2016-11-10

川崎 玉 赤備

平成28年11月10日(木) 11:16訪問。
つけめん850円を食す。

川崎で仕事。早めに終わったので、どうせなら昼飯を食って行こうかなと思い、駅に近いこの店を訪ねてみた。
s-DSC_0336.jpg

時間が早いからか、タイミングがよかったからなのか、並びはなし。食券を自販機で買って、カウンター席に座った。選んだのは、基本のつけめんだ。

カウンターには、万能と書かれた、よくわからない薬味。ニンニクも入っているようだ。
s-DSC_0338.jpg

カウンターの中は、元気のよい男性店員が立ち働いている。さほど待たずに、まずはつけダレがカウンターにのせられた。
s-DSC_0339.jpg

そして、麺も提供された。意外と麺は少ない。まあ、場所柄かな。
s-DSC_0340.jpg

つるつるでしっかりとしたコシのある麺はさすが。つけダレは、予想どおりの濃厚な豚骨に魚介のうまみが加わったもの。癖のない味わいに野趣があっていい具合だ。

意外とさっぱりと麺を食い終えたら、スープ割り。器をカウンターに置いて口頭でお願いすると、さっと作ってくれる。
s-DSC_0341.jpg

ささっと食い終えて終了。店を出たら、もぅ行列。さすがに人気店だs-DSC_0342.jpg


【住所】  川崎市川崎区砂子2-2-1
【電話】  044-211-8178
【営業時間】11:00~1:00
【定休日】 無休
【アクセス】電車で:JR川崎駅から徒歩5分くらい。東口に出て、仲見世通りを進み、最初の四つ角を右折して少し進んだ左側。

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席

【メニュー】 つけめん850円 味玉つけめん950円
       特製つけめん1,050円
       豚鶏つけめん800円 味玉豚鶏つけめん900円
       特製豚鶏つけめん1,000円 
       赤辛つけめん950円
       大盛100円 特盛200円
       特製トッピング300円 焼くだき肉250円
       野菜150円 メンマ100円
       のり粉100円 絶品チャーカツ200円
       肉増250円 味玉100円
       のり100円 特製ねぎ200円

       名物チャーカツ丼500円 ミニチャーカツ丼350円
       肉増300円 ねぎ飯250円
       白米150円

       チャーカツ皿350円 ぎょうざ300円
【店舗web】http://gyoku.co.jp/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-02-14

川崎 麺屋一燈

平成26年2月13日(木) 16:26訪問。
半熟味玉(塩)芳醇香味そば850円を食す。
s-DSC00552_201402142234155fc.jpg

今日も遅すぎるランチ。川崎に出張で時間なく、駅からいちばん近いであろうラゾーナの1階のフードコートのラーメン店へ行ってみた。中でも、ここ一燈が人気のようだ。とはいえ、この時間ではどこも空いている。といっても、フードコートなので、席は無数にある。したがって、調理のスピードと客数のバランス次第だ。待ちはゼロ。男性店員の応対は、とてもていねいで好感。
s-DSC00554.jpg

店の隣には専用のイートインコーナーもある。
s-DSC00553.jpg

初訪問なので、いつものようにメニューの左上にあるあっさり塩にした。中盛まで無料だそうだ。ならば、中盛で、お願いします。ベルを渡され、これが鳴ったらとりにいくというシステムだ。5分待ちだそうだ。
s-DSC00554-2.jpg

ぼうっとベルが鳴るのを待っていると、先ほどの店員さんが何とテーブルまで運んできてくれた。待ち時間は3分くらい。お盆にていねいにレンゲがのせられている。こういうちょっと感動をよぶさりげないサービスがいい。店員さんの臨機応変なモラルの高さに敬服。
s-DSC00555.jpg

フードコートとはいえ、きれいに整えられた一杯。
s-DSC00556.jpg

スープは、何ともいえない独特の出汁のうまみが広がる。魚介系も感じられ、香味油の風味がいい。
s-DSC00558.jpg

麺は細いストレート。このスープによくあっている。
s-DSC00561.jpg

ていねいな盛り付けがいい。
s-DSC00560.jpg

丸められたほうれん草。
s-DSC00564.jpg

チャーシューは2種類。どちらも小さ目。鶏肉は嫌みなくうま味が詰まっている。
s-DSC00562.jpg

豚チャーシューもレアな感じがいい。
s-DSC00563.jpg

玉子はかなり甘めの味付け。
s-DSC00565.jpg

中盛でも無理なく平らげられる、あっさりと品のいい一杯。これは、塩ラーメンとしては、本当にバランスがよく、うまい一杯だった。完食。
s-DSC00567.jpg

左隣は、九州ラーメンばりこて。こちらもうまそうだ。
s-DSC00568_20140216103132cbf.jpg

少し先にはつけめん玉。ここは、店舗で実食済み。こっちのダルマは右目が入っている。
s-DSC00570.jpg

また戻って、麺屋一燈。それにしても、駅から近くのしかもフードコートにレベルの高いラーメンがあるのは、うらやましい。川崎はラーメン店が充実している。
s-DSC00551_2014021610514861e.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★。

【住所】  川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ ダイニング・セレクション 1F
【電話】  044-874-8032
【営業時間】10:00~22:00
【定休日】 不定休
【アクセス】電車で:川崎駅下車。西口徒歩2分弱。駅を出て、西口に。エスカレーターで1階に降りて、進んだフードコートの中にある。
【駐車場】 なし
【席数】  フードコート内に多数。

【メニュー】あっさり塩
      (塩)芳醇香味そば750円 半熟味玉(塩)芳醇香味そば850円
      チャーシュー(塩)芳醇香味そば900円 特製(塩)芳醇香味そば900円
      あっさり醤油
      (醤油)芳醇香味そば750円 半熟味玉(醤油)芳醇香味そば850円
      チャーシュー(醤油)芳醇香味そば900円 特製(醤油)芳醇香味そば900円
      濃厚系
      濃厚魚介らーめん750円 半熟味玉濃厚魚介らーめん850円
      チャーシュー濃厚魚介らーめん900円 特製濃厚魚介らーめん900円
      その他メニュー
      お子様ラーメン500円 ライス100円
      メンマ100円 半熟煮玉子100円 海苔50円
      麺大盛り プラス100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-01-23

川崎 らーめん勇

平成26年1月23日(木) 13:10訪問。
塩らーめん700円を食す。

仕事で川崎へ。近くのコインパーキングに停めて歩く。川崎駅からは少し離れた場所にあり、近くには人気店であるつけ麺の三三七があり、実際この日も外に行列ができていたが、目の前を通り過ぎて、すぐの場所だ。こちらは、行列なし。塩の日と醤油の日があるようで、今日は木曜日で、塩の日だった。
s-DSC00335.jpg

ねらったわけではなく、たまたま塩の日だったが、ラッキーなのかどうかは食ってのお楽しみ。食券自販機も塩ラーメン専用になっていて、おそらく塩の日の張り紙の下に醤油のボタンがあると思われる。
s-DSC00319.jpg

カウンターと小さなテーブルがある。店員は若い男性が一人だけ。おそらく一人で営業することを前提にしているようで、カウンターテーブルはコの字型をしており、店員が動きやすいようになっている。厨房は奥にある。店に入ると、元気な声がかかった。先客は3名。昼は大盛が無料なので、しっかり大盛にしてもらった。テーブルの上はシンプルな感じ。
s-DSC00320.jpg

塩ラーメン到着。
s-DSC00321.jpg

塩ダレは、人の身体に最も近い塩「わじまの海塩」。スープは、匠の大山地鶏使用。真上からみた。ピントが合わなかった。
s-DSC00322.jpg

スープは、ちょっと塩がとがった印象が強い。魚介の出汁のうまみがよく出ているが、ややバランスを欠いているような気がする。
s-DSC00323.jpg

麺は細めストレート。歯ごたえがよく、コシがある。大盛でも、さほど伸びない感じだ。
s-DSC00324.jpg

メンマものってる。
s-DSC00326.jpg

徐々に磯海苔が溶けだして、少し風味が変わるが、嫌味はなく、スープによく合う。
s-DSC00327.jpg

白髪ねぎに少し隠れるようにちょこっと乗ったゆず。半分くらい食い進んで、味わうと、これもスープによく合う。
s-DSC00328.jpg

チャーシューはあぶってあり、表面は香ばしく、中は柔らかい。これもいい。
s-DSC00331.jpg

最初から半分乗っている味玉半分。赤みがかっていて、いい半熟具合。
s-DSC00329.jpg

大盛でも、つるつると入り、さほどきつくない。スープも飲み干して、完食。ごちそうさま。
s-DSC00332.jpg

で、塩の日でよかったかって?醤油は食っていないので、比較はできないが、この塩は、すばらしいとまではいかないが、グッド。食い終わって席を立つと、厨房から元気な声がかかった。接客は誠実な人柄が出ており、好感。
s-DSC00334.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★☆。


【住所】  川崎市川崎区南町8-9-4 サウスウイング川崎101
【電話】  044-245-1182
【営業時間】月~土11:00~14:30 17:00~1:00
      日11:00~14:30
【定休日】 水曜、日曜の夜
【アクセス】電車で:JR川崎駅東口から徒歩7分くらい。川崎ルフロンビルの脇道を抜け新川通へ。日進町交差点を左へ、少し進んだ左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席 テーブル席2

【メニュー】塩らーめん700円 塩全部入り1,000円 塩チャーシュー950円
      塩とんこつ650円 塩とんこつ全部入り950円 塩チャーシューとんこつ900円
      塩つけめん750円 塩つけめん全部入り1,050円 塩チャーシューつけめん1,000円
      醤油らーめん700円 醤油全部入り1,000円 醤油チャーシュー950円
      醤油とんこつ650円 醤油とんこつ全部入り950円 醤油チャーシューとんこつ900円
      醤油つけめん750円 醤油つけめん全部入り1,050円 醤油チャーシューつけめん1,000円
      塩半熟玉子100円 のり増100円 ライス100円
      麺大盛100円 ギョーザ400円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2013-11-22

川崎 麺匠ようすけ鶏煮亭

平成25年11月21日(木) 14:26訪問。
味玉らーめん750円を食す。

今日は川崎駅から少し離れたこの店。第一京浜を歩道橋で渡るとすぐの場所だ。濃厚鶏白湯。
DSC04908.jpg

いろいろあるメニューからもっとも基本そうな濃厚鶏白湯に決めた。
DSC04892.jpg

味玉が100円。さらに100円を追加すれば、特製濃厚鶏白湯になる。思い切って特製にした。食券を購入。
DSC04894-2.jpg

麺匠ようすけの歴史。平成23年11月に中野に開業。この店、鶏煮亭は、鶏煮と、「麺」、「スープ」、「具」の三位一体を表すトリニティにかけているそうだ。なーるほど。
DSC04895.jpg

先客ゼロ。店員は男女2名。調理しながらも、私語がとまらず、何となく知らない人の家に来たようで、居心地が悪い。仕事はきっちりしているので、まっいいか。男性店員が調理して、カウンター越しに登場。
DSC04896.jpg

真上から見たところ。糸唐辛子がアクセント。
DSC04897.jpg

濃厚スープ。鶏の風味が強めに響いてくる。塩ダレは控えめだそうだが、俺にはちょうどよく感じられた。濃厚だけど、さっぱりでこれはうまい。
DSC04898.jpg

麺は、スープがしっかりと絡むよう加水率低めに設定。中くらいの太さ。少しだけ縮れがある。いい感じだ。ゆっくり味わっていたら、激しく麺を啜る音がして、驚いた。男性店員がカウンターの一番隅で、昼食をとっていた。
DSC04900.jpg

チャーシューは、もも肉とムネ肉の2種類が2枚ずつ。控えめな味つけで、スープの印象を変えず、柔らかく肉の歯ごたえがいい。
DSC04902.jpg

穂先メンマは食感がよい。
DSC04906.jpg

青ねぎが、またこのスープに合っていて、地味に絶妙。
DSC04904.jpg

やや硬めの半熟玉子。味付けは控えめで、ちょうどいい。
DSC04905.jpg

さらに、地味ながら玉ねぎがいい。このスープと絡ませて食うと、とてもいい味わいで、これに気づいてよかった。玉ねぎのを集めて、スープと絡めて食ってみた。玉ねぎの甘みとスープの出汁があって、これはいい。
DSC04906.jpg

何やかんやで、濃厚なスープも堪能して完食。
DSC04907.jpg

カウンターに貼られたいいつけどおりに、食い終わったドンブリをカウンター上に上げて、そっと退散。しようと思ったら、客無視モードから、急に元気よく、ありがとうございます、の声がかかけられた。ちょっと驚いた。ごちそうさま。

それにしても、川崎駅はラーメン店が多い。近くて遠い街、川崎。ラーメン店については、横浜駅より川崎駅の方が、総じて魅力的だな。
DSC04911.jpg
鶏白湯では相当濃厚なこの店。鶏白湯だったら、ここかな。もちろん評価ではなく、このまた来たい(期待)度は、★★★。


【住所】  川崎市川崎区榎町1-18
【電話】  非公開
【営業時間】11:30~22:00
【定休日】 日曜日
【アクセス】JR川崎駅より徒歩約10分。川崎駅の東口に出て、市役所方面に進み、第一京浜を跨ぐ陸橋を渡ってすぐの道路左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席

【メニュー】濃厚鶏白湯750円 鶏白湯750円 
      濃厚鶏醤油750円 あっさり鶏そば680円
      鶏白湯つけ麺(並・中)780円 醤油つけ麺(並・中)780円
      特製濃厚鶏白湯950円 特製鶏白湯950円
      特製濃厚鶏醤油950円 特製あっさり鶏そば880円
      特製鶏白湯つけ麺(並・中)980円 特製醤油つけ麺(並・中)980円
      らーめん大盛り100円 つけ麺大盛り100円 つけ麺特盛り200円
      限定らーめん980円
      ◇トッピング
       味玉100円 ねぎ増し100円 のり増し100円 
       メンマ増し100円 鶏チャーシュー増し200円

      鶏そぼろご飯200円 奥久慈卵の玉子かけご飯200円
      まかないご飯300円 小ライス100円 ライス150円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2012-06-21

川崎 つけめん三三七

一番搾り(並)750円+味玉100円
DSC01034.jpg

超多忙期で、どうも更新が遅れがちだ。この日は、あまり天気はよくなく、気温も低いが湿度は高めで不快な日だった。昼時間をはずした14時過ぎだったので、先客は2名。カウンターのみの狭い店舗は、逆に期待感をあおる。店の入り口前に据えられた自販機は、小さいサイズで、台に置かれている。

俺も知らなかったのだが、この前食券自販機のメーカーが営業に来て、結構高いな、と思ったのを覚えている。この手のマシンは、一般には普及しないので、どうしても価格がこなれないようだ。そんなことはさておき、初訪問の店なので、迷わず一番ボタンを押し、ついでに味玉をトッピング。

店に入って、食券をカウンターに置き、待つ。アイドルタイムにも関わらずなぜか店員3名。メインの調理担当は、修行中なのかもしない。別の店員が指導的言辞を使っていた。キッチンタイマーで、きっちり測って、茹でている。できあがり前には、店員同士のキーワードで調理を確認しあっていた。勘やなれ合いでなく、しっかりオペレーションしている。

カウンターの上には、暖簾がかかり、つけ麺玉の玉の字をデザインして染めてある。さて、水はどこかと思ったら、店の奥に給水器が備え付けてあった。店内はL字的に曲がるカウンター席のみで、後ろは、少しゆとりがあるが、ひとりが通るのがやっとだ。雨が降ったら、傘をさして店外に並ぶのだろうな、と思った。

さて、最初につけダレがやってきた。次に麺がやってきた。麺は、全粒粉が入っているせいで、小さな粒が目立つそばみたいな色をした、つけ麺としては細めかな。風合いがいい。俺が選んだ一番搾りは鶏、煮干と野菜を煮立たせずに作ったスープに、さらに煮干を加えたもの。ちなみに煮番搾りは、煮干、さばなどの魚介と大量の野菜を入れ、鶏の旨みと魚介類のバランスがよいスープらしい。

このつけダレは、ちょっと苦みを感じたが、全体的には確かに煮干しの風味が強いかな。でも、バランスはいいです。魚介豚骨と違い、濃厚さはないが、かといって、あっさりし過ぎるということはない。バランスはとてもいい。具材は、すべてつけダレに入る。メンマ、海苔、つけ麺ではよくある、食べやすくカットした肉厚のチャーシュー、葱など。どの具材も悪くない。味玉は色白で、半熟加減はさほどではない。

麺量は並200gだが、ぺろりといける。食い終わったら、スープ割りを調理担当の店員さんにお願いする。この店は、ドンブリを渡すと、スープ割りをつくってくれるタイプの店。
DSC01035.jpg

スープ割りにすると、意外と失望することが多いのが魚介豚骨系のつけ麺だが、魚介鶏系は、濃厚風なあっさり味で、楽しませてもらえた。食っている間にも、ぽつりぽつりと客足は途絶えない。ほとんどが、リピーターのようだったが、中には初めての客もおり、老夫婦がうっかり店外の自販機を見落として入ってきたのだが、親切な店員さんは、一緒にメニューを説明しながら、食券を買う補助をしていた。スープ割りまで飲み干して、完食。ごちそうさま。次の機会があったら、とろりそばがねらいだな。

DSC01036.jpg

【住所】  川崎市川崎区小川町9-7
【電話】  044-246-0076
【営業時間】[月~金]11:00~15:00[土・日・祝]11:00~スープがなくなり次第終了
【定休日】 不定休
【アクセス】電車で:京急川崎駅から徒歩10分くらい。東口に出て、さいか屋と線路の間の道を駅を進み、日進町交差点を左折し、しばらく進んだ左側。      
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席、テーブル6人掛×2、4人掛×2、2人掛×3

【メニュー】つけ麺
       一番搾り(並)200g 750円 (中)300g 750円 (大)400g 850円
       煮番搾り(並)200g 800円 (中)300g 800円 (大)400g 900円
       辛搾り(並)(中)900円 (大)400g 1,000円
       
       とろりそば750円 とろしそば(大)850円
       替玉100円 一番搾り中華そば700円 一番搾り中華そば(大)800円
       特製(肉増・味玉・メンマ増)250円 肉増200円  味玉100円
       メンマ100円 のり100円 鶏皮100円 青ねぎ100円
【ホームページ】http://gyoku.co.jp/sansannana/store.html

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター