2015-03-19

町田 胡心房

平成27年3月19日(木) 12:52訪問。
味玉らぁめん800円を食す。

今日は町田に外出だ。ちょうど昼時になったので、以前訪問するも、定休日だったこの店にやってきた。今にも泣きだしそうな雲行きだ。
s-DSC04778.jpg

ちょうど昼時なので、外待ち3名。中にも待っている客がいるようだ。ぽつりと雨が降り出してきた。ひとり出ると、ひとり入るのかと思っていたら、そうでもないようだ。それなりに待って、女性店員が赤い丸い小窓から顔を出して、中へ入るように案内してくれた。

まずは、食券を買うよう案内される。初訪問なので、基本のラーメンに味玉がのった味玉ラーメンにした。しばらくして、カウンター席が空いたので、着席する。「お待たせしました」という女性店員の笑顔が、ラーメン店にはめずらしいくらい、にこやかだ。あらかじめ、ネットで調べていたので、サービスが上等ということは確認ずみなので、なるほどと納得する。
s-DSC04763.jpg

直角になったカウンター内に、カウンターと同じ高さの厨房があり、女性2名に男性1名が立ち働いている。主に女性1名がメインで調理している。男性店員も物腰が柔らかい。仕事ぶりはおおむねていねいだ。

ラーメンが出されると同時に、「レンゲをどうぞ」と皿に置かれたレンゲが提供された。複数置かれたレンゲから、おもむろにひとつとったが、大抵の店が、こういうサービスは忙しいや面倒を理由に行わないのだと思う。しかし、たとえ一見の客でも、ちょっとしたコミュニケーションをとろうという、むしろ楽しむかのようなサービスが他店がまねできそうで、まねできない点なのだろう。そのあたりが人気の秘密ではと憶測。
s-DSC04764.jpg

小さく割られたネギがうまそうだ。ラーメンにはめずらしい、レタスものっている。
s-DSC04765.jpg

スープは、確かにとんこつベースなのだが、意識しなければ豚骨を感じることはあまりない。代わりに魚介系が少し前面に出ていて、さっぱりとした印象ながら、うまみを感じさせる。もちろん、臭味はまったくない。
s-DSC04766.jpg

癖がなくて、飲みやすいのだが、やや単調であることは否めない。そうした点を考慮してか、少量のマー油が隅にのっている。全体の味に影響をおよぼすほどではないが、ちょっとした味の変化をもたらすアクセントになっている。
s-DSC04769.jpg

麺は細いストレート麺。全粒粉を使用のようだ。すすり感もよく、ともすれば薄めに感じてしまうスープにもよくあっている。
s-DSC04768.jpg

チャーシューは薄めで、やや小さいが、柔らかくて味付けもほどよい感じだった。
s-DSC04773.jpg

レタスはおそらく、しゃっきとした食感とさっぱりとした印象をねらったものと思われる。
s-DSC04771.jpg

穂先メンマは短めで、柔らかい。
s-DSC04772.jpg

味玉は、とろとろの半熟。食感がよく、味付けもよかった。
s-DSC04774.jpg

濃すぎず、薄すぎず、飲みやすいスープ。うま味を確かめるように飲み進み、完飲。完食。
s-DSC04775.jpg

店に入って、観察していたらわかったのだが、入口と帰り口は別になっていた。帰りは食券自販機の横にあるドアから出るとビルの出入り口に出るしくみだ。どおりで、待っている間に出てこないわけだ。

ヘルシーそうなラーメンは、やみつきになるほどではないが、それを上まわる平均をはるかに超えたサービスが心地よい店だ。帰り際に、最初に声をかけたホール係の女性がドアのところまで寄ってきて、俺が後客の二人連れが座れるように席を移動したことに、あらためて「ありがとうございます」と声をかけられた。「どういたしまして」。
こういうサービスも悪くないが、好き嫌いだと思うが、町場のラーメン屋の年季が入った味のあるサービスが好きなんだよな。

駅のホームからみると、前門の虎ならぬ後門の虎。
s-DSC04779.jpg

【住所】   東京都町田市原町田4-1-1
【電話】   042-727-8439
【営業時間】[火~土]12:00~15:00 18:00~21:00
        [土・日・祝祭日]12:00~18:00
【定休日】 月曜日
【アクセス】電車で:JR町田駅より徒歩3分くらい。改札を出て、地上におりる。右方向に線路沿いに進んだところ。

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席 テーブル2席×2
【メニュー】らぁめん700円 味玉らぁめん800円
      辛。らぁめん800円 白美人ねぎらぁめん950円
      肉にくらぁめん1,000円 肉玉らぁめん1,100円 
      手作りワンタン(3個入)200円
      女性限定ヘルシーセット980円
      つけ麺850円 旨ダレそば650円
      本日のごはん350円 10品目サラダ250円
      味玉・温玉100円 のり増し100円
      味付け背脂100円(1日限定5食)
      辛味爆弾100円 メンマ増し150円
      Wチーズ150円
      大盛り100円
      今日の青み150円 ねぎ増し250円
      肉増し300円
【店舗web】Twitter https://twitter.com/_koshinbou_
スポンサーサイト

theme : ラーメン
genre : グルメ

2015-01-11

成瀬 天国屋

平成27年1月11(日) 13:27訪問。
鮭節生正油麺650円+味玉100円を食す。

町田まで所用で外出。どこにしようかと迷ったが、この店を初訪問。パチンコ屋に併設した飲食店というのは、どうも今ひとつ、というのが、俺の先入観だが、この店は少し違う印象だ。
s-DSC03965.jpg

超純水採麺、って何のことだろう、と思いながら入口を入ると、長細い厨房をL字型の厨房がめぐる。入口近くの自販機の前で、しばし迷ってしまうほどメニューが多い。しかも、どれもなかなかよさそうだ。
s-DSC03946.jpg

出汁による分類表。わかりやすいような、そうでもないような。
s-DSC03947.jpg

自販機の一番ボタンは、鶏白醤油麺なので、俺としては本来だったら、これにするのだが、どうしても気になった鮭節正油を選んだ。カウンターの中は、若い女性店員と店主らしき男性店員がそれぞれ1名ずつ。男性店員のきびきびとした動きと、女性店員の細かな配慮を感じさせる対応が、なかなかの店ではないかという予感を抱かせる。

カウンターの女性に食券を手渡すと、「玉子は塩と醤油のどちらになさいますか?」という予期せぬ質問。瞬間的に何をきかれているのかわからなかったが、味玉には塩味と醤油味の2種類があるらしい。どっちがおすすめかきくのも面倒だったので、とりあえず、醤油味にしておいた。

しかし、このメニューの多さはどうだろう。鶏に魚介、豚骨と出汁だけでも多彩。仕込みだけでも大変そうだ。麺茹では深ざる使用だが、湯切りはちょっと独特のリズム。緩急をつけて、両手で2つずつ同時に、湯切り。約7分でカウンター越しに店主が直接ドンブリを渡してくれた。
s-DSC03949.jpg

このスープの色といい、油具合といい、何ともうまそう。
s-DSC03950.jpg

では、いつものようにスープから。油分は意外にあまり感じず、魚介出汁が強めに出ている。焼鮭の風味がいい具合だ。醤油とのバランスが絶妙で、第一印象がとてもいいだけに、次第にこの味に慣れてしまうのがもったいないようだ。
s-DSC03951.jpg

麺は、全粒粉入りの細麺。これもいい。スープによくあっている。一本一本が独立した感じもあり、これを啜るのが何とも楽しい。
s-DSC03953.jpg

具はシンプル。メンマは柔らかめ。たくさん入っている。
s-DSC03956.jpg

一本だけ、穂先メンマが入っていた。これも柔らかめ。
s-DSC03955.jpg

浮いている鰹節削りと合わせてスープを飲むと、格別。こうした屋上屋はいいものだ。
s-DSC03957.jpg

そして、出汁からつい焼鮭と錯覚しそうな、焦げ目のついたチャーシュー。柔らくて、軽めの香ばしい肉のうま味が楽しい。
s-DSC03959.jpg

とっても薄いナルトちゃん。
s-DSC03961.jpg

最後のお楽しみは、味玉。割ると、とろっとした半熟具合。しかし、味付けが濃すぎた。甘みが強すぎ。
s-DSC03962.jpg

スープがうまい。これを残すのは何とももったいない。ということで完食。といってもいつものことだが。この価格にしては、申し分のない一杯。思いもかけず、期待以上の一杯だった。
s-DSC03963.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★。

【住所】  東京都町田市金森1774-1
【電話】  042-799-4878
【営業時間】平日11:00~19:45
       土日祝11:00~19:00
【定休日】 水曜日 
【アクセス】車で:国道16号線を八王子方面に向かって、つきみ野入口交差点を右折。町谷原交差点を左折し、町田街道を進む。パチンコ屋玉屋光助の先を左折した左側。



【駐車場】 隣接パチンコ屋の駐車場
【席数】  カウンター16席
【メニュー】鶏白醤油麺800円 鮭節醤油麺650円
      鶏醤油麺750円 焙煎ウルメ正油750
      生正油麺650円 鶏鮭塩麺730円
      鶏塩麺700円 焙煎ウルメ塩750円
      地獄ラーメン750円 地獄チャーシュー1,000円
      豚骨ラーメン650円 豚骨チャーシュー950円
      つけ麺750円 辛つけ麺750円
      塩梅つけ麺750円
      ◇トッピング
       鶏チャーシュー250円 豚チャーシュー300円
       味玉100円 大根100円 ワカメ150円
       穂先メンマ200円 のり100円
     麺大盛100円 ライス小100円
     ライス大150円 ミニチャーシュー丼250円
     ウルメ節ご飯200円 ランチ卵かけご飯100円
     半替え玉100円 替え玉150円
     比内鶏卵かけご飯200円

【店舗Web】https://ja-jp.facebook.com/jigoku.tengokuya

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-06-09

町田 ヌードルズ

平成26年6月9日(月) 14:13訪問。
味玉ラーメン780円を食す。

4月から仕事のベースが新横浜になった。今日も新横浜から出張。途中、小田急線に乗り換える町田で昼食。今日は、駅近くのこの店。隣は月曜閉店なので、今日はお休みだが、人気店の胡心房。
s-DSC01070.jpg

しかし、今日は最初からこの店が目当てだ。
s-DSC01069_20140612232405bf3.jpg

暑い。気温はさほど高くないのだが、湿度が高い。この蒸し蒸し気候に、入る前はつけ麺を相当迷ったけど、やはりここは基本のラーメンにしよう。店内は厨房を囲むようにカウンター席があり、中では店主が調理。女性店員は奥さん。調理補助。互いに声をかけあって、なかなかいい雰囲気だ。こういう店って、ありそうでなかなかないものだ。初訪問でもすぐわかる。これはもう人柄が醸し出すものなので、まねできない。

女性店員さんに写真の許可をお願いすると、快くOK。そして、提供されたラーメン。
s-DSC01059_2014061320054243b.jpg

魚介系と動物系の出汁を合わせた、いわゆるダブルスープ。一口飲んで、うまい。これは、出汁のバランスが絶妙で、濃すぎず、あっさりすぎず。優しいのに底力のある、品のよい仕上がりだ。
s-DSC01060_201406132005440b7.jpg

麺はこのスープに合わせてか、思ったより太目。
s-DSC01061_20140613200546c3d.jpg

ほぼストレート。つるつる感があって、持ち上げもよく、スープを絡めてうまい。
s-DSC01062_2014061320054744d.jpg

並べて撮ってみたメンマ。おそらく手作り。わかりづらいが、かなり太目の大きなサイズで、柔らかめではあるが、歯ごたえはいい。
s-DSC01063_201406132016183be.jpg

チャーシューは、食べやすいようにか半分にカットしてある。柔らかくて味付けもいい。
s-DSC01064_201406132016212d2.jpg

そして、味玉。半熟具合が、とっても好み。味付けもはっきりとした味でグッド。
s-DSC01065_20140613201622a72.jpg

うまいんだけど、汗が大量に出てきて、スープは途中で断念。残してすみません。
s-DSC01066_20140613201619b10.jpg

14時を回っているが、客足は絶えない。満席にはならないが、最初先客3名だったのが、あとから都合5名入ってきた。常連さんも多いようだ。店主が、最近はつけ麺が結構出ますね、と言っていた。

雰囲気がよくて、居心地のいい店だった。
s-DSC01068_20140613203957813.jpg
隣の胡心房も気になるんだけど、次はつけ麺をためそうと思う。
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】   東京都町田市原町田4-1-1
【電話】   042-728-7515
【営業時間】[月~金]11:30~15:00 17:30~21:00
        [土・日・祝祭日]11:30~19:0022:00
【定休日】 火曜日
【アクセス】電車で:JR町田駅より徒歩3分くらい。改札を出て、地上におりる。右方向に線路沿いに進んだところ。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター9席
【メニュー】ラーメン700円 味玉ラーメン780円
      メンマラーメン780円 全部のせラーメン920円
      ラーメン大盛り800円 味玉ラーメン大盛り880円
      メンマラーメン大盛り880円 全部のせラーメン大盛り1,020円
      つけ麺750円 味玉つけ麺830円
      メンマつけ麺830円 全部のせつけ麺970円
      つけ麺大盛り850円 味玉つけ麺大盛り930円
      メンマつけ麺大盛り930円 全部のせつけ麺大盛り1,070円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-04-24

町田 町田汁場 しおらーめん進化 町田駅前店

平成26年4月24日(木) 11:17訪問。
鯵煮干味玉850円を食す。

2月にオープンした進化の2号店。といっても他の店に行っていないので、進化自体が初訪問。仕事のついでに町田に立ち寄っての訪問。
s-DSC00483_2014042915553473e.jpg

店は急な階段を上がった2階にある。先日亡くなられた佐野実氏が自身のブログで最後につづっていた店だ。同氏からのお祝いが店の外に飾ってあった。
s-DSC00484_2014042915553585e.jpg

11時開店なので、早めに行ってみた。先客は2名。初訪問なので、本来は標準であろう、しおらーめんを食うところだが、あえて駅前店限定の鯵煮干しの塩そばを選択。
s-DSC00487_201404291555387c8.jpg

店内は思いのほか狭く、食券自販機で食券を購入したら、慌てず隣にある給水器で水を汲んできたほうがよいようだ。店員は男性3名。これからの昼のピークに備えているようだ。
s-DSC00485_20140429161119376.jpg

店内はカウンターだけのこじんまりとした店だが、整然としている。レンゲがきれいに並べてあった。こんな風に並べてあるのは初めて目にした。素材はアクリル樹脂製。テーブルの上に格別調味料はないようだ。ホテルみたいな容器に入って楊枝が用意されている。
s-DSC00489.jpg

空いていたせいで、約4分で到着。見た目にも上品な印象。
s-DSC00490_2014042915555791a.jpg

さっ、それではさっそくスープからいってみよう。ひと口飲んで、研ぎ澄まされた感のある鯵出汁を感じる。これは、結構、攻撃的なスープだ。塩味という控えめな味わいを装いながら、コクがあって、奥行きもあるスープ。
s-DSC00493_20140429155559edd.jpg

思わず、何度もスープを飲みながら、麺を食うのを忘れそうだ。続いて、麺。粒々が目立つ、全粒粉のストレート細麺。これも、思った以上にインパクトがある。香りが強く、細麺なのに伸びにくそうだ。スープとの相性がとてもいい。
s-DSC00496_201404291556023e4.jpg

そういえば、こんな貼り紙もあった。馬鹿の一つ覚えみたいに、何でもかためで、って発注するなよ、ってことですかね。もちろん、俺は原則的に店の方針に従って出されたものは食いまっせ。
s-DSC00488_2014042915553977a.jpg

おもしろいのは、ドンブリのふちに盛られたわさび。これは、そばみたいな発想。ピュアな印象のラーメンをさらに研ぎすませるようなねらいかな。ちょっとだけ使うと、印象が変わっておもしろい。
s-DSC00494_20140429155600518.jpg

次は具。まずはメンマ。それだけでなく、目立たないように、玉ねぎやゆずなどの味に変化をもたらしやすいものを中央に重ねておいている。過ぎたるは及ばざるがごとしということで、分量を控えめにしているバランス感覚がすばらしい。特にゆずの存在感がよかった。
s-DSC00498_201404291556137ed.jpg

続いて、チャーシュー。肉のうまみがしっかりと感じられて、うまい。
s-DSC00499_201404291556140a8.jpg

玉子もうまかった。でも、これまでとは違ったうまさ。今まで、どうしても黄身に注目しがちだったが、今回は白身のうまみが十分にいかされた、味玉。新鮮な食感もグッド!
s-DSC00502_201404291556168d8.jpg

こりゃ、絶品だな。うまかった。思わず完食。
s-DSC00503_20140429155617182.jpg

俺が食っている間にも、どんどん客が入ってきた。ほかにも個性の違う、魅力的なメニューがある。
s-DSC00486_20140429155536fda.jpg

さらに店内BGMのロックがよかった。尖らされた神経で食うラーメンは、味に集中しやすい、ってことなのかな。
s-DSC00505_201404291556113c9.jpg

この店のまた来たい(期待)度は、★★★★★。

【住所】   町田市森野1-12-13 ワールドビル2階
【電話】   042-851-8797
【営業時間】 11:30~15:00 17:30~22:00
【定休日】  火曜日 (火曜日が祝日の場合は営業、翌日休み)
【アクセス】 電車で:小田急線町田駅から徒歩5分くらい。以下写真で案内。
まずは、JR町田駅方面に向かう。
s-s-DSC00513.jpg

続いて、突き当りを右に降りる。
s-s-DSC00512.jpg

左に西友を見ながら、さらに階段を降りる。
s-s-DSC00509.jpg

地上にでたら、そのまま直進。
s-s-DSC00508.jpg

駅を背に直進。
s-s-DSC00506.jpg

途中、こんな店も。
s-s-s-DSC00479.jpg

もう近く。
s-s-s-DSC00480.jpg

このビルの2階です。
s-s-s-DSC00481.jpg

【駐車場】 なし
【席数】  カウンター10席 
【メニュー】しおらーめん700円 しお全部のせ1,050円 しお味玉らーめん800円
      チャーシューしお950円
      鯵煮干の塩そば750円 鯵煮干全部のせ1,100円
      鯵煮干味玉850円 鯵煮干の塩そばチャーシュー1,000円
      淡口醤油750円 淡口醤油全部のせ1,100円
      淡口醤油+味玉850円 淡口醤油チャーシュー1,000円
      ゆずの辛塩麺850円
      しお味玉100円 トッピングチャーシュー250円
      トッピング鶏チャーシュー250円
      ごはん200円 小ごはん100円 鶏塩飯350円
      卵かけごはん200円

theme : ラーメン
genre : グルメ

2014-04-21

町田 基

平成26年4月21日(月) 12:27訪問。
味玉つけめん850円を食す。

今日は出張で町田にやってきた。町田も行きたい店がいろいろあって、あれこれと迷った挙句、やはりここは基本に戻って、基本の基。ということで、少々強引だが、基へ。町田の良心ともいうべき町田仲見世商店街にある。ここは狭い路地の両側に店が並んでいる。商店街入り口にある、小陽生煎饅頭屋という何やらよくわからないテイクアウト店が人気のようだ。基のちょっと先にある、七面という店にも心動かされた。しかし、ここは初志貫徹。さっそく店の中へ。狭い店だ。先客は3名。食券自販機にて食券を買うが、ここで給水器にて水を注がないと、客の後ろを通るのがきついくらい店内が狭い。客の後ろを何度も行き来するには苦労する。食券を店員に渡すと、調理開始。店員が一人のためか、食べ終えた食器はカウンターへあげるべし。
s-DSC00402_20140427173034023.jpg

食券購入から約7分で到着。
s-DSC00405_20140427173040c06.jpg

まずは、麺。
s-DSC00404_20140427173038f92.jpg

一本食ってみた。四角い断面の麺は、茹で加減はやや硬めで、水で締められた具合がちょうどいい。つるっとした食感で、なかなかコシもある。いまどきの麺よりは少し細めだ。
s-DSC00406_20140427173035d36.jpg

つけダレは、豚骨に魚介が効いたもの。魚介が前面で豚骨は控え目。
s-DSC00403_20140427173037ef8.jpg

濃厚一本やりでないところが、かえって新鮮な趣きもある。あるいは、流行に左右されなかった結果か。
s-DSC00407.jpg

つけダレは、どちらかといえば、さっぱりとしたものだが、細かな背脂やぴりっと効いた一味が単調さを防いでいる。
s-DSC00410_2014042717311067c.jpg

柔らかいけど、脂身の多めなチャーシュー。
s-DSC00414_20140428222943d64.jpg

穂先メンマのようだ。
s-DSC00412_201404282229427cc.jpg

そういえば、つけ麺が提供された後で、店員さんがカウンターに何やら調味料の入っているような容器を3つ並べてくれた。立ち上がらないと、中が見えないが、隣の客が玉ねぎを入れているのを見て、さっそく見倣うことにした。ちなみに、後で立ち上がって見てみたら、残りの2つはニンニクとニンニククラッシャーだった。
s-DSC00415_20140427173107ef0.jpg

入れてみた。甘みが加わって、味に広がりが出た。入れすぎないよう注意。
s-DSC00416_201404271732003cd.jpg

なぜかレンゲがついていないので、味玉は、麺を食い終えたドンブリに入れて、割ってみた。とろけだす手前の硬さの半熟具合。もうちょっと柔らかくてもよかった。
s-DSC00418_20140427173202dc2.jpg

スープ割りをお願いした。今度はレンゲがついてきた。
s-DSC00419.jpg

印象を崩すような大きな味の変化はなく、さらにさっぱりと飲むことができた。
s-DSC00420.jpg

普通にうまい。いや、普通以上にうまい。どこを標準とするかにもよるが、くどくなく、あっさりすぎず、いける一杯。完食。
s-DSC00421_20140427173344b02.jpg

地味すぎるきらいもあるが、なかなかに楽しいつけ麺だった。
s-DSC00422_2014042910035593e.jpg
この店のまた来たい(期待)度は、★★★★。

【住所】   町田市原町田4-5-18 仲見世商店街
【電話】   042-725-5619
【営業時間】 11:30~14:30 17:00~20:00
【定休日】   
【アクセス】 電車で:JR横浜線町田駅から徒歩3分。北口に出て、東急ハンズの入った町田東急ツインズビルを右手に見る通りに入る。109を左にみながら一歩通行道路を進む。左手にサンドラッグ、さらにその先にラーメンと餃子の店水岡を見ながら進み、細い路地に入った左に町田仲見世商店街入り口がある。商店街を入って左側。
【駐車場】 なし
【席数】  カウンター8席 
【メニュー】つけめん750円 味玉つけめん850円 ちゃーしゅーつけめん1,050円
      味玉ちゃーしゅーつけめん1,150円
      辛つけめん800円 味玉辛つけめん900円 ちゃーしゅー辛つけめん1,100円
      味玉ちゃーしゅー辛つけめん1,200円
      らーめん720円 味玉らーめん820円 ちゃーしゅーめん1,020円
      味玉ちゃーしゅーめん1,120円
      あぶらそば700円 ちゃーしゅーあぶらそば1,000円
      大盛り100円 特盛り(つけめんのみ)200円
      味付玉子100円 ちゃーしゅー300円 メンマ150円
      ネギ100円 もやし100円

theme : ラーメン
genre : グルメ

プロフィール

yeria

Author:yeria
こだわらずにラーメンを食う。
新しい店があれば、
訪れ食って祝い、
賑わっている店があれば、
よく考え、
潰れそうな店があれば、
行って励ます。
そんなラーメン野郎に
私はなりたい

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター