2013-05-31

戸塚 麺家浜風戸塚店

らーめん650円+味付玉子100円
DSC03668.jpg


戸塚駅に隣接したトツカーナの中にある店。同じフロアにある味の時計台と迷って、こちらにしてみた。初訪問。12時少し前で、客は5,6名といったところ。食券自販機で、基本のメニューと思われるらーめんに。カウンターがぐるっとU字型に巡り、奥が厨房。といっても奥の厨房では、麺を茹でるだけで、基本的な調理はカウンターの中にいるスタッフが行っている。店員は全部で4名。ちょっと、多すぎるのでは、と思われるが、どうであろうか。食券を置くと味や茹で加減の好みをきかれるが、普通でお願いした。すぐに、出てきた。表面に鶏油が分離している。
DSC03669.jpg



白濁したスープは、やや甘めの印象。豚骨は軽めで、さらさらではないものの、コクは弱く、味の奥行きがとぼしい。
DSC03671.jpg


麺は中太のほぼストレートなタイプ。
DSC03673.jpg


チャーシューは大きめ。
DSC03675.jpg


厚みはまあまあで、柔らかめ。
DSC03676.jpg


ねぎは、スープ全体に広がっているのではなく、盛ってある。切ってから冷蔵庫で保管していたと思われるが、やや元気のない感じ。
DSC03674.jpg



やはり途中で飽きがきてブラックペッパーをかけてみた。ちょっと印象が変わった。
DSC03677.jpg


追加した玉子は、味付けがしょっぱくて、濃すぎだ。
DSC03678.jpg


腹は減っていたが、スープは少し残して終了。食い終わった食器は自分でカウンターに上げるようにあちこちに書かれているので、指示に従って食器をあげた。
DSC03679.jpg



昼時なので、客は入ってくるが、満席にはならない。
DSC03680.jpg
平凡な印象だった。この店のまた来たい(期待)度は、☆。


【住所】  横浜市戸塚区戸塚町16-1 トツカーナモール 1F
【電話】  045-881-0298
【営業時間】(月~金)11:00~0:00 (土日祝)11:00~22:00
【定休日】 
【アクセス】電車で:JR戸塚駅西口からすぐ。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター19席

【メニュー】らーめん650円 らーめん(中)750円
      瀬戸内ねぎらーめん(並)800円 瀬戸内ねぎらーめん(中)900円
    浜風らーめん(並)750円
      つけ麺700円 やさいらーめん700円
      ごまねぎらーめん750円
      中盛は100円増
      ライス150円 半ライス100円
      ギョーザ280円
      ◇トッピング
      味付玉子100円 のり増100円 チャーシュー増200円
      生玉子50円 メンマ100円 キムチ100円
      バター100円 コーン増し100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-05-30

横浜 本丸亭横浜店

鶏三昧塩らー麺1,000円+塩煮たまご100円
DSC03646.jpg



13時過ぎの訪問。ほぼ満席。人気店だ。
すっかり前のことを忘れて、同じメニューを発注してしまった。しかし、今回は煮玉子もプラス。ランチで千円オーバー。


今日は雨が降ったり止んだりで湿度が高め。蒸し暑い、蒸し暑くても、ラーメン。この店は麺茹でが深ざるでないことが好感だ。鶏三昧のなまえどうり、鶏のうま味が堪能できる一杯。前も食ったのだが、今日もうまい。この店は鶏のうまさをよく知っている。鶏の嫌味でなくて、うま味だけを感じさせるのがとてもいい。


麺がぷりっぷり。うまい。
DSC03648.jpg


鶏三昧だから、鶏の三種のうまみをということなのだろうが、まずは鶏肉団子。鶏のいやな臭みがないのがいい。
DSC03650.jpg


そして、鶏によくあう新鮮なネギ。
DSC03652.jpg



さらに、鶏そぼろ。これもうまい。
DSC03653.jpg



鶏肉チャーシューがとてもいい。鶏の嫌味が全くない。すぐ近くにも鶏チャーシューを出す店があるのだが、比べると品がよい。
DSC03654.jpg



いつも絶妙のバランスと思える春菊は、最初にスープにひたしておくのがうまく食うコツのようだ。
DSC03655.jpg



そして、1コついてくるワンタンも上品で、うまい。
DSC03656.jpg


卓上の柚子コショウ。
DSC03657.jpg


少し入れて、スープに溶かすといいアクセント。
DSC03658.jpg


最後は、玉子。半熟具合もなかなかいい感じだ。
DSC03659.jpg



スープがうまい。飲み干して完食。ごちそうさま。
DSC03660.jpg



満席ではないが、次々と客が入ってきていた。
DSC03662.jpg
やはり、この界隈ではダントツ。この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横浜市神奈川区鶴屋町1-7-2
【電話】  
【営業時間】11:00~15:00 17:00~0:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:JR・京浜急行横浜駅きた西口から 徒歩5分くらい。鶴屋橋を渡り、郵便局を左手にみながら直進。鶴屋町2丁目交差点を右折した右側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター12席

【メニュー】本丸塩らー麺800円 赤丸塩らー麺900円
      鶏三昧塩らー麺1,000円 梅鶏塩らー麺1,000円
      海老ワンタン入り塩らー麺1,100円
      チャーシュー入り塩らー麺1,200円
      ◇トッピング
      塩煮たまご100円 バター100円 コーン100円 春菊100円
      紀州南高梅100円 のり100円
      白髪ねぎ200円 肉ワンタン200円 バターコーン200円
      鶏チャーシュー200円
      海老ワンタン300円 辛味ねぎ300円 鶏つくね300円ほ
      ◇天心
      本丸焼き餃子450円 ネギたっぷり焼き餃子バター600円
      水餃子500円 肉ワンタン皿400円 海老ワンタン皿600円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-05-28

海老名 清勝丸

つけ麺中750円+半熟玉子100円
DSC03635.jpg


久々に海老名のビナウォークにやってきた。そう暑くはないのだが、何となく気分はつけ麺。ということで、つけ麺の清勝丸を初訪問。大変、中途半端な時間なので、空いているだろうと思ったら、意外にも先客3名が全員、ラーメンが提供されるのを待っていた。ということは、俺のつけ麺は提供までに相当時間がかかるかも。

食券自販機で、小も中も同じ値段であることを確認して、中盛りにした。店内は女性店員が差配し、厨房では男性店員が調理。食券を買うと、空いているからかカウンター席ではなく、2人掛けのテーブル席に案内してくれた。麺は細麺と太麺が選べる。あえて、どちらがいいですかね?と尋ねると、太麺はうどんみたいな太い麺で、細麺でも普通のつけ麺の太さですよ、と太麺はやや否定的なニュアンスの答えだったので、細麺にした。おかげで茹で時間は多少短く済んだかもしれない。


思ったほど待たずに麺もスープも同時に到着。具材はスープに沈んでいる。さらに海苔の上に魚粉がのる。スープは濃厚だが、さらに濃い、こってりというメニューがあるため、メニュー紹介ではあっさりと書いてある。とはいえ、それなりに粘度は強そうだ。魚介系が割と効いた感じで、今どきのつけ麺というところだろうか。
DSC03636.jpg



一方、麺は確かに細麺とはいえ、普通の太さの麺だ。自家製麺で、最初はつけダレにつけずにそのまま食うのがおすすめと書いてあったが、いざ食い始めたら、そんなことすっかり忘れてしまった。
DSC03637.jpg


麺にスープがよく絡んでいい具合だ。
DSC03638.jpg


具材は、太めのメンマに角切りのチャーシュー。チャーシューは柔らかくてまあまあ。でも、量はちょっと物足りない。魚粉は少しずつ溶かさないと、一挙にざらざら感が増して、ちょっと嫌な感じだった。半分くらいまで進んだら、刻みニンニクを入れるのがおすすめだそうだが、テーブルにも置いてないし、仕事中でもあるので、そのまま食い進んで、麺は完食。
DSC03639.jpg


スープ割りはポットに入ってやってきた。少し温く感じた。
DSC03640.jpg


ゆず風味がとても違和感があって、どうもこのつけダレにはあっていないと思う。俺だけだろうか。確認するように何度も飲んだが、やはり合わないと思う。最後は残した。
DSC03642.jpg


店を出るときに、さきほどの女性店員が、お客様がお帰りです、と厨房に告げると、大きな声でありがとうございます、とあいさつされた。これは気持ちよかった。そろそろ梅雨入りかな、空は今にも泣き出しそうだった。
DSC03645.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★。




【住所】  海老名市中央1-18-16 ViNAWALK 6番館 1階
【電話】  046-235-6150
【営業時間】(月~土)11:00~2:30 (日・祝)11:00~23:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:相鉄線・小田急線・JR相模線海老名駅下車。徒歩5分くらい。海老名駅東口から駅を背に          まっすぐ進む。七重塔の先にある。
【駐車場】 多数
【席数】  カウンター5席 テーブル席4席×3 2人×2

【メニュー】つけめん(小)200g(半玉入り)750円 つけめん(中)300g750円
      つけめん(大)400g900円 つけめん(特大)500g900円
      濃厚味噌つけめん(小)200g(半玉入り)750円 濃厚味噌つけめん(中)300g750円
      濃厚味噌つけめん(大)400g900円 濃厚味噌つけめん(特大)500g900円
      こってりつけめん(小)200g(半玉入り)750円 こってりつけめん(中)300g750円
      こってりつけめん(大)400g900円円 こってりつけめん(特大)500g900円
      中華そば(並)160g750円 中華そば(大盛)220g800円
      濃厚味噌らーめん(並)160g850円 濃厚味噌らーめん(大盛)220g900円
      昔ながらの中華そば680円
      トッピング半熟玉子100円 トッピングネギ(白ネギ)100円 トッピングのり100円
      トッピングメンマ100円 トッピング焼豚3枚or角切り3切れ200円
      トッピング全部盛り450円 トッピングバター&コーン150円
      小ライス100円 ライス(中・大)200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-05-16

秦野 北海道味噌らーめん熊澤

白熊味噌らーめん750円
DSC03623.jpg


いろいろ紆余屈折があったようだが、今はこの秦野店のみ。13時過ぎに入店。先客はゼロ。味噌ラーメン専門店のようだが、醤油ラーメンもあった。食券自販機で基本かと思われる白熊並を選択した。この人が熊澤さんかと思われる男性店員と若そうな女性店員の2名体制。カウンターもあったが、空いているので、2名掛けのテーブル席に案内された。さっそく調理開始。厨房は仕切られているので、様子は見えない。



あまり待たずに到着。ドンブリの直径くらいの長いチャーシューが目をひく。スープは、コクのある奥行きのあるもので、唐辛子やゴマなどが浮いている。名前どおり白味噌の甘さと出汁の深みでうま味がたっぷりだ。
DSC03624.jpg



麺は平打ち麺ではないようだが、これはこれでうまい。
DSC03627.jpg



太くてうまい。メンマ。ちょっと少なめが残念だけど、新鮮なホウレン草。
DSC03628.jpg


最初からのっている玉子は、薄目の味付けそうだが、すっかりスープをすってしまった。
DSC03629.jpg



表面がかりっとしたチャーシューは、少し歯ごたえがある。
DSC03630.jpg



こってりのスープがなかなか後をひいて、止まらない。しかし、汗が噴き出てきて、こちらも止まらない。途中でスープは暑さに断念。少し残した。無化調がうれしい。
DSC03631.jpg


早朝からやっているみたいで、ラーメンのお得なセットがあったり、いろいろなメニューもあるみただけど、場所なのか、地域との相性なのかわからないが、いろいろメニュー展開も工夫しないと難しいのかな。だけじゃなくて、時間枠も工夫のようで、ぜひがんばってほしい。
DSC03633_20130520224348.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★☆。


【住所】   秦野市平沢1435
【電話】   0463-81-7278
【営業時間】 5:00~20:00(休憩14:30~17:30)
【定休日】  月曜日
【アクセス】 車で:国道246号線を下り、堀川入口交差点を左折し、しばらく進んだ右側。下田方面へ進んだ右側。
【駐車場】  10台
【席数】   カウンター3席 テーブル2席×2 座敷4人×2 2人×1

【メニュー】 白熊 小600円 並750円 大850円 味玉850円
       赤熊 小650円 並800円 大900円 味玉900円
       ベジ熊 小600円 並750円 大850円 味玉850円       
       ◇トッピング
        味玉子100円 メンマ100円 バター60円
        コーン60円 のり4枚100円
 チャーネギ250円 チャーネギ(辛)280円
        炙りチャーシュー(1枚)120円
        炙りチャーシュー(2枚)230円
        炙りチャーシュー(3枚)340円
       ラーメン大盛100円 
       半ライス100円 ライス150円 大ライス200円

【ホームページ】


theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-05-15

富戸 つけ麺 髄

つけ玉900円
DSC03602.jpg


伊豆出張で、昼飯を食いそこねて、15時過ぎの訪問。ランチタイムを過ぎても開いているのがうれしい。ガンガン商い中の看板が出ている。
DSC03622.jpg


ちなみに先客はゼロ。入口横の食券自販機で、全部のせと相当迷って、結局、味付玉子つきらしい、つけ玉にした。店員は男性ひとり。2人掛けのテーブル席を案内してくれた。最近のつけ麺の店によくある、麺の量を選べたりというシステムはなさそう。麺の大盛りは100円増しだ。もしかしたら、元々の麺の量が多いのか。


茹であがった麺を流水にさらしている音が聞こえて、しばらくして運んできてくれた。麺の方に具材のすべてがのる。
DSC03603.jpg


つけダレとなるスープは、温度のせいか表面は白濁。
DSC03604.jpg



麺は、極太ではなく、普通の太麺。昨今は、硬めでしっかりとしたコシのある麺が多いが、この麺は、硬すぎず、柔らかすぎず、ちょうどいい具合だ。つけダレは、豚骨ベースに魚粉を絡ませたもの。濃厚ではあるが、インパクトはさほどない。まあ、想像どおりの味わいで、インパクトは、むしろ薄いかな。
DSC03605.jpg


ここまでは、まあ許容範囲だが、具材がいまいち。まず、茹でたキャベツ。ちょっと、めずらしい。
DSC03606.jpg



そして、メンマ。ねぎ。ナルト。さらに、ワカメにもやし。これらはすべて冷たいので、スープに入れると、スープはたちまち冷める。そして、水分を多く出すので、スープは薄くなる。なぜ、こんなに不要な具材をのせるのだろうか。少なくとも、ワカメやもやしは不要と思われる。
DSC03609.jpg



テーブルに置かれた魚粉と唐辛子を少し入れたみたら、少し味が変化して、よくなった。
DSC03601.jpg



肝心の味玉は甘めの味付けで、俺の好みではなかった。ついでにチャーシューの味付けも好みではなかった。
DSC03610.jpg


スープ割りを頼むと、アルミ製の容器で登場。火傷に注意。
DSC03611.jpg



スープは、あっさりとした出汁のようで、透明感がある。そこに柚子が浮いているのだが、熱々すぎて、柚子の香りは完全に飛んでしまい、スープに入れて柚子を食えば、柚子の風味が味わえるといった程度。
DSC03612.jpg



スープ割りを入れたら、あまりよくなくなった。魚粉をさらに追加して、味を調えた。
DSC03614.jpg



すべて食い尽くして、完食。
DSC03615.jpg



魚粉に始まり、魚粉に終わったという感じ。もっと麺量が多いかと思っていたら、意外と少なく感じた。もう少し、洗練されているといいと思う。特にごちゃごちゃとした具材は不要。濃厚豚骨魚介としては、没個性で凡庸に感じた。やはり、これで900円というのは、観光地価格なのだろうか。


目立つ大きな看板。俺の経験では、あまり外観が派手すぎる店は今ひとつのことが多いので、少し警戒感があった。
DSC03620.jpg



斜向かいのリサイクルショップの置き去り感のあるゴリラ像がさらに強力な目印。
DSC03617.jpg




DSC03619.jpg
接客は悪くなかったが、あえて再訪はない。この店のまた来たい(期待)度は、☆。


【住所】   静岡県伊東市富戸1101-7
【電話】   0557-51-0021
【営業時間】 11:00~21:00
【定休日】  不定休
【アクセス】 車で:国道134号線を下田方面へ進んだ右側。
【駐車場】  10台
【席数】   カウンター4席 テーブル2席×4 4席×2 座敷4人×3

【メニュー】 つけ麺800円 つけ玉900円 つけのり900円
       つけチャーシュー1,000円 つけ全部入り1,100円
       とんこつ醤油730円 とん玉800円 とんのり800円
       とんチャーシュー950円 とん全部入り1,100円
       ◇トッピング
        半熟玉子100円 のり100円 メンマ100円
        キャベツ100円 チャーシュー250円
       麺大盛り100円 
       ライス小150円 ライス大200円
【ホームページ】http://www.biskeyhouse.com/zui/index.html 

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-05-14

鴨宮 麺や青龍

チャーシューワンタンメン1,000円+煮玉子100円
DSC03589.jpg


今年、駅近くにオープンした店。事前情報だと小田原系だそうだ。入店は13時20分を過ぎた頃。先客は誰もおらず、ランチタイムのピークが過ぎた後のようだった。カウンターに腰をおろし、ここは奮発してチャーシューワンタンに煮玉子もトッピング。小田原系度合いをはかろうという考えだ。見渡すと、店内は何となく、そば屋のような佇まい。あるいは居酒屋だったのかも。居抜きなのかもしれない。空いていたので、すぐにラーメンは到着。カウンター越しではなく、女性店員さんがていねいに運んできてくれた。家族経営かもしれない。


スープの色は、どす黒く、まさしく小田原系の色合いだ。醤油の味が前面に出て、やや尖った感じはあるが、全体として醤油ダレの風合いがもうちょっと凄みがあった方がいいかな。それから、豚骨などの出汁は弱めで、ほとんど意識にのぼらない。
DSC03590.jpg


麺は、期待どおりの独特の縮れのある、いわゆるピロピロ麺。これは、食感がいい。
DSC03592.jpg


ワンタンもギョウザっぽい具材で、ボリュームはちょうどいい。皮の食感がとてもいい。ワンタンは5つのっている。
DSC03591.jpg



そして、チャーシューは巻きバラタイプで、大きめだ。たしか5枚ほど入っていたと思う。柔らかく、崩れやすいが食いやすい。
DSC03594.jpg


あとは、やや太めで歯ごたえのいいメンマ。三つ葉は意外といいアクセントになっていた。今日は、気温が高めで暑かったので、本当はノーネクタイにしたかったのだけど、何となく惰性でネクタイ、ジャケットだった。そんなこともあって、スープはだいぶ残した。麺よりチャーシューとワンタンで腹がふくれた感じだ。
DSC03595.jpg


場所柄か駅前には、ほとんど人影がない。したがって、食っている間も客は入ってこなかった。
DSC03598.jpg
チャーシューはうまかったな。この店のまた来たい(期待)度は、★★★。


【住所】   小田原市南鴨宮3-48-21
【電話】   0465-48-39777
【営業時間】 11:00~14:30 17:00~21:30
【定休日】  月曜日
【アクセス】 電車で:JR東海道線鴨宮駅より徒歩25分。改札を出て南口に出る。階段を下りたら、左に進む。線路と平行するように走るバス通りを左に進んだ左側。
【駐車場】  店舗前に2台
【席数】   カウンター7席 テーブル4席×2 2席×1

【メニュー】 チャーシューワンタンメン1,000円 チャーシューメン900円
       ワンタンメン800円 ラーメン600円 大盛り100円
       茶わんカレー300円 カレーライス600円 ライズ200円
       ◇トッピング
        チャーシュー300円 メンマ100円 煮玉子100円
        のり50円
       焼ギョーザ300円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-05-12

二宮 柳麺 焼豚専門店 JAH 二宮

焼豚麺800円+味付玉子150円
DSC03569.jpg



以前、茅ヶ崎の柳島にあった店が、転々(秦野)として、二宮駅前に開店していたようで、初訪問。何となく懐かしい感じもする。今日は、天気もよく気温も高め。ちょうど正午頃だったが、先客ゼロ。メニューを見て、焼豚専門店というくらいだから、ここは焼豚麺でなきゃ、と迷わず発注。さらになぜか100円ではなく、150円の味付玉子もつけた。発注すると、すかさず麺は細麺と中太麺のどちらにしますか、ときかれたので、こちらもすかさず、どちらがいいですか?と間の抜けた質問をしてしまった。「お客さんのお好み次第です」みたいな答えが返ってくるかと思いきや、あっさりと細麺を勧められたので、素直に細麺にした。


まずは、カウンター越しに水が到着。何となく特別な水みたいだが、中身は普通の水道水のようだ。
DSC03567.jpg



しばらくして、カウンター越しにラーメンが到着。味は後からでも調整できるそうだ。しかし、出されたものは文句を言わず食う主義なので、そのままでオッケー。スープは見た目から濃そうな色合い。表面にはラードがたっぷりと浮かび、これでかなりこってりとした感じを演出している。しかし、意外としつこくなく、あっさり目の印象もする。
DSC03570.jpg



スープは、鰹節と鯖を醤油で煮込んで作っているそうだ。
DSC03568.jpg



細麺は縮れのあるタイプで、スープとの相性もよい。
DSC03571.jpg



チャーシューはとても柔らか。柔らかくて箸でつまむと、たちまち崩れてしまう。味付けはしっかりされているので、これだけで食ってもよさそうだ。
DSC03573.jpg


具材は、そのほかにやや疲れた水菜やワカメ、のり。のりが脂ぎって、てかてか光っていた。
DSC03574.jpg



後半になって、スープは少し単調な味わいに思えてきた。もう少しスープに奥行きがあると、なおいいかな。気になっていたブラックペッパーを入れてみた。
DSC03577.jpg



意外と大粒なタイプだった。
DSC03578.jpg



そして、しつこいけど、150円の味付玉子。最初から半分に切れ目が入っている。
DSC03575.jpg



割ってみたら、意外にも固ゆで。ちょっと興醒めな感じがした。
DSC03576.jpg



スープもほとんど残さず、ほぼ完食。食べ終わったら、どんぶりにJAHの文字が見えた。
DSC03579.jpg



店主の男性はなかなか気さくで、話好きのようだった。その後、だいぶ客が入ってきたので、調理に専念していた。ひとつ残念だったのは、カウンター、テーブルともに灰皿が置いてあること。まさかと思ったが、あとから入ってきた作業員風の3人組の1人が喫煙し始めた。小さい子ども客も近くにいたので、ちょっと、どうかと思った。
DSC03580.jpg
チャーシューはうまかったな。この店のまた来たい(期待)度は、★★★。


【住所】   中郡二宮町二宮200-3
【電話】   0463-73-8777
【営業時間】 11:00~15:00 17:00~23:00
【定休日】  月曜日
【アクセス】 電車で:JR東海道線二宮駅より徒歩1.5分。改札を出て南口に出る。駅を背にして、直進して突き           当たった国道1号線を右折してすぐの右側。
【駐車場】  なし
【席数】   カウンター7席 テーブル4席×2 2席×1

【メニュー】 ◇醤油味・塩味
        ラーメン580円 半ラーメン480円 焼豚麺800円
        大焼豚麺1,050円
        青菜ラーメン800円 青菜焼豚麺1,050円
       ◇醤油味
        油麺700円 冷しラーメン800円
        つけめん800円 ぶっこみ800円
        焼豚つけ麺1,050円 焼豚ぶっこみ1,050円
       半玉100円引き 大盛(1.5玉)100円
       得(2玉)150円 かえ玉150円

       オリジナルは細ちぢれ麺。
       プリプリの中麺もございます。
       ◇トッピング
        ネギ・もやし・のり・玉子・支那竹各100円
        ゴマ・わかめ・にんにくスライス各100円
        味付玉子150円 青菜250円
        青ねぎ100円 豚ばら肉200円
       替玉50円
       焼ギョウザ4コ280円 焼ギョウザ8コ500円
       水ギョウザ3コ180円 6コ300円
       らいす150円 半らいす100円
【ホームページ】http://www.jah134.net/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-05-10

本厚木 中華そば うづまき

味玉そば 790円
DSC03557.jpg


同じ本厚木より少し離れたところにある、麺や食堂の2号店。初訪問。平日の12時ちょい過ぎに到着。先客は4名。まずは、入口の食券自販機で食券を購入するのだが、1番ボタンで一番人気と書かれた味玉そばにした。食券を買うやいなや、後ろに控えていた女性店員がカウンター席を勧めてくれた。


食券を渡すと、すぐに調理開始。カウンター越しにすぐに出てきた。店名みたいな渦巻きチャーシューがのっている。スープは濃厚な魚介風味。魚介の味がかなりきつめに出ていて、少し塩分が強めの印象だ。中華そばとは謳うものの、あっさり加減は一向になく、濃厚一方だ。しかしながら、コクもありキレもあるので、しつこさは全くない。
DSC03558.jpg


スープも意外だったが、麺もおどろき。ぴろぴの弾力の強いコシのある麺でうまい。このスープに負けないくらいの強い個性の麺。
DSC03560.jpg



チャーシューは2枚。大ぶりで薄いが、やわらかい。
DSC03561.jpg



味付け玉子は、半熟でほどよい味付け具合。
DSC03562.jpg



うまかった。ほぼ完食。
DSC03563.jpg



ところで、この店の箸袋はナプキン兼用というユニークなもの。
DSC03559.jpg



少しずつ、客が入ってきた。食い終わっても食器はそのままでいいそうである。席を立ったら、ていねいな女性店員が扉を開けてくれ、外まで見送ってくれた。お気をつけて、と。これほどはていねいな応対は初めてだ。
DSC03564.jpg
機械があれば、ほかのメニューも食ってみたい、この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。


【住所】   厚木市旭町1-24-15
【電話】   046-280-6786
【営業時間】 (火~土)11:30~14:30 18:00~21:30 18:00~21:30
       (日)11:30~14:30
【定休日】  月曜日
【アクセス】 電車で:本厚木駅南口より徒歩2分くらい。改札を出て南口に出る。駅を背にして、最初の大きな       通りを右方向に進んだ道路左側。
【駐車場】  なし
【席数】   カウンター10席 テーブル4席×1

【メニュー】 味玉そば790円 肉そば880円 特製うづまきそば(全部のせ)980円
       ちゃーしゅーそば980円 中華そば690円
       鶏しおそば790円 かけそば590円
       ◇とっぴん具
        味玉100円 のり100円 辛ねぎ150円
        めんま100円 ちゃーしゅー2枚200円
        青ねぎ100円 豚ばら肉200円
       替玉50円
       焼ギョウザ4コ280円 焼ギョウザ8コ500円
       水ギョウザ3コ180円 6コ300円
       らいす150円 半らいす100円
【ホームページ】http://www.santacala.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-05-09

金沢文庫 えび家

えびみそとんこつラーメン(並)780円
DSC03545.jpg


たまには夜ラーメン。20時少し前だ。金沢文庫東口のすずらん通りを進んだ右手の九州男児の後を継いで3月に開店した店。経営は同じまるげんフーズらしい。入ってすぐ左側に食券自販機と自前で注ぐ冷水器が設置されている。本来なら、1番ボタンのとんこつラーメンを選ぶところだが、店名がえび家っていうくらいだから、えびのついたラーメンでしょ、と本当は看板メニューらしいえびみそとんこつにした。



先客は3名。カウンター席に座り、アルバイトらしき男性店員に食券を渡すと、お好みはありますかときかれた。こりゃ、家系なのかな。とりあえず普通で。もう一人の男性スタッフが客席からは顔しか見えない厨房で、調理していた。セントラルキッチンなのかな。


店を入ったときから、海老のにおいが漂っていたが、出てきたラーメンも海老の香りがする。スープのとんこつ味噌は、見た目にクリーミーだ。一口飲むと、予想を超える海老味。しかも、思っていたよりよくない印象で、海老の品の悪い苦みが前面に出ているように感じた。その背後にある味噌とんこつは、思っていたより甘めで、しつこい印象。
DSC03546.jpg


麺はもっちりとした太めの平たい麺で、スープをよく絡める。このスープには合っているような。
DSC03547.jpg


断面は四角。
DSC03551.jpg


この麺とスープに対し、バランスはよくないと思われるもやし。具材として合うかどうかより、コスト優先のようにも思われる。
DSC03548.jpg



表面を炙った、焦げ目のあるチャーシューが2枚。
DSC03549.jpg


しかし、残念ながら小さい。玉子と比べても遜色ない、小ささ。
DSC03550.jpg



結局、このスープは最後まで海老の味はするのだが、洗練されたうま味を感じずじまい。いつになく、スープを残した。それぞれの好みだとは思うが、俺には合わなかった。
DSC03552.jpg



看板はよく目立つ。
DSC03553.jpg


この看板にある、えびみそとんこつラーメン680円~はハーフサイズのラーメンで、並盛りは780円となるので、まちがえないよう。
DSC03555.jpg
おそらく再訪問はしない、この店のまた来たい(期待)度は、☆。


【住所】   横浜市金沢区谷津町378-1
【電話】   045-374-4845
【営業時間】 11:30~2:00
【定休日】  無休
【アクセス】 電車で:京浜急行金沢文庫駅より徒歩3分くらい。改札を出て東口に出る。すぐ右に折れ、すずらん通り商店街を進んだ右側。
【駐車場】  なし
【席数】   カウンター10席 テーブル4席×2

【メニュー】 とんこつラーメン(並)650円 とんこつラーメン(中盛)750円
       とんこつラーメン(大盛)850円 とんこつラーメン(ハーフ)550円
       みそとんこつラーメン(並)780円 みそとんこつラーメン(中盛)880円
       みそとんこつラーメン(大盛)950円 みそとんこつラーメン(ハーフ)680円
       魚介つけめん(並)750円 魚介つけめん(大盛)850円
       魚介つけめん(特盛)950円
       えびみそつけめん(並)880円 えびみそつけめん(大盛)980円
       えびみそつけめん(特盛)1,080円
       ◇トッピング
        角煮250円 チャーシュー200円 ネギ100円
        ほうれんそう100円 のり100円 煮玉子100円
        キャベツ100円 もやし100円
       餃子(6コ)380円 餃子(3コ)220円
       ライス(小)100円 ライス(中)150円 ライス(大)200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-05-09

平塚 麺や七福

七福ラーメン弐680円+味付け玉子50円
DSC03530.jpg


今日は平塚でランチ。事前に調べて、正午を少しまわった頃に到着。店の斜向かいにあるコインパーイングに入れると、あとで100円分のサービス券をくれることを知っていたので、迷わず駐車して、店内へ。先客は1名と、俺のほんの少し前に駐車した2名。とりあえずカウンター席につき、基本の店名がついた白醤油ラーメンにしてみた。この白醤油が愛知県七福醸造製ということで、店内にさりげなくその一升瓶が飾ってある。店名もおそらくそれにちなんだものかと推測される。

具材のチャーシューは壱が鶏チャーシュー、弐が豚チャーシューだ。鶏チャーシューは、俺のコンディションによってブレがあるので、豚にした。当店では、で始まるの但し書きによると、二人前ずつお作りしているそうだ。どうして一人前じゃ、ダメなんですか?という疑問もあるのだが。
DSC03529.jpg




観察していると、先客1名はすでに商品が提供され、食事中。俺の直前に入った二人連れ客のラーメンは順当に出てきた。俺の後にしばらくして、頭にタオルを巻いたおじさんが入ってきた。偶然タイミングがあったのか、昼時なので、もう一人客が入って、二人前になるのを待っていたのか、俺の分と次の客の分を麺茹で開始。この間、ちょっと時間があったような気がする。細かいことは抜きにして、調理担当の男性店員は、ひときわ声が大きい。ホール係の若い男性店員が、とてもていねいで好感がもてる。その他に調理補助の女性店員が1名。


出てきた、ラーメンが意外と具だくさん。新鮮な水菜とカイワレが真ん中にたくさんのっている。なくてもいい感じだけど、あっても邪魔ではない。
DSC03535.jpg



そして、スープは透明度が高く、塩ラーメンかと思わせるようなあっさりした風味ながら、控えめな出汁のうまみのバランスがとてもいい。確かに醤油の甘みも感じる。
DSC03532.jpg



そして、麺はカウンター正面にある製麺室で作られたらしい自家製麺。茶色がかった細いストレート麺は、歯ごたえがよく、小麦の風合いもいい。つけ麺にしてもよさそうだけど、濃厚なスープには合わないのかな。量も多めで、食べ応えもある。
DSC03533.jpg


そして、具材は穂先メンマにナルト、小さめの、のり。
DSC03536.jpg


チャーシューは軽く炙ったようで、表面は香ばしく、全体は柔らかくうまい。
DSC03537.jpg


備え付けの山椒をひいてみた。
DSC03528.jpg



スープ自体は単調さはないが、またこれはこれで味の変化が楽しめる。
DSC03538.jpg



見た目からうまそうな、表面が茶色く輝く玉子は、ちょっと濃いめの味付けだった。
DSC03539.jpg



何となく油分も少なそうな気がして、ヘルシーそうだ。といことで、スープまでほぼ飲みほして完食した。突出したところはないが、全体のバランスが取れていて、個性のあるラーメンだった。こういうラーメン、結構好きだな。ごちそうさま。
DSC03540.jpg



ちなみに、店内は落ち着いて清潔感のあるいい雰囲気だった。敷居が高くなさそうなところもグッド。洟が垂れてきたら、カウンターの中棚にティッシュペーパーが用意されている。料金は後払い。会計はをしたら、100円分の駐車場サービス券をくれた。駐車料金200円だったので、100円で済んだ。
DSC03543.jpg
塩ラーメンは出汁優先なのか、気になる、この店のまた来たい(期待)度は、★★★★。


【住所】   平塚市見附町43-3誠心ビル1階
【電話】   0463-72-8828
【営業時間】 11:30~14:00 17:30~23:00
【定休日】  毎週火曜日と毎月第3水曜
【アクセス】 車で:国道1号線を小田原方面へ向け、検察庁前交差点を左折。2つ目の交差点を左折した左側。斜向かいの右手にあるコインパーキング利用で、料金補助あり。
【駐車場】  斜向かいのコインパーキング利用で、100円のサービス券あり。
【席数】   カウンター8席 テーブル4席×1 3席×1 座敷6席

【メニュー】 白醤油ラーメン
       七福ラーメン-壱(鶏チャーシュー)630円
       七福ラーメン-弐(豚チャーシュー)680円
       塩ラーメン
       汐ラーメン-壱(鶏チャーシュー)630円
       汐ラーメン-弐(豚チャーシュー)680円
       蒸し鶏のラーメン700円
       ◇トッピング
        味付け玉子50円 白髪ネギ150円
        のり(4つ切10枚)100円 とろろ昆布150円
        穂先メンマ150円
        鶏チャーシュー200円 豚バラチャーシュー250円
       麺大盛り100円
       餃子(6個)200円 餃子(12個)370円
【ホームページ】http://menya-7fuku.jp/

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター