2017-06-15

三島二日町 麺屋 明星

平成29年6月15日(木) 11:17訪問
つけめん780円を食す。

今日は朝から三島に出張。ひと仕事終えて、まだ昼前だが、腹が減ったので店をさがすことにした。この時間から空いている店はというと、新しくできたこの店が今回の俺の訪問先だ。駐車場もあって、訪問に便利だ。
s-DSC02040.jpg

さっそく店に入ってみる。約束事のように入口近くに食券の自動販売機が置いてある。必然的にここでメニューを決めるのだが、よく見るとボタンが余っているためか1番上の段と次の段が一部同じメニューになっている。つけ麺用追加スープのボタンがあるのが珍しい。
s-DSC02041.jpg

やはり、清水町ってラーメン激戦区なんだ。3つのこだわり。ラーメン屋にこだわりは大切だ。なんかうまそうな予感がしてきた。
s-DSC02044_20170716181649cd7.jpg

カウンターは2段式になっていて、みじん切ニンニクと黒七味が置いてある。コショウはブラックペッパーとホワイトペッパーの2種類が備えてある。ずいぶんと充実した調味料の備えだ。
s-DSC02043_201707161816474df.jpg

つけ麺なので、やや時間はかかるが先客は少ないので、少し待ってトレーにのせられて運ばれてきた。魚粉が海苔ではなく何かに乗っており、そのうえにドロンパみたいなナルトが乗っている。
s-DSC02046_2017071619175068a.jpg

つるつるとした極太麺。麺だけ食ってみる。太い麺だけあって、噛みごたえがなかなかいい。
s-DSC02047_20170716191751d8a.jpg

では、つけ汁に浸して食ってみよう。よくあるといえばよくあるのだが、豚骨などの動物系に魚介系の出汁を合わせたもので、確かにかなり濃厚。うま味がよく出ていて、出汁のバランスがいい。
s-DSC02048_201707161917527f5.jpg

太目のメンマはスープによくあっている。
s-DSC02049_20170716191754bf8.jpg

これは、いらないと思う。もし、味の調整をしたかったら別の容器で調味料として魚粉を用意した方がいいのでは。
s-DSC02050_20170716191755c86.jpg

柔らかいのだが、ちょっと薄くて真ん中から切れてしまったチャーシュー。
s-DSC02051_20170717090554280.jpg

残った麺にすだちをしぼると、少しさっぱりとした味になった。こういうのもありがちだけど、楽しいものだ。
s-DSC02052.jpg

最後はスープ割りをお願いして、スープを味わう。味はほぼそのままで、少しさらっとした感じになった。
s-DSC02053.jpg

完食。ごちそうさま。
s-DSC02054.jpg

確かにこのエリアは魅力的な店がいっぱい。しばらくいってないけど、猪のししラーメンも近い。
s-DSC02038_201707170906002d7.jpg

【住所】  静岡県駿東郡清水町久米田77
【電話】  050-5590-2320
【営業時間】11:00~15:00 17:30~21:00
【定休日】 無休
【アクセス】車で:国道1号線を静岡方面へ向かい、三好町東交差点を左折。しばらく進んで、4つ角を道なりに右へ。信号のある大きな交差点を右折してすぐの右側。駅前の広場左手の足湯の正面のビルの地下飲食店街。
【駐車場】 店頭15台


【席数】  カウンター5席 テーブル4席×6
【メニュー】つけめん780円 特製つけめん1,000円
      ゴマつけめん830円 チャーシューつけめん1,080円
      明星ラーメン730円 特製明星ラーメン960円
      明星メンマラーメン830円 明星チャーシューラーメン1,030円
      しょうゆらーめん680円 わかめらーめん730円
      チャーシューらーめん980円
      辛味まぜそば780円

      半ライス100円 ライス150円
      らーめん屋さんの玉子かけご飯200円
      高菜ごはん250円
      チャーシュー味玉丼300円

      ◇トッピング
       味玉100円 辛味50円
       メンマ100円 ねぎ増し100円
       ごま50円 すだち50円

      麺大盛り100円 麺特盛り200円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-06-08

熱海 維新 熱海本店

平成29年6月8日(木) 13:07訪問
鶏とん750円を食す。

今日も静岡に出張。ちょっと時間があったので、各駅停車で読書をしながらうとうとするのを楽しみに熱海まで出かけた。ここから乗り換えるので、途中下車して腹ごしらえをして行こう。選んだのは、駅近くのビルの地下にある飲食店街のラーメン店。温泉つけ麺が売りの店だ。つけ麺の種類は5種類。何にしようかな。
s-DSC01999.jpg

この後椿事が発生するのだが、そもそもは俺の間違いがいちばんの原因。食券自販機の前に立って、メニューの全体像を理解しようとじっくり見ようとした矢先、、ふいに後ろに客がいるのに気がついた。先を譲ろうとも思ったのだが、まあそれもどうかと思い、まったく把握しないまま、人気No.1と書かれたメニューボタンを押していた。
s-DSC02000.jpg

この時点で、まだ基本のつけ麺の食券を買ったと思いこんでいる。店内に入って、カウンターに座った途端、麺は並も大も特盛も同一の料金ということを再認識した。食券には並と書いてあるが、特盛にできますか、ときくと対応してくれた女性店員が大丈夫ですよと優しく答えるので、特盛でお願いした。
s-DSC02004.jpg

先客は1名。ここで、温泉つけ麺の由来を初めて知る。そうか網代温泉の飲泉を使用した麺なんだ。しかもスープは柿田川湧水を使用しているそうだ。
s-DSC02002.jpg

テーブルの上には七味にコショウ。そして、マジックビネガー!?
s-DSC02003_20170710233603231.jpg

美味しい温泉つけ麺の召し上がり方。で、マジックビネガーって何だろう?
s-DSC02001.jpg

そして、俺のつけ麺が出来あがり。これも温泉つけ麺的演出なのか?触るな、危険!みたいなグツグツつけスープ。
s-DSC02005.jpg

さらに、きれいに整えられた麺。太目のメンマに本気度を感じる。
s-DSC02006_201707112215340a5.jpg

それじゃ、麺だけを食ってみよう。想像以上に柔らくて弾力もあり、温泉みたいな柔らかみのある印象だ。この麺は結構いい。
s-DSC02007.jpg

それでは、つけスープに浸して食ってみよう。豚骨と鶏の出汁で適度な濃厚さで、甘みとうま味のバランスがいい具合だ。
s-DSC02008_20170711221537139.jpg

極太のメンマはほどよい味付けで、歯ごたえも固すぎず柔すぎず。
s-DSC02009.jpg

チャーシューは小間切れにされて、スープの底に沈んでいた。
s-DSC02010.jpg

途中まで食い進んで、俺のすぐ後から入った客につけ麺が提供されていた。そこで、何やらホール係りの女性店員との間で問答が始まっていた。どうも、食券と違う品を提供したらしい。他人事なので、それとなく聞いていたら、どうも俺のつけ麺と間違ったらしい。とはいえ、客は2人だけなんだけど。

後の客が気にしているのは2点。あちらのお客さん(俺のこと)が頼んだは、この特盛だから量が違うけど大丈夫か。さらに自分が発注したメニューと提供されたメニューは価格差があるのだが、いいのか。

当の俺はといえば、電車でうとうとしすぎで、頭がぼおっとしていて、事態をよく把握できていない。そこへ慌てて、女性店員がやってきて、間違えてしまったことを告白。でも、もう半分以上食ってしまったし、今さら言われても、すみません、大丈夫です、と答えるしかなかった。

結局、後客のメニューとの差額が現金で戻され、男性店員が厨房から出てきて、別皿で辛味を提供してくれた。
s-DSC02011_2017071122494660e.jpg

麺量は並盛、白けてしまったので、マジックビネガーは試さずに食い終えて、スープ割をお願いした。
s-DSC02012_20170711224947eb6.jpg

スープ割りを注ぐ。辛味はほとんど使わなかった。でも好意に感謝。
s-DSC02013_20170711224948a1a.jpg

出汁のよくでたスープ割で飲むとまたうまい。
s-DSC02014.jpg

俺はあまり辛いのを得意としないので、結果的にはよかったのだけど、不本意な特盛を納得の上とはいえ、お召し上がりいただく羽目になってしまった後客の方、本当にごめんなさい。
s-DSC02015.jpg

店を出て、よく自販機を見ようとしたら、男性店員がわざわざ厨房から出てきて、謝りつつ見送ってくれた。ごていねいにどうも。以後、気をつけます。
s-DSC02016.jpg

【住所】  静岡県熱海市田原本町9-2 熱海第一ビル B1階
【電話】  0557-82-3666
【営業時間】11:00~18:00
【定休日】 毎週木曜日
【アクセス】電車で:駅前の広場左手の足湯の正面のビルの地下飲食店街。
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター12席
【メニュー】海老鶏とん並盛800円 海老鶏とん大盛800円 海老鶏とん特盛800円
      鶏とん並盛750円 鶏とん大盛750円 鶏とん特盛750円
      辛鶏とん並盛780円 辛鶏とん大盛780円 辛鶏とん特盛780円
      魚介鶏とん並盛800円 魚介鶏とん大盛800円 魚介鶏とん特盛800円
      鶏しょう油並盛760円 鶏しょう油大盛760円 鶏しょう油特盛760円
      ◇トッピング
       ネギ100円 のり100円 メンマ100円

      まぐろトロメンチ200円 まぐろトロメンチ(3個)500円
【店舗web】https://www.ishin2010.com/%E5%BA%97%E8%88%97%E6%A1%88%E5%86%85/%E6%B8%A9%E6%B3%89%E3%81%A4%E3%81%91%E9%BA%BA%E7%B6%AD%E6%96%B0-%E7%86%B1%E6%B5%B7%E6%9C%AC%E5%BA%97/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-06-06

静岡 汐のや

平成29年6月6日(火) 19:07訪問
煮干し汐そば780円を食す。

さっき書き忘れたけど、今日は静岡に出張。昼と夜。仕事前と仕事終わりにラーメンを食うことにする。静岡市内で18時過ぎまで仕事をして、さてどこで食おうかな。駅から少し離れたこの店にしてみた。
s-DSC01988.jpg

店に入る前に黒板を見てみよう。夏季限定冷し中華か。もうそんな季節だな。ふーん、と思ったら、右上に限定30食!!の煮干しメニューを発見。初めての店なので、やはりここは基本のラーメンだろう。いや待てよ、限定だから、なかったら諦めて、あったら試してみようよ。心の中で葛藤しながら、店に入って決めることにした。
s-DSC01989.jpg

店内には食券自販機が置いてあり、たくさんのメニュー。どうしようかな。やはり、限定にした!
s-DSC01991_20170709213948ade.jpg

店内はカウンター席と簡易なテーブル席。隣はカレー屋。開店したてなので、先客はなし。店主とおぼしき男性店員1人。カウンター席について、食券を渡すと、さっそく調理開始。
s-DSC01992.jpg

すぐに出来上がり、カウンターにのせられた。蒼ざめたスープを見よ。
s-DSC01993.jpg

そのスープは、煮干し風味がほどよく大胆に出ていて、塩のカエシと合って、上品なまとまりをしている。
s-DSC01994.jpg

ストレート麺は、一本気なところがいい味をだしている。
s-DSC01995.jpg

肉厚チャーシューは、厚みがあって柔らかくてなかなかの食い応えだ。もちろんレアなチャーシューもグッド。
s-DSC01996.jpg

ああうまかった。完食。ごちそうさま。
s-DSC01997_20170709213954c33.jpg

さあて、家までノンストップで帰るぞ。

【住所】  静岡県静岡市駿河区敷地1-10-22
【電話】  
【営業時間】11:00~14:00 17:00~20:30日曜日 昼のみ営業
【定休日】 不定休
【アクセス】車で:国道150号を下り、下島南交差点を右折。石田街道を北上して5つ目の交差点を右折して少し進んだ右側。
【駐車場】 店頭、横に多数


【席数】  カウンター7席 テーブル4席
【メニュー】塩そば650円 チャーシュー麺900円
      あさりそば900円 エビワンタン麺900円
      野菜そば850円 塩つけ麺750円
      塩そば〈大盛〉650円 チャーシューメン〈大盛〉900円
      あさりそば〈大盛〉900円 エビワンタン麺〈大盛〉900円
      野菜そば〈大盛〉850円 塩つけ麺〈大盛〉750円
      
      煮干し汐そば780円
      辛味塩そば750円 辛味つけ麺850円
      煮干し汐そば 大盛780円
      辛味塩そば 大盛750円 辛味つけ麺 大盛850円

      鶏丼220円 ねぎとろ丼350円
      チャーシュー丼350円 
 
      手づくり餃子(5ヶ)350円 半餃子(3ヶ)200円
      餃子セット900円 
      小ライス100円

      味玉100円 のり100円 ほうれん草100円
      手づくりメンマ150円 ねぎ150円
      チャーシュー(3枚)210円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-06-06

藤枝 マルナカ

平成29年6月6日(火) 12:16訪問
中華そば並500円を食す。

なんと1919年、大正時代に創業の老舗。第一次世界大戦が終わって、パリ講和会議が開かれた年だ。この店は、朝から開いている朝ラーメンとして有名。そんな朝から来る客がいるかって、それが結構いるんだなあ。
この日は朝ラーメンではなく、昼ラーメン。店の前と車道を挟んだ向かいにある駐車場はひっきりなしにクルマがやってくる。
s-DSC01980.jpg

店内は回転が早そうで、さっと来てさっと食って帰る客が多いようだ。のれんをくぐると、意外にも食券自販機。本当は、中華そばと冷やしを一度に食うのがこの店の標準でもあるようで、事実、そういう客もけっこういて、俺もそうしようかとも思ったのだが、腹と相談して、中華そばだけにしておいた。でも大盛りにすればよかった。
s-DSC01981.jpg

俺が入ったときは混んでいたので、テーブルに他のひとり客同士で相席で座った。でも、先客の帰るタイミングがあったようで、あっという間に席が空いた。ちなみに二杯食う場合は、まず温かい中華そば、食い終わったら次に冷しそばが流儀のようだ。でも、店員が一応、どちらを先にするかを確認していた。
s-DSC01982.jpg

そして、しばらくしたら運ばれてきた、中華そば。小ぶりのドンブリに入っている。ちなみに店のある地名にちなんで志太系と呼ばれている。特徴は鰹の出汁に油分の少ないスープ。
s-DSC01983.jpg

何といっても大正時代なので、中華料理も普及していなくて、まだまだラーメンは脂っこくて、そのままでは不評だったのを蕎麦のようなスープに仕立てていったらしい。今食うと、逆にあっさりしすぎている感もあるが、まあこれだったら朝からでもいけそうだ。

ラーメンとしては決して太くないのだけど、何といっても冷麦みたいな感じのストレート麺は結構食い応えがある。脂っぽくない分、さっぱりしている。
s-DSC01984_201707092017394c2.jpg

そして、チャーシューだってさっぱりと、脂分はなし。まあ、悪くはない。
s-DSC01985_20170709203806e18.jpg

レンゲは最初から用意もされてないし、ついてもこない。もっともスープを飲む人も少ないのかな。手でドンブリを持って、最後までスープを飲み干して、完食。ドンブリの真ん中に丸に中の屋号が出てきた。ごちそうさま。
s-DSC01986_201707092038082a1.jpg

それにしても、世の中にはいろいろなラーメン屋さんがあるんだなあ。
s-DSC01987_20170709203810b7e.jpg

【住所】  静岡県藤枝市志太3-1-24
【電話】  054-644-1516
【営業時間】8:30~13:30 (売り切れ次第終了)
【定休日】 日曜、祝日、第2・4土曜
【アクセス】車で:国道1号藤枝バイパスを下り、谷稲葉インターで下りる。谷稲葉IC交差点を右折して県道216号線へ。市民グランド交差点を左折、次の交差点をすぐ右折。道なりに進み、2つめの信号を左折して次の交差点を左折してすぐの左側。
【駐車場】 店前と斜め向かいに有り(20台ほど)


【席数】  テーブル4人×6、座敷4×3
【メニュー】中華そば大盛600円 中華そば並500円
      冷やし大盛700円 冷やし並600円
      チャーシューメン大盛750円 チャーシューメン並650円
      煮玉子100円 ネギ100円
      肉100円 竹のこ100円
      のり100円
【店舗web】http://marunaka.on.omisenomikata.jp/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-17

修善寺 大滝ラーメン

平成29年5月17日(水) 12:01訪問
半チャーハン+ラーメン750円を食す。

たまには、温泉場でのんびりと。なかなかそんなわけにはいかず、普通に仕事で出張でやってきた。せめて、仕事が終わったら、のんびりできるといいのだが、明日も仕事なので、当然日帰りだ。平日の昼どきの駅前は人通りも少ない。それじゃあ、昼飯は地元に根づいた店がいいかな、とやってきたのがこの店。
s-DSC01815_20170702131744a28.jpg

着物でラーメンを食う、時代を感じさせるポスター。
s-DSC01819.jpg

メニューはいろいろあるけど、当店おすすめの半チャーハン+ラーメン750円を口頭で注文。
s-DSC01817_2017070210150719e.jpg

カウンター席の上はシンプル。この醤油さしも変わらないままなのだろうな。
s-DSC01820.jpg

厨房内はこれまた歴史を感じさせる男女店員。おそらくご夫婦と思われる。声が大きいので、嫌でも耳に入る。まあ、近所の話題が中心なので、まったく興味はないが。先客は2名。順番に調理している。しかし、あくまで慌てることなく自分たちのペースで調理している。麺茹では底の平たい深ざるを使用している。すべてが昔ながらというわけではなさそうだ。
s-DSC01821.jpg

そして、まずはラーメンができあがり。ほぼ予想どおりの見た目。ちょっと違ったのは、海苔がのらないところくらい。
s-DSC01822_20170702110704647.jpg

スープは鶏ガラスープのあっさりしたもので、予想以上にうまい。
s-DSC01823_20170702110706de6.jpg

これもオーソドックスな縮れ麺だけど、すっきりとした味わい。
s-DSC01824_2017070211070778b.jpg

わりとしっかりしたチャーシュー。昔ながらという予想どおりの味。まあ、可もなく不可もなくといったところだ。
s-DSC01826_2017070211071029c.jpg

スープには揚げネギが入っていて、甘みのあるうまさとコクがあった。
s-DSC01827_20170702110712e49.jpg

ラブリーななると。
s-DSC01828.jpg

そして、チャーハン。この紅ショウガはいらない。
s-DSC01829_20170702131453976.jpg

パラパラという具合ではないが、これはこれで悪くない。
s-DSC01830.jpg

これぞ駅前中華、という店の定番。ラーメンに半ライス。ごちそうさま。
s-DSC01831_20170702131456c67.jpg

さあて、これからタクシーで営業先に向かって、ひと仕事だ。帰りはビールでも飲みながら、のんびり帰ろうっと。
s-DSC01816_2017070213154882d.jpg

【住所】  静岡県伊豆市柏久保625-6
【電話】  0558-72-7978
【営業時間】11:30~15:00、17:30~23:00 
【定休日】  
【アクセス】電車で:伊豆急駿豆線修善寺駅から徒歩1分くらい。駅を出て駅前の大通りを横断して路地を入った左側。
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター7席 テーブル2席×2席 こあがり6人×2
【メニュー】ラーメン500円 塩ラーメン600円
      ミソラーメン650円 モヤシラーメン600円
      辛口ラーメン600円 辛口ミソラーメン600円
      にんにくラーメン650円 にんにくミソラーメン700円
      キムチラーメン650円 キムチミソラーメン750円
      チャーシューメン800円
      ミソバター700円 塩バター700円 
      大盛100円増

      チャーハン600円 キムチチャーハン700円
      ライス150円
      メンマ250円
      餃子300円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター