--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-31

北久里浜 麺屋こうじ

鶏白湯焼豚麺900円
DSC03259.jpg



またまた、週末は麺屋こうじ。今日は、30日、31日限定の鶏パイタン。1日40杯限定ということだったが、13時20分くらいの現着で、まだ売り切れではなかった。よかった。しかし、いつもの日曜のようにほぼ満席。運良く空いているカウンターに座ることができた。今日も手際よく、2名で調理。いつもの女性店員も手際よく、客に対応中。

俺のラーメン調理の番になったら、「中盛りでなくていいですか?」と改めて厨房内から確認してくれた。この期間限定シリーズは、具だくさんなので、麺は普通盛りで十分なのだ。改めて普通盛りでお願いした。鶏白湯は片手鍋でスープを温めて、調理。


出てきたラーメンは、想像どおりの具だくさん。青菜は小松菜。名古屋コーチン製というスープは適度な粘度で、鶏の旨みがうまくつまっている。
DSC03261.jpg



これは、挽き肉と思いきや、軟骨を揚げたものらしく、こりこりとして、よいアクセントになっている。
DSC03262.jpg


そして、スペシャルな穂先メンマ。長い。
DSC03263.jpg


丸まるのきくらげ。食感がいい。2つ入っている。
DSC03264.jpg


側面にコショーが振られたいつもの鶏チャーシューは3枚。相当なボリュームがある。
DSC03265.jpg


うずら玉子は2つ。
DSC03266.jpg


さらに、鶏肉のほどよい味付けの煮付けも入っている。
DSC03267.jpg



麺は、粒の入った中太ストレート麺。スープにあう。いつもの麺と違う感じだ。
DSC03268.jpg



鶏白湯専門店にも負けないくらい、鶏のうまみと豊富な具材が最後まで食べさせる。後半になればなるほど、スープがうまい。今日も飲み干して完食。
DSC03269.jpg



カウンターの上に置かれた案内にはなぜか5月の期間限定メニューが書かれている。4月の期間限定はないのかな。残念。
DSC03258.jpg


ところで、来月から夜の営業時間が30分短くなるらしい。
DSC03257.jpg


DSC03270.jpg
しかし、5月は期間限定も気になる、この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。


【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 火曜日、第3水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。      
【駐車場】 隣地に3台分に増えた!
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2

【メニュー】讃岐風塩ラーメン630円 醤油ラーメン650円 チャーシュー麺880円 特製ラーメン800円
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン750円
      野菜タンメン740円 鶏塩ラーメン730円 麺中盛無料 麺大盛50円 麺特盛100円
      つけめん650円 坦々つけ麺800円 味噌辛つけめん750円  
      ◇トッピング
      半熟玉子90円 ねぎ120円 チャーシュー250円 メンマ100円 
      ワンタン220円 のり100円 江戸菜100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-03-30

笠間 心華

ラーメン550円
DSC03188.jpg


手作り野菜餃子
DSC03185.jpg


焼き物で有名な笠間市にやってきた。この店は、事前に調べて行かないと、素通りしそうなラーメン店ぽくない店構え。ラーメンと書かれた幟もないし、外見は普通の住宅を改造したおしゃれな喫茶店のような様子。店の前もラーメンではなく、手作り野菜餃子の文字が手書きで書かれている。
DSC03194.jpg


もしかしたら、餃子専門店?店にはいると、壁に拵えた棚に、陶器が飾られ、白をベースに木の床と、木のテーブルなどが簡素で上品な居住まいだ。対応する女性も上品でていねいな対応。2人掛けのテーブルに勧めれれるままに座ると、荷物入れも勧めてくれた。メニューはシンプルで、前述の野菜餃子が一番上に書かれ、ラーメンとチャーシューメンのみ。ほぼ全員が餃子を発注しているので、俺も躊躇なく餃子を発注。2人で2つ発注した客には、餃子が大きいけど、2つで大丈夫ですか?と確認していた。


意外にも先に餃子が到着。出てきた餃子はふくらんだ餅みたいにぱんぱん。皮は厚くて、もちもち。具の野菜もぎっしり。しかし、大きいので、ひとくちでは食いきれない。しかも、皮が厚くて、箸では2つに割れない。さらに、最後まで熱々。
DSC03187.jpg


この餃子は、皮も中身もいい。ぱりっとした餃子とは違う、独特のうまさがとても気に入った。これを目当てに来る客も多いようで、隣の客は、餃子を持ち帰りにして、待つ間にラーメンを啜っていた。これなら、おみやげにしたくなる。しかし、明日は体が臭うだろうことが容易に想像される。ブレスケア必須だ。



ラーメンもやってきた。スープは少しだけ甘みを感じさせる、鶏ガラに煮干しかな、魚介系も感じる、素直な正油スープ。癖がなく、うまい。
DSC03190.jpg



麺は透き通った感じの中細麺。歯触り、食感がいい。チャーシューは歯ごたえがあり、大きめで厚みもあった。
DSC03191.jpg


最初から半分のる味玉は控えめな味付け。
DSC03192.jpg


なんといっても、餃子のボリュームが多くて、スープは少し残した。ちなみにドンブリも笠間焼きと思われる凝ったものだった。
DSC03193.jpg


料金は後払い。ごちそうさまでした。帰り際も、あたたかでていねいな言葉をもらった。女性店員さんの人柄だろうな。
DSC03195.jpg
ラーメンより餃子が印象的なこの店の、また来たい(期待)度は、★★★★。

【住所】  茨城県笠間市石井1932-1
【電話】  0296-72-5733
【営業時間】11:30~18:30
【定休日】 毎週月・火
【アクセス】車で:国道50号線を水戸方向に向かい、石井交差点を左折、そばやを右手に見て、次の交差点を右折。少し進んだ左側。道路をはさんだ向かいは球場。市民球場をめざすとわかりやすい。    
【駐車場】 店前に数台分。
【席数】  テーブル4人席×2、2人席×4 カウンター席3

【メニュー】手作り野菜餃子550円
      ラーメン600円 チャーシューメン800円
      大盛り+100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-03-29

横浜 麺ダイニング福

白玉子600円
DSC03117.jpg


今月に新規開店した店。ネットで検索してもほとんど情報なく、事前情報ほとんどなし。店の前に来ると、博多らーめんの幟がはためき、替玉無料の文字が躍っていた。14時25分の訪問。もっとも客の少ない時間帯なので先客は1名のみ。ここまで来る途中にある間にある町田商店には続々と客が入っていた。


タッチ式の自動ドアを開けると、すぐに食券自販機が置いてある。メニューの一番上は自家製辛みその、「赤 全部のせ」となっている。この店の食券自販機は、1番左の押しやすいボタンが950円の最高値。何となくひっかけのような気もする。俺は迷うことなく、スープに何も足さないであろう基本の白に玉子にした。


テーブル席に案内された。席につくと、すかさず麺の硬さをきかれた。今日は硬めで。明らかに日本人ではないと思われる発音の女性店員がていねいに対応してくれる。
DSC03125.jpg



厨房に入っているのも、外国人らしく厨房内からは日本語でない会話が聞こえてくる。空いているので、すぐに出てきた。スープは白濁。ちょっと、薄めに感じられる。少し醤油ダレが不足気味。トンコツそのものは、匂いもなく、さらさら。暖簾にあっさり後味と書いてあったが、確かにあっさりだ。
DSC03118.jpg



麺は定番の細ストレート麺。これは、硬めがいい感じだ。
DSC03121.jpg



テーブルにあった、すりごま、ブラックペッパー、紅ショウガをのせてみた。ちょっと味が変わって、少しいい感じになったが、やはり元のスープが力弱いかな。
DSC03122.jpg



チャーシューは、小さめ、薄め。
DSC03123.jpg


玉子はやや硬めの半熟具合。味付けは薄目で、悪くない。
DSC03124.jpg


替え玉無料というのを忘れて、ついつい、いつものようにスープまで飲み干してしまった。
DSC03126.jpg



コップの水はレモン水だった。味を色分けで示したのはわかりやすくていい。隣は塩ラーメン専門店の本丸亭。相乗効果となるのか。
DSC03129_20130331093138.jpg



店構えは少し地味だが、幟がはためき、目立っている。
DSC03128.jpg
黒とか赤とか未食も少し気になる、この店のまた来たい(期待)度は、★★。


【住所】  横浜市神奈川区鶴屋町1-7-20
【電話】  045-320-2227
【営業時間】平日(月~土曜日)11:00~15:00/17:00~24:00
      日・祝日11:00~15:00/17:00~22:00 
【定休日】  
【アクセス】電車で:JR・京浜急行横浜駅きた西口から 徒歩5分くらい。鶴屋橋を渡り、郵便局を左手にみながら直進。鶴屋町2丁目交差点を右折した右側。
【駐車場】 なし
【席数】  テーブル4席×6、テーブル2席

【メニュー】特製辛味噌入り
      黒550円 全部のせ950円 チャーシュー増し700円
      玉子のせ650円 ネギ増し650円 きくらげ増し650円
      特製マー油入り
      赤550円 全部のせ950円 チャーシュー増し700円
      玉子のせ650円 ネギ増し650円 きくらげ増し650円
      博多ラーメンの基本
      白500円 全部のせ900円 チャーシュー増し650円
      玉子のせ600円 ネギ増し600円 きくらげ増し600円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-03-23

金沢文庫 大公

九州とんこつラーメン630円
DSC03103.jpg



10年ぶりに訪れた。18時から開店の夜のみ営業の店なので、なかなか寄る機会がなかった。18時45分の到着で、カウンターのみの席は、8名の客入り。入口近くの食券自販機で、一番ボタンの九州とんこつラーメンにした。千円札で、370円のおつり。ちょうど10円玉が2つあったので、カウンター隅に置いてある、ゆで玉子1つ20円をいただく。お代は、現金で脇に置いてあるコップに自分でいれるしくみ。もしかして、10円玉2枚がちょうど出るような価格設定か。
DSC03100.jpg



食券をカウンターに置くと、麺の硬さをきかれる。今回は硬めで発注。食券には「九」と印字されている。以前と変わらず、店内に置かれたテーブルに無料トッピングが置いてある。あまり入れ過ぎるのは、どうかと思うので、控えめに盛ってみた。
DSC03102.jpg



入ったタイミングが近いのか、まだラーメンが出ていない客が多かった。この店の九州ラーメンは背脂がのるタイプ。スープを笊で漉して入れた後、ザルを柄杓でごりごり。と、調理の様子を見ているうちに、ちょっと待って、俺のラーメンも登場。玉子をのせてみた。
DSC03101.jpg



スープは、さらさらとしたライトな豚骨。背脂と合わさって出るコクと醤油ダレで食わせるようだ。豚骨本来のうま味より、醤油ダレが先行するタイプで、軽めな味わいでバランスがとれている。
DSC03104.jpg



麺は細め、ストレート。硬めでちょうどよかった。
DSC03105.jpg



トッピングをのせた。種類を欲張ったせいか、スープがしょっぱくなってしまった。
DSC03107.jpg



薄いチャーシューはやや出汁がらっぽさもある。価格なりで。上質な感じではない。
DSC03106.jpg



ゆで玉子は、普通にゆで玉子。決して味付けではない。スープをしみこませようとすると、黄身がばらけるので、結局、ゆで玉子として食うのが一番。
DSC03108.jpg


DSC03112.jpg
日が延びたら、また来てみたい。この店のまた来たい(期待)度は、★★☆。



【住所】  横浜市金沢区谷津町356
【電話】  045-701-0227
【営業時間】18:00~1:30
【定休日】 年中無休 
【アクセス】電車で:京浜急行金沢文庫駅より徒歩10分弱。改札を出て東口に出る。すぐ右に折れ、すずらん通り商店街を進み、突き当たりを左折。道なりに進んだ左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター16席

【メニュー】九州とんこつラーメン630円 正油とんこつラーメン650円
      白みそラーメン700円 正油とんこつねぎラーメン800円
      白みそねぎラーメン850円
      九州とんこつチャーシュー780円 正油とんこつチャーシュー800円
      白みそチャーシュー850円 正油とんこつねぎチャーシュー950円
      白みそねぎチャーシュー1,000円
      九州ねぎだくラーメン750円 正油とんこつ大盛750円
      白みそラーメン 大盛800円 正油とんこつねぎラーメン 大盛900円
      九州替え玉100円
      九州とんこつチャーシュー 大盛900円 正油とんこつチャーシュー 大盛900円
      白みそチャーシュー 大盛950円 正油とんこつねぎチャーシュー 大盛1,000円
      白みそねぎチャーシュー 大盛1,050円
      ごはん150円 肉増し150円 ごはん(小)100円 のり100円
      辛子明太子100円 

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-03-20

新大津 大津家

ラーメン(並)590円+味付玉子100円
DSC03087.jpg


ほぼ週休1日制の俺は、最近、唯一の休日である日曜日はほぼ地元で麺活。今日は春分の日。春が来た、という陽気。何となくの選択で(すみません)、駐車場もあるひさしぶりにやってきた大津家。昼時だが、カウンターのみの席は4席空いていた。ただし、どんどん客は入ってくるので、回転はいい。家族連れもちらほら。

入口近くに食券自販機が設置してある。1番ボタンの、当店おすすめの6.3.1というのは避けて、ラーメン(並)に。しかし、590円という値段設定は、ほぼ600円だけど、580円でないという微妙な価格だ。親切な女性店員に食券を渡すと、すかさず、お好みをきかれる。普通で。

厨房は男性店員がメインで調理。さらに女性店員1名が補助。ホール係の女性店員と合わせて3名の体制。手際は、なかなかいい。深ざるだが、まあまあいい湯切り。

出来上がったラーメンは、熱いので、お気をつけくださいという声とともにカウンターに置かれた。確かにドンブリにひたひたスープで、そぉーと扱わないとこぼれそうだ。


表面のスープは白濁しているが、油が表面をかなり厚く覆っているので、かき混ぜた方がいい。底の方に、醤油ダレが結構沈んでいて、表面の白に対して、茶色いタレが沈んでいるので、天地を逆さにするくらいかき混ぜた方がよさそうだ。表面の油は多めで、分離している。でも、混ぜるといい感じだ。
DSC03089.jpg


麺はやや幅広のタイプ。ちょっとくたっとしていたのが残念。硬めの方が正解かもしれない。
DSC03091.jpg



チャーシューは平凡だが、乗せる寸前にバーナーで炙ってあり、片面に焦げ目がついている。その分、表面がかりっとしている。
DSC03092.jpg



俺の好きなおろしショウガが置いてある。いい店だ。
DSC03084.jpg



ほかにも、豆板醤や緑色のすりおろしニンニクなど、思わず入れたくなる家系独特の魅惑の調味料。
DSC03085.jpg


まずは、何も足さず半分くらい食うのが、店の推奨のようだ。しかし少し食ったら、どうにも我慢できず、ショウガ、緑色の行者ニンニク、さらにゴマ、そしてブラックペッパーを賭けてみた。
DSC03093.jpg


接近すると、こんな感じ。接近しすぎると、あまり食欲がわかない。しかし、スープは、この濃い味の調味料に耐えて、負けないだけのしっかりとした体力をもっている。味の変化がたまらない。
DSC03094.jpg



少し、半熟の玉子も割ってgood!
DSC03095.jpg



きれいに平らげて、に近い状態までスープを飲んで、終了。麺が少し残念だったが、スープはかき混ぜて、いい印象だった。
DSC03096.jpg



食っている間も、途切れず客が少しずつやってくる。店外のベンチに親子連れの待ちが出来ていた。子どもって豚骨醤油が好きなのかなぁ。親が食いたいから来てるのだろうな。
DSC03098.jpg
家からも近いので、きっとまた来ると思うけど、この店のまた来たい(期待)度は、★★☆。


【住所】  横須賀市大津町5-3-5
【電話】  046-825-9797
【営業時間】11:00~0:00
【定休日】 年中無休 
【アクセス】車で:国道134号線大津交差点を左折し、京急のガードをくぐって、すぐの右手。
      電車で:京浜急行新大津駅より徒歩3分。久里浜方面へ向かって右側に出て、駅を背に道なりに直進。国道134号線にぶつかったら、横断しすぐの道路沿い。
【駐車場】 5台
【席数】  カウンター11席

【メニュー】ラーメン6・3・1(並)840円 ラーメン6・3・1(中)940円 ラーメン6・3・1(大)990円
      ラーメン(並)590円 ラーメン(中)690円 ラーメン(大)740円
      チャーシューメン(並)790円 チャーシューメン(中)890円 チャーシューメン(大)940円
      ネギラーメン(並)740円 ネギラーメン(中)840円 ネギラーメン(大)890円
      別皿:味付ねぎ150円 のり増100円 味付玉子100円
      別皿:ゆで野菜80円 キャベチャー80円
      小ライス100円 大ライス150円
      焼き餃子380円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-03-18

日ノ出町 らぁめん醤和

しょうゆ500円+味付玉子(半熟)100円
DSC03066.jpg


初訪問の店。13時ちょうどの到着。この近辺はラーメン屋さんが多い。ここに来る途中で、油そばの麺屋成、月曜定休らしく締まっていた二郎的なハングリービッグを素通りしてきた。さらに近くに白河中華そばの弘流と、近い範囲でも数軒がある。


今日は風が強く、店外の幟を気にして、店の外に男性店員が出て、チェックしていた。店の入口には、名古屋コーチン専門店の看板がある。鶏ガラ100%、しかも500円。
DSC03076.jpg


いざ、入店。入るとすぐに食券自販機がある。1番ボタンのしょうゆに味付玉子をトッピング。カウンターに先客2名。食券を置いて、入口近くのカウンター席に座った。食券を置くと、すかさず、麺の選択をきかれる。麺は3種類。細麺、中太麺、平打ち麺から選択。予想していなかったので、店主らしき男性に、どれがいいか、と尋ねると、細麺がオススメとのこと。迷わず、細麺を選択。

深ざるで麺茹で開始。隅に中くらいの寸胴が2つ添えられている。スープの種類が違うのだろうか。手早く調理して、カウンター越しに置かれた。ドンブリが熱いので、お気をつけください、との声かけとともに出てきた。ドンブリが、いい模様だ。一昔前のドンブリは、みんなこんな感じだった。


スープは、透き通った黄金色。バーみたいな店内と合わせて、500円とは思えない高級感。名古屋コーチンと謳うだけあって、化調っぽさはなく、奥行きのあるコクとうまみがなかなかいい。これは、予想以上にいい。
DSC03067.jpg


そして、麺は縮れの強い細麺。これはスープをよく絡める。いい感じだ。こういう縮れ具合は好きだ。スープもいいが、麺もいい。
DSC03069.jpg



具材は、茶色いメンマとほどよく溶ける海苔、チャーシュー。メンマは見た目より甘めの味付け。
DSC03070.jpg



チャーシューは、柔らかいが残念ながら平凡。ちょっと出し殻っぽい。
DSC03071.jpg



味付玉子は最初から半分に切ってある。味付けは柔らかめ。この玉子は白味が多い。しかも変形。
DSC03072.jpg


ここの店主は、気さくでいろいろ話しかけてくれる。スープを自慢するかと思いきや、麺がおいしいでしょ、というのが、意外だった。自家製麺ではないそうだが、それでもまるで乾麺のような縮れ具合が俺は気に入った。スープ先行で、結局完食。しょっぱさがないのもいい。で、結局スープまで飲み干して完食。ドンブリ底の文様は蝙蝠か。
DSC03073.jpg



カウンターにドンブリをあげると、ていねいにお礼をいわれた。ちなみに、水はセルフサービス。
DSC03074.jpg
他のメニューも気になる、この店のまた来たい(期待)度は、★★★★。


【住所】  横浜市中区若葉町2-30 浅野コーポ1F
【電話】  045-326-6922
【営業時間】11:00~22:00      
【定休日】  
【アクセス】電車で:京浜急行日ノ出町駅下車。徒歩約10分。改札を抜け、左方向へ。駅前の平戸桜木道路を横断し、橋を渡る。すぐに右折して、川沿いに進む。次の旭橋を過ぎたら、すぐ左折して、一歩通行の路地を入る。直進し、3つめの交差点を右折した先。     
【駐車場】 なし。
【席数】  カウンター12席、座敷6人×3。
【メニュー】しょうゆ500円 塩600円 味噌700円 激辛700円
      白湯しょうゆ700円 白湯 塩800円 白湯 味噌900円 
      白湯 激辛900円
      らあめん醤和800円 醤和 塩900円 醤和 味噌1,000円
      醤和 激辛1,000円 
      醤和 極1,000円 極 塩1,100円 極 味噌1,200円
      極 激辛1,200円
      各中盛1.5玉 各大盛2玉200円
      ライス150円
      チャーシュー3枚100円 味付玉子(半熟)100円 温泉玉子100円
      トロロ昆布100円  ダシ・雑炊スープ増量50円
      のり50円 青ネギor白髪ネギ50円 モヤシ50円
      メンマ50円 バター50円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-03-17

新大津 平松屋北久里浜店

みそラーメン700円
DSC03056.jpg



久しぶりに訪れた。13時を少し過ぎたところで、親子の客が2組。意外と空いている印象。日曜日のこの時間を考えると、もう少し客が入っていてもよさそうだが。何はともあれ、食券を購入。食券自販機は入口に設置してある。いつものラーメンとも思ったが、未食のみそにしてみた。みそとんこつと思われるが、楽しみだ。入ってカウンター奥に給水器がおいてあり、コップで水をくんで、着席。カウンター内は若い男性が2名。


食券を渡すと、太麺と細麺の選択をきかれる。太麺にしてみた。麺茹では、深ざるで。ドンブリにみそを仕込んで、片手鍋に小分けしたスープを注ぐ。湯切りは、わりとていねい。具材は、チャーシュー、のり1枚にわかめ。さらに玉子が半分。



スープは、とろっとした豚骨スープに、さらに味噌が加わって、粘度が強化されているようだ。とはいっても、さほど濃厚すぎる印象はない。化調っぽいうまみがするが、これはこれで悪くない。味噌は白味噌と思われ、辛さはばく、甘みが強い。
DSC03057.jpg



麺は、増田製麺製で、歯ごたえがいい。味噌スープとの相性はまあまあ。
DSC03061.jpg



しかし、具材はちょっと貧弱。チャーシューは柔らかいが、ちょっと臭みがあるかな。途中から、コショウを少し振る。そして、おろしニンニクを少しだけ投入。ニンニクは、スープになかなか合う。入れすぎに注意。


ドンブリは普通に比べて、幾分小ぶりかもしれない。空きっ腹だったので、スープまで飲み干して、完食。
DSC03062.jpg

ほとんどの客が、ラーメンを食い終わると、ドンブリをカウンターに上げるだけでなく、テーブルを拭いて店を出て行くようだ。俺も見習った。

DSC03064.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★。




【住所】  横須賀市根岸町5-16-4
【電話】  046-821-0057
【営業時間】11:00~22:30      
【定休日】 年中無休 
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅下車。徒歩約10分。駅前ロータリーをつっきり、太い道路国道134号線へ。横断し、右折し、道なりに直進。紳士服のコナカの先、常盤台団地入口交差点の手前。ひとつ手前の新大津駅からも歩ける。     
【駐車場】 なし。
【席数】  カウンター15席。
【メニュー】ラーメン650円 のりラーメン750円 チャーシューメン850円
      ネギラーメン850円 つけ麺750円
      のり・もやし・キャベツ各100円 ネギ・チャーシュー各200円
      みそラーメン700円 みそチャーシュー900円
      塩ラーメン650円 塩チャーシュー850円
      辛みそラーメン750円 辛みそチャーシュー950円
      あっさり和風ラーメン650円 あっさり塩ラーメン650円
      あっさりみそラーメン700円 あっさり辛味噌750円
      中盛1.5玉 大盛2玉200円
      小ライス100円 ライス200円
      もやキャベ炒め200円 半熟煮玉子100円
      ギョーザ5コ250円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-03-16

北久里浜 麺屋こうじ

東京千住ねぎと春キャベツの湯麺750円
DSC03044.jpg



またまた、やってきた。今月29日までの期間限定麺。トッピングが9種類ととても豊富。14時3分の到着。
DSC03052.jpg



キャベツとねぎを軽く鍋で加熱して、挽き肉と桜えび、そして大量の万能ねぎをさらにのせる。それにしても、いつもながら具材の選択がいい。味もだが、色合いが鮮やかで、見た目にも華やかだ。
DSC03045.jpg



スープは湯麺らしく、透き通った塩味ベース。桜えびや挽き肉、コーンなどが混ざって、だんだん味のバランスが変わってくる。
DSC03046.jpg



そして、ねぎとキャベツ。この湯麺のメインの具材。キャベツは柔らかく、歯ごたえがいい。ねぎも新鮮で、いい味だ。旬な一杯。
DSC03048.jpg



さらにきくらげや写真に写っていないけど、赤ピーマンも。
DSC03049.jpg



後先になったけど、麺は中くらいの太さ。平打ちで、つるっとしてうまい。
DSC03050.jpg



チャーシューは大きくて厚みがある。側面にはコショウが振ってあり、炙られてる。香ばしく、うまい。
DSC03047.jpg



それにしても、ボリューム満点。食っても食っても具材が減らない。それでも、飽きることなく食い進み、最後は、店主に敬意を表して、スープまで飲み干して完食。ごちそうさま。これで750円。とっても良心的。
DSC03051.jpg


14時を過ぎているのに、どんどん客が入ってくる。この店の特徴は、客層が広いこと。今日も子どもから、杖をついた老夫婦まで年齢層もさまざま。そして、常連客が多いせいなのかもしれないが、特定のメニューだけでなく、いろいろなメニューが出ている。今日も隣の老婦人が食していた野菜タンメンと思われるラーメンもうまそうだった。俺といえば、期間限定ばかりを追いかけているが、未食の味噌ラーメンも気になる。

DSC03054.jpg
次の期間限定は鶏白湯焼豚麺。3月30日と31日の2日間のみ。ぜひ食いたいな。
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。


【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 火曜日、第3水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。      
【駐車場】 隣地に3台分に増えた!
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2

【メニュー】讃岐風塩ラーメン630円 醤油ラーメン650円 チャーシュー麺880円 特製ラーメン800円
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン750円
      野菜タンメン740円 鶏塩ラーメン730円 麺中盛無料 麺大盛50円 麺特盛100円
      つけめん650円 坦々つけ麺800円 味噌辛つけめん750円  
      ◇トッピング
      半熟玉子90円 ねぎ120円 チャーシュー250円 メンマ100円 
      ワンタン220円 のり100円 江戸菜100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-03-13

みなとみらい 博多一風堂クイーンズイースト店

白丸元味750円+半熟味玉子100円
DSC03039.jpg

年度末は忙しい。忙中ラーメンあり。ずいぶん前に訪問してランチメニューを食って以来だ。14時過ぎの訪問で、意外に行列。といっても、店内は空席もある。これは、意図的に店外で待たせるシステム。繁盛店の演出と思われる。席に案内されたら、店員が立ち去らないうちに発注しないと、なかなか注文をとりにこない。


ラーメンは普通にうまい。スープはあっさりめの豚骨味。豚骨臭はほとんどない。
DSC03040.jpg


細ストレート麺。硬さは普通にしたが、硬めの方がいいかも。
DSC03041.jpg



次々と客が入ってくる。しかし、俺にとっては、あまり居心地はよくなかった。博多ラーメンって、短時間でさらっと食えるところがいいのだが、意外と時間がかかった。ということで、日記もさらっと。
DSC03043.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★。


【住所】  横浜市西区みなとみらい2-3-2 クイーンズイースト B1F
【電話】  045-227-6305
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:みなとみらい線みなとみらい駅から徒歩3分。クイーンズイーストB1階。
【駐車場】 なし
【席数】  32席
【メニュー】ラーメン 白丸元味750円 赤丸新味800円 一風堂からか麺850円
       特製ラーメン 白1,050円 赤1,100円
       チャーシュー麺 白950円 赤1,000円
       博多中華ソバ680円
       博多つけ麺850円
       のせもの 1つ80円 2つで150円
        のり ねぎ きくらげ 半熟塩玉子 もやし メンマ
       のせもの 1つ200円
        チャーシュー 明太子 タンメン野菜
       ひとくち餃子420円
       白ランチ850円 ランチラーメン白+ごはん+餃子(5個)
       白ランチ850円 ランチラーメン赤+ごはん+餃子(5個)
【ホームページ】http://www.ippudo.com/index.html


theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-03-10

北久里浜 ラーメン喰堂

和だしトンコツ700円+味付け玉子100円
DSC03025.jpg


近所の自動車屋に用事があったので、待ち時間に久しぶりに訪問。まだ未食の和だしトンコツにしてみた。今日は店主らしい年配の男性と修行中かもの男性店員。接客はていねいだが、客が発注するまで、ずっと目の前で待っていた。発注が決まると、さっそく調理開始。麺は大きな鍋で茹でて、平ザルでさっと湯切り。

カウンター越しに出てきた。岩のりが豪快にもられたラーメンだ。店のメニューによると、魚介トンコツの神髄!カツオ、サバ、アゴ、エビ、椎茸等骨まで粉砕1CL、DHA、グルコサミン等栄養丸ごと、コクが有るのにアッサリ!トンコツが食べられなかった方にも大好評!だそうだ。

スープは、薄いトンコツにこれもあまり強くない魚介系出汁が合わさる。やや化調っぽさも感じる。
DSC03026.jpg


麺はやや短めの中太。やや縮れのあるタイプ。
DSC03027.jpg


チャーシューはやや出汁がらっぽい。厚みはあるが、硬くもなく柔らかくもない。
DSC03030.jpg


トッピングで追加した味玉。これはもう、見た目にひどいでしょ。普通、客には提供しないレベルに変形してますけど。これだけで、この店の品質管理がわかってしまう。
DSC03031.jpg


カウンターに置いてあったゴマとコショウを投入。これは意外とスープによく合う。
DSC03032.jpg



さらに揚げたエシャーロットが置いてある。加熱されて味が出てくるそうだ。入れすぎ注意。適量小さじに軽く1杯。
DSC03033.jpg


少し入れてみた。
DSC03034.jpg


だんだんしょっぱくなった。塩分濃度が高そうで、少し残した。
DSC03036.jpg

料金は後払い。店の外にいるのは、単に屯しているだけで、混んでいて、店に入れないわけではない。
DSC03038.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★。

【住所】  横須賀市大矢部3-16-5
【電話】  046-835-8108
【営業時間】11:00~23:45
【定休日】 無休
【アクセス】車で:国道134号線から衣笠インター方面へ。佐原交差点を左折し突き当たりを右折し、直進。右側に横浜トヨペット、タイヤ館があり、その反対車線側。
【駐車場】 店裏2台
【席数】  カウンター14席

【メニュー】ラーメン600円 ごうつくラーメン750円 和だしトンコツ700円
      和だしごうつく850円 黒トンコツ750円 黒ごうつく850円
      小盛(0.5玉)100円 中盛(1.5玉)+100円 大盛(2.0玉)250円
      のり(5枚)100円 ワカメ100円 メンマ100円 味付け玉子100円
      岩のり150円 ネギ200円 チャーシュー200円
      炙りバラ叉焼250円 トントロ400円

【ホームページ】 http://kuraudo-go.seesaa.net/

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。