--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016-09-19

三崎口 麺屋 岡一

平成28年9月19日(月) 11:39訪問。
とんこつらーめん(並)680円を食す。

所用にて、近くまで来たので、訪ねてみた。この店は日曜定休なので、なかなか訪れることができなかったが、今日敬老の日は開いていた。移転後、初訪問。

しまった、店の写真を撮り忘れた。

カウンターとテーブル席があり、カウンターには5名の客。テーブルには3名の客と、昼前だがにぎわっている。俺は水を汲んで、空いているカウンター席に腰をおろした。女性店員に食券を渡すと、「お好みはありますか?」、天気がどんよりとしているせいかな、何となく油少な目をお願いした。他に厨房で調理をする男性店員が1名。
s-DSC09967.jpg

トイレの脇にあった手洗い。
s-DSC09968.jpg

トイレから帰ってしばらくしたら、俺のラーメンがカウンターにのせられた。麺がまったくみえないくらいスープが入っている。これはめずらしい。
s-DSC09969.jpg

スープは、今回は油少な目にしたせいもあってか、やや醤油のキレが目立つものの、全体的にマイルド。しかし、甘すぎず、薄すぎない味。難をいえば、奥行きがなく、とかく単調がち感じる。
s-DSC09970.jpg

ちと早いが、さっそくカウンターの上の調味料を加えてみた。残念ながら、ショウガはない。ゴマに揚げネギ。と思ったら、ネギではなさそうだ。そいえばう、この店の店主の元々の勤め先のあの店に置いてあるのと同じ揚げエシャーロットだ。
s-DSC09971.jpg

表面がつるっとした四角い断面の短めの麺は柔らかすぎないちょうどいい茹で加減だ。
s-DSC09972.jpg

チャーシューは厚めのものが2枚のっている。味つけも具合がいい。
s-DSC09973.jpg

麺を先に食い進んだのと、スープが多くて、後半飽きてしまい、結局、食いきれなかった。
s-DSC09974.jpg

次々と客が入ってきて、なかなかの繁盛ぶり。それにもかかわらず、店頭の駐車場が空いていたのは、駐車して初めてわかった。

【住所】  三浦市初声町入江207-5
【電話】  046-845-9993
【営業時間】11:00~14:30 17:00 - 21:30
【定休日】 日曜日
【アクセス】車で:横浜横須賀道路衣笠インター経由で三浦縦貫道路を通り、終点の交差点を左折。あとは国道134号線をひたすら下り、三浦臨海高校入口交差点を過ぎた右側。


駐車場】 店前に3台分
【席数】  カウンター4席、6席 テーブル4人×3
【メニュー】とんこつらーめん(並)680円 とんこつらーめん(中)780円
      とんこつらーめん(大)880円 とんこつらーめん(ハーフ)580円
      和風とんこつ(並)780円 和風とんこつ(中)880円
      和風とんこつ(大)980円 和風とんこつ(ハーフ)680円
      辛とんこつ(並)830円 辛とんこつ(中)930円
      辛とんこつ(大)1,030円 辛とんこつ(ハーフ)730円
      みそとんこつ(並)780円 みそとんこつ(中)880円
      みそとんこつ(大)980円 みそとんこつ(ハーフ)680円
      豚脂とんこつ(並)730円 豚脂とんこつ(中)830円
      豚脂とんこつ(大)930円 豚脂とんこつ(ハーフ)630円
      魚介つけ麺(並)780円 魚介つけめん(中)830円
      魚介つけ麺(大)880円 魚介つけ麺(ハーフ)730円
      辛つけ麺(並)830円 辛つけ麺(中)880円
      辛つけ麺(大)930円 辛つけ麺(ハーフ)780円

      餃子(5ケ)350円 とんとろ250円 チャーシュー200円
      辛みネギ200円 岩のり150円
      のり100円 味付け玉子100円
      ほうれん草100円 きゃべつ100円
      バター100円 わかめ50円

      ライス(小)80円 ライス(中)120円
      ネギチャーシュー丼(ミニ)250円
      ネギチャーシュー丼300円
      炙りチャーシュー丼300円

【店舗web】https://www.facebook.com/%E9%BA%BA%E5%B1%8B-%E5%B2%A1%E4%B8%80-475048829217631/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-08-11

三崎口 三崎港ラーメン

平成27年8月11日(火) 12:17訪問。
(オープン)限定ラーメン300円+味玉100円を食す。

s-DSC06482.jpg

昨日から仕事に行っていない。普段できないことをあれこれと詰めがちになってしまってのんびりというわけにはいかないが、ともかくも夏休み。そんな今日は三崎港にやってきた。昨日8月10日にオープンしたばかりのラーメン店だ。船の向こうに店の看板が見える。
s-DSC06480.jpg

しかし、海側は店の裏で、看板があるだけなので、反対側に回ると店の正面だ。こっちは立派な店構え。開店2日目で地元客が中心のようだが、5名ほどが並んでいた。なかなかの人気のようだ。
s-DSC06484.jpg

5分程待って、揃いの黒いTシャツを着た若い男性店員が店内に迎え入れてくれた。今日は開店記念でメニューは1種類のみ。ピンクの限定ラーメンのボタンを押してください、という店員の案内にしたがって食券を購入して、カウンター席に着いた。
s-DSC06486.jpg

食券を渡すと、醤油か塩の選択や好みをきかれた。醤油味ですべて普通で、お願いした。家系もどきなのかな。
s-DSC06496.jpg

ライスとのりのおすすめや卓上調味料のオススメなど、親切な案内もある。
s-DSC06487.jpg

やがて提供されたのがこのラーメン。ドンブリのデザインが凝っている。ちょうど、鯉が泳いでいるかのようなスープの具合が見事。
s-DSC06488.jpg

横から見ると、背の高いドンブリだ。ちなみにこのドンブリは、店のWebによると以下のような凝ったもの。「澤田痴陶人の代表作品の遊鯉を使った伊万里焼どんぶり。三崎港ラーメンのために佐賀県の窯元で澤田痴陶人のデザインを中心として作陶している工房である、伊万里陶苑まで足を運び製作しました。」
s-DSC06492.jpg

スープは濃厚なとんこつ醤油。雑味はなく、とんこつのうまみが凝縮されているが、やや甘みが強く、しつこい感じもする。
s-DSC06490.jpg

麺は中太のストレート麺。またまた店のwebからの引用。「麺は、横浜家系ラーメン用の麺を採用、独特な切断方式で切られた麺は、スープとよく絡み、ラーメンの香りと共に味わえる一品となってます」。
s-DSC06491.jpg

途中でいろいろ入れてみた。ゴマ、ニンニク、刻みしょうが。
s-DSC06494.jpg

オリジナル刻み生姜。甘酢の具合がちょうどよくて、うまかった。隣の客はライスにのせて食っていた。その手もあるな。
s-DSC06493.jpg

少し固めの半熟玉子。味付はちょうどいい。
s-DSC06495.jpg

あっけなく食い終えて完食。ごちそうさま。
s-DSC06497.jpg

外の行列はなくなったけど、まだまだ客が入ってくる。店内には6名の店員がフル稼働。この辺りはまぐろラーメンが有名だけど、ラーメン専門店としてはおそらく唯一。今後が楽しみだ。
s-DSC06499.jpg
今日はサービスメニューしかなかったので、今度はほかのメニューも試してみたい。この店のまた来たい(期待)度は、★★★。


【住所】  三浦市三崎3-3-3
【電話】  046-854-9851
【営業時間】11:30~15:00 18:00~1:00
【定休日】 水曜日(繁忙期は無休)
【アクセス】車で:国道134号線を経由して、引橋交差点から県道26号線を通り、三崎港をめざす。海が目の前に見えてきたら、信号手前を左折。右側は交番。ロータリーになっているが、右の方には進まず、左の一方通行路に入り、すぐ右側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター15席 テーブル4人×4
【メニュー】特製 濃厚魚介とんこつラーメン1,000円
      濃厚魚介とんこつラーメン800円
      特製 魚介だしあっさり中華そば(醤油or塩)950円
      魚介だしあっさり中華そば(醤油or塩)750円
      特製 とんこつラーメン(醤油or塩)900円
      とんこつラーメン(醤油or塩)700円
      特製 濃厚煮干しラーメン950円
      濃厚煮干しラーメン750円 
      特製辛辛とんこつラーメン1,000円
      辛辛とんこつラーメン800円 
      特製 味噌バターコーンラーメン1,100円
      味噌とんこつラーメン900円
      特製 濃厚魚介とんこつつけ麺1,080円
      濃厚魚介つけ麺880円
      つけ麺中盛300g50円  つけ麺大盛400g100円
      つけ麺特盛500g150円
      ラーメン大盛100円
      チャーシュー増し350円 味玉100円 生のり100円
      もやキャベ200円 ほうれんそう増し200円
      ネギチャ丼350円 温玉丼300円
      ライス150円 小ライス100円

      特製 棒ギョーザ500円 ギョーザ5個300円

【ホームページ】http://www.asobigasaki.com/ramen/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-07-14

三崎口 らーめん彦十

平成27年7月14日(火) 12:20訪問。
Aセット(らーめん+半炒飯)800円を食す。

今日は岬めぐりならぬ三崎めぐりにやってきた。といってもバスではなく、クルマ。しかも仕事。雲ひとつない青い空と、広がる畑の緑。波が高いけど、青い海。せめて気分だけでも旅のようで、十分しあわせだ。午前中にひと仕事終えて、時間に余裕もあるし、せっかくだから、油壷の未訪問のこの店で昼食をとることにした。
s-DSC06183.jpg

油壷をめざして進むと、脇道に入ったところにある。この小さな看板が目印だ。
s-DSC06188.jpg

住宅街の中にあって、いかにも地元密着の落ち着いた構えの店だ。店内に入ると、先客は6名。テーブル席と座敷席がある。俺はひとり客なので、カウンター席に座った。メニューを見ると麺類や定食、丼物のほかに、黒板に書かれた本日のメニューなどもある。さて、ここは素直にラーメンと半チャーハンのセットにしてみた。ホール係らしい女性店員に口頭で発注した。
s-DSC06166.jpg

俺の座ったカウンター席からは厨房がよく見えて、家族経営なのかな、お父さんがもっぱら中華鍋担当。さっそく油を引いて、チャーハンを作りはじめた。お母さんは皿洗い担当。お嬢さんなかな、女性店員が麺の担当。底の平らな深ざるで湯切りをして、出来上がり。お盆にのせられて、カウンター越しに女性店員が素敵な笑顔とともに提供してくれた。
s-DSC06168.jpg

では、ラーメンからいただくことにしよう。
s-DSC06169.jpg

澄んだ醤油色のスープは見た目どおりの味わい。鶏ガラ出汁に煮干しの風味も感じる。やさしい味わいだ。
s-DSC06180.jpg

少しゆるめの茹で加減の麺もやさしく感じてしまう。
s-DSC06173.jpg

続いて、チャーハン。きれいに盛り付けられている。紅ショウガのるのも、いかにもな感じでいいね。
s-DSC06175.jpg

具材と飯がよく混ざり合っていて、べとついておらず、よく噛んでも、軽く噛んでもよい味加減。濃すぎず、薄すぎず。俺にはこのくらいの量がちょうどいい。
s-DSC06177.jpg

つい、チャーハンに手が伸びてしまったが、再びラーメンだ。チャーシューは、平凡だけど臭みや雑味がなく普通にうまかった。
s-DSC06179.jpg

最後はちょっとがんばって、すべて完食。それにしても厨房は暑そうだ。感謝して、ごちそうさま。
s-DSC06182.jpg

暑いといえば、となりに座っていた女性客のサンマーメン。失礼ながら、制服の様子などから炎天下でがんばる方と拝見した。それでも、サンマーメンを選択するには理由があるのだろう。昼時なので、ぽつりぽつりと客が入ってくる。クルマも人もあまり通らない一本奥に入った落ち着いた雰囲気の店。清潔感があって、居心地のよい店だった。
s-DSC06165.jpg

【住所】  三浦市三崎町小網代1368
【電話】  046-882-3434
【営業時間】11:00~14:00 17:00~21:00
【定休日】 毎週月曜日・第三月曜日・火曜日 
【アクセス】車で:横浜横須賀道路衣笠インターから三浦縦貫道にのり、国道134号線出口を左折し、直進。ひたすら道なりに進み、引橋交差点を直進。さらに進んで、油壷入口交差点を右折。道なりに進んで、注意してると、右に入る手前に店の小さな看板あり。


【駐車場】 店頭
【席数】カウンター4席 テーブル4席×2 座敷6人×2  

【メニュー】◎麺類
      ラーメン550円 塩ラーメン550円
      しなちくラーメン700円 野菜ラーメン700円
      チャーシューメン800円 チャーシューワンタン麺950円
      味噌ラーメン700円 味噌チャーシューメン900円
      辛味噌ラーメン750円 辛味噌ねぎラーメン800円 
      ねぎラーメン700円 ねぎ味噌ラーメン750円
      ワンタン650円 ワンタンめん650円
      たんめん700円 もやしそば650円
      サンラータンメン750円 サンマーメン750円
      やきそば650円 かたやきそば750円
      和風つけめん700円 辛味つけめん850円
      冷やし中華【夏季限定】800円
      ◎サービスメニュー
      Aセット(らーめん+半炒飯)800円
      Bセット(らーめん+半カレー)800円
      ◎御飯類
      チャーハン650円 中華丼700円
      レバニラ炒め定食850円 回鍋肉定食900円
      チンジャオロウス定食950円 肉野菜いため定食750円
      焼肉定食750円 しょうが焼き定食800円
      ホルモン焼き定食900円 ミックスフライ定食750円
      あじフライ定食750円 とんかつライス800円
      かつ煮定食850円 カレーライス650円
      かつカレーライス900円 かつ丼850円
      玉丼650円 肉玉丼750円
      焼肉丼750円 半チャーハン350円
      半カレーライス350円 餃子ライス550円
      ◎一品料理
      餃子350円 チャーシュー盛合わせ500円
      チャーシューめんま550円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-05-22

三崎口 牡丹

平成27年5月22日(金) 13:37訪問。
まぐろラーメン850円を食す。

岬めぐりにやってきた。新緑が気持ちいい。そして三崎港だ。海の生々しい磯の香りが、生の荒々しさを呼び覚ますようだ。
s-DSC05483.jpg

そして、三崎港といえば、なぜかマグロ。横須賀といえばカレーみたいな符牒だが、実は近いのに未食だったマグロラーメンを食おうとやってきたのだ。平日の昼下がりは、観光客も少なく、のんびりとしている。そんな中、商店街の一画に行列店を発見。
s-DSC05501.jpg

魚屋で魚を選んでさばいてもらえるらしい。それは、新鮮このうえない。
s-DSC05500.jpg

しかし、俺の目当てはここではない。まぐろラーメンだ。今回もあまり下調べせずに、何となくの記憶を頼りにこの店を訪れた。年季の入った看板。一体、何に気を遣って、貼り紙をしてあるのか、隠せば隠すほど気になる。しかし、余計な詮索は野暮ってことで。
s-DSC05499.jpg

そして、お目当てのまぐろラーメン。しかし、待てよ。まぐろ漬けラーメンというのも同価格で気になる。迷ったときは、上だな。
s-DSC05484.jpg

観光地と言っても平日のランチタイムを過ぎている時間なので、先客は1名のみ。おタバコをお吸いになっていたので、嫌煙して、め一杯なはれたカウンター席に腰をおろした。家族経営かな。店主が鍋をふるい、奥さんらしき女性が補助。途中から関係は分からないが、男性店員も登場。年月の経過を感じさせる店の造りは、昔ながらの中華料理店という印象だ。
s-DSC05489.jpg

ラーメン店ではなく、中華料理店なので、ふかひれスープを筆頭に種類は豊富だ。
s-DSC05486.jpg

注文を告げると、さっそく調理開始。麺を茹でながら、中華鍋で炒める作業も開始。別の中華鍋で温めたスープをドンブリに注いで、平ざるで、手際よく麺を湯きりしてドンブリにあける。ここで、おもむろにネギを中華包丁で切り始めた。麺は伸びないのか、大丈夫か。そのあと、中華鍋から具材を麺の上にのせ、さらにさきほどの刻んだネギをのせて完成。なるほど、ネギの新鮮さにこだわっていたらしい。
s-DSC05490.jpg

真上から見ると、クリアなスープに餡かけになった具材がのり、さらにネギがのる。中華料理としての見た目は、さほどきれいでもなく、食欲をそそるわけでもないのだが、案外食ってみると、意外にうまい、というのが、この手の料理の常套なので、侮れない。
s-DSC05491.jpg

スープにもマグロが使われているかわからないが、さっぱりとした風合いのうま味にラードの風味が効いている。
s-DSC05492.jpg

麺は、中華料理店ではオーソドックスな感じのもので、細くてやや縮れている。麺をスープに入れてから、ネギを切っていたので、のびていないか、心配したのだけど、そんなことはなかった。むしろ、作り置きでないネギが新鮮でよかった。
s-DSC05494.jpg

そして、上にかかった餡かけはマグロの角切りがたくさん。椎茸も入っている。味付は濃いめかと思いきや、意外とさっぱりしていた。そして、量も多めだった。これだけ、入っていると、じゅうぶん堪能できるのだが、残念ながら麺を食い終えるころには、マグロだけがゴロゴロと残っており、最後は残ったマグロの角切りを味わうという食い方になってしまった。
s-DSC05495.jpg

たまには、こういうのもおもしろい。観光気分を味わいながら、まぐろラーメンを平らげた。ごちそうさま。
s-DSC05497.jpg

と、いつの間にか厨房には誰もいない。後ろのテーブルで話し声がするので、見たら、店員みなさんで食事中。なんか、のどかでいいなあ。食事中だが、失礼して会計をすませて外に出た。
s-DSC05498.jpg
では、のんびり買物でもしていこうか。ふと、時計を見たら、もうこんな時間か。おっと、いけねえ。これから仕事だ。

【住所】   三浦市三崎3-4-10
【電話】   046-881-3420
【営業時間】 [月~水]11:00~23:00[金・土・日]11:00~翌2:00
【定休日】  木曜日
【アクセス】車で:国道134号線を経由して、引橋交差点から県道26号線を通り、三崎港をめざす。海が目の前に見えてきたら、信号手前を左折。右側は交番。ロータリーになっているが、右の方には進まず、左に入る一方通行路に入り直進し、左からの道路ある三崎公園という信号を左折。少し進んだ右に入る一方通行路を入って、直進し、T字交差点先の右側に店舗。その少し手前左側に駐車場。

【駐車場】 店前に共同駐車場
【席数】  カウンター4席 テーブル4人×2
【メニュー】エビのつゆそば800円 とりのつゆそば800円
      サンマーメン800円 五目うま煮つゆそば800円
      五目そば800円 チャーシューメン800円
      ラーメン550円 タンメン850円
      ワンタンメン720円 チャーシューワンタンメン850円
      ワンタン550円 テンシンメン800円
      ネギそば800円 鮪ラーメン850円
      フカヒレメン1,500円
      ラーメン+チャーハンセット900円
      ごはん250円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2012-08-19

三浦海岸 豚骨ラーメン 花家

醤油ラーメン650円+味玉100円
DSC01229.jpg

三浦海岸駅から海岸に向かう道に昨年開店した店。今日も暑く、歩いているだけで汗が出てくる。お盆を過ぎても、海水浴客は結構いて、海岸は賑わっていた。駅前からの人通りも、海に遊びに来たであろう人たちがほとんど。店舗は駅前通りに面したこじんまりとした店構えだ。

店にはいると、入口はさほど広くないが、奥行きはあり、テーブル席もある。入口横に食券自販機が設置され、反対側の壁に向いて、カウンター席が並び、店奥に厨房があり、ドンブリを出すための開口部が設けられている。

先客は3名。人手不足なのか、食い終わったドンブリがカウンターに置き去りになっている。いずれ、片づけるにしても、人が食ったドンブリがそのままになっていたりすると、あまり気分のいいものではない。店員は厨房にいるほかに見あたらなかったので、ひとまず食券を置くと、好みをきかれたので、普通にしておいた。

節電のせいか、あまり冷房は効いていない。12時を少し回った時間だが、ぽつぽつ客は入ってくる。先客の2名と俺のラーメンが同じタイミングで出来上がったようだ。深ざる使用で、まあまあ丁寧そうな調理のようすだ。店員は調理中の男性だけかと思っていたら、もう1名、バイトらしき男性店員がラーメンを運んできた。

見るからにクリーミーなスープは、いかにもという、見た目どおりの甘みの強い豚骨味。とろみもあり、それなりに濃厚。これならと、ブラックペッパー、きざみショウガ、おろしニンニクを入れてみたが、味わいは悪くない。麺は角断面の中太麺。標準で、固めの茹で具合で、いい歯ごたえだ。

チャーシューは、柔らかく、崩れやすいものが1枚。これも悪くない。ほうれん草もまあ新鮮な方だと思う。海苔もまあまあ。総じて、マイルドで力強い一杯。食い進むうちに汗が出てくる。ティッシュペーパーは見あたらなかった。水をセルフでお代わりして、スープまで飲み干し、完食。
DSC01231.jpg

気になったのは、いまいち店員が覇気がないところ。そういうスタイルなのかな。やたら家系とこだわった貼り紙があるのも気になる。横浜家系と掲げているが、町田商店の系統らしい。醤油だけでなく、塩、味噌まである多展開ぶりも何となく、今どきの自称家系らしい。

しかし、暑さのせいか、すごく大切なことを忘れていたことに家に帰ってから気がついた。味玉がなかった。確かに食券はラーメンと味玉の2枚分を置いたのに。これって、スープまで平らげておいて、まったく気がつかなかった俺の責任だな、やっぱり。もう大体、先入観でこんなラーメンが来ると思っていて、そこで味玉がのっていないことに全く違和感を覚えなかったのが、敗因だ。あーあ。

DSC01233.jpg

【住所】  三浦市南下浦町上宮田3374-1
【電話】  046-889-1444
【時間】  11:30~2:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:京浜急行三浦海岸駅より徒歩5分くらい。駅前の大きな通りを海の方向に進んだ左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席 テーブル6席、テーブル2席

【メニュー】醤油ラーメン650円 醤油スペシャル850円 醤油チャーシュー900円
      塩ラーメン650円 塩スペシャル850円 塩チャーシュー900円
      味噌ラーメン650円 味噌スペシャル850円 味噌チャーシュー900円
      つけ麺750円 つけ麺スペシャル950円
      ◇トッピング
      味玉100円 ほうれん草100円 のり増し100円 万能ネギ100円
      ワカメ100円 メンマ150円 もやし、キャベツ200円 味付けネギ200円
     
      中盛100円 大盛200円 ライス150円 餃子350円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。