--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-04-13

上大岡 G麺7

平成29年4月13日(木) 11:49訪問。
追い鶏節らーめん正油930円を食す。

今日は直行でひと仕事を済ませたあとの、お楽しみラーメンだ。上大岡から少し歩いて、辿りついた店。久しぶりだ。
s-DSC01505_20170505100547268.jpg

今日のねらいは追い鶏節らーめん。珍しい名前のこのラーメンにはしかけがある。まずは食券を買って店内に入る。ひとり客だが、荷物が多かったのを気をつかってくれたのか、なぜかテーブル席に案内された。
s-DSC01493.jpg

しばらく待って出てきたのが、このラーメン。麺あげに使うざるがそのまま入っているわけではない。
s-DSC01494.jpg

この中はこんな感じ。鰹節ならぬ鶏節。
s-DSC01495.jpg

鰹節のように燻製して乾燥させた鶏肉を削った鶏節。これを濾して出汁を味わうという仕掛けのようだ。
s-DSC01499.jpg

スープ自体はやわらかで穏やかなのだが、この鶏節が合わさると、独特のうま味が加わって面白い。
s-DSC01496.jpg

自家製麺は細いストレート麺で、コシがあって啜りがよい。俺は試さなかったけど、ざるに入れて鶏節をつけるのも面白そうだ。
s-DSC01498.jpg

醤油味のスープ自体もうまいのだが、ネギと合わせるとうまみが増す。
s-DSC01500.jpg

しかもネギはていねいに2種類入っている。
s-DSC01501.jpg

チャーシューも2種類。鶏チャーシューは、癖がなく柔らか。
s-DSC01502_20170505101259a47.jpg

そして、豚チャーシューは燻製。香ばしくってうま味があって、もう1枚食いたいほどだ。
s-DSC01503_2017050510181245c.jpg

俺のテーブルが空くのを外で家族連れが待っているので、落ち着かず、スープは少し残してしまった。申し訳ない。今度は塩で食ってみたいな。
s-DSC01504.jpg

【住所】  横浜市港南区上大岡西3-10-6
【電話】  045-517-3918
【営業時間】11:30~14:00 18:00~23:00
【定休日】 火曜日
【アクセス】電車で:京浜急行上大岡駅から徒歩15分くらい。大きな改札を出たら、右側の出口(地下鉄乗場方面とは逆)から地上に出る。地上に出たら、右折し、線路沿いに進む。ひたすら進むと、右側に線路高架下のコインパーキングがあり、その先の上大岡東二丁目の交差点を右折し、線路をくぐり、すぐに左折し一方通行路を線路沿いに進む。右手にイトーヨーカドー。道なりに進んだ左側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター2席 4席 2席 テーブル4席
【メニュー】らーめん正油720円 らーめん正油味付玉子入り820円
      らーめん正油ワンタン入り880円
      らーめん塩780円 らーめん塩味付玉子入り880円
      らーめん塩ワンタン入り930円
      追い鶏節らーめん正油930円 追い鶏節らーめん塩980円

      +味付玉子100円 +豚チャーシュー250円
      +大盛各種50円 トッピング軟白ねぎ100円
      小ライス100円 しょうがダレ玉子丼310円
      しょうがダレチャーシュー丼360円
      メンマ300円 おつまみワンタン(汁なし)300円
      チャーシュー450円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-03-02

下永谷 niるい斗

平成29年3月2日(木) 11:49訪問。
味玉 新潟生姜醤油ラーメン750円を食す。

この辺りは、別名ラーメン街道とも呼ばれ、環状2号線沿いにラーメン店が立ち並ぶ。しかし、年月をたどれば、決して同じ店が同じ場所にあるわけでなく、店の遷り変わりも盛者必衰の理だ。そうした遷り変りのひとつがこの店だ。
s-DSC01288_20170319183439ba2.jpg

元々この店は、るい斗があったが、そのるい斗がすぐ隣のラーメン本舗。の跡に移転して、元にあった場所に新たにオープンした店。そして、この店の出すメニューは、いわゆる二枚看板だ。さあて、どっちにするかな。
s-DSC01279_20170319183441485.jpg

今日は、昨日よりさらに冷えるし、ここはあったまりそうな生姜にしてみよう。食券自販機で食券を購入すると、教育がよく行き届いた様子の女性店員が間隔をあけずに詰めてカウンター席に座るよう指示される。

厨房は、これまでのるい斗と同じ造りだ。手際のいい店員がちゃっと調理して出来あがり。
s-DSC01280_20170319183442594.jpg

スープは、豚骨でとっているようだが、出汁は控えめで、名前のとおり生姜がやさしく効いていて、醤油の小気味よいキレが冴える。油の膜が表面を覆っていて、これによりコクがあっていい。
s-DSC01281_20170319183444842.jpg

平打ちの中くらいの縮れ麺は、縮れ具合が本当によくて、啜るのが楽しくてたまらない。また、スープとの相性もとてもいい。
s-DSC01282.jpg

薄くスライスされたチャーシューはほどよい味付けで、この醤油スープによく合う。
s-DSC01283_20170319205624d05.jpg

なくてもよさそうだけど、あった方が断然いいナルト。
s-DSC01284_2017031920562575c.jpg

見た目どおりのとろーり味付け玉子。
s-DSC01285.jpg

麺もスープも味わいつくして、今日も完食。ごちそうさま。
s-DSC01286_2017031920562762e.jpg

次は、大分さいきラーメン、行ってみよ。
s-DSC01287_20170319205629bd3.jpg

【住所】  横浜市港南区下永谷5-1-21
【電話】  045-823-1190
【営業時間】11:00~14:00 18:00~21:00
【定休日】 火曜日
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄下永谷駅下車。徒歩15分くらい。1番出口を出て、目の前の道路を右方向にずっと道成に進む。途中にファミリーマート、セブンイレブンがある。ずっと進んで、環状2号に環2中永谷交差点でぶつかったら、道路の反対側、斜め左方向。
車で:環状2号線を磯子方面に向かい、国道1号を越して、ヤマダ電機の先、「環2中永谷」信号の手前の左側。
【駐車場】店の裏手に17台分・るい斗と共用


【席数】  カウンター10席

【メニュー】大分佐伯ラーメン650円 味玉大分佐伯ラーメン750円
      チャーシュー大分佐伯ラーメン850円 味玉チャーシュー大分佐伯ラーメン950円
      新潟生姜醤油ラーメン650円 味玉新潟生姜醤油ラーメン750円
      チャーシュー新潟生姜醤油ラーメン850円 味玉チャーシュー新潟生姜醤油ラーメン950円
      
      味付玉子100円 チャーシュー200円
      メンマ100円
      大盛り100円
      小ご飯100円 ご飯150円
      ネギご飯150円 ネギ玉ご飯200円
      ネギチャーシューご飯300円
      ネギ玉チャーシューご飯350円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-07-22

下永谷 神勝軒

平成28年7月22日(金) 14:19訪問。
味玉つけ麺880円を食す。

夏はつけ麺。ということで、この店に久しぶりにやってきた。
s-DSC09493.jpg

しかし、本当はこっちの店に最初に訪れたのだった。らーめんるい斗。といってもこの店は、先日すぐ先に横移動というか移転した元の店舗なのだ。そして、よく見ると、旧い看板に新しい“ni”の赤い看板が足されている。
s-DSC09491.jpg

ということで、移転前の店舗が再オープン。とっても期待して訪問。メニューはツートップのようだ。大分佐伯ラーメン、越後長岡生姜醤油の二本立てだ。どっちにしようかな。入ってから決めよう。しかし、何となく様子が変だぞ、と嫌な予感を抱きつつ店に入ると、「すいません、14時までです」。残念。
s-DSC09492.jpg

そして、時間を戻して、神勝軒へ。こちらは、しっかり開店中。あいてて、よかった。
s-DSC09494.jpg

この店はつけ麺とラーメンがメインで、以前は夜は二郎系もどきだったような気がしたが、久しぶりに行ったら、昼もそのメニューが選べるようになっていた。その名は角ふじ麺。でも選ばなかった。これから、会合だしね。
s-DSC09495.jpg

入口を入ってすぐの食券自販機で食券を購入して、そのまま席のある2階に階段であがる。先客はぼちぼち。食券を渡してから、約12分で提供された。
s-DSC09496.jpg

粒々入りの麺はつるつる。
s-DSC09499.jpg

そして、つけダレにつけて食う。久しぶりなせいもあるのか、新鮮というと大げさだが、豚骨のほどよい力強さと魚介に適度な酸味がいい具合だ。
s-DSC09497.jpg

ぱさぱさしていて、あまり具合のよくないチャーシューは味つけはまあまあ。
s-DSC09501.jpg

わりとあっさりめの味玉は適度な半熟具合。
s-DSC09502.jpg

麺をおいしくいただいた後はスープ割り。ドンブリごと渡して店員さんにお願いする。「ネギを入れますか」ときかれるので、イエスで答えた。
s-DSC09503.jpg

元々はいっていたのだが、ゆずの風味がきいていてなかなかよい。
s-DSC09504.jpg

すべて食い終えて、完食。
s-DSC09505.jpg

駐車場が広いところが便利。こんな時間でもぽつりぽつりと客がはいってくる。
s-DSC09506_201607240854083e6.jpg

【住所】  横浜市港南区下永谷3-28-13
【電話】  045-823-4379
【営業時間】
【定休日】 
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄上永谷駅下車。徒歩15分強。改札を抜けたらすぐに右折し、階段を下りて一方通行道路を左に。2車線道路に突き当たったら、右折し、目の前の太い道路が環状2号線。道路を左折、直進し環状2号線を新横浜方面へ。環2水田交差点の少し先、本牧家の向い側。
      車で:環状2号線を新横浜から磯子方面に向かい、国道1号を越え、環2水田交差点の手前、右側。

【駐車場】 店舗裏に10台、店舗となりに2台。
【席数】  カウンター9席、テーブル4席×2

【メニュー】特製つけ麺980円 つけ麺780円 味玉つけ麺880円
      ネギつけ麺880円 チャーシューつけ麺1,080円 
      特製らーめん980円 らーめん780円 味玉らーめん880円
      ネギらーめん880円 チャーシューメン1,080円 
      塩ラーメン800円 担々麺800円
      角ふじ麺750円 角ふじ麺(小ブタ)900円 角ふじ麺(バカブタ)1,050円
      野菜増し50円 野菜増しw100円
      ◇トッピング
      味玉100円 メンマ100円 のり(6枚)100円
      辛ネギ100円 ちゃーしゅう300円
      
      小ライス100円 ライス150円 チャーシュー丼300円
      中盛50円増 大盛100円増 特盛200円増 極盛300円増
   
      半餃子(2個)220円 餃子(5個)380円
      水餃子300円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-05-23

港南台 海居人

平成28年5月23日(月) 17:10訪問。
干し海老油醤油らぁめん750円+味付きたまご100円を食す。

いつかは行ってみようと思っていた店だ。ちょうど港南台近くを通りかかったので、そういえばと思いだして、よってみた。この店は、とっいっても、この店は元来が居酒屋。すでに時刻は、そろそろ酒が恋しくなる頃だ。
s-DSC_0211.jpg

昼のらぁめんタイムはとっくに過ぎているので、ラーメンだけでもOKか、そもそも夜もラーメンが食えるか、それすらよく調べずに、とりあえず店に入ることにした。店舗は共同ビルの奥まったところにある。
s-DSC_0223.jpg

店の入口には居酒屋メニューに加えて、ラーメンメニューもあるが、夜も食えるのかはわからない。
s-DSC_0212.jpg

店内に入ると、まだ開店早々らしい雰囲気が漂っている。先客はゼロ。「あのう、ラーメンだけでも食べられますか?」とおそるおそるきいてみると、OKとのこと。では、とカウンター席について、ラーメンのメニューをみる。

基本は醤油らぁめんとうのがわかっているのだが、口をついて出たのは、干し海老油の醤油らぁめんだった。ついでに、味玉も追加。

他に客がいないので、妙に静かで何か緊張する。

店主らしき男性店員と手慣れた対応の女性店員の2名。店主が沸騰した鍋で茹でて、小さ目の寸胴からスープをそそいで、そして出来上がり。仕事ぶりは手慣れていて、無駄があまりないようす。まっすぐに伸びた竹の子がまるで俺の一本気な性格のようだ。
s-DSC_0215.jpg

スープは名前のとおり、最初のひとくちで海老のインパクトが強めに寄せてくる。しかし、それも束の間、いろいろな魚貝を合わせたと思われる深みのある出汁が感じられる。いいねえ、これ。
s-DSC_0216.jpg

麺はっていうと、コシのある喉ごしのいいストレート麺で啜りが楽しい。
s-DSC_0217.jpg

そして、うれしいことにチャーシューは2種類。一つは鶏、もう一つは豚。ほどよく噛みごたえがあって、味つけもしっかりしている。
s-DSC_0219.jpg

姫竹という何ともやさしい名前の竹の子はかりかりとした食感が楽しかった。

そして、とどめはこの玉子。黄身がとろけだす加減と味付けがたまらない。
s-DSC_0220.jpg

ああ、うまかった。もちろん、スープも飲み干して終了。
s-DSC_0221.jpg

食い終えたけど、まだほかに客は入って来ない。別に見られているわけではないのだが、何か緊張しながら、食い終えて会計。ごちそうさまでした。ほかのメニューも気になる。今度は機会があったら、昼間来よう。
s-DSC_0222.jpg


【住所】  横浜市港南区港南台4-3-1 ビーバービル1F
【電話】  046-831-7576
【営業時間】[月~土祝祝前]17:00~22:00(L.O.21:30)
       ランチラーメン 月水金 11:30〜14:00
【定休日】 日曜日
【アクセス】電車で:JR京浜東北線港南台駅から徒歩3分くらい。改札を出たら、バスロータリーを越して交番の前を通り、ひばり団地前交差点を渡った前のビルの1階奥。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター6席、座敷掘りごたつ式4人×4
【メニュー】醤油らぁめん700円
      醤油らぁめんハーフ630円
      塩らぁめん700円
      塩らぁめんハーフ630円
      干し海老油醤油らぁめん750円
      干し海老油醤油らぁめんハーフ680円
      干し海老油塩らぁめん750円
      干し海老油塩らぁめんハーフ680円
      干し海老油醤油 油そば(追い飯付き)780円
      干し海老油 油そば 辛(自家製ラー油、ニンニク、追い飯付き)850円

      ◇トッピング
        味付き玉子100円
        豚チャーシュー2枚150円
        鶏チャーシュー2枚150円
        豚鶏ミックス150円 

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-05-12

下永谷 環2家

平成28年5月12日(木) 14:27訪問。
ラーメン680円+味付玉子100円を食す。

昨年の8月に閉店したと思ったら、9月16日に最オープン。といっても、リニューアルしたわけではなく、オーナーが変わっただけだ。
s-DSC08977.jpg

ちょっと時間をはずすと待ち行列もなくて、スムーズだ。

久しぶりなので、基本のラーメンに味玉をプラス。外装も内装もまったく変化なし。後半から始まったドンブリの下に敷くトレーがセットされてあるのもそのまま。月とうさぎのイラスト入り。
s-DSC08979.jpg

カウンターの上にはたくさんの調味料が用意されているのがうれしい。
s-DSC08980.jpg

空いているので、あっという間に出てきた。
s-DSC08981.jpg

では、スープから。普通に味わうだけなのだ。以前よりという比較は、あまりに時間が経過しているので、正確ではないと思うが、印象としては醤油ダレのとがった部分がまろやかになった印象だ。これはこれで食いやすい。
s-DSC08983.jpg

麺は力強い感じで、あまり変わらないかな。
s-DSC08984.jpg

仕事中だというのに、派手にいれてしまった、行者ニンニク。やはり、試したくなる誘惑に勝てなかった。もうどうにも止まらない!
s-DSC08985.jpg

ちょっと小さ目が残念だけど、スモークな感じは相変わらずいい、チャーシュー。
s-DSC08986.jpg

味玉もよい茹で加減で、グッド。
s-DSC08987.jpg

撮らなかったけど、完食。

たまに寄りたくなるんだよな。また、来ようっと。
s-DSC08988.jpg

【住所】   横浜市港南区下永谷3-3-21
【電話】   045-825-3195
【営業時間】11:00~0:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】車で:環状2号線を新横浜から磯子方面に向かい、国道1号を越え、環2水田交差点の手前、左側。


【駐車場】 店横に5台+4台
【席数】  カウンター20席
【メニュー】ラーメン680円 中盛ラーメン780円 大盛ラーメン910円
      チャーシューメン780円 中盛チャーシューメン950円
      大盛チャーシューメン1,030円

      辛みそネギ150円 のり70円 きくらげ70円
      長ネギ70円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。