2018-01-29

横須賀中央 煮干らーめん平八

平成30年1月29日(月) 18:52訪問
醤油らぁ麺750円を食す。

仕事を早仕舞いして、やってきた。19時前に閉まることも多いので、焦ったけど、まだ開いていた。今日の限定はこれ。
s-DSC01693_20180205220619f26.jpg

こだわりがすごい!麺・・・普通のガラ、水・・・蛇口から出るヤツ、麺・・・市内製麺所の、醤油・・・そこらで売ってるヤマサの。って、こだわりでも何でもない。神奈川淡麗系リスペクトといいながら、素材に自慢を鼻にかけるこだわり店への痛烈な皮肉なのか。でも、値段が皮肉でもないみたいだ。

今日も賑わっていて、カウンターがちょうど1席だけあいていた。よかった。

口頭で、発注で店主がさっそく調理開始。大きめのドンブリに品よく盛られて、カウンターにのせられた。
s-DSC01694_201802052206209a7.jpg

スープもさほど癖なく品よくまとまっている。いつもの最初にくる煮干の痛烈パンチもなく、穏やかな印象の味わいだ。すっきりとした飲みくちで、どんどんいける。
s-DSC01695_20180205220623dd5.jpg

麺はいつものなのだが、こういうスープにも意外と合う。
s-DSC01696_20180205220625cdd.jpg

肉のうま味に炙りが加わって、さらにうまくなっている。
s-DSC01697_201802052206268e8.jpg

三つ葉はアクセント。
s-DSC01698_20180205220627f84.jpg

こちらもアクセントみたいな鶏チャーシュー。
s-DSC01699_201802052206299b8.jpg

たまには、煮干でないスープもいいなあ。このスープにいつもの麺と具もしっかり合っていて、煮干の看板があるから、レギュラーメニューには、なりえないだろうけど案外よかったので、また食ってみたい。もちろん、完食。
s-DSC01700_2018020522062177f.jpg

俺以外の先客は何と全員が替玉を所望。それで、麺がすっかり底をついたようだ。図らずも俺が最後の客になった。
s-DSC01702_201802052206312b0.jpg

【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:00~14:30 17:30~22:30
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。
マップコード 8 081 819*60
【駐車場】 なし

【席数】  カウンター5席 テーブル4人×1 2人×1
【メニュー】煮干そば ※あっさりダシ 650円
      強火で炊き込んだ“煮干100%”のダシ。煮干が全面に出ている一杯です。
       苦手な方はご遠慮を
      基本の味=醤油 塩もあります

      煮干Asphalt 780円
       鶏ダシで大量の煮干・を炊いた“ダシがどS”な一杯

      煮干Tsugarut 850円
       2017大晦日ご提供の“ド”エスプレッソな煮干ダシ

      煮干油そば 淡麗仕立て 750円 (油そばは汁なしです)  
       ※油そばは自家製煮干油・煮干タレと煮干し粉でマゼマゼした麺
         より濃厚にするなら卵黄50円か、自家製クリームチーズガーリックディップ添え100円
       ※麺量 並1.5玉 大盛2玉150円増し 少な目50円引き
      つけ生卵ダシ醤油100円
       すき焼きののようにつけてすする
 
      ◇トッピング
       全乗せ200円(焼豚ハーフ、煮玉子、海苔2枚)
       自家製煮玉子100円
       人気の燻製うずら玉1こ40円
       刻みネギ100円
       海苔5枚100円
       吊るし焼き燻製焼豚150円
       わかめ50円
       バラ海苔まみれ150円

      麺の量
       少な目 50円引
       並盛150g
       中盛190g0円 
       大盛300g200円
       追い玉150g150円 
        ※油そば的替玉

      麺のオカワリ
       煮干玉(温)150円 ハーフ100円
       冷や玉(冷)200円
       鉄砲玉セカンド クリームチーズヨーグルトソース&鰹節230円
       ハーフ130円

     メシをスープに吸収合併
      鉄砲メシ200円 秋刀魚メシ200円
      
       ライス100円
       おかかネギ丼150円
       自家製いりこダシ醤油をかけるネギとおかかを添えた 卵かけご飯200円
       ネギメカブ丼230円
       吊るし焼豚をのっけたチャーシュー丼350円 生卵のせ50円増
       ヒルメシタイム11:00~14:30 すべてのご飯メニューが50円引き
【店舗web】https://ameblo.jp/z-three/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-01-28

横須賀中央 珍味楼

平成30年1月28日(日) 12:56訪問
醤油ラーメン+ミニ中華丼700円+餃子450円を食す。

日曜だからといって別に遅くまで寝ているわけではない。しかし、仕事に行く普段と違い、空腹でないのに飯を食うこともないかいかと、食事は朝昼兼用だ。とはいえ、さすがに腹が減ってきた。よし、たまには中華で腹いっぱい食ってみよう。横須賀中央から少し歩く未食のこの店にやってきた。
s-DSC01691_201802032131357ae.jpg

店の前には、たくさんの看板が置いてある。麺類もある。寒いから、中に入ってから考えよう。

麺類全品580円。安い!しかもゴージャス。スペアリブそばに、アサリ麺、有頭海老麺、そして何とフカヒレ麺。定食も650円と安い。
s-DSC01680_20180203213118c0b.jpg

ラーメンに飯類のセットもある。麺は固定で選べないけど、ミニ丼は選べる。2つ足しても700円。これに決めた。今日は日曜日だから、醤油ラーメンで、ご飯は何にしようかな。せっかくだからセットにありがちなチャーハンはやめて、中華丼に決めた。
s-DSC01679_20180203213117de4.jpg

そして、これだけ安いので、今日は餃子も奮発だ。

俺の座ったテーブル席の向こうで、賑やかな中国語が飛び交っている。そのうちにできあがり。こういう店は、出来上がりも早いんだよな。予想どおりだけど、シンプルなラーメン。
s-DSC01681_20180203213120e30.jpg

うーん。あっさりだけど、ちょっと癖がある。
s-DSC01682_2018020321312165b.jpg

麺もおよそ想像どおり。ちょっと柔で湯切りがいまいちな感じだ。
s-DSC01683_20180203213123fb9.jpg

この縁取りが赤いチャーシューが何ともいいのだが、いざ食ってみると、味は今ひとつだなあ。
s-DSC01684_20180203213124221.jpg

そして、中華丼。とてもミニとはいえない量で、具もたっぷり。独特の油っぽさが鼻につくけど、野菜が豊富で、海老も入っていて、これはお得だ。
s-DSC01687_201802032131291cc.jpg

そして、サービスメニューではない餃子。揃ってなくたって、うまけりゃいいんだよ。
s-DSC01685_20180203213126336.jpg

熱々ジューシー。あまりニンニクがきつくないところも感じよい。
s-DSC01686_20180203213127aac.jpg

スープはあまり飲まずに残してしまったけど、他は平らげた。これだから、中華のサービスランチはたまらない。麺もドンブリも食って、満足、腹いっぱい。
s-DSC01689_20180203213132e3c.jpg

では、もう1回紹介。麺類とミニ丼のセットは15:00まで700円。定食だって650円から食えるぞ。
s-DSC01690_20180203213133328.jpg

そんな安さを反映してか、入ったときは座敷席でに飲み会中の客もいて、賑わっていたぞ。
s-DSC01692_20180205214643b61.jpg

ところで、16号沿いの龍王は昼時なのに店が閉まったままだった。ちょっと気になる。
s-DSC01677_20180203213114819.jpg

【住所】  横須賀市米が浜通1-1 小島ビル1F
【電話】  046-825-8316
【営業時間】[月] 11:00~1:00
【定休日】 無休
【アクセス】車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩8分くらい。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折して、しばらく進んだ左手。
【駐車場】 なし

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-01-07

横須賀中央 煮干らーめん平八

平成30年1月7日(日) 11:11訪問
鰤だし一番搾り880円+烏賊玉200円を食す。

昨年もお世話になったこの店に新年初訪問だ。ちなみに4日は定休日だったので、別の店に行ったのだった。
s-DSC01628_201801080949540f0.jpg

何か印象が違うなと思ったら、提灯とディスプレイウインドがブラックになっていた。
s-DSC01626_201801080956541ce.jpg

今日の一杯はこれ。出世魚で縁起物の鰤のだしラーメンだ。
s-DSC01619_201801080949559ec.jpg

開店から10分過ぎでカウンターはほぼ満席。順番に調理していって、俺のラーメンがカウンターにのせられた。
s-DSC01611_20180108094958e99.jpg

では、まずはダシから味わってみる。ここ数日でブリの照焼にブリの刺身も口にしていたので、おう、久しぶりにぶりに会ったということではなく、確かにブリのダシがうまく出ているなあと感心させられる。レンゲですすった一瞬、魚そのものより濃厚に凝縮されたようなうま味が広がる。しかし、すぐにスープ全体のうまさへと調和していく。
s-DSC01612_20180108095000ea7.jpg

長め細めのストレート麺は、ぼそっとした歯ごたえがたまらない。
s-DSC01613_20180108095002204.jpg

昨年暮れの煩悩落としというメニューに入っていた、はっきりとした甘口の豚バラ肉。これは白い飯にのせて食ってもうまそうだ。
s-DSC01615_20180108095003db1.jpg

縁起物の餅は、ぴらっと薄いけど、その分よく伸びる。今年はこのくらい伸び伸びしたいねえ。
s-DSC01617_20180108095005cb1.jpg

ああ、うまかった。えっ、スープが残ってるって?
s-DSC01618_20180108094957515.jpg

隣の客が麺のおかわりで「鉄砲玉」というメニューを発注したら、あいにくと本日は烏賊しかないそうだ。隣の客が帰ったら、俺も真似して、その「烏賊玉」を追加注文してみた。クリームチーズが添えらている。これは初めてのメニュー。
s-DSC01620_2018010809500831e.jpg

どれどれ、よく混ぜってっと。確かに烏賊っす。
s-DSC01622_201801080950113d6.jpg

よかったら試してみてといわれた、「ガーリックしそオイル」をかけてあじわったり。
s-DSC01623_201801080950129a0.jpg

つけ麺風にスープに浸して食ったり。
s-DSC01624_201801080950146fa.jpg

すべて食い終えて、完食。最初のラーメンがいつものとおり中盛1.5玉で、烏賊玉が1玉かな。満腹、満腹。ごちそうさまでした。
s-DSC01625_20180108095006572.jpg

店主と新年の挨拶を交わして、店を後にした。向かいのこちらの店もぷちリフォームだ。
s-DSC01630_20180108095015fb6.jpg

【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:00~14:30 17:30~22:30
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。
マップコード 8 081 819*60
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター5席 テーブル4人×1 2人×1
【メニュー】煮干そば ※あっさりダシ 650円
      強火で炊き込んだ“煮干100%”のダシ。煮干が全面に出ている一杯です。
       苦手な方はご遠慮を
      基本の味=醤油 塩もあります

      煮干Asphalt 780円
       鶏ダシで大量の煮干・を炊いた“ダシがどS”な一杯

      煮干Tsugarut 850円
       2017大晦日ご提供の“ド”エスな一杯

      煮干油そば 淡麗仕立て 750円 (油そばは汁なしです)  
       ※油そばは自家製煮干油・煮干タレと煮干し粉でマゼマゼした麺
         より濃厚にするなら卵黄50円か、自家製クリームチーズガーリックディップ添え100円
       ※麺量 並1.5玉 大盛2玉150円増し 少な目50円引き
      つけ生卵ダシ醤油100円
       すき焼きののようにつけてすする
 
      ◇トッピング
       全乗せ200円(焼豚ハーフ、煮玉子、海苔2枚)
       自家製煮玉子100円
       人気の燻製うずら玉1こ40円
       刻みネギ100円
       海苔5枚100円
       吊るし焼き燻製焼豚150円
       わかめ50円
       バラ海苔まみれ150円

      麺の量
       少な目 50円引
       並盛150g
       中盛190g0円 
       大盛300g200円
       追い玉150g150円 
        ※油そば的替玉

      麺のオカワリ
       煮干玉(温)150円 ハーフ100円
       冷や玉(冷)200円
       鉄砲玉セカンド クリームチーズヨーグルトソース&鰹節230円
       ハーフ130円

     メシをスープに吸収合併
      鉄砲メシ200円 秋刀魚メシ200円
      
       ライス100円
       おかかネギ丼150円
       自家製いりこダシ醤油をかけるネギとおかかを添えた 卵かけご飯200円
       ネギメカブ丼230円
       吊るし焼豚をのっけたチャーシュー丼350円 生卵のせ50円増
       ヒルメシタイム11:00~14:30 すべてのご飯メニューが50円引き
【店舗web】https://ameblo.jp/z-three/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2018-01-04

久留米らーめん 鐵釜 横須賀中央店

平成30年1月4日(木) 13:50訪問
鐵釜880円を食す。

まだ仕事は休みなのだが、所要で横須賀中央にやってきた。昼はさっと済ましたかったので、駅から近いこの店に実に久しぶりにやってきた。駅近のモアーズのテナントに入っている。他店が交代するなか、案外頑張っている。
s-DSC01584.jpg

食券自販機にあった、迷ったらこれ、という付箋に惹かれて、店名のついて鐵釜というメニューを選択して、食券を購入した。振り向けば、すぐ後ろに控えている男性店員に食券を渡すやいなや、「麺の硬さは?」と問われるので、俺もすかさず、「固めで」、商談成立。カウンター席に案内された。

店内は、学生らーめん500円に惹かれたのか男子高校生のグループがいるものの、ほぼひとり客が多いようだ。空いているかと思ったが、入ったタイミングが悪かったのか意外と待って運ばれてきた。
s-DSC01586.jpg

少しだけ、とんこつ臭のするところがいかにも久留米ラーメンという感じで、期待が高まる。しかし、麺をすすって、あれっと言う感じになった。
s-DSC01585.jpg

確か、「バリお待たせしました」といって置いていったので、間違いないと思うのだが、全然バリ固ではない。
s-DSC01587.jpg

麺の湯切りが甘いようで、スープを絡めない。柔い感じに増してちょっと俺には合わない。これで、全体の印象がやや曇りがちになってしまった。

角煮はまあ普通にうまい。
s-DSC01589_20180106180137fcf.jpg

チャーシューも柔らかめでまあまあ。
s-DSC01590_20180106180138d98.jpg

味玉もまあまあ。
s-DSC01588.jpg

麺と具は食い終えたが、スープは残した。
s-DSC01591.jpg

味とは関係ないのだが、バイトだと思う男性の店員はとてもまじめそうで、一生懸命働いているようすなのだが、客に聞こえているのがわかっているのかいないのか、厨房内で嫌味をたらたらと言う調理担当の店員の声が漏れてきて、どうにも居心地がよくなかった。

【住所】  横須賀市若松町2-30 モアーズシティ8F
【電話】  046-820-4551
【営業時間】11:00~22:00
        11:00~23:00(金曜) 
【定休日】 月曜、火曜 
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅の目立たない西口改札を出てすぐのモアーズシティの8階。
【駐車場】 なし(モアーズ駐車場あり)
【席数】  カウンター席、テーブル席不詳だが、多め。
【メニュー】鐵釜880円 特・鐵釜900円 醤・鐵釜900円
       ごうかいめん1,000円 ちゃーしゅーめん1,000円
       らーめん680円 半玉らーめん730円 とろ玉らーめん780円
       萌・鐵釜650円 高菜らーめん780円 辛めん850円
       わんたんめん880円 野菜らーめん850円
       特つけめん(普通麺)950円 つけめん(普通盛)800円
       特つけめん(小盛)850円 お子様らーめん400円
       ☆トッピング100円
        とろ玉 チャーシュー1枚 わんたん2個 角煮
        青ネギ きくらげ 白ネギ わかめ のり メンマ
        たかな もやし

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-12-30

横須賀中央 煮干らーめん平八

平成29年12月30日(土) 12:50訪問
煮干 煩悩落とし750円を食す。

今日と明日は晦日、大晦日限定で煮干煩悩落としという、1年の煩悩まみれを反省する契機になるかもしれないありがたいラーメンを提供してくれている煮干ラーメン専門店にやってきた。

今日のメニューはこれだけ。
s-DSC01529_201712301746073c5.jpg

一見して、全くメニューの意味がわからない。では、壁に貼られたこの表記ではどうだろう。
s-DSC01530_20171230174608d52.jpg

一条家元ご指導は、一条流がんこラーメンのことだとわかるにしても、煩悩落としの意味合いは予めブログを見ていたので、わかったのだが、この店に初めて来た人には何がなんだかさっぱりだろう。いつの間にか符牒的なメニュー表示が多いような気もする。気がついたらマニア度の高い店になっていた、ということになっていくのだろうか。

兎にも角にもカウンターに座って、いつものように中盛でお願いする。今日は店主と助手店員さんもいる。ちょうど、他の客にラーメンを提供しおえたところなので、さっそく俺のラーメンの調理開始。しばらくして、カウンターにのせられた。
s-DSC01531_20171230174609b3c.jpg

いつもながらだが、いやいつもより煮干出汁をストレートにストロングに感じる。ああ、まさしく食う煩悩そのものだ。いや、どうも意味が違うようだ。しかし、いつものことながら、最初にきつい煮干の印象がありながら、食っているうちにすぐに慣れてきて、どんどんうまくなるんだよなあ。それにしても、今日はスープが熱々だ。
s-DSC01532_201712301746118ea.jpg

やや濃い目のしっかりとした味付けの豚バラ肉。これはうまい。また違う種類のうまさが煩悩をかき立てる。
s-DSC01534_20171230174613e9e.jpg

柔らかくて癖のない鶏チャーシューに煩悩はやや落ち着く。
s-DSC01533_20171230174612773.jpg

適度な噛みごたえと肉のうまみがすばらしい、いつものチャーシュー。
s-DSC01535_2017123017461563c.jpg

今回のメニューは最初から味玉入り。少し甘みが強い。
s-DSC01536_2017123017461645f.jpg

いつものように完食。煩悩落としを最後の一滴まで飲み干して、またこのラーメン食いたいという煩悩が残った。でも、俺みたいな凡夫は、他の煩悩を消して、この一杯がうまいと思えることだけに絞れただけでもよい食事だった。
s-DSC01537_201712301746185b1.jpg

最後は店主に挨拶をして店を出た。
s-DSC01539_20171230174606307.jpg

【住所】  横須賀市米が浜通1-17
【電話】  046-823-3393
【営業時間】11:00~14:30 17:30~22:30
【定休日】 木曜日
【アクセス】電車で:京浜急行横須賀中央駅から徒歩10分弱。駅の左手改札を抜けると陸橋になっているので、駅を背に右前方の階段を下りる。直進し、米ヶ浜通入口交差点を右折。ミニストップの手前の狭い路地を右に入った左側。
マップコード 8 081 819*60
【駐車場】 なし



【席数】  カウンター5席 テーブル4人×1 2人×1
【メニュー】煮干Asphalt(アスファルト)  (別名:十代目荒炊煮干のニボ感強化した一杯) 780円
       鶏ダシで大量の煮干・を炊いた“ダシがどS”な一杯

      煮干そば ※あっさりダシ 650円
      強火で炊き込んだ“煮干100%”のダシ。煮干が全面に出ている一杯です。
       苦手な方はご遠慮を
       基本の味=醤油 塩もあります

      黒そば 醤油好きの方へ 750円
       ご注文したお客さんの7割に残念な思いをさせ、3割はこれしか注文しないという異色で危険。初心者進入禁止。
       醤油を三枚肉や香味野菜で煮詰めた“たまりダレ醤油”をタレにし、煮干しダシと合わせています。醤油がガツンと効いているダシです。

      煮干油そば 淡麗仕立て 750円 (油そばは汁なしです)  
       ※油そばは自家製煮干油・煮干タレと煮干し粉でマゼマゼした麺
         より濃厚にするなら卵黄50円か、自家製クリームチーズガーリックディップ添え100円
       ※麺量 並1.5玉 大盛2玉150円増し 少な目50円引き
 
      ◇トッピング
       全乗せ200円(焼豚ハーフ、煮玉子、海苔2枚)
       自家製煮玉子100円
       人気の燻製うずら玉1こ40円
       刻みネギ100円
       海苔5枚100円
       吊るし焼き燻製焼豚150円
       わかめ50円
       バラ海苔まみれ150円

      麺の量
       少な目 50円引
       並盛150g
       中盛190g0円 
       大盛300g200円
       追い玉150g150円 
        ※油そば的替玉

      麺のオカワリ
       煮干玉(温)150円 ハーフ100円
       冷や玉(冷)200円
       鉄砲玉セカンド クリームチーズヨーグルトソース&鰹節230円
       ハーフ130円

     メシをスープに吸収合併
      鉄砲メシ200円 秋刀魚メシ200円
      
       ライス100円
       おかかネギ丼150円
       自家製いりこダシ醤油をかけるネギとおかかを添えた 卵かけご飯200円
       ネギメカブ丼230円
       吊るし焼豚をのっけたチャーシュー丼350円 生卵のせ50円増
       ヒルメシタイム11:00~14:30 すべてのご飯メニューが50円引き
【店舗web】https://ameblo.jp/z-three/




theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター