--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-07-28

北久里浜 麺屋こうじ

冷し黒胡麻坦々麺850円
DSC03923.jpg


麺屋こうじの7月下旬の期間限定メニュー。本来は、冷やし中華的な、冷やしそばが8月まで続くはずの予定が、7月29日まで限定でメニュー変更。そんな予感がして、来てみてよかった。俺は、限定メニューは、後半の方がいいと思っている。味が落ち着く、といったような理由ではなく、おそらく俺以外にも限定好きがいるはずなので、ある程度日数が経つと、そうした人たちが少なくなり、売り切れのリスクが少なくなると思われるからだ。今日は、12時20分に到着。満席で、店内で3名の家族客が待ち状態。
DSC03933.jpg


今日は、いつもの女性店員がホールで采配を振るっているので、混乱はない。と思ったが。テーブル席が空き、先客3名が案内された。こうした場合、女性店員の案内を待って席に着くのが常識だが、俺の後のいい年をして非常識な男女が、カウンターでもいいっか、などと言いながら案内を待たずに、俺を抜かしてカウンター席についたので、また満席状態になった。少しして、順番を抜かしたことに気付いた店員のおばちゃんが申し訳なさそうに謝るので、いいですよ、って言ったけど、こうした些細なことが意外とイライラするということを身をもって感じた。

その後、順番が回ってきたときに食券を渡すと、おばちゃんが、「中盛りですね」って決めつけがちに確認するのに、ええ、って答えてしまった。それでも、憎めない優しさがあふれているので、オッケーです。


さて、店内の話からラーメンに話を戻す。カウンター席について、しばらくして登場。今回も具だくさん。黒胡麻坦々麺は、黒胡麻の甘酸っぱさのある辛味はさほど強くないタレが中央にかかっている。具材がここまで豊富だと、すべてぐちゃぐちゃに混ぜて食うのは、野暮ってものだろう。パートごとにゴマだれとの相性を楽しむのがよさそうだ。



では、麺にのる具材の数々。まずは、チンゲンサイ。適度な硬めの茹で具合。
DSC03924.jpg



春雨にトマトがのる。
DSC03926.jpg



ピントが合っていないが、向こう側には、もやしとキュウリのナムル。
DSC03927.jpg



ザーサイと大根は異質な味わいで、全体からみると、あえてバランスを崩すふるまい。単調でないところもよい。
DSC03931.jpg


さて、麺はというと、細めのストレート。このラーメンは、麺の上からかけられたつけダレとの麺との絡み具合で、味の濃淡があるが、麺のみでもしっかりと力強いうまさがある。
DSC03929.jpg


肉味噌は、タレとよくあって食欲を増させる。自家製というラー油が辛すぎず、ナッツの風味ともあって、さすがのバランス感だ。
DSC03932.jpg


中盛りでも、ぺろりと平らげた。今回の限定も価格の上回る具だくさんで、暑い夏の健康にもよさそうだ。後からどんどん客が入ってくるので、食い終えたら、すばやく退散。ごちそうさまでした。
DSC03934.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。


【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 火曜日、第3水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。      
【駐車場】 隣地に3台分
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2

【メニュー】讃岐風塩ラーメン630円 醤油ラーメン650円 チャーシュー麺880円 特製ラーメン800円
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン750円
      野菜タンメン740円 鶏塩ラーメン730円 麺中盛無料 麺大盛50円 麺特盛100円
      つけめん650円 坦々つけ麺800円 味噌辛つけめん750円  
      ◇トッピング
      半熟玉子90円 ねぎ120円 チャーシュー250円 メンマ100円 
      ワンタン220円 のり100円 江戸菜100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-07-26

戸塚 松壱家戸塚店 

醤油味玉ラーメン850円
DSC03905_20130728182409.jpg

戸塚で食事。昼休みを大きくはずして、17時少し前の訪問。空いていると思ったが、意外に客が入っている。先客は5名。食券自販機で基本のラーメンに。醤油のほか、塩や味噌などもある。味玉をプラスしようと思ったが、味玉ラーメンというメニューもあった。それにしても、850円って、高くないだろうか。基本のラーメンが750円という強気の価格設定だ。

やたらと元気な女性店員が、食券を買うそばから、餃子がおすすめです、というような声をかけられる。この女性店員独自のパフォーマンスかとも思われるが、そうでなければよく教育されている、ともとれる。食券を買っているうちに、水がカウンター席に置かれて、案内された。こうした店では、水はセルフサービスが多いので、めずらしい。好みはすべて普通で。カウンターに置かれた調味料は、残念ながらおろしショウガはないようだ。
DSC03904_20130728182332.jpg

厨房は、男性店員が1人で調理。タイマーをセットしてさっそく麺茹で開始。さほど、待たずにカウンター越しではなく、直接もってきてくれた。レンゲは赤いプラスチック製。少し、水滴がついている。
DSC03906_20130728182410.jpg

その下にあるのに替えたら、先端にネギが付着。うまくすすぎ落とせなかったようだ。
DSC03907.jpg

さらに替えて、今度はOK。
DSC03908.jpg

スープは、豚骨が前面に出ており、少し甘みを強めに感じる。特に癖もなくうま味が出ている。
DSC03910.jpg

麺は、家系の中太頼よりやや細めのほぼストレート。
DSC03912.jpg

家系を名乗るが、メンマがのっている。と思ったら、新家系だった。あってもなくてもよい感じ。
DSC03913.jpg

チャーシューは柔らかいのはいいが、最初からくずれているのが残念。ちなみにうずら玉子ものっている。
DSC03914.jpg

まだ、あまり食い進まないが、ここまできて、白ごまとブラックペッパーを投入。
DSC03915.jpg

味玉はグッドな半熟具合。うまい。
DSC03917.jpg

全体的に、豚骨のうま味をいかしてバランスよく、まろやか傾向にまとめられている。想像を超えた強い個性はないけど、期待以下にはならないレベル。わざわざじゃないけど、地元にあったらうれしいね、という一店と思える。

なんだかなんだ言って、スープまで飲み干して完食。これで、価格があと100円安けりゃ、もっといいのだが。
DSC03918.jpg

中途半端な時間にもかかわらず、どんどん客が入ってくる。戸塚の人気店のようだ。俺は考えた。もしかしたら、家系とくくられる豚骨醤油系のラーメンに比べ、値段が高めなのが、実は人気の秘訣なのかも。何てことはないかな。
DSC03921.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★☆。


【住所】  横浜市戸塚区戸塚町56 内田ビル1F
【電話】  045-864-4159
【営業時間】10:00~3:00
【定休日】 火曜 
【アクセス】電車で:JR戸塚駅西口から徒歩4分くらい。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席 テーブル4人×1

【メニュー】豚骨醤油
      特松醤油 並1,000円 特松醤油 大1,100円
      ネギラーメン 並900円 ネギラーメン 大1,000円
      味玉ラーメン 並850円 味玉ラーメン 大950円
      醤油ラーメン 並750円 醤油ラーメン 大850円
      塩豚骨
      特松塩 並1,000円 特松塩 大1,100円
      ネギラーメン 並900円 ネギラーメン 大1,000円      
      味玉ラーメン 並850円 味玉ラーメン 大950円
      塩ラーメン 並750円 塩ラーメン 大850円
      味噌豚骨
      特松味噌 並1,050円 特松味噌 大1,150円
      ネギラーメン 並950円 ネギラーメン 大1,050円      
      味玉ラーメン 並900円 味玉ラーメン 大1,000円
      味噌ラーメン 並800円 味噌ラーメン 大900円
      ◇トッピング
       のり増し100円 うずら増し100円 特製トッピング250円
       チャーシュー増し200円 ネギ増し150円 味玉100円
       ホウレンソウ増し100円 きゃべもや100円
【店web】http://www.matsuichiya.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-07-21

辻堂 らーめん能登山つけ麺館

濃厚石焼つけ麺中790円+ダシ注射式玉子濃味130円
IMG_0451.jpg


今日も無化調の店。能登山の別館で、つけ麺がメインの店だ。スープに豚骨・鶏ガラ・動物脂を使わないけども濃厚スープだそうだ。店内にこんな貼り紙が。
IMG_0448.jpg


本場デンマーク豚の腕肉を醤油だけで炊きあげ、熱いうちに挽き肉にしてスープに溶かしたポタージュのようなスープだそうだ。デンマークが豚の本場だとは知らなかった。油脂分がとても少なくて高タンパクでヘルシーだそうである。それにしても、賑やかな店内だ。前後するが、店を入ると、元気な声で出迎えられる。さらに、食券自販機で食券を買おうとすると、「おすすめはつけ麺です」みたいな掛け声がとんでくる。元来が正直な性格なので、それじゃ、ってんで、つけ麺に。よく見ると並も中も同じ値段なので、大きいことはいいことだとばかり、中盛りにした。さらに名物のダシ注射式玉子も購入。濃味130円、薄味110円、ラー油味140円って、この値段の差はなぜかを尋ねたくなるような価格設定だ。玉子が違うのか。注射される中身が違うにしては、価格差がありすぎのような気がするのは、素人の勘ぐりだろうか。


ちなみに、食券を買うと出てくるのは、食券ならぬ食札。銭湯の靴入れみたいな大きさの木の札が出てくる。これなら失すことはない。厨房内では、シフトの時間などの業務上会話を客にも聞こえるように打ち合わせながら、調理している。この店のスタイルなのかな。日曜日の14時過ぎで、先客は2名。しばらくして登場。まずは、つけ汁登場。まったく前知識がなかったので、石鍋で、ぐつぐつ状態に驚いた。
IMG_0449.jpg



沸騰している。麺を入れると冷めるのは当たり前だが、ここまでぐつぐつと煮込まれるのもめずらしい。
IMG_0452.jpg



麺も登場。やや太めで、固く水でしめられた印象。熱々のつけ汁に入れると、たちまち反応して沸騰!、ということはないが、かなり熱々。麺だけの印象も悪くない。
IMG_0450.jpg



玉子以外の具材はすべてつけ汁に入っているのだが、そもそも具材は多くない。つけ汁は、確かにミンチ状になった肉のうま味とコクを感じる。よくある魚介豚骨とは違うコクだ。ストレートな麺は少し硬めで、硬派な印象。つけ汁との相性もいいと思う。
IMG_0457.jpg



つけ汁に入っている具材のチャーシューは柔らかい。
IMG_0453.jpg



反対側は炙った焦げ跡があり、香ばしい。
IMG_0454.jpg


別注の玉子は、出される前に目の前で注射器を使って、だし汁を注入していた。できれば、ひとくちで食べてください、とのアドバイスをもらった。
IMG_0455.jpg



注射した跡が残る。ひとくちで食べると、口の中にだし汁が広がるが、これって味付け玉子には違いないが、少なくとも煮玉子ではないかも。たいそうな口上だが、ゆで玉子に後から味付けを直接注射器でするって、本当に手間暇がかかっているのかな、とも思う。
IMG_0456.jpg




麺を完食して、スープ割りをもらった。一旦、石鍋を回収して、スープを注ぐだけでなく、再度味を調整していた。これは、そこそこあっさり目でいい感じ。
IMG_0460.jpg



スープには、挽き肉がたっぷり。
IMG_0463.jpg




麺もスープも完食して終了。
IMG_0465.jpg




昼時間を過ぎていたが、ぽつぽつと客が入ってくる。それにしても、業務上だと思うが、店員どうしの会話が多くて、やや気になる。もおちっと、小声でお願いしやす。
IMG_0468.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★☆。


【住所】  藤沢市辻堂元町4-5421-2
【電話】  0466-37-3751
【営業時間】10:30~21:30
【定休日】 火曜 
【アクセス】車で:国道134号線を平塚方面へ下り、浜見山交番前交差点を右折。しばらく進んで、浜見山交差点
         を右折して、少し進んだ左側。
【駐車場】 8台
【席数】  カウンター9席 テーブル5人×3 4人×1

【メニュー】濃厚石焼つけ麺 並790円 濃厚石焼つけ麺 中790円
      濃厚石焼チーズつけ麺 並890円 濃厚石焼チーズつけ麺 中790円
      濃厚5種のチーズらーめん850円
      博多風醤油らーめん750円
      夏季限定 冷やし中華 つけ麺風 並590円
      夏季限定 冷やし中華 つけ麺風 中590円
      麺増し100円 ミニらーめん390円
      ◇トッピング
       能登山名物ダシ注射式玉子 濃味130円 薄味110円 ラー油味140円
      焼ギョウザ 5個290円 7個390円
      毎週金土日 焼ギョウザ7個を10個に増量サービス
【店web】http://shounan.omise.me/ramen/notoyama/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-07-20

伊勢佐木長者町 手打ち 白河中華そば 弘流

中華そば650円+煮たまご100円
DSC_0050.jpg


土曜日の夕暮れに寄ってみた。本当は豚骨番長という店に行く予定だったのだが、店に人はいるのだが、臨時休業の貼り紙が貼ってあった。依然として空調機の具合でも悪いのだろうか。しかたなく、他の店に行くことにした。どうせなら未食の店がよい、とこの店にしてみた。18時過ぎの中途半端な時間なので、先客は1名。今日も暑い。先日に引き続き、この店も無化調スープ。さらに手打ち麺。おすすめのワンタンメンとも迷ったが、やはり基本の中華そばにしてみた。奥にある厨房で、男性店員がさっそく調理開始。時間的に仕込みをしながらの調理のようだ。空いているので、ほどなく運んできたくれた。ドンブリが小さめに感じるくらい、ドンブリの縁まで一杯だった。



スープはコクがあって、奥行きがあり、うまみが口の中に広がる。醤油味が効いていて、とてもいい。
DSC_0058.jpg



大きなメンマは少し硬めで、歯ごたえがいい。
1374312231696.jpg


そして、なんといっても手打ち麺。ときどき太さの違う麺が入っていたりするのがいい。この縮れ麺とスープの相性はとてもいい。
DSC_0063_20130721164044.jpg



チャーシューは薄めだが、縁がピンクで味付け、歯ごたえともグッド。
1374312304780.jpg



追加した味玉は、最初から半分に切ってあるので、スープに最初から沈んでしまっていた。やや、硬めで味付けは薄めだ。
1374312266809.jpg




その他、ホウレン草、海苔もよかった。なかなかうまい一杯だった。スープまで飲み干して完食。
DSC_0065.jpg



ボリュームも値段の割に多く、満足のいく一杯。ごちそうさまでした。ひとりだけの男性店員はスープを調整しているのか、作業に余念がない。でも、帰るのを察すると、気持ちのよいあいさつがあった。
すぐそばにまだ未食の店が数軒あるので、また来てみようと思う。
DSC_0068.jpg
つけそばも気になる。この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。


【住所】  横浜市中区伊勢佐木町4-109
【電話】  045-243-2555
【営業時間】月~木11:00~15:00 17:00~3:00
      金・土11:00~15:00 17:00~5:00
      日・祝11:00~15:00 17:00~20:00
【定休日】 無休 
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄伊勢佐木長者町から徒歩5分くらい。出口6Aから地上に出て、左方向へ。長者町五丁目交差点を過ぎ、少し先を左折して、伊勢佐木モールへ。両側に店舗が並んだ店舗を進んだ左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター7席 テーブル4人×3

【メニュー】中華そば普盛650円 中華そば普わんたん麺850円
      中華そば普チャーシュー麺950円
      中華そば煮玉子入り麺750円
      中華そば中盛1.5玉800円 中華そば中わんたん麺1,000円
      中華そば中チャーシュー麺1,100円
      中華そば中煮玉子麺900円
      中華そば大盛2玉950円 中華そば大わんたん麺1,150円
      中華そば大チャーシュー麺1,250円
      中華そば大煮玉子麺1,050円
      中華そば普全部1,150円 中華そば中全部1,300円
      中華そば大全部1,450円
      つけそば普盛750円 つけそば普弘流1,000円
      つけそば大盛950円 つけそば大弘流1,200円
      ◇トッピング
       チャーシュー300円 ワンタン200円 煮玉子100円
       のり100円 メンマ100円
      ライス100円 大ライス200円

【Web】http://www.kouryuu.co.jp/index.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-07-18

戸部 らーめん春友流

味玉らーめん800円
IMG_0436.jpg


ネットで評判のよい店。6月にオープンだが、ようやく初訪問。今日は半年に1度の病院の日。特に問題なし。朝、雨がぱらぱらと降ったのがうそのように、快晴。今日も猛暑になりそう。京浜急行戸部駅を降りて、桜木町方面にずっと進んだところ。今日は、昨日に比べて日差しが一段と強い。正午前に到着したが、先客は1名。入口からちょっとわかりづらい位置にある食券自販機でひときわ大きなボタンの次に大きなボタンの味玉らーめんにした。奥まったところにある厨房内に店主と思われる男性店員がひとりで調理。女性店員がホール係。カウンターはU字型なので、テーブル席に客がつかない限り、カウンターを出ずに配膳できて、便利そうだ。



食券を女性店員に渡すと、ランチタイムで、半ライスがサービスということなので、ここは素直に、それではお願いします。最初に半ライスが登場。すぐにラーメンがやってきた。
IMG_0437.jpg



店内は臭わないが、ドンブリからは微かにとんこつ臭が漂う。悪くない。ドンブリは口が広く、底が深いタイプ。スープは、確かに無化調と思われる純粋な感じ。ただ、もう少し奥行きやうま味がほしいと俺は感じた。これはこれで、うまいけど、秀逸とまでは思わなかった。
IMG_0438.jpg



そして、この麺は俺にはよくわからなかった。これも好みの問題だと思うのだが、短いのだ。短くて、啜っているという満足感が得られない。
IMG_0439.jpg



そして、カイワレとメンマ。合っていないとは思わないけど、別にカイワレでなくてもいいのでは。
IMG_0440.jpg



チャーシューはそこそこ柔らかく、味付けもなかなか。
IMG_0441.jpg



玉子はやや硬めの半熟で、味付けは普通にうまい。
IMG_0442.jpg



途中からライスをドンブリに入れて、レンゲで掬いながら食ったら、今度は麺も少し食いやすかった。
IMG_0443.jpg



昼が近くなって、ぽつぽつと客が入り出した。基本的にメニューは1種類の潔い店。しかしながら、俺にはちょっとぼやけて、ピンとこない感じだった。
店内は清潔感があり、雰囲気も落ち着いている。店員の対応も悪くなかった。
IMG_0444.jpg
メニューがあまりないので、この店のまた来たい(期待)度は、★☆。


【住所】   横浜市西区戸部本町38-7
【電話】   045-534-6550
【営業時間】 11:00~15:00 17:00~23:00
【定休日】 日曜日 
【アクセス】 電車で:京浜急行戸部駅から徒歩3分くらい。改札を出たら、国道1号線を右方向、五反田・川崎方向に進む。そのまま直進した右側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席 テーブル4席×2
【メニュー】らーめん700円 味玉らーめん800円 ねぎわれらーめん800円
      チャーシューメン900円
      大盛(1.5玉)100円 特盛(2玉)200円
      ◇トッピング
       味玉100円 メンマ100円
      小ライス100円 ライス200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-07-17

横浜 麺場浜虎

初夏の冷やしあさり醤そば850円
1374047005516.jpg


この前、寄ったときは、時間がなくて入らなかったのだけど、今日は時間をはずしてやってきた。16時半すぎ。さすがに客は少なくて、先客4名。今日はいくらか暑さもやわらいでいるが、せっかくなので、ここは限定メニューの冷やしに。しかし、限定メニューが2種類に増えていた。今回食ったのとは別メニューが「真夏のチリポタ冷しそば」。これは、次回以降の楽しみにしたいと思う。



冷やしたドンブリによく冷えた麺と具材。大盛りも無料だが、普通盛りで。縁に盛られたクリームチーズは溶かしてお召し上がり下さい、とのアドバイス。味の変化が楽しい。たくさんの味が混じるが、だんだん違和感がなくなってくる。
1374047176317.jpg



チャッチャと盛り付けていたのが、出てきたらきれいに仕上がっている。揚げネギがポイント。
1374047016112.jpg


ひととおり観察して、食い始めたら、チャーシューのせるのを忘れちゃったそうで、しばらくして別皿で登場。
1374047046151.jpg



グレープフルーツにラデッィシュ。まず普通のラーメンにない意外な具材。これも楽しい。でも、食うタイミングがむずかしい。
1374047234037.jpg



スープは、やや塩味が濃いが、これはこの冷やしにあわせた味付けのようだ。ニンニクの味も背景にあるが、冷やしなのに、単調でないコクがとてもよい。ラーメンの名前どおり、あさりも入っている。
1374047425637.jpg



きれいに日焼けした味玉は、中までいい具合にとろけていた。
1374047511602.jpg



冷たくても、うまいスープは完食。
1374047562259.jpg


そういえば、この不整形の器もよく冷えていた。
1374047570748.jpg



いろいろと考えられている一杯。今日は、最近では涼しい日だったのが、もっと暑い日にもいけそうだ。残念だったのは、ラーメンではなく店員。バイトらしき若い女性店員が、調理をしている男性店員にやたらとちょっかいを出していて、若いので気持ちは分からないのではないが、仕事中にずっと客に尻を向けて、話しかけてる姿は、カウンターに座っている俺には、好ましく映らなかった。厨房が丸見えなのだから、作業している姿を客に見せることも当然、計算に入っているであろう。ユニフォームはラフでも、仕事はクールにビシッときめてもらいたい。客の少ない時間をどう使うかが、大切だと思う。
DSC_0049.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。



【住所】   横浜市神奈川区鶴屋町2-12-1 鶴屋町第二ビル1F
【電話】   045-311-3336
【営業時間】 11:00~0:00
【定休日】 無休 
【アクセス】電車で:JR・東急東横線・みなとみらい線・京浜急行線横浜駅きた西口徒歩5分。きた西口を出たら、まっすぐ進み、右折して短い橋を渡ったらすぐに右折し、路地に入る。四叉路の太い道へやや左折気味に進んだ左側。手前左側にソープランドがある。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター20席 テーブル4席×2
【メニュー】醤そば680円 黒豆納豆そば780円 活力醤そば780円
      塩鶏そば830円 コク塩鶏そば830円 塩ねぎ鶏そば930円 
      つけそば700円
      ◇トッピング
       半熟味付け玉子100円 柔蒸豚叉焼150円
      白めし(小丼)100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-07-15

追浜 らあめん花月嵐 追浜店

嵐げんこつらあめん塩620円
IMG_0420.jpg


横須賀のラーメン店で未食の店を初訪問。FC店であまり魅力は感じないが、やはり横須賀市内のラーメン店は押さえておかないと、と思い、あえて訪問。祝日の13時過ぎだが、家族連れなどで賑わっていた。


しかし、年端もいかない子どももおり、騒々しくて落ち着いてラーメンを食う雰囲気ではなかった。といっても、おそらく俺の方が、異端であり、こうしたファミリー客がねらいなんだろうとも思う。さて、店内に入ると、食券自販機で食券を買うよう店員に促される。メニューが多くて迷うのだが、これは、初めて足を踏み入れる俺の問題だ。本来なら、嵐げんこつらあめんという看板メニューを選択すべきなのだろうが、仮にどの店でもほぼ同じ味だとしたら、もったいない気もして、あえて未食の塩を選択した。


カウンター席に勝手に腰をおろすと、タイミングが悪かったようで、店主らしき男性店員が調理をしつつ店員をコントロールしているが、○番さん(俺のカウンター席の番号)にお冷や、と2回ほどいわれて、ようやく水の入ったコップがやってきた。調理より客さばきに多くの時間がかかっている。そのことは店主もわかっているよう。
約5分ほどでラーメンが運ばれてきた。ドンブリにはていねいに受け皿がついている。
IMG_0423.jpg


白濁したスープは背脂がめだつ。化調を感じる不自然なうま味が前面に出ている。こういうのは、苦手だ。無理にコクを出そうとしているかのような、あまり品のよくない印象。
IMG_0421.jpg


麺はややのび気味。
IMG_0424.jpg



塩のうま味を意識的につくり出そうとしているようで、ちょっと人工的な印象だった。コショーを振ってみた。あまり、印象は変わらなかった。
IMG_0425_20130716233605.jpg




そして、やはり印象が悪いのはチャーシュー。
IMG_0426.jpg



小さいのはともかく、薄すぎる。薄すぎて破けてしまった。えっ~と、例えが悪い。そうですか。すみません。
IMG_0428.jpg



メンマ。
IMG_0430.jpg



のりは出てきたときから、ぐったりだったが、もう力尽きて道にたおれてしまったかのよう。
IMG_0431.jpg



スープは、残して退散。やはり、今回の敗因は塩メニューを選択したこと。この塩ラーメンは俺には好みではなかったが、うまいという人もいるだろう。たまたま俺にはあわなかったけど、店はたいそうは繁盛していた。駅からは離れているのに、駅に近いラーメン店よりむしろ賑わっているくらいだ。
IMG_0432.jpg



なんつっ亭とコラボのなんちゃツ亭というメニューも気になったが、カップ麺的なイメージがしたのでやめておいた。外の幟もなんちゃッ亭。
IMG_0433.jpg


【住所】  横須賀市追浜東町3-63
【電話】  046-887-0472
【営業時間】11:00~0:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:京浜急行追浜駅より徒歩10分くらい。改札を抜けて、16号方面に階段を下り、正面の横断歩道を渡り、、直進して追浜銀座通り商店街へ。左手に西友、右手にマクドナルドを見ながら、そのまま直進。商店街をずっと進んだ右手。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席 小上がりテーブル4席×3
【メニュー】嵐げんこつらあめん620円 嵐げんこつチャーシューメン820円 
      嵐げんこつらあめん味噌620円 嵐げんこつチャーシューメン味噌820円
      嵐げんこつらあめん塩620円 嵐げんこつチャーシューメン塩820円
      中華そば竹食堂620円
      餃子300円
      ◇トッピング
      とろ~り半熟味玉100円 シャキネギ100円 コーン100円
      のり100円 キャベツ100円 メンマ100円 スライスゆでタマゴ100円
      ワカメ100円 バター100円 ホウレン草100円 もやし100円
【ホームページ】http://www.kagetsu.co.jp/index.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-07-15

横須賀中央 田島家

支那そば塩味700円+味付玉子100円
IMG_0405.jpg


久しぶりにこの店の支那そばが食いたくなって訪問。以前に行って、支那そばに正油味と塩味があることを知ったので、今回は前回と違う、塩味にしてみた。口頭で発注すると、800円ですと、意表をついた前払い制。とはいっても、前回も体験済みなので、そういえば、そうだったと思い出し、さりげなさを装い支払をすませた。


13時少し前の訪問で、家族客で賑わっており、テーブル席は外まで満席。逆にカウンター席は空いている。すべての注文が終わっていたようで、俺のラーメンはすぐに登場。正油味と違い、海苔がつかない。



スープは、一瞬、正油と間違えた?と思うような薄い醤油色だが、これはスープの色に由来しているのだろうか。レンゲで掬うと、透き通っている。正油よりさらに、すっきりした味わい。キレもいい。
IMG_0407.jpg


麺は、正油のストレートに対して、少し縮れの細麺。
IMG_0409.jpg



具材のチャーシューは、炙ってあり、香ばしい。これも正油味とは違っているかもしれない。正油味のチャーシューは炙っていなかったような気がする。半分食ってから、写真撮ったが、適度に柔らかくて、歯ごたえもいい。
IMG_0412.jpg



それから、クコの実。これもめずらしい。1つだけのっていた。
IMG_0411.jpg


玉子は最初から半分に切ってある。やや硬めの半熟で、味付けは薄めだがうまい。
IMG_0410.jpg



このスープは、支那そば専用と思われ、奥行きもあって、なかなか品もよい。支那そばの出汁のうまさは、正油よりこの塩の方がいい感じだ。まろやかで、味わい深い一杯だった。スープは少し残した。最初は隠れているドンブリの屋号が食い進むうちに見えるしくみになっている。
IMG_0413.jpg



赤い看板に鶏白湯らーめんの字が目立つ。
IMG_0418.jpg
次、鶏白湯食ってみようかな。この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。


【住所】  横須賀市日の出町1-16 102号室
【電話】  046-827-4452
【営業時間】月~木・日11:00~22:00 金・土11:00~2:00
【定休日】 火曜日 
【アクセス】車で:国道16号線を観音崎方面へ向かう。左手に横須賀市役所、湘南病院、右手にデニーズを過ぎたら、左手。
      電車で:京浜急行横須賀中央駅より徒歩10分弱。駅改札を抜けたら、駅を背にまっすぐ行くと、国道16号にぶつかる。16号にぶつかったら、16号線を渡って反対車線へ。渡ったら右折し、観音崎方面へ直進した左手。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター8席 テーブル4人×4 外テーブル4人×2
【メニュー】醤油味
      醤油ラーメン600円 醤油味玉子ラーメン700円 メンマラーメン700円 のりラーメン800円
      ワンタン麺750円 チャーシュー麺800円 ねぎラーメン700円 ねぎチャーシュー麺900円
      激辛ラーメン650円 つけ麺750円
      塩味
      塩ラーメン700円 塩味玉子ラーメン800円 塩ワンタン麺850円 塩メンマラーメン800円
      塩ねぎラーメン800円 塩ねぎチャーシュー麺1000円
      みそ味
      みそラーメン650円 みそ味玉子ラーメン750円 みそワンタン麺800円 みそメンマラーメン750円
      みそのりラーメン850円 みそねぎラーメン750円 みそねぎチャーシュー麺950円 みそつけ麺800円
      支那そば
      正油味らーめん700円 わんたんめん850円 ちゃーしゅうめん900円
      塩味らーめん700円 わんたんめん850円 ちゃーしゅうめん900円
      ◇トッピング
      コーン・わかめ各50円 メンマ・ねぎ・味付玉子各100円 のり200円
    
      各種中盛100円 大盛200円増し
      餃子200円で麺にセット。

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-07-14

下永谷 環2家

ラーメン640円+味付け玉子80円
IMG_0392.jpg


土曜出勤。でも、明日から2連休。いや、この場合、2連休とはいわず、ただの連休だ。めずらしく、夜ラーメン。といっても、まだ日没前なので明るい。環状2号を通りかかったら、駐車場が空いていたので、吸い寄せられるように入店。俺が店に入ってから、どんどん客が入ってきて、外に行列ができていたので、グッドなタイミングだった。

久しぶりに行ったら、カウンターにドンブリを乗せるためだろうと思われるプラスチック製の皿が置かれていた。前からあったかな。
IMG_0389.jpg


俺が店に入った18時ちょい過ぎは空いていたので、お好きな席にどうぞ、といわれた。調理の様子が見える正面に座った。麺茹での担当はていねいだった。サブマネージャー的な店員が、別の店員が注いだスープの量が気に入らないのか、ドンブリを斜めにして捨てていた。こういう情景を見るのは嫌だ。入れすぎても、すでにタレは入っているのだろうから、味は変わらないのでは。客の目の前でドンブリを傾けてこぼさなくてもいのでは。それに、チャーシューやホウレン草を投げ入れるのもやめた方がいい。


出てきたラーメン。ドンブリが明らかに軽くなっていた。えっ、どんぶりまで陶器じゃなくなった。
IMG_0391.jpg



今日はすべて普通でお願いした。久しぶりの家系。うまい。だけど、前はもうちょっと濃厚だったような印象もある。
IMG_0393.jpg



少し食って、さっそくカウンター上の調味料を投入した。すりごま、青い行者ニンニク、おろしショウガ。特におろしショウガがいい。
IMG_0397.jpg


スモーク味のチャーシューも適度な硬めでうまい。
IMG_0400.jpg


さらに味玉は、やや硬めの半熟。外は茶色だが、黄身はきれいな黄色。
IMG_0402.jpg



スープは少し残して終了。
IMG_0403.jpg


無料の持ち帰りフルーツは、みかんだった。
IMG_0404_20130715111418.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★☆。



【住所】   横浜市港南区下永谷3-3-21
【電話】   045-825-3195
【営業時間】11:00~0:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】車で:環状2号線を新横浜から磯子方面に向かい、国道1号を越え、環2水田交差点の手前、左側。

【駐車場】 店横に5台+4台
【席数】  カウンター20席
【メニュー】ラーメン640円 中盛ラーメン740円 大盛ラーメン870円
      チャーシューメン740円 中盛チャーシューメン910円
      大盛チャーシューメン990円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-07-12

二宮 めん屋生竜

塩らぁ麺650円+100円
DSC_0043.jpg


二宮にある塩ラーメンの評価が高い店。店脇に駐車場が用意されている。正午を少し過ぎているが、駐車場は1台駐まっているだけ。さっそく店内に入ると、このうだるような暑さに扇風機が回っているだけ。先客は1人のみ。暑さに冷やしメニューに心が動かされるが、しかし、初志貫徹。おすすめであろう塩らぁ麺に。カウンターの中で立ち働く店主らしき男性に、口頭で発注する。



少し待って、すぐに登場。手に取ったドンブリが熱く感じる。まずは、スープ。透き通ったとてもまろやかな塩味。塩味というより、出汁をうまく表現したスープ。最初は薄味にも感じられて、かえって意識がスープに向かう。
1373598529372.jpg



ナルトと水菜の彩りがきれいだ。
1373598503019.jpg



麺は細めで少し縮れのある麺。スープによくあう。
1373598557614.jpg


チャーシューは厚みもあり、柔らかくて味付けがよい。
1373598726140.jpg



味玉は割ってみると、赤みを帯びた黄身で味付けも濃すぎず、スープの雰囲気を壊さない。
1373598915596.jpg


扇風機のすぐそばのカウンター端で食っていたが、やはり暑い。スープがうまいので、完食を志したが、汗が噴き出してきたので、スープ少し残して終了。
1373599017653.jpg


今日、ついにカメラが壊れたようだ。起動しなくなってしまった。以前もいざというときに使えないことがあって、別の日に試したら使えたので、もうしばらく様子をみようと思う。仕方なくスマートフォンで撮った。食っている間に3名の客が入ってきたが、みなこの暑さにつけ麺を食っていた。しかし、この塩らぁめん、最初より食い進むほどにうま味を増してくる。最初はちょっと薄いかな、と思ったのだが、食い進むにつれて、コクが感じられて、深みが増してくる。店主と思われる男性店員は飾り気のないていねいな対応で、気持ちよかった。
DSC_0044.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★☆。



【住所】  中郡二宮町山西214-2
【電話】  0463-825-3841
【営業時間】[月・火・木・金]11:00~15:00 17:00~22:00
      [土・日・祝]11:00~21:00
【定休日】 水曜日・第2木曜日 
【アクセス】車で:国道1号線を小田原方面に下る。二宮駅入口交差点を過ぎ、しばらく進んだ左側。
【駐車場】 7台
【席数】  カウンター12席

【メニュー】塩らぁ麺650円 塩わんたん麺850円
      台湾醤油らぁ麺700円 赤醤油らぁ麺(激辛)880円
      中華そば650円 醤油わんたん麺850円
      味噌らぁ麺750円 梅じそらぁ麺780円
      塩つけそば800円 梅じそつけそば900円
      麺大盛り100円増 
      ◇トッピング
       味玉100円 メンマ100円 ワカメ100円 海苔100円
 ネギ200円 チャーシュー250円 

【ホームページ】https://ja-jp.facebook.com/MenWuShengLong

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。