2010-10-25

横須賀中央 きたくり家 横須賀中央店

醤油とんこつ並盛 650円
CIMG2493.jpg

支那そばやが閉店して、新規に開店した店です。やはり料金後払いが嫌われたせいなのか、閉店してしまうと残念です。支那そばも好きでしたが、特に味噌らーめんが好きでした。新規開店ながら、おそらく居抜きで開店したと思われ、店内の造りはあまり変わっていませんでした。今度の店は、新家系と銘打っていますが、初めてききました。まあ、名乗るのは自由だと思いますが、何が新しいのかはわかりませんでした。入り口近くに食券自販機が置いてあります。メニューの写真で、玉子が半分入っていたので、味付玉子はキャンセルしました。その分50円高いのかな、とか思いつつ、カウンター席につきます。妙にカウンターが油っぽい感じで、ちょっとさわるのがいやな感じでした。やはりこういう店はギトつくのかな、とか思いながら厨房を観察します。若い男性店員が多く、愛想もよく好感がもてます。この前の龍王もそうでしたが、ここもねぎ入れ放題です。といっても普通のねぎですが。流行っているんでしょうか。店員さんが、カウンターにねぎの入ったタッパーを置いてくれました。湯切りは比較的ゆるい感じです。

とんこつの甘みが比較的強めに出たスープは、少し化調っぽいうまみも強めに出ています。麺は中太、具材はほうれん草、のり、やや臭みのあるチャーシュー、味のしみていない玉子です。ねぎを入れると、ねぎの味にうまみが消されてしまう感じなので、入れすぎに注意です。テーブルには、白ごま、紅ショウガなどが、にんにく、コショウ、豆板醤などとともに並んでいます。厳密には家系とは違うためか、おろしショウガはありません。

入店したのは14時近くですが、4名の先客でした。なぜかこの手のとんこつ醤油ラーメンは横須賀市民の支持を受けるようです。この近所の店はほとんどこんな感じのテイストになってしまいました。残念です。場所はいいので、そこそこ賑わうと思われます。

CIMG2494.jpg

【住所】  横須賀市若松町1-14近藤ビル1F
【電話】  046-828-5505
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】 火曜日
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅下車。徒歩5分くらい。改札を出たら駅を背に陸橋を渡って、一番左の降り口(直角方向)へ降りる。この道路を直進すると16号にぶつかるが、そのまま直進し、すぐの千日通入口交差点を左へ。一方通行道路を直進し、パチンコ屋を過ぎた左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2

【メニュー】醤油とんこつ並盛600円 醤油とんこつ中盛750円 醤油とんこつ大盛850円
      和風とんこつ並盛700円 和風とんこつ中盛800円 和風とんこつ大盛900円
      塩とんこつ並盛650円 塩とんこつ中盛750円 塩とんこつ大盛850円
      特製つけ麺750円 激辛つけ麺800円 中盛100円 大盛200円

【ホームページ】 http://www.aviva-hd.co.jp/shop2/post_4.html


スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2010-10-23

横須賀中央 龍王

正油 豚骨 ラーメン600円+味付玉子100円
CIMG2487.jpg

たまにはいいかもとふらっとはいってみました。愛想のいい女性店員が、店に入るやいなやさっと声をかけてくれました。先客は1名です。壁に貼ってあるメニューは一番上が新生龍王ラーメンとなっています。価格も500円と安価です。以前はなかったメニューです。店の推奨品かもしれませんが、九州ラーメンのような白い豚骨だそうです。業務用スープかもしれないので、ここは普通の豚骨正油にしました。発注してしばらくすると、サービスですと白ネギがテーブルに置かれました。以前はメンマやコーンとかもやしとかも入れ放題とばかりにテーブルにのせられていたような気がするのですが、デフレの影響かはたまた衛生管理上の問題か、ねぎだけになりました。まあ、それらはさほど期待していないのでどちらでもよいのですが。麺ゆで時間を知らせるタイマー音が鳴って待つこと暫し、ラーメンが運ばれてきました。

太麺と細麺が選べましたが、太麺にしてみました。太麺は普通の太麺と違ってきしめんのような平打ち麺です。なかにつぶつぶが見えています。スープに何となく合うような合わないよう微妙な感じです。スープは、この辺に共通ですが、やや力の弱いあっさり目の豚骨醤油で油もあっさりしていて、臭みもほとんどありません。豚骨の甘みやコクも控えめなのは、テーブルに置かれた豆板醤、ブラックペッパー、ショウガやニンニク、などで調整するのが前提となっているのかもしれません。具材の筍メンマは柔らかく、かつ適度な歯ごたえでよかったです。チャーシューは少しだけ固さがありますが、肉のうま味と合わさって悪くありません。玉子は、しょっぱかったです。

この店は後払いなので、食い終わって現金をテーブルに置いてそっと店を出ました。となりの田島家もさすがに14時過ぎは客は入っていませんでした。私個人としては、どっちもどっちですが、ちょっと龍王の方が好きです。

CIMG2489.jpg

【住所】  横須賀市日の出町1-16
【電話】  046-827-0704
【営業時間】11:00~3:00
【定休日】 無休

【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅より徒歩10分弱。駅改札を抜けたら、駅を背にまっすぐいくと国道16号にぶつかる。16号にぶつかったら、右折し、16号線を渡って反対車線へ。なおも直進した左手。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター2席 テーブル席9×1 4×2

【メニュー】新生 龍王 ラーメン 500円 (豚骨の白いスープで細麺ラーメン、大盛・中盛もできます)
      (大盛は200円中盛は100円増しになります。)

      正油 豚骨 ラーメン600円 (太麺・細麺の豚骨正油ラーメン)(大盛200円・中盛100円増)
      味噌 ラーメン650円 (太麺・細麺の豚骨味噌ラーメン)(大盛200円・中盛100円増)

      つけ麺(醤油味・胡麻味噌味のつけ麺)(大盛200円・中盛100円増)

      特盛 龍王 ラーメン 1000円 (海苔3枚・大判焼豚2枚・角煮・玉子・辛ネギ入り)
      (正油・味噌・白スープで大盛・中盛も出来ます)

      ギョーザ350円 ライス100円 ライス大150円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2010-10-22

神武寺 福来満

ラーメン680円
CIMG2479.jpg


久しぶりにやってきました。実は12時過ぎにやってきましたが、店外行列と駐車場満車で一旦諦めて、ひと仕事終えて、14時半ころ再訪問しました。さすがに、空いています。今度は誰も客がいません。ちょっと入りづらい雰囲気ですが、勇気を出して入店しました。(そんなに大げさなものではありません)
店員は3名です。一番若い男性が水を出してくれました。ガラス張りの厨房内では男女の店員さんが仕込み中のようです。家族経営かな、と思われます。
分厚いメニューから、ラーメンを発注します。ラーメンが一番安価のようですが、値段は一般的なラーメン専門店に比べ、やや高めです。そうここは中華料理店なので、麺類以外にも豊富なメニューがあります。でも、基本はやはりラーメンです。でも、ちょっと高めの五目そばも私は好きです。未食ですが、木炭焼きちゃーしゅうめんもおいしそうです。さて、平ざるでわりと丁寧に湯切りをした麺をスープを注いだドンブリにあけ、具をのせてできあがりです。手際はとても良い感じです。

ここのラーメンはメンマ、チャーシュー、とワカメに麩がのっています。小さく刻んだネギが食欲をそそります。スープは、いわば普通の中華そばのスープなのですが、この普通の味が実は難しいのかもしれません。最初の印象は普通なのですが、何となく気になる部分があって、またレンゲでスープを飲んでしまうのです。やや甘みと少しだけ辛味もあります。メンマにかかっている小さな粒はブラックペッパーでしょうか。麩も意外にあっているようです。ねぎの辛みですかね。麺もコシがあって歯ごたえもいいです。チャーシューは普通っぽい感じですが、意外ととろけそうな柔らかさがありました。

あっというまに平らげました。この間に客が一人入ってきて、人気メニューらしいサンマーメンを発注していました。
CIMG2482.jpg

【住所】  逗子市池子1-8-15
【電話】  046-873-9255
【営業時間】11:30~15:00 16:30~20:30
【定休日】 木曜日

【アクセス】車で:国道16号線からだと船越町交差点を右折。道なりに進み、逗子警察署入口交差点を右折。横須賀線線路を越え、左手に第一運動公園の先の十字路の少し先の右手に駐車場、左手が店。その先の線路を越えると米軍住宅なので入れない。
      電車で:京浜急行神武寺駅下車。徒歩5分。改札を出たら右折。2車線道路を左折すぐに十字路にぶつかるので、そこを右折。線路の手前、左側。
【駐車場】 8台、軽専用1台
【席数】  カウンター9席 テーブル席6×2 座敷座布団4×1、座布団2×1

【メニュー】しょうゆ味
      1.らーめん680円 2.まーぼそば815円 3.カレーらーめん(6月~8月休み)815円
      4.メンマ入もやしそば840円 5.サンマーめん870円 6.にら玉そば890円
      7.ネギらーめん945円 8.わんたん785円 9.わんたんめん1,155円
      10.木炭焼きちゃーしゅうめん1,260円 11.担々めん1,260円
      12.チンジャオそば1.365円 13.肉うまにそば1,365円 14.天津めん1,470円
      15.パイコーそば1,575円 16.ちゃーしゅううわんたんめん1,575円 17.五目うまにそば1,890円
      18.五目冷しそば(7,8月のみ)1,260円
      塩味
      1.たんめん870円 2.塩らーめん890円 3.キムチらーめん920円 4.五目そば1,155円
      5.きのこそば1,260円 6.たけのこそば1,260円 7.えびと野菜のうまにそば1,470円
      みそ味
      1.みそらーめん890円 9.みそネギらーめん1,025円 10.ひき肉と野菜のみそそば1,260円
      極とんこつらーめん700円 味付玉子800円 チャーシュー1,000円 ネギ900円 全部1,150円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2010-10-21

山手 ラーメン大将本店

ラーメン600円+味付玉子80円
CIMG2474.jpg


心細くさせるような秋雨が降っていました。近くのラーメンもんざと迷いましたが、駐車が楽そうなラーメン大将にしました。この辺は片側2車線ながら、交通量もさほど多くないので、左側車線に停車して休憩しているトラックなどが目立ちます。店を少し進んだところに大きな駐車場があります。

郊外店のような大きな店舗は15席ほどのL字型カウンターとテーブルも6つほど置いてあり、ちょっと食堂っぽい造作です。さて、店にはいるとすぐに食券自販機があります。味付玉子が80円というのはうれしいです。いつものように追加しました。13時を過ぎた時間ですが、客は5名でした。ちょうどアイドルタイムらしく、ホール係の女性がラー油の小瓶を清掃しながら、中身を補充しているところでした。
店内は若い男性店員2名と中年男性店員1名でしたが、ちょうどこの男性があがるところで、結局2名の男性が軽くおしゃべりしながらつくっていました。厨房には大橋製麺の麺箱が積み重ねてあります。

ほとんどニアリーで入店した3名分のラーメンが間髪入れずに出てきました。ここのラーメンは名前ほどパンチはありません。どちらかというと、少将くらいでしょうか。ライトなとんこつ醤油はとんこつ特有の甘みとうまみが控えめに出ています。標準で鶏油も弱めです。いつもあまり調味料的なものを加えないようにしているのですが、今回はそれなりに味わってから手を加えるのですが、今回はふたくち目あたりでブラックペッパーをふりました。その分、クセのないあくのどくないスープは飲みやすく、臭いもしません。麺も体に優しくややよく茹でてあります。いわゆる家系より少し細めの中太というタイプだと思います。断面は四角形です。具材のほうれん草もやわらかく茹でてあります。また、チャーシューはあまり個性のないものです。味付玉子は悪くありません。

この近くに三渓園があります。もちろん仕事なので立ち寄れませんでしたが、雨の三渓園も趣がありそうです。今日のようにどんよりと重い空としめった海風が横浜らしいなと思いました。いつかまた、今日みたいな日に行ってみたいものです。そういえば、ラーメン大将もどこか雨にうつむいたような雰囲気で、客も静かに黙々とラーメンをすすっていました。こうして秋が深まって、冬になっていくのだなと思います。

CIMG2476.jpg

【住所】  横浜市中区本牧間門30-51
【電話】  045-621-5541
【営業時間】10:30~22:00
【定休日】 日曜日
【アクセス】車で:国道357を磯子から本牧方面に向かい、立野高校入口交差点を過ぎた左側。
【駐車場】 店の50m先に専用駐車場
【席数】  カウンター15席、テーブル4人×5 6人×1

【メニュー】ラーメン600円 キムチラーメン700円 ワカメラーメン700円 チャーシューラーメン800円
      キムチワカメラーメン800円 チャーシューキムチラーメン900円
      チャーシューワカメラーメン900円 チャーシューキムチワカメラーメン1,000円
      つけめん650円
      中盛(めん一ケ半)100円 大盛(めん二ケ)150円
      キムチ増し ワカメ増し のり増し 各100円  味付玉子80円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2010-10-15

いずみ野 麺屋いつき

九条ねぎラーメン450円+卵100円
CIMG2469.jpg

事前調べで、魚介系スープのうまそうな店とのことで、初訪問しました。駐車場は店の裏手に4台分確保してあり、便利です。駅からは遠いので、車でないとちょっと厳しい場所です。この近くには四号家というラーメン店がありますが、その他はあまりラーメン店の少ない過疎地域であります。

店の前の看板を見て、店名を冠した、いつきラーメンにしようと決め、店内に入りました。入ってすぐの場所に食券自販機が置いてあます。あまりよく見ず一番上の列の左側、1番ボタンを押しました。運悪く千円札だったので、あまり金額を確かめませんでした。トッピングの卵は現金払いです。カウンターに水を置いてホール係の女性が、こちらへどうぞと、親切に案内してくれるので、食券と100円を先ほどのおつりから出して渡します。ライスが無料サービスということだったので、一応お願いしました。

品物が出てくるまで、ずっといつきラーメンを発注したと思っていました。出てきたラーメンを見て、これじゃ、素ラーメンじゃないかと、少し憤りを感じました。最初、疑いもなく店側の間違いと思っていましたが、もしかしてと思い、さっきのおつりを確認すると350円しかありません。ねぎラーメンと卵なら釣り銭は450円のはずですが、おつりを取り忘れたのでしょうか。とほほです。

ちょっと楽しみにしていた炙りチャーシューはもちろん、メンマものりものっていません。あるのはネギだけ。さて、肝心のスープはやや醤油がとがっている感がありますが、煮干し系の出汁が出ています。私としては好みではありませんが、背脂が浮いています。これはネギラーメンだけなのか、どのラーメンにも共通なのか不明ですが、背脂がのらないとあまりにもさびしいからかもしれません。それは冗談として、おそらく魚出汁と動物系でバランスをとっていると思われます。麺は少し黄色みのある縮れた丸い断面のものです。味噌にも合いそうな感じがします。プラスした卵は無難な感じでした。何となく食欲がわかず、自分でお願いしておきながら、ライスもほとんど残してしまいました。すみません。

途中まで、間違えてます、と云おうかと思うくらい、自分の間違いとは疑ってもいませんでしたが、帰りに自販機をよく見たら、1番ボタンは九条ねぎラーメンでした。それにしてもカウンターのメニューには昼食に人気のラーメンと紹介されていましたが、私のように思いこみで食券購入した人が多いのではと思いました。だって、メニューの並び順と自販機のボタンの並びは同じにしないか、普通。

CIMG2472.jpg

【住所】  横浜市泉区和泉町7329-16
【電話】  045-302-6223
【営業時間】11:00~15:00 17:30~24:00
【定休日】 無休
【アクセス】車で:中原街道を下り、下瀬谷2丁目交差点を左折し、かまくら道へ。日向山団地中央交差点を過ぎた先の左側。
【駐車場】 店裏に4台
【席数】  カウンター18席、テーブル4人×2 2人×2

【メニュー】いつきラーメン650円 炙り焼豚ラーメン900円 みそラーメンコテコテ風750円
      九条ねぎラーメン450円
      炙り焼豚(3枚)300円 メンマ100円 のり100円 卵100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2010-10-10

京急富岡 支那そば将華

支那そば醤油600円+味つけたまご100円
CIMG2412.jpg

一昨日の逗子駅前の支那そば哉に続いて、支那そば続きです。平日はいつも夜営業なので、祝祭日の昼営業をねらって行ってきました。14時過ぎの訪問でさすがにすいています。先客なしです。カウンタ―席に座って、店主らしき男性の、ていねいに作業をする様子を見ながら待ちます。ちなみに女性店員との2名体制です。久しぶりに来て知っていたつもりでしたが、あらためて味わうとおいしいです。

味わいに奥行きがあり、縮れ麺との相性もとてもよい感じです。メニューに書かれている魚系やとんこつ、鶏ガラなどからなるスープは、どれも突出することなく協調しながら、とてもバランスがとれています。油の具合がほどよい感じでコクをあたえています。やや前面にでた醤油味との兼ね合いもいい具合です。さらに表面に少し浮いた揚げネギがくどすぎず、控えめのいいアクセントになっています。

目立ちすぎることはないといえば、具材もいい感じでした。海苔は小さめながら、海苔の味がしっかり効いています。また、メンマ、チャーシューも自己主張しすぎず、いいあんばいです。味付け玉子もまあまあです。

不整形のドンブリが品のあるラーメンを演出していますが、600円とまあ常識の範囲で食べられるのもうれしいかぎりです。今度はぜひ、しおに挑戦したいと思います。でも、昼でないとなかなか難しいので、次はいつになるやらという感じです。

CIMG2414.jpg

【住所】  横浜市金沢区富岡東5-14-17
【電話】  045-773-1170
【営業時間】17:30~0:00 土日祝のみランチ営業12:00~14:30
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行京急富岡駅下車。徒歩5分くらい。改札を抜け、右側の出口から出て、駅前のV字型の道を左の細い路地に入る。左手にある郵便局を越したら、次の角を左に曲がり、細い路地に。そのまま道なり行った右側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席、テーブル4人×1

【メニュー】支那そば
      醤油600円 しお600円 みそ700円
      辛みそ1辛750円 2辛800円 3辛850円
      チャーシュー250円 ワンタン200円 ねぎ150円 メンマ150円 のり100円
      味付けたまご100円 コーン100円 バター50円

【ホームページ】 http://shinasoba.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2010-10-08

逗子 支那そば哉

煮玉子支那そば800円
CIMG2404.jpg

逗子の駅近くに、6月に開店した店です。遅ればせながら(いつもですが)、初訪問です。支那そばの細い書体の暖簾がいやが上にも期待を煽ります。白木の外観と同じように、店内も清潔そうな感じです。12時を少し回って、客はそこそこ入っています。メニューは支那そば一本で、トッピングなどで種類があります。いつものように煮玉子をのせた支那そばにしました。

カウンター越しに出てきた支那そばは、第一印象がスープがちょっと多めのような気がします。あくまでも見た目ですが。まずはスープをひとくち。あっさり目にやや強めのうまみがあります。後をひくようなうまさではありませんが、バランスはまあまあです。洗練された品とまでいきません。麺は細麺よりは少し太めのストレートで、やや長い麺です。少し柔らかめですが、まあこんなものだと思われます。よくないのは、具材です。ナルトはともかく、業務用と思われるメンマ、薄すぎて鮮度や味の失われたネギはどうしてもアクセントとはならず、生彩を欠いています。客に出せるレベルではないと思われる断面の汚い煮玉子は、これならわざわざ切らない方がいいのではと思ってしまいました。しかも、支那そばが650円だから、煮玉子支那そばとの違いが、もし煮玉子だけだとしたら、この玉子だけで150円分ということになります。メニューにはトッピングは別になっていないので、発注時には気がつきませんでした。しかも、甘さが強くあまり好みではありませんでした。

基本は悪くないのですが、もう一段と洗練されるといいかなと思います。厨房での店員さんの様子をみていると、たまたまかもしれませんが、ちょっと弛緩している感じもありました。スープに負けないくらい、麺量はけっこうあるように思われ、腹はふくれました。
CIMG2408.jpg

【住所】  逗子市逗子1-5-5
【電話】  046-872-0886
【営業時間】11:30~1:30
【定休日】 不明
【アクセス】電車で:JR逗子駅より徒歩3分、京急新逗子駅より徒歩5分くらい。JR逗子駅からだと駅を背に進んで、銀座通りすぐ。マクドナルドを右手にみて、道なりにすすんだところ。
【駐車場】 店の前に停められるだけという感じ。区画無し。
【席数】  カウンター5席。テーブル席4人×5、2人×1

【メニュー】支那そば650円 支那そば大盛り750円 支那そば特盛り(トッピング全部のせ麺二玉)1,250円
      チャーシュー支那そば900円 ワンタン支那そば850円 煮玉子支那そば800円
      きざみねぎ支那そば800円 メンマ支那そば750円 ニンニク支那そば750円
      のり支那そば750円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2010-10-07

千倉 華の蔵

特製らーめん980円
CIMG2394.jpg

所用で房州にやってきました。海の見えるところまで来ましたが、天気は生憎の雨模様です。わかりづらいところですが、親切な看板のおかげで迷わずに着くことができました。民家風の建物に店の看板がついていて、商い中の表示が出ています。玄関の前に暖簾が下がっていますが、本当に普通の家で、玄関で靴を脱ぐようになっています。さらに家に入ると、座敷にテーブルというか座卓がおいてあり、赤い座布団が並んでいます。何かとってもアットホームで、まるで帰省したかのような錯覚を覚えます。ふりかえると、仏壇や神棚まであります。こりゃ本格的な民家です(変な表現ですが)。

いつものようにラーメンが出てくるまでの記述が長いのですが、そんなわけでカウンター席などありませんから、知らない者どおし仲良く一つの座卓で食べることになります。私のとなりはおばちゃんの3人組で、それぞれが違う品を発注して、食べ比べをしていました。何となくほほえましい感じです。席はほぼ満席で、昼時でこんな辺鄙そうな(失礼)場所ながら、次々と客が上がり込んできます。玄関からあがって左手が座敷で、右手が調理場です。頭にタオルを巻いた男性がメインで補助らしき女性が2名、ホール係の女性が1名の4名体制です。遠くて見えませんが、手際はよいようです。

混んでいたせいもあり、10分ほどで運ばれてきました。一目見て、色合いがきれいです。何となく食欲をそそります。麺を覆うようにしてのせられた大きなチャーシューほか具材がきれいに並んでいます。まずは、スープ。ゆずの風味が微かにします。胡椒っぽい黒い粒と唐辛子も微かにスープに浮いています。魚介系なのでしょうが、それほど強くは出ていません。鶏ガラなども合わさっているかと思いますが、醤油とのバランスがとてもよく、うまみが飽きずに続きます。麺もいいですね。黄色い、細麺よりは太い中くらいの太さの、丸い断面です。麺自体の味わいもいいです。具材はどれもいいです。ねぎまでしっかりねぎの味がする。つまり新鮮で、具材が活きています。
チャーシューは大きくて、ボリューム満点です。肉のうま味がしっかり味わえます。珍しい車麩も味を吸い上げて、うまいです。

うまかったです。腹一杯です。家でホームページを見たら、特製は麺量が1.5玉になっていました。どうりで満腹になったわけです。鶏塩らーめんが新作ですとかいっていたが、こうなると塩も食してみたくなるものです。しかし、わざわざではなかったけど、来てみてよかった。一見、いや一食の価値ありです。

CIMG2397.jpg

店を出ると、雨が降り出し、目の前の太平洋もちょっとさびしげに映りました。
CIMG2399.jpg

【住所】  千葉県安房郡千倉町白子2713-2
【電話】  0470-44-4075
【営業時間】[昼の部]11:00~14:30 [夜の部]17:00~19:00(土日のみ)
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:JR内房線千歳駅徒歩15分くらい。駅を背に進んで、ぶつかった国道410号(房総フラワーライン)を左折し南下。5つ目の左手の海側への道を入り、海をめざし進む。漁協の裏手にある。
      車で:国道410号(房総フラワーライン)を左折し南下。海が近くなって、橋の手前に店の案内看板があるので、そこを左折し、海沿いを進んで漁協のうらあたり。道は細い。
【駐車場】 店の前に停められるだけという感じ。区画無し。
【席数】  座敷のみ。座布団は座卓2本に8人座り×2、座卓1本に12人座りというところ。仏壇、神棚あり。

【メニュー】限定特製
      特製(醤油・塩)980円 つけ麺(醤油・塩)(温・冷)1,000円
      油めん(醤油(辛味あり)・塩)1,000円
      
醤油 らーめん600円 ねぎらーめん(辛味あり)750円 ちゃーしゅーめん1,050円
         ねぎちゃーしゅーめん1,150円
      塩  らーめん600円 ねぎらーめん(辛味あり)750円 ちゃーしゅーめん1,050円
         ねぎちゃーしゅーめん1,150円
      油  醤油あぶらめん(辛味あり)750円 塩あぶらめん750円
      つけめん 醤油つけめん750円 塩つけめん750円

      ※めん類を注文された方に限ります。
      煮玉子(1ヶ)100円 ギョーザ(6ヶ)400円 ごはん(並)150円 ごはん(小)100円
      つまみちゃーしゅー(切り落とし)600円

【ホームページ】 http://www.chikura-hananokura.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2010-10-06

白楽 つけめん 美豚 六角橋店

煮魚出汁つけめん800円+味付玉子サービス
CIMG2387.jpg

店の前を通るたびに気にかかっていた店です。この地味目の看板が、道を挟んだ向かいの店との対比で何となく味で勝負!みたいな気にさせられました。近くのコインパーキングに車を停め、いそいそと店に入ります。13時少し過ぎですが、先客は誰もいません。
全く先入観なく自販機の前に立って、どのメニューがいいかと漠然と検討していると、突然店員さんが、当店はつけめんがオススメですと話しかけてきました。さらにとんこつと魚出汁のWスープと煮魚出汁があり、云々と丁寧に解説してくれます。Wスープと煮魚出汁とどっちがいいか、迷ってオススメとシールが貼ってあった方の煮魚出汁つけめんにしてみました。さらに味付玉子入りのボタンを押してから、ランチサービスでライスか味付玉子がつきますとの説明をされ、早くそれを云えって、と心の中で舌打ちして、食券を渡しながら、玉子のサービスがいいんですけど、と付け加えます。すると、玉子がお好きでしたら、2つのせることも出来ますと説明されました(意外な返答です)が、当然、玉子は一つでいいので、丁重にお断りすると100円を現金で返してくれました。

カウンターに座ると、茹で時間に5分ほどかかるようです。待つことしばらくして、やってきました。麺は太めでストレートな丸いものです。麺のなかにはよくみるとつぶつぶみたいなものもあります。つるつるです。
スープはとても濃厚で、とてもはっきりとした酸味と甘味があります。どちらかといえば甘ダレというかんじです。出汁は確かにはっきりと出ています。そして、具はのり小さめ1枚、とても小さいチャーシューとメンマ、そして味付玉子ですが、どれも平凡でした。はい。

カウンターにはあらかじめ、スープ割りがポットに置かれていますので、せっかくですから試してみました。やはり、甘いですね。店内や外に店の紹介記事がさまざま貼ってありましたが、確かに個性の強い店ではありました。それにしても、美豚と書いて、びとんって店名もユニークではあります。

CIMG2388.jpg

【住所】  横浜市神奈川区六角橋2-1-20
【電話】  045-413-1269
【営業時間】11:30~1:00(平日・土)
      11:30~23:00(日・祝)
【定休日】 年中無休

【アクセス】車で:横浜上麻生道路を岸根交差点に向かい、六角橋交差点手前左側。
      電車で:東急東横線白楽駅から徒歩10分くらい。改札を出て、賑やかな通りを左へ進み、横浜上麻生道路に突き当たったら、横断したところ。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター7席 テーブル席4×3

【メニュー】つけめん(Wスープ)750円 味付玉子850円 チャーシュー1,050円 ネギ950円 全部1,200円
      煮魚出汁つけめん800円 味付玉子900円 チャーシュー1,100円 ネギ1,000円 全部1,250円
      らーめん(Wスープ)700円 味付玉子800円 チャーシュー1,000円 ネギ900円 全部1,150円
      極とんこつらーめん700円 味付玉子800円 チャーシュー1,000円 ネギ900円 全部1,150円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター