2017-07-03

追浜 横浜家系らーめん りゅう

平成29年7月3日(月) 15:41訪問
らーめん630円を食す。

今日は追浜に所用があってやってきた。仕事は早めに終えて、所用も無事済んで、さあ昼飯だ。何を食おうかな。何て今さら何をいう。もちろん、ラーメンだ。ねらいは、4月にオープンしたいわゆる家系ラーメンの店。
s-DSC02171_20170731204301144.jpg

既成の暖簾がちょっと余るくらいの店構えは狭そうだけど、看板は立派だ。入口横にメニュー表がある。明朗会計が好感です。しかし、とても小さく見逃しそうだが、傘の横に六角家姉妹店の文字が見える。ははん、そういうことなのか。
s-DSC02160.jpg

そして、その足元には、酒井製麺の麺箱が重ねてある。これはもっと大切な、分かる人には分かるPR材料だ。高まる期待感に興奮してきた!
s-DSC02161.jpg

勢い込んで、店に入ると、中途半端な時間なので、先客はなし。食券を買って、カウンター席について、カウンターの前の厨房にいる男性店員に渡す。お決まりの好みの確認があって、初めての店なので、普通でお願いした。

店員さんは意外と年配に見える(失礼)が、手慣れたようすだ。水はセルフサービスではなく、コップにいれておいてくれた。しかも冷たい麦茶だ。この時点でとっても好感度アップ。
s-DSC02163_20170731204306b72.jpg

ずっと厨房を見ていたので、もう出るタイミングがすっかりわかって、待つことしばし。カウンターに俺のラーメンがのせられた。
s-DSC02164_20170801220307ae1.jpg

スープは、まずまずといったところで、ハードな豚骨ではなく、ライトに近いすっきりテイスト。ちょっぴり醤油がとんがった印象だ。
s-DSC02165.jpg

酒井製麺の麺はコシがあって、弾力もあり噛みごたえがいい。やっぱ、これだね。
s-DSC02167_2017080122031017d.jpg

では、いってみるか、ニンニク、コショウ。そしてゴマ。スープはちょっと弱いけど、まあまあ楽しめる。
s-DSC02168_201708012203127a8.jpg

柔かチャーシューは持ち上げると崩れてしまう。口に入れると、柔らかさが感じられる。味付はしっかりとされていた。
s-DSC02169_201708012203138ba.jpg

後半、ちょっとしょっぱいかなと感じてきて、暑いし、スープは少し残してしまった。
s-DSC02170.jpg

この界隈も何かぱっとしなかったけど、長くがんばってほしいな。

【住所】  横須賀市追浜町3-2
【電話】  046-867-1221
【営業時間】11:00~翌1:30
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:京浜急行追浜駅より徒歩1分。改札を抜けて、右方向にある階段を下り、横断歩道を渡らずに右へ進んですぐ。
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター8席 テーブル2人×2 4人×1
【メニュー】らーめん630円 塩らーめん650円
      葱らーめん780円 魚介らーめん730円
      焼豚らーめん830円 味噌らーめん770円
      辛味噌らーめん820円 ネギ味噌らーめん830円
      焼豚味噌らーめん880円 ネギ辛味噌らーめん830円
      焼豚辛味噌らーめん930円 
      魚介つけめん830円 辛魚介つけめん880円
      ◇トッピング・おつまみ
        のり100円 ネギ150円
        キャベツ100円 コーン100円
        焼豚210円 メンマ100円
        味玉100円
        もやし70円 ほうれん草100円
    ライス150円 大ライス200円
    小ライス100円
    ネギ焼豚丼280円 ネギ焼豚皿300円 
    餃子350円
    餃子セット300円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-12-17

追浜 丸新らぁめん食堂

平成28年12月17日(土) 18:46訪問。
和風とんこつ濃厚バージョン730円を食す。

今年の夏に以前、虎将だった場所に移転してオープンした店にやってきた。一度、訪れてみたときは、シャッターが降りていたので。今日改めての訪問。

大して変わっていないが、店名も丸新らぁめんから丸新らぁめん食堂に変更になった。
s-DSC00792_20161224131510720.jpg

店内は厨房を囲むカウンターのみで、移転前とあまり印象は変わらない。入ってすぐに食券自販機があり、俺が入ったときは、ちょうど運動部の男子高校生2人が食券を買っている最中だった。その客を含め、先客は5名。

さて、何にしようか。やたらとメニューが多い。塩ちゃんこなるメニューが一押しなのか、左上に2つ続けて並んでいる。迷いに迷って、和風とんこつ。濃厚バージョンにしてみた。
s-DSC00782_2016122415314774c.jpg

カウンター席について、店主と思われる男性店員に食券を渡す。すると、細麺と太麺の選択を迫られる。直感で太麺をお願いする。お好みは?普通です。さきほどの高校生コンビも普通でお願いしていた。どうやら、初めてではないようで、セルフサービスのおしぼりを手慣れた様子で出してきて、手をふいている。何となく、ビールを頼みそうなしぐさだが、よく考えたら、高校生なので、それはない。

席について、待つことしばし。店内には他に女性店員が調理をアシストしている。やがて、俺のラーメンがカウンターにのせられた。海苔に盛られた魚粉が和風ということなのだろうか。
s-DSC00783_20161224131511e45.jpg

スープは、さすが濃厚バージョン。どんとこい、という感じの濃いとんこつに魚介の風味で、雑な印象もあるが、ともかくもうまみはたっぷりだ。これに、海苔の上にのせられた魚粉が溶けだすとどんなことになってしまうのか。
s-DSC00784_20161224131513d8a.jpg

少し縮れのある麺はスープほど特徴があるわけではないが、まああっていると思う。
s-DSC00786_20161224131515d75.jpg

具は価格の割に種類が豊富で、良心的だ。メンマもはいっていたぞ。
s-DSC00787_201612241315164e8.jpg

チャーシューは少し小さ目で、これは平凡な印象だった。s-DSC00788_20161224175605712.jpg

とってもまんまるな玉子は、少し控え目な味付けだ。
s-DSC00790_20161224175606546.jpg

魚粉を溶かしながら、楽しんで食ったが、スープは少し残してしまった。
s-DSC00791_20161224175608c42.jpg

商店街は人通りもあまり多くないのだが、ぽつり、ぽつりと客が入ってくる。人のよさそうな店主が、厨房で腕をふるう店。なぜか塩ちゃんこが気にかかる。
s-DSC00793_20161224175609e5c.jpg

【住所】  横須賀市追浜町2-15
【電話】  080-1042-8463
【営業時間】
【定休日】
【アクセス】電車で:京浜急行追浜駅より徒歩10分弱。改札を抜けて、16号方面に階段を下り、横断歩道を渡り、右折し、直進。アーケードの商店街の中。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター15席


メニュー】塩ちゃんこ980円 
      淡麗塩らぁめん680円 淡麗醤油らぁめん680円 
      鶏つけそば880円
      和風とんこつ特濃プレミアム950円 和風とんこつプレミアムバージョン850円
      こってりとんこつらぁめん730円 こってりとんこつ味噌らぁめん750円
      こってりとんこつ辛味噌らぁめん850円
      和風とんこつあっさりバージョン700円 和風とんこつ濃厚バージョン730円
      とんこつらぁめん680円 和風とんこつ味噌らぁめん750円
      和風とんこつ辛味噌らぁめん850円
      つけ麺800円 こってりつけ麺850円
      特濃プレミアムつけ麺980円 
      麺なし790円 汁なし780円
      ◇トッピング
        野菜富士盛150円 野菜増80円 半熟煮玉子増80円 のり増80円
        チャーシュー増300円 ネギ増200円
      中盛(1.5玉)120円 大盛(2玉)250円 替玉150円
      餃子400円 
      小ごはん100円 ごはん200円
      チャーシュー丼400円 小炒飯300円 炒飯600円 
【店舗Web】http://marushin.locopo-jp.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-12-26

追浜 麺や はまじ

平成27年12月26日(土) 12:07訪問。
はまじらーめん800円を食す。

今月オープンした店にやってきた。以前はラーメンショップがあった場所を改装してのオープン。開店当初、諸事情により休業していたが、18日から再開したようす。そろそろ落ち着いた頃かなと。というより、日曜定休で、なかなかうかがえなかった。
s-DSC07852.jpg

駅からは少し距離があるので、クルマでやってきた。俺は近くのコインパーキングに停めたけど、ほとんどの客が路上駐車しているようだ。店内は昼時なので、にぎわっている。ラーメンショップの客がそのまま流れているかのうような客層だ。
カウンター席と小上がりがあるが、俺はひとりなので、カウンター席に座った。カウンター下が直角で足を納める場所がなくて、ちょっと座り心地がよくない。

テーブルの上には、ウォーター。Hamajiと書いてあるが、中はレモン水。さっぱりしていい。
s-DSC07837.jpg

おすすめのはまじらーめんを選択して、ていねいな対応の女性店員に注文を告げた。店員はほかに2名いるようだ。俺の席からは厨房の様子はみえなかった。
s-DSC07836.jpg

さほど待たずに運ばれてきた。なかなかきれいな盛り付けだ。
s-DSC07838.jpg

背の高いドンブリに入っているので、何となく高級そうな雰囲気があるような気がする。
s-DSC07839.jpg

スープは、鶏ガラベースに豚骨、魚介をブレンドしたそうだ。クリアな醤油味。出汁感が際立っているわけではないが、醤油のうま味をはっきり感じることができる。たくさん浮かんだ揚げネギもアクセントだ。
s-DSC07841.jpg

意外だったのは麺で、てっきり細麺かと思いきや意外と太目。さらにストレート麺かと思ったら、少し縮れた麺だった。それよりも意外だったのは、ぼそっとした食感だったこと。合うといえば、合うような気もするが。
s-DSC07843.jpg

たくさんのっているのは、豆苗かな。糸唐辛子もまじっている。
s-DSC07844.jpg

玉子はスープにひたってしまった。
s-DSC07846.jpg

時折入っている細く切られた生姜が隠し味的に効いている。
s-DSC07848.jpg

真ん中があいたチャーシューが2枚。
s-DSC07850.jpg

なかなかうまかった。スープまで飲み干して完食。
s-DSC07851.jpg

お会計は後払い。ごちそうさま。
s-DSC07845.jpg

帰る頃には席に座れず、店内待ちも数人いた。麺大盛りが200円だったり、餃子が3個だけだったり、不思議なところもあるけど、細かいところは別にして全体的には、落ち着いた感じの店だった。
s-DSC07853.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★。

【住所】  横須賀市追浜町1-40
【電話】  
【営業時間】11:00~17:00
【定休日】 
【アクセス】電車で:電車で:京浜急行追浜駅から徒歩10分くらい。駅を出たら、右側の階段を下り、道路を横断し、駅を背に右方向、横須賀方面に進む。しばらく進んだ道路沿い左側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席 座敷4席×2卓
【メニュー】はまじらーめん800円 しょううゆらーめん600円
      ピリ辛らーめん800円 チャーシューめん800円
      ベジポタつけめん800円 
      各種大盛りプラス200円
       ◇トッピング
       のり100円 ねぎ200円
       味付き玉子100円 チャーシュー250円
       薬味100円
      自家製焼き餃子(3個)200円
      半カレー300円 半ライス(たくあん付)100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-01-29

追浜 丸新らぁめん

平成27年1月29日(木) 18:13訪問。
淡麗醤油らぁめん680円を食す。

今日は、出先で打ち合わせで、そのまま直帰。バタバタとして昼飯をまともに食えなかったので、久しぶりに追浜駅で途中下車して寄ってみた。駅から離れれば、離れるほど人通りが少なくなる。店まで来る途中、すれ違うのは近所で行われているらしい通夜の弔問の人ばかりだ。
s-DSC04110.jpg

この店は、看板どおりに濃厚なとんこつが売りなのだが、それにこだわらず、新メニュー発売にも熱心だ。ちなみに、とんこつといっても、九州系ではない。そして、ときどき店のwebを見るのだが、新作というのが加わっていて、今日のねらいはその中でも、新作第8弾の淡麗らぁめん。醤油、塩、味噌から選べるのだが、まずは醤油にしてみた。

早めの夕飯というところか、先客は3名。2名が、俺の少し先に入ったようで、まだラーメンは提供されていない。男女二人の店員。女性店員は餃子を焼いていた。男性店員がメインで調理。とりあえず、食券を買って女性店員に渡すと、太麺と細麺の選択をきかれる。淡麗ということなら、太麺より細麺だろうと思い、細麺を選択。さらに麺の固さなどの指定は、面倒だったので、すべて普通で。

カウンターの上の調味料は、ラーメン提供後、女性店員が手が届きやすいよう俺の座っている左側にずらしてくれた。しかし、厨房まで写ってしまって、すみません。メニューによってスープを替えるらしく、注文の都度寸胴からとったスープを小鍋で温めていた。
s-DSC04093.jpg

そして、ラーメンがカウンター越しに配膳された。
s-DSC04094.jpg

他のメニューとは違う、背の高い高坏型のドンブリに入っている。
s-DSC04098.jpg

スープは、魚介出汁が強めに前面に出ており、淡麗というイメージを、淡いとか、ほのかな、などと、とらえていると、とんでもない。さっぱりとしていて癖がないどころか、強めにうま味が出た、縁のはっきりとしたスープだ。醤油は甘めで、しょっぱさはない。
s-DSC04096.jpg

何より、スープのはっきり感を印象づけているのは、多めにのせられた揚げネギ。嫌味はなく、上品な味わいだが、かなりの量が溶けだしていて、スープの味わいを占めている。
s-DSC04095.jpg

深ざるで、丁寧に箸を使って、横に揺らして湯切りをしていた。麺は黄色い、ほぼストレートな形状で、べちゃつかず、ツルツルとした食感がいい。
s-DSC04097.jpg

あえて、揚げネギを掬って飲んでみると、やはり、これがスープの印象の決め手となっていることをあらためて確認できた。
s-DSC04101.jpg

チャーシューは鶏。少し鶏の独特の嫌味がある。残念なことに、提供時から溶解していて原型がはっきりしない。
s-DSC04107.jpg

淡麗というほどすっきりとはしていないが、腹が減っていたのもあるが、ぺろりと完食。
s-DSC04108.jpg

濃厚もいけど、鶏つけとか、昔ならの中華そばなどのメニューも気になるんだよな。
s-DSC04109.jpg
いつか、また来る。と思う。この店のまた来たい(期待)度は、★★★。

【住所】  横須賀市追浜町2-64
【電話】  080-1402-8463
【営業時間】昼の部11:30~14:30
      夜の部17:30~2:00
      (土・日・祝) 11:30~2:00
【定休日】 第2・第3日曜日 
【アクセス】電車で:京浜急行追浜駅より徒歩10分弱。改札を抜けて、16号方面に階段を下り、横断歩道を渡り、右折し、直進。アーケードの商店街の中。



【駐車場】 隣地に3台分
【席数】  カウンター10席
【メニュー】広東麺900円 
      淡麗塩らぁめん680円 淡麗醤油らぁめん680円 
      鶏つけそば880円
      和風とんこつ特濃プレミアム950円 和風とんこつプレミアムバージョン850円
      こってりとんこつらぁめん730円 こってりとんこつ味噌らぁめん750円
      和風とんこつあっさりバージョン700円 和風とんこつ濃厚バージョン730円
      とんこつらぁめん680円 和風とんこつ味噌らぁめん750円
      つけ麺800円 こってりつけ麺850円
      特濃プレミアムつけ麺980円 こってり辛つけ麺950円
      ◇トッピング
        野菜富士盛150円 野菜増80円 半熟煮玉子増80円 のり増80円
        チャーシュー増300円 ネギ増200円 メンマ増150円
      お新香150円 ホルモン一発500円 おつまみチャーシュー500円  
      中盛(1.5玉)120円 大盛(2玉)250円 替玉150円
      餃子400円 
      小ごはん100円 ごはん200円
      チャーシュー丼400円 小炒飯300円 炒飯600円  

【店舗Web】http://marushin.locopo-jp.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-11-06

追浜 虎将

平成26年11月6日(木) 18:23訪問。
醤油ラーメン600円+味玉100円を食す。

今日はめずらしく夜ラーメン。仕事が早く終えられたので、出先から直帰することにした。めざすは、夜の追浜商店街。今月1日にオープンしたばかりの店だ。以前は羅天だった場所だ。
s-DSC02865_20141106195128d63.jpg

途中に、こんな店をみつけた。おみやげ付きかな。
s-DSC02864.jpg

居抜きのようでもあるが、店内は明るく清潔感があった。まだ、時間が早いからか、それともあいにくの雨模様だからか、先客はなし。男性店員が2名。店の名前が書かれたTシャツを着ている。鶏ガラ醤油と豚骨醤油と豚骨味噌に魚介豚骨つけめんという、オールマイティーなメニュー展開。少し迷ったけど、一番ボタンの醤油ラーメンにした。

食券をカウンターに置くと、「お好みはありますか?」ときかれたので、「普通で」と答えた。テーブルの上はシンプルで、酢とコショウのみ。にんにく、豆板醤はお声掛けください。その他、ティッシュペーパーは置かれていた。
s-DSC02868.jpg

カウンターから厨房がよく見えるので、調理の様子がよくわかる。寸胴は3個。鶏ガラと豚骨で分けているようだ。鶏ガラの方は、ぷうんと鶏の臭いが漂ってきた。深ざるで茹でて、2、3回さっと湯切り。カウンターの上に置かれるまでの時間約3分。
s-DSC02869.jpg

見た目は昔ながらのラーメンって感じだ。
s-DSC02870.jpg

スープは、澄んだ醤油色に油が浮く。鶏ガラを主体に野菜などの出汁が合わさっているかな。癖がなく、そこそこうまい。あっさりだけど、ちょっと単調な印象だ。
s-DSC02871.jpg

麺は、細い縮れ麺で、このスープによく合っている。これも、あっさり目の印象。こういう麺は、わりと好きだ。
s-DSC02872.jpg

具材は、海苔2枚にほうれん草、メンマ、チャーシュー。そのうち、メンマだけが、極太の特徴のあるものだった。味付けはしっかりしている。業務用かな。歯ごたえがいい。中はちょっと冷たかったけどね。
s-DSC02874.jpg

チャーシューは、大きいのはいいのだが、だしがらっぽかった。少し嫌味な感じもあり、残念。
s-DSC02875.jpg

油が意外と多くて、それがコクを演出している。もっと、飽きるかなと思ったが、何となく飲ませられるスープだった。
s-DSC02876.jpg

玉子は、色合いはきれいで上品なのだが、いかんせん小さい。味は薄味。
s-DSC02877.jpg

最後は、ほぼ完食。癖がなく、量的にもあっさりといけるラーメン。決して、悪くはないのだけど、はっきりとした個性はいまひとつ。
s-DSC02879.jpg

カウンターだけの店構えや水がセルフサービスだったり、とおそらく横須賀エリアに多く見られる豚骨醤油メインの店なのかもしれない。でも、豚骨醤油以外のニーズにも答えようとした結果、メインがわかりにくくなってしまっているようにも思える。今後もう少し、メニューを絞って特徴をだしたり、話題をつくったりして、目立つようにした方がいいのでは。ぜひがんばってほしい。
s-DSC02881_20141106204022dff.jpg

で、さきほどの魅惑的な店名の竜宮城。介護スナックだった。介護スナックというジャンルを恥ずかしながら寡聞にしてしらなかった。介護付きスナックなのか?うーん、時代の最先端の業態かも。
s-DSC02882.jpg

2時間食べ放題、飲み放題、しかも送迎付きだ。摂取量も管理してもらえるので、安心だ。カメの下には特許出願中。へえ。
s-DSC02883.jpg

s-DSC02866.jpg
竜宮城じゃなくて、勇猛な店名のこちら、虎将。この店のまた来たい(期待)度は、★☆。

【住所】  横須賀市追浜町2-15 平野ハイツ 1F
【電話】  
【営業時間】
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:京浜急行追浜駅より徒歩10分弱。改札を抜けて、16号方面に階段を下り、横断歩道を渡り、右折し、直進。アーケードの商店街の中。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター15席

【メニュー】鶏ガラ醤油
      醤油ラーメン600円 醤油ネギラーメン700円
      醤油チャーシューメン800円 醤油ネギチャーシューメン900円
      豚骨醤油
      豚骨醤油ラーメン700円 豚骨醤油ネギラーメン800円
      豚骨醤油チャーシューメン900円
      豚骨醤油ネギチャーシューメン1,000円
      豚骨味噌
      豚骨味噌ラーメン800円 豚骨味噌ネギラーメン900円
      豚骨味噌チャーシューメン1,000円 豚骨味噌ネギチャーシューメン1,100円
      つけめん
      魚介豚骨つけめん800円 酸辣つけめん850円
      ご飯物
      半ライス100円 ライス200円 ネギチャーシュー丼350円
      中盛100円 大盛200円
      ◇トッピング
       チャーシュー200円 ネギ100円 キャベツ100円
       味玉100円 のり100円 メンマ100円
       ほうれん草100円 モヤシ100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター