2016-11-28

浜松町 江戸前つけ麺サスケ

平成28年11月28日(月) 13:55訪問。
江戸前つけ麺 中830円を食す。

浜松町に出張。遅めの昼食は手っ取り早く世界貿易センタービルの中のこの店でとるjことにした。
s-DSC00697_201612052019160a7.jpg

つけ麺と中華そば。ここは、店名にもあるとおり、やはりつけ麺だ。さらに店名にもなっている、○に濃の江戸前つけ麺にする。並盛も中盛も同じ値段なのがうれしい。迷わず、中盛を選択。以上を店頭のポスターで確認して、食券自販機で食券を購入する。
s-DSC00698_20161205201758441.jpg

店内は厨房に面したカウンター席のみ。食券を購入し終わると、すぐに席を案内してくれる、こういう気遣いが、うれしい。

カウンター席に着くと、ガーンと心の鐘が鳴った。当店のつけ麺の麺は「特注麺」を使用しています。そのため茹で時間に8分程度いただきます、って急いでいるときに限って、こうなんだよな。
s-DSC00699_20161205201800021.jpg

でも、実際は8分もかからずにカウンターに提供された。前の客が少なくてタイミングがよかったみたいだ。つるつる麺にネギが浮いたつけ汁がうまそう。
s-DSC00700_201612052018010ed.jpg

では、さっそくつけ汁に浸して食ってみる。予想どおりでもあるが、濃厚な魚介系と豚骨の合わさった味。ただ、煮干しとか節系の味がうまく前面に出ており、しつこさはない。甘みもあるだが、嫌らしい感じはなく、奥で控えている感じがなかなかよい。

麺は、さすが「特注麺」で、しっかりとしたコシとはごたえが楽しめる。噛めば噛むほど弾力があって、いい具合だ。
s-DSC00701_20161205201803f9c.jpg

つけ汁の中には、四角いチャーシューがごろっと入っている。ほどよい柔らかさで、肉のうまみもほどよい。
s-DSC00702_20161210210733dc2.jpg

中盛り麺をもぐもぐ、むにゅむにゅ、ごっくん。最初はよく噛んで、あとは適度に噛んで、つるつると食い終えた。

最後は、卓上に置いてあるポットに入ったスープ割りを注いて、残りのつけ汁を味わうことにする。ざくっと切られたネギとの相性がよくって、味わいがいい。
s-DSC00703_20161210210734ca4.jpg

全体的に平均点以上によいはずなのだが、つけ麺がどんどん進化しているので、秀逸とまでいかないのは残念。でも、普通にうまいので、決して後悔はしていない。時間の関係で、スープは少し残して、ごちそうさま。
s-DSC00704_20161210210736385.jpg

【住所】  東京都港区浜松町2-4-1 世界貿易センタービル地下1階
【電話】  03-3432-1880
【営業時間】11:30~22:00 [土] 11:00〜21:00 [日・祝] 11:00〜20:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:JR山手線浜松町徒歩1分。南口(モノレール乗換口)を出てすぐに右に曲がり階段下りる。
https://www.wtcbldg.co.jp/map/index.html


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター14席
【メニュー】濃厚系 つけ麺 並・中830円 大930円
      さっぱり系 野菜つけ麺 並・中950円 大1,050円
      濃厚系 スパイシーカレーつけ麺 並・中900円 大1,000円
      濃厚系 辛つけ麺 並・中930円 大1,030円
      濃厚系 特製つけ麺 並・中1,030円 大1,130円

      中華そば 並750円 大830円

      ◇トッピング
      味玉/温玉100円 海苔100円
      チャーシュー(3枚)150円 長ネギ増し100円
      玉ねぎ増し100円 メンマ増し100円
      もやキャベ100円 辛味増し100円
      にんにく無料

      ごはん100円 温玉チャーシューごはん320円
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-09-21

浜松町 鶏ポタ ラーメン THANK

平成28年9月21日(水) 13:50訪問。
スペシャルラーメンとろり980円を食す。

8月末に次いで、また浜松町にやってきた。先回同様、また台風がかすめた直後だが、台風一過の晴天とはならず、あいにくの曇天。この店は浜松町でも人気の店だ。大通りを少し入った目立たない所に店があるせいか、地味だけど味のある看板が設置してある。
s-DSC00009.jpg

鶏をベースにしたスープは多々あれど、この店のスープは大山鶏に9種類の野菜をじっくり煮込んだポタージュスープが特徴だ。鶏だけでなく、野菜とのポタージュというのが斬新で期待が高まる。
s-DSC00007.jpg

昼時間を大きく過ぎているので、並びはなし。店内は満席でもないが、客は入っている。入口のすぐ近くに食券自販機が置いてあり、ラーメンのスープは3つに別れている。さらりは、さらさらした食感、ぽてりは、素材感のあるレベル、そして、とろりは適度なとろみだ。事前に調べていたので、迷わず、とろりを選択。そして、豪華なスペシャルにしてみた。スペシャルは、手羽先3本、玉子、海苔などがトッピングされる。
s-DSC09996.jpg

食券を購入して、店内を奥に進むと、愛想のいい店員にカウンター席を案内された。場所柄、狭いのだが、さほど狭さを感じさせない工夫がしてある。調味料入れは、シンプルながら凝ったもので、すっきりとしている。箸に貼られたSNS紹介カードもさりげなくていい。
s-DSC09997.jpg

壁には、紙エプロンの入ったトートバッグにプチメニュー。カレースパイスは他の思想だな。いや、楽しそうだな。
s-DSC09998.jpg

観察しているうちに、運ばれてきた、俺のラーメンとろり。うまそうじゃ、ありませんか。
s-DSC09999.jpg

ではスープから。木のレンゲで掬うと、名のとおり、とろっとしたスープ。そして、ひと口すすった印象は、最初こそ鶏の出汁を感じるが、すぐに野菜などの溶けだしたうま味が包み込んでいって、じわっとしたうまさに変化していく。もちろん、とろっとしてはいるものの、下品なこってりではない、上質な印象だ。素材を重視しながら、バランスを重視した落ち着いたうま味が好みだ。
s-DSC00001_2016100723361297c.jpg

それに対して麺は思い切ったもので、ストレートで角断面のぼそっとした食感が合わないようでいて、あっている。
s-DSC00002_201610072336130fb.jpg

そして、炙ってあるのはチャーシューではなく、手羽先鶏。しつこくなくて、風味がいい。
s-DSC00004_20161007233616517.jpg

長い穂先メンマも入っていた。
s-DSC00005.jpg

そして、ちょうどいい感じの味玉。
s-DSC00003_20161007233615b3d.jpg

全部飲んでも体にはよさそうだったけど、スープは少し残してしまって終了。食い終えて、立ち上がると、いち早く気づいた定員が「ありがとうございました、またお待ちしております」のかけ声をかけてくれる。それに続いて、店員全員での「またお待ちしております」と唱和を耳にしながら、店をあとにした。
s-DSC00006.jpg

鶏ポタージュというジャンルなのかな、オリジナリティあふれるけど、奇を衒わず優しい印象のラーメンだった。機会があったら、また立ち寄ってみたい。
s-DSC00008.jpg

【住所】  東京都港区浜松町1-28-4 保木ビル1階
【電話】  03-6459-0660
【営業時間】11:30~14:30
【定休日】 土、日、祝日
【アクセス】電車で:JR山手線浜松町徒歩7分。北口改札を出たら、左に出る。左手に世界貿易センタービルを見ながら、直進。大門交差点を渡り、3本目の一方通行の路地を入ってまっすぐ進んだ右側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター4席 6席 テーブル2席×2
【メニュー】スペシャルラーメンぽてり980円
      塩玉ラーメンぽてり800円
      ラーメンぽてり700円
      スペシャルラーメンとろり980円
      塩玉ラーメンとろり800円
      ラーメンとろり700円
      スペシャルラーメンさらり980円
      塩玉ラーメンさらり800円
      ラーメンさらり700円
      スペシャルラーメンつけめん1,080円
      塩玉つけめん900円
      ラーメンさらり800円
      鶏ポタンタン麺820円
      鶏ポタンタン麺大盛り920円
      トリポターナ820円
      トリポターナ大盛り920円

      替玉100円 手羽先(1本)110円
      塩玉子100円
      つけめんの大盛り100円
      ライス(大)150円 ライス(小)100円
      ライス(豆)50円
      鶏そぼろ丼260円
      パルメジャーノチーズ100円
【店舗web】https://twitter.com/ramenTHANK
                   

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-08-31

浜松町 ZOOT

平成28年8月31日(水) 13:46訪問。
味玉つけめん890円を食す。

8月最後のひるめしは浜松町にやってきた。台風一過で、一層暑い。駅から歩きたくない。近場でどこがいいかな。文化放送の裏あたりのこの店にしてみた。昼はつけめんで、夜は、もつやきの居酒屋。こういう店が案外うまいんだよな。
s-DSC09811.jpg

つけめんとら~めんでは、つけめんが上に記載されている。店の前の幟もつけ麺だったし、ここはやはりつけ麺かな。昼休みが終わった時間ということなのだろう。先客は4人テーブルに1組だけ。店はさほど狭苦しくもなく、奥に長細い構造。手前にテーブル席があって、奥にカウンター席がある。

俺は空いているカウンター席に座って、メニューをろくろく確認もせず、味玉つけめんをホール係りの感じのいい女性店員に口頭で発注した。しかし、あとでよくメニューを見たら、50円しか差のない特製つけめんがよかったな。

しばらくして、俺のつけめんが提供された。麺が盛られたは四角い器がおしゃれだ。
s-DSC09803.jpg

器と同じように四角い麺は、いわゆるもちっとした食感で、太麺が見た目よりずっと腹にたまりそうだ。
s-DSC09804.jpg

では、食ってみよう。つけ汁は、豚骨魚介の出汁で、醤油がはっきりとしてる分、濃厚なのだが、ぼけてはいない。麺のつるっとした食感もあって、涼味も楽しめる。気がする。
s-DSC09805.jpg

背脂もたくさん浮いていて、これが、奥行きのある味わいを演出している。しつこさはない。
s-DSC09807.jpg

長細いチャーシューは、炙ってあって香ばしい。元々の味つけもよくて、これはやはり特製にすればよかったな。2枚入っていたのに、残念。
s-DSC09806.jpg

味玉はやや固めの半熟。味つけは控え目で、玉子の味わいがしっかりと味わえた。こういうのも好きだな。
s-DSC09808.jpg

スープ割りをお願いすると、ポットがカウンターに置かれた。自分で注ぐタイプ。魚介風味が少し強まったような気がした。
s-DSC09809_20160906213300c5f.jpg

いつもなら飲み干すところだが、このあとの待ち合わせにぎりぎりなので、この辺で終了。
s-DSC09810.jpg

それで、間にあったかって? 間にあいました。このあとは電車を乗り換えて大人のお楽しみ。この店、夜も楽しそうだな。何といっても、店員さんが楽しみながら仕事をしている雰囲気が初訪問でもじゅうぶんに伝わってきた。
s-DSC09812.jpg

【住所】  東京都港区浜松町1-28-4 保木ビル1階
【電話】  03-6459-0660
【営業時間】11:30~14:30
【定休日】 土、日、祝日
【アクセス】電車で:JR山手線浜松町徒歩1分。北口改札を出たら、左に出る。左手に世界貿易センタービルを見ながら、世界貿易センタービル前交差点を右折しで路地に入る。最初の四つ角を左折してすぐの左側。
s-DSC09855.jpg



【駐車場】 なし
【席数】  カウンター4席 テーブル2席×3 4席×3
【メニュー】つけめん750円 

theme : ラーメン
genre : グルメ

2016-06-19

目白  自家製熟成麺 吉岡

平成28年6月19日(日) 14:15訪問。
特製ラーメン980円を食す。

今日は年に1度の趣味の検定試験。目白駅近くの大学が会場だった。結果は勉強不足で玉砕。そして楽しみにしてきたラーメンだが、目白近辺は日曜定休の店が多いのだ。

試験が終わってから、開いている店を検索して、辿りついたのがこの店。昨年の2月22日オープンのようだ。
s-DSC09267.jpg

何とこの店、わたみん家 目白通店なのだ。といってももちろん家系ラーメン店ではなく、れっきとした居酒屋。そこを間借りして昼のみの営業ということだ。
s-DSC09268.jpg

日曜の昼間っから飲む奴もおらず、健全な街だ。ということで、普通の居酒屋の席に案内された。しかし、先客は誰もいないようで、大きな画面のテレビでは競馬中継が流れており、店員はそちらに集中していた。これは、およびでないところに来てしまったかな。とはいえ、別に迷惑そうではなかったのでよかった。水の入ったにコップがやけに大きい。
s-DSC09270.jpg

それで、何にしようかな。〈特製〉とは麺中盛+トッピング倍増のメニューだそうだ。腹も減っているし、それで決まりだ。口頭で発注。

しばらくして運ばれてきた。特製ラーメンはドンブリが大き目で見た目にもボリューム感たっぷり。
s-DSC09271.jpg

どんな具合かな。まずはスープから。コクはあるのに、さらっとしたあっさりさもある豚骨ベースだった。うまいけど、量が多いだけに、後半あきるかな。
s-DSC09273.jpg

自家製熟成麺と謳う麺は、細めのストレートで、啜りがいい。
s-DSC09275.jpg

たくさんの具の陰にかくれてしまっているが、ほうれん草。少し柔らかめ。たくさんのったメンマも少し柔らかめだ。
s-DSC09276.jpg

特製なので、ナルトも2倍?
s-DSC09278.jpg

大き目のチャーシューは、柔らかい。少し大味に感じてしまった。
s-DSC09280.jpg

少し固めの味玉はまあまあ。
s-DSC09277_20160706215343205.jpg

がんばって、ほぼ完食。
s-DSC09281.jpg

【住所】   東京都豊島区目白3-5-13 フジヤビルM2F
【電話】   03-5996-7155
【営業時間】 11:00-15:00
【定休日】  火曜日
【アクセス】 電車で:JR山手線目白駅から徒歩2分くらい。駅を出たら、目の前の通りを左に進んだ少し先の左側。


【駐車場】 なし
【席数】  

【メニュー】 〈特製〉
       特製ラーメン980円
       特製つけ麺1,030円
       〈ラーメン〉
       普通盛り780円
       中盛り830円
       大盛り880円
       〈つけ麺〉
       普通盛り830円
       中盛り880円
       大盛り880円
       大盛り930円
       ◇トッピング
       自家製チャーシュー300円
       小口ネギ・味玉・海苔・メンマ・ほうれん草各100円
       小ライス100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-08-23

両国 まる玉 両国本店

平成27年8月23日(日) 12:59訪問。
まる玉らーめん味玉子入り780円を食す。

今日も青空が広がって、暑い。今日は少し足をのばして、この店にやってきた。
s-DSC06598.jpg

場所は両国だ。両国といえば、国技館。ではなく、江戸東京博物館に企画展を見学にやってきた。そして昼食は駅からもほど近いまる玉だ。この界隈は日曜定休の店もあるのだが、ありがたいことにこの店は営業していた。
s-DSC06596_201508262210062af.jpg

普段はもっと並んでいるのかもしれないが、外には5名ほどが並んでいた。もっとも店内には並ぶ余地がないので、外で並んでいて声がかかったら店内に入るしくみのため、店内には待っている客はおらず、さほど時間はかからない。しかし、たまたま並んでいるところが、日影が少なくて、陽ざしが少々つらかった。

並びながら、メニューが選べる。この店のメニューはとてもシンプル。基本のラーメンにトッピングの種類が変わるだけだが、こういう潔い店はかなり好みだ。
s-DSC06599_201508262244313f0.jpg

待つこと15分あまり。ていねいな対応の男性店員が店に招き入れてくれる。あおさ入りとも迷ったのだが、味玉子入りを選択した。
口頭で発注する。店内はカウンター席に4人掛けテーブル席がひとつ。

店内はもちろん満席だったが、思ったほど待たずにラーメン登場。
s-DSC06600_20150826224433be5.jpg

店内外とも質素な感じだったが、ドンブリは意表をついて色彩豊かだ。
s-DSC06602.jpg

どんよりと落ち着いた色合いがいかにも、うまそうだ。味玉を除いた標準形は、青ネギとあおさにチャーシューといたってシンプルだ。
s-DSC06603.jpg

では、期待を込めて、ますはスープから。鶏白湯のパイオニアと謳うだけあって、今日や昨日の駆け出しの鶏白湯スープとはわけが違うってな具合で、濃厚なのにすっきり。鶏の風味はもちろんするのだが、嫌味は、まったくといっていいほどない。品のいい、とろーりとした印象。写真もとろんとしてしまった。
s-DSC06604.jpg

あおさを混ぜて飲んでみる。ちょっぴり海の味がする塩味が加わって、余計にコクを感じるしかけだ。
s-DSC06607.jpg

麺は、なるほど、茹で時間が短いわけだと思われる、細麺。少し縮れがある。麺の量はさほど多くないので、伸びる心配はない。そのかわりか、替玉システムがある。
s-DSC06605.jpg

きれいなチャーシューは、柔らくて、味もちょうどいい。
s-DSC06606.jpg

ねっとりとした半熟の味玉子。味付は濃すぎず、ちょうどよかった。
s-DSC06609.jpg

かなりの客が替え玉を発注していた。なるほど、気持ちはわかる。しかし、このラーメンはスープが命だ。だから、替玉でスープを薄めることなく、飲み干す。完食だ。
s-DSC06610.jpg

上質な鶏白湯のラーメン。鶏白湯で世界に通用するラーメンを作りたい。豚や牛とは違うので、世界征服ラーメンの可能性もあるかもしれない。と思ったらすでに海外でも出店していた。
s-DSC06611.jpg

濃厚なのに、くどくない。コクがあるのにすっきりしている。何より後味がいい。鶏白湯の原点がここなのか。とにもかくにもごちそうさま。
s-DSC06597_201508272204092fe.jpg

【住所】  東京都墨田区両国2-11-1
【電話】  070-5201-5690
【営業時間】平日11:30~14:30 17:30~21:00 日祝11:30~15:00
【定休日】 不定休

【アクセス】電車で:JR総武線両国駅から徒歩5分くらい。改札を出たら、駅を背に右方向へ。線路のガードをを左に見ながらくぐると、両国駅西口交差点。そのまま直進し、両国二丁目交差点を右折。正面は回向院。少し進んだ左手。両国一丁目交差点角。


【駐車場】 公郷神社近くに2台
【席数】  カウンター10席 テーブル4席

【メニュー】まる玉らーめん680円
      角煮入り1,080円
      チャーシュー入り980円
      あおさ入り880円
      青ネギ入り880円
      味玉子入り780円
      生からし入り780円
      替玉(おかわり)100円

      別のせ
      角煮400円 チャーシュー300円
      青ネギ200円 あおさ200円
      味玉子100円 レモン100円
【店舗web】http://www.ma-rutama.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター