2010-03-19

平塚 うまみ屋

極上マー油らーめん750円+味付けタマゴ100円
CIMG1934.jpg


ラーメンの繁盛店に掲載のラーメン店。店内にもいろいろなラーメン本などに紹介された記事が貼ってある。どれもおすすめの極上マー油らーめんの写真が載っている。かくいう私も、極上マー油らーめんを発注した。ついでに玉子とうっかりいってしまったが、写真をみてわかるとおり、最初から半分のっていた。
店内はかなりべとべとする床に10席ばかりのL字カウンターと壁に沿って小あがりがある。12時半くらいの入店だが、先客は3名だった。店員は男女それぞれ1名ずつ。調理担当の男性と補助の女性。夫婦経営かもしれない。店内は漫画が雑然と置いてあったり、洗った灰皿が山積みになっていたり、ジンロのボトルがおいてあったり、何となく昔ながらのラーメン屋という雰囲気もただよわせていた。
注文を受け、深ざるで、ざっと湯切りをしてしあげる。表面には黒い小さな粒の油と背脂がびっしりと浮いている。マー油の味を知っている者としては、この黒い油と香ばしい臭いは食欲をそそるものがあるが、初見の者にとっては奇異に映るかもしれない。
マー油は香ばしさと苦さが出ている。ベースのスープは背脂の影響もあり、さらっとしたスープながら、コクもある。麺は普通の太さのもので、食感はつるつるしている。具材は柔らかいチャーシュー、ほうれん草、ねぎ、のり3枚。チャーシューはそこはかとなく香ばしさがあった。店としては、このラーメンで勝負という感じのようだが、最初のうちは、マー油の香ばしさが手伝って、味わいがよかったのだが、後半になるとなぜかしょっぱさがかなり目立つようになってきた。これはベースのスープがしょっぱいのかもしれない。
もしかしたら、この背脂とんこつ醤油自体がバランスよくない可能性もあるように思われた。無愛想というほどでもないが、あまり愛想のよくない客対応も改善の余地ありと思えた。

CIMG1937.jpg


スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2010-03-17

金沢八景 平松屋六浦店

こってりらぁめん600円
平松屋六浦店こってり

この色合い、まさに平松屋。今回はこってり醤油の細麺にしてみた。麺は本店同様、太麺と細麺が選べる。入ってすぐのところに食券自販機があり、その隣に給水器が置いてあり、すぐにカウンターが奥まで続く。カウンターテーブルの幅がやや犠牲になっているようで、ドンブリを置くとあまり余裕のない広さ。8席ほどのカウンターのみの店内は、12時過ぎの入店で、3名ほどの先客が、みんなラーメンとセットを食べていた。チャーハンがよく入っていたようで、ラーメンを作ると、すぐに鍋を振るという忙しさに、ひとりきりの店員は客の食ったドンブリを下げるのも間に合わないようで、私が入った時は、カウンターに食器が雑然と置かれていた。食い終わった食器はカウンターにあげろとは書いてないのだが、一人体制の店では、カウンターにおいてあげるだけでも、助かると思う。
ラーメンは小さな鍋にスープを小分けして温める本店と同じスタイル。油少なめでと言ったら、もやし少なめですね、というので、はいと返事をしたあとで、ほう、もやしも入っているのかと気づいた。
ドンブリには、平松屋といえばこってり系のスープ。とろとろのスープはそれほど脂っこいしつこさがないのがいい。このスープに細麺があうのか、微妙だがこれはこれで、太麺にない食感がなかなかいい。奇しくももやしは少なめになったので、鬱陶しくなくよい感じだ。箸で崩れる柔らかなチャーシュー、ほうれん草、大きなのりが3枚、そしてねぎ。ところで、入っていると思っていた味付玉子は入っていなかった。平松屋だから最初から玉子半分入っていると思ったので、残念。
さて、ラーメンだが、こってりといっても、意外とさっぱりいただける一杯。ほかにもトンコツベースとは思うが、和風醤油などさまざまなメニューがあった。
ところで、ここの特色はそのラーメンもさることながら、その挑戦的な立地にある。なんといっても隣の隣が家系直系の横横家。人気の違いは圧倒的。しかも後発。つまり殴り込み。砕けて散らないようがんばってほしいもの。

平松屋六浦店店舗

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター