2013-02-20

横浜 本丸亭横浜店

本丸塩らー麺800円+塩煮たまご100円
DSC02897.jpg



2月5日に新しく浜の麺バカの後に開店した塩ラーメン専門店。居抜きではなく、改装して、カウンターのみの店に生まれ変わった。なかなかタイミングが合わなくて、遅ればせながらやってきた。11時30分前なので、先客なし。カウンターの奥に案内された。ホール係1名。厨房内3名。昼のピーク前なので、何となくリラックスモード。私語全開だ。会話の内容から来○亭のことだとわかる内容だった。まあ、一人でも目の前に客がいる前からには、楽しくても業務に専念すべきだと、俺は思うがね。

そんなことはどうでも、ラーメンがうまければいいので、厨房を観察していると、平ザルでリズムよく湯切り。これは一番年配らしい店員さんが担当。余裕がある。さすがに手早く調理され、カウンター越しに出てきた。対応はていねい。

スープは、緻密に作られていて、重層的で奥行きがある。かといって、重くない。なかなか味わい深い。鶏と上品な魚出汁を感じる。あっさり一方ではなく、しっかりと油分もあり、これが奥行きを広げている。
DSC02898.jpg


透明感のあるスープに、透明感のある麺。これは、ライトだがしっかりした印象。わざと不揃いの麺を使用していると思われる高度さ。舌ざわりがとてもいい。
DSC02900.jpg


そして、個性を放つ具材の春菊。煮込んでいない状態でのっているので、まずはスープにひたして、そのコクを引き出すことが肝心。くたっとすることはなく、ほどよい力具合がスープとのバランスを楽しめるあんばいだ。
DSC02901.jpg


チャーシューは柔らかく、大きめ。しかも2枚。味付けも主張しすぎず、しっかりとしている。
DSC02902.jpg


そして、春菊の陰に隠れたワンタン。皮がいい食感。これ1個というのが、なかなかいい具合と思われる。それが、次回ワンタンを追加したい動機になる。
DSC02903.jpg


そして、地味ながらカウンターにある柚子コショウ。
DSC02904.jpg
最後の方で、ちょっと試してみた。味の変化がなかなか楽しい。


忘れてはいけない、追加の煮玉子。全体的に柔らかくて繊細な印象。白身も柔らか。このラーメンにはあっている、印象をくずさない半熟やわらかさだ。
DSC02905.jpg


スープまで飲み干して完食。当たり前だけど、悪い後味がまったくないのがいい。
DSC02906.jpg


基本の塩ラーメンが800円というのが高い、ととる向きもあるだろうが、俺の記録では2005年に厚木の本丸亭を訪問した際も同じ値段だった。ラーメンとしてはこの辺が頭打ちの価格設定という見方もできるが、厳密ではないが何年も同じ値段を維持しているという見方もできる。このごまかしのきかない塩ラーメン一本で、ここまでの出汁バランスを考えたら、相当な努力と思われる。
DSC02907.jpg
ということで、鶏塩も気になる、この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。


【住所】  横浜市神奈川区鶴屋町1-7-2
【電話】  
【営業時間】11:00~15:00 17:00~0:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:JR・京浜急行横浜駅きた西口から 徒歩5分くらい。鶴屋橋を渡り、郵便局を左手にみながら直進。鶴屋町2丁目交差点を右折した右側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター12席

【メニュー】本丸塩らー麺800円 赤丸塩らー麺900円
      鶏三昧塩らー麺1,000円 梅鶏塩らー麺1,000円
      海老ワンタン入り塩らー麺1,100円
      チャーシュー入り塩らー麺1,200円
      ◇トッピング
      塩煮たまご100円 バター100円 コーン100円 春菊100円
      紀州南高梅100円 のり100円
      白髪ねぎ200円 肉ワンタン200円 バターコーン200円
      鶏チャーシュー200円
      海老ワンタン300円 辛味ねぎ300円 鶏つくね300円ほ
      ◇天心
      本丸焼き餃子450円 ネギたっぷり焼き餃子バター600円
      水餃子500円 肉ワンタン皿400円 海老ワンタン皿600円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-02-17

北久里浜 麺屋こうじ

海老そば790円
DSC02883.jpg


今日も麺屋こうじにやってきた。今日のねらいはこれ。
DSC02882.jpg


11時50分の到着で、ほとんど満席。カウンターの一番端に案内される。調理のようすがよく見えるが、それとともにいろいろな匂いが漂ってくる。店主がおもに麺茹でと仕上げで、アシスタントの男性店員が鍋をふって、具材とともにあんかけを作っている。さまざまな具材がのっている。ちょっと、あんかけのあんが凝っているのは愛嬌。
DSC02885_20130217160907.jpg


ベースとなるスープは塩味。うっすらと油が浮いている。少し塩味がとがっている。
DSC02886.jpg


麺はストレートの力強いもの。具材が多いことを予想して、麺は中盛りにはしなかった。
DSC02887.jpg


海老はぷりぷり。しかも数えなかったが、結構入っている。食感がとってもいい。
DSC02888.jpg


そして、ヤングコーンにたけのこ。歯ごたえがよい。
DSC02891.jpg


ほどよく味付けされた豚肉とキクラゲ。
DSC02892.jpg


たくさんの野菜のほかに、さらに、うずらの玉子や、マッシュルームにそら豆までのっている。
DSC02893.jpg


スープは少し残した。でも撮影を忘れた。いやあ、結構なラーメンでした。こんなに具材がたっぷりで、この値段は相変わらず良心的すぎるような。以前より駐車場が増えて3台となった。
DSC02894.jpg


その後もどんどん客が入ってきて、たいそうな賑わいだった。隣の老婦人が食べていた味噌ラーメンがうまそうだった。
DSC02895.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。


【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 火曜日、第3水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。      
【駐車場】 隣地に3台
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2

【メニュー】讃岐風塩ラーメン630円 醤油ラーメン650円 チャーシュー麺880円 特製ラーメン800円
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン750円
      野菜タンメン740円 鶏塩ラーメン730円 麺中盛無料 麺大盛50円 麺特盛100円
      つけめん650円 坦々つけ麺800円 味噌辛つけめん750円  
      ◇トッピング
      半熟玉子90円 ねぎ120円 チャーシュー250円 メンマ100円 
      ワンタン220円 のり100円 江戸菜100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-02-11

掛川 こだわりラーメン若虎

こってりらーめん630円
DSC02867.jpg


趣味の遺構見学で訪れた際の昼食に立ち寄った店。遅ればせながら、初めて新東名を使ったが、なかなか快適だった。生憎と横風が強く吹いていたが、それでも往路は道も空いており、快適だった。ところが連休最後の日とあって、帰りは秦野あたりから、渋滞にはまってしまった。アイサイトというシステムのおかげで、あまり疲れなかったのはよかった。

初訪問のこの店は、特に下調べもせずに訪れた。駐車場は少し入りづらいが、駐車台数は多い。13時を過ぎているが、店内はほぼ満席。一人客なので、かろうじて空いていたカウンターに案内された。ほとんどが複数客だ。家族客も多い。ファミリーレストランみたいに名前を書いて待つスペースがあり、実際待っていた。


この店はトンコツラーメンの店。しかし、いわゆる家系ではなく、白濁したトンコツスープにストレート細麺の組み合わせ。メニューのトップにあるこってりラーメンを口頭で発注。おばちゃんの店員が、元気よく好感だ。九州系に近いのだろうと思われ、麺茹で時間は短いのだが、いかんせん店員は多くても、調理担当は一人なので意外と時間はかかるようだ。


スープは確かに濃厚、こってり。しかし、うま味と奥行きが少ないと感じた。単調な印象ではないのだが、どうもしょっぱさがつきまとっている。何となく力業みたいな印象。
DSC02868.jpg



麺は細めストレート。発注時に、麺茹での硬さをきかれるのだが、俺は普通でと発注した。くたっとはしておらず、いい具合。
DSC02872.jpg



しかし、九州系に定番のキクラゲはなく、メンマがのっている。
DSC02873.jpg



チャーシューは、崩れやすく柔らかい、大きめなチャーシューが2枚。味は悪くない。
DSC02874.jpg



最初からのっている味玉は白身が硬めで黄身はやや柔らかめ。ちょっと小さめ。ちなみに最初からのるのは半分だけだ。
DSC02876.jpg



替え玉もあるが、誰も替え玉を発注していなかった。俺も最初から替え玉のつもりはなかったので、スープまですかり飲み干して完食。
DSC02879.jpg


料金は後払い。それにしても風が強いが、空が青いなあ。
DSC02880.jpg
ちょっと行こうかなというには遠すぎるこの店のまた来たい(期待)度は、☆。


【住所】  静岡県掛川市細田203-4
【電話】  0537-21-3221
【営業時間】11:00~0:30
【定休日】 無休
【アクセス】車で:国道1号線を下り、八坂ICを左に。東細田交差点の先の左側。
【駐車場】 多い
【席数】  カウンター10席、座敷6人×4 テーブル4人×3

【メニュー】こってりらーめん630円 あっさりらーめん630円
      みそらーめん680円 中華そば630円
      熊らーめん710円 辛みそネギらーめん740円
      塩中華そば630円 塩らーめん630円
      タンタン麺740円 野菜ラーメン740円
      ◇トッピング
      煮玉子120円 白髪ネギ100円 メンマ100円
      辛ネギ100円 青ネギ100円 
      ライス大200円 中ライス150円 小ライス100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-02-10

京急富岡 支那そば将華

支那そば 醤油600円+味つけたまご100円
DSC02658.jpg


久しぶりの訪問。この店は昼営業は、祝祭日だけ。14時過ぎの到着で、先客は1名。店主の工藤さんとアルバイトらしき若い男性店員の2名体制。以前来たとき醤油を食ったので、塩も考えたが、昨日も塩だったので、今日も醤油にしてみた。


平ザルでの湯切りが、好感だ。ややゆがんで口の広いドンブリには、やや少なめに見える。
DSC02657.jpg


スープには、焦がしネギが浮き、醤油のうま味のとがった、濃い味わい。鶏ガラ、トンコツ、魚系を合わせたスープは出汁バランスがよい。
DSC02664.jpg


麺はカウンターの貼り紙によると、福島市の羽田製麺製で直送だそうだ。しかし、使用している地下水は検査により安全性が証明されているとのこと。東電の不始末がこんなところまで影響している。気の毒なことだ。加水率高めの縮れ麺は、啜った感触がとてもいい。
DSC02660.jpg


追加の味玉はやや硬めの半熟。色合いがとてもいい。
DSC02662.jpg


チャーシューは、ほどよい硬さの肉のうま味がでたもの。
DSC02663.jpg


余分な具材のないところがいいところ。全体的に麺よりスープが先行しながら、楽しみながら完食。
DSC02665.jpg


14時を過ぎても、ぽつぽつ客は入ってきて、ほぼ満席になってしまった。
DSC02668.jpg
やっぱり次は塩かな。この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】  横浜市金沢区富岡東5-14-17
【電話】  045-773-1170
【営業時間】17:30~0:00 土日祝のみランチ営業12:00~14:30
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行京急富岡駅下車。徒歩5分くらい。改札を抜け、右側の出口から出て、駅前のV字型の道を左の細い路地に入る。左手にある郵便局を越したら、次の角を左に曲がり、細い路地に。そのまま道なり行った右側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席、テーブル4人×1

【メニュー】支那そば
      醤油600円 しお600円 みそ700円
      辛みそ1辛750円 2辛800円 3辛850円
      チャーシュー250円 ワンタン200円 ねぎ150円 メンマ150円 のり100円
      味付けたまご100円 コーン100円 バター50円
      ライス150円 半ライス100円

【ホームページ】 http://shinasoba.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-02-09

北久里浜 麺屋こうじ

鮪節ラーメン770円
DSC02638.jpg

2月の限定ラーメン。楽しみにやってきた。12時を少しまわった時間で、ほぼ満席。待っているうちに、どんどん客が入ってきて、ついに店内で待ち行列発生。それでも手際よく調理が進み、あまり待たずにいつもの女性店員が運んできた。混んでいても、慌てずていねいな客対応で、客も落ち着いて食事を楽しんでいる。


やがて、運ばれてきたラーメンは、いつものように彩りもあざやか。三つ葉の陰に味玉と肉団子が隠れている。
DSC02640.jpg


黄金色の澄んだスープは、塩味ながらほんのりと微かな甘みを感じさせる。あっさりだが、上品で奥行きのあるスープは、表面に油が浮いていて、コクもある。
DSC02642.jpg


麺は中くらいのストレートで、角断面。つるつるで、するすうと入っていく。
DSC02645.jpg


鶏肉のつくねにはニンジンなどいろいろな素材が練り込まれているよう。
DSC02641.jpg


柚子の味がちょうどよい、アクセントになっている。一度に食ってしまうのはおしいので、少しずつ味わうことにした。
DSC02646.jpg


薄いたけのこは、歯ごたえがよい。
DSC02647.jpg


隠れていた味玉もよい食感だ。
DSC02648.jpg


鮪節ラーメンは、素材の味がそれぞれ活かされた見事な一杯。忘れていたが、チャーシューも大きくボリュームたっぷり。この出汁も具材もバランスのいラーメンがこの値段で食えるのは、本当にありがたい。店の良心を感じる。今日も堪能して完食。
DSC02649.jpg


2月13日から始まる2月後半の期間限定は、海老そば。ぷりぷり海老のあんかけラーメン。これも食ってみたい。

DSC02637.jpg
3月は鯛煮干しそばに、東京千住葱と春キャベツの湯麺、さらに3/30と/31限定の鶏白湯焼豚麺。
ますます期間限定が気になる、この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。


【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:30
【定休日】 火曜日、第3水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。      
【駐車場】 隣地に3台分に増えた!
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2

【メニュー】讃岐風塩ラーメン630円 醤油ラーメン650円 チャーシュー麺880円 特製ラーメン800円
      坦々麺830円 札幌味噌ラーメン750円
      野菜タンメン740円 鶏塩ラーメン730円 麺中盛無料 麺大盛50円 麺特盛100円
      つけめん650円 坦々つけ麺800円 味噌辛つけめん750円  
      ◇トッピング
      半熟玉子90円 ねぎ120円 チャーシュー250円 メンマ100円 
      ワンタン220円 のり100円 江戸菜100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-02-05

弘明寺 味のほうさく

塩味玉らーめん650円
DSC02624.jpg

実に久しぶりに訪問。まだ、正午前で開店したばかりという様相だった。女将らしき女性店員が和風らーめんにふさわしくねじり鉢巻きで腕を振るってくれた。先客は1名。俺とほぼ同時に2名の客が入ってきた。基本は塩かな、と思われ、味玉ののるらーめんにした。わざとらしくない、愛想のよさにほっとする。


大きな鍋で茹でて、平ザルで湯切り。お盆に乗せて運ばれてくるところもいい感じだ。透明なスープは、塩のとがったところがまるでなく、出汁も主張しすぎない、万事が控えめ。コクは強くなく、とてもあっさりに仕上げられた一杯。気がつかないほど、少量のゴマも控えめながら、アクセントになっている。これは好き嫌いが分かれるかもしれない味わい。俺は、好きだけど。食いながら、もっとスープを飲みたい、って強い感じをあおることはないかな。
DSC02626.jpg



麺は細めのほぼストレート。スープが淡麗なので、麺の味もしっかり感じる。
DSC02629.jpg



メンマは大ぶりで、味付けもよい感じ。チャーシューは肉厚。
DSC02633.jpg


最初から切ってある味玉は、やや硬めの茹で具合。味付けは品のよい感じ。
DSC02631.jpg


スープは少し残したけど、満足の一杯だった。
DSC02634.jpg


カラダにやさしいラーメンの味わえる店。落ち着いた店内も好感がもてる。
DSC02621.jpg

わんたんも気になるこの店のまた来たい(期待)度は、★★★★。


【住所】  横浜市南区通町2-39
【電話】  045-713-4529
【営業時間】11:30~14:30 17:30~24:00 
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄弘明寺駅から徒歩5分くらい。改札を抜けて出口2Aから地上へ。目の前の鎌倉街道を左側、関内方面へ。そのまま進んだ左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター7席 テーブル4席×2 5席×1
【メニュー】塩らーめん500円 正油らーめん500円
      塩わんたんめん650円 正油わんたんめん650円
      塩めんまらーめん650円 正油めんまらーめん650円
      塩味玉らーめん650円 正油味玉らーめん650円
      中盛り100円増 大盛150円増
      冬季限定 ほうさく特選 みそらーめん750円
      辛味みそらーめん850円
      焼餃子350円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-02-04

大船 つけめんKOKORO

つけ味玉900円
DSC02606.jpg

大船イコール家系、みたいな先入観があって、何となく足が遠のいていたが、久しぶりに降りたってみた。細い通りの角に面した店は、やや控えめな印象。13時少し前の訪問で、先客4名。思ったより空いている。カウンターのみのL字型の店で、店内は男性店員が2名。食券を渡すと、麺量は普通盛りでOKかと、冷や盛または温盛りを訊かれる。ちょい盛と大盛は無料なので、その確認であろうと思われる。普通の冷や盛に確定。


待ち客2名はつけ麺ではなく、ラーメンを発注のようす。茹で時間は太麺のため、10分以上かかっているようだ。しばらくして到着。つけダレと麺のどちらにどれだけ、具材を入れるかは店の裁量だが、ここはチャーシューがつけダレに、あとは麺にのっていた。
DSC02607.jpg


期待を裏切らない、魚介豚骨のうま味がある。酸味もちょうどいい具合だ。太麺をささえる力強い濃厚さはあるが、癖がない感じはよい印象。特に脂っぽくないのがよい。
DSC02608.jpg


麺は全粒粉や国産小麦粉をブレンドした自家製麺。系列のHANABIで作っている。カウンターに貼られた案内によると、加水率高めの伸びにくい、コシの強い麺だそうだ。極太麺の食感がいい。
DSC02609.jpg


そして、具材をすべて麺のドンブリに乗せるわけは、このためだと思われる、分厚く大きなチャーシューがつけダレにのっている。一般的なつけ麺と比べても値段が高めなのも納得のボリューム感。
DSC02610.jpg


そして、味玉。半熟具合も味付けもグッド。
DSC02612.jpg


最後に、スープ割り。白い徳利状の器で出てきた。
DSC02613.jpg


適度に入れた。
DSC02614.jpg


すべて、完食。ごちそうさまでした。
DSC02616.jpg


どんどん雲行きが怪しくなっていき、今にもひと雨来そうな天気だった。
DSC02618.jpg
うまかったけど、値段高め設定のこの店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。


【住所】  鎌倉市大船1-20-14
【電話】  0467-48-4100
【営業時間】(月~土)11:30~15:00 18:00~22:00
      (日祝)11:30~15:00 18:00~21:00 
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:JR大船駅東口から徒歩5分くらい。改札を抜けて東口階段を降りたら、道路を渡り、駅を背にして右方向に進む。道路の上が陸橋になっている箇所を越え、次の信号前を右折して路地に入る。突き当たりのパチンコ屋の前を右折。続いて、すぐ先を左折して細い路地に入る。突き当たりを右折して少しすすすんだ左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター12席
【メニュー】つけ味玉900円 味玉らーめん800円
      特製KOKOROつけめん1,050円 あっさりつけめん800円
      あえそば850円
      つけめん800円 つけちゃーしゅー1,100円
      らーめん700円 特製KOKOROらーめん950円
      ちゃーしゅーめん1,000円
      あっさりつけめん味玉900円 あっさりKOKOROつけめん1,050円
      とりそば700円 とりそば味玉800円
      とりKOKORO950円
      ちょい盛り(+40g)無料 大盛り(+80g)無料
      特盛(つけめんのみ)200円 極盛(つけめんのみ)250円
      極盛MAX(つけめんのみ)300円
      ◇トッピング
      味玉100円 のり100円 メンマ150円 もやし50円
      あげ玉50円 ちゃーしゅー1枚170円 ちゃーしゅー2枚300円
      青菜100円 ネギ100円
【ホームページ】http://www.ramen-hanabi.com/index.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター