--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-03-12

安倍川 ラーメンミックス

平成29年3月12日(日) 12:44訪問。
味玉ラーメン700円を食す。

静岡に所用でやってきたついでに、昼食にラーメン。どこにしようか迷って、地元で人気のこの店にしてみた。
s-DSC01331.jpg

しかし、隣の駐車場がいっぱいで、他の駐車場がわかりにくい。少し待って、入店することができた。店内はほぼ満席。ひとり客だが、女性店員に2人用のテーブルをすすめられた。

初めてなので、注文はオーソドックスにラーメンにしてみる。カウンター席の向かいが厨房で、店主らしき男性店員が鍋を振っている。この方が、とても腰が低い。これまで訪れたどの店より腰が低い。大忙しのはずなのだが、客にいちいち丁寧な言葉かけを忘れない。いかにも地元の店という感じで、フレンドリーで憎めない。

俺もつい、初めて入ったのに常連と間違われているのかと勘違いするほど、暖かな人柄が伝わってくる。人気店で、待たせることに慣れてしまっている店では聞くことのできなそうな、「ごめんね」と「悪いね」が口癖のようだ。根底には、せっかく来てくれたのに、待たせて済まないという思いが、いつも頭の片隅にあるのだろうか。それで、口癖になっているだろう。

俺のラーメンが、少し待って運ばれてきた。見た目にもやさしそうなラーメン。
s-DSC01323_2017040909011015a.jpg

昆布と鰹、ゲンコツ、鶏などからとった無化調スープだそうで、見た目どおりやさしい味わいだ。すっきりとした醤油の味わいにはっきりとした魚介の風味を感じさせる。予想以上にうまい。
s-DSC01324.jpg

軽く縮れのある細麺は、見た目以上に意外とコシがある。
s-DSC01325_20170409090112990.jpg

渦巻叉焼は、大きめで、しかも2枚入っている。柔らかくって、ほろほろだ。この価格で、チャーシュー2枚はえらいなあ。
s-DSC01328_2017040909285365e.jpg

玉子はちょっと形が崩れてしまったけど、まあ愛嬌で。
s-DSC01327_2017040909295315f.jpg

ナルトが入っているので、一見街場の普通の昔ながらのラーメンと思いきや、予想を上回るうまさ。
s-DSC01326.jpg

当然、スープも飲み干して、完食。ごちそうさまでした。
s-DSC01329_201704090928543fc.jpg

これだったら、老若男女に愛されそうだ。決して交通の便がいいとはいえない、狭い道路の住宅地のなかにある店。食い終えて店の外に出たら、客が並んでいた。さすが人気店。
s-DSC01330_20170409094152a3e.jpg

【住所】  静岡県静岡市駿河区向敷地279-2
【電話】  
【営業時間】11:00~23:00
【定休日】 なし
【アクセス】JR静岡駅より車で約20分。安倍川駅出口2出口から徒歩約25分。安倍川駅から1,698m。
【駐車場】 店の横に2台。近く二3台。


【席数】  カウンター6席+3席 テーブル4席+2席
【メニュー】ラーメン650円 味玉ラーメン700円
      塩ラーメン650円 塩玉ラーメン700円
      みそラーメン750円 みそバターラーメン800円 
      みそやさいラーメン850円 塩やさいラーメン850円
      つけ麺750円
      チャーハン600円 あんかけチャーハン750円
      豚丼700円 半豚丼450円
      焼肉定食850円

      ギョーザ(6コ入)350円
      ライス小100円 中200円 大300円
      チャーシューごはん400円

      半ラーメン450円 半チャーハン350円

      ラーメンセット(しょうゆ、塩)900円 みそセット1,000円
      チャーハンセット(しょうゆ塩のみ)950円
      ラーメンギョーザセット(しょうゆ塩のみ)1,.000円
      豚丼セット1,000円
      ギョーザ(7コ)セット650円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-09-30

伊豆急下田 一品香

平成28年9月30日(金) 13:00訪問。
キンメとエビのワンタン入り天然塩ラーメン1,100円

急遽、下田に出張。日帰りなので、のんびりしている暇はない。

とはいえ、昼飯だ。さあて、どこで食おうか。駅を出て、ぶらぶらと歩いてみる。
s-DSC00085.jpg

さすが、伊豆。昔ながらの観光みやげの店もある。それにしても、もうすぐ10月になるので、もう海水浴は無理じゃないかな。
s-DSC00086_201610161311492aa.jpg

焙煎らーめん玄。この店はどうだろう。元祖えび塩か、なるほど。もう少し、行ってみるか。
s-DSC00088_2016101613113164e.jpg

少し、先にあったこの店に決めた。店の明日を背負う餃子、ってずいぶんと大げさだなあ。
s-DSC00083_20161016131132750.jpg

店内は昼時を過ぎているが、地元客やら観光客やら、7名ほどの先客。てきぱきとした女性店員にテーブル席をすすめられた。
s-DSC00072_20161016132350480.jpg

席に着いてメニューを見ていると、1から4がおすすめだそうだ。じゃあ、ということで、2番のキンメとエビのワンタン入り天然塩ラーメンを注文。この店の店主は、横浜中華街で修行10年のキャリアだそうだ。

塩ラーメンは下田外浦薪焚き天然塩を使用だそうだ。そして、運ばれてきたのが、このラーメン。たっぷりの磯海苔がいかにも、いかにも磯のラーメンといった趣だ。
s-DSC00073_201610161323535a2.jpg

では、スープを飲んでみよう。鶏ガラのベースに干しエビや節や煮干などのだしをくわえたものだそうだ。ちと、しょっぱいかな。
s-DSC00074_20161016132355a86.jpg

めんはストレートやや細麺。このスープによくあっている。
s-DSC00075_20161016132356aa2.jpg

細目のメンマは、隠し味にオイスターソースを使用しているそうだ。
s-DSC00076_20161016135412456.jpg

チャーシューは、柔らかくて、厚みがある。
s-DSC00077_20161016135414ead.jpg

では、ワンタン。大きくてぷりぷり。
s-DSC00078_201610161354152ef.jpg

金目鯛とエビ入り。エビの食感がいいのと、確かに金目鯛のうま味が感じられる。贅沢にできたワンタンは全部で3つ。
s-DSC00081_20161016135418e05.jpg

観光地らしい一杯。スープは少し残して終了。まあ、値段も観光地らしいものでした。
s-DSC00082_20161016164917577.jpg

ほかにも魂心の餃子や、食べるラー油などいろいろ力を入れているみたいだった。駅にはそれなりに観光客はいたのだが、少し離れると、人影はあまりなくなる。

せっかく来たのだから、ひとっ風呂、温泉にでもつかっていきたいところだが、明日も仕事なのでそうもいかないか。
s-DSC00084_20161016164915781.jpg

【住所】  静岡県下田市東本郷1-4-8
【電話】  0558-22-7476
【営業時間】9:00~15:00 16:30~21:00
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:伊豆急下田駅から徒歩5分くらい。駅を背に直進し、駅前の国道を横断して左折。そのまま直進した右側。


【駐車場】 3台
【席数】  テーブル、小上がり30席
【メニュー】キンメとエビのワンタン入り天然塩チャーシューメン1,300円
      キンメとエビのワンタン入り天然塩ラーメン1,100円
      天然塩チャーシューメン1,100円
      天然塩ラーメン850円
      チャーシューネギニラショウガラーメン1,200円
      ネギニラショウガラーメン850円
      黒ごまブラックチャーシューワンタンメン1,100円
      黒ごまブラックタンタンメン850円
      ネギラーメン850円
      チャーシューネギラーメン1,100円
      チャーシューメン1,000円
      メンマラーメン850円
      ラーメン700円

      ネギチャーシュー丼1,000円
      大盛りネギチャーシュー丼1,300円

      焼き餃子600円
      水餃子600円
【店舗web】http://www.ippinko.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-06-16

沼津 麺屋 卓朗商店

平成28年6月16日(木) 11:20訪問。
塩くん玉らぁ麺800円+手作り焼餃子セット250円を食す。

昨日に続いて、静岡出張。いろいろ選択肢はあるのだが、時間の関係で、仕事場から近いこの店を再訪問。
s-DSC09266.jpg

薄暗い店内に入ると、厨房内に男性店員が3名。昼前なので、客はまだ少ない。2名ほどの客だ。さあて、何にするかな。醤油が右で、塩が左側かあ。こういう場合は塩かな。さらに珍しい、燻製玉子をつけてみた。
s-DSC09249.jpg

しかし、もうひとつメニューを見つけた。平日の限定セットメニューだ。Bセットのチャーハンと迷って、手作り焼餃子のAセットにしてみた。
s-DSC09250.jpg

そして、待つ間に自分の過去の記録を探してみた。そうしたら、あきれた。まったく同じメニューを食っていた、塩くん玉らーめん。これって成長がない証なのか、考え方がいつも同じなのか。いいのか、わるいのかわからないが、こんなにメニューがあって、そう訪れる機会があるわけではないのに、同じメニューってね。

しばらくして出てきた。シンプルな見た目がかえってレベルが高そうな印象だ。
s-DSC09252.jpg

ほんじゃ、スープからいってみよ。どこにバランスを合わせるかというのが塩ラーメンの場合、要だと思うのだが、このスープはわりと控えめの設定。もちろん出汁を前面にだしすぎるわけでもない。鶏と魚介の出汁のようだが、そういうことを意識させないような風合いがとてもいい。
s-DSC09253.jpg

コクを出すためか、背脂も入っている。
s-DSC09257_20160705001359321.jpg

そして、麺。細めストレート麺は柔らかめだけど、風味がいい。
s-DSC09254_2016070500135574b.jpg

具でひときわ異彩を放つのが、焼いた油揚げ。香ばしくって。塩にはぴったり。アイデアだねえ。
s-DSC09255_20160705001356c13.jpg

大きなチャーシューは柔らかくって箸で持ち上げるとばらけていく。もちろん味もいいね。
s-DSC09256_20160705001357462.jpg

しばらくして餃子も提供された。マヨネーズがたっぷりだけど、この辺りでは当たり前なのかな。
s-DSC09258_20160705001400155.jpg

ほんじゃ、まずは何もつけずに食ってみる。小ぶりだけど、熱々。
s-DSC09260.jpg

それじゃ、マヨネーズをつけて食ってみよう。うーん。決して必須だとは思えない。
s-DSC09261.jpg

そして、燻製玉子。表面の燻製具合がたまらない。これはなかなか珍しい。中身はちょうどいい半熟で、技術の高さがうかがえる逸品だ。
s-DSC09264.jpg

さっぱりとコクが豊かな塩ラーメン。すべて食いつくして、ごちそうさまでした。
s-DSC09265.jpg

もし、今度来たら、絶対醤油ラーメンを食うぞ。さあて、これから横浜に戻って、もうひと仕事だ。
s-DSC09248.jpg

【住所】   静岡県沼津市日の出町2-53
【電話】   055-924-0306
【営業時間】 [平日]11:00-15:00 17:30-22:30
        [土日祝]11:00-22:30
【定休日】  無休
【アクセス】 電車で:沼津駅北口から徒歩20分くらい。駅を背にロータリーを右側に進み、そのまま道なりに駅を背に直進。大きな道路を横断し、直進。庄栄町交差点を右折し、ずっと直進して左側のホテル沼津キャッスルを越えた左側。


【駐車場】  店の前に4台、店舗向って左一軒置いた駐車場に3台
【席数】   カウンター7席、テーブル3席×2 4席×2

【メニュー】 塩らぁ麺700円
       塩くん玉らぁ麺800円
       塩味玉らぁ麺800円
       塩チャーシュー麺900円
       特製塩らぁ麺980円
       醤油らぁ麺700円
       醤油くん玉らぁ麺800円
       醤油味玉らぁ麺800円
       醤油チャーシュー麺900円
       特製醤油らぁ麺980円

       ◇トッピング
       味玉100円 くん玉100円
       メンマ100円 海苔100円
       白ネギ100円 チャーシュー200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-06-15

富戸 あんとん

平成28年6月15日(水) 16:25訪問。
味玉付濃厚豚骨ラーメン780円を食す。

伊豆に出張の帰り道に寄ってみた。思ったより現地に到着するまでに時間がかかり、結局昼抜きで仕事して、帰りにようやく辿りついた。この中途半端な時間に開いている店が少なくて、開いててよかった、という次第だ。
s-DSC09230.jpg

待てよ、この店は確か以前は違う店だったような。家で調べてみたら、以前はつけ麺 髄という店だった。

店内はあまり変わっていないようだ。名前と主商品を変えたのかな。
s-DSC09233.jpg

店に入ると、店員が、どこでも好きなところへどうぞ、というので、4人掛のテーブル席に腰をおろした。もっとも先客はいないので、まったく気兼ねしないのだが。
s-DSC09232.jpg

女性かと思ったら男性だった店員に食券を渡して、しばらく待っていると、後から2組の客がやってきた。やはりロードサイド店というのは、こんな時間でもそこそこ人は入るのだなあと感心。

そして、ラーメンが運ばれてきた。黒いドンブリはj径が小さくて、深い。、
s-DSC09234.jpg

家系的な要素を入れてあるようで、海苔にほうれん草、チャーシューがのっている。
s-DSC09235.jpg

いわゆる豚骨醤油なのだが、店内外とも臭みはなく、もちろん、スープもほとんどにおわない。ややクリーミーなところは濃厚の名前どおり。あまり癖がなく飲みやすい。油っぽさも少なく、くどくないところがいい。
s-DSC09236.jpg

麺はどいうわけか、幅広の中太麺で縮れている。何かぴろぴろした感じで、このスープには合わないのでは、と思われた。
s-DSC09238.jpg

ネギは一か所にまとめて配置。
s-DSC09240.jpg

多めのほうれん草はとりわけ新鮮というほどではないが、悪くもない。
s-DSC09241.jpg

渦巻のチャーシュー。薄いけど、柔らかい。
s-DSC09243.jpg

最後は味付け玉子。思いのほか、よかった。
s-DSC09245.jpg

残念ながら、スープは少し残して退散。
s-DSC09246.jpg

この辺りまではまだ、横浜家系を名のる店は攻めてきていないのだが、とはいえ、わざわざ食いに来るほどではないと思う。まあ、入りやすさが魅力かな。
s-DSC09247.jpg

【住所】   静岡県伊東市富戸1101-7
【電話】   0557-51-0021
【営業時間】 11:00~21:00
【定休日】  不定休
【アクセス】 車で:国道134号線を下田方面へ進んだ右側。


【駐車場】  10台
【席数】   カウンター3席 テーブル4席×2 6席×1  板の間8人×1 6人×1

【メニュー】 濃厚豚骨ラーメン680円
        味玉付濃厚豚骨ラーメン780円
        メンマ付濃厚豚骨ラーメン780円
        濃厚豚骨ラーメンチャーシュー麺880円
        濃厚豚骨ラーメン全部入り1,050円
        濃厚豚骨ラーメン大盛り780円
        味玉付濃厚豚骨ラーメン大盛り880円
        メンマ付濃厚豚骨ラーメン大盛り880円
        大盛り濃厚豚骨ラーメンチャーシュー麺980円
        濃厚豚骨ラーメン全部入り大盛り1,150円

        醤油豚骨ラーメン680円
        味玉付醤油豚骨ラーメン780円
        メンマ付醤油豚骨ラーメン780円
        醤油豚骨ラーメンチャーシュー麺880円
        醤油豚骨ラーメン全部入り1,050円
        醤油豚骨ラーメン大盛り780円
        味玉付醤油豚骨ラーメン大盛り880円
        メンマ付醤油豚骨ラーメン大盛り880円
        大盛り醤油豚骨ラーメンチャーシュー麺980円
        醤油豚骨ラーメン全部入り大盛り1,150円

        ラーメン半チャーハンセット980円
        ラーメンミニ豚丼セット980円
        ラーメン小ライスセット980円
        ラーメンミニチャーシュー丼セット980円
        セット大盛り100円

        スタミナ豚丼並盛680円
        スタミナ豚丼大盛780円
        スタミナ豚丼ミニミニ480円
        小ライス100円 ライス150円

        餃子350円 
        味付き玉子100円 のり100円 メンマ100円
        生卵50円

        チャーシュー丼680円
        ミニミニチャーシュー丼480円
        チャーハン(スープ付)750円
        半チャーハン450円

        豚しゃぶカレー780円

        みそラーメン780円
        辛口みそ780円
        冷やし中華780円
        油そば780円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-05-11

稲取 ふじや

平成28年5月11日(水) 12:14訪問。
ラーメン700円を食す。


伊豆は雨の日もいいものだ。この地方はつるし雛が名物なのかな。そんな店があった。ラーメンの暖簾に誘われて、閑散とした駅前から近い店を選んだ。といってもあまり選択肢はなかったのだが。
s-DSC08955.jpg

店に入ると、「あいにくの雨ですねえ」、と店主らしい女性が声をかけながら水をはこんできてくれた。
s-DSC08945.jpg

テーブルや椅子がいくぶん小ぶりでかわいらしい。
s-DSC08946.jpg

さあて、何にするかな。といってもメニューはわりとシンプルなので、基本のラーメンを選択。店主に口頭で発注。コーヒーなど喫茶類もおいてあるのだ。
s-DSC08944.jpg

カウンターの奥に厨房があって、先ほどの女性店員がさっそく調理を開始。深ざるでなく、大鍋に湯をたっぷり沸かして麺をゆでているようだ。見えないが、湯切りは平ざるのようだ。ちゃっちゃと湯切りのリズミカルな音が響いてくる。
s-DSC08943.jpg

そして、ラーメンが運ばれてきた。ひょうたん型のお盆にのせられている。見た目はいたって普通のラーメン。
s-DSC08947.jpg

クリアなスープは、あっさりだけど、見た目以上に深い味わい。少しだけ甘みがあるのが、あとひく感じでたいへんよろしい。値段は確かに高めだが、観光地と侮るなかれだ。
s-DSC08949.jpg

麺も透き通った感じの細ストレート麺。啜りがなかなかいい。
s-DSC08950.jpg

具はシンプルだ。チャーシューをちょっと意地悪してひっくり返してみた。筋張っているようにも見えるが、まったくそんなことはなく箸でひっくり返した途端、ほろほろと崩れてしまった。いいねえ。
s-DSC08953.jpg

ナルトちんは色白でべっぴんさんだ。
s-DSC08952.jpg

食っている間に持ち帰り客がやってきた。注文はそば飯チャーハンだった。忙しいらしく、30分くらいたったら、とりに来てくださいと答えていた。でも今のところ、俺しか客はいないのだが。何せ、ひとりでやっているので、忙しいのだそうだ。

スープも飲み干して、ごちそうさま。
s-DSC08954.jpg
女性店主のとってもていねいな応対が印象的だった。

【住所】  静岡県賀茂郡東伊豆町稲取297-11
【電話】  0557-95-4433
【営業時間】平日11:00~19:00
【定休日】 火曜日
【アクセス】電車で:伊豆急行 伊豆稲取駅から 徒歩4分。駅を出たら、駅前を左手にずっと進んだ信号手前左側。


【駐車場】 店横に2台
【席数】  カウンター3席 テーブル4席×2 2席×1

【メニュー】ラーメン700円
      わかめラーメン800円
      メンマラーメン800円
      コーンバターラーメン850円
      豚キムチラーメン900円
      チャーシューメン1,200円

      そば飯チャーハン780円
      すき焼き丼780円
      カレーライス サラダ付780円
      玉子カレー サラダ付880円
      カツカレー1,200円
      ライス240円

      大盛100円増

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。