2015-03-17

海老名 中村屋

平成27年3月17日(火) 11:42訪問。
中村屋らーめん塩950円を食す。

仕事で出かけた際にちょうど乗換の海老名で昼時になったので、久しぶりに訪れてみた。
s-DSC04739.jpg

店内に入ると、フロア担当の女性店員が食券を買うように案内をしている。自販機の前で塩にしようか醤油にしようかと思案していると、「メニューをご覧になりますか」と畳みかけるので、急に焦りを感じる。前も塩を食ったので、醤油も相当迷ったのだが、次にいつ来るかわからないので、やはりここは塩かな、とぐるぐると頭のなかで思案しながら、結局塩にした。

昼前なので先客はひとりきり。しかし、次々と客は入ってくる。以前訪れた時と内装は変わっていないと思う。厨房に面したカウンター席を勧められた。

厨房では男性店員が、深ざるで激しく湯切りをしている。と思ったら、出来上がり。
s-DSC04727.jpg

一瞬、太麺?と思いきや、細いメンマだ。チャーシューは2種類。海苔は5枚。手慣れているようで、盛り付けは素早かったが、きれいに整えられている。
s-DSC04728.jpg

スープは、ああ、これだった、と前に食った記憶をよみがえらせる魚介のうまみが、何とも心地よい。この奥行きとバランス感がとてもいいのだ。いつの間にか慣れていく前の、最初のうちの味わいがいい。意識しながら、うまみをしっかりと味わう。
s-DSC04729.jpg

素直なストレート麺は、細目が上品でスープによくあっている。啜るときの食感がたまらない。
s-DSC04731.jpg

多目に盛られた細いメンマは、固めの食感。
s-DSC04732.jpg

チャーシューは見かけはいまいちだが、肉のうまみがしっかりと出ている。
s-DSC04733.jpg

さらに、鶏チャーシューは厚めで、癖がなくて、こちらの方がむしろよかった。
s-DSC04735.jpg

半分のっている味玉は、ほどよい味付けだった。
s-DSC04736.jpg

具のまったくのらない、かけそばみたいなメニューもあるのだが、それくらい、スープと麺が圧倒的に主役だった。ということで、結局のところ、それほどチャーシューなどにこだわらない俺からすると、普通のラーメンでじゅうぶんということだ。つい、こういう店に入るとワンランク上のメニューを選ぶのが悪い癖だ。

なにはともあれ、うまかった。完食。ごちそうさま。
s-DSC04737.jpg

もし、次来ることがあれば、醤油らーめん、それも一番スタンダードなやつだな。

【住所】  海老名市中央2-5-41 サティ立体駐車場1階
【電話】  046-233-7278
【営業時間】平日11:00~14:30 18:00~21:00
        土日祝11:00~21:00
【定休日】 なし
【アクセス】電車で:相鉄線・小田急線・JR相模線海老名駅下車。徒歩6分。海老名駅東口からサティをめざす。サティの向かい側に駐車場棟があるので、その1階。
      車で:海老名サティの駐車場1階。ただし駐車場料金サービス等はなし。

【駐車場】 多数
【席数】  カウンター6席 テーブル5席 4席 2席 6席

【メニュー】らーめんしお780円 柚子塩らーめん900円 
      中村屋らーめん塩950円 特中村屋塩1,100円
      らーめんしょうゆ780円 柚子醤油らーめん900円 
      中村屋らーめん醤油950円 特中村屋醤油1,100円
      だしかけ(塩・醤油)600円
      真空平打麺+50円 麺大盛り150円
      味噌らーめん900円 特中村屋 味噌1,100円
      チーズトッピング100円

      焼豚のたたき飯350円 日替わりまなかない飯350円
      ごはん(大・中・小)130円 たまごかけごはん150円
      自家製おかかごはん150円

      ◇トッピング
       あじ玉100円 メンマ150円 海苔5枚100円
       チーズ100円 焼豚1枚150円 焼豚3枚450円
       削りたてかつお節110円
【ホームページ】http://www.dearest-style.com/
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-08-11

厚木 らーめん たいざん 海老名SA店

平成26年8月11日(月) 21:20訪問。
燻製醤油らぁめん900円を食す。

上田からの帰りに立ち寄ったサービスエリアの中のラーメン店。こんな夜中だというのに混んでいる。このフードコートには他にもラーメン店がもう1軒あるのだが、こちらの方が人気のようだ。
s-IMG_0853.jpg

並んで、食券を買うと、ベルを渡される。これが鳴ったら、出来上がりの合図。意外と待たずに、約4分で鳴った。
s-IMG_0836.jpg

豚骨に馬油みたいな、香油がかかっている。
s-IMG_0839.jpg

でも、馬油ではなかった。魚介由来の油。
s-IMG_0841.jpg

とんこつベースの白いスープは、さらっとして、癖がなく飲みやすい。
s-IMG_0842.jpg

しかし、うま味が強すぎて、化調っぽさを感じる。揚げネギは、多すぎてアクセントを越えている。
s-IMG_0848.jpg

麺は中くらいの太さでストレート。もう少し固めの方がよかった。それに、やや湯切りが甘いような気もする。
s-IMG_0846.jpg

チャーシューは、小さ目で、全部集めてもレンゲ一杯分くらい。
s-IMG_0847.jpg

メンマは、太目で短め。これはよかった。
s-IMG_0849.jpg

スープは少し残した。
s-IMG_0852.jpg

千円払って、100円のお釣り。これって、SA価格なのだろうか。どうも、価格に釣り合わないように思えた。
s-IMG_0854.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、☆。

【住所】  海老名市 大谷南 5-1-1 海老名サービスエリア 上り 2F
【電話】  046-244-5300
【営業時間】24時間
【定休日】 無休
【アクセス】車で:東名高速道路上り線海老名サービスエリアの2階。
【駐車場】 無数
【席数】  フードコートなので多数
【メニュー】燻製醤油らぁめん900円
      しおらーめん780円 しょうゆらーめん780円 
      えびしお880円 ゆずしお850円 
      肉ジンジャー麺880円(am10:00~pm10:00) ねぎしょうゆ880円
      魚介節つけ玄麺980円(am10:00~pm10:00) 
      えび香るえびつけめん900円(am10:00~pm10:00)
      夜間限定(pm10:00~am5:00) 大麺850円
       紅富士大麺豚W1,100円
      カレーつけ麺980円
      ◇セットメニュー(am10:00~pm9:00)
       ミニチャーハンセット+150円
       半ライスセット+100円
       水餃子3ケ+半ライス+280円
       ミニ生姜焼き丼+360円
       ミニチャーハン+300円
      ◇トッピング
       とろとろたまご100円 のり増し100円
       チャーシュー300円 メンマ100円
       ネギ増し100円
【店舗Web】http://r-taizan.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-06-24

門沢橋 いっぱち

平成26年6月24日(月) 13:21訪問。
しょうゆ730円を食す。

遠く近く雷鳴をききながら、中原街道経由でやってきた。ちょうど、止み間だったので、駐車場から濡れずに店に到着。
前々から少しに気になっていた店で、ようやく訪問できた。
s-DSC01316.jpg

旭川ラーメン。しかも濃厚豚骨。旭川といえば、ラードが浮いているとか、加水率低めのぼそぼそ麺とか、特徴が挙げられるが、ここのラーメンはどんな具合だろうか。
s-DSC01315.jpg

店をくぐると、厨房が大き目にとってあり、カウンターが対面式に並ぶ。もう少し席数はとれるのかもしれないが、店主1名が前提なのか、席数は8席。先客は2名。水もライスもセルフサービス。
s-DSC01301.jpg

発注は口頭で。よく見たら玉子もあったけど、あとで気が付いたので、今回はパス。店主ひとりながら、きれいに片づけられたカウンターの上の調味料類。
s-DSC01300.jpg

俺は、発注しなかったけど、ライスは自分で好きなだけ盛るしくみのようで、てんこ盛りも可能みたいだ。でも100円。良心的。自慢めいた注意書きなどがないのが、潔くて好感だ。
s-DSC01298.jpg

店主は白のTシャツにジャージに長靴姿。Tシャツの背中には、ご自身で太いペンで書かれたと思しき、いっぱちの文字が躍る。麺茹では、大きな鍋で、平ざるでなれた手つきで、リズミカルに掬って湯切り。これも、ますます好感。約6分。俺のラーメン作成前に、先客の味噌ラーメンを作っていたので、たまたま時間がかかったようだ。
s-DSC01302.jpg

見た目にも濃そうなスープとちょっとぼそっとしていそうな麺。
s-DSC01304.jpg

強めに醤油味が効いたスープは、ちょっとしょっぱいけど、そのしょっぱさが嫌味にならないくらいのところで、うま味とのバランスをとっている。先入観なしに食ったので、最初は醤油強めだな、と感じた。が、しばらくすると慣れた。豚骨臭はまったくなく、尖った醤油味が突出して破綻させないのは、豚骨の豊かな出汁のおかげだ。
s-DSC01305.jpg

そして、案の定、ぼそっとした食感がこの濃い味スープによく合う。旭川を謳うだけのことはある、独特の味わいがいい。これは見た以上に旭川ラーメンらしさがある。
s-DSC01307.jpg

ふんだんに盛られたメンマ。味付けもやや濃いめがいいね。
s-DSC01308.jpg

チャーシューは力を入れてるようで、販売もしている。柔らかくて、うまみもあっていい。
s-DSC01311.jpg

濃厚豚骨の名乗りに恥じない一杯。旭川って名乗りながらも、俺が想像していた旭川とはちょっと違ったけど、その特徴は旭川ラーメンというカテゴリの円周の中には入っているようで、楽しく食えた。この後の仕事の都合もあり、スープを飲み干すほど余裕なく、終了した。ごちそうさま。
s-DSC01313.jpg

この店は何気なく変わったポイントがある。これもそのひとつ。俺の座った端っこのカウンター席上には、小銭が無造作に置かれていた。大丈夫か、店主。人を信用しすぎていないか。それとも、もしかして、代金もセルフサービスということ? ではなかったようだ。
s-DSC01312.jpg

店を出たら、ぽつぽつ、と雨が降ってきた。と思ったら、あっという間に豪雨になった。この辺の水田にとっては、恵みの雨になったのかな。
s-DSC01317.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。

【住所】  海老名市門沢橋173-4
【電話】  046-238-5022
【営業時間】12:00~14:00 18:00~23:30
【定休日】月曜日
【アクセス】電車で:JR相模線門沢橋より徒歩10分くらい。駅を出て線路を右に見ながら進み、小さな川を渡って、少し先の踏切より手前の左側に入る道を進んで、2車線道路にぶつかったら右に曲がってすぐ。    
【駐車場】 店の先を左に入ったところに4台分。
s-DSC01318.jpg
【席数】  カウンター8席
【メニュー】しょうゆ730円 チャーシュー麺1,070円
      みそ780円 みそチャーシュー1,120円
      つけ麺830円 チャーシューつけ麺1,170円
      大盛100円 味玉100円
      ギョウザ400円 豚丼350円
      ごはん100円 セルフサービス

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-06-16

海老名 たんめん専門店 百菜 ビナウォーク店

平成26年6月16日(月) 13:40訪問。
野菜つけめん850円を食す。

今日も相模鉄道利用で外出。先週は、あまり車内が涼しくないな、と思ったが、今日はスーツの薄い上着を羽織ってちょうどいいくらいの冷房具合だった。俺好みだ。よく寝られた。睡眠不足も解消。そして、終点の海老名乗換なので、ちょこっとビナウォークに寄ってみた。
s-DSC01184.jpg

先週も来たので、勝手はわかっている。平日は、どの店もまあ空いている。今日はやはり暑いので、つけ麺かな。正面のつけ麺メインの店は、すでに実食済みなので、いろいろ見たけど、今日はここに決めた。
s-DSC01182.jpg

野菜がのったタンメンがメインだが、今日はあえてセオリーをはずして、タンメンではなく、野菜つけめんにしてみる。店内を入ると、にぎやかな食券自販機。写真付きでわかりやすい。
s-DSC01159.jpg

大きなカバンを持っていたので、ひとり客だがテーブル席に落ち着かせてもらった。先客2名も同じようにそれぞれテーブル席に座っていた。店内は明るいグリーンの椅子が目立って、明るい雰囲気。
s-DSC01178.jpg

店員も同じ色のTシャツを着ている。席に着くと、整った顔立ちの若い女性店員が水をもって注文の確認に席にやってきた。少し、日本語の語尾がたどたどしい。それでも、強引に言い切る強気なしゃべり様。同じく、調理に鍋をふるう男性店員も日本語は、さほど流暢ではない。夫婦ではなさそうだが、手際がよくて見ていてなかなか気持ちがいい。テーブルの上の水はごく薄いレモン水。
s-DSC01160.jpg

約9分で運ばれてきた。器は3つ。野菜だけが盛られた皿が面白い。
s-DSC01164.jpg

野菜はタンメン同様炒めたものを麺にのせるのではなく、別皿で提供している。
s-DSC01167.jpg

麺は冷もりにした。つけ麺は大盛りも無料なので、大盛りで発注した。ちなみに並盛300g、大盛り500g。おお、500g! は、ないな。少し茶色がかったなかなかうまそうな外観だ。
s-DSC01166.jpg

つけ汁は豚骨系かな。細かな背脂が浮いているみたいだ。
s-DSC01165.jpg

それでは、さっそく麺をつけていただいてみよう。冷水でしめないまでも、ややぬるめの感じだが、その辺は気にせずにおこう。まずまずの固さの茹で具合。つけ汁は、豚骨に穏やかな魚介系が合わさったもので、ほどよいうまみ。
s-DSC01169.jpg

と、ここでふと思ったのが、この野菜の食い方。もやし、キャベツ、にんじん、きくらげ、ニラなど。一体どう食うのが正しいのだろうか。
s-DSC01171.jpg

どう食っても自由なのだろうが、まあ、普通はつけ汁に入れるだろうと、少しずつ投入した。
s-DSC01170.jpg

野菜にも味がついており、徐々に味が変化する。
s-DSC01172.jpg

野菜の味付けは生姜味が目立つ。モヤシの白さに同化してわかりづらいのだが、すりおろしショウガがアクセントになって、後半もあきさせない。
s-DSC01175.jpg

つけ汁の中には、まず、メンマ。こりゃ、業務用かな。
s-DSC01176.jpg

小さ目カットのチャーシュー。普通です。
s-DSC01173.jpg

それにしても、野菜もつけ汁を掬っていくので、どんどんつけ汁がなくなっていく。最後の方は、あまり残らなかった。汁が少なくなると、小さな背脂が結構目立った。それと、やはり最後はしょっぱさが強くなるのは、仕方ないかな。
s-DSC01180.jpg

というわけで、麺と野菜をすべて食い終えたら、あまりつけ汁が残っていなくて、いったいこの店がスープ割りをサービスで出すのかもわからなくて、結局、そのまま終了。
s-DSC01179.jpg

野菜を合わせて食うつけ麺、楽しかった。隠していたおろしショウガも、後半味を強める工夫だったのかな。食ってるうちに、2名ずつ4名の客が来たが、すべて女性。しかもタンメン。夏に平然とタンメン食って、汗かかないのは、俺としてはとてもうらやましい。
s-DSC01181.jpg
次は機会があったら、基本のたんめんを食ってもいいかな。この店のまた来たい(期待)度は、★★。

【住所】  海老名市中央1-18-1 ビナウォーク6番館1階
【電話】  046-234-5666
【営業時間】平日・土曜 11:00~26:00(L.O.25:30) 日・祝11:00~23:30(L.O.23:00)
【定休日】 なし
【アクセス】電車で:相鉄線・小田急線・JR相模線海老名駅下車。徒歩5分くらい。海老名駅東口から駅を背にまっすぐ進む。七重塔の先。
【駐車場】 多数
【席数】  カウンター9席 テーブル席4席×4 2人×1

【メニュー】毎日野菜つけめん750円 毎日野菜味噌たんめん790円
      毎日野菜辛たんめん790円 つけめん(特大)500g900円
      ハーフ毎日野菜つけめん650円 ハーフ毎日野菜味噌たんめん690円
      ハーフ毎日野菜辛たんめん690円
      野菜つけめん850円 野菜辛つけめん890円
      野菜たっぷり塩タンメン690円 麻婆たんめん690円
      和風魚介醤油ラーメン550円 和風魚介醤油ワンタンメン750円
      旨塩ラーメン550円 旨塩ワンタンメン750円
      水餃子250円 焼餃子250円
      ライス100円
      鶏唐揚マヨ250円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-06-12

いろは 海老名ビナウォーク店

平成26年6月12日(火) 11:43訪問。
黒・味玉らーめん880円を食す。

本日も外出。曇天で、気温もやや低め。海老名で途中下車し、駅をまっすぐ進んだビナウォークのらーめん処にやってきた。久しぶりやってきた。せっかくなので、いろいろ迷ったが、ここは未食の店にしよう。店の前を通りかかったら、元気のよいおばちゃん店員が、しきりに勧めるので、ついふらっと入ってしまった。
s-DSC01116.jpg

まだ正午前なので、先客は一人だけ。大きなカバンを下げていたので、カウンターではなく、テーブル席を勧められた。そして、勧められるまま席についた。その前に食券自販機にて、食券を購入。ここは基本の黒醤油らーめんにしてみた。ラーメンと一緒にライスはいかがですか、と食券を買うときにいわれたが、テーブルの上ははふりかけも用意されていた。
s-DSC01101.jpg

サービスのミニサラダです、ってへえ、ありがとうございます。
s-DSC01100.jpg

空いていたので、約3分で運ばれてきた。
s-DSC01101.jpg

赤のドンブリに黒のスープが映える。
s-DSC01103.jpg

レンゲが黒なので、わかりにくいが、スープは真っ黒。黒さは醤油由来だが、醤油味はややとがっているが、思ったよりはまろやかだ。丸鶏と野菜でとったというスープは、コクがあり、奥行きもあってバランスがいい。さらに、ネギと合わせると、どことなくそばのつゆのような味の錯覚を覚える。
s-DSC01104.jpg

もちっとした少しだけ縮れた麺は、意外とこのスープに合う。
s-DSC01105.jpg

適度な硬さのメンマもよく合っている。
s-DSC01106.jpg

スープで黒ずんたチャーシュー。肉のうまみがよく出ている。
s-DSC01111.jpg

半熟の玉子は、スープに浸ってしまったが、それに負けないはっきりとした味わいだった。
s-DSC01112_20140615184437b0c.jpg

スープは、いいんだけど、スープだけになったら、ちょっとしつこく感じて、残してしまった。
s-DSC01114_20140615184438a91.jpg

とってもサービスのいい店だった。50円でライス食べ放題なんていうのもやっていた。
s-DSC01115_20140615184439b21.jpg
白エビ塩らーめんというメニューも気になった。この店のまた来たい(期待)度は、★★★☆。

【住所】   海老名市中央1-18-1 ビナウォーク6番館 1F
【電話】   046-232-9333
【営業時間】11:00~22:00
【定休日】 無休
電車で:相鉄線・小田急線・JR相模線海老名駅下車。徒歩5分くらい。海老名駅東口から駅を背にまっすぐ進む。七重塔の先にある。
【駐車場】 多数
【席数】  カウンター8席 テーブル席4人×1 2人×1
【店舗Web】http://www.menya-iroha.com/

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター