2013-12-31

北久里浜 麺屋こうじ

平成25年12月31日(火) 12:29訪問。
年越しラーメン300円を食す。

今年最後のラーメンは、麺屋こうじで決まり!
s-DSC00123.jpg

と決めて、おせち料理の最後の食材の買い出しに行った後、張り切って、開店の11時半前にやってきた。しかし完全に考えが甘かった。回転前からいつも以上に並んでいた。その人数ざっと40人くらい。
s-DSC00120.jpg

並んでから、やはりやめようかとも思ったが、せっかく並んだので、最後までがんばろう。幸い、ぽかぽかと暖かい陽気で、風もなく並んでいても苦にならなかった。約1時間でようやく店の前までたどり着いた。
s-DSC00122.jpg

大晦日は、メニューは1種類のみ。比内地鶏スープの塩味ラーメン。サイドメニューも一切なし。昼営業のみ。200食限定。s-DSC00125.jpg

食券を買って、さらに店内で空席待ち。ようやくテーブル席に相席で座ることができた。いつものように、中盛ね、とささやくおばちゃん店員につられて、中盛で発注。今日は一品しかメニューがないので、いつもよりさらに手早い感じ。むしろ、提供する店内のほうが忙しそうだ。また、しばし待ってようやく対面。
s-DSC00126.jpg

いつもよりさらに豪華な具材がにぎやかにのっている。スープは、素材を活かすかのようにシンプルな鶏スープで塩味。黄金色の透き通ったきれいなスープ。表面にうっすらと油が浮く。
s-DSC00131.jpg

麺は全粒粉入りのストレート。
s-DSC00135.jpg

こっちの方がわかりやすいかな。
s-DSC00137.jpg

にぎやかで、おめでたい具材の数々。真ん中には寿入りのかまぼこ。ぷりっとしたえびが3尾。
s-DSC00129.jpg

三つ葉はていねいに結んである。
s-DSC00136.jpg

そして、いつもの食べ応えありのチャーシュー。色合いがきれいな、手まり麩。
s-DSC00128.jpg

その右側に、たけのこ、ほうれん草。
s-DSC00130.jpg

さらに、伊達巻と玉子が並んでいる。
s-DSC00127.jpg

そして、最後はほどよい味付けに煮込んだ鶏もも肉。これで、ドンブリ一周。
s-DSC00139.jpg

麺もあっさりスープもいいけど、豊富な具も楽しめて、これで300円って、安すぎないか。年内最後の味玉。
s-DSC00138.jpg

こりゃ、並ぶわけだな。来年は11時くらいにはこないとだめだな。やはり、今回の中盛りはがんばったけど、スープは少し残してしまった。すみません。
s-DSC00140.jpg

とても忙しそうだが、ちゃんと客の動きをみている店主。ていねいに挨拶をしてくれた。よいお年を。
s-DSC00124.jpg
今年は大変お世話になりました。来年は、1月6日からの営業。この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 火曜日、第3水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。      
【駐車場】 隣地に3台分
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2

【メニュー】讃岐風塩ラーメン630円 醤油ラーメン650円 チャーシュー麺880円 特製ラーメン800円
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン750円
      野菜タンメン740円 鶏塩ラーメン730円 麺中盛無料 麺大盛50円 麺特盛100円
      つけめん650円 坦々つけ麺800円 味噌辛つけめん750円  
      ◇トッピング
      半熟玉子90円 ねぎ120円 チャーシュー250円 メンマ100円 
      ワンタン220円 のり100円 江戸菜100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-12-30

衣笠 大公

平成25年12月30日(月) 12:05訪問。
横須賀ブラック 肉玉ブラック900円を食す。

久しぶりに大公にやってきた。冬なので、やはり味噌ラーメン。
s-DSC00118.jpg

ではなく、今日の目当ては、平日限定商品の横須賀ブラックなる醤油ラーメン。平日はなかなか機会がなくて、ようやく訪問できた。
s-DSC00101.jpg

看板メニューは味噌ラーメンなので、男性店員が気を利かせて、醤油ラーメンでOKか注文を再度確認してくれた。今回は、醤油ラーメンねらいで来たので、迷いはない。先客は4名。あまり待たずにラーメン到着。たぬきそばみたいな見た目の、大振りな背脂が万遍なく浮いている。
s-DSC00103.jpg

スープはその名のとおり、黒色。自家製溜り醤油は背脂とも合わさって、意外と甘めな印象。コクがあって、後をひく味わいだ。
s-DSC00104.jpg

背脂の量が多いので、どれを食っても必ず背脂といっしょに味わうことになる。
s-DSC00105.jpg

麺はやや縮れのある麺。粒々入り。スープに負けず、しっかりとした印象。
s-DSC00108.jpg

チャーシュー3枚と煮玉子入りで、標準より200円増しなのだが、チャーシューは意外と小さめ。しかし柔らかくて、スープに味付けもあっている。玉子が100円として、チャーシューが2枚増しという計算。したがって、1枚50円。まあ、こんなものか。
s-DSC00112.jpg

味付けが濃そうな色に見えるが、スープにあったちょうどいい味付けのメンマ。
s-DSC00111.jpg

ほかにもナルト、青ネギ。
s-DSC00106.jpg

そして、煮玉子。このくらいの半熟具合がちょうど俺には好みな感じだ。
s-DSC00113_2014010311300570f.jpg

背脂って相当なカロリーかな。とか、気にしつつスープまで完食。
s-DSC00114.jpg

横須賀ブラックって、富山ブラックの真似と思われるが、定着するかな。名前はともかくとして、濃いめの醤油と背脂のバランスがなかなか楽しい一杯だった。おそらく、この後も平日限定商品が投入されるのではと期待される。しかし、やはり次は味噌ラーメンかな。
s-DSC00115.jpg

食べログのベストラーメン2013受賞。
s-DSC00119_20140103120423a04.jpg

この日は、あまり後続客もなかった。
s-DSC00117.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★☆。


【住所】  横須賀市公郷町2-16-4
【電話】  
【営業時間】平日11:30~14:30 17:30~21:00 土日祝11:30~15:00 17:30~20:30
【定休日】 月曜、毎月第3火曜日

【アクセス】電車で:JR横須賀線衣笠駅から徒歩15分くらい。駅前道路を右に進み、衣笠十字路を直進。横須賀線をずっと右手にみながら直進した左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター4席 座敷4×3

【メニュー】味噌らぁめん※チャーシュー入り(1枚50円増し)650円
      辛しニンニク味噌らぁめん750円
      味噌チャーシュー麺(3枚)800円
      味噌チャーシュー麺(5枚)900円
      各大盛り100円増
      平日限定商品 横須賀ブラック
      肉玉ブラック900円 ブラック700円 
      チャーシューブラック800円
      青ネギ増し100円 背脂増し100円
      ◇トッピング
      半熟煮玉子100円 チャーシュー(2枚)100円
      ライス100円 ライス大盛り150円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-12-29

横須賀中央 上海亭横須賀中央店

平成25年12月29日(日) 13:41訪問。
サンマーメン650円+焼き餃子400円を食す。

横須賀中央で遅めの食事。リニューアルする以前は、あまり品のない感じだったが、外観が随分と変わった。以前は厨房の様子もうかがえたのだが、外見が変わって、今は中の様子はうかがいづらい。少し敷居が高くなった感もあるが、高級っぽい店構えになったかな。
s-DSC00100_2013123123084623e.jpg

ほぼメニューは決めてあった。実は、塩味のシンプルで具だくさんの五目ソバが好きなのだが、大抵があんかけになっていて、好みではない。それならば今回はサンマーメンを選択。表にはなかったが、店内にかながわサンマー麺の会の小さな幟が立っている。
s-DSC00099.jpg

時間も遅いので、先客は3名。空いているので、テーブル席に座った。ついでに壁に貼ってPRしているタレのいらない餃子も追加。
s-DSC00086.jpg

店内は男性店員が接客係としてきびきび対応。厨房内は見えないが、鍋を振る音が聞こえてきて、しばらくして俺のサンマーメンが運ばれてきた。
s-DSC00087.jpg

中央にのるあんかけは醤油ではなく、白いあんでとろっとした仕上がり。大ぶりな具材が食欲をそそる。
s-DSC00089.jpg

このとろみをかき分けながらすする細麺がうまい。自家製細麺と店に大きく謳っているとおり、細めのコシのしっかりした麺だ。
s-DSC00091.jpg

ベースのスープは、コクのある醤油味で、それに野菜の風味がさまざまに溶けあっていくサンマーメンのよさを感じることができる。スープは控え目ながら、それなりの存在感で溶けだしてくるあんかけも支えている。
s-DSC00090.jpg

具は、もやしのほか、にんじん、きくらげ、筍、キャベツなど具だくさん。
s-DSC00096.jpg

さらに、やや遅れて餃子が運ばれてきた。
s-DSC00094.jpg

やや肉厚の皮を無理やり箸で割ると、確かに肉汁が出てくる。味付けはそれほど、はっきりしないが、何もつけなくても味がする。ここは店の勧めどおり、何もつけずにいただくことにした。
s-DSC00095.jpg

サンマーメンは、ボリュームもあるので、スープは残した。体があったまる。ティッシュペーパーの箱を勝手に持ってきて使用。
s-DSC00097.jpg

餃子は完食。しかし、やはりタレをつけて食うほうが俺には好みだ。
s-DSC00098.jpg

厨房内では、中国語らしき言葉が飛び交っていた。隣のパチンコ屋利用らしい客が、ちらほら入ってくるが、禁煙でないのが、残念だ。この辺も昔ながらのスタイル。安い定食や500円で食べられるワンコインラーメンなど、サービスも魅力的だ。
s-DSC00082_20140102070324c55.jpg
たまには、街中の中華料理屋もいい! この店のまた来たい(期待)度は、★★☆。


【住所】  横須賀市若松町1-4
【電話】  046-823-2316
【営業時間】
【定休日】 
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅下車。徒歩3分。改札出て陸橋を渡って、テナントビルの前を左に降りる。バス停のある歩道にそって直進。右側の最初の角を右折して、一方通行の路地を進み、最初の角を左折し、進んだ先の左側。      
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター6席、テーブル4人×4

【メニュー】半ラーメン300円 ラーメン500円 ワンタン500円
      ワンタンメン500円 メンマラーメン600円 上海ラーメン650円
      チャーシューメン650円 チャーシューワンタンメン750円
      ジャンボチャーシューメン850円 ネギソバ800円
      ミソラーメン600円 ミソメンマラーメン700円
      ミソバターラーメン700円 ミソワンタンメン700円
      ミソチャーシューメン750円 タンメン650円
      エビソバ800円 もやしソバ650円
      サンマーメン650円 五目ソバ650円
      五目ヤキソバ(両面焼)650円 五目カタヤキソバ650円
      天津メン700円 牛バラソバ800円 パイコーメン800円
      タンタンメン800円 マーボーメン800円
      
      焼餃子(6個)400円 水餃子(5個)400円
      
【店舗web】http://www.shanghai-tei.com/ 

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-12-28

北久里浜 麺屋こうじ

平成25年12月28日(土) 13:13訪問。
函館塩ラーメン780円を食す。

遅ればせながら、今月の期間限定を食いにやってきた。年内は無休で、大晦日は限定のみのようだ。
s-DSC00073.jpg

13時過ぎで、並びはなかったが、ほぼ満席。客のオーダーはほとんどバラバラ。カウンター席に案内すると、いつものようにおばちゃんが、中盛ね、と決めつけるので、今回はすなおに、じゃ、中盛で。混んでいたせいか10数分でカウンター越しに出てきた。
s-DSC00076.jpg

またまた、価格に合わない具だくさん。函館ということでコーンやカニかまぼこ、海藻、コーンなどの具ものる。
s-DSC00080.jpg

そして、今回はワンタンもひとつ。中もたっぷりと詰まっている。
s-DSC00079_20131231070448d62.jpg

ストレートの中くらいの麺は、コシが強く、スープをよく絡める。
s-DSC00078.jpg

スープは、はっきりとした塩味で、具を引き立てながらも、負けない強さと奥行きがある。すっきりしていて、最後まで飽きずにいけた。おそらく鶏ベースに帆立などの出汁かな。
s-DSC00077.jpg

今回も、華やかなトッピングを楽しみながら、中盛にしたけど、麺とスープを軽々と平らげた。コーンは久しぶりだったけど、甘みがあってうまいな。その他の紹介できなかった海苔や玉子、これも定番のチャーシューもソーグッド。完食だ。
s-DSC00081.jpg

さあて、来月はマーボーラーメン。ピリ辛だそうだ。熱そうだけど、がんばってチャレンジしよう。
s-DSC00075.jpg
次の限定も必食! この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 火曜日、第3水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。      
【駐車場】 隣地に3台分
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2

【メニュー】讃岐風塩ラーメン630円 醤油ラーメン650円 チャーシュー麺880円 特製ラーメン800円
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン750円
      野菜タンメン740円 鶏塩ラーメン730円 麺中盛無料 麺大盛50円 麺特盛100円
      つけめん650円 坦々つけ麺800円 味噌辛つけめん750円  
      ◇トッピング
      半熟玉子90円 ねぎ120円 チャーシュー250円 メンマ100円 
      ワンタン220円 のり100円 江戸菜100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-12-26

藤沢 麺やこじろ

平成25年12月26日(木) 11:55訪問。
らーめん750円+味玉100円を食す。

朝からどんよりとした天気だったが、細かい雨が降り出してきた。WindowsXPのサポートがあと数か月で終了ということで、7とも迷ったが、Windows8.1にOSを入れ替えた。HDにバックアップをとっている作業中、HDが突然読めなくなった。物理的に壊れているわけではないので、何とか復元させたい。いろいろなソフトをあたって、フリーではないが、ようやく復元できるソフトを見つけ、無事HDも復活し、ファイルも復活できた。ついでにSSDに換装したら、速い。でも、遅さにはなれないけど、速さにはすぐなれるようだ。というのが、実食レポートが遅くなっている言い訳だ。さて、仕事で外出中に、ちょうど昼時なので、途中下車して寄った店。
s-DSC00066.jpg


少しわかりづらい。藤沢駅北口から徒歩レポート。まずは、駅を背に右方向にスルガ銀行をめざす。この路地を入る。
s-DSC00071_2013123018074244a.jpg

一方通行の少し進んだ先の交差点を右折。
s-DSC00070_201312301809470eb.jpg

郵便局前交差点をグランドホテル湘南を左に見ながら直進。
s-DSC00069_201312301812594b1.jpg

少し進んだ交差点を左折。
s-DSC00068.jpg

路地を入ると、少し先の右手にあるらーめんの幟が目印。
s-DSC00067.jpg

徒歩10分弱で到着。雨に濡れた傘の雫を払いながら、店に入った。昼時だが、先客ゼロ。ひとり客だが、勧められてテーブル席に腰を落ち着けた。入口から察しはついたが、店内の造りがあまりラーメン店ぽくない。喫茶店とかの居抜きかな。
s-DSC00051_20131230185830d3e.jpg

メニューを見て、まずはここから!!、と書かれた、らーめんに味玉。口頭で発注すると、味を選ぶ。あっさり塩、さらに醤油と塩が半々のしおうゆという3種類だ。ここは定番の醤油を選択。女性店員のていねいな接客が気持ちいい。4分でラーメンが到着。玉子は別皿に盛られている。
s-DSC00053.jpg

スープは、甘みのある醤油味に焦がしネギの渋みが効いていて、奥行きがある。これはいい。
s-DSC00055.jpg

揚げネギと生ネギがスープに溶けだした味の広がりが、魚介系の出汁に合って、見た目の濃さよりすっきりした味わい。
s-DSC00056.jpg

細麺は、スープをよく絡めてこれも相性抜群だ。麺もスープに負けずにバランスがよい。
s-DSC00058.jpg

チャーシューは、癖がなく、あっさりといける。
s-DSC00061.jpg

その他に、太めのメンマ。
s-DSC00060.jpg

そして、追加の味玉。これは、のせずにこのまま味わった。控え目ながらよい味付け。
s-DSC00063.jpg

スープと麺を交互に食っていたら、いつの間に完食。ごちそうさま。
s-DSC00064.jpg

先客はいなかったが、食っているうちにどんどん2組の客が入ってきた。会計は、後で払うしくみ。客は慣れているみたいだけど、店員は狎れすぎることもなく、一生懸命なようすが伝わってくる好感のもてる店だった。
s-DSC00065_201312310623244f1.jpg
機会があったら、また訪問したい。この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。

【住所】  藤沢市朝日町13-16 朝日マンション1F
【電話】  0466-22-1772
【営業時間】11:00~14:00 17:00~21:00
【定休日】 不定休 
【アクセス】電車で:JR東海道線藤沢駅北口から徒歩10分弱。改札を出て、左手の北口に進み、階段を降り北口交番の前を通り、スルガ銀行手前の一方通行の路地を入る。最初の交差点を右折し、郵便局前交差点を渡り、直進。さらに進んで、陸橋のある交差点の先の路地を左折して少し進んだ右側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター5席+テーブル10席

【メニュー】味は3種類
      定番の醤油 あっさり塩 新たな味しおうゆ
      まずはここから!!らーめん750円 
      おすすめ!!こがしネギらーめん850円
      変化をつけるなら!!にぼしらーめん850円
      自信があります!!ちゃーしゅーめん1,000円
      ちょっとリッチに!!こじろスペシャル1,200円
      ◇トッピング各100円
       味玉、こがしネギ、にぼし、わかめ、麺大盛り
      ごはん100円 大盛り150円

【店舗web】http://www.ramen-kojiro.com/index.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-12-23

京急長沢 とんこつ醤油ラーメン玄翁

平成25年12月23日(月) 11:32訪問。
とんこつラーメン650円を食す。

京急長沢駅からすぐの店。11月28日オープン。前もって調べておいた情報だと、鎌倉にあった店が移転して、オープンしたそうだ。なかなかいく機会がなくて、ひと月以上たっての初訪問。今回は各駅停車でゆったりと。といってもここまで下ると、各停しかないけど。上りホームの右手にある店がそうだ。わかりやすい。
s-DSC00046.jpg

駅を降りて、駅前広場の斜向かいだ。駅前は閑散としている。迷わず、店を目指す。
s-DSC00044.jpg

ラーメンの幟が目印。隣は菓子屋。
s-DSC00043.jpg

店の前に大きな写真があった。こんな感じ。普通の豚骨醤油ではなさそう。店の前のメニュー表にはこくだしとんこつ醤油ラーメンとあった。こくだし、って何だろう。
s-DSC00041.jpg

入口を入ると、食券自販機がおいてある。ボタンは多いが、メニューは少ない。時期的なものと思われるが、冷つけ麺は売切ランプが点灯しているので、メニューはほぼとんこつラーメンのみ。これにトッピングなどでバリエーションを増やしている。基本のとんこつラーメンを選択。食券を渡してカウンター席に腰をおろす。水はセルフサービスだ。店内には、調理担当の男性と接客担当の女性の2名の店員。先客は2名。これは、すでにラーメンが提供されているので、俺のラーメンは発注と同時に調理開始。

テーブルの調味料はこんな感じ。酢がよく合うそうだ。
s-DSC00024.jpg

二つの白い器の中身は、
s-DSC00023.jpg

オリジナルの薬味の中は、
s-DSC00025.jpg
まったく試さなかったので、わからない。

いろいろ観察しているうちに、ラーメンが運ばれてきた。いろいろな具がのっている。
s-DSC00026.jpg

中央には、生のような小松菜の葉っぱがのっている。
s-DSC00027.jpg

さらに、高菜が最初からのる。俺は、高菜がそんなに好みの具ではない。
s-DSC00029.jpg

スープは、コクを演出するためか表面に油が浮いている。あっさりした豚骨で、うまみはあまりない。ちょっと迫力にかけるが、その代わり、普通の豚骨醤油とは、まったく異なる印象。これがこくだし、か。
s-DSC00028.jpg

少しだけ縮れた中くらいの太さの麺。ちょっとぼそっとした感じが、ぼけた印象。
s-DSC00031.jpg

チャーシューは、柔らかいけど、崩れがち。脂身も多い。
s-DSC00033_20131228204006ea5.jpg

全体としてあまりなじめないので、変化をつけるためコショーをいれようかと思ったが、どうせなら山椒。
s-DSC00034_201312282010563b1.jpg

チャーシューの左に少し入れた。本当に合うのだろうか。さらに奇妙な味に変化したように思えた。酢がよく合うとも書かれていたが、やめておいた。
s-DSC00036_20131228201058a8b.jpg

味玉がなかったのが、さびしかった。スープはがんばったけど、少し残した。何か体に優しい薬草スープみたいな感じも受ける、あっさり目のとんこつ。こくだしの意味は、やはりよくわからなかった。
s-DSC00037.jpg

店の外はテラス風のカウンター席があり、喫煙者用かな。俺の後から、地元客らしい年配の女性が二人入ってきて、にぎやかにおしゃべりしていた。静かに席を立った。
s-DSC00039_2013122820110126d.jpg
俺には今ひとつピンとこなかった。この店のまた来たい(期待)度は、★☆。

【住所】  横須賀市長沢1-38-1
【電話】  046-848-8680
【営業時間】11:00~14:30 17:30~20:00
【定休日】 火曜日 
【アクセス】電車で:京急線京急長沢駅から徒歩2分。改札を出て駅前ロータリーの斜め右方向、道路の向かい側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席+外カウンター席5席

【メニュー】とんこつラーメン650円 とんこつチャーシュー850円
      とんこつ角煮800円
      とん辛ラーメン750円 とん辛チャーシュー950円
      とん辛角煮900円
      麺大盛100円 チャイルドラーメン350円
      冷つけ麺辛味ゴマダレ750円 冷つけ麺ゴマダレ750円
      辛味ネギ150円 辛味ニラ100円 角煮250円
      青菜多め100円 のり多め100円 高菜多め100円
      やわらか角煮ごはん(小)350円 ライス150円 半ライス100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-12-16

日ノ出町 日の出らーめん

平成25年12月16日(月) 12:31訪問。
剛つけ麺味玉大盛り860円を食す。

2回目の訪問。平日の日ノ出町は人通りはあるが、さほど活気があるわけでもない。妙に空元気なのは、駅前のパチンコ屋くらい。どことなくタバコ臭いのもこの街の特徴。この界隈の飲食店は浮沈がありなかなか長続きしない店も多い中、日ノ出町の地名を背負って立つこの店は、長くがんばっている。
DSC00010.jpg

デジタルカメラをボーナスで購入した。というのも最近ものすごく機嫌が悪く、ついに壊れてしまったが、ソニー製のレンズが飛び出さないタイプは使い勝手がよかった。同じタイプのものを探したら、今手にはいるもので、よさそうなのは防水防塵のタイプしかなかった。2万円ちょっとだったが、長く使えそうだ。しかし、メモリーがSDからマイクロSDになったので、備えがなく内蔵メモリだけで撮ったらあまり枚数がとれなかった。

卓上にはICクッキングヒーターが備えつけてあり、いつも熱々で食うことができる。入り口の食券自販機で普通盛りの食券を買って店員に渡すと、大盛まで無量ですというので、じゃあ、てんで大盛りを発注。さらに太麺のせいかなかなか茹で時間がかかるようだ。待っている間にぽつぽつと客が入ってくる。さらに、温盛りと冷盛りの選択。冷盛りにした。

まずは、麺が登場。そしてスープ。IHがあるので、ちょっとカウンターが狭いので気をつけて食わないと汁が飛び散る。
DSC00008.jpg

スープはかなり濃厚。とんこつ魚介。だいぶ以前に訪れているが、すぐに思い起こす期待通りのこってり。
DSC00009_20131219225152ccc.jpg

さらに、豪快なまでの太麺。これも名前のとおり強めの弾力で歯ごたえ、噛みごたえ満点。つるっつるってわけにはいかなくて、よく噛みながら食う。
DSC_01382.jpg

途中で魚粉投入。
DSC_01392.jpg

魚介度アップ。俺はどちらかというと、肉よりも魚介系が好き。スープじゃなくて、食事全般のことだけど。それはさておいて、これはいい感じだ。あまり入れすぎると下品になって、むせるが、このくらいの量がぎりぎりかな。
DSC_01402.jpg

最後のお楽しみは、味玉。緩めの半熟具合が好感。
DSC_01412.jpg

麺はさすがに食い応えあり。スープ割をお願いすると、ここでも濃いめと薄めの選択を迫られる。普通でいいんですけど。
すべて完食。ごちそうさま。
DSC_01442.jpg

表の派手で挑戦的な店構えと裏腹に俺みたいな愛想のないひとり客にもとても親切で、好印象な店。失礼だけど、店の外まで出て見送ってくれるとは思わなかった。やはり、こういうギャップが強い印象を与える。ということで、とても印象のよい店。この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。

【住所】  横浜中区宮川町3-63-3
【電話】  045-261-1728
【営業時間】平日 10:00〜翌3:00 土曜日 9:00〜翌3:00 日曜日 9:00〜0:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:京浜急行日ノ出町駅下車徒歩3分くらい。改札を抜け、京急ストアを越えて目の前の交差点を渡り、桜木町方面に進んだ左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンターテーブル15席 テーブル4席
【メニュー】剛つけ麺大盛750円 剛つけ麺味玉大盛850円
      剛つけ麺チャーシュー大盛1,000円
      剛つけ麺並盛750円 剛つけ麺味玉並盛850円
      剛つけ麺チャーシュー並盛1,000円 うま盛100円
      剛つけ担々麺一辛大盛850円 剛つけ担々麺二辛大盛860円
      剛つけ担々麺三辛大盛870円
      剛つけ担々麺一辛並盛850円 剛つけ担々麺二辛並盛860円
      剛つけ担々麺三辛並盛870円
      得 日の出のせ250円
      真つけ麺大盛750円 真つけ麺大味玉850円
      真つけ麺チャーシュー大盛1,000円
      真つけ麺並盛750円 真つけ麺並味玉850円
      真つけ麺チャーシュー並盛1,000円
      味噌らーめん並盛750円 味噌らーめん味玉並盛850円
      味噌らーめんチャーシュー並盛1,000円
      味噌らーめん大盛850円 味噌らーめん味玉大盛950円
      味噌らーめんチャーシュー大盛1,100円
     魚介醤油らーめん並盛650円 魚介醤油らーめん味玉並盛750円
      魚介醤油らーめんチャーシュー並盛900円
      魚介醤油らーめん大盛750円 魚介醤油らーめん味玉大盛850円
      魚介醤油らーめんチャーシュー大盛1,000円
      ガッツ麺DX大盛780円 ガッツ麺DX並盛780円
      横浜醤油ラーメン700円 横浜醤油ラーメン大800円
      ◇トッピング
      生玉子100円 チャーマヨ150円 辛々100円
      輪ねぎ150円 ほうれんそう100円 キャベもや150円 
      特製のせ250円 ゴロチャー150円 青ねぎ100円 味玉100円
      のり100円 白髪ネギ150円 メンマ150円 チャーシュー250円
      小ライス100円 ライス150円 
      キャベ・もや・れん草各80円      
【店舗web】http://www.hinoderamen.com/access/#A01


theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-12-15

センター南 ウミガメ食堂

平成25年12月15日(日) 12:10訪問。
タケノコワンタン麺950円を食す。

センター南駅から近くの店。休日なので、仕事ではなく私用。近くまで行く所用があって、あらかじめ途中下車して駅近くのこの店に行くことに決めていた。駅から近くなのだが、ちょっと迷ってしまった。店は階段を降りたところ。半地下っていうかんじだ。
DSC05126.jpg

正午を少し過ぎているが、ランチタイムで客は半分くらい入っている。それでも客足は途切れず、活気がある。店員はとてもきびきしていて、気持ちいい。メニューもあらかじめ決めていたので、迷わなかった。わけでもない。サンマー麺の惹句「ダウンよりサンマー麺」にも心惹かれた。しかし、初心忘れべからず。口頭で発注から約5分で到着。熱々だ。
DSC05131.jpg

小さく刻まれたネギがスープ一杯に散らされた上品な外見。スープは、ちょっと酸味がある独特のうま味がいい。ひとくちで、これはいける、という印象。不純物がない感じで、外見どおり上品な味わい。
DSC05134.jpg

麺は細ストレート。やや意表をつく感もあるが、上品なスープによく合う。
DSC05137.jpg

そして、タケノコことメンマ。大袈裟でなく、普通のメンマの10倍くらいの太さ。歯ごたえも豪快にいい。味付けもちょうどいい。未食店ながら奇珍楼ゆずりのこの巨大メンマ。うまい。これがごろごろ入っている。これは、うまい。歯ごたえ、濃いめの味付けもいい。
DSC05138.jpg

ワンタンは6個。皮で食わせるより、しっかりと中身で食わせるタイプ。ちゅるるといった感じではなく、ちゅるって感じだ。
DSC05140.jpg

アップで。
DSC05144.jpg

いやあ、うまかった。ボリュームもかなりあって、スープは少し残してしまった。
DSC05145.jpg

食い終わるタイミングを見はからって、プーアール茶のサービス。味もサービスも満点のよい印象だった。
DSC05147.jpg

店名もさることながら、店舗造りやデザインもやたらと原色を使う中華料理店とは一線を画す洒脱さで、カフェー的な洗練された雰囲気も魅力だ。でも、厨房からは鍋を振る音が聞こえ、やはりここは中華料理店であることをしっかりと認識させてくれる。バランスのよさが光る店。
DSC05146.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横浜市都筑区茅ヶ崎中央24-12 ライオンズプラザ1F
【電話】  045-508-9204
【営業時間】11:00~22:30
【定休日】 水曜日 
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄センター南駅から徒歩5分。改札を出て1番出口を出て右方向に進み、少し先の左側にある階段を降り、左方向に進んだ左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター+テーブル34席

【メニュー】あんかけ麺
      サンマー麺800円 肉ソバ980円 肉ワンタン1,100円
      肉ワンタン麺1,200円 鶏ソバ980円 鶏ワンタン1,100円
      鶏ワンタン麺1,200円 海老ソバ980円 海老ワンタン1,100円
      海老ワンタン麺1,200円
      自家製麺
      ラーメン700円 ワンタン麺850円 ワンタン800円
      チャーシュー麺950円 チャーシューワンタン麺1,100円
      タケノコソバ800円 タケノコワンタン麺950円
      長葱ソバ980円 海鮮塩麺1,100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-12-08

北久里浜 壱玄家

平成25年12月8日(日) 12:11訪問。
ラーメン並650円+煮玉子100円を食す。

つい最近オープンした店。今週のことらしい。横濱家系ラーメンの店。横濱家系の定義は今ひとつよくわからないが、おそらく豚骨醤油?またか、という感じだが、横須賀では、もはやこうしたタイプのラーメンが王道。横須賀ではまだ新鮮感があるとの読みからか、横濱家系の看板を掲げる。
IMG_0613.jpg

店には、開店祝いの花がたくさん並んでいた。
DSC05113.jpg

液晶パネルの食券自販機。無難にラーメンを選択すると、次の液晶パネルでは、麺の硬さ、味の濃さ、油の量がタッチで選べるしくみ。ついでにトッピングも選べる。初めてなので、すべてふつうで。ところで、開店当初だから親切心からだろうと思われるが、食券を買うときからずっと横でバイト女性店員が購買動作を見守っている。見られていると、どうにも気まずい。気がつかないのだろうが、こういうのは大抵の客が不快に感じるものだ。
IMG_0594.jpg

昼時なので、それなりに人は入っている。カウンターに座ってようすを見る。厨房内は、若い男性店員がメインで調理。ホール係はバイトらしき女子が多い。食券は購入すると同時に渡したが、15分以上待って出てきた。
IMG_0596.jpg

玉子は最初からのっていたので、都合1.5個になった。まずは、スープ。粘度の高い、やや甘みのあるもので、気のせいか、魚介系の風味も感じる。豚骨臭はまったくなく、飲みやすくまとまっている。ところで、いよいよカメラの調子が悪くなってきた。
IMG_0599.jpg

麺は増田製麺製だろうか。少し太めの短めで、つるつるっとした食感。麺の量はあまり多くないように思える。
IMG_0605.jpg

チャーシューは、表面を炙ってあり、柔らかい。脂身が多いのがいまいち。
IMG_0607.jpg

テーブルには、おろしニンニクと豆板醤、ミルで挽く胡椒。
IMG_0608.jpg

途中から投入してみた。元がスープのコクが弱いのか、あまり印象は変わらなかった。
IMG_0610.jpg

玉子は薄めの味付けで半熟。ほうれん草は、冷凍かな。
IMG_0603.jpg

腹が減っていたのと、意外と量が少なかったようで、あっさり完食。
IMG_0612.jpg

全体の印象としては、とんこつの臭みのない、マイルドなとんこつ醤油。際だった特長こそないが、それだけ万人向けと思われる。気になったのは、開店早々なのに床がけっこう滑ること。この後、どんどん人が入ってきて、いつの間にか店内に空き待ちの列ができていた。
IMG_0615.jpg

ネットで調べてみたら、地元のまるげんフーズのFC店らしい。佐原インターで降りて、目立つラーメンの看板。横濱家系ラーメンなら、こんなラーメンだろうと想像しての入りやすさをねらってきた出店と思われる。すぐ近くに来来亭、どさん子ラーメン、少し離れて幸楽苑。なかなかの競合状況になってきた。地元の高校生ねらいと思われる、ドリンクバーは高校生以下は無料。
IMG_0614.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★。

【住所】  横須賀市佐原1-14-4
【電話】  046-876-7729
【営業時間】11:00~2:00
【定休日】  
【アクセス】車で:横浜横須賀道路佐原インター近く。久里浜方面に向かい、少し進んだ左側。
【駐車場】 店横
【席数】  カウンター13席 座敷4人×4

【メニュー】壱玄家ラーメン1,000円 ラーメン並650円 ラーメン中盛750円
      ラーメンハーフ550円 ラーメン大盛850円
      みそラーメン並730円 みそラーメン中盛830円
      みそラーメンハーフ630円 みそラーメン大盛930円
      ◇トッピング
       角煮250円 チャーシュー200円 煮玉子100円
       のり100円 キャベツ100円 ネギ100円
       ホウレン草100円 コーン100円 もやし100円 バター100円
      チャーハン並600円 チャーハン大盛700円
      チャーハン半350円 
      お子様ラーメン480円 お子様チャーハン480円 
      ライス小100円 ライス中150円 ライス大200円
      ドリンクバー100円 高校生以下は無料です!

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-12-06

戸塚 ラー麺つくも

平成25年12月6日(金) 12:24訪問。
ラーメン+半チャーハンセット800円を食す。

今日は戸塚で昼食。場所は駅から近くで松壱家のすぐ向かい側。セットメニューが豊富だ。何にしようかな。
DSC05094.jpg

店に入って、これにした。ラーメン+半チャーハン。いかにも昔ながらという造りだが、厨房内の店員は、店名の入ったTシャツだったりるところが今どき。しかし、昼時でも禁煙でないのは、時勢に合わず残念。入口近くのテーブル席に陣取った婆が喫煙していて、入った途端、不快。なるべく離れたカウンター席に腰をおろした。
DSC05095.jpg

セットのラーメンはしょうゆラーメンのみです。まずは、ラーメン登場。見た目はとてもオーソドックス。
DSC05098.jpg

スープは鶏ガラや豚骨らしい出汁を感じる。醤油のバランスもよく、尖りすぎずまろやか。
DSC05102.jpg

厨房ではチャーハンを炒めていたが、まもなく到着。半チャーハンといっても、かなり量はある。
DSC05103.jpg

また、ラーメンに戻る。細めのほぼストレートな麺は、啜り感がいい。つるつると、どんどん入っていく。
DSC05107.jpg

チャーシューは見た目よりしっかりと味付けされていて、厚みもあり柔らかい。メンマとのりもいい感じだ。
DSC05109.jpg

久しぶりにチャーハン食ったけど、ぱらぱら具合もちょうどよく、うまかった。
DSC05110_20131207225827269.jpg

ラーメンとチャーハンのセットって凡庸そうだけど、よく合うな。チャーハンのスープ代わりにもなるし。このラーメンも格別な印象はないけど、後味がわるくないのがいい。分量も俺にはちょうどよかった。たまには、こういうランチもいいな。
DSC05111.jpg

よく見ると、看板のもの字が箸になっていた。ふーん。面白い。向かいの店とはまったく違う空間で、せわしないこともなく、落ち着ける雰囲気。ちょっと幸せなランチだった。
DSC05112.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★。

【住所】  横浜市戸塚区戸塚町104
【電話】  045-861-7020
【営業時間】[平日]11:30~15:30 17:30~21:45
      [土日祝]11:30~15:30 17:30~20:45
【定休日】 月曜および第1、第3日曜日 
【アクセス】電車で:JR戸塚駅西口から徒歩4分くらい。戸塚区総合庁舎方面に向かい、タクシー乗り場に降りる。百間洞の並び。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター8席 テーブル4人×3 2人×1

【メニュー】醤油ラーメン500円 半ラーメン380円 ワンタン550円
      半ワンタン400円 塩ラーメン600円 みそラーメン600円
      もやしラーメン600円 ワンタンメン750円 サンマーメン700円
      タンメン700円 みそタンメン800円 チャーシューメン800円
      みそチャーシューメン850円 チャーシューワンタンメン1,050円
      ねぎラーメン750円 ねぎみそラーメン850円 ねぎチャーシューメン1,050円
      椎茸あんかけラーメン700円 青菜ラーメン750円 ニラタマラーメン750円
      キムチラーメン700円 油そば650円 担々麺800円
      ソース焼きそば780円 塩焼きそば780円 あんかけ焼きそば800円
      麺類大盛り100円増 麺半分50円引き

      チャーハン650円 半チャーハン470円
      カレーチャーハン750円 キムチチャーハン780円
      ライス大250円 ライス中200円 ライス小150円

      ラーメン+チャーハン1,000円 ラーメン+半チャーハン800円
      チャーハン+半ラーメン900円 半ラーメン+半チャーハン700円
      ラーメン+カレーライス900円 ラーメン+半カレーライス700円
      カレーライス+半ラーメン750円 半ラーメン+半カレーライス650円 

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター