--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-01-19

YRP野比 中華光楽

平成26年1月19日(日) 11:42訪問。
サンマーメン650円と手作り餃子300円を食す。

今日は天気がいいが、風が冷たく、気温以上に寒く感じる。今日は、電車でYRP野比にやってきた。
s-DSC00275.jpg

今さらだが、YRPは横須賀リサーチパークの略称。最先端の研究都市。
s-DSC00277.jpg

野比の人気店といえばここ。正午前に到着したときは、すでに店外に行列。予想していたので、速めに到着したはずだったのだが、予想以上の人気店ぶりに、驚かされた。しかし、一人だったので、運よく待つこともなくカウンター席に案内された。
s-DSC00272.jpg

こんな風が冷たい日は、サンマーメンとあらかじめ決めていたが、一応メニューを見て確認。当店人気NO1と書かれている。さらに、なんと300円というびっくり価格の餃子も追加することにした。アルバイト風の若い女子店員に口頭で発注。カウンターは厨房に面しているが、調理場は奥まっていて見えない。店主らしき男性が奥で鍋を黙々と振っていて、家族らしき女性定員が司令塔で、てきぱきともう一人の男性店員とバイト風女子に指示を出している。

それにしても、にぎわっている。店内はほぼ満席。テーブルと座敷は団体客ばかりで、家族連れがほとんど。客層も老若男女さまざま。客の多くが、餃子を発注していた。持ち帰り用の餃子の発注もあって、俺の隣のカウンター席に用意されていた。

餃子は、先読みしながらどんどん焼いているのか、意外にも先に出てきた。ぱりっとしていて、皮は薄く、中はニンニクたっぷり。
s-DSC00256.jpg

あらかじめ、サンマーメンは少し待ってくださいと店主が言っていたので、餃子を食いながら待つことに。ここで、ビールでも飲みたいところだが、この後クルマを運転する予定があるので、今日は残念ながらパスしておこう。しばらく待って、カウンター席に俺の前から座っている客のサンマーメンと同時に到着。
s-DSC00257.jpg

ドンブリは、通常のものよりかなり大きい。スープが少な目に見えるのは、ドンブリが大きいからだ。
s-DSC00258.jpg

スープにかかる野菜餡かけは、ゆるいタイプで、醤油味の下味。この餡かけスープが熱い。うっかりするとやけどしそうだ。
s-DSC00259.jpg

麺は、思ったより細めの黄色い、少しだけ縮れた麺で、餡を絡めてもひけをとらず、啜り感がよい。
s-DSC00264.jpg

野菜は、オーソドックスにもやしが中心だが、種類は豊富だ。まるまるのキクラゲ。
s-DSC00265.jpg

もやし、にんじん、キャベツ、肉。
s-DSC00266.jpg

キャベツはざくっと、大ぶりに切ってある。
s-DSC00267.jpg

にら。
s-DSC00268.jpg

大きな豚肉。
s-DSC00269.jpg

たけのこ。
s-DSC00270.jpg

ラードの焦げた風味が、何ともいえずいい。甘みの効いた野菜と醤油スープの具合がよく、どんどん食える。体もあたたまった。うっすらと汗が出てきた。スープは少し残して、終了した。
s-DSC00271.jpg

厨房のなかでは、司令塔から絶え間なく指示がとび、とても活気がある。客のようすに常に気を配っているようすがよくわかる。安い値段でおなか一杯。地元客から熱烈に支持されるこの店。サンマーメンのおかげで、帰り道は、ぽかぽかになって駅へと向かった。
s-DSC00273.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★。

【住所】  横須賀市野比2-2-23
【電話】  046-849-4530
【営業時間】11:00~20:00
【定休日】 月曜日(祝・祭日でも休み) 
【アクセス】電車で:京浜急行YRP野比駅徒歩約5分。駅を出て左手に進む。野比駅入口交差点の交差点を渡って、すぐ。
【駐車場】 6台
【席数】  カウンター4席 テーブル6席×1 4席×2 座敷6人×2

【メニュー】サンマー麺650円 広東麺700円 ピリカララーメン650円
      スタミナラーメン650円 味噌ラーメン600円 ゲキカララーメン650円
      ネギ味噌ラーメン800円 カレーラーメン700円
      もやしソバ600円 ネギラーメン600円 五目野菜ラーメン600円
      塩ラーメン600円 タンメン(塩味)600円 五目ラーメン(塩味)650円
      塩バターラーメン700円 あんかけソバ600円 カタヤキソバ650円
      中華うどん(数量限定)650円
      ラーメン450円 コーンラーメン550円 わかめラーメン550円
      ワンタン450円 チャーシューワンタンメン750円 ワンタンメン550円
      メンマラーメン600円 チャーシューメン650円 バターラーメン550円
      お子様ラーメン400円
      各種大盛り+100円(中華うどんは調理事情により大盛りに出来ません)
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2011-08-13

豚骨ラーメン前略

とんこつ正油550円+味付玉子150円
DSC00195.jpg

昼過ぎの訪問で、先客4名。この暑いのにラーメンを食う客が他にもいるなんて。ここの売りのようで、みんなラーメンにドンブリやチャーハンなどのセットメニューを食っている。入口近くの食券自販機を見て、一瞬ためらってしまった。というのも、ラーメン550円は今どきとても安価だと思うのだが、味付玉子150円って高過ぎはしないだろうか。単なるゆで玉子でさえ100円もする。しかし、食わずにどうこういうのも癪なので、一応ボタンを押すと、結局、700円で、とんこつラーメンとしては、相場みたいな感じになってしまった。

食券をカウンターに置くも、反応がない。しかたなく座って、待つが食券を手にするとか、のぞき込むとか仕草がないので、何となく不安だが、まあ、わかっているのだろうと放っておく。カウンター内は暑そうな店主とおぼしき男性と補助の女性店員。きくらげがどうこう、という会話がしてきた。水を給水器でコップに注いで飲んだら、ぬるかった。どうやら常温のようだ。そのうちに隣の客の発注した何とかセットが出てきた。次に俺のラーメンをつくるのかな、とぼうっとしていたら、おもむろにカウンター越しにラーメンが出てきた。あまり愛想がないおやじだ。

気を取り直して、ラーメンに。ひどく乱雑な割方をした玉子が目立つ。黄身がはみ出てしまっている。これは客に出せるレベルではないな。最初から二ツにしなくてもいいのに。さて、スープは、白っぽい甘みのあるとんこつに大振りな背脂がかかったもの。背脂の量は多め。さらにもやし、ねぎ、チャーシュー、なぜか、きくらげ、のり。麺は黄色い縮れた太麺で、ぷりっとしている。この麺はスープよりもいい感じだ。それにしても、玉子が汚い。味は、ちょっと濃い味付けで、やや甘みが強すぎ。

食券自販機を改めて見て、わかった。基本のラーメンは550円なのだが、トッピングが基本的に150円なのだ。のり増もメンマも150円、麺大盛は200円。チャーシューメンは+300円の850円だ。それにしても基本のラーメンのチャーシューは薄くて、小さい。まあ、背脂豊富だから、コクはあるような気はするが。ニンニクや豆板醤などの調味料はカウンターには置いていないが、頼めばでてくるようである。隣の客がそうしていた。しかし、そんなこと書いてもいないので、初めての客はわからない。何となく無愛想で、不親切な店という印象になってしまった。でも、食い終わったドンブリはカウンターに上げろ、とそういう貼り紙は見やすく貼ってある。仕方なく、カウンターに置いて店を出るが、とうとう何のあいさつもなかった。店の外は、店員とは対照的に、やたらと鬱陶しい謳い文句の看板にサイン看板までついていた。同じ敷地にある占いの看板を掲げた店が気になった。

DSC00198.jpg

【住所】  横須賀市武1-20-15
【電話】  046-856-5331
【営業時間】11:00~2:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】車で:横浜横須賀道路を衣笠インターで下り、料金所から2つめの信号を右折し、三崎街道に。通研入口交差点を過ぎ、左側にいろいろな店が入り連なった建物、ユニオンマーケットが見える。中程に看板がある。店舗全体の前面が駐車場
【駐車場】 全体で40台
【席数】  カウンター10席

【メニュー】とんこつ正油550円 とんこつ正油チャーシュー850円
      支那そば正油550円 支那そば正油チャーシュー850円
      とんこつ塩550円 とんこつ塩チャーシュー850円
      支那そば塩600円 支那そば塩チャーシュー900円
      とんこつ味噌750円 とんこつ味噌チャーシュー950円
      支那そば味噌750円 支那そば味噌チャーシュー950円
      とんこつカレー700円 とんこつカレーチャーシュー900円
      とんこつ梅塩750円 とんこつ角煮スタミナラーメン1,000円
      メンマ150円 味付玉子150円 ゆで玉子100円 のり増150円
      メン大盛200円
      冷しラーメン750円 冷し中華そば850円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。