2018-06-03

県立大学 らーめんABURA坊

平成30年6月3日(日) 12:07訪問
らーめん750円を食す。

以前から張り紙があって、一体いつオープンするのだろうと思っているうちに5月最後の日曜日。いくらなんでも開いていると思って、先週見に行ったら、同じ状態だった。
s-DSC02846.jpg

今日はもう6月なので、いくらなんでも開いているだろう思い、11時30分過ぎに行ったら、シャッターが開いていたので、入ろうとすると、中から女性が出てきて、『12時開店なので、もう少しお待ち下さい』とていねいにおっしゃるので、無理やり時間をつぶして再度訪問してみた。
s-DSC02909_20180624202114a28.jpg

食券自販機が入口近くに置いてあって、メニューはらーめん、つけめん、あぶらそばの3種。ここは、らーめんからだな。以前の店のほぼ居抜きと思われるような、あまり変わっていない店内が久しぶりで懐かしい。
s-DSC02911_201806242021168c9.jpg

とはいえ、開店祝いの花が飾られてあって、もうあの店ではない。
s-DSC02914_20180624202118c63.jpg

この時点で先客はなし。厨房には男性店員がいて、心なしか少しぎこちない。もう1名は先程の女性店員だ。その女性店員に食券を渡すと、『ヤサイとアブラ、ニンニクが増量できますが?』ときかれ、『ヤサイ増しで』でお願いした。

その後、客が入るたびに、まずは同じ質問を繰り出すのだった。

ヤサイを茹でて、麺を深ざるで湯切りして、できあがり。
s-DSC02912_201806242021179f4.jpg

ヤサイ増しの盛りはこのくらい。なかなかの高さだ。
s-DSC02913.jpg

では、食うぞ。スープは定番の甘じょっぱいものだけど、今ひとつ線が細いかな。瞬間、気がついた。これって、アブラ、ニンニク抜きだ。俺の発注ミス?
ヤサイ増し=ヤサイのみ増しで、他はなし、ということのようだ。
s-DSC02915.jpg

今さら、言うのも癪なので、このまま食い進むぞ。
麺は噛みごたえのあるストレート太麺で悪くない。
s-DSC02916_20180624202121f44.jpg

肉もそこそこのボリュームだ。味付けもしつこくなく割と好みだ。
s-DSC02917_20180624202123d2e.jpg

2枚のっているぞ。
s-DSC02918_201806242021249fc.jpg

今回は痛恨の発注ミスで、真価がわからなかった。残念。
こうなったら、次は全部マシマシにしてやるぞ。

その後、次々と客がやってきて、あっという間に満席で、店内に行列ができていた。
s-DSC02910_20180625235101a41.jpg

【住所】  横須賀市安浦町1丁目3横浜市港南区下永谷3-28-13
【電話】  
【営業時間】12:00~14:00 18:00~21:00
【定休日】 不定休
【アクセス】車で:国道16号を横浜方面から観音崎方面に向かって下る。左手の湘南学院前を過ぎてしばらくしたところ。駐車場なし。バス停そば。
電車で:京浜急行県立大学駅下車。 徒歩約10分。駅前をまっすぐ進み、4車線道路の国道16号にぶつかったら、道路を横断。左折し横浜方面へ。安浦交番を過ぎて、しばらく進んだところ。
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター11
【メニュー】らーめん750円 つけめん800円
      ミニらーめん690円 あぶらそば700円
      めん大盛100円 ぶたまし250円
      うずら100円 

      特製ラーメン840円 坦々麺870円
      鶏そば800円
      コクにぼねぎそば820円 
      煮干そば700円
      汁なし坦々麺870円
      煮干つけ麺770円
      坦々つけめん870円

      麺大盛100円

      ライス100円 ミニチャーハン150円
      ねぎ丼250円 ローストポーク丼300円

      味付玉子100円 メンマ100円
      半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
      ねぎ100円 ワンタン4個150円
【店舗web】
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-04-19

県立大学 らぁ麺しろ

平成30年4月19日(木) 20:50訪問
鶏白湯らーめん(並)780円+スペシャル300円を食す。

「一日の仕事を終えて、まだ何かやり残したことがある」。そう感じた今日は、また昼飯抜きだった。そして、どこか心に引っ掛かっていた店について帰りの電車内で調べたら、まだ開いていることに気をよくして、途中下車して寄ってみた。以前は安浦という時代を背負った趣のある名前の駅名だったのだが今は・・・。駅から少し歩いて、さびしげな灯りの店がすぐに見つかった。
s-DSC02513_20180502193608f2d.jpg

まさに看板メニュー。
s-DSC02512_20180502193628d7b.jpg

半間ほどの狭い入口からは、手前に卓上型の食券自販機が置いてある。カウンター5席ののみの店内の奥には若い女性客が1名。
基本と思われる鶏白湯に、いわゆる全乗せのスペシャルというトッピングをチョイス。
s-DSC02502_20180502193611b0a.jpg

カウンターこそあるが、すぐ向こうは厨房で、店主と客との妙な緊張感が心地よい。静かに出来上がりを待つ。

全のせの具は別皿で、こっちはおそらく通常の鶏白湯らーめん、ともに置かれた。
s-DSC02504_20180502193614145.jpg

別皿での提供はこんな具合だ。竹の子や柚子もある。
s-DSC02501_20180502193610593.jpg

では、さっそくスープから。最初から鶏白湯のうまみが全開だ。癖がなく、こってりしていそうで、すっきりの飲み心地。
s-DSC02505_20180502193616802.jpg

麺だって悪くないのさ。食べログで麺が力不足という口コミがあったけど、俺は店主のセンスのよさを感じた。
s-DSC02506_20180502193617e5e.jpg

プチトマトの甘酸っぱさが意外とスープとの相性がいいい。
s-DSC02507_20180502193619389.jpg

黄色と赤の二色揃い。
s-DSC02509_20180502193622705.jpg

鶏のチャーシューも豚のチャーシューも品よくうまい。
s-DSC02508_20180502193620cdc.jpg

玉子は白身も柔らかめでとろ~り。
s-DSC02510_201805021936239d9.jpg

ああ、うまかった。つくり手に敬意を評して完食。
ごちそうさまでした。
s-DSC02511_20180502193625f70.jpg

【住所】  横須賀市安浦3-42-17
【電話】  
【営業時間】11:30~14:30 17:30~22:00
【定休日】 日曜祝日
【アクセス】電車で:京浜急行県立大学駅からすぐ。改札を出て、右方向に進み、すぐに左折して駅を背に進む。少し進んだ左側
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター5席
【メニュー】鶏白湯らーめん(並)780円 (大)880円
      鶏清湯らーめん(並)730円 (大)830円
      味玉100円 海苔100円 青ネギ100円 辛味100円
      鶏チャーシュー250円 豚チャーシュー300円
      スペシャル300円
      白ご飯100円 卵かけご飯200円
      賄いチャーシュー丼300円
      白ご飯(大)150円 特製辛味ご飯200円
【店舗web】https://twitter.com/RamenShiro2018

s-DSC02574_201805031059534b3.jpg

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-01-14

県立大学 たけめん

平成30年1月14日(水) 12:20訪問
限定麺 担々900円+半ライス100円を食す。

たまには味噌ラーメンを食いたいな、と思ってめざした店が、昼どきで店外にも待ち客。近くのこの店を覗いてみた。
s-DSC01649_20180114133034809.jpg

おっと、店の入口に限定麺のメニューだ。月替りで、12月が濃厚、1月が担々、2月がカレーだ。
s-DSC01650_20180114134727a33.jpg

ふらっと入ってみたら、カウンターに4人の先客。カウンターに面した厨房には男性店主とバイトなのか手伝いなのか若い女性店員。一番奥のカウンター席に座って、目の前の女性店員に口頭で注文を告げると、確かに「担々」とオウム返しに答えるので、これで注文が完了と思っていたのが間違いだった。

ちょうど、先客も同じようなタイミングで入ったのか、なかなか俺のラーメンづくりが始まらないようだ。ぼーっとしていたが、俺の後から入った客のラーメンが先に出ていたのがわかったときにはさすがに嫌な予感がした。まあ調理の都合で、そういうこともあるかなと思っていたが、その後に女性店員に注文を聞かれたときには、驚いた。もう10分以上待っているが、まさか注文が通っていないとは思わなかった。

ようやく調理開始。出てきた担々麺がこれ。いかにも辛そうだ。少し後悔したが、こうなったら半ライスも追加だ。
s-DSC01652_20180114133035034.jpg

今度は、店主に直接伝えたので、無事半ライスも到着。
s-DSC01653_20180114133037a62.jpg

ゴマそのものとすりゴマの風味が豊かで、香ばしい。具は、なぜかキャベツにカイワレ。スープにもう少しコクがあるとさらに俺の好みだ。
s-DSC01654.jpg

太麺と細麺が選べるようだが、何も言わないと、太麺になるようだ。これは太麺が標準なのだろう。
s-DSC01656_20180114133040278.jpg

麺を食い終えて、最後はライスを投入。
s-DSC01657_20180114133043df0.jpg

外は寒いけど、額に汗しながら、がんばって完食。
s-DSC01658_20180114133044370.jpg

食いながら観察していると、件の女性店員は不慣れすぎて、痛々しい。ちょっと不安だったが、食い終えて目の前のいる女性店員に会計をお願いした。半ライス100円と合わせてちょうど千円。

それにしても、最後まで、お待たせしました、の一言がなかったのが残念。ラーメンは悪くなかったが、ついてなかったな。
s-DSC01659_20180114133041b73.jpg

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-07-17

県立大学 らーめん和らく

平成29年7月17(月) 11:40訪問。
つけ麺1.5玉830円を食す。

連休の海の日はこの店にやってきた。以前はよく通っていたが、ここのところ足が遠のいていて、最終訪問から1年以上が経った。

ちょっと変わっているが、前金制。俺は味玉のつく、つけ麺1.5玉を発注。この店は昼営業のみだが、開店は11時からと早めだ。先客は1名。外人のようだ。隣でラーメンを食っている。

男女1名ずつの相変わらずの体制で、どこかほっとする。しばらくして、俺のつけ麺がカウンターにのせられた。玉子が崩れてしまっているのが残念。
s-DSC02263_20170811170637853.jpg

つるつるのさっぱり麺を魚介風味たっぷりのつけダレにくぐらせると、独特の油感が後味として残る。以前よりしつこく感じられるようになったのは、久しぶりだからかな。
s-DSC02264_201708111706398ef.jpg

具はすべて、つけダレに入っている。具だくさんで、麺をつけるのに困るほどだ。
最初に箸をつけたのは、味付けのはっきりとしたメンマ。
s-DSC02265_201708111706409a2.jpg

チャーシューは普通かな。
s-DSC02266_20170811173104dbb.jpg

どうして、こんなにガタガタに切ったの?
s-DSC02267.jpg

半分くらい麺を食ったら、おもむろにカウンターにスープ割りが置かれた。ちょっと縁が欠けているのが残念。
s-DSC02268.jpg

スープ割りを入れて飲んでみた。
s-DSC02269_201708111731084e6.jpg

少し油がしつこく感じたので、途中でやめてしまった。
s-DSC02270.jpg

おしぼりを出してくれたり、親切さもあって悪くないんだけど、どこか詰めがあまい気がするんだよな。なんか接客の基本が俺には合わないところを感じる。

でも、また寒くなったら行こうかな。
s-DSC02260_20170811173748bc0.jpg

【住所】  横須賀市安浦1-3-11
【電話】  046-827-0655
【営業時間】11:00~14:00(火~金)
      11:00~15:00 17:00~21:00(土日祝祭日)      
【定休日】 毎週月曜日 第2火曜日 
【アクセス】電車で:京浜急行県立大学駅下車。徒歩約10分。駅前をまっすぐ進み、4車線道路の国道16号にぶつかったら、道路を横断。左折し横浜方面へ。安浦交番を過ぎて、しばらく進んだところ。すぐ隣が嶋や。
      車で:国道16号を横浜方面から観音崎方面に向かって下る。左手のヤマダ電機を過ぎてしばらくしたところ。

【駐車場】 なし。
【席数】  カウンター10席。テーブル4人×2
【メニュー】和らく(正油)らーめん650円 和らく大らーめん750円
      塩らーめん650円 塩大らーめん750円
      みそらーめん820円 みそ大らーめん920円
      つけ麺780円 味付玉子か大盛かどちらか選べます
      つけ麺味玉付1.5玉830円 つけ麺味玉付2玉930円
      特製つけ麺 特チャーシュー味玉付1,100円 
      特製つけ麺大 特チャーシュー味玉付2玉1,200円
      替玉(1玉分170g)250円
      チャーシュー300円 ワンタン250円 
      味付玉子100円 メンマ100円
      ワカメ100円
      ライス小100円 ライス大200円
      ランチセット ラーメン+ミニカレー900円
      ミニチャーシューおかか丼400円
      カレーライス650円 半カレーライス350円
      水ギョーザ380円 エビシュウマイ380円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-02-28

県立大学 ささもと

平成28年2月28日(日) 12:02訪問。
ラーメン500円を食す。

県立大学駅前のあの店の行ってみようと思い立った。前回訪問からずいぶんと時間が経ってしまった。
s-DSC08406.jpg

所用で出かけたのだが、県立大学で途中下車。あれから時日が過ぎたので、ふと不安がよぎる。何しろ、いまどきの店ではないので、もしやという嫌な疑念がわいたが、そうした思いをかき消すために、考えるのではなく、行動だ。駅を降り立つと午後の陽ざしが暖かだ。
s-DSC08409.jpg

この坂を下ると、店があるはずだ。
s-DSC08410.jpg

外装工事のネットがかけられていて、一瞬ぎょっとしたが、しっかりと暖簾がかかっている。あいててよかった!
s-DSC08388.jpg

引き戸をあけて店内に入ると、以前と同じ白い服の男性店員が、いらっしゃいと元気に迎えてくれる。店内はきれいに整えられていて、テーブルとカウンター席が用意されている。
s-DSC08405.jpg

俺は、カウンター席に座って、3種類しかないメニューから、ラーメンを選んだ。メニューはこれしかないけど、できるものなら何でも作るよ、というわけではない。
s-DSC08404.jpg

メニューも潔いけど、カウンター席も潔くって、調味料はコショウのみ。
s-DSC08390.jpg

カウンターの丸椅子。足を置けるようにブロックが並べてある。ちなみに映っているのは先客の足だ。
s-DSC08392.jpg

さて、注文を受けると、カウンターの前の厨房でさっそく麺茹で開始。大きな鍋で茹でて、平ざるで湯切り。この辺りの手際は、もう慣れていて、スムーズで早い。いわゆるデポで変なパフォーマンスをするいまどきのラーメン小僧とは一線を画す。
s-DSC08396.jpg

ラーメンができあがるのに要した時間は約3分。カップ麺並に早い。ラーメンがカウンター上に置かれた。ラーメンおまちどうさまみたいな、言葉がそえられていたと思う。
s-DSC08394.jpg

ショウガのが微かに香るスープ。では、さっそく。香りの印象とは別に、薄めの醤油味が口中におだやかに広がる。脂で強引なうま味を作るようなこともなく、シンプルだけど素直なスープ。
s-DSC08395.jpg

細目の麺は、スープによくあっている。要素を分解して分析しても、このラーメンのよさに意味がないのはわかっている。でも、麺も予想どおりの安心できる味わいだ。
s-DSC08397.jpg

まじめに作っているだろうチャーシュー。少し固いけど、オールドスタイルがいい。
s-DSC08400.jpg

中華そばスタイルのラーメンには、必須のナルト。
s-DSC08401.jpg

多めのスープもなんのその、作り手に敬意を表して、もちろんすべて飲み干して、完食。ごちそうさま。
s-DSC08403.jpg

この店は、ラーメンももちろん、気さくな店主との雑多な会話が楽しい良店だ。
s-DSC08408.jpg
【住所】   横須賀市安浦町2-26
【電話】   046-823-0945
【営業時間】 
【定休日】 月曜日 
【アクセス】電車で:京浜急行県立大学駅下車徒歩1分。駅を背にして直進した右側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター5席 テーブル4席×1

【メニュー】ラーメン500円 大ラーメン650円 チャーシューメン700円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター