2017-10-01

北久里浜 はまんど横須賀

平成29年10月1日(日) 11:25訪問。
シビ辛山椒風味ジャージャー麺800円を食す。

最近は1週間続けて晴れたことがない。今日は久しぶりに秋晴れ。快晴だ。こんな日はもちろんサイクリング。6段変速付き前かごありの自転車に乗ってやってきた。

今回の限定麺は今日が最終日。間にあってよかった。まだ正午前だが、何と満席。どえらい人気だ。
s-DSC00011-2.jpg

そして、今週のカレーはバターチキンカレー。相当迷ったんだんけど、腹と相談して結局やめにした。
s-DSC00010-2.jpg

そして、待つことしばし。ジャージャー麺がカウンターに置かれた。上からだとわかりにくいけど、皿状ではなく、普通のドンブリだ。今回も中盛でお願いしたので、この下がすべて麺というくらいボリューム満点。では、いただきます。
s-DSC00013_20171001162243d02.jpg

圧倒的なボリュームで、ちょっと麺を下から持ち上げるのが、大変だ。そして、よく肉味噌を絡ませる。肉味噌は、豚ひき肉に椎茸、ザーサイ、竹の子。
s-DSC00014_20171001162245c0d.jpg

ネギと粉山椒。合わせるとうまいんだな。
s-DSC00015_20171001162246b54.jpg

じゃあ、いただきます。思った以上に熱々だ。肉味噌に負けないくらい強いコシの平打ち麺が啜り感だけでなく、噛みごたえもいい。
辛味は後からではなく、いっしょにやってくる。そして、後からしびれる。これは、たまらない。
s-DSC00016_201710011622488bd.jpg

ネギや胡瓜を自在に絡ませて、夢中で食い進む。おっと、玉子は埋もれてしまうと大変だ。今のうちに。
s-DSC00017_2017100116224954e.jpg

大きなチャーシューは、肉の弾力がよくって相変わらずのうまさ。
s-DSC00019_2017100116225112b.jpg

最後は、やはり肉味噌が残ってしまって、ご飯を入れて食ってみたかったな。でも、麺はなくなっても、しっかりといただきました。ごちそうさまでした。
s-DSC00021_20171001162252f47.jpg

そういえば、俺は辛いのが得意ではない。正確には、大量に汗をかくのが恥ずかしい。だから涼しい顔をして食える人がうらやましい。でも、はまんどの辛メニュ-にはいつも惹かれてしまうんだよな。

そして、明日からは秋本番。秋刀魚節ラーメン。秋刀魚の味わいに生姜のアクセント。絶対また来ます。
s-DSC00012-2.jpg

画期的なのは、今回の限定はなんと3店舗合同企画。どこでも850円。スタンプカードを作ったり、提供側はいつもより手間が増えて大変かと思うが、食う側はとっても楽しみ。まさに横須賀を代表するテクニシャン。どこから行こうかな。
s-DSC00018_20171001162254d57.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。
マップコード 306 576 899*74
【駐車場】 隣地に2台分

【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】はまんど平打700円 辛子そば(平打麺)750円
      白湯そば(平打麺)700円 釜玉油そば(平打麺)700円
      はまんど細麺700円 辛子そば(細麺)750円
      白湯そば(細麺)700円

      特製ラーメン820円 坦々麺850円
      鶏そば800円
      コクにぼねぎそば800円 
      煮干そば680円
      汁なし坦々麺850円
      煮干つけ麺750円
      坦々つけめん850円

      麺大盛100円

      ライス100円 ミニチャーハン150円
      ねぎ丼250円 ローストポーク丼300円

      味付玉子100円 メンマ100円
      半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
      ねぎ100円 ワンタン4個150円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-09-18

北久里浜 吉田製麺店

平成29年9月18日(月) 12:07訪問。
濃厚つけそば880円+あとメシ50円を食す。

慣れない連休に休みの前はあれこれやろうと思いを膨らませていた。しかし、いざ休みになると...
台風の強風で二重サッシにも関わらずシャッターの音がうるさくてよく眠れず、うっかりいつもより遅く起きて、すっかり意気消沈。

せっかくだから、ラーメンは新しい店に行こうと思ったのだが、もはや遠出は嫌だな。というわけで北久里浜駅の目の前に8月に移転してたこの店を改めて初訪問。駅の改札を抜けたらすぐ目の前。これは便利だ。
s-DSC027412.jpg

さっそく店に入ってみよう。入口は自動ドアだ。以前はカウンター席だけだったのだが、テーブル席が中心になっている。
ひとり客なので、カウンター席でいいのだが、カウンターの一番端の席は出来あがった品を出すためなのか客が座れないようになっており、なぜか4人掛のテーブル席に案内された。
s-DSC02743_20170918154013b98.jpg

メニューは壁に貼ってある。
s-DSC02744_201709181540130eb.jpg

さあて、何にしようかな。気温30度はやはりつけ麺だな。以前も食ったけど、濃厚つけそばに決めた。
ホール係のおばさんは慣れていないのか、気にしない性格なのか、俺の後から入った客に先に水を運んで注文をとっていた。

そして、俺の注文をとりにやってきた。濃厚つけそばを中盛で発注。麺は細麺と太麺が選べるということなので、太麺でお願いした。「少し時間をいただきます」といいながら去っていった。
s-DSC02745_201709181540141c3.jpg

その後思ったとおり、他の客のためにカウンター席に移動。少し待って、カウンター越しに提供された。
s-DSC02746.jpg

ざるで湯きりならぬ水きりされた太麺の弾力に、刻まれたネギも沈まぬどろどろな濃厚スープ。甘めの豚骨魚介は、慣れるまでちょっとくどく感じた。しかし、慣れてくるとなかなかうまい。
s-DSC02747_20170919215103a4b.jpg

つけダレに入っているのは、太目のメンマ。この太目がどろスープにぴったりだ。
s-DSC02748_20170919215105651.jpg

実は食っているうちに気になっていたことがある。隣の客が頼んでいたメニュー。そのために海苔をとっておいたのか。さっそく俺もみならって海苔を残しておくことにした。
s-DSC02749.jpg

そして、右の客にならったのがこれ。あとメシ。
s-DSC02750_20170919215107af5.jpg

残ったつけダレに投入。
s-DSC02751_201709192151093c6.jpg

よおくかき混ぜて、いただきます。
s-DSC02752_2017091922081724d.jpg

小さいチャーシューが下に沈んでいたことを発見。甘みが強いので、七味をふって食うとちょうどいい具合だ。
s-DSC02753_201709192208175cd.jpg

ここで、満を持しての海苔の豆板醤、いや登板。冴えてます。
s-DSC02754_201709192208192d2.jpg

スープ割りだけでないつけ麺の食い方を知って、なんだか小さなしあわせだ。ところで、水が少し温かったです。
s-DSC02755.jpg

このあと、どうしようかな。せっかくの休日なので、馬堀海岸の日帰り温泉にでも行ってみよう。
s-DSC02757_20170919221740e42.jpg

【住所】  横須賀市根岸町2-21-13
【電話】  046-834-1877
【営業時間】11:00〜14:30、17:00〜23:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅下車。 改札を出て、右手向かい側。
s-DSC02758_2017091922240530f.jpg
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター4席 テーブル席4×4 2×2
【メニュー】つけそば700円 濃厚つけそば880円
      ラーメン780円 鶏白湯780円
      小盛~中盛 同一料金
      大盛100円増し     
      豚めし300円 ごはん150円
      ◇トッピング
      味玉100円 メンマ100円 野菜100円
      焼きのり100円
      焼豚3枚180円 焼豚6枚350円
      特製(味玉・焼豚3枚)250円

      期間限定
      鶏つけそば780円 鶏パンチ840円
      あとメシ50円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-09-17

北久里浜 ラーメンエイト

平成29年9月17日(日) 11:52訪問。
汁なしクリーム担々麺700円+大盛50円+追い飯50円を食す。

昨日は仕事で、今日から連休なのだが、残念ながら台風直撃。こんな日は家で読書三昧かな。いつもの休みのように朝昼を兼ねてラーメンを食いに行く。駐車場が近くて、濡れないところがいいなあ。そこで選んだのが、この店。ちょうど、駐車場が空いていて、先客もいなかった。
s-DSC02740_201709171310349e8.jpg

気になっていたメニューがあったので、ちょうどよかった。それが、汁なしクリーム担々麺。生クリーム+ねりごまのスープ。辛くないの但し書き。ほかに辛いの但し書きの、汁なし担々麺(ごま風味)もある。

今日は辛くない方にしておこう。店主に大盛でお願いする。迷ったけど、卵黄トッピングはやめておいた。

熱々の麺を湯切りして、皿にあけて、いろいろのせているなと思ったら、出来あがり。スープはかけずに、あえて自分で混ぜるスタイル。挽肉はまとめてスプーンにのせられている。
s-DSC02725_2017091713103522a.jpg

では、さっそく。なんかパスタみたいな感覚だ。かすかな甘みとクリームのとろみがめずらしい味わいだ。こういう坦々麺っていうのもおもしろい。
s-DSC02726_20170917131036210.jpg

「お好みでレモンを絞って召し上がってください」とのことだったので、試してみる。うーん、これもうまいねえ。
s-DSC02727_2017091713103844c.jpg

挽肉は少し濃い目に味付けしてある。少しづつ混ぜてくってみる。
s-DSC02728.jpg

よく見ると断面が8の字をした太麺が、よくスープを絡める。
s-DSC02732_201709171427503b2.jpg

トマトピューレは色合いだけでなく、味の変化も楽しめる。
s-DSC02729_201709171427478f8.jpg

パスタの印象に合わせて、細く切られた、チャーシュー。直前にブラックペッパーを挽いてふっていた。ぴりっとしていい風味だ。
s-DSC02731.jpg

あえて、挽肉を残したのは、そう、たくらみがあるから。
s-DSC02734_2017091714275198f.jpg

追い飯をお願いすると、熱々のご飯に粉チーズをぱらっとふって出してくれた。
s-DSC02735_20170917142753a55.jpg

惜しげもなく、皿にあけた。
s-DSC02736_2017091714382046d.jpg

そして、混ぜて食うと、これもうまい。ちょっとブラックペッパーを入れたら、ピリッと味が引き締まって、さらによくなった。
s-DSC02737.jpg

完食。ごちそうさまでした。
s-DSC02738.jpg

たまに来たくなる店。俺が食っているうちに3名の客が入ってきた。
s-DSC02739.jpg

【住所】  横須賀市森崎1-1-9
【電話】  046-897-3298
【営業時間】11:30~14:30
       17:00~21:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】車で:国道134号線を久里浜方面に向かって進み、根岸町交差点を右折。川を跨ぐ橋を渡ったらすぐ右折。川沿いに進んだ左側。
電車で:京浜急行北久里浜駅下車。 徒歩15分くらい。駅を出て、国道134号線を横断(北久里浜駅前交差点)し、道なりに直進。しばらく進むと、左側に道路と平行して流れる川を渡る橋があるので、わたって、右折し、駅を背に川沿いに進んだ左側。
マップコード 306 576 718*14
【駐車場】 2台

【席数】  カウンター8席
【メニュー】正油ラーメン700円 塩ラーメン700円
      正油味のつけめん750円 塩味のつけめん750円
      正油味のつけパスタ750円 塩味のつけパスタ750円
      
      普通盛と中盛は同料金
      大盛は80円プラス
      
      ◇トッピング
       味付玉子100円 温泉玉子100円

      ◇ミニ丼メニュー
       豚丼280円 チャーシュー玉子丼300円
       ライス150円 小ライス100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-08-27

北久里浜 はまんど横須賀

平成29年8月27日(日) 11:50訪問。
冷やし煮干醤油そば850円+スパイシーカレー350円を食す。

昨日は映画「関ヶ原」を観た。母衣武者、長槍での合戦シーンが秀逸だった。

そして今日は8月最後の日曜日。夏の終わり、といった気配はまったく感じられない。曇っているが、蒸し蒸しと暑い日だ。そんな夏の終わりに始まった、冷やし煮干醤油そば。今日はこれを食いにやってきた。
s-DSC02505.jpg

そして、週替わりのカレーも我慢しきれない。これも食っちゃおう。

正午前で満席。少し待ってすぐに案内された。女性店員にやはり中盛で発注してしまった。

少し待って、カレーが運ばれてきた。皿はやや小さいが、ライスは案外大盛だ。食いきれるのか?俺
s-DSC02506.jpg

トマトが効いていてまろやかだけど、スパイシー。だけど、そんなに辛くない。夏野菜もたくさん入ってるし、健康によさそうだ。
s-DSC02507.jpg

続けざまに、冷やし煮干ができあがり。カウンターに置かれた。
s-DSC02508.jpg

コシの強い長めの平打ち麺がつるつるっと涼感を運んでくれる。
s-DSC02509.jpg

スープを飲んでみる。きりっと効いた煮干しダシ、とメニューに書かれていたとおりの印象で、冷たいけど、しっかりとした煮干し感で様々な具を統率しているイメージだ。
s-DSC02518.jpg

中央にのっているのは、大根とオクラに胡瓜の和え物。オクラのネバネバが体によさそうだ。柚子も加えてあり、さっぱりとした風味だ。
s-DSC02510_2017082717120103b.jpg

はっきりとした味付けで、甘辛く煮た椎茸。
s-DSC02511_2017082717120218a.jpg

歯ざわりよし、竹の子。
s-DSC02512.jpg

小松菜。
s-DSC02513.jpg

鶏肉の煮ものは、鶏肉のうま味がいいのはもちろん、煮凝り風の餡がついていて、味付けがちょうどよい。
s-DSC02515_20170827172524136.jpg

ばらのりは、山の幸が多い具の中で、唯一海の風合いを感じさせてくれる。煮干スープとの相性がいいので、麺にからめてもグッド。
s-DSC02516_201708271725256d6.jpg

そして、いつもの大きいレアチャーシューは2枚。
s-DSC02519_20170827172529712.jpg

味玉が半分つくのも、いつもながらうれしい。
s-DSC02520.jpg

ちょっと食べすぎたかな。でも、ぺろっと完食。ごちそうさまでした。
s-DSC02521_20170827173551978.jpg

食っているうちにどんどん客が入ってきて、満席。何となくそう思うのだが、この店はやはり常連が多いような気がする。
だからなのか、名前を書いて待つというシステムを取り入れないのがとても好感だ。あれはあれで合理的なので、俺の偏見で穿った見方なのだが、どうも店の方がえらそうに思えてしまうときがあって、好きではない。

また来ます。
s-DSC02504_2017082717355201f.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。
マップコード 306 576 899*74
【駐車場】 隣地に2台分

【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】はまんど平打700円 辛子そば(平打麺)750円
      白湯そば(平打麺)700円 釜玉油そば(平打麺)700円
      はまんど細麺700円 辛子そば(細麺)750円
      白湯そば(細麺)700円

      特製ラーメン820円 坦々麺850円
      鶏そば800円
      コクにぼねぎそば800円 
      煮干そば680円
      汁なし坦々麺850円
      煮干つけ麺750円
      坦々つけめん850円

      麺大盛100円

      ライス100円 ミニチャーハン150円
      ねぎ丼250円 ローストポーク丼300円

      味付玉子100円 メンマ100円
      半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
      ねぎ100円 ワンタン4個150円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-08-19

北久里浜 はまんど横須賀

平成29年8月19日(土) 11:43訪問。
“豪華”五目冷し中華 黒酢正油だれ980円を食す。

先週に続いて、また土日連休。明日までの限定なので、遅ればせながら食いにやってきた。土曜日の昼前は案外空いていて、先客は5名。いつものように中盛でお願いした。
s-DSC02460_201708191446301a6.jpg

タイミングよく手が空いていたようで、食券を預けてカウンター席につくと、すぐに調理開始。じきにカウンターにのせられた。
s-DSC02462_20170819144633dd6.jpg

たくさんの具がこれでもかとのせられ、最後に黒酢の効いたタレをかけていた。横から見ると本当に山盛りだ。
s-DSC02461_20170819144632f70.jpg

では、麺を具の下から掬い出して啜ってみよう。氷水で締められた麺はひんやりとして喉ごしがいい。いわゆる冷し中華のタレより、酸味が少なく、これなら酸っぱいのが苦手な俺でもどんどんいける。麺がうまいねえ。控えめながら、芳醇な広がりも感じさせるところがさすがだ。
s-DSC02463.jpg

では、怒涛の豪華具菜の紹介。いちばん上にのっているのは、もやしに胡瓜にくらげのナムル。
s-DSC02464_201708191446364fa.jpg

トマト。
s-DSC02465_2017081915075151f.jpg

わかめ。
s-DSC02466_20170819150753b51.jpg

椎茸煮。甘めに煮てあって意外とあっている。
s-DSC02468_2017081915075642b.jpg

春雨だってのっている。
s-DSC02467_201708191507543a2.jpg

山のふもとには魚介のマリネ。その1烏賊。
s-DSC02472.jpg

その2海老。
s-DSC02474_20170819151645420.jpg

その3ホタテ。
s-DSC02471_20170819151647850.jpg

そして、野菜はグリーンアスパラに紫玉ねぎ。
s-DSC02473_201708191516485b3.jpg

次は、肉。臭みがなくて柔らかい鶏正肉。
s-DSC02469_20170819150757ad0.jpg

いつものレアチャーシューは2枚。歯ごたえ、味とも大の好みだ。
s-DSC02470_20170819151650f64.jpg

最後は味玉。
s-DSC02475_20170819152621341.jpg

おっと、冷し中華の定番、ねりからしもついていた。今回も楽しくおいしくいただきました。ごちそうさま。
s-DSC02476_20170819152622cec.jpg

次の限定も楽しみだけど、その前に来週は月から木曜日まで夏休み。また限定食いに来ます。
s-DSC02459.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。
マップコード 306 576 899*74
【駐車場】 隣地に2台分

【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】はまんど平打700円 辛子そば(平打麺)750円
      白湯そば(平打麺)700円 釜玉油そば(平打麺)700円
      はまんど細麺700円 辛子そば(細麺)750円
      白湯そば(細麺)700円

      特製ラーメン820円 坦々麺850円
      鶏そば800円
      コクにぼねぎそば800円 
      煮干そば680円
      汁なし坦々麺850円
      煮干つけ麺750円
      坦々つけめん850円

      麺大盛100円

      ライス100円 ミニチャーハン150円
      ねぎ丼250円 ローストポーク丼300円

      味付玉子100円 メンマ100円
      半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
      ねぎ100円 ワンタン4個150円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター