2012-05-31

綾瀬 拉麺家 雷音

コーチン醤油490円+とろり味玉90円

カメラの調子が悪く、撮ったはずのラーメン写真がないので、やめようかと思ったが、折角なので、一応書いておこう。綾瀬タウンヒルズショッピングセンターという、場所柄やたらと広いショッピングセンタービルの1階奥のフードコートのそのまた奥にある店。フードコート内なので、基本はセルフサービス。店舗前はやたらとメニューが多く、一体どれを発注していいものやら。

よくわからなくて、つい前に並んでいたおじさんと同じものに味玉を追加。ドンブリ類のセットメニューを奨められたが、断った。麺は細麺か平打ち麺から選ぶ。どちらがいいですかね?と尋ねたら、女性店員はきっぱり、細麺です、と言い切るので、細麺にした。できあがったら呼びますという、ブザーを渡され目の前のテーブルに腰をおろした。

平日なので、昼時といってもそんなに混んではいない。子どもの声がやかましいな、と思っていたら、すぐそばが遊び場になっていた。周りではラーメンを食っている客がちらほら。しかし、よく見ると、となりの店舗が中華料理店で、そこの定食を食っている客もいた。それでも、人気店のようで、しばらく出てくるのに時間があった。

名古屋コーチン純系丸鶏スープと書かれたスープは、とてもあっさりしている中にも奥行きがあり、このフードコートの中のそれなりの価格では、ちょっと予想外にうまい。麺はやや幅広いもので、ぴろぴろの縮れがとてもよい食感。魚介系の出汁も合わさっているようで、さっぱり感もなかなか。

具材は、柔らかくてとろけるチャーシューに穂先メンマ。玉子は少し小さめだが、黄身は茶色に味がしみていた。しかし、一番安いメニューでこれなら、ほかのメニューも期待できる。次に機会があったら、違うメニューを食おう。やや隣の中華料理店に比べるとドンブリは小さめだが、量はそこそこある。スープまで完食して、ごちそうさま。食い終わったら、ドンブリは自分で返却口にさげる。

DSC01004.jpg


【住所】   綾瀬市深谷3734-1 綾瀬タウンヒルズショッピングセンター1階
【電話】   0467-79-5236
【営業時間】11:00~21:00
【定休日】 無休
【アクセス】車で:中原街道を下り、早川交差点を右折。直進した右側。綾瀬市役所前交差点手前右側。
【駐車場】 ショッピングセンターに1,000台
【席数】  フードコートに多数
【メニュー】純系名古屋コーチン丸鶏スープ コーチン醤油490円
       コーチン塩490円 コーチン味噌490円
       第五章
       超特急特選醤油味690円 横浜豚骨醤油味690円
       とろとろ濃コク味噌味790円 神奈川淡麗系塩味690円
       地獄麺(激辛味噌)890円 -斬辛!辣油湯麺890円
       中盛り90円 大盛り260円 
       ◇トッピング
       もやし90円 とろり味玉90円 のり8枚90円
       ほうれん草90円 辛子高菜150円 ねぎ山190円
       チャーシュー麺190円 超チャーシュー麺300円
【ホームページ】http://ra-men-raion.com/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2012-05-29

大正麺業 寒川店

味噌ラーメン並650円+味玉100円
DSC01001.jpg

味噌ラーメンがうまい店のようなので、仕事のついでによってみた。偶然なのか、駐車場に店員が立っていて、クルマを駐車場内の駐車スペースに誘導してくれた。何と親切な。12時過ぎの入店だが、意外と駐車場も空いていて、助かった。

店内に入ると、あまり愛想のなさそうな印象の若い女性店員が、おひとりさまですか、と尋ねてカウンター席を勧められた。この店は食券自販機ではないので、口頭で発注すると、慣れた様子で厨房に伝えていた。厨房内が暑いのか、恰幅がいいから暑いのか、タオルを頭と首に巻いた男性店員が孤軍奮闘中。

店内には入口横にガラス張りの製麺所が設置され、ここで作った自家製麺を使用と思われる。店内を見渡すと、家族連れが多いようだ。圧倒的に味噌ラーメンが出ているが、隣の人はラーメン、その隣の女性客は焼きそばのようなもの食っていた。額にかかったメニューを見てみたら、焼メンというのがあった。意外にうまそうだった。

しばらくして、運ばれてきたラーメンは白味噌仕立てのようだ。炒めた野菜とひき肉が上に乗る。チャーシューやメンマはのらない。これは、別にトッピングするようである。大抵の味噌ラーメンは、極端にうまくないということはないので、そういう意味では、あまりはずすことはないのだが、かといって、これはうまい、という個性に合うことも少ない。

味噌のうま味に加えて独特のうまみがあり、なかなかクセになりそうな気配はある。麺は縮れた太麺で、弾力のよい食感だ。さすが、自家製麺らしく大盛りも同一料金というのが、良心的だ。俺は普通盛にしたけどね。炒めたもやしとひき肉のうま味もいいバランスだ。少し振られたコショウもきいているのか、味は濃いめの印象ながら、しつこさはない。

後半少し飽きがきたが、スープを少し残して終了。常連客が多そうな店で、活気もあった。

DSC01002.jpg

【住所】   高座郡寒川町一之宮3-15-12
【電話】   0467-75-4041
【営業時間】11:00~15:00 17:00~23:30
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:JR相模線寒川駅南口から徒歩10分強。駅を背に線路沿いに右方向に進み、踏切のある交差点を左
            折。次の交差する右側の細い道を進む。そのまま直進して、少し広い産業道路にぶつかったら、左折し、
            少し進んだ左側。
       車で:国道1号線を小田原方面へ。産業道路入口交差点を左折し、そのまましばらく直進。一之宮小学校入口交
           差点を過ぎた左側。駐車場あり
【駐車場】 店の前に10台
【席数】  カウンター7席 テーブル4席×3 座敷4人分
【メニュー】ラーメン小550円 並650円 大650円
       味噌ラーメン小550円 並650円 大650円
       焼メン小550円 並650円 大650円
       餃子300円
       ご飯小100円 並200円 大200円
       ◇トッピング
       チャーシュウ200円 味玉100円 メンマ100円
【ホームページ】http://taisyo-mengyo.com/index.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2012-05-28

上大岡 啜麿専科

ザ・しおつけ麺(並)880円+味付玉子100円

DSC00996.jpg

夜営業から昼も営業するようになって、機会があったら訪れてみたいと思っていた店。上大岡から徒歩圏内だが、今日はクルマだったので、近くのコインパーキングにクルマを駐めた。13時半過ぎだが、並んではいない。外にある食券自販機は、店内に入らないからだろうと容易に推測できるほど狭い店。引き戸をあけたら、すぐに椅子が並んでおり、後ろを通るのはやや困難。

そんな手狭な店だが、相当人気があるようだ。先客は3名。俺は店外の食券自販機で、とりあえず一番左上にあったザ・しおつけ麺にいつものように味付玉子をプラス。これで、千円札を入れて20円しか返ってこない。食券自販機には、「麺固め」「あつもり」できません すいません の断り書きが貼ってある。これは、自信のあらわれなのか。

店内は男性店員が1名でやりくりしている。つけ麺なので、ある程度時間がかかるかな、と覚悟していたが、思いの外すぐに出てきたのは、うれしい。まずはつけダレから出てきた。器を温めていたので、熱々だ。さらに麺の上にはたくさんの具材がのっている。そばみたいな茶色の平打ち麺が目につく。見た目だけでなく、食感も蕎麦みたいなつるつるっとしたコシのある麺。風味もよく、つけダレにつけてもその風味がそれほど印象がそこなわれないのが、いい。つけダレの中にはチャーシューが入っていて、何ともあっさりとした中にもコクがあり、品のよさがある。これはいい。

具材も秀逸。ほうれん草が新鮮で茹で具合がよく、緑がみずみずしい。さらにコショウのきいた鶏肉チャーシューがとてもいい味わい。これだけでも、いいのにつけダレにもチャーシューが入っているのだから、これは贅沢だ。ごっそりと盛られたねぎも清涼感があっていい。さらにはメンマと味付け玉子。どちらもいい具合だった。

途中からもうひとり男性店員が加わった。さっぱりとした味わいだが、具材がボリュームたっぷりで量的にも満足。アルミのコップに入れた水もうまい。(ような気がする。)麺食い終えて、スープ割りを頼むと、三つ葉がのせられて出てきた。つけダレだとうまいのだが、スープ割りにすると意外とうまくなくなってしまう残念なつけダレが多いが、これはうまかった。ほどよい塩味の効いた豚骨の隠し味的な出汁が印象よかった。

食っている間にも、次々と客が入ってくる。面白いのはカウンター上にティッシュペーパーがつり下がっている。狭い店ならではの工夫かも。食い終えて、ほかの客と同じように食器を上にあげ、ふきんで拭くと、ごていねいにありがとうございます、みたいなていねいなあいさつをもらった。ごちそうさま。

DSC00998.jpg

【住所】   横浜市港南区上大岡西2-14-15
【電話】   046-835-1030
【営業時間】11:30~14:30 18:00~23:00
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:京浜急行上大岡駅徒歩7分くらい。駅を出て、目の前の鎌倉街道を左に進む。関ノ下交差点を右折し、次の交差する細い路地を左折して、少し行った右側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター7席 テーブル2席
【メニュー】ザ・しおつけ麺(並)240g 880円 ザ・しおつけ麺(小)120g 830円
       ザ・しおつけ麺(大)360g 930円
       正油つけ麺F(並)220g 850円 正油つけ麺F(小)110g 800円
       正油つけ麺F(大)330g 900円
       正油つけ麺H(並)220g 850円 正油つけ麺H(小)110g 800円
       正油つけ麺H(大)330g 900円
       正油らぅめん(並)165g 750円 正油らぅめん(大)275g 800円
       味付玉子100円 小ライス100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2012-05-26

元祖札幌や

タンメン730円
DSC00992.jpg

横須賀のラーメン店でもう未食の店は、残り少なくなったが、そんな1軒。久里浜黒船仲通り商店街というアーケードの中の店だ。

最近、ウイスキーがうまい。横須賀の走水水源地から汲んだ水で作った氷に注いで飲んでいる。いろいろ試して、結局、角瓶がうまい。それで、飲みながらブログを書くと、失敗が多い。メニューを残して、あとは下書き保存したつもりが、すべて消えていた。結局、一から書き直す羽目になった。

土曜日の16時過ぎだが、やたらとやかましい。福引きでならす鐘を絶え間なく鳴らし続け、叫んでいる。何とにぎやかな商店街といいたいが、にぎやかではなく、けたたましい。通りには両側に店舗と真ん中にもテーブルを置いて商品を売っている。そんな喧噪の真ん中にある店。

引き戸は全開で風が通り抜ける。店にはいると、年配の夫婦らしき店員が切り盛りしている。先客は3名。これまた年配の観光客らしき夫婦と、おじさん客。夫婦はサンマーメン、おじさんはなぜかチャーハンを注文していたようである。よーく冷えていない水を小さなコップに入れて、目の前のカウンターに女性店員が置いてくれた。サンマーメンがよぎったが、暑いので、やはりタンメンに妥協した。

おじさんが中華鍋を慣れた手つきで振りながら、サンマーメン、チャーハンの次に出てきたが、待ち時間は少ない。そして、おばさん、いや女性店員が手が滑るのか、布巾で包むようにドンブリを運んできた。横須賀の昔ながらの店の伝統なのか、スープがひたひたで、ちょっとこぼしてしまった。

具の野菜が山盛りで、麺は見えない。もやし、キャベツ、白菜、にんじん、たまねぎ、きくらげ、にんじん、といった割合で、野菜が多くは入っている。塩ベースのスープに野菜とひき肉のエキスがにじんでいて、ラードの焦げっぽい味と合わせて、なかなか絶妙な味だ。それにしても、野菜のボリュームがあって、どうしても自然には麺にたどり着けない。

麺は少し縮れた黄色い麺だが、さほど伸びてはいない。野菜は好きな方なので、楽しめたが、麺にたどり着けない焦燥感みたいなものがあって、かき混ぜるとスープがこぼれるし、実は食いながらイライラする。これで、あんかけだとサンマーメンなのだが、これに熱さが加わると、麺にたどり着くスピードはさらに遅くなり、伸びるだろうな、と思うとタンメンが正解だ。

食っている間に、商店街のけたたましさが少し変化した。焼鳥屋のタイムセールになった。普段は80円、木曜日は60円、はいこれからの10分間は1串50円、と連呼している。俄然、店のおやじも興味津々。ついに店を出て、様子を見に。食っている間に、残り1分。はい、並んでいる方まででおしまいいです、とアナウンスしていた。ああ、終わってよかった。やっと落ち着いて食えると思った頃には、腹一杯。完食、とまでいかなかったけど、スープ少し残して終了。

料金は後払い。案外、値段とボリュームで考えるとお買い得だったかな。気さくな女性店員が、フレンドリーでつい常連客気分にしてくれる店だ。

DSC00993.jpg


【住所】   横須賀市久里浜4-14-7
【電話】   046-835-1030
【営業時間】9:00~20:00
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:京浜急行久里浜駅徒歩3分。東口に出てから駅を背に右よりの黒船仲通りを直進した左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター15席
【メニュー】みそラーメン630円 塩ラーメン630円 しょうゆラーメン630円
       バターラーメン(味噌・塩・醤油)630円
       各種大盛ラーメン100円増 各種チャーシュー入り400円増
       タンメン730円 サンマーメン730円 もやしそば730円
       ねぎラーメン(辛さ自由)730円
       ワンタンメン780円 広東メン840円 五目そば840円
       チャーシューメン840円 ワンタン570円
       チャーハン730円 中華丼840円
       餃子350円 ライス200円 小ライス150円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2012-05-25

下永谷 環2家

ラーメン640円+味付け玉子60円
DSC00987.jpg

何がそんなにいいのかって?外観とまったくそぐわない店内の雰囲気とか、何で丸首シャツ1枚で男ばっかりが働いているとかちょっと冷静に考えると、不思議なのだが、これが横浜家系だっていわれたら、それまでなのだけど。15時過ぎの到着で、5台ほどある駐車場は、偶然1台分が空いていた。店内は7名ほどの先客。

家系直系店共通なのだろうか、食券自販機でお金を入れると、プラスチックの色がついた板が出てくる。らーめんと味付け玉子でちょうど700円なり。席について、食券板をカウンターに置くが、とりあえず何もいわれないので、こちらもだんまり。少しして、麺を茹でる段階で、お好みは?ときかれたので、油少なめを発注。

しかし、店員6名体制はコストではなく、修行という面もあるのだろう。全員が働いているのではなく、下働き的なことをやっているのが、きっと修行中な店員なのだろう。きびきび動いていて、気持ちがいい。そんな観察をしているうちに、ラーメンが到着。今までは無かったドンブリを置くお盆がおいてあり、ここにドンブリを置いて食うスタイルになったらしい。カウンターの汚れ防止かな。

久しぶりに食ったら、改めて濃厚というか、醤油のとがった味と濃厚スープの濃いめのバランスが新鮮に感じた。つるつるの麺も相変わらずいい。もう客にも会わないのでおろしショウガと行者にんにく、コショウを投入。いや、これを前提にしていたかのようなバランスのいい感じだ。

あっという間に完食。しかし、みんな礼儀正しい。ドンブリをカウンターに上げるだけでなく、テーブルを拭いていくのだ。入口横にフルーツの入った箱がおいてあり、ご自由にお持ちくださいとの貼り紙がある。しかも山積みだ。仕事中なので、断念した。訳ありなのかな?完食。ごちそうさま。

DSC00988.jpg

【住所】   横浜市港南区下永谷3-3-21
【電話】   045-825-3195
【営業時間】11:00~0:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】クルマで:環状2号線を新横浜から磯子方面に向かい、国道1号を越え、環2水田交差点の手前、左側。

【駐車場】 店横に5台分
【席数】  カウンター20席
【ホームページ】http://www.iekei.com/source/kan2ya/index.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2012-05-24

大場 鈴福

手打ちラーメン600円
DSC00981.jpg

たまに食いたくなる店。店は、古い造りながら昔からの人気店。今日は昼時間をずらして15時過ぎの入店。中途半端な時間だったので、開いている店が少ないという条件も重なった。すぐ近くの田ぶしも開いているが、今日は鈴福に。それでも先客は4名ほど。ここでは、これしか食ったことがないが、手打ちラーメンを発注。

店内は昼時間の流れからか多すぎる店員。おばちゃん2名、厨房内に男性2名。注文を伝えると、すぐに出てきた。青い縁取りのドンブリに、たくさんのったチャーシューが目につく。スープは豚ベースの少し魚介やニンニクっぽさも感じる。さっぱりなのにコクもあり、なかなか侮れない。麺は手打ちのピロピロとした襞がよい食感の少し平べったい麺。不均一なところがいい。麺をすするとスープが飛び散る食感がたまらない。

陽気そうなおばちゃんと職人的な店員が、落ち着いた感じをもたらす。チャーシューは、小さめだが、厚く柔らかい。メンマは業務用かな。唐辛子の粒入り。わかめはあまり好みではない。シンプルそうでいて、くせになる一杯。あっさりそうでいて、コクのあるスープと手打ち麺がよいマッチングで、やはり老若男女、食い手を選ばない。スープ少し残して、ごちそうさま。帰りまで、気持ちのいい応対だった。

DSC00983.jpg


【住所】   静岡県三島市安久37-3
【電話】   055-977-4627
【営業時間】11:30~21:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】クルマで:国道136号線(下田街道)を下田方面へ向かう。左手にマクドナルド、その先にENEOSのGSが見えたら、その並びの左側。
【駐車場】 店前に15台分
【席数】  カウンター15席、テーブル12席
【メニュー】ラーメン(細メン)600円 手打ラーメン600円 辛口手打ラーメン650円
       特製手打ラーメン700円 チャーシューメン750円」
       辛口チャーシューメン800円
       みそラーメン650円 辛口みそラーメン700円 みそチャーシューメン850円
       辛口みそチャーシューメン900円
       ギョウザ350円
       ライス小150円 並200

theme : ラーメン
genre : グルメ

2012-05-22

三島二日町 選り道

らぁめん630円+味玉半分50円
DSC00973.jpg

いやあ、初訪問にして二度目はほぼないだろうということが、はっきりしている店。残念だ。

DSC00974.jpg

複数候補の店から、偶然にもこの店にしたのが幸いした。もう1週遅かったら、食えなかった。11時28分に到着。店の前には、店のクルマと思われるクルマが駐まり、搬入中の様子。クルマを隣に駐めて、11時30分になったのでクルマから出て、いいですか、ときいたら、どうぞと店に通された。

居酒屋風の店内は奥に座敷があるようだ。カウンターに座って、メニューをみていろいろあるので、迷った。つけめんを考えたが、やはり基本のらぁめんに。小太りの男性店員が店主か、もう1名お手伝い的な女性店員の2名体制。さて、麺茹では寸胴みたいな鍋で、底の平たい深ざるで茹でて、数分でできあがり。女性店員が、カウンター超しではなく、厨房を出て、お盆に乗せていねいに持ってきてくれた。

黒っぽいスープは、醤油ベースで魚介だしが強めにきいている。特に玉ねぎとの相性がバツグンにいい。この個性はすばらしい。何となく、千葉の竹富式のような濃い醤油味と玉ねぎのヤクミを思い出した。それにしても、わさびを溶きながら食うという発想も新鮮だ。あまり入れるときっとツンと来ると思い、溶いてはスープを味わうのを繰り返す。

意識しているのだろうと思うが、伊豆半島らしい発想だ。さらに大葉も一枚真ん中に置いてあり、アクセントになっている。そして、スープもいいけど、ストレートのやや太めの丸い麺がいい。表面はつるつるで、歯ごたえはぼそっとした食感だけどねばりもある。噛み応えのいい麺だ。このスープとの相性がいい。あとはもやしもある。残念なのは玉子。せっかく半分追加したのに、黄身が溶け出してしまっている。これは若い女性店員が玉子をカットする際の不手際が原因なので、大目に見よう。

しばらくすると、続々と客が入ってきた。スープもうまく、ちょっと物足りないくらいの量だが、このくらいがちょうどいいかも。スープまでの飲み干して完食。調子に乗って、わさびを溶きすぎて、洟水がでてきた。ティッシュペーパーも用意されているので安心。カウンターにドンブリを置くと、そういう客が少ないのか、思いの外感謝された。料金は後払い。ごちそうさまでした。また、いつか復活する日を待ってます。

DSC00976.jpg

【住所】   静岡県三島市柳郷地6-1 山田ハイツ103
【電話】   055-971-2070
【営業時間】11:30~14:00 17:30~23:00(火曜~土曜)
        11:30~20:30(日曜・祝日)
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:国道1号線を下り、谷田交差点を右折。しばらく進んだ左側。
【駐車場】 店前に2台分、サークルKの道を挟んだ向かい側の共用駐車場もある。
【席数】  カウンター10席、座敷
【メニュー】限定塩らぁめん730円 上つけめん880円 つけめん680円
       つけダレ しょうゆ、和風しょうゆ、ごまみそ、カレー、トマト
       つけダレハーフ&ハーフ+150円
       つけめん大盛(225g)+100円 特盛(300g)+200円
       らぁめん630円 あぶりチャーシューらぁめん830円
       中華そば630円 うまこくらぁめん730円
       うまこくチャーシューらぁめん930円
       胡麻みそ坦々麺780円 まぜめん630円
       大盛+100円
       ◇トッピング
       味玉半分50円 辛肉味噌100円 チーズ100円
       のり100円 味玉100円 ネギ増し100円 メンマ100円
       チャーシュー増し200円
【ホームページ】http://yorimichiramen.blog133.fc2.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2012-05-21

能見台 カマリヤ大将

ラーメン600円+味付玉子50円
DSC00963.jpg

15時過ぎの訪問。この店も久しぶり。入店時はちょうど休憩時間のようで、若い眼鏡の男性店員が孤軍奮闘中。修行中とみた。男女店員がテーブル席で食事中。店主かもしれない。さて入店すると、まずは食券自販機へ。ラーメンにいつものように味付玉子をプラス。玉子50円は破格に安い。買っている段階で、眼鏡店員さんが、カウンター越しに待っている。

ちょうど真ん中くらいに腰をおろした。麺の硬さは?みたいなことをきかれたので、普通で、と答えた。先客は2名。俺の前に入った客のラーメン作り作業。深ざるではなく、平ザルでちょっとぎこちないが、不安は感じさせない手つきで湯切り。手早く調理。しばらくして、俺の番だ。さっと仕上げて、カウンターに乗せられたのをとる。

見た目は脂層が多く、白っぽいスープだ。表面の油をよけて、スープをすすると、力は弱いが、味わいはある。少し表面の油をかき混ぜると、なかなかいい感じだ。いわゆる家系の重みのあるスープではないが、かといって、ライトな味わいでもない。すっきりとコクのある味わいが、意外に新鮮。以前来たときより断然好印象だ。

秀逸なのが、麺。中太縮れ麺の食感がとてもよい。つるつるの表面と弾力、このくらい縮れていると、よくスープと絡む。さらに、具材ではねぎがいい。単に輪切りにしたわけではない、手間をかけたねぎの風味がよかった。海苔もいい。チャーシューと玉子は普通かな。

いつものように昼時間を大幅超過で、空腹感がやや後押ししたのかもしれないが、かなり印象よかった。こてこてではなく、かといって、さらさらで豚骨スープを薄めたような感じでもなく、ちょうどいい。厚化粧していない分、本来個性の強いねぎの風味が生きていた。俺の中では、本牧のラーメン大将より好みだった。特に麺の食感がいい。

カウンターテーブルには3つの銀の器があって、一つめは豆板醤、二つめはおろしにんにく、三つめはおろししょうが、と思いきやきざみニンニク。例によって仕事中なので、コショウだけで我慢。

意外といっては失礼だが、眼鏡店員さんの作ってくれたラーメン、よかったよ。価格も安めで、良心的。感謝の意を込めて、ドンブリを上に上げ、おまけにテーブルも拭いておいた。ごちそうさん。


DSC00968.jpg



【住所】  横浜市磯子区氷取沢113
【電話】  045-775-3491
【営業時間】10:30~23:00(日祝以外)10:30~23:00 
【定休日】 水曜日 
【アクセス】車で:笹下釜利谷道路を金沢文庫方面に向かい、上中里団地入口交差点を過ぎ、次の信号のすぐ手前の左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席、テーブル6席×2。
【メニュー】ラーメン600円 つけめん650円 チャーシューメン800円
       キムチラーメン700円 ワカメラーメン700円 キムチワカメラーメン800円
       チャーシューキムチラーメン900円
       和風つけめん800円 和風ラーメン800円
       中盛麺一ヶ半100円増 大盛麺二ヶ150円増
       ライス100円 餃子300円 ノリ増100円 キムチ増100円
       ワカメ増100円 味付玉子50円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2012-05-20

本牧家横須賀店

ラーメン並650円+味玉子110円


横須賀的家系でない店で、だいぶ以前に食ったときの印象がよかったので、再訪問。普通にラーメンとなぜか100円ではなく、110円の味玉子。なぜ100円ではいけないのですか?自販機には、さすが外人が多い街なので英語でも表記されている。チャーシューはroast porkだ。味玉子はeggとシンプル。

12時40分くらいで、横長のカウンター席には4名の先客。場所を考えると、明らかに少ない。やはり、豚骨ラーメン店らしく、近所にとんこつ臭を積極的に放たないといけないのではないだろうか。おそらく、やりすぎるとクレームは来るだろうが、そこは承知で、冒険しないと。いわれたら、改善しても、でいいじゃないか。だって、目立たないから。

食券を買って、セルフの水を持って、奥のカウンター席に腰をおろす。ほかの客は皆食っているので、俺だけの発注。いつものように、油少なめでお願いした。さっそく、麺茹で。上は白Tシャツで、下は細いブルーストライプの本店とたぶん同じユニフォームの店員さんが調理。すぐに完成。

スープは、意外とあっさり目でコクがない。奥行きや広がりが以前より感じられない。残念。麺はいい。歯触りやつるっつるっの食感は、とてもいい。しかし、残念ながらスープとのバランスが悪い。具材はおまけかもしれないので、あまり細かくいいたくないが、なぜ小松菜なのだろう。チャーシューは小さめだけど、厚みはあり、少し固めだ。味玉は普通。

日曜の昼時で、立地も悪くないのに客入りは厳しめ。客の舌に合わせるか、客の舌を合わせるか、難しいけど、今はどっちつかずで個性が見えにくいのかな。せっかくの家系を名乗るに足る店なのだから、ぜひがんばってほしい。

DSC00958.jpg


【住所】  横須賀市本町3-33-3
【電話】  046-827-8807
【営業時間】11:30~15:00 17:00~23:00 
【定休日】 火曜日、第4水曜日 
【アクセス】電車で:京浜急行汐入駅より徒歩3分。駅を出たら、右方向に進み、太い道路国道16号線を右に。そのまま道沿いに進んだところ。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席、テーブル6席×2。
【メニュー】ラーメン並160g 650円 ラーメン中240g 750円 ラーメン大320g 850円
       チャーシュー300円 ネギ170円 味玉子110円 のり110円
       小松菜100円 メンマ100円 コーン100円
       小ライス130円 大ライス260円       

theme : ラーメン
genre : グルメ

2012-05-17

本郷台 矢口家本店

ラーメン550円+味付け卵100円
DSC00953.jpg

本店は初訪問だ。立地が厳しいと思うのだが、侮ってはいけない。12時半過ぎのピーク時ということもあるが、駐車場は空いていたが、店内は満席。同時に入ったちょっとの差で、空席待ち状態になってしまった。珍しいのは、完全セルフサービス。ホール係はいない。空席が出たら、客同士が暗黙の了解で、こちらは3人客なので先にどうぞ、みたいな感じで着席するようだ。

基本的な横浜家系スタイルは踏襲しているが、食券自販機はないので、店員さんと目があったら、発注をする。いちいちきかれないので、勝手に好みは伝えた方がいい。俺の場合は脂少なめでお願いした。店員はマスターらしい男性と男女店員2人の合計3名。壁に書かれたメニューはラーメンとチャーシューメンのみというのが、潔くて好感。深ざるではなく、平ザルで湯切りをするところはなかなか好感がもてる。一度に麺を入れて出すので、運が悪いと結構時間がかかる。ラーメンは決してファストフードではないのだ。

案の定、10分以上かかった。ただ、一見怖そうなおじさんは意外とやさしい口調だったりもする。鶏油は標準で、結構多めに入れているように見受けられた。ようやく出てきた一杯。表面は海苔を立てずに覆われているので、わかりずらいが、ほうれん草、チャーシューと家系スタイルの具材がのる。

スープは、ライト系のとんこつ醤油で、臭みはなし。座った席がぐらぐらと寸胴が煮えたぎる様子が見える場所だったので、意外な感じと、さもありなんという気持ちが半々か。好みはそれぞれなので何とも言えないが、俺みたいな普段汗水たらして働くことの少ない人と比べて、明らかにアウトドアでクリエイティブに働く人たちも結構いて、このラーメン、ちょっと力不足って感じないのかな、とも思った。でも、この位がちょうどいいのかも。

さてさて、麺は丸山製麺製で、可もなく不可もなくといった感じ。ほうれん草はちょっと、疲れ気味。チャーシューは柔らかく臭みはない。味付け卵は、表面は茶色で、黄身も茶色で、濃い味の印象だが、見た目ほど濃くはなく、こちらもあっさりめかな。卵は最後に食ったので、どうしてもコントラストでこれはアクセントとして、濃い味だろうと想像していたせいかもしれない。

それにしても、感心させられたのは食券がないので、客が言うわがまま注文をすべて覚えているところ。偶然、オーダーミスでなく、複数客でできあがりのタイミングが一人おそくなってしまった客がいた。グループの他の客に出すタイミングで、一人遅れることを謝っていた。さらに出すときに、海苔増しをサービスしていた。

セルフサービスの店は、客が食い終わったドンブリをカウンターにあげて、ダスターで拭くのが、自然に行われていた。店に対する感謝というより、次にこの席に座る客への配慮かな。それにしてもドンブリをカウンターに上げて、ごちそうさまっていったら、値段をいわれたが、きっと客の額にこいつはいくら食ったって書いておくように覚えるのかな。でも家族連れの客もいたし。いずれにしても、客一人ひとりの注文を性格に覚えている技は、仕事とはいえなかなか見事。

スープを少し残した。ちなみにカウンターには、おろしニンニクだけでなく、おろしショウガもあった。これはうれしい。仕事中なのでニンニクはやめて、コショウとショウガにした。食っている間も、続々と客が入ってくる。クルマの通りはさほど多くなく、しかもどちらかというと住宅街の中の店で、この人気は侮れない。ライトなとんこつスープは、俺にはいまいち最高に好みというわけではなかったのが残念。

DSC00954-2.jpg

【住所】  横浜市栄区小山台1-21-16
【電話】  03-5714-7255
【営業時間】11:00~20:30 
【定休日】 無休 
【アクセス】車で:鎌倉街道を鎌倉方面に向け、港南車庫入口交差点の次の立体交差で左側車線に入り、橋の上を右折し、鎌倉街道を跨いで直進。小山台小中入口交差点を過ぎて、少し先の右側。駐車場は左側にあるが、小山台交差点直前で、入口狭いのと、坂が急なので、やや入りづらく要注意。
【駐車場】 店の反対車線側に6台
【席数】  カウンター17席。
【メニュー】ラーメン550円 中盛650円 大盛750円
       チャーシューメン750円 中盛850円 大盛950円
       ライス ノリ ネギ100円 わかめ100円
       味付け卵100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター