2017-06-11

茗荷谷 生粋 花のれん

平成29年6月11日(日) 12:02訪問
旨み鶏だし特製・醤油1,000円を食す。

今日は年に一度の趣味の検定試験。試験会場の大学の最寄りの茗荷谷駅の近くにある人気のこの店を訪問。
s-DSC02023_2017071609081400b.jpg

開店雨に通りかかったきには誰もいなかったのに、先に会場の下見をして開店直後に訪れたら、店内は満員で外で待つ羽目になった。やはり開店前から並んでおけばよかった。
s-DSC02024_20170716090815368.jpg

ようやく案内されたと思ったら、まずは食券を買って再び店の外で待つシステムだ。なんにしようかな、と悩むこともなくいちばん左上のメニューを選択した。
s-DSC02025_20170716090819dff.jpg

ようやく店内に通され、壁に向いたカウンター席に案内された。狭いながらも洒落た造りになっている。それぞれにランチョンマットが用意されている。
s-DSC02026_20170716090817752.jpg

そして、またしばらく待って、後の客とまとめて俺のラーメンが運ばれてきた。生ハムみたいなチャーシューがめずらしい。意外とスープに油が多めだ。まあ、見た目だけじゃわからないけど。
s-DSC02027.jpg

ではスープから。鶏の出汁中心なのだが、見た目にそぐわず優しい味わいで、出汁と醤油の一体感で醤油味の幅が拡張されたかのようなうまみが広がる。その醤油味が何ともいい。丸みがあって奥行きがある。しかも、品がいい。これは確かにうまい。しかも無添加なのがうれしい。
s-DSC02028_20170716093757311.jpg

麺は平たいストレート麺で、しっかりとした弾力とコシがある。この麺もまた品がいい。
s-DSC02029.jpg

メンマは歯ごたえのしっかりしたもの。
s-DSC02031.jpg

チャーシューはなんと3種。スープに潜んださいころ。
s-DSC02032_201707160938026e5.jpg

小っちゃいけど上質。バラ肉。
s-DSC02034_2017071609464726d.jpg

そして、ほとんど生ハムみたいにしっとりとした食感のレアあnチャーシュー。これは、小躍りしたくなるほどうまい。
s-DSC02030_201707160937596ad.jpg

玉子もよか具合です。
s-DSC02035_20170716094648227.jpg

なくなってしまうのが惜しいくらい楽しんで食って気がついたら、ドンブリにスープなし。ごちそうさまでした。いやあ、ラーメンって本当にうまいなあ、って思えた一杯。優しくて、うまくってすばらしかった。
s-DSC02036.jpg

しかし、うまいものを求める人は多い。店を出たら、この行列。これからもっと延びそうだ。
s-DSC02037_20170716094830556.jpg

【住所】  東京都文京区大塚3-5-4 茗荷谷ハイツ 1F
【電話】  03-5981-5592
【営業時間】[月・火・水・金・土]11:30~21:00 [日・祝]11:30~20:00
平日11:00~2:00
【定休日】 年中無休
【アクセス】電車で:東京メトロ丸ノ内線「茗荷谷」駅より、徒歩約5分。茗荷谷駅1番出口を出て、目の前の国道254号線を横断し、左へ進んだ道沿い。
【駐車場】 なし


【席数】  カウンター6席、テーブル2人×3
【メニュー】旨み鶏だし特製・醤油1,000円
      旨み鶏だしチャーシュー・醤油1,100円
      旨み鶏だし味玉・醤油900円
      旨み鶏だし醤油800円
      旨み鶏だし特製・塩1,000円
      旨み鶏だしチャーシュー・塩1,100円
      旨み鶏だし味玉・塩900円
      旨み鶏だし塩800円

      季節の温野菜(自家製ドレッシング付)200円
      やまと豚チャーシュー2種盛り300円
      福岡県産刻み竹の子150円
      とろり味玉有機醤油仕込み100円
      兵庫県産焼きのリ(5枚)100円
      ねぎ2種盛り(千住葱+九条葱)100円

      やまと豚のちゃーしゅーレタス炒飯350円
      旬の味わい炊き込みごはん200円
      やまと豚の炙りチャーシューごはん300円
      発芽玄米入り白ごはん150円
      発芽玄米入り白ごはん(小)100円

      健康しあわせセット(温野菜+炊き込みごはん)350円
      よくばり満腹セット(温野菜+チャーシューごはん)450円

【店舗web】https://twitter.com/kissuihananoren
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-24

浜松町 麺屋武蔵 浜松町店

平成29年5月24日(水) 13:39訪問
濃厚つけ麺900円を食す。

今日は久しぶりに浜松町。この後、大井で営業して、夜はお楽しみのいわし料理の店を訪ねようと思っている。あまり時間がなく、どこに行こうかなと駅を出てうろうろしたら、すぐにこの店を発見。前からあったかな。
s-DSC01875_20170708230358609.jpg

店は駅前の大きな通りから少し引っ込んだところにあるが、看板が大きくて見やすい。

今まで見たことのないイラスト入りの赤い色の自販機。ちょっと迷って、左側のボタンから濃厚つけ麺を選択。千円札を入れてお釣りが出てこないのはいやだけど、足りないのはもっと嫌だ。
s-DSC01876_20170708230400d3a.jpg

カウンター席に案内された。麺の量が並、中、大と選べるが、この後の予定もあるし、それに時間もあまりないし、中にしておいた。テーブルの上のティッシュペーパーのケースや箸入れ、楊枝さしなど絵柄が統一されていて凝っている。それに勤め人が多いエリアのせいか、店員が威勢よくて活気ある。何より清潔感があるのがいい。
s-DSC01877_20170708230401f66.jpg

つけ麺はやや時間がかかって提供された。麺には具はのらずつけスープの方に具が沈んでいると思われる。
s-DSC01878_20170708230402c12.jpg

重みのあるつけスープに浸して啜ると、久しぶりに食いでのあるつけ麺と出会った感がある。豚骨の出汁もさることながら、魚介の風味が強く、後を引くうまさ。それにぷるぷるの太麺が合わさって、食うというより挑むという具合か。まさに麺屋、武蔵。
s-DSC01879_20170708230404776.jpg

器の底に小さく切られたチャーシューが沈んでいた。まあ普通の味。
s-DSC01880_2017070909170997d.jpg

スープ割りはポットに入っているので、セルフサービスで。
s-DSC01881.jpg

ちょっとあっさり目になったけど、まだ濃厚な味。
s-DSC01882.jpg

結局、スープは残してしまった。ありがちなつけ麺のようでもあるけど、値段意外は満足。
s-DSC01883_20170709091709cb0.jpg

そして、この後は楽しいひと時が待っていると思うと心も躍る。急がなくっちゃ。

【住所】  東京都港区浜松町1-29-6 浜松町セントラルビル1階
【電話】  03-5472-3634
【営業時間】11:15~22:15
【定休日】  無休
【アクセス】電車で:JR山手線浜松町徒歩1分。北口改札を出たら、左に出る。左手に世界貿易センタービルを見ながら、世界貿易センタービル前交差点を横断して左に進んだ道なり。店は奥に引っ込んでいる。
【駐車場】 なし


【席数】  
【メニュー】濃厚武蔵つけ麺1,200円 濃厚つけ麺900円
      濃厚味玉つけ麺1,000円 濃厚味玉チャーシューつけ麺1,500円
      武蔵つけ麺1,150円 つけ麺850円
      味玉つけ麺950円 味玉チャーシューつけ麺1,450円
      浜辛武蔵つけ麺1200円 浜辛つけ麺900円
      浜辛味玉つけ麺1,000円 浜辛味玉チャーシューつけ麺1,500円
      武蔵ら~麺1,150円 ら~麺850円
      味玉ら~麺950円 味玉チャーシュー麺1,450円

      (追加)味玉100円 (追加)メンマ150円
      (追加)角煮300円 (追加)チャーシュー100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-23

栗平 熊大路

平成29年5月23日(火) 12:54訪問
みそラーメン650円を食す。

昨日に引き続き川崎北部で仕事。しかし、ぼーっと運転していたら、いつの間にか隣の稲城市に入っていた。しかも、少し以前は山林だったのことが容易に想像できる、新興住宅地で、いったいここはどこなのかよくわからない。
腹が減ったと思った途端に、現れたラーメン屋。昔ながらの店がまえは、当たりかはずれか。とにかく入ってみよう。
s-DSC01872_201707082151408cc.jpg

店の後ろにある駐車場は思いのほか広い。

店に入ると、店内も昔ながらの内装で、カウンターとテーブル席が並んでいる。メインはみそかな.。
s-DSC01867_201707082151421fb.jpg

先客はなし。店主らしき男性に口頭でみそラーメンを発注し、カウンター席についた。食っていいのか悪いのかよくわからないゆで玉子がざるに大盛りに盛られている。何となく、昔のどさん子チェーンを思い出す。水はセルフではなく、きちんと出してくれた。
s-DSC01868_20170708215143db7.jpg

さて、麺茹では大きな鍋でゆっくり麺を泳がせて、平ざるで湯切り。このあたりの調理は好ましい。そしてできあがり。具はもやしとコーンだけ。うーん。
s-DSC01869_20170708215144ddc.jpg

では、スープ。ううん。化調がぁ。独特のラードの味が慣れるまでに時間がかかる。そして、スープにコクがない。人工的なうま味はあるのが、わざとらしくて好きになれない。待てよ、どこかで食った記憶があるぞ。つらつら考えて、これは袋麺のサッポロ一番みそラーメンがいちばん近い。
s-DSC01870_201707082151466f6.jpg

では、気分を変えて麺はどうかな。確かに手打ち風の平打ち縮れ麺だ。しかし、ねちゃっとした感触が何とも気になる。気にしなければいいのだろうが。
s-DSC01871_20170708222029063.jpg

まあ他の札幌を名のる店でもあるのだが、具がほぼもやしだけという淋しさだけにスープと麺が合わなかったのは残念、昔のみそラーメンはこんなものだったのかなあ。それとも、みそでなくしょうゆが正解だったのかな。
s-DSC01873_201707082220319a2.jpg


【住所】  東京都稲城市平尾1185
【電話】  042-331-1805
【営業時間】
【定休日】  
【アクセス】車で:県道3号世田谷町田線を町田方面に向かい、麻生警察署前交差点を左折。直進してしばらく進んだ左側。
【駐車場】 店裏手に多数。


【席数】  カウンター10席 テーブル4人×2

【メニュー】ラーメン650円
       みそ にんにく しょうゆ しお
      チャーシューメン900円
       みそ にんにく しょうゆ しお
      ワカメラーメン750円
       みそ にんにく しょうゆ しお
      とろろ昆布ラーメン750円
       みそ にんにく しょうゆ しお
      じゃんぼラーメン1,000円
       みそ にんにく しょうゆ しお
      つけめん750円
       みそ にんにく しょうゆ しお
      冷しつけめん800円
       みそ にんにく しょうゆ しお
      カレーらぁめん650円
      大盛100円
      コーン50円 バター50円 ニンニク50円
       みそ にんにく しょうゆ しお

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-11-28

浜松町 江戸前つけ麺サスケ

平成28年11月28日(月) 13:55訪問。
江戸前つけ麺 中830円を食す。

浜松町に出張。遅めの昼食は手っ取り早く世界貿易センタービルの中のこの店でとるjことにした。
s-DSC00697_201612052019160a7.jpg

つけ麺と中華そば。ここは、店名にもあるとおり、やはりつけ麺だ。さらに店名にもなっている、○に濃の江戸前つけ麺にする。並盛も中盛も同じ値段なのがうれしい。迷わず、中盛を選択。以上を店頭のポスターで確認して、食券自販機で食券を購入する。
s-DSC00698_20161205201758441.jpg

店内は厨房に面したカウンター席のみ。食券を購入し終わると、すぐに席を案内してくれる、こういう気遣いが、うれしい。

カウンター席に着くと、ガーンと心の鐘が鳴った。当店のつけ麺の麺は「特注麺」を使用しています。そのため茹で時間に8分程度いただきます、って急いでいるときに限って、こうなんだよな。
s-DSC00699_20161205201800021.jpg

でも、実際は8分もかからずにカウンターに提供された。前の客が少なくてタイミングがよかったみたいだ。つるつる麺にネギが浮いたつけ汁がうまそう。
s-DSC00700_201612052018010ed.jpg

では、さっそくつけ汁に浸して食ってみる。予想どおりでもあるが、濃厚な魚介系と豚骨の合わさった味。ただ、煮干しとか節系の味がうまく前面に出ており、しつこさはない。甘みもあるだが、嫌らしい感じはなく、奥で控えている感じがなかなかよい。

麺は、さすが「特注麺」で、しっかりとしたコシとはごたえが楽しめる。噛めば噛むほど弾力があって、いい具合だ。
s-DSC00701_20161205201803f9c.jpg

つけ汁の中には、四角いチャーシューがごろっと入っている。ほどよい柔らかさで、肉のうまみもほどよい。
s-DSC00702_20161210210733dc2.jpg

中盛り麺をもぐもぐ、むにゅむにゅ、ごっくん。最初はよく噛んで、あとは適度に噛んで、つるつると食い終えた。

最後は、卓上に置いてあるポットに入ったスープ割りを注いて、残りのつけ汁を味わうことにする。ざくっと切られたネギとの相性がよくって、味わいがいい。
s-DSC00703_20161210210734ca4.jpg

全体的に平均点以上によいはずなのだが、つけ麺がどんどん進化しているので、秀逸とまでいかないのは残念。でも、普通にうまいので、決して後悔はしていない。時間の関係で、スープは少し残して、ごちそうさま。
s-DSC00704_20161210210736385.jpg

【住所】  東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル地下1階
【電話】  03-3432-1880
【営業時間】11:30~22:00 [土] 11:00〜21:00 [日・祝] 11:00〜20:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:JR山手線浜松町徒歩1分。南口(モノレール乗換口)を出てすぐに右に曲がり階段下りる。
https://www.wtcbldg.co.jp/map/index.html


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター14席
【メニュー】濃厚系 つけ麺 並・中830円 大930円
      さっぱり系 野菜つけ麺 並・中950円 大1,050円
      濃厚系 スパイシーカレーつけ麺 並・中900円 大1,000円
      濃厚系 辛つけ麺 並・中930円 大1,030円
      濃厚系 特製つけ麺 並・中1,030円 大1,130円

      中華そば 並750円 大830円

      ◇トッピング
      味玉/温玉100円 海苔100円
      チャーシュー(3枚)150円 長ネギ増し100円
      玉ねぎ増し100円 メンマ増し100円
      もやキャベ100円 辛味増し100円
      にんにく無料

      ごはん100円 温玉チャーシューごはん320円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-09-21

浜松町 鶏ポタ ラーメン THANK

平成28年9月21日(水) 13:50訪問。
スペシャルラーメンとろり980円を食す。

8月末に次いで、また浜松町にやってきた。先回同様、また台風がかすめた直後だが、台風一過の晴天とはならず、あいにくの曇天。この店は浜松町でも人気の店だ。大通りを少し入った目立たない所に店があるせいか、地味だけど味のある看板が設置してある。
s-DSC00009.jpg

鶏をベースにしたスープは多々あれど、この店のスープは大山鶏に9種類の野菜をじっくり煮込んだポタージュスープが特徴だ。鶏だけでなく、野菜とのポタージュというのが斬新で期待が高まる。
s-DSC00007.jpg

昼時間を大きく過ぎているので、並びはなし。店内は満席でもないが、客は入っている。入口のすぐ近くに食券自販機が置いてあり、ラーメンのスープは3つに別れている。さらりは、さらさらした食感、ぽてりは、素材感のあるレベル、そして、とろりは適度なとろみだ。事前に調べていたので、迷わず、とろりを選択。そして、豪華なスペシャルにしてみた。スペシャルは、手羽先3本、玉子、海苔などがトッピングされる。
s-DSC09996.jpg

食券を購入して、店内を奥に進むと、愛想のいい店員にカウンター席を案内された。場所柄、狭いのだが、さほど狭さを感じさせない工夫がしてある。調味料入れは、シンプルながら凝ったもので、すっきりとしている。箸に貼られたSNS紹介カードもさりげなくていい。
s-DSC09997.jpg

壁には、紙エプロンの入ったトートバッグにプチメニュー。カレースパイスは他の思想だな。いや、楽しそうだな。
s-DSC09998.jpg

観察しているうちに、運ばれてきた、俺のラーメンとろり。うまそうじゃ、ありませんか。
s-DSC09999.jpg

ではスープから。木のレンゲで掬うと、名のとおり、とろっとしたスープ。そして、ひと口すすった印象は、最初こそ鶏の出汁を感じるが、すぐに野菜などの溶けだしたうま味が包み込んでいって、じわっとしたうまさに変化していく。もちろん、とろっとしてはいるものの、下品なこってりではない、上質な印象だ。素材を重視しながら、バランスを重視した落ち着いたうま味が好みだ。
s-DSC00001_2016100723361297c.jpg

それに対して麺は思い切ったもので、ストレートで角断面のぼそっとした食感が合わないようでいて、あっている。
s-DSC00002_201610072336130fb.jpg

そして、炙ってあるのはチャーシューではなく、手羽先鶏。しつこくなくて、風味がいい。
s-DSC00004_20161007233616517.jpg

長い穂先メンマも入っていた。
s-DSC00005.jpg

そして、ちょうどいい感じの味玉。
s-DSC00003_20161007233615b3d.jpg

全部飲んでも体にはよさそうだったけど、スープは少し残してしまって終了。食い終えて、立ち上がると、いち早く気づいた定員が「ありがとうございました、またお待ちしております」のかけ声をかけてくれる。それに続いて、店員全員での「またお待ちしております」と唱和を耳にしながら、店をあとにした。
s-DSC00006.jpg

鶏ポタージュというジャンルなのかな、オリジナリティあふれるけど、奇を衒わず優しい印象のラーメンだった。機会があったら、また立ち寄ってみたい。
s-DSC00008.jpg

【住所】  東京都港区浜松町1-28-4 保木ビル1階
【電話】  03-6459-0660
【営業時間】11:30~14:30
【定休日】 土、日、祝日
【アクセス】電車で:JR山手線浜松町徒歩7分。北口改札を出たら、左に出る。左手に世界貿易センタービルを見ながら、直進。大門交差点を渡り、3本目の一方通行の路地を入ってまっすぐ進んだ右側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター4席 6席 テーブル2席×2
【メニュー】スペシャルラーメンぽてり980円
      塩玉ラーメンぽてり800円
      ラーメンぽてり700円
      スペシャルラーメンとろり980円
      塩玉ラーメンとろり800円
      ラーメンとろり700円
      スペシャルラーメンさらり980円
      塩玉ラーメンさらり800円
      ラーメンさらり700円
      スペシャルラーメンつけめん1,080円
      塩玉つけめん900円
      ラーメンさらり800円
      鶏ポタンタン麺820円
      鶏ポタンタン麺大盛り920円
      トリポターナ820円
      トリポターナ大盛り920円

      替玉100円 手羽先(1本)110円
      塩玉子100円
      つけめんの大盛り100円
      ライス(大)150円 ライス(小)100円
      ライス(豆)50円
      鶏そぼろ丼260円
      パルメジャーノチーズ100円
【店舗web】https://twitter.com/ramenTHANK
                   

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター