2017-09-15

新羽 ハイパーファットン

平成29年9月15日(金) 13:58訪問。
小ラーメン(豚1枚)800円を食す。

地下鉄新羽駅前に8月にオープンした店だ。もちろん、初訪問。いわゆる二郎系統という部類のラーメン店。腹のへり具合もちょうどいいし、時間的にも空いている可能性が高い。
s-DSC02718_201709170935058eb.jpg

並びもなく、店にはすんなり入れた。まずは、食券を購入する。危険な大ラーメンはやめて、もちろんミニではなく、小ラーメンの食券を買って、ホール係の男性店員の指示にしたがい、カウンター席端にすわる。
s-DSC02711_20170917093509a0d.jpg

給水器のそばにコップだけでなく、箸やレンゲも置いてあり、すべて自分でもってくるしくみだ。
とはいえ、箸やレンゲを直にテーブルに置くのは嫌なので、とりあえず水だけ汲んで、着席して待つことにする。

カウンター席の前にはこんな親切な?掲示がしてある。確かにニンニク、「まし」と「なし」とじゃ、似ているけど大違い。
s-DSC02712_20170917093511f5a.jpg

しばらくして、「ニンニクを入れますか」のいわゆるコール。仕事中なので、ニンニク少なめにヤサイでお願いした。豚が大きい。
s-DSC02713_20170917095134a81.jpg

まずは、麺を下から持ち上げ、野菜をスープに沈める作業を繰り返し、そして麺を食う。太目の平打ち麺は、いわゆるもちもちで食いでがある。これは、侮りがたいボリュームだ。
s-DSC02715_2017091709513541f.jpg

スープは、はっきりとした豚骨醤油で、とろみを感じるようなこってりさ。

厚くて、大きい豚はむせるくらいボリューム大。少し濃い目の味付けだ。
s-DSC02716_20170917095137597.jpg

野菜は案外キャベツが多めだった。麺と具は完食。スープは残してしまった。
s-DSC02717_20170917095138b69.jpg

白いカウンターテーブルを、食い終わったドンブリを上げたら、備えつけの布巾で拭いて、おしまい。
ああ、食ったあ。それにしても、なんか妙に緊張したな。
s-DSC02710_20170917101630043.jpg

【住所】   横浜市港北区新羽町1688-1
【電話】   
【営業時間】 11:00~16:00
【定休日】 火曜日 
【アクセス】電車で:横浜市営地下鉄ブルーライン新羽駅から徒歩2分くらい。

駅を出たら、目の前の信号を渡る。
s-DSC02720_201709171016317d9.jpg

渡ったビルに看板がある。この奥。
s-DSC02721_20170917093506d21.jpg

ビルの間に入って、ずっと進んだ左側。
s-DSC02719_20170917101634233.jpg

【席数】  カウンター8席 テーブル席4人、2人
【メニュー】ミニラーメン(豚1枚)700円 小ラーメン(豚1枚)800円
      大ラーメン(豚1枚)900円
      ミニラーメン(豚抜き)600円 小ラーメン(豚抜き)700円
      ミニ赤ラーメン(豚1枚)750円 小赤ラーメン(豚1枚)850円
      大赤ラーメン(豚1枚)950円
      ミニ赤ラーメン(豚抜き)650円 小赤ラーメン(豚抜き)750円
      汁なしそば100円
      ライス100円 賄い飯300円
      麺マシ(150g)100円
      豚1枚100円 うずら5個100円
      生卵50円 チーズ100円
      粉チーズ50円 魚粉100円
      ねぎ100円
【店舗web】https://twitter.com/hfatton_nippa
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-05-22

稲田堤 武蔵家稲田堤店

平成29年5月22日(月) 15:14訪問
ラーメン並650円を食す。

今日は川崎の北部を仕事で訪れた。ついタイミングを逃して遅すぎる昼食。駅から近いのだが、あいにくクルマで来ていたので、近くのコインパーキングに停めて訪問問。店内に入ってすぐの食券自販機で食券を購入。とりあえずラーメンにする。
s-DSC01864.jpg

カウンター席について、食券をカウンターに置くと、お決まりの味の好みをきかれるので、すべて普通でお願いする。昔は麺固めで発注することが多かったのだが、ある時からその店の標準を知らないのに、固めも失礼かと考えを改めた。そして、さらに驚くのは平日のこの時間はトッピングが一品無料でサービスということだ。迷いなく、味玉を選択。それにしても太っ腹だ。

カウンターの上は必要な調味料がそろう。おろしショウガがあるところが回転のよい店の証かな。とにかくいい店だ。
s-DSC01854.jpg

もちろん、ライス無料を見逃すわけはなく、食券とともにお願いした。すぐにライスが提供された。漬物がうれしい。
s-DSC01855.jpg

そして、ラーメン。泡立つスープ。決して美しくはないけど、食欲をそそる。
s-DSC01856.jpg

この少しだけ濃い目の醤油味が次々と食う意欲をかきたてる。
s-DSC01857.jpg

中太の平打ち麺がスープを適度に絡めてこれもうまい。スープとの相性がいい。
s-DSC01858.jpg

そして、もう耐えきれない。早々にニンニク、ショウガ、ゴマにコショウをかけてみる。味の変化もベースがしっかりしていてこそのものだ。この濃い目のスープにさらに濃い味付けを加えるのが、楽しい。
s-DSC01859.jpg

スモークではないけど、肉厚のチャーシューは、味つけもほどよくて、チャーシューメンもいいかなと思わせる。
s-DSC01860.jpg

ほくほくとした玉子は少し固め。でもこれはサービスなので無料。
s-DSC01861.jpg

そして、これまた我慢できず、ライスをスープにあけてしまった。
s-DSC01862_20170707234701d84.jpg

さらには、ブラックペッパーも振ったりして、これはもう掟破りな炭水化物の二重奏だ。
s-DSC01863.jpg

結果は完飲、完食。ああ、満腹。この店はライスに惹かれて飛び込んでみたが、まさかの無料トッピングまでついていた。ごちそうさまでした。
s-DSC01865_20170707234706198.jpg

【住所】  川崎市多摩区菅2-1-1
【電話】  044-945-9898
【営業時間】11:00~1:00 
【定休日】  無休
【アクセス】電車で:JR南武線「稲田堤駅」より徒歩1分くらい。改札を出て、左に進み、線路を渡る。少し進み、すぐ右の路地(一方通行車両進入禁止)に入り進んだすぐ右手。。
【駐車場】 なし


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席

【メニュー】ラーメン並650円 ラーメン中750円 ラーメン大850円
      チャーシューメン並850円 チャーシューメン中950円
      チャーシューメン大1,050円
      半熟味玉ラーメン並750円 半熟味玉ラーメン中850円
      半熟味玉ラーメン大950円
      キャベツラーメン並750円 キャベツラーメン中850円
      キャベツラーメン大950円
      ネギラーメン並750円 ネギラーメン中850円
      ネギラーメン大950円
      モヤシラーメン並750円 モヤシラーメン中800円
      モヤシラーメン大900円
      のり増しラーメン並700円 のり増しラーメン中800円
      のり増しラーメン大900円 
      
      ◇トッピング
       半熟味付玉子100円 茹でキャベツ100円
       ほうれん草増し100円 ネギ150円
       のり増50円 モヤシ50円
       チャーシュー200円 

      ギョーザ350円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2017-04-19

菊名 らーめん ゑびす

平成29年4月19日(水) 15:37訪問。
ゑびすらーめん700円を食す。

今日は菊名で仕事。昼飯を食ってからでは微妙だったので、先に仕事を済ませて、帰りに目についたラーメン屋によってみた。
s-DSC01559.jpg

メニューはいろいろあるなあ。ちょっと店の規模に合わないくらいたくさんある。 ゑび朗って、もしかしてあのラーメンのまねかな。初訪問なので、おとなしく1番左上のボタンにしてみた。
s-DSC01558.jpg

店主だろうか、まじめそうな男性が厨房で働いている。客は後にも先に俺だけなので、食券を渡すと、すかさず調理開始。その前に好みをきかれたが、すべて普通でお願いした。

カウンターだけの店内は年季が入っている。テーブルには生姜もセットされている。いい店だ。
s-DSC01549.jpg

店内を見渡すと、こんな貼り紙が。余計な接頭語で意味がわかりかねる。鬼のバランス感!!って何なんだ。まあ、貼らざるを得ないのかもしれないけど。逆効果かもね。
s-DSC01550.jpg

そんなことをチェックしている間に俺のラーメンがカウンターにのせられた。
s-DSC01551.jpg

やや甘目の豚骨スープに醤油ダレ。いわゆるライトな豚骨醤油だけど、悪くない。
s-DSC01552.jpg

麺は少し縮れのある平打ち麺。つるつる感がもう少し弱い方が好みだな。現状だとスープとの相性が今ひとつに感じた。
s-DSC01553.jpg

仕事中なので、ニンニクは控えて、ショウガにブラックペッパーを入れてみた。まあまあ。あまり入れすぎないほうがよい。
s-DSC01555.jpg

チャーシューは平凡だけど、味はよい。
s-DSC01556.jpg

玉子も普通。
s-DSC01554.jpg

結局、最後にスープは少し残してしまった。すみません。
s-DSC01557.jpg

貼ってはあったけど、はまれぽのアドバイスはとりいれなかったみたいだ。

【住所】  横浜市港北区菊名4-2-4
【電話】   045-431-5592
【営業時間】[月~土]11:30~翌1:00 [日・祝]11:30~0:00
【定休日】 不定休 
【アクセス】電車で:東急東横線菊名駅東口徒歩1分弱。東口から出て、階段を下りたら左側に進んだ道路の向かい。


【席数】  カウンター7席
【メニュー】ゑびすらーめん700円 らーめん500円 
      きゃべつらーめん650円 煮干中華そば650円
      みそ・辛みそらーめん650円 チャーシューメン750円
      坦々麺750円 
      ミニらーめん(味玉付)500円 
      つけ麺(大盛無料)650円 
      油そば(大盛無料)650円 煮干油そば(普通盛)650円
      ゑび朗(大盛無料)650円
      大盛100円
      ◇トッピング
      味玉100円 のり(10枚)100円
      キャベツ100円 ほうれん草100円 
      青ねぎ100円 めんまorもやし100円 
      ねぎ・辛ねぎ150円 チャーシュー(4枚)250円
      小ライス100円 ライス150円
      チャーシュー丼250円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-12-12

日吉 ラーメンどん

平成27年12月12日(土) 16:12訪問。
ラーメン680円を食す。

今日も仕事だ。しかし、早めに終わって、遅めのランチ。所用にて日吉に行ったついでに、未訪問のこの店に寄ってみた。駅からすぐ近くで、迷うべくもない。隣のあびすけは一瞬、外待ちが出来ていたが、たとえ人が並んでいても、焼き油そばが魅力的でも、もちろん初志貫徹で、こっちの店だ。
s-DSC07727.jpg

いわゆるラーメン二郎的なこの店は、入ったらまずは食券を買うシステムだ。当店の小ラーメンは、一般的なラーメン店の標準的な量です。初来店のお客様には、小ラーメンを、お奨めします。なるほど、しかし、俺はかなりすきっ腹なので、小ではなく、普通に200gラーメンを選択した。食券を買うと、カウンター席を案内される。
s-DSC07716.jpg

食券を渡すタイミングで、お好みをきかれた。すべて「普通で」お願いした。ついでにニンニク入れますか?も同じタイミングできかれるので、「少し」でお願いした。後からきた客は、「ニンニク多め。別皿で。」と発注していた。へえ、そういうのもあるのか。写真だと野菜多目でなくとも結構野菜量は多そうだ。
s-DSC07717.jpg

味が薄いときは、味濃くするタレが用意されている。しかし、そのままの名前がわかりやすいな。
s-DSC07718.jpg

先客は5名。店員は3名。厨房で背脂をふっているな、と思ったら、まもなくカウンターに俺のラーメンがのせられた。野菜は写真ほどではないが、なかなかの盛りだ。
s-DSC07719.jpg

ニンニクは少な目にしておいてよかった。野菜はもやしだけでなく、キャベツも多めだ。それにしても、背脂が結構入っているな。
s-DSC07720.jpg

ほんじゃ、まあスープから味わってみよう。どうやっても避けられない脂は覚悟して飲んでみる。意表をついて、見た目よりマイルドな口当たりで、なかなかうまい。若干甘みが目立つが、気になるほどではない。ちょっとスープ量が少ないかな。
s-DSC07721.jpg

野菜をかきわけ、かきわけ、麺を持ち上げてみた。太麺だけど、一般的なラーメン二郎的な麺に比べたら細めで、ぼそっとしたやや硬めに茹でられている。この食感、好きな部類だな。量が多いといっても、腹にずしりとたまっていくような感覚はまったくない。
s-DSC07723.jpg

チャーシューは大きめのバラ肉ロールが2枚。
s-DSC07724_20151212190607720.jpg

厚みもあって、柔らかくて味つけもほどよい。これで680円はお買い得だ。
s-DSC07725.jpg

別にまずいわけでも、苦しいわけでもないのだが、やはり、スープは少し残しておいた。脂少な目でよかったな。まあ、初訪問時は、標準で行こうってきめているから、後悔していないけど。
s-DSC07726.jpg

食っている間も、客は途切れずにはいってくる。野菜マシマシやら、野菜マシマシより少し少な目など、変わった注文にも、しっかりと答える姿勢が立派だ。とはいえ、店の方も慣れているようで、当たり前のように対応していた。駅近くにラーメン屋が多く存在して
競い合っている日吉って、やっぱり楽しいな。
s-DSC07729.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★。

【住所】  横浜市港北区日吉2-1-8
【電話】  046-564-1721
【営業時間】[月~土]11:00~2:00 [日]11:00~22:00
【定休日】 
【アクセス】電車で:東急東横線日吉駅西口から徒歩1分。改札を出て左の西口から、駅に沿うように一番右の道路を直進した右側。


【駐車場】 なし
【席数】  カウンター7席 テーブル4席×1 2席×1

【メニュー】麺200g
      ラーメン680円 つけ麺750円 
      味噌ラーメン780円 味噌つけ麺800円
      麺300g
      大ラーメン780円 大つけ麺850円 
      大味噌ラーメン880円 大味噌つけ麺900円
      麺150g
      小ラーメン630円 小つけ麺700円 
      小味噌ラーメン730円 小味噌つけ麺750円
      ◇トッピング
       チャーシュー150円 Wチャーシュー300円 
       こま切れチャーシュー150円
       煮玉子100円 のり80円 コーン80円
      大盛(麺100g増)100円
      チャーシューめし350円 ライス100円
      小ライス80円 大ライス180円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-10-26

日吉 らー麺ひよし家

平成27年10月24日(土) 12:27訪問。
塩 特製らー麺850円を食す。

今日は日吉に所用でやってきた。日吉はラーメン家がやたらと多い、楽しい街だ。豚骨ラーメンが多い中、選んだのは、ここ。ひよし家だ。
s-DSC07369.jpg

「天然素材をふんだんに使用した澄み切った極上スープ」の惹句が、とても魅力的だ。さあて、今日は何にするか。先回といっても、ずいぶん前だが、醤油を食った。今回は塩にしてみた。
s-DSC07357.jpg

店内は土曜の昼時で、ほぼ満席。テーブル席のみなので、二人がけテーブルに案内された。ていねいだけど、きびきびした女性店員が水を運んできたので、注文を告げて、しばし待つ。小さな子どもを連れて入ってきた客に、ていねいだけど、毅然とした物言いで、昼時なので小さなお子様連れはご遠慮ください、と断っていた。

テーブルの上には、小さなブラックペッパーに唐辛子、にんにく酢が備えられている。
s-DSC07358.jpg

少し待って、ラーメンが運ばれてきた。運んできてくれたのは、先ほどの女性店員だ。特製は具だくさんなのだが、きれいな盛り付けだ。
s-DSC07359.jpg

金属製のレンゲで味わうクリアなスープは、うま味がたっぷり。少しだけ尖った、おそらく煮干しだろうと思われる魚介系の出汁が効いていて、優しいけど、あっさりだけでない、うまさがある。
s-DSC07361.jpg

細い縮れ麺はコシがあって、スープに負けないくらい、主張している。
s-DSC07363.jpg

チャーシューは柔らかくて、とても品がよい。これは、数を食うより、2枚くらいがちょうどいい。
s-DSC07365.jpg

玉子は、見た目に品よく半分に切ってある。いつもは最後まで残しておくのだが、スープにつかる前に今日は早めに食ってみた。やや控えめながら、よい味わい。
s-DSC07364.jpg

スープがうまい。麺もうまい。具もいい。最後はドンブリを手で持って飲み干して、完食。
s-DSC07366.jpg

昼時なので、頻々と客が入ってくる。他の店と違って、学生らしい客はあまりいないようだ。日吉で、喫茶店のように落ち着いて食える店ならここ。しかも、無化調。原点という名のらー麺。うまし。
s-DSC07368.jpg

【住所】  横浜市港北区日吉本町1-4-21
【電話】  045-561-8006
【営業時間】月曜日~土曜日11:30~15:00 18:00~21:00
      祝日 11:30~15:00くらい
【定休日】 日曜日
【アクセス】電車で:東急東横線・横浜市営地下鉄グリーンライン日吉駅から徒歩3分。西口から放射線状にのびた通りのうち、駅から直進する道路のすぐ右の通り、亀屋万年堂のある浜銀通りを直進。みずほ銀行と横浜銀行の間の道を左折して進んだ右側。


【駐車場】 なし
【席数】  テーブル2席×9

【メニュー】大盛麺サービス
      醤油 (細麺 天然の旨味であきない味。健康優良食。)
      らー麺750円 特製らー麺850円
      ちゃーしゅう麺950円
      九条ねぎらー麺900円 九条ねぎちゃーしゅう麺1,150円
      トッピング
      ワカメ・のり・味玉子・メンマ・バター各100円

      塩 (細麺 モンゴル産の岩塩を使用。まろやかな口切れさっぱり)
      らー麺750円 特製らー麺850円
      ちゃーしゅう麺950円
      九条ねぎらー麺900円 九条ねぎちゃーしゅう麺1,150円

      味噌(太麺。信州合せ味噌ベースにスパイス30種類をブレンド、コク深い)
      らー麺800円
      熟成辛口らー麺(辛さ 小・中・大)900円
      チーズらー麺1,150円
      ちゃーしゅう麺1,000円 
      九条ねぎらー麺950円 九条ねぎちゃーしゅう麺1,150円
      スタミナらー麺900円

      つけ麺(小辛・中辛・大辛できます)
      醤油 並800円 特盛950円
      塩 並800円 特盛950円
      味噌 並800円 特盛950円

      麺+カレー丼250円 麺+そぼろ丼350円
      麺+牛すじ丼400円 麺+牛すじカレー丼350円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター