--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-12-24

秦野 濃厚家秦野店

平成27年12月24日(木) 13:31訪問。
博多ラーメン790円を食す。

たまには、外で仕事をしたいな。というより、遠くに行ってみたい。いや、日帰りでいいんで、たまには目新しいエリアでラーメンを食いたいな。そんな願いがかなって、今日は秦野にやってきた。

あらかじめ、下調べして「麺屋哲」という店に行こうと思ってやってきた。しかし、水曜定休のはずが、今日は木曜日なのにシャッターが降りていた。残念。時間もないので、すぐそばの家系と名乗るラーメン屋にやってきた。駐車場が広いのがいい。
s-DSC07812.jpg

しかし、さっきまで、あっさり目のラーメンを予定していたので、家系みたいな重いラーメンは今日の気分ではない。うーん、どうしようかな、と思っていたら、期間限定、博多ラーメンがあった。これにしよう。替玉1回無料で付いてます。確かにボタンを押したら、食券が2枚出てきた。1枚は替玉用だ。
s-DSC07797.jpg

どうせ元気がいいだけの店員だろうと思ったら、案に反して、ていねい女性店員がホール係りで、はきはきしていて気持ちがいい。食券を渡したら、白と黒の選択肢があるそうだが、俺は白を選択した。さらに、無料の半ライスもお願いした。それにしてもこの書体、あまり好きになれないんだよな。
s-DSC07798.jpg

固さは普通で指定した。昼どきを少し過ぎたが、次々に客が入ってくるので、待ちも発生していた。混んでいるせいか、少し待って運ばれてきた。
s-DSC07801.jpg

続いて、半ライスが運ばれてきた。
s-DSC07803.jpg

スープは、家系の豚骨醤油とは違った濃厚さがあるものの、そう重くはないところがいい。
s-DSC07802.jpg

定石どおりの細ストレート麺。
s-DSC07804.jpg

ずるずる啜っているうちに、ライスが置き去りにされていることに気がついた。
s-DSC07800_2015122620504336f.jpg

ライスの食い方にしたがって、のりで巻いて食ってみる。博多ラーメンだけどね。
s-DSC07805.jpg

チャーシューの上に乗っている辛味噌はライスにつけてくってみた。
s-DSC07806_201512262050466a9.jpg

普通の博多ラーメンにはない背脂がごろごろ。
s-DSC07807.jpg

もしかして、時間がかかるかもしれないことを予想して、早めに替玉をお願いした。今度は固めで発注。予想どおり、少し時間があって運ばててきた。
s-DSC07808.jpg

ちょっと邪道かもしれないが、せっかくなので、無料の刻み玉ネギをのせてみた。合わないわけでもない。甘みがでるね。
s-DSC07809.jpg

さて、2玉めも余裕でつるっつるっと平らげて、終了。スープは残した。ライスは完食。えっ、どうやって食ったかって?それは内緒。
s-DSC07811.jpg

【住所】   秦野市平沢725-5
【電話】   0463-79-6501
【営業時間】 11:00~0:00
【定休日】 無休 
【アクセス】車で:国道246線を下り、堀川入口交差点を左折。少し進んで小田急線の線路の手前を左折して少し進んだ左側。


【駐車場】 店頭に17台分
【席数】  カウンター10席 テーブル4×2 テーブル2×2
【メニュー】ラーメン680円 ネギラーメン790円
      キムチラーメン790円 キャベツラーメン790円
      特製つけ麺790円 チャーシューメン900円
      デラックスラーメン990円 
      各種大盛110円 各種特盛210円

      期間限定メニュー 博多ラーメン790円
      チャーシュー220円 ネギ110円
      海苔110円 味玉110円
      濃厚チャーシューそぼろ30円

      キャベツ110円 ほうれん草110円
      キムチ 110円 レッドボール110円
      熱々餃子310円 熱々半餃子190円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-05-20

秦野 三渓園

平成26年5月20日(火) 11:36訪問。
ワンタンメン950円を食す。

秦野に出張。いろいろ迷ったが、小田原系のこの店に。こういう機会に思いきって来ないと、なかなか寄れない店だ。本当は、小田原系はチャーシューワンタンメンが基本だとは思うが、チャーシューメンっていう気分でなかったのと、「味とボリュームの店」の看板に躊躇してしまった。
s-DSC00831_201405231829378ef.jpg

この日は、クルマで訪れたのだが、店の前の道はやや狭い。初訪問なので、駐車場所を探しながら店の前に近づくと、もうこの道路を通るクルマはすべてこの店に来たクルマとばかりに、おもむろに店から出てきた女性店員がごく当たり前のように店の横に駐車するようジェスチャーで案内された。

店内はまだ店を開けたばかりのようで、先客はひとり。といっても身内のようだ。さきほどの女性店員に指示されたカウンターの隅に座った。カウンターは使い込まれている。
s-DSC00812_20140523182940ce0.jpg

しばらくして、ぽつりぽつりと客が入ってきて、席がどんどん埋まっていく。ひとり客は、カウンターへ案内される。ところで、この店の店主は、小田原の「味の大西」出身ということで、期待が高まる。その店主らしい男性が、厨房内で腕をふるう。しかし、この店主、あまり愛想のない。まっ、味がよければいいか。それにしても、麺固めで発注する客が目立った。伸びやすいのかな。

作り出してから5分で到着。
s-DSC00813_20140523185836747.jpg

いかにも、小田原系らしい外観。しかし、このドンブリ、大きい。確かにボリュームの点は、申し分なさそう。刻んだ水菜と青ネギが新鮮な印象だ。醤油の香りはあまりしない。かわりに少しだけ、豚骨の嫌な臭いが鼻をつくが、すぐに気にならなくなる。
s-DSC00814.jpg

スープは、熱々。醤油が前面に出すぎていないので、癖がなく飲みやすい。
s-DSC00817_20140523183027547.jpg

手打ちらーめんを謳うだけあって、ねじりのある微妙に幅の違う麺は、何とも食感がいい。この麺がスープと絡んで、いける。しかし、麺が多い。なかなか減らない。
s-DSC00819_2014052318302949d.jpg

見かけが小田原系のメンマは濃いめの色合いだが、ちょっと甘みが強いかな。
s-DSC00821.jpg

残念だったのは、チャーシュー。なぜ、カットする?
s-DSC00822_20140523183044ddd.jpg

ややパサついていて、固め。味もいまいち。チャーシューメンにしなくて、よかった。
s-DSC00823_20140523183046c26.jpg

次にやや残念なのは、ワンタン。何が残念かというと、味より、容姿。ゆですぎではないだろうか。麺の下の方にワンタンが沈んでいるのだが、掘り出すと、どれもこれも、皮がだらしなく崩れていく。味については、どこまで餃子っぽさがあるかだが、際立ってはいないが、餃子の味わいはある。
s-DSC00825_20140523183041a1e.jpg

それでも、上のはまだいい方で、中には餡が出てしまっているのもあり、興ざめ。
s-DSC00824_2014052318304753a.jpg

残念な点ばかりではなく、麺もスープもいけるものだが、それにしても結構なボリュームだった。悪くはない小田原系。でも、もうちっと醤油のキレがある方が俺は好きだな。ラードの効いたスープは熱々で、量も多く、完食ならず。かなり残した。
s-DSC00827.jpg

料金は後払い。出納も店主自ら行うようだ。千円札で50円のお釣り。決して、安価とはいえないが、常連が多いようで、次々客が入ってくる。チャーシューメンが人気みたいだ。
s-DSC00830_201405231933127b5.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★。

【住所】  秦野市尾尻952-18
【電話】  0463-80-2727
【営業時間】11:30~14:30 18:00~21:00
【定休日】 木曜日、第3水曜日
【アクセス】電車で:小田急線秦野駅下車徒歩10分くらい。南口に出て、駅を背に中央の通りを進み、さがみ信用金庫の先を左折。川を渡ったら、次の路地を右に入って進んだ左手。      
【駐車場】 隣地に1台分。店の前で停まると案内してくれる。
【席数】  カウンター6席、テーブル4人×2 2人×1

【メニュー】*しょうゆ味*
      ミニラーメン300円 半ラーメン600円
      ラーメン650円 
      中ラーメン800円 大ラーメン900円
      *ここからは麺大盛りは110円増し
      ワンタンメン950円 チャーシューメン1,050円
      チャーシューワンタンメン1,250円 
      にらラーメン850円
      にら玉ラーメン900円 キムチラーメン900円
      ねぎラーメン900円(辛口)
      からあげラーメン950円
      サンマーメン950円
      *みそ味*
      ねぎみそラーメン900円
      *塩味*
      タンメン950円
      五目ラーメン1,000円
      五目ワンタンメン1,250円
      
      *麺半分50円引き
2013-05-16

秦野 北海道味噌らーめん熊澤

白熊味噌らーめん750円
DSC03623.jpg


いろいろ紆余屈折があったようだが、今はこの秦野店のみ。13時過ぎに入店。先客はゼロ。味噌ラーメン専門店のようだが、醤油ラーメンもあった。食券自販機で基本かと思われる白熊並を選択した。この人が熊澤さんかと思われる男性店員と若そうな女性店員の2名体制。カウンターもあったが、空いているので、2名掛けのテーブル席に案内された。さっそく調理開始。厨房は仕切られているので、様子は見えない。



あまり待たずに到着。ドンブリの直径くらいの長いチャーシューが目をひく。スープは、コクのある奥行きのあるもので、唐辛子やゴマなどが浮いている。名前どおり白味噌の甘さと出汁の深みでうま味がたっぷりだ。
DSC03624.jpg



麺は平打ち麺ではないようだが、これはこれでうまい。
DSC03627.jpg



太くてうまい。メンマ。ちょっと少なめが残念だけど、新鮮なホウレン草。
DSC03628.jpg


最初からのっている玉子は、薄目の味付けそうだが、すっかりスープをすってしまった。
DSC03629.jpg



表面がかりっとしたチャーシューは、少し歯ごたえがある。
DSC03630.jpg



こってりのスープがなかなか後をひいて、止まらない。しかし、汗が噴き出てきて、こちらも止まらない。途中でスープは暑さに断念。少し残した。無化調がうれしい。
DSC03631.jpg


早朝からやっているみたいで、ラーメンのお得なセットがあったり、いろいろなメニューもあるみただけど、場所なのか、地域との相性なのかわからないが、いろいろメニュー展開も工夫しないと難しいのかな。だけじゃなくて、時間枠も工夫のようで、ぜひがんばってほしい。
DSC03633_20130520224348.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★☆。


【住所】   秦野市平沢1435
【電話】   0463-81-7278
【営業時間】 5:00~20:00(休憩14:30~17:30)
【定休日】  月曜日
【アクセス】 車で:国道246号線を下り、堀川入口交差点を左折し、しばらく進んだ右側。下田方面へ進んだ右側。
【駐車場】  10台
【席数】   カウンター3席 テーブル2席×2 座敷4人×2 2人×1

【メニュー】 白熊 小600円 並750円 大850円 味玉850円
       赤熊 小650円 並800円 大900円 味玉900円
       ベジ熊 小600円 並750円 大850円 味玉850円       
       ◇トッピング
        味玉子100円 メンマ100円 バター60円
        コーン60円 のり4枚100円
 チャーネギ250円 チャーネギ(辛)280円
        炙りチャーシュー(1枚)120円
        炙りチャーシュー(2枚)230円
        炙りチャーシュー(3枚)340円
       ラーメン大盛100円 
       半ライス100円 ライス150円 大ライス200円

【ホームページ】


theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-01-17

秦野 秦野流ラーメン&バー じぱんぐ

海老吟醸680円+半熟味玉100円
DSC02486.jpg


本日、秦野出張。粗く下調べしてから行った。秦野駅から歩ける距離だと思われるが、ビルの1階がテナントになっており、その一画にある店。駐車場は裏にある。同じビルにもう1軒、札幌ラーメンの、めんくらという店が入っており興味津々。しかし、初志貫徹。13時を少しまわった時刻に訪問。先客はグループで5名。お好きなカウンター席へといわれ、入口近くのカウンター席に腰をおろした。

続きを読む

theme : ラーメン
genre : グルメ

2012-11-07

東海大学前 麺や道楽

わんたんめん850円+味付け玉子100円
DSC01891.jpg

なぜ、わんたんめんを選んだかというと、前日に小田原系の店をいろいろと調べていて、しかも飲酒いながらだったせいか、自分でも知らないうちに無意識層にワンタン麺がすり込まれていたようだ。メニューをみて、躊躇せず発注していた。訪問店は決まっていたので、カーナビの案内にしたがって、順調に到着した。

続きを読む

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。