--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-31

門沢橋 いっぱち

しょうゆ700円
CIMG2847.jpg

カウンター8席のみの、小さな店。店内は店主らしき男性が一人で調理中。しかし、手際がよく動きに無駄がない。入店は12時過ぎだが、運よく席が空いていたので、すぐに座れた。後から入った客は座れずに待っていた。

ラーメンの種類はしょうゆとみそしかない。チャーシューメンはあるが、基本的にトッピングはなし。したがって、メニューはひどくシンプルだが、餃子はある。味噌は鍋でもやしなどを炒めて、スープを入れるタイプの調理。麺は大きな鍋で、茹でて平ざるで掬って、湯切りしている。調理の手はまったく休まず、次の行動を考えながら行っているので無駄がない。注文を受けた順に作るので、3人分、次が2人前、そして俺の番になった。

先客のドンブリが到着すると、やおら席を立って、飯を盛り始める客がちらほら。よくみると、水とライスはセルフサービスと書いてある。ランチサービスで半ライス無料はよくあるが、セルフサービスなので大盛りも自由か?しかも飯茶碗も大きめだ。何て適当、いや気前がいい店なんだろう。

俺のドンブリが運ばれてきてカウンターから降ろす刹那、微かにメンマの臭いがした。スープを注ぐ前にいれていた油が表面に少し浮いている。そのせいもあって、濃厚な印象がする。麺はストレートのややボソッとした感のある旭川特有の麺食感で、これは好み。スープは醤油の味が強く、これはやや濃い味付けだ。好みはあるかと思うが、俺にはちょっと味が濃すぎだ。チャーシューは黒っぽい色の肉厚なもので、やわらかいが、これも味付けが濃い。具材はあとは、のりとねぎだけ。やたらと塩分高めなところでバランスをとっているところが、特徴の店。一人なので、いろいろ気を配るが、調理が中心になるので、あまり愛想はよくない。でも、客の動きはよく見ている。ちょっと不思議な感じの店だが、人気店らしく次々に客が入ってきていた。
この店は後払いだが、ライスは無料と思っていたが、食った客は代金を払っていた。メニューをよく見たら、ライス100円だった。

帰りに店を出るときに、固いものに頭をぶつけた。何かと思ったら、骨がぶら下がっていた。入るときは気づかなかった。思わず腹が立った。

CIMG2848.jpg

【住所】  海老名市門沢橋173-4
【電話】  046-238-5022
【営業時間】12:00~14:00 18:00~23:30
【定休日】 月曜
【アクセス】電車で:JR相模線門沢橋駅下車。 徒歩8分。県道46号線を茅ヶ崎方面に線路に沿って進み、川を渡ったら、次のT字路を左折し、次の突き当たりを右折してすぐ。
【駐車場】 平日の夜と日祝のみ30m信号手前
【席数】  カウンター8席
【メニュー】しょうゆ700円 みそ750円 チャーシュー1,000円 みそチャーシュー1,050円 大盛100円
      ライス100円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-05-30

淵野辺 肥後っ子大石家

熊本ラーメン600円
CIMG2843.jpg

実に10年ぶりくらいに訪れた。ラーメンも変わっているけど、店主も変わっている、そんなところも相変わらずで変わっていない。つまり、変わった店主が、以前のまま営業しているのだが、何と価格も10年前と同じなのに、さらに具材が増えている。前にも来ているので、躊躇しなかったが、ちょっと入店をためらうような外観も相変わらず。何も考えずに、店内に入ると、こんにちはのあいさつで、おもわずこんにちはと応えた。

13時くらいで先客なし。覚悟はしていたが、ラーメンとはまったく関係ない話からとめどないお喋りになっていく。今日は天気の話しから。朝雨が降っていたが、止んで青空が広がっていたのだが、またきっと一雨あるよ、というので、思わず、いやそれは困るなと返したら、そこから会話が始まってしまった。そのまえに注文を伝えておいてよかった。10年前に比べてどうしたのかと思うくらい、メニューが増えている。もっとも10年前はメニューといっても1種類しかなかった。といっても、そんな店内の様子を見る余裕などあたえないくらいに話しかけてくるくるのがこの店の特徴的なサービス。

今日のテーマはニューヨーク。プライベートなことだから書かないが、ニューヨークに行く事情があるようだ。先週の金曜日に帰ってきて、それでも土曜日は店を開けたと豪語していたが、そもそも週のうち半分くらいしか開けてないのだからそんなに自慢にはならないような気がする。いろいろな話しをしていたが、ニューヨークでは1年で事情ががらっと変わるということを話していた。クルマに関心があるそうで、これから延びそうなのは韓国の現代自動車。デザインがかっこいいそうで、ゴールデンタイムのコマーシャルも多いそうである。それから、アメリカの体質として、無駄だと思ったらすぐに改める政治のしくみなども語っていた。タイムズスクエアに掲げられたがんばろう日本、の話しなどもした。原発の影響もやはり庶民レベルでは、巷間いわれるほど関心はなく、あえて摩擦のタネにしようとしているのかもしれない。

というのが、調理から食い終えるまでの一連の会話からの様子だが、肝心のラーメンは、麺上げからかなり時間をかけているなと思ったら、何と具だくさん。例によって溶ろけるスライスチーズをのせるところまでは見えたが、出てきてびっくりの具だくさんに進化していた。

サービス精神にもほどがある。コーンとかプチトマトとか、パプリカとか彩りが華やかで、ずいぶんと進化していたが、入れすぎで、採算ベースは大丈夫なのだろうか。こうなると、味も気になるが、個性の強いチーズをどのタイミングで食うかによって、印象が変わると思われる。臭みの全くない豚骨スープは、クセがなくむしろチーズの方がクセが強いくらいだった。意外にチャーシューがいい。さらに、本来より目立たない存在になっている麺がいい。ちょっとボソッとした感じが、この手のスープに実は合うということに気がつかされる。

コーンまであるので、ついついコーンの一粒までさがしながら、最後までしっかり完食。食っている最中に、ややご年配の女性客二人が入店。それでも、調理しつつ話しをやめない店主。俺も生憎、時間なく千円札を出したら、カウンターに置いてある小銭から勝手に釣り銭をとるよう指示された。そういえば、前もそうだったと思うが、水はセルフサービスでというのは、まあまあめずらしくないが、自分で紙コップに注ぐのはこの店くらいだろう。
一週間に3日くらいしか営業していないし、長期休暇はとるし、実に愛すべき店だ。

CIMG2844.jpg

【住所】  相模原市鹿沼台1-1-1
【電話】  042-754-3990
【営業時間】12:00~15:00 18:00~22:00
【定休日】 火・水・木日
【アクセス】電車で:JR横浜線淵野辺駅下車。 徒歩5分。八王子方面に向かって左側の南口に出て、線路沿いに八王子方向へ歩いていくと、跨線橋の手前。似顔絵が書いてある店。
【駐車場】 1台
【席数】  カウンター7席
【メニュー】熊本ラーメン600円 海鮮豚骨ラーメン700円 ちゃんぽん700円 
      ほか

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-05-27

高田馬場 俺の空

掛け豚そば+味たまご900円
CIMG2839.jpg

高田馬場にある有名店。14時過ぎという遅い時間だったせいか、並ぶこともなく、素直に座れた。食券自販機の前で、浸け豚そばとも迷ったのだが、ここはやはり基本に忠実に一番ボタンにした。店内は、厨房を囲むL字型のカウンターのみの店で、先客は4名。

掛け豚そばがいわゆるラーメンで、浸け豚そばがつけめんのようだ。さらに汁なしの和え豚そば、の3種類のメニューがある。さらに浸け豚そばには、ホットやカレーなどの味サービスと、麺量が大盛り、中盛りも無料のサービスがある。見ていると、店員は元気よく声が出ていて、動作もまあまあ、きびきびという様子だ。ちょっと、慣れているがゆえの余裕感が逆に緊張感をやや欠いているような雰囲気もあった。観察しているうつに、思っていたより、すぐに出てきた。

たくさんのっているネギがうまそうだ。ほぐしたチャーシューも食欲をそそる。スープは豚骨と魚だしで、とくに鰹節などのうま味を感じる。強烈な魚粉という感じではないが、豚骨とのバランスはとてもうまくとれていると思う。最初、意外な感じがしたストレート細麺は、思いの外スープとの相性がよく、やはり計算されているのだなと思った。そしてチャーシューがうまい。チャーシューというより、肉をくっているという感じがした。さらに、味玉の半熟具合もよい。麺量がいくぶん少ないのか、現金で替え玉を発注している客が多かった。スープを最後まで、飲み干して完食。いやはや、有名店のラーメンを食えてよかった。それにしてもこういうラーメンを最初に考えたというだけでも、すばらしいことだと思う。いまは、もっと強烈ないわゆる節系のラーメンもあるけど、最初に考えて、違うテイストのバランスをとって、商品化するのって相当な努力だと思う。とはいえ、値段を考えると、やっぱり大盛りまで無料の浸け豚そばがよかったかな。

CIMG2840.jpg

【住所】  東京都新宿区高田馬場4-2-31
【電話】  03-3366-0631
【営業時間】11:00~19:00
【定休日】 年中無休
【アクセス】電車で:JR山手線戸山口改札を出て、南方向、右に出る。線路を左に見ながら、新大久保方面に向け歩いてすぐ右側。徒歩1分
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター12席
【メニュー】掛け豚そば800円 浸け豚そば800円 和え豚そば800円 
      ホット0円 カレー0円 麺増し0円 替え麺100円
      ◇トッピング
      味たまご100円 厚切りメンマ200円 肉まし300円 三てん盛り300円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-05-26

生田 拉麺 田むら

塩らーめん650円+味玉子100円
CIMG2835.jpg

小田急線の生田駅からしばらく歩く住宅街の中にある店。階段を上がった2階店内は春先の日差しがいっぱいのときに訪れたいようなすがすがしいつくりで、13時過ぎに訪れたときは、先客もなく、店というよりは、他人の家を訪れた感じだった。

塩が基本なので、塩らーめんに味玉を追加。夫婦経営か、女性店員が麺茹でを担当。深ざるで力の入った湯切りだった。ていねいにつくられたラーメンは深めのドンブリで具だくさん。まず、岩のり、炙ったチャーシュー、メンマ、ほうれん草、そしてネギの上に魚粉、追加の玉子。塩スープは、とがった塩のうま味ではなく、やさしくまろやかな味わい。これは相当レベルが高い。個性の主張が強すぎずにあとから効いてくる感じ。しかも他の具材との調和では、具材に先を譲るところも奥ゆかしい。特に岩のりを溶かしながら飲むスープは、何ともいえず上品な感じでうまい。細麺は、ついスープや具材の陰に隠れがちになってしまうような感じだったが、これも悪くない。

スープからさまざまに楽しみながら、最後まで楽しめる一杯。しかも雰囲気も落ち着いていて、とても居心地のいい店だ。今年食った中では、今のところ一番の気に入りのラーメン屋だった。塩に特化したところもよい。繁盛してほしいが、できれば今のままの店の形態で続いてほしいと思う。

CIMG2837.jpg



【住所】  川崎市多摩区三田1-9-6
【電話】  044-934-8706
【営業時間】火~金11:30~15:00 17:00~22:30
      土・日・祝 11:30~22:30
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:小田急線生田駅より徒歩5分。南口から出て、新宿方面、線路を背に左側に進む。川を渡り、坂を上る。直進して、団地に突き当たったら、右折し、進んだところ。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター4席 テーブル4人掛×5
【メニュー】塩らーめん650円 辛塩らーめん700円 梅しそらーめん750円 
      浅利らーめん800円 つけ麺750円 みそらーめん750円 辛みそらーめん800円
      麺大盛りは100円増し。
      ◇トッピング
      チャーシュー300円 ネギ200円 メンマ150円 味玉子100円
      温泉玉子100円 コーン100円 バター100円 のり100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-05-24

三ツ境 丸源商店三ツ境店

半熟煮玉子入り肉そば787円
CIMG2827.jpg

駐車場も店内も広いのがうれしい店。ほとんどラーメンレストランという感じだ。店内は中央に向い合わせでカウンター席、周囲にテーブル席多数で、数えるのも難儀なほど席数は多い。発注はカウンターにあるボタンを押す仕組みだ。基本の肉そばに玉子を発注した。思ったより早めに出てきたラーメンは、見た目から異色な感じだ。肉そばの名前どおり、豚バラ肉がチャーシューの代わりに浮いている。さらに真ん中にメニュー写真ほどきれいではないが、紅葉おろしみたいな感じのゆずおろしがのっている。細目の麺ははっきりした感じで、スープとなじんでいる。

スープは独特の甘味があるが、しつこさはなく、基本はすっきりしている。この肉汁に由来するコクがこのラーメンの最大の特徴と思われるが、やや甘みが強く、くどさはないものの単調な味にも感じられる。その辺をカバーするためか、味の変化を楽しむためか、ゆずおろしと青ネギ。繊細ではなく、線の太い旨味なので、海苔のような淡い味わいの海の幸は、むしろ不要かもしれない。まあ、単調さは補えるのだが。いろいろ工夫はしてあるが、どうも豚バラ肉入りラーメンというバランスが、俺的にはあまり合点がいかず、これはこれでいいのだろうけど、ちょっと不思議な感じだ。

接客はよくトレーニングされているようで、下手なバイトでやっている店もある中、大変気持ちのいい対応で、好感がもてる。サービスには洗練さを感じた。

CIMG2832.jpg


【住所】  横浜市瀬谷区二ツ橋町162
【電話】  045-360-1277
【営業時間】11:00~2:00
【定休日】 無休
【アクセス】車で:国道16号線を相模原方面へ向け、都岡町交差点を左折。または保土ヶ谷バイパス下川井インターを下り左折。中原街道を直進し、二ツ上橋交差点を左折。二ツ橋交差点を過ぎてすぐ左側に駐車場入口あり。
      電車で:相模鉄道三ツ境駅から徒歩15分くらい。南口か出て右折し、大和方面へ線路沿いに進み、そのまま厚木街道を道なりに。瀬谷警察署を左に見て、直進。しばらく行った先の二ツ橋交差点手前の左側。
【駐車場】 店横に多数。
【席数】  カウンター席 テーブル 座敷 多数
【メニュー】肉そば682円 半熟煮玉子入り肉そば787円 肉ダブル肉そば840円 ドッカンねぎ肉そば819円
      ドッカンねぎ肉そば半熟味玉子入り924円
      野菜肉そば819円 辛肉そば819円 デラックス肉そば1,029円
      肉そばつけ麺924円 肉そばつけ麺大盛り1,029円
      あっさりしょうゆ577円 半熟玉子入りしょうゆ682円 チャーシュー麺892円
      有明産磯海苔の塩ラーメン714円 半熟煮玉子入り磯海苔の塩ラーメン819円
      野菜味噌ラーメン787円 半熟煮玉子入り野菜味噌ラーメン892円
      味噌チャーシュー麺1,102円
      とんこつラーメン661円 とんこつチャーシュー麺976円
      替え玉120円 大盛り1,029円
      ◇トッピング
      半熟煮玉子100円 バター52円 コーン52円 もやし52円 焼海苔105円
      ドッカンねぎ157円 極太メンマ157円 たっぷり野菜157円
      チャーシュー[3枚]315円
【ホームページ】http://www.syodai-marugen.jp/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-05-23

下永谷 本牧家本店

ラーメン並650円+味付玉子110円
CIMG2820.jpg

月曜日は定休日が多いのと、訪れたのが15時過ぎという中途半端な時間だったので、広めの駐車場と月曜も営業している本牧家に久しぶりにやってきた。先客は1名。カウンター席に座り、今回は油少なめでお願いした。何かお好みは?ときかれて、何か応えないと悪いかなと思い、つい油少なめといってしまった。自分でも健康志向なのかはよくわからない。失礼してトイレを拝借した。それで気が付いたが、思いの外床が油でよく滑る。

一人なので、すぐにラーメンが出てきた。前から俺の好みとはだんだんかけ離れていってしまっているような気がして残念に思っていた。さて、実食。スープは、薄い豚骨に醤油が浮き上がった味わいでコクがないというか、味わいに深みがない。滅多にないのだが、食っているうちに途中で飽きがきてしまった。残念ながら、今日のスープに限ったことなのか、全体的になのかわからないが、以前よりもひどくなったような気がする。すっきりした、という表現はほめすぎかもしれないが、雑味がないのはよい点ではある。麺はつるつるなのだが、スープにあまり絡まないというか、バランスがよくないと思う。

チャーシューは小さめで、少し固かった。小松菜、のりも普通。でも、トッピングで加えた玉子が110円というのも微妙なところ。そもそも全体的にトッピングが110円と100円を超えるので、せめて一律にしない方がマーケティング的にはいいいのではないかと思われる。単にトッピングの価格設定が他店に比べ、10円高いだけと思われてしまう懸念がある。穿った見方かもしれないが、トッピングのような付加価値をいかにつけさせるかは、味もさることながらプラス、ワンコインの気軽感が大切で、わずか10円で損をしているように思えてならない。

同じような強力家系に負けずにいかに違いを出すかが求められているかと思うのだが。原点回帰でがんばれ!本牧家。このままでは、よいところは駐車場の数が多いことと、月曜日は定休日が多い中で、がんばっていることくらいになってしまう。

CIMG2823.jpg


【住所】  横浜市港南区下永谷3-1-5
【電話】  045-825-0722
【営業時間】11:00~0:00
【定休日】 火曜日(第4火曜日は営業)
【アクセス】車で:環状2号線を新横浜から磯子方面に向かい、国道1号を越え、環2水田交差点のすぐ手前。
【駐車場】 店前に12台
【席数】  カウンター18席 テーブル4人掛×3
【メニュー】ラーメン並650円 ラーメン中750円 ラーメン大850円 
      のり110円 味付玉子110円 チャーシュー210円 ネギ160円
      メンマ110円 もやし110円 コーン110円 小松菜増し110円
      ライス小130円 ライス大230円
【ホームページ】http://shounan.omise.me/ramen/notoyama/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-05-20

辻堂 めんめん亭

中華そば 醤油730円+味付煮玉子100円
CIMG2816.jpg

無化調がうれしい店だ。神奈川県内ラーメン繁盛店という本に載っていた店。入口近くの食券自販機で魚介醤油と迷って、基本であろう中華そばの醤油にした。15時を過ぎてのランチなので、当然空いている。女性客が2名が食い終わって、延々と大声でおしゃべりをしていた。店主らしき男性が一人で黙々と調理。食券は大盛りとトッピングは共通の食券なので、食券を渡すと、大盛りですか、と訊かれた。いや、大盛りは食いません。スープと麺のバランスが崩れますから。また、麺は平打ちも選べるようだ。

さて、中華そばがカウンター越しにやってきた。短時間だったが、ていねいな盛り付けである。小さめの器に入ったラーメンは魚介出汁を品よく微かに感じる程度にまとまっている。この手のラーメンにありがちな、醤油のとがった感じもなく出汁のなかにうまくまろやかに収まっている。また、白髪ネギが品よく味を引き締めている。

ストレート細麺は、見た目からのびぎみだと嫌だなと思ったが杞憂だった。なかなかコシがあって、スープにもよくあっている。味玉は味付け濃すぎず薄すぎずという感じでよい。チャーシューはとろける感じのやわらかなもので、これも悪くない。しかし、ラーメン本には炙りチャーシューと書いてあった気がするが、炙ってはいなそうだった。まあいずれにしても無化調で、これだけの味バランスはすばらしい。

スープまで飲んで完食。店の横にある駐車場に停めたときに気がつかれたのか、帰りにドンブリをあげると、お気をつけて、と声をかけられた。こういうさり気ない一言がいえるのは、なかなかの気配り。サービスにも魅せられた。だからだろうか、俺が食い終わっても先客はまだ話していた。

CIMG2817.jpg


【住所】  藤沢市辻堂新町2-17-8
【電話】  0466-36-5686
【営業時間】11:30~21:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】車で:国道1号線を平塚方面へ。新湘南バイパスに乗らず、羽鳥交番前交差点を左折し、明治市民センター前交差点を左折。直進して、次の信号を過ぎた少し先の羽鳥小学校入口信号のすぐ前の左側。駐車場は店の脇。駐車場の前面道路は細い。
      電車で:JR東海道線辻堂駅から徒歩15分くらい。北口から直進して、明治市民センター前交差点を右折。しばらく直進した右側。羽鳥小学校入口信号前。
【駐車場】 店横に3台分。
【席数】  カウンター8席 テーブル4人×2
【メニュー】淡麗系
      中華そば 醤油730円 塩730円
      魚介醤油780円 鬼魚介(魚粉背脂たっぷり)930
      白湯系
      鶏豚白湯830円 黒(ニンニク焦がし油 マー油) 白(鶏と香味野菜の香り油)
       赤(絶妙辛さの自家製ラー油)
      渾身Ⅱ930円 (魚介に鶏と豚の白湯)930円
      つけ麺880円(魚介と酸味を平打麺で)麺は1玉、1玉半、2玉から選べる あつもりOK
      お子様らぁめん500円 辛いあえそば830円
      大盛り100円 替玉専用超極細麺150円
      ◇トッピング
      特製めんめん220円(チャーシュー二枚増、味付煮玉子、揚げネギ)
      チャーシュー チョイ盛(2枚)150円 モリ盛(5枚)250円
      ピリ辛ネギ200円 味付煮玉子100円 メンマ100円 のり100円 揚げネギ100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-05-19

南伊東 らーめん こうや 

しょうゆ味○得らーめん900円
CIMG2809.jpg

家庭的な雰囲気の店だ。おそらく家族経営か。店に入ったら、運悪くカウンターが満席のようで、入口横で待たされた。その後、案内されたのは小上がりになった板敷き。靴脱ぐのが面倒だし、一人で4人掛けは悪いな、と思いつつも仕方なく座るが、掘りごたつみたいになっているわけではないので、あぐらをかいた。○得らーめんがトッピングがついてよいかなと思い、発注。ちなみに内容は、らーめんにチャーシュー2枚、味付玉子、のり5枚、メンマ増量とデラックスだ。

基本と思われるらーめんにした。しばらく様子を見ていると、男性店員がメインで調理、女性店員が調理補助とホール、もう一人の女性店員がホール担当のようだ。ホール担当の女性がネックのようだ。まあ、目が回るほどの忙しさではないからいいのだろうが、やや非効率的。しばらくして、となりのテーブルに運ばれてきたラーメンがみそとしょうゆを間違えたらしく、すぐ作り直します、といっていた。夫婦客と見られる男性客の方だった。しかし、静岡県人はいい人柄のせいか特に文句をいうこともなく、ひたすら待っていた。

そんなこんながあって、ラーメンが運ばれてきた。渋い器にのり5枚がやや浮いた状態で、真ん中にキャベツが置いてある。まず、スープ。豚骨ベースのようだが、クセはない。しかし、醤油味がスープと馴染んでいない感も若干あり、残念。あっさり目のスープは、しっかりとした食感のやや太めの麺とはこれも残念ながら、今ひとつぴったりという感じでもない。もう少しで、もっとバランスがよくなりそうな気がする。なぜかあるキャベツはなくてもよいように思えた。チャーシューは渦巻き状の柔らかなものが2枚。メンマは業務用缶詰かな、とも思ったが、少しクセのある味付け。

全体的に悪くはないが、すばらしく、というところまであともう一がんばりというところであろうか。以前、国道135号線沿いに同じ名前の店があったが、同じような看板であるところを見ると、ここに移転したのであろうか。しかしながら、以前食ったときは豚骨に背脂が浮いていたが、同じ店だとすれば、スタイルを変えたようである。
http://www42.tok2.com/home/yeria310/kouya.html

CIMG2812.jpg


【住所】  静岡県伊東市桜ガ丘1丁目2-3
【電話】  0557-37-8227
【営業時間】11:30~14:30 17:30~20:30
【定休日】 月曜日
【アクセス】車で:国道135号線を下田方面に向かい、伊東駅入口交差点を右折。左手のセブンイレブンのある信号を右折して、すぐ右手に駐車場(13~18)。
      電車で:伊豆急行南伊東駅徒歩7分。駅を背に左に進み、交差点を右折し、セブンイレブンが左斜め前に見える交差点を右折して少し進んだ右側。
【駐車場】 店近くの共用駐車場。5台分。
【席数】  カウンター5席 座敷4人×3
【メニュー】しょうゆ味
      らーめん700円 ねぎらーめん850円 ちゃーしゅーめん900円
      ねぎちゃーしゅーめん1,050円 ○得らーめん900円
      みそ味
      みそらーめん750円 みそねぎらーめん900円 みそちゃーしゅーめん950円
      みそねぎちゃーしゅーめん1,100円 ○得みそらーめん950円
      ◇トッピング
      半熟味付玉子100円 のり(5枚)100円 メンマ増量100円 わかめ100円
      白髪ねぎ150円 ちゃーしゅー(3枚)200円 辛いの50円

      つけめん
      しょうゆ味
      つけめん700円 ねぎつけめん850円 ちゃーしゅーつけめん900円
      ねぎちゃーしゅーめん1,050円 ○得らーめん900円
      みそ味
      みそつけめん750円 みそねぎつけめん900円 みそちゃーしゅーつけめん950円
      みそねぎちゃーしゅーめん1,100円 ○得みそらーめん950円
      ◇つけめんトッピング
      半熟味付玉子100円 メンマ増量100円 わかめ100円 白髪ねぎ150円 辛いの50円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-05-18

浜川崎 東池袋大勝軒直系 喰我

もりそば750円
CIMG2802.jpg<

今日は気温も上がってきて、そこそこのつけめん日和だ。そこで、未食のこの店を初訪問。カウンターしかない店内は12時30分を過ぎて、何と満席。人気店のようだ。食券自販機でもりそばの食券を買い、後ろで待っていた。見ているとつけめんとラーメンが半々くらい出ているようだ。そのうち席が空き、座れた。男女店員がそれぞれ役割分担が決まっているようだ。麺は女性店員が担当、スープは男性店員が担当していた。麺はラーメン用は深ざるで、つけめん用は大きな鍋で、それぞれ茹でて大きなステンレスざるで水にさらしてしめている。麺の量はかなり多めだ。カウンターにメニューが貼ってあり、そこに書いてあるとおり普通の店の2倍はありあそうだった。つけだれのドンブリにいろいろなタレを入れて、スープを注いでいた。茹でるのに時間がかかるせいか、しばらく待たされた。やはりラーメンの方が早いようだ。

先につけだれが出てきて、その後太めの麺がドンブリいっぱいにはいって出てきた。濃厚なつけだれは魚介系の出汁と豚骨系の濃厚そうな出汁が合わさったもので、太めの麺とあっているように思える。このくらいの濃厚さと麺の太さがちょうどいい感じだ。大盛りや中盛りにすると、バカみたいに麺量が増えるので、スープも薄くなる。そのため、特性タレ油や魚粉まで置いてある。途中で少し、魚粉を加えてみた。また、風味が変わってこれもいける。酸味はほとんど感じないのも好みだ。麺量大めでも無理なく完食して、スープ割りもいただいた。スープ割りはかなりこってりしたもので、最後までうまく食え、完食。

食っている間も次々と客が来店。交通の便は不便だが、人気の店のようだ。店員の様子も好感。最後はドンブリをカウンターにあげて、自分で拭いて完了。失敗したのは、カウンターが低いので、思い切って麺を食べると、つけだれがズボンに飛び散ることだ。途中でドンブリを持って食うことにしたが、時遅し。

CIMG2803.jpg

【住所】  川崎市川崎区大島3-14-17
【電話】  044-200-0837
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 日曜・祝日
【アクセス】車で:国道15号(第一京浜)を川崎方面に向かい、新川橋交差点を右折。大島三丁目交差点を斜め左に入った左側。線沿い。藤沢方面に向かって長後小学校入口を過ぎた少し先の左側。
      
【駐車場】 なし。近隣にコインパークキングあり。
【席数】  カウンター11席
【メニュー】もりそば750円 あつもり770円 もりチャーシュー1,000円 生卵とろろもりそば950円
      もりそば(中盛)850円 あつもり(中盛)870円 もりチャーシュー(中盛)1,100円
      生卵とろろもりそば(中盛)1,050円
      もりそば(大盛)950円 あつもり(大盛)970円 もりチャーシュー(大盛)1,200円
      生卵とろろもりそば(大盛)1,150円
      ラーメン730円 ネギラーメン830円 キャベツラーメン830円 チャーシューメン980円
      とろろラーメン880円
      ラーメン(中盛)830円 ネギラーメン(中盛)930円 キャベツラーメン(中盛)930円
      チャーシューメン(中盛)1,080円 とろろラーメン(中盛)980円
      ラーメン(大盛)930円 ネギラーメン(大盛)1,030円 キャベツラーメン(大盛)1,030円
      チャーシューメン(大盛)1,180円 とろろラーメン(大盛)1,080円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-05-17

長後 らーめん能登山

塩 特海老らーめん 750円
CIMG2796.jpg

久しぶりに訪れて、メニューが変わったように思えてちょっととまどってしまったが、やはり塩かなと思い、メニューの一番上にある特海老らーめんを発注。ずんぶん前は藤沢本町にあって、ちょっと家庭的な雰囲気だったが、国道沿いに移ってからは、賑やかなイメージになった。機能的で明るく、清潔な空間はとても好印象だ。動物脂一切なしも結構好感だ。豚骨や鶏ガラに頼らなくても、こってりはだせる。

カウンター席に座る。12時少し過ぎで、客足は10名くらい。駐車場もスムーズに停められた。この店はサプライズ好きとみた。出てきたラーメンは海老たっぷり感の演出がすばらしい。前からこうだったかな、と思いつつラーメンを運んできた女性店員がなぜか海苔だけをドンブリを持つ手とは別の手で持ち、いつのまにかドンブリにのせていた。玉子を召し上がるのは初めてですか、と訊かれたので、だいぶ以前に来たときにも玉子は食ったが、何か特別な食いかたがあったかな、と考えたが、思いだせない。人にみられて何か指摘されるのもいやだな、と思い、いっそ一口で食ってしまおうと全部口に入れた。薄い出汁の方にしたのだが、口の中で、意外と濃い味に感じたがいけた。あとで、ネットで確認したら、やはりこの食いかたが正しいようだった。
ラーメンは塩のコクとうまみが出ているが、やはり海老の味が強めで、うまくバランスがとれている。これはかなりレベルが高いと思う。ただ、海老の好き嫌いで、評価が分かれるかも。乾燥したたっぷりの桜えびのった上に、さらにレンゲにも大盛で桜えびがのる。中にはラー油が入っていて、このバランスもかなりいい。
海老の量が多いのでドンブリ中が海老だらけでまさしくえびラーメン状態。塩加減との相性もよい。麺もなかなか好みのもので、細目の麺は縮れ具合といい、つるつる感といい、コシの強さもよい。
チャーシューはまあまあ。
元気のいい接客や小綺麗な店作りも高評価だ。セルフサービスの水はかすかにレモンの味がした。スープまで飲み干して完食。料金は後払い。

CIMG2798_20110519214532.jpg

【住所】  藤沢市長後748
【電話】  0466-44-5099
【営業時間】11:30~15:00 17:30~翌2:00
【定休日】 年中無休
【アクセス】車で:国道467号線沿い。藤沢方面に向かって長後小学校入口を過ぎた少し先の左側。
      電車で:小田急江ノ島線長後駅から徒歩10分くらい。長後駅東口から出て、左方向に線路沿いに進み、右手に郵便局が見えるように右折し直進。長後小学校入口交差点を右折した国道467号線沿い。
【駐車場】 店前に8台
【席数】  カウンター11席 テーブル4人掛×3 6人掛×2
【メニュー】極太濃厚豚つけ麺 並790円 中890円 大890円
      特海老らーめん750円 シソと水菜の緑らーめん700円 極上ゴマ油香る塩らーめん590円
      創業以来の醤油らーめん 丸590円
      濃口700円 たんたん麺700円 凄 お子様らーめんセット500円
      ◇トッピング
      だし注射式玉子 濃口130円 だし注射式玉子 薄口110円 だし注射式玉子 辛口130円
      日本のねぎ110円 海苔50円 特上海苔110円 めんま110円
【ホームページ】http://shounan.omise.me/ramen/notoyama/

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。