--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-02-19

北久里浜 ラーメンエイト

平成29年2月19日(日) 12:00訪問。
煮込みそラーメン750円 mセット(たまごかけごはん、煮込みにバター入)150円+炒めそば並200円を食す。

久方ぶりにやってきた。駐車場もちょうど1台分空いていたので、さっそく入ってみることにしよう。店頭には、限定らしき煮込みそラーメンのメニューが貼ってあった。
s-DSC01204_20170219132859b68.jpg

店に入ると、先客は2名で、店主がひとり体制。ちょうど、前の客が帰った直後なのか、あとで注文をききますので、少しお待ちください、とのことで、しばし待つ。

壁を見ると、さきほどの煮込みそラーメン。子供の頃駄菓子屋さんで食べた「みそおでん」。その味が忘れられず作ってみました。ということだ。たまごかけごはんとバターのせのmセットを口頭で店主に発注。さらに、前から気になっていた炒めそばも合わせて、発注した。
s-DSC01205_20170219132901add.jpg

なべ焼き風に小さな土鍋にセットされて、下に置いたにドンブリの上にセットされて提供された。「熱いので、下の器の方を持ってください」とていねいに案内があった。
s-DSC01206_2017021913290202e.jpg

そして、セットのたまごかけごはん。醤油などはかかっていないようだ。
s-DSC01207_20170219132904a1b.jpg

では、ふたをとってみよう。見た目は意外と地味な印象。バターが真ん中にのっている。ぷうーんと生姜の香りが漂ってきた。
s-DSC01208_20170219132905920.jpg

熱々のスープは、甘みの少ない味噌味ですっきりとした味わい。煮込みうどんのラーメン版という印象。熱いので、フーフーと息を吹きかけて冷まさないとやけどしそうだ。
s-DSC01209.jpg

太目の麺は、鍋やき風。これも熱々で体が温まる。
s-DSC01210_20170219193058da6.jpg

そして、いっしょに提供された調味料は、七味ではなく、八味とわざわざ書いてある。なぜ八味かは聞き忘れた。
s-DSC01211_20170219193059c61.jpg

そして、具がなかなかユニークだ。魚肉ソーセージ。
s-DSC01212_201702191931011d4.jpg

シナチクではなく、竹の子の薄切り。
s-DSC01213_201702191931028db.jpg

やけど注意のはんぺん。
s-DSC01214_201702192032441bb.jpg

ここで、炒めそばができあがり。よおーくかき混ぜて食べてください、とのアドバイスがあった。
s-DSC01215.jpg

とはいえ、まだ煮込ラーメンにとりかかっている。崩れてしまったけど、柔らかチャーシュー。
s-DSC01216_201702192032479a5.jpg

底の方には大根も沈んでいた。
s-DSC01217.jpg

麺を食い終えて、ふと思った。たまごかけごはんを鍋に入れたら、どうなるかな。思ったら、やめられなかった。
s-DSC01218.jpg

さあ、ごはんをスープになじませている間に、炒めそばを食おう。よおく混ぜて、玉ねぎを絡めて食う。シンプルな醤油味だが、油の具合がよくて、箸が進む。
s-DSC01219_20170219204113460.jpg

こっちを終えたら、今度は煮込みのおじやだ。予想どおり、うまい。すべて、食いつくして、大満足。ごちそうさまでした。
s-DSC01220_2017021920411577e.jpg

何がいいって、淡々と仕事をする店主のようすが、いちばんの魅力。秘密基地みたいな店だけど、魅力いっぱいだ。
s-DSC01221_20170219204116f5d.jpg

【住所】  横須賀市森崎1-1-9
【電話】  046-897-3298
【営業時間】11:30~14:30
       17:30~21:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】車で:国道134号線を久里浜方面に向かって進み、根岸町交差点を右折。川を跨ぐ橋を渡ったらすぐ右折。川沿いに進んだ左側。
電車で:京浜急行北久里浜駅下車。 徒歩15分くらい。駅を出て、国道134号線を横断(北久里浜駅前交差点)し、道なりに直進。しばらく進むと、左側に道路と平行して流れる川を渡る橋があるので、わたって、右折し、駅を背に川沿いに進んだ左側。

【駐車場】 2台
【席数】  カウンター8席
【メニュー】正油ラーメン700円 塩ラーメン700円
      正油味のつけめん750円 塩味のつけめん750円
      正油味のつけパスタ750円 塩味のつけパスタ750円
      
      普通盛と中盛は同料金
      大盛は80円プラス
      
      汁なし担々麺700円
      大盛+50円
      追い飯+50円
 
      ◇トッピング
       味付玉子100円 温泉玉子100円

      ◇ミニ丼メニュー
       豚丼280円 チャーシュー玉子丼300円
       ライス150円 小ライス100円


スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-02-05

北久里浜 はまんど横須賀

平成29年2月5日(日) 11:03訪問。
煮干し味噌ラーメン カレーそぼろのせ870円を食す。

約ひと月ぶりの訪問だ。
s-DSC01147.jpg

ほぼ開店と同時に入った。ねらいはもちろん、今月の期間限定麺だ。
s-DSC01130_20170205123319c9b.jpg

今日は日曜だからか、店員は4人体制。すすめられたカウンター席に座ると、並んでいる食券がよく見える。俺を含めて6枚とも限定麺。つまり、全員が限定麺を食いにやってきた、ということだ。昨日は途中で品切れになってしまったらしいのだが、早めにきてよかった。

ドンブリにスープを注ぐと、煮干しの香りが漂ってくる。さらに強烈なカレーのにおいもやってきた。店員も隅の方で、カレーのにおいがくるねえ、とつぶやいている。

そして、俺のラーメンは2回目の調理周期で出来あがった。今回も具だくさんすぎて、麺が見えないのはもちろん、スープさえ半分も顔をのぞかせていない。
s-DSC01131_20170205123321710.jpg

では、スープからいただきます。はっきりとした煮干しの出汁にストレートな味噌味。その味噌味だが、実際ははさほど強くなく、シンプルな印象だ。しかし、いろいろな味に変化していくことが、すぐに予見できるため、ベースの味はあえて複雑にしなかったのではなかろうか。
s-DSC01132_201702051233227b3.jpg

湯気の向こうには特製の平打ち麺。長めの麺の啜りが楽しいんだな。今回も中盛でお願いした。
s-DSC01135_201702051233240d1.jpg

そして、ドンブリの頂点にのせられていたのは、辛みねぎ。これだけでもネギ味噌ラーメン。
s-DSC01136_20170205130521986.jpg

もやしにキクラゲのナムル。そしてワカメ。
s-DSC01137_201702051305236ce.jpg

七変化するラーメン。今回のラーメンにはたくさんの背脂が入っており、こってり感を演出。ニラもいいアシストだ。
s-DSC01139_20170205131216ef1.jpg

そして、お楽しみのカレーそぼろ。これにはフライドガーリックがよく似あっていた。ごはんの上にかけてもよさそう。
s-DSC01140_20170205130527f2b.jpg

すっかりスープにまみれてしまった。味玉。
s-DSC01141_20170205131523752.jpg

実際はたくさん入っていた。コーン。味噌ラーメンといえば、コーンだ。
s-DSC01142.jpg

そして、今回のチャーシューは1枚。
s-DSC01143_201702051315260f7.jpg

最後はライス入れたくなったけど、すべて食い終えたら、腹いっぱい。でも、無理しても試してみたい。次回、機会があれば、これにライスを混ぜてくってみよう。

ということで、完食。ごちそうさまでした。
s-DSC01144.jpg

もう完全に創作ラーメンの域。このラーメン、楽しくってうまい。体もあたたまった。

そういえば、食券自販機の近くに貼ってあったお知らせ。バレンタイン特別企画。インド人シェフ直伝。ということは、インド人の調理人から、直接教わったということか。もしや、今回のカレーそぼろのせもインド人からヒントを得たのだろうか。
s-DSC01128.jpg

さらに第2弾はチョコ下さい企画。チョコを差し上げると、牛チャーシューがもらえるそうだ。とはいえ、俺があげてもくれるのだろうか?
s-DSC01129_20170205132559ec0.jpg

いろいろとチャレンジし続ける店。来週は旅に出るので寄れないが、これからも目が離せない。
s-DSC01145_20170205131529e48.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。
【駐車場】 隣地に2台分


【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】はまんど平打700円 辛子そば(平打麺)750円
      白湯そば(平打麺)700円 釜玉油そば(平打麺)700円
      はまんど細麺700円 辛子そば(細麺)750円
      白湯そば(細麺)700円

      特製ラーメン820円 坦々麺850円
      鶏そば800円
      コクにぼねぎそば800円 
      煮干そば680円
      汁なし坦々麺850円
      煮干つけ麺750円
      坦々つけめん850円

      麺大盛100円

      ライス100円 ミニチャーハン150円
      ねぎ丼250円 ローストポーク丼300円

      味付玉子100円 メンマ100円
      半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
      ねぎ100円 ワンタン4個150円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-01-09

北久里浜 はまんど横須賀

平成29年1月9日(月) 11:08訪問。
函館塩ラーメン(期間限定メニュー)820円を食す。

朝飯を抜いて満を持しての、今年初めての訪問。連休最後の今日は、朝から小雨が降ったりやんだりで、この時間になってもやまない。さて、本日は、この一杯。といっても、写真が撮れていなかった。

よって、文章で説明。
期間限定メニュー
※麺は細麺ストレート(平打ち変更可)
「帆立風味」
函館塩ラーメン820円

まだ開店したばかりなの時間なので、先客は3名ほど。女性店員に食券を渡して、中盛でお願いする。カウンターに座って、しばし、待つ。スープが、続いて麺が白い背の高いドンブリに入れられ、具がのせられて、助手さんの手でカウンターに下ろされた。コーンが艶やかで、いかにも函館ラーメン。
s-DSC00997_2017010912385656e.jpg

スープは、ストレートに塩味が伝わってくるが、シンプルな味わいだが、次にコクのきいたダシを感じる。これ、具が合わさると、また奥行きが増してくるんだろうな。
s-DSC00998_201701091238587d0.jpg

ところで、今年から麺が全粒粉入りになって、さらにうまさが増した。長い麺は啜りも楽しい。
s-DSC00999_20170109123859945.jpg

それでは、具の数々を紹介。まずはわかめ。しっかりとした歯ざわり。ほかにも海藻が入っている。
s-DSC01000_20170109123901d43.jpg

帆立もころころとたくさんはいっていた。帆立風味。
s-DSC01001_201701091239028d4.jpg

いつもより太目に感じるメンマ。
s-DSC01002_201701091403060a9.jpg

ぷりっとした海老もスープの海を漂っている。
s-DSC01003_201701091403082ee.jpg

色も鮮やかな小松菜。この季節にぴったりだ。
s-DSC01004_2017010914030951e.jpg

こっちは、地のめぐみ、コーンもたっぷり。甘みがあって、食感もよくって、定番だけどうまい。
s-DSC01005_20170109140311209.jpg

いつものチャーシューは2枚。いつものようにうまい。
s-DSC01006_20170109140305ec6.jpg

いつもの味玉は、今日もまたうまい。
s-DSC01007_20170109141122240.jpg

そして、なるとちん。
s-DSC01008_20170109141123dc9.jpg

今日もドンブリの底が見えるまで、しっかりと堪能して、完食。ごちそうさまでした。
s-DSC01010.jpg

店主に、今年もよろしくお願いします、とお辞儀をして、店を出た。来週はラーメンを食べないつもりなので、また少し日があくけど、なるべく食ったらすぐに日記を書くようにしようと、何となく今年の抱負を自分で忘れないように書いてみた。
s-DSC01011_2017010914112629b.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。
【駐車場】 隣地に2台分


【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】はまんど平打700円 辛子そば(平打麺)750円
      白湯そば(平打麺)700円 釜玉油そば(平打麺)700円
      はまんど細麺700円 辛子そば(細麺)750円
      白湯そば(細麺)700円

      特製ラーメン820円 坦々麺850円
      鶏そば800円
      コクにぼねぎそば800円 
      煮干そば680円
      汁なし坦々麺850円
      煮干つけ麺750円
      坦々つけめん850円

      麺大盛100円

      ライス100円 ミニチャーハン150円
      ねぎ丼250円 ローストポーク丼300円

      味付玉子100円 メンマ100円
      半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
      ねぎ100円 ワンタン4個150円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-12-31

北久里浜 はまんど横須賀

平成28年12月31日(土) 12:26訪問。
年越しラーメン500円を食す。

並ぶことは覚悟していたが、10時54分の到着で、善男善女の行列。しかし、路上駐車が多いのは、何ともよろしくない。
s-DSC00890.jpg

店の前まで来たのは、11時57分。約1時間の待ち。ようやくここまで来た。
s-DSC00892_20170104094044ea5.jpg

店頭販売の食べるラー油とおつまみメンマはすでに完売状態。
s-DSC00895_20170104094046203.jpg

ようやく店内に入って、食券を買うことができた。本日は、ボタンは1個だけ。しかし、店内にも行列ができているので、席につくまでにもう少し待つ。しばらくして、カウンター席はいっぱいなので、相席でテーブル席に案内された。
s-DSC00898_20170104094047f8e.jpg

待ちに待って、運ばれてきたのが、この年越しラーメン。もちろん、麺は中盛でお願いした。いやあ、これは豪華すぎる。もう採算度外視の豪華ラーメン。ではさっそくいただきます。
s-DSC00899_20170104094049543.jpg

さつま赤鶏と昆布、鰹節の清湯スープに白醤油のタレを合わせたスープ。コクがあって、すっきりとうまい。
s-DSC00900_2017010410010637b.jpg

麺は全粒粉入りのお蕎麦のような色合いの細ストレート麺です、との解説とおりの長めの細麺。年越しそばみたいで、いいね。
s-DSC00901_20170104100723cf3.jpg

このあられが、何とも華やか。
s-DSC00903_201701041001093a9.jpg

縁起のいい結び三つ葉。
s-DSC00904_20170104100110351.jpg

味付けといい、くずれるくらい柔らかな食感といい、すばらしい。豚の角煮。
s-DSC00905_2017010410011250a.jpg

はっきりとした味付けでうまかった、煮しめしいたけ。
s-DSC00906.jpg

ラーメンというより、一品一品が楽しいおせちみたいな一杯だ。もちみたいな食感が楽しかった手まり生麩。
s-DSC00907_20170104101508993.jpg

ぷりぷりのむきエビ。
s-DSC00908_20170104101510239.jpg

体にいいのが、ほうれん草。
s-DSC00909_20170104101511516.jpg

大きくって、歯ごたえがいい筍。これは、かなりうまい。
s-DSC00910_2017010410151303a.jpg

いつものレアチャーシュー。いつもながら、うまいです。
s-DSC00911_20170104105531ec7.jpg

もう1枚入っていた。
s-DSC00912_2017010410553223e.jpg

顔みたいにも見えるけど、梅の図柄の蒲鉾。雪中梅蒲鉾。
s-DSC00913_20170104105533851.jpg

いつもの、味玉もグッドでした。
s-DSC00914_20170104105535f0a.jpg

写真が最初のスープと同じだけど、その上に写っているのが、若鶏の八幡巻。中のゴボウと鶏肉の相性がよくって、これも絶品でした。
s-DSC00900_2017010410010637b.jpg

スープも麺も具も堪能して、大満足。完食。ごちそうさまでした。
s-DSC00915_201701041055360e1.jpg

フル回転で忙しそうな店主さんに簡単にあいさつして、店をあとにした。今年もお世話になりました。
これで、今年のラーメン食い納め。今年は通算165杯のラーメンをいただきました。

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。
【駐車場】 隣地に2台分


【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】はまんど平打700円 辛子そば(平打麺)750円
      白湯そば(平打麺)700円 釜玉油そば(平打麺)700円
      はまんど細麺700円 辛子そば(細麺)750円
      白湯そば(細麺)700円

      特製ラーメン820円 坦々麺850円
      鶏そば800円
      コクにぼねぎそば800円 
      煮干そば680円
      汁なし坦々麺850円
      煮干つけ麺750円
      坦々つけめん850円

      麺大盛100円

      ライス100円 ミニチャーハン150円
      ねぎ丼250円 ローストポーク丼300円

      味付玉子100円 メンマ100円
      半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
      ねぎ100円 ワンタン4個150円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-12-30

北久里浜 はまんど横須賀

平成28年12月30日(金) 12:46訪問。
汁なし坦々麺850円+ライス100円を食す。

大晦日はあの店に決まっているので、30日の今日はラーメン8(エイト)に行ってみよう。店の前に行って、店主体調不良につき、本日休業の案内が出ていた。残念。お大事にしてください。こうなったら、あの店だ。明日も来るけど、今日もいいかな。

さあて、何を食うか。よしよし、こうなったら、ツイッターでやたら推していた、あれ、食うか。
s-DSC00878_201701040832294a5.jpg

汁なし坦々麺だ。実は、以前も一度食ったことがあるのだが、再チャレンジ。こうやって、担々麺を食い続ければ、辛いのが少しは得意になるかもしれない。

そして、さらに攻めの飯も追加。おーし、これで腹いっぱいにするぞ。

しばらく待って、まずはライスが運ばれてきた。ごはんの友もついているのがうれしい。中身はのりたまだ。
s-DSC00879.jpg

少しして、汁なし坦々麺も運ばれてきた。おう、辛そうだ。でもうまいんだな。麺はもちろん、攻めの中盛だ。
s-DSC00880_20170104083232f93.jpg

うれしいことにスープ付き。これで、定食状態だ。
s-DSC00882_201701040832333fe.jpg

それでは、さっそく混ぜる。味玉を崩さないように、下から麺をもちあげて、よく混ぜる。
s-DSC00883_20170104083235902.jpg

平打ち麺は食い応えがあって、うまいねえ。辛いのが苦手な俺でもさほど苦にならない辛さで、タレのコクとラー油の辛味が麺とまざって、こりゃいいね。

食い進みながら、ときどきスープ。写真はまったくすっきりしないが、中身は魚介風味で、すっきりした味わい。
s-DSC00884_201701040859126d8.jpg

タレと挽肉とネギにまみれた味玉。でも、うまいっす。
s-DSC00885_201701040859137bf.jpg

麺を食い終えたら、ライスをドンブリにどぶーん。
s-DSC00886_2017010408591443a.jpg

これも、よく混ぜて、食うと、うまいんだな。
s-DSC00887_20170104085916662.jpg

すべて、食い終えて、本当に腹いっぱい。ごちそうさまでした。
s-DSC00888_20170104085917fdf.jpg

また、明日も来ます。
s-DSC00889_20170104091118cec.jpg

【住所】  横須賀市根岸町4-21-19
【電話】  046-835-3412
【営業時間】11:00~15:00
【定休日】 水曜日
【アクセス】電車で:京浜急行北久里浜駅から徒歩15分くらい。駅前の大きな道(国道134号線)に出ると、反対側にデニーズが見えるのでその交差点を横断。しばらく道なりに進んだ右側。
【駐車場】 隣地に2台分


【席数】  カウンター12席、テーブル4人×2
【メニュー】はまんど平打700円 辛子そば(平打麺)750円
      白湯そば(平打麺)700円 釜玉油そば(平打麺)700円
      はまんど細麺700円 辛子そば(細麺)750円
      白湯そば(細麺)700円

      特製ラーメン820円 坦々麺850円
      鶏そば800円
      コクにぼねぎそば800円 
      煮干そば680円
      汁なし坦々麺850円
      煮干つけ麺750円
      坦々つけめん850円

      麺大盛100円

      ライス100円 ミニチャーハン150円
      ねぎ丼250円 ローストポーク丼300円

      味付玉子100円 メンマ100円
      半チャーシュー2枚150円
      特増し300円 肉増し300円
      ねぎ100円 ワンタン4個150円
【店舗web】https://twitter.com/hamando_shonan

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。