--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-29

吉野町 流星軒

流星麺(しお味)850円
DSC00286.jpg

久しぶりに来訪。12時過ぎで、ほぼ満席。でも運良く並ばずに座れた。というのも、その後次々と客が到来して、すぐに満席になったからだ。俺は近くのコインパーキングに停めたが、店の前に駐車している客もいるようだった。今日は、店主だけで切り盛りのようで、とても忙しそうだ。メニューは多く、つけ麺もいいかな、プレミアムもいいかな、と迷ったが、やはり店名のついた流星麺に決めた。座ってしばらく様子をみていると、店主が視線を向けてきたので、発注する。味はしお味に。

とても効率よく黙々と働いている。しばらくでてこないだろうなと、ぼーとBGMを聴いていると、意外に早く出てきた。ひとくちスープを飲んで、もうすべてがいい感じに思える。大体一人で作って出して、下げているのに、このていねいな作りはやはり、職人!こんなに忙しそうなのに、新しいメニューに挑戦する姿勢もすばらしい。しかもうまい!スープのひとくち目で、魚介の程よいうまみを強く感じる。強い魚介ではなく、バランスがいいところがすばらしい。忙しいのに七輪で炙ったチャーシューもいい。穂先メンマ、かまぼこ、うまくバランスがとれている。作り手のメッセージがよく伝わる一杯。

さらに、実は重層的なスープに、この細麺はあっさり感を演出していて、しおでよかったと思わせる。今日もまあまあ暑いけど、うまさにまけてスープまで完食。後になったが、チャーシューがうまい。具材も申し分ない。うまいラーメンを食えて幸せだった。ごちそうさま。料金は後払い。調理が一段落したところをみはからってごちそうさまと言おうと思ったら、こちらの動きを見通していて、声をかける前に目が合い、ありがとうございました、と言われそのままお代をはらう。客の動きをしっかり見ている店もさすが。ごちそうさまでした。

DSC00288.jpg

【住所】   横浜市南区日枝町4-97-2
【電話】   045-241-1238
【営業時間】11:30~14:30
       18:00~21:00  
【定休日】 水曜日 
【アクセス】 電車で:横浜市営地下鉄吉野町駅下車徒歩5分くらい。西4出口から地上へ。太めの道を左方向に進んだ道なり。川の手前。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席
【メニュー】ビシッと醤油の効いたクセになる味
        醤油プレミアム750円 流星プレミアム900円 チャーシュープレミアム1,050円
       しお味・しょうゆ味お選び下さい
        支那そば700円 流星麺850円 チャーシュー麺1,000円
       ガツンとパンチの効いたみそ
        流星パンチ パンチつけ麺950円
       トッピング追加
        味玉100円 のり100円 メンマ100円 青ネギ100円 チャーシュー2枚150枚
        麺大盛150円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-08-28

イツワ製麺所食堂

酸辣味噌つけ麺850円+味付け玉子100円
DSC00284.jpg

久しぶりに訪問。もし混んでいたら、近くの麺屋こうじにしようと思っていたら、意外に駐車スペースが空いていたので、入ってみた。やはり並んでいた。いつも並ぶようなので、当然かも。日曜の13時過ぎで、先客は4組くらい。食券を買って名前を書いて待つしくみのよう。何も考えずに、一番最初のボタンを押した。味噌のつけ麺かと思って、購入したのがそもそもの失敗。座ってぼっと待っていたら、どんどん客がやってきた。やがて、メニューを確認され、麺の太さと量をきかれる。太麺200グラムにしておいた。

混んできて、入口が人であふれても名前を書いてあるのだから、整列しなくていいのはいいかな。外でぶらぶらしている客もいるので、都度店員が外まで名前を呼んで迎えに行く。さほど待たずに店内に通されたが、唖然としたのは、待っている客より、中で食っている客のほうが少ない。カウンター席なんか誰もいない。つまり、俺一人。3つあるテーブル席も1つはあいている。厨房では4名が働いている。ひたすら、麺を茹でて、はかりではかっている。これは、この調理ペースに合わせて、客の入りを調整しているようである。だから、店内に入ってから極端に待たされることはない。

麺は見た目にもつるつる。しかし、つけだれを見て、すぐに失敗したことを悟った。赤すぎないだろうか。具材の野菜とレンゲにのったひき肉。さっそく麺をつけて食うと、やはりむせた。ほかの客にはまったく問題にならないのだろうが、俺には辛い。我慢して食っていれば慣れてくるかと思ったが、慣れなかった。麺はとてもいいが、その風味は強すぎる刺激のおかげで全く活かされない。少しだけ酸味は感じるが、味噌のうま味は見あたらない。まあ、こんなものなのでしょう。自分の選択が間違ったと、とても後悔。

それにしても、こういうしくみだと、行列はしないが、かならず待ちができて店の外にあふれていると、自然と人気店みたいな感じが醸し出されるようで、それも計算のうちかな。意外と子連れが多くて、うるさくて落ち着けない。最初のころはぱっとしないおじさんと若い男性店員の二人で、雰囲気も好きなのだったけど、今日行ってみて、ちょっと俺には合わない感じだった。残念。当分行かなくてもいいかな。

【住所】  横須賀市森崎1-1-9
【電話】  046-837-1467
【営業時間】11:30~15:00(火~金)
       11:30~15:30 17:30~21:00 (土日)
     11:30~15:30(祝)  
【定休日】 月曜日、第3火曜日 
【アクセス】車で:国道134号線を久里浜方面に向かって進み、根岸町交差点を右折。川を跨ぐ橋を渡ったらすぐ右折。川沿いに進んだ左側。タクシーなどが左側に駐車している休憩スポットの手前。
電車で:京浜急行北久里浜駅下車。 徒歩15分くらい。駅を出て、国道134号線を横断(北久里浜駅前交差点)し、道なりに直進。しばらく進むと、左側に道路と平行して流れる川を渡る橋があるので、わたって、右折し、駅を背に川沿いに進む。川向こうにネッツトヨタの看板が見えたら、すぐ近くの左側。看板や幟等はないので、注意深く、捜す必要あり。
【駐車場】 5台
【席数】  カウンター7席 テーブル7席、5席、7席
【メニュー】酸辣味噌つけ麺850円 坦坦つけ麺700円 キムチつけ麺850円 セロリつけ麺790円 イツワつけ麺730円
       しおつけ麺730円 まぜ麺(冷)800円 ほか

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-08-27

田島家久里浜店

味玉子ラーメン700円
DSC00277.jpg

アウトドアな雰囲気の店。店にドアはなく、壁もない。ビニール地のテントのような造りは、海風の強い冬場は寒そうだ。とはいえ、本日は真夏にしては、比較的気温が低いので、そうつらくはない。当然、冷房もなさそう。この辺りでは、といっても駅から離れるので、そう店はないが、人気店のようだ。家系というよりは、横須賀独特の豚骨醤油。入口らしきところから入って、すぐ右手に食券自販機がある。13時近くだが、客の入りは8名くらい。子ども連れが多い。

店員はていねいな応対の男女2名。男性が調理専門。女性がホール係。深ざるをつかっていないようなのも好感。さほど待たずにカウンター越しに登場。ドンブリはちょっ大きめなような気がする。見た目は薄い膜が張っているようで濃厚な豚骨醤油かと思いきや、粘度は低く、見た目に反して、さらさらスープ。さらにこれまた、意外性のある細麺。少し縮れがある。きかれなかったけど、固めのほうが伸びずにすんだかもしれない。しかし、麺量は結構ある。通常より多いのでは、という感じがある。海苔の下にあるチャーシューは柔らかめ。味付けもよい。ワカメは、やや伸びきり。玉子もまあまあ、よい味加減。

何というか慣れるとこれはこれでうまいかも。家系の豚骨醤油とは、まったく別のもの。途中で、ブラックペッパーを入れてみた。入れないよりはいい。さらに、ニンニククラッシャーがあったので、ニンニク1ヶを使用。これは、まあ、何とも。ニンニクの方が強くて、スープが負けてしまった。

清潔感は当然というか、まあ期待していなかったけど、雑然とした感じもなく、入ってしまえば落ち着く。水もセルフでなく、冷たい水を提供してくれるのはうれしい。目の前に大型ホームセンターが出来たので、さらに賑わっているのかな。天気は曇天だったが、目の前の海岸ではバーベキューをやっている家族連れもちらほら。

DSC00280.jpg

【住所】  横須賀市久里浜8-5-8
【電話】  046-835-2373
【営業時間】11:00~21:00      
【定休日】 不定休 
【アクセス】電車で:京浜急行久里浜駅より徒歩20分以上。駅前ロータリーを右に進み、次のT字路を右折。京急久里浜駅前交差点を直進し、道なりに直進。左手にJVC横須賀工場が見え、その少し先のY字路を右の道に。直進し、海沿いのカインズホームの手前の交差点右側。海岸線を行きたい場合は、駅前ロータリーを直進し、そのまままっすぐ行くと、海岸沿いの道にぶつかるので、右折。左手にカインズホームのある大浜交差点を右折した左側。バスだと京急久里浜またはYRP野比から東京湾フェリー行きで大浜下車。
       車で:国道134号線を北久里浜駅前から湘南橋を直進し、夫婦橋も直進。そのまま海沿いの道路にぶつかる開国橋を右折し、大浜交差点を右折した左側。
【駐車場】 5台(店の並び、カインズホームの向かいの契約Pに5台(1,2,3,5,6))
【席数】  カウンター10席 テーブル席4人×2
【メニュー】醤油ラーメン600円 味玉子ラーメン700円 メンマラーメン700円 のりラーメン800円 ネギラーメン700円
       チャーシューメン800円 コーンラーメン650円 わかめラーメン650円 ワンタン麺750円
       つけ麺(味玉子付き)750円  激辛ラーメン650円 ミソラーメン650円 ミソ味玉子ラーメン750円
       ミソメンマラーメン750円 ミソのりラーメン850円 ミソネギラーメン750円 ミソチャーシューメン850円
       ミソコーンラーメン700円 ミソわかめラーメン700円 ミソワンタン麺800円 ミソつけ麺(味玉子付き)800円
       ◇トッピング
       味玉子100円 メンマ100円 のり200円 コーン50円 わかめ50円 ネギ100円
       中盛100円 大盛200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-08-26

横浜 一風堂ポルタ店

赤丸新味玉子入り950円
DSC00271.jpg

時間がないときにさっと食えるのも博多ラーメンのいいところかな、と思っているが、この店は例外。いつも並んでいて入るのに時間がかかる人気店。久しぶりに来たら、食券自販機が店外に置かれていた。この自販機は最後に精算ボタンとかいう名前だったような最終確認ボタンがあって、それを押さないと食券が出てこない。よくしくみがわからなくて待っていたら、1回目タイムアウトしてしまった。

こういう小さな躓きが自分のせいであるにも関わらず、腹が立つ。心なくもぶっきらぼうに店内に入ると、どこに座れとか、案内もない。タイミングの問題かと思うが、だったら好きなところに座るが、と思いつつも立って案内を請う。大体15時過ぎなので、店員も緊張感が緩む時間だと思う。それでも客席は半数くらい埋まっている。

こういう暑い日はぴりっと冴えた感じがいいかと、思ったが、汗だくに。でもさすが洗練された感があるラーメンは重層的なうまみがよい。たまにはと、ニンニククラッシャーで生ニンニクを加えてみたが、これもなかなかよい感じ。広がりのある味わいは、なかなか。やわらかいチャーシューもグッド。しかし、この値段は場所なりか。冷静に考えれば結構いい値段だ。

DSC00274.jpg


【住所】  神奈川県横浜市西区高島2-16 ポルタB1-117
【電話】  045-444-2205
【営業時間】11:00~23:00      
【定休日】
【アクセス】電車で:横浜駅東口下車。徒歩3分。地下街ポルタの中。
【駐車場】 なし
【席数】  27席
【ホームページ】http://www.ippudo.com/index.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-08-20

九州男児浦賀店

熊本ラーメン黒650円+煮玉子100円
DSC00266.jpg

昨日(8/19)開店した店。北久里浜6月に開店した店の2号店。FC店なのでおそらく北久里浜と同じ味だろうと、さして期待せず来訪。駅の階段を下りたすぐのビル1階と、交通の便は至極よい。店の前には祝開店の花輪と幟や立て看板が賑やかだ。自動ドアを潜って入ると、すぐ左に食券自販機がある。1番ボタンにあったマー油のかかった黒ラーメンにしてみた。そして、いつものように煮玉子をプラス。

店内はさすがオープンしたてだけあって、清潔だ。カウンターの四角い椅子は座面が広く、柔らかく座り心地もいい。テーブル席も奥にあって、北久里浜の店より広めだ。カウンター内に厨房があり、ホール係の女性も含め店員は3名。先客は5名。14時過ぎの入店なので、まあ入っているほうではと思う。厨房の奥で麺茹でをしているが、残念ながらあまりよくは見えない。深ざるでキッチンタイマー使用のようだ。麺は極細ではないので、意外と時間がかかる。

待っている間に、まずはお通しのような漬け物が出てくる。その後、スタンプカードをもってくる。一度に持ってきてもいいのでは。まあ、この辺は店のマニュアルかも。でも、サービスなら、セルフサービスになっている水を持ってきてくれる方が、気が利いているのではとも思う。

出てきたラーメンは黒いマー油が全体にかかったもの。ドンブリは幾分小ぶりのような気がする。ドンブリに合わせて小ぶりのチャーシューは、やや癖はあるものの柔らかい。少し人工的で強めのうま味は奥行きがない。思わずすり胡椒を振ってかけたら、結構いけた。この店では、ニンニクを頼むと生ニンニクとクラッシャーをくれるが、今回は頼まなかった。生キャベツはなかなかいい具合。あとは、のりと玉子。博多ラーメンはキャベツでなく、キクラゲとネギ。この辺の単純な割り切りもわかりやすい。

麺は適度な太さで、これはこれでいいかなとも思う。低加水のちょっとだけぼそっとした感じがよい。予想通り、北久里浜の店と同じ味わいだった。よかった店は新しい店だが、オペレーションはしっかりしていて、特にトラブルもなく、元気がよく、ていねいな対応の店員は好感だった。

DSC00270.jpg



【住所】  横須賀市東浦賀1-1-1・1F
【電話】  046-876-7756
【営業時間】11:00~1:00      
【定休日】 年中無休 
【アクセス】電車で:京浜急行浦賀駅から徒歩0分。浦賀駅改札を出て、右折せず、まっすぐ進み、階段を下りたすぐ左手のビルの1階。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席 テーブル席4人×2
【メニュー】博多ラーメン白650円 熊本ラーメン黒650円 学割ラーメン(白・黒)550円
      替玉130g100円 
      ◇トッピング
      角煮250円 チャーシュー200円 煮玉子100円 青ネギ100円 のり100円
【ホームページ】http://kyushudanji.jp/index.html


theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-08-13

豚骨ラーメン前略

とんこつ正油550円+味付玉子150円
DSC00195.jpg

昼過ぎの訪問で、先客4名。この暑いのにラーメンを食う客が他にもいるなんて。ここの売りのようで、みんなラーメンにドンブリやチャーハンなどのセットメニューを食っている。入口近くの食券自販機を見て、一瞬ためらってしまった。というのも、ラーメン550円は今どきとても安価だと思うのだが、味付玉子150円って高過ぎはしないだろうか。単なるゆで玉子でさえ100円もする。しかし、食わずにどうこういうのも癪なので、一応ボタンを押すと、結局、700円で、とんこつラーメンとしては、相場みたいな感じになってしまった。

食券をカウンターに置くも、反応がない。しかたなく座って、待つが食券を手にするとか、のぞき込むとか仕草がないので、何となく不安だが、まあ、わかっているのだろうと放っておく。カウンター内は暑そうな店主とおぼしき男性と補助の女性店員。きくらげがどうこう、という会話がしてきた。水を給水器でコップに注いで飲んだら、ぬるかった。どうやら常温のようだ。そのうちに隣の客の発注した何とかセットが出てきた。次に俺のラーメンをつくるのかな、とぼうっとしていたら、おもむろにカウンター越しにラーメンが出てきた。あまり愛想がないおやじだ。

気を取り直して、ラーメンに。ひどく乱雑な割方をした玉子が目立つ。黄身がはみ出てしまっている。これは客に出せるレベルではないな。最初から二ツにしなくてもいいのに。さて、スープは、白っぽい甘みのあるとんこつに大振りな背脂がかかったもの。背脂の量は多め。さらにもやし、ねぎ、チャーシュー、なぜか、きくらげ、のり。麺は黄色い縮れた太麺で、ぷりっとしている。この麺はスープよりもいい感じだ。それにしても、玉子が汚い。味は、ちょっと濃い味付けで、やや甘みが強すぎ。

食券自販機を改めて見て、わかった。基本のラーメンは550円なのだが、トッピングが基本的に150円なのだ。のり増もメンマも150円、麺大盛は200円。チャーシューメンは+300円の850円だ。それにしても基本のラーメンのチャーシューは薄くて、小さい。まあ、背脂豊富だから、コクはあるような気はするが。ニンニクや豆板醤などの調味料はカウンターには置いていないが、頼めばでてくるようである。隣の客がそうしていた。しかし、そんなこと書いてもいないので、初めての客はわからない。何となく無愛想で、不親切な店という印象になってしまった。でも、食い終わったドンブリはカウンターに上げろ、とそういう貼り紙は見やすく貼ってある。仕方なく、カウンターに置いて店を出るが、とうとう何のあいさつもなかった。店の外は、店員とは対照的に、やたらと鬱陶しい謳い文句の看板にサイン看板までついていた。同じ敷地にある占いの看板を掲げた店が気になった。

DSC00198.jpg

【住所】  横須賀市武1-20-15
【電話】  046-856-5331
【営業時間】11:00~2:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】車で:横浜横須賀道路を衣笠インターで下り、料金所から2つめの信号を右折し、三崎街道に。通研入口交差点を過ぎ、左側にいろいろな店が入り連なった建物、ユニオンマーケットが見える。中程に看板がある。店舗全体の前面が駐車場
【駐車場】 全体で40台
【席数】  カウンター10席

【メニュー】とんこつ正油550円 とんこつ正油チャーシュー850円
      支那そば正油550円 支那そば正油チャーシュー850円
      とんこつ塩550円 とんこつ塩チャーシュー850円
      支那そば塩600円 支那そば塩チャーシュー900円
      とんこつ味噌750円 とんこつ味噌チャーシュー950円
      支那そば味噌750円 支那そば味噌チャーシュー950円
      とんこつカレー700円 とんこつカレーチャーシュー900円
      とんこつ梅塩750円 とんこつ角煮スタミナラーメン1,000円
      メンマ150円 味付玉子150円 ゆで玉子100円 のり増150円
      メン大盛200円
      冷しラーメン750円 冷し中華そば850円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-08-05

金沢八景 横横家

ラーメン630円+味付玉子50円
DSC00021.jpg

久しぶりにやってきた。午後2時半すぎだというのに、何て事でしょう!、ほぼ満席です。まさか、並ぶのかと思い、くらっときたが、しかしながら、金沢八景から午後の一番気温の高そうな時間に歩いてきたので、今更引き返せない。食券を買ったら、すぐにカウンター奥の席に案内された。よかった。奥は厨房と壁に向かって無理矢理カウンター席を並べた感じで間を通ることは、けっこう困難な狭い焼鳥屋みたいな感じだ。

しかし、この中途半端な時間にこんなにラーメン食っているやつがいるなんて。おそろしい店だ。店員もよくわからない相づちをたがいにうちながら、忙しく立ち働いている。さすが家系直系というだけあって、だらだらした感じがまったくなく、ほとんど必要な言葉以外は話さないが、全員がたえず作業をしている様子は気持ちがいい。他の直系店と比べても働きっぷりは見ていて気持ちがいい。食券を置いてしばらくして、好みを聞かれたので、何となく暑さにぐたっとなりそうで、油少なめにしてみた。麺茹での2クール目で俺の麺が入り、やがてできあがり。

味は、何も言わなくても濃いめ。粘度もやや高めだ。醤油のとがった味と甘みの少ない豚骨スープが真っ向勝負みたいな力強い味わい。しかし、少々しょっぱさが目立つような感もある。雑味はないので、いやらしさはない。麺は角断面の短めの中太麺。スモークなチャーシューは薄いがうまい。トッピングが安いのもうれしいが、ニンニクなどの調味料がたくさんカウンターに並べられているのもうれしい。

しかし、昨日に比べて今日は気温が高いような気がして、みなさん、ライスとかよくくいなさる、と感心してしまった。暑さで、スープはかなり残してしまった。味付玉子を最後に食ったが、こちらは固めの茹で加減。あまり好みではなかった。途中いれた、刻みショウガが失敗だった。味が濃すぎて、酸味が妙に目立つようになってしまった。ニンニクも入れてみたが、しょっぱさがさらに増した。なぜか魚粉も置いてあった。

店を出たら、暑いと思っていた店内も外に比べれば、ずいぶんと涼しかった。また、駅まで歩いてかえらなきゃ。今度は、久しぶりに杉田家も訪れたい、と歩きながら考えた。


DSC00025.jpg


【住所】  横浜市金沢区六浦1-12-17
【電話】  045-781-5331
【営業時間】10:00~0:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:京浜急行金沢八景駅下車。徒歩10分くらい。駅を降りて、直進すると国道16号線にぶつかるので、横断して、横須賀方面に右折。そのまま16号線を直進した左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター14席+テーブル8席

【メニュー】ラーメン630円 ラーメン中盛750円 大盛850円
      チャーシューメン750円 中盛850円 大盛850円
      ◇トッピング
      のり50円 味付玉子50円 青菜50円 にんにくもやし50円 白髪ねぎ100円
      きくらげわかめブレンド40円 玉ねぎ10円 野菜畑10円 コーン40円ほか
【ホームページ】http://www.iekei.com/source/yokoyokoya/index.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-08-01

吉野町 元祖北海道旭川ラーメンぺーぱん

正油ラーメン700円
DSC00014.jpg


13時過ぎに入店。久しぶりに訪れたが、今日はいつもの女性店員ひとり。先客は、2名。迷わず正油ラーメンをチョイス。旭川といえば正油でしょ。でも味噌や塩も悪くないかなと思う。女性店主は元気に働きながら、常連客らしき男性客に話しかけていた。この辺の気さくさも下町らしく、店の雰囲気を和ませている。今日は8月にしては妙に暑くなく、7月の猛暑はどこに?という天候だ。

大きな鍋で麺を茹でて、手で茹で具合をきちんと確かめていた。その後、いさぎよく手際よく平ざるで掬い、湯切り。慣れれば何でもないようなことを深ざるですませる店が多いので、妙に新鮮に映る。昔はこれが普通だったのに。それにしても、きつすぎない豚骨臭は、最近では何となくなつかしい。

そう待たずに、ラーメン到着。濁った感じのスープに多めのねぎ。スープ表面の油はラードだが、焦げっぽいところが持ち味。少ししょっぱさのあるきつめの醤油味がいい。寒いと、きっとこういうラーメンがうまいんだろう、と思う。今日、酷暑でなくて本当によかった。少しボソボソ感のある強い縮れ麺がうれしい。中くらいの細さだが、この麺の茹で具合もなかなか。さすが、手で麺の茹で具合を確かめていただけのことはある。もちろん、キッチンタイマーなんて使わない。茹で加減は麺を手にとってしっかり確認していた。

チャーシューは厚めの歯ごたえのあるものが3枚。メンマも歯ごたえよい。多めのねぎもよい。いやはや、な味わいで完食。食い終わると、カウンターに食器をあげろと書いてある店は多いのだが、ここは上げるな、と書いてあるので、何か理由があると思いつつも、食器はそのままにして、料金を払って店を出た。

DSC00017.jpg

【住所】  横浜市南区高砂町3-34
【電話】  045-243-0595
【営業時間】平日11:30~21:00 [土曜] 11:30~16:00 17:30~21:00 [日・祝] 11:30~16:00 17:30~21:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄吉野町駅下車徒歩5分。3番出口または1番出口から出て、鎌倉街道と交差する16号を横須賀方面へ。高速道路の高架の手前の睦橋交差点を右折し、細い道を入った左側。黄色の看板。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター13席

【メニュー】ラーメン700円 塩ラーメン700円 塩ラーメン(コーン入り)800円 味噌野菜ラーメン850円
      正油野菜ラーメン850円 塩野菜ラーメン850円 支那竹ラーメン900円 チャーシューメン950円
      正油野菜チャーシューメン1,050円 塩野菜チャーシューメン1,050円
      味噌野菜チャーシューメン1,050円
      ライス200円 小ライス150円
      大盛は、いずれも100円増しです

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。