2011-07-31

つくし亭大津店

ラーメン650円+煮たまご50円
DSC00009.jpg

12時40分くらいに入店。先客は7名ほど。約5分くらい待って到着。深ざる使用。さすがに日曜のランチタイムで忙しそうだが、手際はよい。店主らしき男性が調理担当。女性店員がホール係。駐車場がないためか、道路をモニタするカメラが2台店内においてあった。

ラーメンは横須賀で標準的なとんこつ醤油だが、スープはさらさらとしており、表面の油もしつこくない。とんこつ臭はドンブリからも店からも臭わない。雑味がなく純粋な感じだが、コクや奥行きはあまりない。癖がないのがいいところか。麺は断面が正方形のもので、コシはあまりないが、その分柔らかめに茹でてある。

具材は家系で定番のチャーシュー、ほうれん草、のり3枚。ワカメなどで代用している店もあるなかで、立派。さらにチャーシューは厚みがあり、ボリューム感がある。柔らかく、やや濃いめの味付けも悪くない。のりもあまり溶け出さずにしっかりとしたもの。これらはとても好印象。

常連らしい客にも、あまり媚びへつらわず淡々と調理をしている店員の姿勢もなかなか好感がもてる。カウンターには、すりしょうがは置いてなかったが、少し茶色に変色したニンニクを少し、いれてみた。またコショーと白黒ゴマも入れてみた。まあまあ味の変化が楽しめた。

DSC00011.jpg


【住所】  横須賀市大津町4-5-11
【電話】  
【営業時間】11:30~21:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:京急久里浜線新大津駅10分くらい。久里浜方面へ向かって右側に出て、ファミリーマート前を直進、大きな通り(国道134号線)にぶつかったら、右折道なり。赤い看板。
      車で:国道134号線を大津交差点から北久里浜へ向かって、京急のガードを二つくぐり、大津グランド信号をすぎた左側。駐車場なし。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター8席、テーブル7席

【メニュー】ラーメン650円 ネギラーメン800円 チャーシューメン800円 ネギチャーシュー950円
      ミソラーメン650円 ネギミソ800円 ミソチャーシュー800円 ネギミソチャーシュー950円
      各ラーメン中盛100円増 各ラーメン大盛200円増
      のり増100円増し
      ラーメンセット(ギョーザ4ヶ、半ライス付)850円
      つけめん(煮たまご付)750円
      つけめんセット(ギョーザ4ヶ、煮たまご付)850円
      煮たまご50円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-07-24

天芯ラーメン北久里浜店

しょう油ラーメン550円
CIMG2950.jpg

2回目の訪問。昼時の12時半ころに入店。カウンターにくつろいでビールを飲みながら昼飯を食う客と定食を食う客、テーブルに子連れの客。カウンター内で店主らしき男性が孤軍奮闘。鍋は振るは、麺は茹でるは、会計はするは、フル回転。でもいつものことのようで、焦り感がないので、落ち着いて見てられる。天芯ラーメンチェーンの実態はよくわからないが、ほぼ独立系のようにも見受けられる。ラーメン主体だが、定食のメニューも多く、実際には麺類を発注しているのは俺だけだった。

ちょっと待つが、さほど不快ではない。いつの間につくっていたんだ?というのは大袈裟だが、手際よく調理してカウンター越しに出てきたラーメン。麺を覆い尽くす具材は、チャーシュー、茎中心のほうれん草、メンマ。スープはあっさり目と思いきや意外とコクもある。鶏ガラ主体と思われるが、化調っぽさも含め、重層的な出汁の感じがした。細めの縮れ麺は少し癖がある味だが、まあこんなものでしょう。個性はないが、思っていたより重層的ななうま味で、実はいろんな出汁を合わせていたでしょ、と思わせる。それでいて個性はあまり強くない。麺もこのスープにあうものになるともっとよくなると思う。でも、やはり定食主体なのかもしれない。ラーメンだけで勝負したい、とか考えることはないのかな。

値段なりに満足できる店だが、ラーメンはホワイトペッパーがあう感じの味わい。隣の雀荘は貸事務所になっていた。こういう店は働いている人の事情に左右されるところが強いので(FC店はむしろ逆なのだけど)、ぜひがんばってほしいと思う。ということで、たまには行かないと。

それにしても風雪に耐えてがんばったであろうテント地の看板が素敵だ。てんしんチェーンと書かれた輪の中にいるハクション大魔王のかんちゃんみたいなキャラクターは、天芯ちゃんというらしい。でも看板の上の方に銀座と書かれているので、きっと以前は銀座まで席巻したチェーン店だったに違いない。にぎやかさを演出するためのちょうちんが、かえって昭和が遠のいていくような、うら寂しさを感じさせてしまう。

CIMG2951.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-25-4
【電話】  046-834-2080
【営業時間】
【定休日】 
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅下車。徒歩10分くらい。駅前ロータリーを渡り、国道134号線を横断し、右手にデニーズを見ながら、直進。3つ交差点を過ぎて、左側に公園があり、その少し先の左側。
      車で:国道134号線を久里浜方面に向け、根岸町交差点を過ぎ、左手に北久里浜駅の入口、右手にデニーズのある交差点を右折。そのまま直進し、交差点3つ過ぎ、右手に公園が見えたら、その先の道なり。看板は小さめなので、注意しながら進む。駐車場なし。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席、テーブル4席×2

【メニュー】野菜ラーメン680円 ねぎラーメン780円 お子様ラーメン500円 あんかけラーメン780円
      五目そば800円 チャーシューメン780円 みそらーじゃーめん600円
      しおラーメン600円 しょう油ラーメン550円 みそラーメン600円
      ◇トッピング
      めんま100円増 バター100円増 わかめ100円増 コーン100円増

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-07-23

幸楽苑 横須賀佐原店

極旨醤油らーめん409円
CIMG2946.jpg

FC店。佐原交差点近くに今年開店した店。こういう店も一応チェック。12時半を過ぎた時間で、広い店内にもかかわらず、ほぼ満席のようで名前を書いて待つように伝えられた。幸い、グループ客が多いようで、一人の俺はカウンター席にすぐに案内された。

中華そばが一番安価なのだが、100円高い極旨醤油らーめんにしてみた。厨房はセントラルキッチンのようで、一応麺は深ざるで茹でているようだが、チャーハンなどはミキサー車みたいにぐるぐる廻しながら、炒める?マシンが活躍していた。ちょうど死角で、見えなかったが、もしかしたら餃子も焼きマシンがあるのだろうと思う。

店員の動きがきびきびしている。回転のよさはさすが。3分くらいで出てきた。盛りつけまでは指導が行き届かないのか、素材の性質でどうにもならないのか、かなり淋しい盛り付けだ。焼きベーコンみたいな見た目の肉はチャーシューのようだ、かなり固めのメンマとナルト、小さな海苔、以上が具材。値段なりと考えて納得。

麺は四角い少し縮れのあるもの。つるつる感があるのがよいところ。スープは生姜の風味が効いている。人工的なうま味もちょっとあるかな。まあ、ちょっと淋しい感じは否めないが、この値段ではこの程度でよいかと。思い切って、チャーシューは抜くというのも手だと思う。それにしても、安いが一番ということなのだろうか、次々に客が入る。しかし、本来ラーメンは昼食としては、かなり高い部類に入るはず。だからこそ、ラーメンは贅沢品であるべきで、ごちそうなのだと思う。安いを売り物にしてはいけない。

CIMG2947.jpg

【住所】  横須賀市佐原3-1-11
【電話】  046-834-4063
【営業時間】11:00~2:00
【定休日】 無休
【アクセス】車で:国道134号線を下り、湘南橋を右折し佐原方面へ。佐原交差点を左折してすぐの右側。
【駐車場】 店横に多数
【席数】  
【メニュー】中華そば304円 極旨醤油らーめん409円 とろーり豚バラ中華そば651円
      ねぎらーめん514円
味噌らーめん409円 味噌ねぎらーめん514円 味噌野菜らーめん514円
      辛し肉味噌入り味噌野菜らーめん619円
      塩らーめん409円 塩野菜らーめん514円 塩ねぎらーめん514円
      つけめん409円 濃厚魚介つけめん514円 和風盛り中華409円
      冷し担担麺619円 冷やし中華619円  
      鶏ガラ塩のりチャーシューめん950円
      つけ麺750円 富士山盛り野菜ラーメン680円
      ◇トッピング
      味付玉子100円
【ホームページ】http://www.kourakuen.co.jp/store_locator/kantou_koushinetsu/kanagawa/003091.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-07-21

下永谷 天河水

つけ麺750円+づけ玉子100円
CIMG2942.jpg

台風がくると湿った暑い気候になるとおもっていたら、案に反して今日は長袖がちょうどいいような涼しさ。しかしながら、妙に涼しい。でも今日はつけ麺が食いたい気分で、濃厚な魚介系豚骨のつけ麺に。この店は、昼と夜の部で性格が変わって、昼は濃厚魚介豚骨、夜は二郎インスパイアという展開。夜は訪れたことがないので、昼間の濃厚な魚介豚骨しか知らない。といっても、窓があまりないせいか、昼でもちょっと薄暗い店だが。

たまにこういう濃厚なつけ汁で食うつけ麺が食いたくなる。今日もそんな日だった。たくさんある駐車場は満車だったが、運良く1台出たので、入れ替わりに停められた。ぬかるみに注意しながら、入店すると店内で3人ほど並んでいる。食券を買ってしかたなく並ぶと、さほど待たずにカウンター席に案内された。

先に食券は渡してあったので、思ったほど待たずにやってきた。ドロドロのつけ汁に太めの麺。つけ汁にはメンマ、ナルト、かいわれ。一方、麺の方にはチャーシューと追加の味玉。麺の食感はよい感じだ。つけ汁は見た目どおりの濃厚さ。この手のつけ麺では、安定したうまさだと思う。豚骨と魚介のバランスも俺には好みだ。今日はやけに玉子がうまく感じられた。この玉子はとてもいい味わいと、半熟具合だ。チャーシューや太めのメンマもよい味だった。

最後に最初から用意してあるポットに入ったスープ割りを注いで、完食。よくを言えば、最初からポットに入れずに注いでくれる方が、熱々でいい。食い終わって13時過ぎだが、次々と客が入ってきてまた待ちになっていた。

CIMG2943.jpg

【住所】  横浜市港南区下永谷3-28-13
【電話】  045-823-4379
【営業時間】11:00~15:00 18:00~23:00
【定休日】 
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄上永谷駅下車。徒歩15分強。改札を抜けたらすぐに右折し、階段を下りて一方通行道路を左に。2車線道路に突き当たったら、右折し、目の前の太い道路が環状2号線。道路を左折、直進し環状2号線を新横浜方面へ。環2水田交差点の少し先、本牧家の向い側。
      車で:環状2号線を新横浜から磯子方面に向かい、国道1号を越え、環2水田交差点の手前、右側。
【駐車場】 店舗裏に10台、店舗となりに2台。
【席数】  カウンター9席、テーブル4席×2

【メニュー】◇昼の部
      らーめん700円 ねぎらーめん850円 特製らーめん900円 ちゃーしゅーめん1,000円
      つけ麺750円 ねぎつけ麺900円 特製つけ麺950円 ちゃーしゅーつけ麺1,050円
      ◇夜の部
      らーめん700円 ちゃーしゅーめん1,000円 辛醤らーめん800円 つけ麺(かつお)800円
      つけ麺(ゆず)750円 つけ麺(背脂)750円
      ちゃーしゅーつけ麺1,050円 辛醤つけ麺850円
      ◇麺の量
      中盛50円増 大盛100円増 特盛200円増 極盛300円増

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-07-15

伊東 支那そば福々亭

塩味玉らーめん770円
CIMG2938.jpg

12時半頃に到着したが、L字型のカウンター11席はすでに満席。店内で少し待って座れた。店外の掲示で醤油はないことを知っていたので、迷わず塩の味玉にした。しかし、隣の人の食っているつけ麺を見ると、つけ麺もいいかなと結構、後悔した。

男女店員の料理服(そういう名称が正しいか不明。コックさんの服)が何となく、料理のグレードが高そうなイメージをあたえる。店主らしき男性店員の麺の湯切りがいい。平ざるを使い、菜箸で平ざるの一端を叩きながら、ひっくり返す作業をする。リズムがあって、手慣れた感じが、楽しい。

手際よく具材を盛って、完成。ていねいに刻んだネギが新鮮で食欲をそそる。さらに爽やかな水菜。メンマの上に揚げネギ。チャーシューは豚バラ2枚。柔らかくて、とろけ具合もグッド!油の具合が絶妙で、奥行きがあって、尖ったかんじのないまろやかな塩味が麺や具材を活かしながらも、さりげなく主張するバランスのよさがとてもいい。品よいうまさがある。さらに粋な感じがする。もちろん自家製の細めの麺は食感も味わいもとてもよい。麺量も多めで、満足感たっぷり。

店内は空調が効いており、心地よいが、食い終わって外に出ると暑い。しかし、塩分をとる意味でも塩らーめんは正解だったかも。

CIMG2939.jpg


【住所】  静岡県伊東市湯川2-17-6
【電話】  0557-37-7979
【営業時間】11:30~14:20 17:30~20:50
【定休日】 水・木曜日 

【アクセス】伊豆急行線伊東駅から徒歩3分くらい。駅を降りて左側に進む。比較的大きな通りを進んで左側すぐ。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター11席

【メニュー】塩らーめん(豚バラ肉)700円 塩味玉らーめん(豚バラ)770円ほか

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-07-14

神奈川新町 鶏一

正油ラーメン550円
CIMG2934.jpg

最近、聞きたくはないけど、つい、言ってしまう言葉といえば「暑い」。言ってどうなるわけでもないが、つい言ってしまう。それでもめげずにラーメンを食わねば。今回はラーメン激戦区になっている国道15号線沿いの未食店に。
13時過ぎの入店で、先客ゼロ。L字型のカウンターが厨房を囲む造り。店の前の開き戸は開け放たれている。店に入ると、ここが涼しいよと、店主とおぼしき男性店員が勧めてくれた席に座ると、エアコンからの風があたる席だった。こういう気遣いはうれしい。

この店は食券制ではないので、壁に書かれたメニューを目でたどる。肉ラーメンが最初に書いてある。基本そうな正油ラーメンにした。威勢よく、応えてくれるところがこれまたうれしい。夫婦経営かと思われる女性店員が店の奥で作業していたが、どうやら床に玉子を落として汚してしまったようだ。

あまり待たずに(客は一人しかいないから当たり前か)、出てきた。と思ったら、よかったら食べて、と生玉子を器に割って出してくれた。ラーメンに入れた。さらにすったニンニクを大盛りにした皿もよかったらどうぞと置いてくれる。意外にサービスがいい。ちょっと得した気分がうれしい。

ラーメンの様子もちょっと変わっている。チャーシュー、のり、ねぎ、かに風味かまぼこ。海苔の上には節粉かと思いきや、すりごまがのっている。スープは店名にあるとおり鶏中心出汁だが、広がりがある感じがある。ただ、タレかスープの量の加減がうまくないようで、俺にはとても薄目の味に感じた。麺は細めの縮れのあるもので。これは悪くない。具材のチャーシューは、上品ではないがうまみのあるもの。かにかまは発想は面白いと思う。

玉子の黄身が溶け出すのがどうしても品が悪いようで、嫌なので麺と具をすべて食い終えてから、啜った。ラーメンより、店主のサービス精神がなかなかユニークで面白かった。いやいや、サービスじゃなくって人情だなって感じ。帰るときまで気持ちのいい店だった。

CIMG2936.jpg

【住所】  横浜市神奈川区浦島町3-14
【電話】  
【営業時間】11:00~22:00      
【定休日】 日曜日
【アクセス】電車で:京浜急行神奈川新町下車。徒歩10分。中央口を抜け、左に進み、牛丼の吉野家の先の広い国道15号線を左に道なりに進んだ左側。
【駐車場】 なし。
【席数】  カウンター10席
【メニュー】ブタ肉ラーメン800円 正油ラーメン550円 塩ラーメン550円 ジャンボラーメン650円
      チャーシューラーメン750円 ネギラーメン700円 ネギチャーシューラーメン900円
      ネギ味噌ラーメン850円 味噌ラーメン700円 味噌バターコーンラーメン900円
      味噌チャーシューシューメン850円 ニンニク味噌ラーメン950円
      タンタンメン800円 野菜ラーメン800円 サンマーメン800円
      むし鳥キャベツネギラーメン850円 スルメイカ入りラーメン850円 ほか

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-07-08

相模原 麺処韋駄天

味玉らー麺750円
CIMG2930.jpg

昼13時過ぎの入店で、先客3名。食券自販機で、基本のらー麺に味玉をプラスした味玉らー麺を選択。隣のボタンの韋駄天の醤油というメニューも気になる。L字カウンター8席の店だが、厨房内の熱気が籠もっていて、かなり店内は暑い。エアコン、扇風機も回っているが、温度は高め。時節柄仕方がないか。

湯切りは深ざるで、ちゃっと。白濁した豚骨スープはとろみがあるが、雑味はなくどことなくすっきりした味わいも感じる。贅沢な感想をいうと、化調っぽい無理なうま味はないのはいいが、ややしょっぱさが目立つのと、味の広がりがあまりないのが寂しい。麺は細麺ストレートで、麺の茹で加減も指定可能。麺とスープのバランスはよい。具材はチャーシュー、きくらげ、ねぎに味玉。チャーシューは柔らかいが、歯ごたえのよいもので、うまみがじんわり。味玉もいい感じの出来映え。うまいが、暑い。暑いが、うまい。

スープを少し残して、完食。ていねいに作られた一杯、という印象だった。

CIMG2931.jpg

【住所】  相模原市相模原5-9-1
【電話】  042-756-1561
【営業時間】11:00~15:00 18:00~24:00      
【定休日】 火曜日 
【アクセス】電車で:JR横浜線相模原駅南口から徒歩15分くらい。駅を背に進み、相模原駅前交差点を左折し、直進した右側。
【駐車場】 店の隣の月極駐車場の奥に2台。ラーメンの幟が立っている。
【席数】  カウンター8席
【メニュー】らー麺650円 味玉らー麺750円 韋駄天の醤油650円 黒らー麺650円 味付玉子100円
      焼豚250円 つけ麺750円 つけ麺(大)900円 韋駄天の700円 韋駄天の味噌(大)850円
      もやし増し100円 きくらげ増し100円
【ホームページ】http://idaten.exsoup.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-07-07

東戸塚 麺屋空海

つけ麺880円+味玉100円

CIMG2925.jpg

ここのつけ麺は品よくしあげられていて、なかなかうまくバランスがとれている。つけ汁は醤油ととんこつから選ぶ。豚骨はほどよいコクでなかなかのものだが、今日は醤油味に。麺量は普通、中盛、大盛いずれも同価格。中盛にした。平打ち麺は縮れのあるもので、つるつる感もある。麺にトッピングがのるタイプで、つけだれはシンプル。つけだれには表面に唐辛子が少し浮かび、ねぎと揚げ玉も入っている。ほどよい甘酸っぱさと辛味がきいている。

太い平打ち麺はスープをよく絡め、風味も伝わる。その他の具材はメンマ、炙りチャーシュー、江戸菜、刻み海苔、奥久慈産味玉。つけだれに入っている揚げ玉もさっぱりとしたボリューム感を出している。よくまとまっているが、優等生すぎて楽しくない感じもある。この辺りはわがまますぎる注文かもしれない。

とんこつと醤油ダレのどちらかといわれると、俺的にはとんこつの方があっている気がする。この麺のボリューム感はやはりそれなりに迫力のあるつけだれがいいと思うのだが、醤油は少し威力不足の感がある。最後にスープ割りで飲んだら、ちょっとコクが弱いかなという感じがした。全体にはとてもバランスがとれていて、個性的ではないかもしれないが楽しめる。

CIMG2927.jpg

【住所】  横浜市戸塚区品濃町538-8
【電話】  045-825-3841
【営業時間】月~土11:00~1:00 日11:00~0:00
【定休日】 なし 
【アクセス】電車で:JR横須賀線東戸塚駅東口に出て、階段を1階まで下り、西武オーロラモールを前に見ながら、左に進む。交番の前を通り、松屋、の先。徒歩3分くらい。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター6席 テーブル24席

【メニュー】空海味玉そば(塩/醤油)830円 空海特製そば(塩/醤油)1,180円
      支那そば(塩/醤油)800円 特製つけ麺 (とんこつ/醤油/)880円
      空海そば(塩/醤油)800円 味玉とんこつらーめん880円
      鶏そば(塩/醤油)830円 わんたんそば(塩/醤油)830円
      焼豚そば(塩/醤油)980円 
      とんこつらーめん730円 辛そば880円 特製とんこつらーめん1,180円
      汁なし冷やし担々麺880円 冷やしらーめん980円
      ◇トッピング
      奥久慈卵味玉100円 炭火焼豚100円 炙り鶏100円 とろーり温玉100円 新鮮野菜江戸菜100円
      エビわんたん100円 シャキシャキもやし100円 白ネギ100円 特製メンマ100円 国産のり100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-07-04

愛甲石田 らーめん研究所

醤油並700円+味玉50円 4番 豚骨・鶏・魚介 細麺ストレート
CIMG2919.jpg

久しぶりに訪れた。以前と比べ店内の雰囲気がちょっと変わっていた。
交通量があまり多くないためか片側2車線道路が原因なのか店の前面道路の両側は大型トラックがびっしりと駐車。こりゃ、相当混んでいるかな、と思って入店したが、先客は6名ほど。まずは食券自販機で味と麺量に応じた食券を購入。タレは醤油(薄口)、黒醤油(濃口)、塩と麺量の並盛、中盛、大盛を組み合わせて購入。さらにスープのベースはカウンター席に座ってから選べるというシステム。

今日は醤油味に4番スープを組み合わせ、味玉を追加。4番は豚骨+鶏+魚介スープに細ストレート麺を組み合わせるもの。いわゆるトリプルスープ。寸胴を分けながら、組み合わせるようだ。ていねいな作業だが、あまり待たされずにできあがった。見た目は濃い醤油色だが、スープはあっさりしている。濃いめの和風に仕上げるられるような工夫なのか肉厚の椎茸が象徴的。スープは少ししょっぱめだが、なかなかのバランス。それぞれのうま味を主張しすぎず独特のバランスで揃えるところがなかなか絶妙。

いろいろなこだわりがあるものの、研究所という名称のように失敗をおそれずに進化してほしい。現状で4番スープの醤油は、魚介系にややウエイトがかかるものの、バランスはいい。椎茸がいいアクセント。この使い方は確信犯的によい感じ。合っている。溶け出さない海苔もよい。ていねいな仕事に脱帽。

チャーシューは少し濃い味付けだが、柔らかく納得のいくもの。味玉も濃すぎず、よい。 うまいねえ。完食した。次は鶏の塩だな、と食いながらも期待がふくらむ。ちょっとシステムが複雑なので、最初はとまどうかもしれないが、そこが研究所のよいところ。まずは醤油から食うのがよさそうだ。俺としては次は塩だな。

CIMG2922.jpg

【住所】  厚木市下津古久337-1
【電話】  046-205-7405
【営業時間】11:00~22:00(16:00~17:00休憩)      
【定休日】 基本無休 
【アクセス】車で:国道129号線を平塚方面に進み、戸田交差点を右折して進んだ左側。
【駐車場】 2台
【席数】  カウンター10席
【メニュー】スープ   麺      油の量   並盛1玉 中盛1.5玉 大盛2玉
      0番 つけ麺 太麺or細麺  ★★    750円  850円  950円
            醤油

      1番 豚骨  太麺   ★★★★★ 
            醤油           700円  800円   900円
            黒醤油          750円  850円   950円
            塩            750円  850円   950円

      2番 豚骨・鶏 中太麺 ★★★★ 
            醤油           700円  800円   900円
            黒醤油          750円  850円   950円
            塩            750円  850円   950円
            
      3番 豚骨・魚介 中麺 ★★★ 
            醤油           700円  800円   900円
            黒醤油          750円  850円   950円
            塩            750円  850円   950円
            
      4番 豚骨・鶏  細麺 ★★ 
         ・魚介   ストレート
            醤油           700円  800円   900円
            黒醤油          750円  850円   950円
            塩            750円  850円   950円

      5番 鶏・魚介 中細麺 ★★
            醤油           700円  800円   900円
            黒醤油          750円  850円   950円
            塩            750円  850円   950円
      6番 鶏   細麺  ★★
              ウェーブ 
            塩            750円  850円   950円


      ◇トッピング
      チャーシュー200円 せせり100円 メンマ100円 のり100円 味玉50円
 
【ホームページ】http://ramen-kenkyuzyo.web.officelive.com/default.aspx


theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター