2014-12-21

本郷台 らーめんもりや

平成25年12月21日(日) 13:17訪問。
はるゆたか味玉らーめん正油1,000円を食す。

東戸塚に店舗があったころは、何度か足を運んだがが、残念ながら閉店してしまったので、復活されたことを知って、大変うれしかった。そのうちに行こう、と思いつつ、いつの間にか師走になってしまったが、ようやく訪問することができた。以前より、店構えがしゃれた感じになり、入りやすい。もっとも、駅からはかなり離れるので、地元でなければクルマが便利だ。屋号のもりやのもりは木と水と土からなる。これは以前と同じ。
s-DSC03716.jpg

店内はカウンターとテーブル席があり、カウンター席の椅子に座ると、意外に凹んだのでちょっと驚いたが、座り心地はとてもいい。テーブル席は埋まっており、カウンター席も4名の先客。店員は3名。店主に、女性店員が2名。発注は口頭で。手際よく調理され、カウンターに乗せられた。
s-DSC03706.jpg

スープから味わってみる。とても、おだやかで、尖ったところがまったくなく、すーとうまみが伝わってくる。醤油のうまみがじわっと出ていて、控え目な出汁とのバランスがいい。出汁には少し節系を感じたが、おそらく鶏や魚介などがうまく合わさっているのだとおもう。
s-DSC03708.jpg

そして、はるゆたかという小麦粉を使用した中太麺。これは、東戸塚時代にもあって好きだったので、もう1種類の麺と迷わずこちらを選んだ。少し縮れていて、コシがあって麺自体がうまい。
s-DSC03709.jpg

チャーシューは2種類。専用のあぶり焼き器を使った炭火焼だそうだ。
s-DSC03711.jpg

もも肉もばら肉もうまい。うまさを味わうには、案外、このくらいの大きさがちょうどいいのかもしれない。
s-DSC03710.jpg

そして味玉。黒富士農場産の卵を使用とのこと。大きな黄身が割った途端、とろっと出てきて、味は控え目ながら、玉子の味そのものがうまい。
s-DSC03713.jpg

ちょっと変わっているのが、まるごとマッシュルーム。意外とスープと相性がよく、食感もぷりっとしてよかった。
s-DSC03712_2014122311031542b.jpg

スープまで飲み干して、完食。変な油分がないので、まったく嫌な後味がしないのがいい。
s-DSC03714.jpg

次、塩もいきたいな。さらには、このラーメンのほかに元味という、おそらく東戸塚時代の味のラーメンもあった。でも、もうどんな味だったか忘れてしまった。やはり、次は元味かな。
s-DSC03715.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★☆。

【住所】  横浜市栄区長沼町339 二本松ハイツ 105
【電話】  045-390-0881
【営業時間】11:30~15:00 17:30~22:00
【定休日】 火曜日
【アクセス】車で:横浜横須賀道路港南台ICから。港南台方面に向かい、直進。根岸線を越え、鎌倉街道を立体交差で渡り、長沼交差点を左折し、次の信号を右折してすぐの右側。
【駐車場】 駐車場あり。店舗裏No.15、16、17の3台
【席数】  カウンター7席、テーブル4席×2
【メニュー】細麺 北海道小麦4種のブレント ストレート麺 黒富士農場 自然卵使用
      
      らーめん  黒富士農場放牧丸鶏のスープ
       正油・塩760円 味噌830円
      味玉らーめん  第43回農業大賞受賞 黒富士農場の自然卵
       正油・塩880円 味噌950円
      わんたんめん  黒富士農場放牧鶏の挽肉使用 5コ入り
       正油・塩960円
      ちゃーしゅーめん  吊るし炭火焼きちゃーしゅー 6枚入り
       正油・塩1,060円 味噌1,130円
      ちゃーしゅー・わんためんハーフ  ちゃーしゅー4枚 わんたん3コ入り
       正油・塩1,000円
      ちゃーしゅー・わんためん  ちゃーしゅー6枚 わんたん5コ入り
       正油・塩1,200円
      大人のちびらーめん・かけらーめん
       ちびの麺は軽め ちゃーしゅー1枚 かけは薬味のみ
       正油・塩650円 味噌720円
      子供のちびらーめん・かけらーめん
       ちびの麺は軽め ちゃーしゅー1枚 かけは薬味のみ
       正油・塩650円 味噌720円

中太麺 らーめんもりやだけのはるゆたか100%の卵不使用
      
      はるゆたからーめん
       正油・塩880円 味噌950円
      はるゆたか味玉らーめん
       正油・塩1,000円 味噌1,070円
      はるゆたかわんたんめん
       正油・塩1,080円
      はるゆたかちゃーしゅーめん
       正油・塩1,180円 味噌1,250円
      はるゆたかちゃーしゅー・わんためんハーフ
       正油・塩1,120円
      はるゆたかちゃーしゅー・わんためん
       正油・塩1,320円
      大人のはるゆたかちびらーめん・かけらーめん
       正油・塩770円 味噌840円
      子供のちびらーめん・かけらーめん
       正油・塩770円 味噌840円
    
     ◇トッピング
      味付玉子120円 のり100円 コーン100円
      わかめ〈天然〉100円
      ちゃーしゅー2枚150円 ちゃーしゅー4枚300円
      わんたん3コ120円
     麺の大盛り100円

吉田のかぶそば(しお味)900円
らーめんもりやの創業の味 正油元味 細麺760円 はるゆたか880円
山塩小僧 細麺800円 中太麺920円
吉田てづくり農園の旬の有機野菜 もり盛サラダ450円
禁断のちゃーしゅーごはん380円

【店舗Web】http://www.ramen-moriya.com/index.html
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-01-27

戸塚 神勝軒

平成26年1月27日(月) 14:27訪問。
ふじ麺730円を食す。

今日も遅めの昼飯。近くまで来て、初訪問。この前、環状2号線沿いの神勝軒下永谷店で特製らーめんを食ったので、今日は、つけ麺にしよう。駐車場に頭から入れた車を、車の通りがなくなったのを見計らって、バックで入れなおした。店の前にメニューがあったが、見もせずに入店。
s-DSC00336.jpg

店に入って、まずは自販機で食券を購入。ところが、どうも様子が違う。大勝軒っぽいメニューが見当たらない。1番ボタンは、神DX。何だろ、神DXって。と思いながら、迷う。
s-DSC00337.jpg

下永谷店では、夜の部が角ふじというまったく別のラーメン形態に変わるのだが、この店は自販機の様子から見て、ずっと角ふじ状態ということのようだ。とりあえず、一番ノーマルそうなふじ麺にしてみた。トッピングも味玉はなく、うずら卵しかない。

しかし、この時間にしては客は結構入っていて、12名の先客。カウンターに腰を下ろして、改めてメニューを見てみた。神DXの中身がわかった。俺は食わない。おそらく。
s-DSC00339.jpg

卓上は、こんな感じ。ここも紙ナプキン。
s-DSC00338.jpg

10分以上待って、到着。特にニンニクだの、野菜だのときかれることはない。やさいといっても、もやしだが、山盛り状態。
s-DSC00340.jpg

真上から見ると、もやしの上に玉ねぎがのる。運ばれてきた時点で、銀の盆の中央にドンブリが置かれていないのが、気にかかる。
s-DSC00341.jpg

スープは、想像よりかなり甘みが強く、飽きがこないか心配なくらいだ。もうちっと醤油のキレがほしいところだ。背脂がごろごろしているところが、なおさら甘めの印象を強くしている。
s-DSC00342.jpg

麺は、角断面の思いっきり太目で、やや硬めの茹で加減は、本気になって食う、という意欲をかりたてる。いわゆるワシワシという表現がふさわしいのだろうか。
s-DSC00344.jpg

そして、業務中であるにも関わらず(別に禁止もされていないが)、ついに我慢できず卓上のニンニクを開けてみた。しかも、醤油漬けだ。
s-DSC00345.jpg

男なら、どんと来い。ちびっと入れてみた。おう、いいね。
s-DSC00346.jpg

そして、チャーシュー。巻バラで、柔らかい。肉のうまみもしっかりしている。
s-DSC00347.jpg

厚みもそこそこ。
s-DSC00348.jpg

それにしても、すごい背脂。大きすぎやしませんかってくらいの大きさ。
s-DSC00349.jpg

それに比べて、玉子は小さすぎやしませんか。といってもウズラです、ずら。酔って書く(打つ)と、だんだんずれてくる。ええい、無理やり半分にしてやる。といったところで、普通の固ゆでウズラ卵だ。
s-DSC00350.jpg

麺、チャーシュー、もやしを食ったら、あとはしつこいスープばかりで、残した。
s-DSC00351.jpg

別にこういうジャンクなラーメンが嫌いなわけじゃないけど、この看板でこのメニューしかないのは、俺みたいに大勝軒っぽいつけ麺が食いたいと思って車を停めて店に入った客に対して、ミスリードな印象を与えかねない。少なくともこの看板は、今話題の偽装とまではいわないけど、誤解を招く要素はあると思うな。
そんなことは俺の非常識で、この時間に関わらず、客はどんどん入ってくる。メニューを知らないのは俺だけ?
女性店員が一人でホールを切り盛り。テキパキしていていいけど、贅沢をいえば、温かみにかけるかな。でも、きびきびとよく動いていた。
s-DSC00355.jpg
俺の個人的感想では、入店前の期待とのギャップで、この店のまた来たい(期待)度は、☆。


【住所】  横浜市栄区長沼町194
【電話】  045-862-9576
【営業時間】日~金・日11:00~22:00
      土曜・祝日11:00~23:00
【定休日】 なし
【アクセス】車で:国道1号線を下り、矢沢交差点を左折、その先のバスセンター前交差点を右折。その先の八坂神社前を左折し、川を渡ったら道なりに右折。しばらく川沿いに進み、道なりに左折し、線路をまたぎ、突き当りの豊田立体入口交差点を右折。少し進んだ右側
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター8席 テーブル4席×7

【メニュー】神DX980円 大盛100円 特盛150円 メガ盛200円
      ふじ麺730円 子豚麺880円 バカ豚麺1,80円
      贅沢麺930円 辛ふじ麺830円 
      コク旨麺730円 極豚コク旨麺930円 贅沢コク旨麺930円
      葱コク旨麺830円
      ふじつけ麺780円 辛つけ麺830円
      ◇トッピング
       辛パウダー30円 のり3枚 うずら卵5個100円
       メンマ100円 辛ジャン100円 あんかけ100円
       半から150円 各チャーシュー3倍200円 からあげ250円
      小ライス50円 ライス100円
      半ギョウザ(3個)200円 ギョウザ(6個)350円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2012-05-17

本郷台 矢口家本店

ラーメン550円+味付け卵100円
DSC00953.jpg

本店は初訪問だ。立地が厳しいと思うのだが、侮ってはいけない。12時半過ぎのピーク時ということもあるが、駐車場は空いていたが、店内は満席。同時に入ったちょっとの差で、空席待ち状態になってしまった。珍しいのは、完全セルフサービス。ホール係はいない。空席が出たら、客同士が暗黙の了解で、こちらは3人客なので先にどうぞ、みたいな感じで着席するようだ。

基本的な横浜家系スタイルは踏襲しているが、食券自販機はないので、店員さんと目があったら、発注をする。いちいちきかれないので、勝手に好みは伝えた方がいい。俺の場合は脂少なめでお願いした。店員はマスターらしい男性と男女店員2人の合計3名。壁に書かれたメニューはラーメンとチャーシューメンのみというのが、潔くて好感。深ざるではなく、平ザルで湯切りをするところはなかなか好感がもてる。一度に麺を入れて出すので、運が悪いと結構時間がかかる。ラーメンは決してファストフードではないのだ。

案の定、10分以上かかった。ただ、一見怖そうなおじさんは意外とやさしい口調だったりもする。鶏油は標準で、結構多めに入れているように見受けられた。ようやく出てきた一杯。表面は海苔を立てずに覆われているので、わかりずらいが、ほうれん草、チャーシューと家系スタイルの具材がのる。

スープは、ライト系のとんこつ醤油で、臭みはなし。座った席がぐらぐらと寸胴が煮えたぎる様子が見える場所だったので、意外な感じと、さもありなんという気持ちが半々か。好みはそれぞれなので何とも言えないが、俺みたいな普段汗水たらして働くことの少ない人と比べて、明らかにアウトドアでクリエイティブに働く人たちも結構いて、このラーメン、ちょっと力不足って感じないのかな、とも思った。でも、この位がちょうどいいのかも。

さてさて、麺は丸山製麺製で、可もなく不可もなくといった感じ。ほうれん草はちょっと、疲れ気味。チャーシューは柔らかく臭みはない。味付け卵は、表面は茶色で、黄身も茶色で、濃い味の印象だが、見た目ほど濃くはなく、こちらもあっさりめかな。卵は最後に食ったので、どうしてもコントラストでこれはアクセントとして、濃い味だろうと想像していたせいかもしれない。

それにしても、感心させられたのは食券がないので、客が言うわがまま注文をすべて覚えているところ。偶然、オーダーミスでなく、複数客でできあがりのタイミングが一人おそくなってしまった客がいた。グループの他の客に出すタイミングで、一人遅れることを謝っていた。さらに出すときに、海苔増しをサービスしていた。

セルフサービスの店は、客が食い終わったドンブリをカウンターにあげて、ダスターで拭くのが、自然に行われていた。店に対する感謝というより、次にこの席に座る客への配慮かな。それにしてもドンブリをカウンターに上げて、ごちそうさまっていったら、値段をいわれたが、きっと客の額にこいつはいくら食ったって書いておくように覚えるのかな。でも家族連れの客もいたし。いずれにしても、客一人ひとりの注文を性格に覚えている技は、仕事とはいえなかなか見事。

スープを少し残した。ちなみにカウンターには、おろしニンニクだけでなく、おろしショウガもあった。これはうれしい。仕事中なのでニンニクはやめて、コショウとショウガにした。食っている間も、続々と客が入ってくる。クルマの通りはさほど多くなく、しかもどちらかというと住宅街の中の店で、この人気は侮れない。ライトなとんこつスープは、俺にはいまいち最高に好みというわけではなかったのが残念。

DSC00954-2.jpg

【住所】  横浜市栄区小山台1-21-16
【電話】  03-5714-7255
【営業時間】11:00~20:30 
【定休日】 無休 
【アクセス】車で:鎌倉街道を鎌倉方面に向け、港南車庫入口交差点の次の立体交差で左側車線に入り、橋の上を右折し、鎌倉街道を跨いで直進。小山台小中入口交差点を過ぎて、少し先の右側。駐車場は左側にあるが、小山台交差点直前で、入口狭いのと、坂が急なので、やや入りづらく要注意。
【駐車場】 店の反対車線側に6台
【席数】  カウンター17席。
【メニュー】ラーメン550円 中盛650円 大盛750円
       チャーシューメン750円 中盛850円 大盛950円
       ライス ノリ ネギ100円 わかめ100円
       味付け卵100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター