2009-10-31

日ノ出町 武者がよか

味玉ラーメン 700円
CIMG1774.jpg
京浜急行日ノ出町駅を降りて目の前の横断歩道を渡ったところです。今日は土曜日とあってWINSに向かう客でにぎわっています。12時半前ですが、お目当てのいろはという店は準備中でした。この店は吉野家(家系ではなく、牛丼やです)に寄生しているかのような店構えなのですが、準備中の札があり、何やら仕込み中のようでした。夜ラーメンだったかな、などと考えながら、駅方面に引き返します。WINSの手前に剛つけ麺と書かれたやたらと気合いの入った店を見つけたので、入ろうと中を覗くと、何と満席っぽいのでやめました。もう一度看板を見ると小さく日の出らーめんと書いてありました。なるほど。
さて、また駅へ戻る道を辿り、結局最初に目に入った九州とんこつの大きな暖簾の店に足を運び入れていました。
店を入ると、すぐに食券自販機があります。いずれも基本のラーメンにトッピングを加えたメニューです。カウンター10席ほどの店ですが、店員は男性2名です。どちらも少し日本語のイントネーションがたどたどしい感じです。底の平たい深ざるでタイマーで時間を計って茹でています。麺の固さや油量など好みをきいてくれましたが、普通でお願いしました。待つことほどなく出てきました。
スープは悪くないのですが、とんこつはとんこつですが、何となく家系ぽいような味わいもあり、少ししょっぱくもあります。全体的には適度な濃厚さもあり、そこそこですが、印象としてはいまひとつのような気もします。麺は何か独特のまずさが見え隠れしました。湯切りは比較的ていねいですが、湯が汚れていたのでしょうか。チャーシューもおいしくなかったですね。
全体的に接客応対もていねいで、好感がもてますが、もう一段の努力が必要でしょうかね。不定客も多いのでしょうが、この辺りラーメン店多く、実は激戦区でもあり、栄枯盛衰が早い地区でもあります。
mushamise.jpg

スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2009-10-30

追浜 丸新らぁめん

こってりらぁめん 650円
CIMG1769.jpg

追浜の商店街の中にある店ですが、ここはラーメン店が入れ替わり、今に続いています。以前は中山屋で、その前は山家という店でした。この店は昨年のオープンです。中山屋同様に平松屋系のようです。平松屋はいろいろな所にできては消えていく泡沫(うたかた)のような感がありますが、それでも根強いファン層がいるのは確かです。
この店は入るとすぐに食券自販機があります。1番ボタンは和風豚骨醤油です。これが一番おすすめなのかな、と思いましたが、平松屋といえば、こってりかなと、こってりらぁめんを選択しました。L字型のカウンターが9席で、12時過ぎですが3名の先客がいました。食券を示すと、男性店員がていねいに太麺と細麺の選択を訊かれました。太麺を選択しました。麺箱は丸清製麺と書いてあります。麺は底の浅い深ざるで茹でます。スープは寸胴から小さな鍋に小分けして加熱調理しています。この辺も平松屋と同じです。湯切りは縦横に深ざるを振っています。具材は結構入ります。
さて、カウンター越しに出てきたこってり、ですがとんこつ臭はないものの見た目にもこってりがわかります。レンゲでスープをすくって、びっくりの驚異の粘度です。本当にこってりです。店の外の看板には、濃厚、3日間煮込んだスープとありましたが、本当に濃厚です。甘みとうま味があり、なかなかの味わいです。麺は黄色いストレートなもので、適度なボソボソ感と固めの具合がちょうどよい感じです。具にはメンマ、チャーシュー、もやし、のり、わかめ、なると、ねぎ、味付玉子半分がのります。具材が多いとそれだけ大変な面も多いと思うのですが、基本のラーメンでこれだけ入るので、とてもお得な気がします。店員は男性一人でしたが、ていねいな対応で好感がもてました。サービスで半ライスがつきますが、少し固かったですね。でも、スープに混ぜて食べると、なかなかいけました。
平松屋ラーメン好きにとってもこの濃厚さは好感をもって受け入れられるのではないでしょうか。それにしても、濃厚!鍋ものの後の煮詰まったスープみたいでした。
CIMG1771.jpg

theme : ラーメン
genre : グルメ

2009-10-29

横浜中央 らあめん花月嵐 横須賀中央店

嵐げんこつらあめん 620円
CIMG1766.jpg

各地にあるラーメンFC店ですが、実は今回、初めて食べました。各地にたくさんあるのですが、何となく避けてしまっていましたが、横須賀中央に昨年オープン以来、いつでもいけるかと、これまで機会を逸しておりましたが、今日訪れました。
隣はらーめんぶぅです。入ってすぐに自動販売機があります。人気No1と書かれた1番メニューの嵐げんこつらあめんを選びました。店内は細長く、カウンターが入口から奥まで横一線に並びます。反対側に4人がけのテーブル席が2つ並びます。厨房は奥に隠されて、店内からは見えません。
ホームページによると、良質なげんこつと数種類の野菜を長時間じっくりと煮込み完成するスープに細かいツブツブ状の背脂を浮かべることで、ワイルドな見た目に反し、まろやかにしてまとまりのある味わいが誕生する、とのことです。
さて、やってきたラーメンはたしかに細かな背脂がドンブリ一面に広がっています。茶濁したとんこつスープは臭みはなく、しつこさもありません。隠し味とはいえないニンニクの味が結構、強めに感じます。背脂は多いのですが、まあまあ飲みやすいスープです。細めの縮れ麺は、これもこのスープにはスープに合わせた感が強いですが、あっていると思います。比較的、歯ごたえのあるメンマ、これは仕方ないのかもしれない、薄めのチャーシュー、半分のゆで玉子、のりです。
スープは意外と単調で、スープのみ残してしまいました。
FC店っぽいところもありましたが、オペレーションもスムーズで客も多く、回転もよさそうです。
CIMG1767.jpg

theme : ラーメン
genre : グルメ

2009-10-27

汐入 らー麺555

和風とんこつらーめん(大盛り)650円+味付玉子100円
CIMG1756.jpg

京浜急行汐入駅近くの横須賀芸術劇場わきの店です。隣は中華ファミリーレストランのバーミヤンです。店構えは少し控えめですが、らーめん幟が少しめだちます。
店はカウンターだけの奥に細長く続き、向かい合う形で厨房があります。男性スタッフが一人きりです。メニューを開いて、少し不安がありましたが、一番左上の和風とんこつらーめんにしてみました。その他に、みそ、しお、しょうゆ、みそ麻辣麺、つけ麺と並んでいます。和風とんこつらーめんには細麺というシールが貼ってあります。さらにメニューには濃厚かつ優しい味の和風仕上げのとんこつらーめんという但し書きがありました。午後2時までは小ライスまたは麺大盛り無料サービスなので、麺を大盛りにしてみました。カウンターには場所柄、」英語版のメニューもあります。
ビニールに入った麺を深ざるで茹でています。出てきたラーメンはスープは白濁していて、マー油ではありませんが、油が浮いています。細かなねぎは他のメニューとは異なり、浅葱です。何となく九州系を意識したものでしょうか。さらっとしたスープは奥行きが少なく、うま味だけが目立ちます。また、和風と謳うだけあって、魚介系の出汁を感じるのですが、どことなく人工的な感じもします。また、大盛りにしたせいもあってか、どことなく伸び気味のストレート細麺はスープとの絡みが今ひとつのようです。その他、メンマは業務用っぽい感じです。チャーシューは炙ったような感触で、悪くありません。味付玉子は最初から半分のっていました。
食べている途中で、客が入ってきました。みそらーめんを発注していました。
さて、このラーメンの大盛りは結構、麺量が多いような気がしました。スープは少し残しました。
CIMG1764.jpg

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター