2009-07-25

横須賀中央 らーめん専門店 克吉

関東醤油豚骨 680円+味付半熟卵100円
HI3E0039.jpg

驚きました!何に驚いたかというと、店の名前は変わっていませんが、メニューというか、ラーメンのコンセプトがすっかり変わっていました。入店するときにはちらっと、看板を見ましたが、克吉と書いてありました。入店して落ち着いて見まわすと、以前にあった地鶏そばという文言はまったく見あたりません。
さて、入店してたまたま先客がいたので、自販機で食券を買うため並びました。さて、自分の番になって何にするかと見ると1番ボタンが九州博多豚骨となっています。しかも人気No1とのシールまで。まだ、地鶏そばが先入観がありますので、次のボタンを見ると、関東醤油豚骨と書いてあります。しかも、おすすめのシールまで貼ってありました。腑に落ちぬまま、素直におすすめにしてみました。ついでに味付玉子も追加しました。
赤だの白だののボタンはどうやら、辛いかそうでないかのようです。ついでに、麺固めやバリ固など麺茹での好みは、色のついた目玉クリップをかごからとってカウンターにのせるしくみのようです。
カウンター席につく前に、セルフサービスの水をコップに注いで待ちながら、観察します。店員は男女2名体制です。男性が調理、女性が配膳という役割のようです。待つことまもなく、ラーメンがカウンター越しにやってきました。
一瞬、見てちょっとショックだったのは半身の玉子が3つのっていることでした。これもよくあることなのですが、店側は悪意はないと思いますが、玉子増しという結果になりました。以前にある店で玉子を
追加で発注したら、半身で4個乗っていたことがありました。
さて、この浅葱はおそらくもうひとつの九州博多豚骨にも共通ではないでしょうか。スープはとろみのある白濁系で、とんこつの臭みはまったくありません。とんこつのうま味はありますが、もしかしたら、化調系もというような気配も少しあります。渦巻きチャーシューはやや薄めです。中太の麺はつるつるした食感でした。そんなこんなで、わりとあっさり完食してしまいました。
やはり、横須賀ではとんこつなのでしょうか。確かに前より客は入っているような気はしますが。私としては以前の方が好きでした。残念です。
HI3E0040.jpg


スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2009-07-17

横浜 大勝軒

もり味玉 820円
HI3E0032.jpg

横浜駅からほど近い店ですが、まだ未食なので、今日14時ころ訪問しました。ちょっとわかりづらい場所でしたが、戦国ラーメンの先を左に折れる細い路地を入ったところにありました。道幅が狭いので、上を見ないと看板を見逃すところでした。ここは、実はラーメン激戦区で、ちょっと手前に大和家ラーメンという、名前だけ見ると家系みたいですが、普通のラーメンやさんががんばっているし、その先には一応九州系だと思われる横濱ハイハイ楼がこれも意外に不況下でがんばっています。その先にも...。というわけでなかなかの激戦区なのです。
さて、店の外に自販機が設置されています。おそらく、店外にあった方が、待ち行列などの都合で具合がいいのだと思います。昨日より気温が低いとはいえ、まだ暑いですね。そんなこともあり、特製もりそば(つけ麺)にしました。味付玉子を追加したもり味玉の食券を買い求めます。店内に入ると男性のホール係がカウンター席へと案内してくれました。席に着く前に、食券を渡すと麺の茹で加減や油の加減などの好みをきいてくれます。初めてでしたので、どちらもノーマルでお願いしました。案内された席はちょうど食器洗浄機の前のカウンターなので、残念ながら調理風景はまったく見られません。首をひねって見回すと、男性スタッフのみのようで、厨房内に大勢が立ち働いていました。ホール係がしきりと注文を伝えています。
しばらくすると、麺もスープもどっちもドンブリ!という形でもりそばが運ばれてきました。やはり、この酸味が何ともいいです。玉子は、最初から半分入っています。麺は太めで、つるつるしてコシもあります。食えや食えや、というわけで、先に食べ始めた両隣の麺固め発注客を抜いて、麺クリアしました。
いそいそと退散した両となり客を尻目に、スープ割を入れ、ゆっくりとスープまで堪能して、退散しました。なかなかのものでした。

HI3E0033.jpg


theme : ラーメン
genre : グルメ

2009-07-16

伊東 伊豆 味の大西

ワンタンメン 900円
HI3E0027.jpg
伊東のラーメンといえば、私には吉田家、と決まっていますが、昨日来訪するものの、残念ながら、休みでした。次に好きな店、味の大西を訪れました。湯河原に本店がある繁盛店の支店です。アットホームな雰囲気の店は、12時少し過ぎで、先客は3名です。ここでの発注はいつも決まっていて、ワンンタンメンです。女性の方が2人。うち1人に注文すると、店の奥から経験豊富そうな男性が出てきて、おもむろに調理をはじめました。大きな鍋でたっぷりの湯に麺を入れ、平ざるでていねいに湯切りしています。
さて、ラーメンにはドンブリ一杯のスープとたくさんの具がのっています。スープは黒っぽい醤油色で、とても味の濃そうな見た目です。そのスープですが、トンコツ味と醤油の味が混ざった独特の味わいです。そして、麺は中くらいの平たい縮れ麺ですが、この麺がスープに合っています。麺がどんどん進みます。
この味の大西ラーメンはまだまだ特色があって、メンマいや支那竹はこれも醤油色で一瞬、伽羅蕗のような見た目ですが、なかなか味付けがしっかりしています。そして、なんといってもワンタン。6つも入っているのですが、具が少なくて、皮ばかりというワンタンも多い中、このワンタンは具もたっぷり。しかもその味わいはほとんど餃子。これで、餃子とラーメンを合わせて食したような食後感を味わえるのです。その他に、シャキシャキ感のあるもやし、大振りなネギ、ややばらけていたチャーシュー、のり。
やはり小田原系もいいね、と思わせる一杯でした。スープは少し残してしまいました。
さて件の男性店員ですが、調理をすませると、カウンターの椅子に少し腰掛けていましたが、また奥へと引っ込んでいきました。淡々とした所作がいかにも職人といった感じです。この店全体が、とてもアットホームで気さくな雰囲気で、きっと話しかければ、喜んで答えてくれそうな感じです。ちなみに私は未食(おそらく、ラーメンと一緒に発注しない限り、ずっと)ですが、カツ丼もおししいそうです。
HI3E0031.jpg

theme : ラーメン
genre : グルメ

2009-07-12

久里浜 麺家 永志

昭和な中華そば 650円+中盛80円+味付玉子100円
HI3E0021.jpg

日曜日の12時半過ぎに入店しました。残念ながら、先客はゼロです。入口の自販機の近くの壁には商品の写真が貼ってありましたが、基本そうなメニューにしてみました。席に着くと、親切な女性店員が水を置いてくれます。U字のカウンターにぐるりと椅子が置いてありますが、この椅子、インテリアとしてはいいかもしれないのですが、実際に座ってみると何とも窮屈です。
店主らしき男性が調理をする間、壁を見回すとベイスターズのポスターやユニフォームなどが飾ってあり、店の奥にガラス張りの製麺室が見えます。特製自家製麺と書いてあるので、間違いないはずです。中には小麦粉の袋が見えています。そして、入店した時からずっとサザンの音楽が流れていました。
そんなこんな観察しているうちに、発注の中華そばが意外と早く運ばれてきました。黄色い細いストレート麺はきれいにそろえてあります。中盛にしたので、スープの水平線より麺の方が島のように浮いています。その上にチャーシュー、なると、メンマ、大きな青ネギ、そしてどんぶりに立っている、のり、半分に切った味付玉子、という具合にのっています。スープは魚介の味が少しだけ強めですが、見た目の色のとおり、醤油味の強い味わいです。油分が少ないせいか、とてもあっさりしています。悪くはないと思います。悪くはないというのは、とても惹かれるところがないように感じてしまうからです。そうはいっても、おいしいです。そして、麺、これはいいですね。麺量が多いのですが、飽きずに食べられました。
見た目、何となくそうめんみたいな感じもしますが、箸で運ぶとしなやかで、コシもあります。
チャーシューはそれほどでもありませんでした。味付玉子も平凡です。全体として、あっさりしているので大量に食べても、うっぷという感じにはなりませんね。しかしながら、中盛でも結構、ボリュームありましたから、この上の大盛は相当量があると思います。麺一本一本の隙間が少ない、密度が濃いのですね。しかも、良心的な中盛80円という価格設定も素敵です。スープもすべて飲み干し、完食しました。ちなみに食べている最中は店員さんと店主らしき男性とも直立不動で見守ってくれていました。また、機会があったら、別メニューも試したいと思います。
HI3E0022.jpg

ごちそうさまでした。

theme : ラーメン
genre : グルメ

2009-07-08

横浜 中島家

ラーメン600円+中盛100円+味付玉子100円
HI3E0019.jpg

仕事の都合で夕方ラーメンに久方ぶりに寄りました。近隣の光家、ちょっと離れて寿々喜家とも中途半端な時間のせいか、店が閉まっていました。
先客は2名です。店員も同じく2名です。厨房に若い男性とホール係の女性。どちらも黙々と仕事をこなしています。今回は特に注文はつけないで発注しました。手際よく調理して出てきました。
スープは濃厚で、最近濃厚なとんこつを食していなかったせいもあり、少し新鮮に感じました。麺はつるつるで、こんなにつるつるしてたかなという気もしましたが、ほんの少しだけ茹ですぎの感もありましたが、消化にはよいでしょう。家系のおきまりの具材です。チャーシューは他と比べても厚みのあるものでした。歯ごたえもよく、昨日のとろけるような食感と好対照です。
ここはニンニクは1種類ですが、おろしショウガもあり、私としてはうれしい店です。大急ぎで食べましたが、ちょっときつかったです。中盛にしなければよかったかなとも少し後悔しました。
久しぶりの酒井製麺+家系とんこつですが、以前はもっとおいしかったような気もしました。

theme : ラーメン
genre : グルメ

2009-07-07

大和 ラーメン専門店 しんたけ

しんたけラーメン600円+味付玉子100円
HI3E0017.jpg

大和駅からはかなり離れた所に昨年開店した店です。車だと目立つように幟があがっていました。道をはさんで駐車場があり、車が便利でしょう。店に入ると先客6名。男子5名、女子1名。店主らしき男性が1名。それだけに忙しそうです。おすすめのメニューのチャーシューメン950円とも迷いましたが、ここはやはり基本のしんたけラーメンからはいるのがよいと思われ発注しました。

麺は深ざるで茹で、念入りに湯切りしているようです。4名のグループ客と同時に発注しましたが、まず4名分を作ってから、私の分の麺茹でにかかっていました。この辺はのびすぎに配慮しているのでしょうか?
しばらくして出てきたラーメンは表面に背脂がのっているほか、青ネギ、ゆず細切り、何と玉子半分が3つがのっていました。最初から玉子半分はのっているようでした。こういう計算違いはありがちです。
ラーメン本によると、とんこつに鶏、魚介などをブレンドしたスープだそうです。たしかにとんこつの臭みはまったくなく、上品になまろやかさに仕上がっています。それでも、背脂のせいもあってそれなりにこってりそうな見映えです。そういえば、ゆずの細切りですが、カウンターに「現在、生ゆずが品薄につきしばらくの間、刻みゆずを使用させていただいております 何卒、ご了承下さい」という張り紙がしてありました。確かに夏ですから、生のゆずがある方が不思議な気がします。
そして、このゆずは意識してさけないとゆずの味が、その都度からんできます。これはバランスが微妙です。私はきらいではありません。トンコツの味わいと合わさって、これは面白い味です。ゆずなしだと、また印象が変わるのでしょうが、そこがこの店のこだわりでもあるのでしょう。
その他の具材ですが、玉子は小さめで、中の黄身まで茶色かかって味付けも見た目どおり、濃いものでしたが、なぜか一口めにかすかにわさびっぽい味がしました。また、チャーシューは大きなものが真ん中に1枚のっています。箸でつまむとホロホロと崩れるもので、舌触りもよいものでした。メンマも自家製でしょうか。歯ごたえのよいものでした。その他に海苔もあります。

麺はラーメン本にあるように、もちもち感があるやや縮れのある中くらいの太さのものです。醤油味と合わせてもおいしそうな麺です。
それにしても、ラーメン写真をみておしいのは、あまり見た目がおいしそうでないことでしょうか。とはいえ、色合いまで求めるのは酷というものでしょう。何しろ、一人で調理だけでなく、皿洗いも食べた代金を受け取るのもすべて行うのですから。ただ、仕事ぶりは熱心で、客への対応も心のこもった様子が伝わってきました。いろいろ試行錯誤しているのでしょうか。ラーメン大盛は当分中止という張り紙もありました。
HI3E0018.jpg
2009-07-04

北久里浜 讃岐風ラーメン 麺屋 こうじ

HI3E0012.jpg
玉子ラーメン(中)720円

今日は米国独立記念日。星条旗を軒先に掲げる家を見ました。
そんなこんなで、北久里浜へ昼ラーメンにやってきました。
先回はつけ麺を食したので、今回はブログのためもあって基本のラーメンに。

実は開店早々に行って食したときはあまり、ピンとこなかったのですが、何回か行くうちにこのラーメンは、横須賀ではかなり実力派で、しかも地域に受け入れられつつあると感じてきたのです。なぜでしょうか?客の年齢層は一般的なラーメン店に比べ、どうも高めな印象なのです。今日も高齢とまではいかないが、妙齢な男女が楽しそうにつけ麺を食べていました。明らかに若年層が少ないようなのです。普通は蕎麦屋では?と思うような層も来店しているようです。妙なことですが横須賀はそば屋がどうみても少ないのです。さらに、私は美味いそばまではわからないのですが、京急沿線駅の立ち食いそばなどはともかく、やはり少ないと思います。それに比べ、焼肉店が増えました。これも気のせいかも。

ラーメンに立ち戻って、ここのラーメンは白口煮干を中心にとったスープに鶏ガラをブレンドしているそうです。ちなみに白口煮干があるからには、他の色もあるのでしょうか。あります。青口煮干です。
原料の鰯(いわし)が瀬戸内海などの内海でとれた鰯を白口煮干、太平洋などの外海でとれた鰯を青口煮干。白口煮干はあっさりとした甘みのある出汁がとれ、青口は力強い出汁だそうです。
これを念頭において、味わってみると...
昨今の魚の旨味が強めに出たものと違い、ほんのかすかに感じる程度。鶏ガラの方が若干強めだが、塩味のうまじょっぱいのが一番前面に出ているようです。同時にスープにのる背脂もなぜか品よく思えてしまったりするが不思議なものです。
そして、店内の一角にある製麺室で毎日、作りたての麺をご提供してくださっているそうです。その麺ですが、少し色のついたつるつる麺です。しかも中盛(1.5玉)までは無料。2玉にしても50円増しという良心価格。自分のところで麺を作っているといっても、原価はあるわけですから、うれしい限りです。この麺は弾力があり、麺だけでもかなりいけます。
そして具材ですが、やはりこのスープ、麺に合わせてチームワークを乱すことなくバランスをとっているようです。たとえば、玉子。半熟玉子と書いてありましたが、確かに味付ではないかもしれません。玉子本来の味しかしませんでした。でも。濃い味付にすると、かえって浮き上がってしまうかもしれません。また、メンマも適度な固さの食感で、味は濃すぎずよいものです。秀逸はチャーシュー。専用焼窯で焼いたそうで、油分を感じさせず肉のうま味がよく出ています。チャーシュー麺もよいでしょう。
さらにネギは最後まで残しておいてよかったです。一気に麺と一緒に食べるとネギ独特のうまさが麺とまざってうまいのです。
HI3E0013.jpg
いやはや、ほめっぱなしになってしまいましたが、最後にこの店の店員さん。3名ですが、みなさん落ち着いていて、馬鹿みたいな大声を出すわけではないのですが、一人ひとりにていねいに声はかけます。ある程度常連も育ってきており、つい常連客だけに話しかけたりして、それをサービスと思いがちなのですが、ここのホール係の女性は違います。どの客にも同様にていねいで、あたたかい。厨房は男性2名。メインの男性が細かな指示を出しつつ、もうひとりの男性をリードします。しかしながら、命令口調ではなく、仕事を覚えてもらおうという姿勢がよく伝わってくるのです。客はラーメンが出てくるまで、結構、厨房での会話を否が応でも聞いてしまうものです。人間関係がぎくしゃくした店は客もいたたまれないこともあります。
この店は、ラーメンはもちろんなのですが、そうした対応のまじめさにおいてもとてもいいのです。わざとらしく、これでもかとおしつけるのではないサービスがありました。ティッシュボックスがカウンターにきちんと据えられており、その上に何気なく名刺入れが。気になってあけると、お店の紹介カードが入っていました。あけなければ見えないので、気がつかない人も多いと思います。また、食器であるレンゲにはきちんと布がかぶせてあったり、さらに箸も握りやすく、麺がつかみやすいものでした。ちなみに私は先回のスープ割りに少し感動しました。興味のある方は、つけ麺を食べ終わった後にスープ割りを発注してみてください。
 

theme : ラーメン
genre : グルメ

2009-07-02

横須賀中央 久留米らーめん 鐵釜

しばらくお休みしておりましたが、ブログで復活しました。ラーメンや店の印象などをつづっていきます。
当分、ていねいに、ですます調でいきます。

HI3E0011.jpg

営業時間:
定休日:
アクセス:京浜急行横須賀中央駅西口徒歩1分以内
      横須賀市若松町2-30 モアーズシティ8階
車:モアーズの有料駐車場を利用。駅近なので電車がおすすめ。
席数:テーブル24席、カウンター12席
メニュー:らーめん650円 特・鐵釜900円 醤・鐵釜900円 特・つけめん(普通盛)900円 ほか
スープ:トンコツ臭はほとんどなく、白濁したスープは濃厚さはなく、飲みやすく、コク、出汁とも今ひとつ物足りないあっさりしたもの
麺:細めのストレート麺は固さが選べる。


さて、昨日7月1日に横須賀モアーズシティ8Fに開店した、鐵釜に行って参りました。時間は14:00過ぎ。さすがに空いていましたが、それでも開店2日目のためか8名程度の先客がいました。
まずは入口の前にある食券自販機にて食券を買うとすかさず、ホール係の女性が麺の固さを伺うシステム。固さは、硬い順に、こなおとし、めちゃばり、ばりばり、ばり、ふつう、やわめ、だったと思う。
私は今回、開店祝も込めて特・鐵釜¥900の食券を買い、麺はふつうで発注しました。

実は、この店は横浜駅西口地下街のザ・ダイヤモンドにある店の増殖店。したがって、だいたいの味の想像はついていました。カウンターに案内されて、着席すると数分で先ほどの女性店員が、まず私の直前に入った女性客に私の特・鐵釜を持って行き、違うと断られ、その後こちらにやってきました。
特・鐵釜は角煮と味付玉子がトッピングされたスペシャル。麺量が少ないためか、少し麺をすくったら、いきなり味玉がスープに沈没するのが、気になる。
失敗。麺はストレート細麺だが、これは標準がばり、つまりかためで発注すべきでした。
スープは知ってはいましたが、迫力のないさらさらした白濁とんこつで久留米ラーメンと謳って、大丈夫なのだろうか、心配になるものでした。少し甘みがある味わいは、まったくだめというわけではないのですが、あっさりしすぎかも。そういうものだと思って味わうとまあ、悪くないのですが。それにしても、スープがややぬるいので、もし、鐵釜といういかにもヤケドしそうな熱々のスープを想像していたら、これは見当はずれです。もし、替え玉を発注したらちょっときびしいのでは。
具材は柔らかい、角煮とこれもやわらかい厚みのあるチャーシュー、大きめのメンマ、スープに埋没した半切りの味玉。すごくいいとはいえないけど、まあこんなものでしょうか。味玉はちょっと残念でした。
何より居心地を悪くさせたのは、店員同士の私語が多くて、かつうるさいのです。仕事中に何をはしゃいでおるのでしょうか。新規開店で、何か勘違いしてうかれているのでは、という様子が客席まで漂ってきます。しまいにはカウンターの男性店員がホール係の女性をからかったり、元気がいいのと無駄話が多いのとは違います。およそ店員教育が行き届いていない様子が、短時間滞在の客からもみえてしまうお粗末さでした。客はラーメン出したら、後は知らないよって放っておかれている気分を久しぶりに味わいました。
それでも、味がよければじっと耐えますが...。
ちなみに、横須賀では九州系は馴染みがないのかもしれませんが、短時間の滞在中3名がニンニククラッシャーの使い方、というよりこれは何?とたずねておりました。ちなみに3名ともクラッシュしておりませんでした。
何となく、文化祭の模擬店みたいな雰囲気の店でした。
そんなこんなで、肝心なラーメンのことを全く書かずに終わってしまいました。(^_^;)



theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター