jpg

煮干しが嫌味なく効いた冷たいスープは、ガツンとしたものではなく、えぐみやとがったところがほとんどない。量も質も満足。品のいい一杯だった。
s-DSC02286.jpg

店を出たら、店外まで行列。次の9月限定は、本枯れ節の塩ラーメン。これも楽しみだ。
s-DSC02287.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 火曜日、第3水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。      
【駐車場】 隣地に3台分
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】讃岐風塩ラーメン630円 醤油ラーメン650円
      チャーシュー麺880円 特製ラーメン800円
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン770円
      野菜タンメン740円 鶏塩ラーメン760円
      麺中盛無料 麺大盛50円 麺特盛100円
      つけめん680円 坦々つけ麺800円 味噌辛つけめん750円
      不定期メニュー にぼにぼそば(1日限定15食)780円  
      
      ◇トッピング
      半熟玉子90円 ねぎ140円 焼チャーシュー250円 半チャーシュー(2枚)130円
      メンマ100円 ワンタン220円 のり100円 江戸菜100円
      
      自家製餃子320円 水餃子320円
      明太ツナマヨ丼200円 葱チャーシュー丼250円
      杏仁豆腐100円
      
      ◇日替わりセットメニュー
       月:ラーメン(塩、醤油)&ミニ豚丼800円
       火:お休み
       水:つけ麺&ミニチャーハン800円
       木:ラーメン(塩、醤油)&葱チャーシュー丼800円
       金:つけ麺&餃子800円
       土:ラーメン(塩、醤油)&鶏マヨ丼800円
       日:つけ麺&葱チャーシュー丼800円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-08-24

新大津 らぁ麺はせ川

平成26年8月24日(日) 12:17訪問。
みそまぜそば(並)240g750円を食す。

3度目の訪問。今日はこの近辺の諏訪神社の祭礼でちょうど神輿が通り過ぎた後だった。そのせいなのか、近所の長谷川家や大津家は休みのようだった。もしかしたら、麺屋こうじと同じく、夏休みかもしれない。
s-DSC02243.jpg

で、今日の目当てはこれ。
s-DSC02245.jpg

食券をていねいな対応の店員さんに渡すと、160gと240gのどちらにしますか、とたずねられる。240gを選択した。店内には、このまぜそばに合わせて、まぜそばのおすすめの食べ方が書かれていた。
s-DSC02246.jpg

約12分で提供された。麺とは別につけダレがついてきた。
s-DSC02248.jpg

そして、お好みでどうぞ、という言葉とともに、魚粉と唐辛子も合わせて出された。
s-DSC02249.jpg

では、さっそくつけダレをかけてみる。おすすめどおり、半分くらいかけてみることにする。
s-DSC02250.jpg

まぜるのが、もったいないくらいていねいに盛り付けられている。
s-DSC02252.jpg

そうもいってられないので、全力でまぜる。
s-DSC02253_20140824144220ae3.jpg

麺は、中太で、固さはさほどないが、力がある。味噌だれはやや甘目で、食欲をそそる味わいだ。もう少し、辛さがあってもいいような気がするが、その辺りは、個人の好みに合わせてカスタマイズしろということなのかな。涼感があってうまい。
s-DSC02254.jpg

ピントが合っていないが、まぜやすいように小さく切られたチャーシューは、表面が炙ってあり、香ばしい感じがいい。
s-DSC02255.jpg

続いてメンマ。
s-DSC02256.jpg

もやし、コーン、にんじん、ねぎなど野菜もたくさん。コーンが味噌ダレにあっていて、なんだか味噌ラーメン的なうまさだ。バターも合いそうな気がしたが、考えたら、このメニューは熱くないので、バターは溶けないので、だめだな。
s-DSC02257.jpg

それでは、魚粉と唐辛子をのせてみよう。魚介の風味も合う。ぴりっとして、味噌には一味がよく合う。
s-DSC02258.jpg

これ、結構な量があるな、と思いつつ、麺を完食。おすすめにしたがって、食べ終わる前に少量の具を残して、割りスープをお願いした。あれ、つけダレと同じ容器だ。量もちょっぴり。こんなものか。
s-DSC02260.jpg

さっそく注いでみる。
s-DSC02261.jpg

じゃーん。こんな感じ。
s-DSC02262.jpg

つけ麺のスープ割りみたいに思っていたら、あらためてこの割りスープが冷たいことに気がついた。味噌味がちょっとマイルドになった。すべて食い終えて、完食。これ、結構好みだな。
s-DSC02263.jpg

そういえば、この前来た時に見たけど、学生ラーメンは本当にお得だ。単に価格を引いただけでなく、小ライスとかをプラスするという親心。最近、こういう店少ないような気がする。それとも、腹ペコ学生が減ったのかな。
s-DSC02264_20140824144305594.jpg

近所が休みの割には、先客3名というのが、ちょっと気になったけど、後から客が次々入ってきて、途切れることはなかった。
s-DSC02265.jpg
次はつけ麺かな。この店のまた来たい(期待)度は、★★★★。

店を出て、通りかかったら、大津家は営業していた。神輿の通る間だけ店を閉めていたのかな。なかなか粋なはからいだ。さらに、手前の克吉は、リニューアルを期しての閉店のようだ。9月6日(土)堂々オープン。再来週か、行ってみようかな。
s-DSC02242-2.jpg


【住所】  横須賀市根岸町5-1-2
【電話】  046-845-9036
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】 木曜 
【アクセス】電車で:京急久里浜線新大津駅10分くらい。久里浜方面に向かって右側に出て、大きな通り(国道134号線)にぶつかったら、横断し左折し直進したところ。北久里浜駅からだと駅前の134号線を右折し、道なり。10分強。
車で:国道134号線大津交差点を左折し、京急のガードをくぐって、少し進んだ右手。
      電車で:京浜急行新大津駅より徒歩3分。久里浜方面へ向かって右側に出て、駅を背に道なりに直進。国道134号線にぶつかったら、横断しすぐの道路沿い。
【駐車場】 2台。道路反対側の白川歯科の駐車場内。

【席数】  カウンター2席 テーブル2席×2 4席×1 5席×1

【メニュー】らぁ麺(並盛)650円 らぁ麺(中盛)750円 らぁ麺(大盛)850円
      らぁ麺(ハーフ)500円
      みそらぁ麺(並盛)700円 みそらぁ麺(中盛)800円 みそらぁ麺(大盛)900円
      みそらぁ麺(ハーフ)550円
      つけ麺(並盛)850円 つけ麺(大盛)900円 つけ麺(特盛)950円
      学生らぁ麺(並盛)550円 学生らぁ麺(中盛)650円 学生らぁ麺(大盛)750円
      らぁ麺・半チャーハンセット(並盛)900円 らぁ麺・半チャーハンセット(中盛)1,000円
      らぁ麺・半チャーハンセット(大盛)1,100円
      らぁ麺セット ギョーザ3コ・小ライス(並盛)900円
      らぁ麺セット ギョーザ3コ・小ライス(中盛)1,000円
      らぁ麺セット ギョーザ3コ・小ライス(並盛)1,100円
      小ライス100円 ライス150円 大ライス200円
      ギョーザ(6個)350円 チャーハン650円 半チャーハン350円
      あぶりチャーシュー丼350円 ネギチャーシュー丼350円
      チャーハン・丼(大盛)100円
      ◇トッピング
       チャーシュー200円 ネギ200円 メンマ100円 のり100円
       キャベツ100円 野菜盛り(キャベツ・もやし・コーン)200円
       味付玉子100円 コーン100円 ほうれんそう100円 もやし100円
      まぜそば(並)750円 まぜそば(大盛)850円 まぜそば(特盛)950円

【店舗web】https://twitter.com/raamenhasegawa

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-08-23

桜木町 丿貫

平成26年8月23日(土) 11:54訪問。
出汁そば780円を食す。

今日は、白虎隊が戊辰戦争において、飯盛山で自刃した日だ。合掌。

さて、本日は不思議な店に来た。ある程度、前知識はあったのだが、実際訪問したのは、今回が初めて。というのも、店主のブログで、現在の店は一旦、8月で終了するとの告知。それならば、早めに行ってみようと、にわか雨の中、途中でビニール傘を購入してやってきた。11時30分からの開店と思っていたので、現地には5分前に到着した。
s-DSC02228.jpg

では、さっそく店のある2階に行ってみよう。と、階段を上ると、何と店の外に行列ができていた。その数ざっと、7人。開店を待っているのだろうと思い込んでいたら、開店時間の11時30分になっても、誰も店内に入っていかない。えっ、と思いながら、観察していると、どうやら店はすでに開店していたようである。俺の勘違いで、11時からの開店だったようだ。

この店は、夜はスナックいっちゃんで、土日のみラーメン店丿貫として営業している。というより、土日をラーメン店として間借りしている。それにしても、この通路は風が通らないので、外にいるより一層暑い。無風だ。一体、いつ店内に入れるのだろうか。ずいぶんと回転の悪い店だ。店内からは時折、談笑が聞こえてくる。
s-DSC02230.jpg

27分待ってようやく入店できた。厨房が奥にあって、馬蹄型にカウンターがぐるっと廻っていて椅子が10席。状況によって、席数は増減するようだ。席に着くと、冷たいおしぼりを提供してくれた。これはありがたい。コップが置かれてあって、冷たい麦茶がポットに入っているので、勝手に注いで飲んだが、先ほどまでやたらと蒸し暑い中にいたので、大変うまい。さて、何を食おうか。カウンターに置かれたメニューを見たら、驚くほどシンプルだった。麺類は2種類。出汁そばと牡蠣のスープが入った牡蠣出汁そばの2種類。初訪問なので、出汁そばにした。

それにしても、薄暗い店内はなんとなく違和感がある。店員は2名。黙々と働く男性と愛想のよさそうな男性。改めて、客席を眺めると、俺ともう一人の客を除いて、全員が午前中からアルコールを嗜んでいる。まっ、暑いし、ビールくらいは飲みたくなる気持ちは、よくわかる。ビールを飲んでいるのが6名。残りの2人の高年カップルは日本酒を飲んでいた。なおもぼうっと様子をみていると、そのうち、俺の直前とその前に入った2人組もやおら、日本酒を発注。おつまみの炙り肉刺しも合わせて発注していた。どおりで、なかなか順番が回ってこないわけだ。こりゃ、ラーメン屋というより飲み屋だな。

飽かずに客の様子を見ていると、ひとり客もいるのだが、客どおしが何となく知り合いみたいな雰囲気が漂っている。常連が多いようだ。15分くらいして、ようやくラーメンが運ばれてきた。
s-DSC02233.jpg

見た目は、わりとシンプル。刻み玉ネギとその上にのった糸唐辛子。カイワレは飾りかな。煮干しのにおいが少しする。
s-DSC02234.jpg

スープは、一瞬、そばつゆみたいな印象もあったが、煮干しの苦みも少々あって、さらに海老由来の出汁がけっこう効いている。そういえば、メニューに甲殻類アレルギーの方はご遠慮ください、って書いてあった。もしかしたら、蟹も入っているのか。いずれにしても、意外な風味だが、決して悪くない。独特のうま味が濃くも薄くもなく、出汁で飲ませるスープという印象だ。
s-DSC02235.jpg

湯気でうまく撮れていないが、ストレートな細麺は、少しだけぼそっとしていて、なかなかいい味わい。スープとの相性も、意表を突く感じでうまい。
s-DSC02236.jpg

なぜか切ってあるチャーシュー。まあ、食いやすいのだが。これは、それほどうまくはなかった。
s-DSC02237.jpg

玉ネギを沈めて食うと、スープに甘みが増して、うまい。軽くスープまで飲み干して完食。
s-DSC02238.jpg

先ほど唯一飲んていなかった男性客は、俺より先にラーメンを食い終えて、席を立つのかと思いきや、「すいません、○○(酒の銘柄)ください」って、酒を飲み始めた。おいおい、お前もか。というわけで、飲んでいないのは俺だけという状態で、もはや昼間からスナック状態。食い終えて、早々に退散。店を出たら、5人並んでいた。
s-DSC02241.jpg
少し違和感を感じたが、野毛という立地ならではの独特の雰囲気の店だった。
もうじき、この場所では終了。移転先では、店舗内外の写真は厳禁のようだ。機会があったら、また来たい(期待)度は、★★★☆。

※この店舗での営業は8月いっぱいで終了だそうです。
【住所】  横浜市中区野毛町2-75 第三野毛産業ビル 2F
【電話】  045-242-8018
【営業時間】土曜・日曜のみ11:00~14:00
【定休日】 月曜から金曜日 
【アクセス】電車で:JR京浜東北線桜木町駅下車。徒歩約5分。駅を出て、右方向に進む。桜木町二丁目、花咲町二丁目と交差点を渡り、平戸桜木道路を進む。野毛2丁目交差点を越えた、次を左折し、一方通行の路地に入り、直進jした2ブロックめの奥の角を2階に上る。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター6席から12席

【メニュー】出しそば780円 牡蠣出汁そば830円 
      追加の品
      肉増し300円 大盛り100円
      酒類
      日本酒500円 サッポロ黒ラベル(中瓶)500円
      おつまみ
      炙り肉刺し350円 ウズラの炙り味玉100円
【店舗web】http://ameblo.jp/ra-menandsoba/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-08-17

津久井浜 麺屋庄太

平成26年8月17日(日) 11:45訪問。
つけ麺(中)840円を食す。

未食のつけ麺を食いにやってきた。11時30分過ぎの到着で、店外に5名の待ち客。タイミングが悪かったようで、並んですぐに、俺の直前の客までが店内に案内された。それからさらに10分くらい待って、カウンター席に案内された。
s-DSC02224_20140817153403b65.jpg

今日は店主と金髪の男性店員に女性店員の3名体制。リズミカルな動きで、素早く調理。つけ麺だけは、時間がかかるようだ。俺のつけ麺が出来上がる前にラーメンが出来上がったタイミングで、「つけ麺のお客さん、もう少しお待ちください」のかけ声。後から来た客のラーメンを提供する時も同じかけ声。随分と気を遣ってもらった。

最初に麺は冷たいのがいいか、熱いのがいいかをきかれたが、もちろん、冷たい方を選択。7分くらいかかって、できあがり。カウンター越しでもいいのだが、わざわざ厨房を出て、運んできてくれた。
s-DSC02209.jpg

まずは麺。普通に水道水を通しただけなので、生暖かい。
s-DSC02207.jpg

麺だけ食ってみた。固めに茹でてあり、歯ごたえがしっかりしている太麺。短めだが、食い応えあり。
s-DSC02213.jpg

つけスープは、ラーメンのスープとは別に小鍋で加熱したスープを使っていた。さらに、かなりな量の魚粉を投入していた。表面にはねぎや玉ねぎなどが浮かんでいる。ドンブリも大き目だが、量も多い。
s-DSC02208.jpg

濃いめのスープは、最初は魚介系の味が衝撃的だったが、すぐに慣れた。その代り、ちょっと濃いめの味が、けっこうきついので、麺は全部、スープに浸さないほうがいいかもしれない。
s-DSC02210.jpg

チャーシューはドンブリの底の方に入っていて、表面が炙ってある。それなりに大きい。
s-DSC02211.jpg

とても小さく刻んであるが、噛むと甘みがあっていい味わいなのが、この玉ねぎ。
s-DSC02214.jpg

そして、ゆず。これは、あまりはっきりとしなかったな。
s-DSC02215.jpg

途中まで、つけ麺には入らないのかな、と思っていたら、底の方からようやく出てきた。穂先メンマ。ややお疲れ気味。
s-DSC02216.jpg

そして、クーポンでサービスしてもらった煮玉子。好みの半熟具合にほどよい味付け。
s-DSC02217.jpg

濃厚だが、ドロドロしたスープではないので、麺を食い終わっても、あまり減らなかった。でも、折角だから、スープ割りをお願いすることにした。スープ割りは、豚骨か和風だしから選べる。和風だしにした。一旦、器を預けて、スープを温めて再度たっぷり満たしてカウンター越しではなく、厨房を出て持ってきてくれた。
s-DSC02218.jpg

豚骨のほうがいいのかもしれないが、和風だしもつけスープがちょっとしょっぱいくらいだっただけに、ちょうどいい感じにさっぱりとした味わい。魚粉がさらに増したような気もする。しかし、これ、量が多い。s-DSC02219.jpg

スープも飲み干して、完食。ごちそうさま。
s-DSC02222.jpg

濃厚魚介系豚骨とはまた違う、濃厚な豚骨が際立った一杯。ラーメンもよかったけど、つけ麺も面白かった。忙しくても、ていねいな挨拶がなかなか気持ちよかった。俺が、食い終わったころは、空席もできていた。行列ができていたのは、やはり、タイミングかな。
s-DSC02223.jpg
限定も気になるなあ。この店のまた来たい(期待)度は、★★★★☆。

【住所】  横須賀市津久井2-18ー22
【電話】  046-848-0929
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】 水曜 
【アクセス】電車で:京浜急行津久井浜駅下車。徒歩1分。改札を抜けて駅前の細い道を右に進んですぐ。
【駐車場】 4台分
【席数】  カウンター7席 テーブル4席×2

【メニュー】らぁ麺(並)700円 らぁ麺(大)800円 
      魚介らぁ麺(並)700円 魚介らぁ麺(大)800円
      中華そば(並)700円 中華そば(大)800円
      つけ麺(並)(1玉200g)840円 つけ麺(中)(1.5玉300g)840円
      つけ麺(大)(2玉)920円 つけ麺(特)(2.5玉500g)1,000円
      辛つけ麺(並)(1玉200g)840円 辛つけ麺(中)(1.5玉300g)840円
      辛つけ麺(大)(2玉)920円 辛つけ麺(特)(2.5玉500g)1,000円
      黒豚餃子(5ケ)350円 黒豚餃子セット(餃子3ケ、半ライス)250円 
      徳トッピング250円 チャーシュー200円 九条ネギ200円
      白髪ネギ200円 薬味ネギ200円 メンマ200円
      辛カラ150円 岩のり200円 のり100円
      煮玉子100円 キャベツ100円 ほうれんそう100円
      半ライス150円 ライス200円 大ライス250円
      君栄の釜揚げしらす丼250円 チャーシュー丼250円 カレー丼250円
【店舗web】http://menyashota.nomaki.jp/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-08-16

北久里浜 麺屋こうじ

平成26年8月16日(土) 11:41訪問。
貝出汁の冷し塩ラーメン880円を食す。

8月の冷やし第1弾。といっても、明後日までの限定なので、間に合ってよかった。11時30分の開店に少し遅れたら、駐車場が満車で、開店早々の食券購入行列。コインパーキングに停めて行列の最後に並んだ。カウンター席に案内された時点で、先客14名。
s-DSC02185.jpg

これは具材が多そうなので、負けじと麺も中盛をいつものおばちゃん店員にお願いした。手際よく、順番に調理している。土曜日は、おそらく開店からのダッシュで、このくらいの混み具合に慣れているのだろう。ひと待ち10分として、待って、待って、ちょい待って提供された。
s-DSC02188.jpg

ささっとした調理スピードの割に、重なり合った具材が整っていて、きれいだ。
s-DSC02189.jpg

さっそく、スープに浸した麺にドンブリの縁に盛られわさびをつけて食ってみた。貝の風味を絡めた麺に少しだけわさびがつんとして、合う。まっ、考えてみれば、魚介類なのだから、わさびは合うはずだ。
s-DSC02191.jpg

麺を氷で締めてあるので、スープも温くならず、冷え冷え。しょっぱいが、貝の出汁が前面に出ており、冷たいあっさり加減に、新鮮で涼味を感じる。
s-DSC02192.jpg

今回も具材が豊富。では、さっそく。たけのこ。結構な量が入っている。
s-DSC02194.jpg

江戸菜。彩りがあざやか。
s-DSC02195.jpg

カイワレ大根。
s-DSC02196.jpg

ミニトマト。とても甘くてうまい。
s-DSC02200.jpg

山の幸が続いた後は、海の幸。あさり。
s-DSC02199.jpg

むき海老。5つあった。
s-DSC02198.jpg

わかめ。
s-DSC02197.jpg

むき海老とその下にある、あさりと紫玉ねぎと小さな赤ピーマンと玉ねぎ、きゅうりがドレッシング和えになっている。
s-DSC02190.jpg

そして、いつもの大きなチャーシューは、いつものようにうまい。
s-DSC02201.jpg

そして、ゆで鶏。遊びで、わさびをのせてみた。ツンとしかけたところに鶏のさっぱり感がいい。
s-DSC02202.jpg

スープを少し残して終了。今日の冷しもうまかった。貝出汁って、初めて食ったけど、冷たいから奥行きをさほど感じさせないのだが、優しそうで、実はしっかりとした印象。これで、最後まで飽きさせずにいけるのかという不安もあったが、優しい出汁に浸した麺の啜りを楽しんで、いろいろな具材を味わっているうちに、スープしか残らなかった。スープは、少し残した。
来月はまた鰹の本枯れ節のラーメン。その前に来週も冷しの第2弾がまだあるのだ。
s-s-DSC02187.jpg

もう、来週が楽しみだ。「まいど、どうも。」の店主の声を背中に店を出た。
s-DSC02205.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、マックス。★★★★★。

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 火曜日、第3水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。      
【駐車場】 隣地に3台分
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】讃岐風塩ラーメン630円 醤油ラーメン650円
      チャーシュー麺880円 特製ラーメン800円
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン770円
      野菜タンメン740円 鶏塩ラーメン760円
      麺中盛無料 麺大盛50円 麺特盛100円
      つけめん680円 坦々つけ麺800円 味噌辛つけめん750円
      不定期メニュー にぼにぼそば(1日限定15食)780円  
      
      ◇トッピング
      半熟玉子90円 ねぎ140円 焼チャーシュー250円 半チャーシュー(2枚)130円
      メンマ100円 ワンタン220円 のり100円 江戸菜100円
      
      自家製餃子320円 水餃子320円
      明太ツナマヨ丼200円 葱チャーシュー丼250円
      杏仁豆腐100円
      
      ◇日替わりセットメニュー
       月:ラーメン(塩、醤油)&ミニ豚丼800円
       火:お休み
       水:つけ麺&ミニチャーハン800円
       木:ラーメン(塩、醤油)&葱チャーシュー丼800円
       金:つけ麺&餃子800円
       土:ラーメン(塩、醤油)&鶏マヨ丼800円
       日:つけ麺&葱チャーシュー丼800円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-08-15

汐入 汐鐵

平成26年8月15日(金) 13:55訪問。
らーめん塩650円+半熟卵100円を食す。

京急汐入駅前のダイエー、ショッパーズプラザ2階のフードパティオにある店。以前は、鶏源が入っていたが、5月で営業を終了したらしい。変わって入ったのがこの店のようだ。
s-DSC02166.jpg

フードコートなので、番号札を渡されて、番号が呼ばれたら、再び店頭に取りに行くしくみ。約5分で番号が呼ばれた。トレーはもちろん、プラスチック製だが、ドンブリはもちろん、意外にもレンゲも陶器だった。
s-DSC02168.jpg

玉子が1個半。メニューに写真まであったのに、玉子を追加してしまった。標準で半分がのっているようだ。三つ葉がのって色合いがきれいだ。
s-DSC02169.jpg

スープは鶏ガラでとったものに昆布や野菜などを加えたもの。すっきりとした塩味。出汁はさほど感じない。その分、癖もない。
s-DSC02171.jpg

麺は細めのほぼストレート。ちょっと、茹で過ぎ感があって、締まりのない印象。湯切りが甘いのか。スープが単調な分、かん水臭さも気になる。
s-DSC02176.jpg

チャーシューはとても寂しい。なぜ細切りにする。量が少なすぎる。
s-DSC02177.jpg

メンマは、業務用っぽい感じもするが、味付けは控え目で歯ごたえもいい。
s-DSC02179.jpg

少し入った揚げネギが、スープに奥行きを出している。
s-DSC02180.jpg

水菜のほか、柚子も入っている。柚子の風味はさほどきつくないので、意識しないと気がつかないだろう。
s-DSC02178.jpg

玉子は普通にうまい。
s-DSC02181.jpg

スープは、すっきりしているのだけど、今ひとつ特徴がなくて、つい残してしまった。
s-DSC02182.jpg

前も気になっていたのだが、このフードコート、自由すぎないか。このような貼り紙があるにもかかわらず。
s-DSC02167.jpg

俺の左のテーブル。明らかに持ち込んでいるだろうと思われる、缶ビール。
s-DSC02163_20140816110854f1b.jpg

さらに右手は、いったいいつからここにいるのか、宴会みたいに缶が並ぶ。
s-DSC02164_2014081611085564d.jpg

どの店のコーナーも空いているのに、席だけは満席に近い。こういうところで、時間をつぶす人もいるんだなあ。
s-DSC02183.jpg
麺が残念だけど、スープはなかなか上品だった。この店のまた来たい(期待)度は、★★。

【住所】  横須賀市本町2-1-12
【電話】  070-1327-4629
【営業時間】9:00~21:00
【定休日】 なし
【アクセス】電車で:京浜急行汐入駅から徒歩5分くらい。陸橋を渡った海側。
【駐車場】 多数。
【席数】  フードコートにつき多数

【メニュー】らーめん塩・正油650円 汐鐵塩・正油800円
      みそらーめん650円 わんたんめん750円
      辛めん780円 ネギらーめん750円
      チャーシューめん850円 やさいらーめん750円
      学生らーめん500円
      白飯100円
      かくに1個100円 チャーシュー1枚100円
      キクラゲ100円 もやし100円
      半熟卵100円 ワンタン2個100円
      青ネギ100円 白ネギ100円
      メンマ100円 のり100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-08-12

横須賀中央 煮干出汁ラーメン 平八

平成26年8月12日(火) 14:31訪問。
特製煮干つけ麺850円を食す。

昼飯は、地元で一杯。この店も久しぶりの訪問。
s-DSC02158.jpg

以前は、コインパーキングに停めると、駐車代100円キャッシュバックというのがあったのだが、やめたらしい。いろいろ細かな工夫をする店らしく、ちょっとずつ何かを変えているようだ。店の前には、ドブ板バザールで好評と銘打って、割引価格で油ソバ500円というのが出ていた。7月24日から8月20日までの期間限定。でも、今回は油ソバではなく、つけ麺。

店内に入ると、ぷうんと煮干しの香りが漂ってくる。ふと見ると、業務用と思われる煮干の箱。斉藤商店の鰮(いわし)煮干。
s-DSC02134.jpg

先客は1名。口頭で発注。店員は店主とおぼしき男性のみ。さっそく調理開始。カウンターには調味料がたくさん。ブラックペッパーにホワイトペッパー、エスビーコショーにエスビー唐がらし。
s-DSC02136.jpg

空いているので、約5分で出来上がり。
s-DSC02141.jpg

そういえば、つけ麺を発注したときに、細麺と平打ち麺のどちらにしますかときかれたので、どっちがいいですかね、と尋ねたら、すかさず、細麺です、との答えだったので、こちらもすかさず、細麺で発注。
s-DSC02138.jpg

つけスープは、ネギが浮いた、煮干しの香りの強いもの。
s-DSC02139.jpg

まずは、麺から。水道水で締めただけなので、ぬるい。麺だけ食ってみたが、つけ麺としてはぼそぼそ過ぎる感じだが、これはわざとねらったものなのか。悪くない感じだ。それに、量も多いな。
s-DSC02142.jpg

それでは、つけスープにつけて食ってみる。煮干し感は相当強く、苦みも感じる。俺は苦みも含めて煮干しが好きだ。煮干しレベルは高い。しかし、つけスープそのものは、あっさりとしていて、醤油も控え目で、煮干しのうま味が前面に出ている。
s-DSC02143.jpg

色合いはいまいちだが、柔らかくて、適度な味付けのチャーシュー。
s-DSC02147.jpg

メンマは普通。
s-DSC02146.jpg

普段は、あまりワカメはラーメンの具材としては好みではないのだが、このつけスープにはよく合う。わかめスープに似た印象もある。
s-DSC02145.jpg

スープの方に入っているワンタンは、小さ目なものが2つ。
s-DSC02148.jpg

餡も小さ目。
s-DSC02149.jpg

そして、唯一変わった具材はオクラ。縦半分に切ってあり、食いやすい。
s-DSC02144.jpg

玉子は、割ると黄身がとろけだしてくる。こういうのは、好きだな。
s-DSC02150.jpg

食っている途中で、店主がスープ割りを提供してくれた。
s-DSC02153.jpg

当初、麺はかなり多いなと思ったが、ちゃんと仕切りがあった。いわゆる底上げ。
s-DSC02152.jpg

麺を食い終えて、スープ割りを注ぐ。
s-DSC02155.jpg

もっと薄まるかと思いきや、スープ割りもしっかり出汁が効いていて、いい感じだ。俺の好みでいうと、柚子を入れてくれると、さらに華やかな味わいになったと思う。
s-DSC02156.jpg

すべて、平らげて終了。なかなか、うまかった。たまには、こういう変わり種もいい。
s-DSC02157.jpg

豚骨醤油ばかり流行る横須賀では、希少な店。いろいろな工夫が功を奏すことを期待したい。
s-DSC02159.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★。

【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 日曜日
【アクセス】車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター6席 テーブル4人×1 2人×2

【メニュー】醤油煮干ラーメン650円 塩煮干ラーメン650円
      ※醤油か塩味をお選びくださいませ
        麺の量 普通150g 中盛190g 0円
         大盛300g200円 特盛375g300円
      特製煮干ラーメン 醤油か塩850円
       基本トッピングに煮玉子、ワンタン、チャーシュー、海苔増し
      特製煮干しつけ麺850円→麺量1.5倍
       (1玉800円、2玉950円、2.5玉1,050円)
      煮干つけめん700円→麺量1.5玉
       (1玉680円、2玉800円、2.5玉900円)
      煮干油そば 麺量1.5玉750円
       (1玉700円、2玉850円、2.5玉950円)
       生卵のせ50円 煮玉子のせ100円
      王道の塩バターラーメン750円
      ハーフラーメン550円
      ◇トッピング
       チャーシュー1枚100円 自家製煮玉子100円
       自家製メンマ100円 味付き小口ネギ100円
       塩に合うバター100円 ワカメ100円
       自家製山芋とろろ200円 海苔5枚100円
      ネギチャーシュー丼290円 マヨネギチャーシュー丼300円
      鰹出汁山芋とろろご飯290円 花かつおネギ丼120円
      濃い味の豚肉そぼろ丼250円 特製ダレぶっかけ生卵ネギ丼200円
      ライス100円 ランチタイムは50円
     
      7/24~8/20までの限定メニュー
      煮干油そば500円

【ホームページ】http://ameblo.jp/z-three/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-08-12

新杉田 杉田家

平成26年8月12(火) 10:17訪問。
ラーメン並650円+味付玉子70円を食す。

たまには朝ラーメン。もっと早く来るつもりだったが、中途半端な時間になってしまった。朝から家系。亜流も含めて、数多い家系の中でも、特に気に入っている店。この時間で、先客5名。しかし、次々と客は入ってくる。
s-DSC02128.jpg

ちょうど、朝飯ラッシュが終わったのか、店員は少し、余裕がある様子だった。今回は指定はせず、すべて普通で発注。カウンターには、大盛りの行者ニンニク、刻みショウガ。
s-DSC02112.jpg

そして、おろしショウガも用意されている。
s-DSC02113.jpg

ラーメンが提供されるまでの待ち時間は約5分。
s-DSC02114.jpg

定番の家系スタイル。
s-DSC02115.jpg

スープは、豚骨の力強いうま味がよく出ている。醤油のとがり具合は、さほどでもなかった。バランスのいいスープ。
s-DSC02116.jpg

酒井製麺の麺は、ちょっと柔らかかった。ここは、やはり固め指定の方がよさそうだ。全体として、よくスープにあっている。
s-DSC02118.jpg

スモークされたチャーシューは2枚。歯ごたえがよく、スモークの風味がいい。家系のこのスープには、やはり、このチャーシューだよな、と思ってしまう。
s-DSC02122.jpg

スープと麺を確かめたら、ブラックペッパーを振って、ニンニク、おろしショウガに刻みショウガを少々のせて、ベストな味に仕上げる。
s-DSC02123.jpg

やや固めの玉子。今回は特に、ほうれん草が新鮮で、きちんとほうれん草の味が冴えていてよかった。
s-DSC02124.jpg

いや、もう麺もスープもやめられない。とまらない。結果、完食。
s-DSC02125.jpg

食い終わっても、嫌な後味がない。やはり、うまいものはいつ食ってもいい。
s-DSC02126.jpg
今度は、開店をねらって早朝にいくぞ、と少しだけ思った。でも、本当に実行するかは、俺にもわかんない。この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。


【住所】   横浜市磯子区新杉田町3-5
【電話】   045-641-7732
【営業時間】 5:00~1:00
【定休日】 日曜日 
【アクセス】電車で:JR根岸線新杉田駅。徒歩5分くらい。駅を出たら、目の前の産業道路に沿って、右へ行った道沿い。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター17席
【メニュー】ラーメン並650円 中盛ラーメン760円
      大盛ラーメン870円 和風新杉田ラーメン750円
      チャーシューメン850円 中盛チャーシューメン920円
      大盛チャーシューメン990円 
      ネギ100円 味付玉子70円 メンマ70円
      のり70円 キャベツ70円 ワカメ60円 
      玉ネギ60円 ライス150円
【店舗Web】http://www.sugitaya.com/index.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-08-11

厚木 らーめん たいざん 海老名SA店

平成26年8月11日(月) 21:20訪問。
燻製醤油らぁめん900円を食す。

上田からの帰りに立ち寄ったサービスエリアの中のラーメン店。こんな夜中だというのに混んでいる。このフードコートには他にもラーメン店がもう1軒あるのだが、こちらの方が人気のようだ。
s-IMG_0853.jpg

並んで、食券を買うと、ベルを渡される。これが鳴ったら、出来上がりの合図。意外と待たずに、約4分で鳴った。
s-IMG_0836.jpg

豚骨に馬油みたいな、香油がかかっている。
s-IMG_0839.jpg

でも、馬油ではなかった。魚介由来の油。
s-IMG_0841.jpg

とんこつベースの白いスープは、さらっとして、癖がなく飲みやすい。
s-IMG_0842.jpg

しかし、うま味が強すぎて、化調っぽさを感じる。揚げネギは、多すぎてアクセントを越えている。
s-IMG_0848.jpg

麺は中くらいの太さでストレート。もう少し固めの方がよかった。それに、やや湯切りが甘いような気もする。
s-IMG_0846.jpg

チャーシューは、小さ目で、全部集めてもレンゲ一杯分くらい。
s-IMG_0847.jpg

メンマは、太目で短め。これはよかった。
s-IMG_0849.jpg

スープは少し残した。
s-IMG_0852.jpg

千円払って、100円のお釣り。これって、SA価格なのだろうか。どうも、価格に釣り合わないように思えた。
s-IMG_0854.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、☆。

【住所】  海老名市 大谷南 5-1-1 海老名サービスエリア 上り 2F
【電話】  046-244-5300
【営業時間】24時間
【定休日】 無休
【アクセス】車で:東名高速道路上り線海老名サービスエリアの2階。
【駐車場】 無数
【席数】  フードコートなので多数
【メニュー】燻製醤油らぁめん900円
      しおらーめん780円 しょうゆらーめん780円 
      えびしお880円 ゆずしお850円 
      肉ジンジャー麺880円(am10:00~pm10:00) ねぎしょうゆ880円
      魚介節つけ玄麺980円(am10:00~pm10:00) 
      えび香るえびつけめん900円(am10:00~pm10:00)
      夜間限定(pm10:00~am5:00) 大麺850円
       紅富士大麺豚W1,100円
      カレーつけ麺980円
      ◇セットメニュー(am10:00~pm9:00)
       ミニチャーハンセット+150円
       半ライスセット+100円
       水餃子3ケ+半ライス+280円
       ミニ生姜焼き丼+360円
       ミニチャーハン+300円
      ◇トッピング
       とろとろたまご100円 のり増し100円
       チャーシュー300円 メンマ100円
       ネギ増し100円
【店舗Web】http://r-taizan.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。