2009-12-04

横浜 麺や維新

味玉醤油らぁ麺800円
CIMG1890.jpg

横浜駅からしばらく歩いた路地裏に佇む店です。外観はラーメン店っぽくなく、ローマ字で店名が書いてあります。店内も外観同様に、ラーメン店というよりどちらかというと飲酒向きの造りです。ただ、床が油のせいか少し滑るのが、ラーメン店っぽい感じです。二人がけの小さなテーブルが5つほどあり、そのうちの1つに案内されました。
久しぶりの訪問で、塩と相当迷いましたが、自販機の最初のボタンであった味玉醤油にしました。離れたカウンター内に厨房があり、手元の様子は見えませんが、ていねいに調理している様子です。
ラーメンは真ん中に大きなチャーシューが麺に蓋をし、メンマ、玉子、ねぎ、のりがのります。
スープはひとくち飲んで、醤油のうまさが広がります。ああ、これが醤油の味だと改めて気づかされる感じです。麺も味わいがよいです。全体的にバランスのとれたとても満足のいくものでしたが、チャーシューが少しだけ肉っぽい臭みを感じましたが、好みの問題だと思います。麺とスープのバランスがいいです。醤油の味が活かされたうまい一杯でした。食べ終わってみると、今度は塩が食べたい、と新たな食欲がわいてくるのでした。
店員さんの対応から常連が多いようです。横浜駅からは少し歩きますが、通う価値のある店かと思います。
スープまで飲み干して完食しました。

CIMG1894.jpg

スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2009-12-03

横浜 山頭火 横浜そごう店

らーめん塩850円+香味玉子100円
CIMG1886.jpg

雨が降っていたので、駅から濡れずに行けて、昼時でも空いている店ということで、横浜そごう10階の山頭火にやってきました。12時を少し過ぎた時間ですが、もちろんすぐに席につけました。とろ肉らーめんというのがおすすめのようで、メニューの一番最初に載っています。しかし、1200円です。お子様らーめんでも550円です。
ということで、次におすすめそうな塩らーめんにしました。
カウンターのみの店ですが、狭い店内に女性店員がホール係としています。コートや荷物は席の後ろに籠がおいてあり、入れるしくみです。
カウンター越しに、まずは玉子が出てきました。感心なことに玉子の皿も温めてありました。続いて熱いので気をつけてください、とラーメンが出てきました。白濁したスープに小さな梅干しがのっています。たいへんあっさりとしたスープはとんこつベースです。うま味が強いですが、くどさはありません。麺は細めのものです。スープがとても熱いのが特徴のようです。チャーシューは柔らかく、食感は悪くありません。最後の方は中でばらけていました。少しにおいのきついメンマは平凡です。その他にキクラゲ、なると、かりかりの梅干しは箸休めなのでしょうが、好みは人それぞれだと思いますが、一応途中で食べてみました。
小振りのドンブリや別皿の玉子など全体的に品よく見せようという意志が感じられます。味は少し人工的すぎるようななうま味はありますが、安定している感があります。意地悪くいえば、うまくまtめようとしすぎている感もあります。ラーメンは意外と高いものだと知っていますし、百貨店なので、周りはそれなりの単価の店ですが、標準的なメニューのラーメンと玉子で千円札出して、50円しかお釣りないのが何となく悲しい気がしました。うまくメニューや単価設定をしています。特選とろ肉らーめん1200円は高いけど、らーめん850円なら、と思わせるうまい設定で、最後に払ってから、冷静に考えると昼に1,000円近くって高いかもと考えてしまいました。
隣の客は半とろらーめんというのを食べていましたが、とろ肉と称するチャーシューとキクラゲなどのトッピングが別皿で出ていました。ラーメンは素ラーメンなのでしょうか。それで、一向に別皿を食べている様子がなく、ひたすらラーメンをすすっています。後から、別々に食べるつもりでしょうか。大きなお世話です。

CIMG1888.jpg





theme : ラーメン
genre : グルメ

2009-12-02

横須賀中央 玉来

わんたん麺800円
CIMG1882.jpg

先週に続いて、また路地裏にやってきました。ほぼ正午近くですが、今日は先客はいません。先週行ったので店員さんとわかりましたが、一瞬お客さんかと思いました。テーブルで客待ち状態でした。今回は明瞭な発音でわんたん麺と伝えました。店員さんは厨房に消えていきましたが、しばらくすると例によってトレーにドンブリを乗せて運んできてくれました。わんたん麺は先週のらー麺よりドンブリが大きいような気がします。気のせいかもしれませんが。
ドンブリにひたひたのスープはおそらく、サービスなのでしょう。スープは先週より、少ししょっぱめな気はしますが、気になるほどではありません。スープ同様に具材もシンプルで、わんたんのほかは喜多方風の小さなチャーシューとねぎ、割と歯ごたえのよいメンマだけです。わんたんは、おそらく8つ。思ったよりたくさん入っています。熱々の大きな皮はつるつるとして、よい食感です。小さめの中身もスープとなじんでいます。
今日は12月にしては小春日和で、食べているうちにうっすらと汗ばんできました。これは体があたたまります。ふつうにおいしいわんたんとラーメンでした。
先週に引き続きですが、あたりまえですが、店内の光景はあまり変わっていません。食べている間は店員さんは、厨房に入っていました。葱か何かを刻んでいる音がしています。向かい合わせになってしまう位置にすわったので、お互いに気恥ずかしいような気もしますので、ちょうどよかったです。スープを残して、店を後にしました。

CIMG1883.jpg

theme : ラーメン
genre : グルメ

2009-12-01

戸塚 麺や幸村

魚介しょうゆ 700円
CIMG1875.jpg
戸塚界隈は再開発中です。その工事中のビルを通り越して、1本道を入った人通りの少ない場所に佇んでいます。以前来たときは、生憎と定休日でした。今日は事前によく店をチェックしてから来ました。ついでに携帯電話で、グルメウォーカーのクーポンも用意していきました。
着いたのは昼をすぎた時間なので、先客は2名だけです。
食券自販機で魚介しょうゆを選ぼうとしましたが、ランチAというギョウザと半ライスがつくセットメニューにしました。店員は男性2名です。カウンターだけの店なので2人とも厨房にいます。携帯電話のクーポン画像を見せて、味玉を追加してもらいました。
深ざるで湯切りしています。
スープは、魚介系の出汁を使用しているらしいのですが、あまり魚介系の出汁は強く感じません。醤油のうま味が強めに出ています。食べ進むうちに溶けだす青のりと焦がし葱が微妙な変化を与えていきます。やや細めのストレート麺は、少しのびやすいようですが気になりませんでした。チャーシューは表面に焦げ目があって、別に炙ったようです。特筆すべきほどではありませんが香ばしいものです。また、太いメンマは歯ごたえがあります。食べ始める前に、クーポン画像でサービスのはずの味玉がどこにも見あたりません。こういう時って、いいづらいですね。クーポン画像をみせるだけでも、いろいろ考えて遠慮気味だったのが、さらに遠慮気味になってしまいました。すぐに暖めて、ドンブリの上においてくれました。
最初に半ライス、ラーメン、ギョウザの順でやってきました。熱々のギョウザとライスを食べて、またラーメンに戻ってくると微かなゆずの風味を感じました。少しラーメンを食べて、またギョウザ、ライス、さらにラーメンに戻ってくると、またゆずを感じました。
最後の方は、スープの味がかなり変わってきていました。焦げた醤油っぽい味わいが、印象に残りました。食べている最中に昼営業の14時までが終了したようで、店員が営業中の看板をひっくり返すためにおもてに出ていきました。昼時間にぎりぎり間に合ってよかったです。
CIMG1878.jpg

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター